住友銀行(当時)が1986年10月に合併した平和相互銀行。当時は今のような金融機関に対する秩序だった管理監督は行われていませんでした。

 MOF担と言われた大蔵省詰めの職員がいろいろな手段で入手する、内部情報をもとに銀行のかじ取りをしていた時代。

 平和相互銀行の経営が思わしくない、との情報をキャッチした住友銀行は関東での営業力強化のため、平和相互銀行の合併に向けて奔走を始める…

 大蔵省や日銀のみならず検察庁内部、その時の政権内部まで食い込んでいた住友銀行。影の交渉役を一手に引き受けたのは…

 

image

 とはいえ、35年も前の話。当時、この合併のニュースを聞いた人なら少しは興味も湧くかもしれませんが40代以下の方は無関心でしょう。

 40億円の屏風絵の取引を装って株の買戻し資金を捻出したり、ほとんど無価値の土地を担保に100億円以上の融資が実行され資金の行方が分からなくなったり…ものすごい経済事件でもありました。

 

 さて、前振りが長くなりましたが本題へ。

 

 「食の砂漠化」です。

 

「小さいものは淘汰される」 米国スーパーマーケット市場で進む“食の砂漠化” (msn.com)

 

 このような記事が掲載されました。

 

 要約すると、

 

➀アメリカではスーパーの大型化、チェーン化が進み、スーパー売上の40%が大手4社に集約されている。

②大手ではないスーパーの調達力は相対的に弱く、価格が高くなりがち。

③都市部で所得が低い地域では大手が出展せず、中小のスーパーが食品を提供する形となるが、価格が高めであるため「食品を買えない」層が出ている。

 

 記事の中では、「それら貧困層の人々は移動手段を持たない人もおり、スーパーから1マイル以上離れているとアクセスもできない」としています。食料がすぐ手に入らない状態を「食の砂漠」と呼んでいます。アメリカでは人口の7%、2300万人が食の砂漠にすんでいる、としています。

 

 …これは北海道にも当てはまる話です。

 

 セコマは道内大手チェーンですが店舗のない市町村はわずかに存在します。「道内全市町村をカバー」といえば聞こえはいいでしょうがあくまで採算にのるかどうかを見ているのだと思います。

 

【紋別のケース】

 2017年、紋別市上渚滑地区に唯一出店していたスーパーが閉店。その後紋別市が補助金を出し、店舗建設費を補助。出店場所の土地も無償で貸し出すことでセコマが出店しました。

 

【豊頃のケース】

 豊頃町でも同じことが起き、セコマが出展する運びとなっています。

 

 もし町が動かなかったり、町に補助金を出す余裕がなかったら?

 

 その地区は「食の砂漠」になっていたのではないでしょうか。

 

 コンビニはマイナンバーカードがあれば住民票などの公的証明書も受け取れますし災害時に住民を守る拠点ともなります。ATMがあるので銀行の代わりの機能も果たします。

 

 もし、そのコンビニも維持できない地域がでてきたら…実際に出始めているのではないかと思います。ここで取り上げた、紋別のケースでは紋別市の上渚滑地区は紋別市の都心から20キロの距離があり、人口は2000人だそうです。市の対策がなければコンビニやスーパーは店を維持できず、「食の砂漠」になっていたところでした。

 

 今北海道は厳しい時期に差し掛かっているのです。

 

 関連記事

北海道の少子高齢化、過疎化は日本レベルとは違う | 帽子のコンサルタント - 札幌で中小企業再生/ワイズコンサルティングのブログ (ameblo.jp)

 

どうなる札幌/北海道。「未来の地図帳」 | 帽子のコンサルタント - 札幌で中小企業再生/ワイズコンサルティングのブログ (ameblo.jp)

 

 youtube番組でも情報発信をしています。チャンネル登録で新着動画のチェックをお願いします。

 

 

 

 

 今日取り上げた本です。

 

 10年ぶりの新刊がでました。

 

 

 

 

私肥満体系なのでなかなか首と頭が良い塩梅に収まる枕がなく、いろいろな枕を試しました。しかしどれも今一つ。この枕は幅が広く、頭が枕から落ちず、首がやんわりと後ろから押されて首関節がひろがることで首、肩の凝りを防ぎます。眠りも深くなりました。首、肩も楽になり、仕事も進みます。個人の感想ですがおススメです。

 

 

 

 

 歌舞伎役者を主人公にした、「国宝」という小説があります。

 

 主人公はやくざの組長を父に持ちます。その後歌舞伎の世界に入り部屋住みから稽古を積み、名跡を継ぐまでに。歌舞伎の主だった演目やしきたりがふんだんに語られます。長編小説ですが全く飽きません。

 

 その舞台である歌舞伎座、札幌にはありません。

 

 以前も似たようなネタでブログを書いていますが、比較表をアップデートしてみました。

 

 

 札幌の文化の根付きが浅いのは歴史が短いこともありますが経済が弱いためにこれらの文化を支える、「旦那衆」「オタク」「ファン」の層が薄いのが原因です。

 

 そして、今話題のAppleカー。

 

 Apple社がiPhoneと同様ファブレスで製造を始めるのでは?と噂され、2025年には発売開始になる見込みです。

 

 Appleカーは、

 

 売った後もアプリの更新で使い勝手を継続的に向上させる、と言われます。夜中にiOSのアップデートが行われる様子、目に浮かびます。

 

 そして従来型の、車メーカー→ディーラーという販売チャンネルを廃し、「Appleストアで直接エンドユーザーに売る」と予想されています。

 

 車のメーカーはディーラーを通じ、車検や車両保険、など付随サービスを提供し顧客をがっちり囲い込んできた歴史があります。この仕組みはすでに100年続いているものです。それが直販に大転換するわけです。

 

 ん?

 

 Appleストアも札幌にはないんですが…(泣)

 

 札幌在住の方がAppleカーを買おうとすると他の、Appleストアが域内にない地域同様、ネット通販で買うことになります。

 

 もっとも、スマホで車を買えるようにする、というのもAppleカーの特徴の一つ、と言われていますが…。

 

 歌舞伎とアップルカーから札幌/北海道の文化度、経済の成熟度をちょっと考察してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 10年ぶりに新刊がでました。

 

 

 

私肥満体系なのでなかなか首と頭が良い塩梅に収まる枕がなく、いろいろな枕を試しました。しかしどれも今一つ。この枕は幅が広く、頭が枕から落ちず、首がやんわりと後ろから押されて首関節がひろがることで首、肩の凝りを防ぎます。眠りも深くなりました。個人の感想ですがおススメです。

 

 

 

北大近くの六花亭さんで。店内のカフェでお菓子、いただけます。

image

 17日に事業再構築補助金の指針が発表されました。

 

 「事業再構築補助金の定義と該当要件」

 

 

 しかし、この指針で発表されていない枠が一つ残っています。

 

 「緊急事態宣言枠」です。

 

 この枠に関してはいまのところ、一切情報がありません。唯一、これだけ…

 

 事業再構築補助金のリーフレット表紙の下の方に少しだけ触れられています。

 

 

 もともと、事業再構築補助金は、「中小企業の競争力を増強し、生産性を上げる」のが主眼です。菅政権の中小企業政策の目玉、とされるゆえんです。

 

 しかし、この緊急事態宣言枠はちょっと毛色が違います。

 

 広く浅く、零細規模の企業の支援に使われるようです。

 

 つまり、本来の事業再構築補助金の趣旨とは違う枠なのです。

 

 一説によると、「この枠が入ったことで事業再構築補助金の趣旨がぼやけ、台無しになった」「持続化給付金の2回目の支給の代わりにねじ込まれた」という官僚もいると…

 

 ともあれ、コロナで影響を受けている零細企業にとって頼りになる枠であることは間違いありません。

 

 

 

 2冊目の本がでました。

 

 

 

 

 私肥満体系なのでなかなか首と頭が良い塩梅に収まる枕がなく、いろいろな枕を試しました。しかしどれも今一つ。この枕は幅が広く、頭が枕から落ちず、首がやんわりと後ろから押されて首関節がひろがることで首、肩の凝りを防ぎます。眠りも深くなりました。個人の感想ですがおススメです。

 

 

 

 春間近…画像は昨年のものですが、もうすこしでこんなんがあちこちから…

 さて3月17日、経済産業省から、「事業再構築指針」が発表されました。

 

 いままでは簡単なリーフレットしか出ていませんでしたがこれでアウトラインが解ってきました。

 

 政府がこだわっているのは「新規性」です。今までにない製品や商品、サービスを提供する、というのがポイントになります。

 

 したがって、今までの設備を使いまわす、マイナーチェンジの商品を出す、などは指針と手引きの中で「要件を満たさない」とされています。

 

 指針そのものは素っ気ないものです。

 

 

 

 shishin.pdf (meti.go.jp) ←指針PDFへ

 

 指針の手引き、も発表されました。

 

 

shishin_tebiki.pdf (meti.go.jp) ←指針の手引きPDFへ

 

 例によって解りにくく、読み終わるのに相当なエネルギーを使いますので一枚にまとめてみました。

 

 

 ↑こんな感じにまとめたものです。

 ダウンロードはこちらから。

 

 

 それぞれの枠で国が何を求めているのかが解ります。

 

 

 ↑要件、細かく手引きに載っています。これも1枚にまとめました。

 

 

 

 ご参考まで…

 

 まずはこれらをもとに、今意中の計画が「事業再構築」という政府のコンセプトに合致するかどうかチェックをしてみてください。

 

youtubeでもポストコロナ対策などをお伝えしています。ほぼ1週間に1本のペースでこの3年、アップを続けています。チャンネル登録して新着動画をチェックしてみてください…!

 

 

 

 10年ぶりに出版しました。

 

 

 

 

 

 私肥満体系なのでなかなか首と頭が良い塩梅に収まる枕がなく、いろいろな枕を試しました。しかしどれも今一つ。この枕は幅が広く、頭が枕から落ちず、首がやんわりと後ろから押されて首関節がひろがることで首、肩の凝りを防ぎます。眠りも深くなりました。個人の感想ですがおススメです。

 

 

 

 

 コロナ社会/経済の動向の定点観測です。

 

 例によってグラフは12か月移動合計/12か月移動平均となります。

 

【百貨店売上・スーパー売上】

 まず百貨店売上ですが緊急事態宣言下の1月の数値が発表されました。まだ下げ止まらず。

 

 道内のスーパー売上は逆に前年同月を上回り続けています。

 

 

 

【保証協会付保】

 

 付保額は一服し始めています。2月までの数値を織り込んでいますが3月では前年同月を下回り、グラフが右下を向き始めるかもしれません。

 審査件数が落ち着いてきたことで審査もより詳細に目を配るようになってくると思われます。

 

 漸減していた保証残高も急上昇しています。

 

 代位弁済額と保証残の割合を取ったものです。十分な保証がされていることで代位弁済が減り、一方で保証残が積みあがっていますので数値は史上最低レベルになっています。

 

 

【東京のコロナ感染者】

 「ここにきて数値が上がってきているので緊急事態宣言解除は尚早」という報道があります。コロナ感染者のグラフは7日間移動平均グラフです。

 

 確かに3月8日を底にじりじりと増加しているように見えます。

 

 少し時間を巻き戻してみます。

 

 

 昨年11月からのグラフの中で見るとまだはっきり増加、とは言えないようにも見えます。おそらくどんなに抑え込んでも感染者数はゼロにはならないでしょうから。

 

 どちらのグラフを重視するか、判断の分かれるところだと思います。他にも重症者数やベッドの占有率なども併せて考えないといけないところです。

 

 

 

10年ぶりに出版しました。

 

 

 

 

 

 

 いろいろな枕を試しましたがどれも今一つ。この枕は幅が広く、頭が枕から落ちず、首がやんわりと後ろから押されて首関節がひろがることで首、肩の凝りを防ぎます。眠りも深くなりました。個人の感想ですがおススメです。

 

 

 テレビ北海道のけいざいナビで取り上げていただきました。

 

 再放送は、再放送は2021年3月18日(木)深夜26:35~、2021年3月19日(金)14:57~となります。お時間があればぜひご覧ください。

 

 2月末で閉店された狸小路の松山額縁店さんの話題のあと、番組の中ほどで3分ほど紹介されています。

 

 ↓画像、tvhのHPからお借りしました。

 

 さて、緊急小口資金/総合支援資金についてです。

 

【制度の概要、借入上限】

 過去、このブログでもご紹介しています。

 

 緊急小口資金/20万円・総合支援資金/60万円、実際の運用/借りやすいコロナ特例は9月末まで | 帽子のコンサルタント - 札幌で中小企業再生/ワイズコンサルティングのブログ (ameblo.jp)

 

 当初、緊急小口資金20万円+総合支援資金20万円×3か月、で「合計80万円まで」貸し付けを受けられる、とお知らせしました。

 

 その後、総合支援資金は3か月の延長2回まで認める運用がされ、

 

 緊急小口資金20万円+総合支援資金20万円×9か月=200万円まで貸付がされるように変わっています。

 

 今回6月末まで延長、と報道がありましたが、6月末でこのコロナ特例が終わるとすると、このあとの申請する方は、

 

 緊急小口資金20万円+総合支援資金20万円×4ヵ月=100万円が一応の上限となります。

 

【返済免除の要件】

 返済が開始されるときに住民税非課税世帯に該当すると返済が免除されます。

 

 住民税非課税世帯とは(札幌市のケース)

 

 個人市民税/札幌市 (city.sapporo.jp)

 ↑こちらのサイトのなかほどに住民税非課税となる所得の計算方法が出ています。

 

 所得額が低いことで住民税非課税になるのは、

 

前年の合計所得金額が、

 

 45万円 (扶養家族なし)
 

 扶養家族のある方は

 

 35万円×家族数(本人+同一生計配偶者+扶養親族数)+31万円

 

 となります。

 

【緊急小口資金/総合支援資金のポジション】

 生活に困窮した方の支援として頭に浮かぶのは生活保護です。

 

 生活保護受給となるとなかなかそこから抜け出せなくなるのも事実です。おそらく国側の考えは、

 

 「困っているのはわかる。しかし生活保護を出す前にいったんこの制度を使ってその後、生活の立て直しができるかどうかやってみて」

 「いよいよ厳しいのなら生活保護も」

 

 というところではないでしょうか。

 

【緊急小口資金/総合支援資金の審査落ちについて】

 制度の趣旨を反映して、ほとんどの方に貸付が実行されています。しかし、貸付である以上、一定数、審査落ちになる方もおられます。

 

 申込書の中に 「審査落ちの場合、理由を開示しない」という条項に同意しないと申し込めないような書式になっており、落ちた場合でもなぜ落ちたのかはわからないようになっています。

 

 

 

 簡単な書類(自己申告です)で申し込めます。消費者ローンや給与ファクタリングの前に利用を検討すべき、と思います。

 

 

  10年ぶりに出版しました。

 

 

 

 

 いろいろな枕を試しましたがどれも今一つ。この枕は幅が広く、頭が枕から落ちず、首がやんわりと後ろから押されて首関節がひろがることで首、肩の凝りを防ぎます。眠りも深くなりました。個人の感想ですがおススメです。

 

 

 

 事業再生コンサルティングを受けたいがおカネがない経営者の方々がいます。コロナ禍で大変な思いをされている方々も多いはずです。

 

 それらの方々に事業再生コンサルティングを少しでもいきわたらせたい。そのような思いをもとにクラウドファンディングを通じた支援を考えました。おそらくこの業界初だと思います。

 

 

↓リンクはこちらから

つぶれそうな会社を助けたい(山内良祐 2021/03/03 公開) - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)

 

詳しい仕組みはこちらの動画(5分)をご覧ください。

 

 

↓動画のリンクはこちらから

クラウドファンディング!「経営者」救済特別企画START!|事業再生出版 - YouTube

 

相談員が語る、「コンサルティングはこのように進みます」

 

 

↓相談員が語るへ

RF相談員紹介 20210218 - YouTube

 

是非ご協力、拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

 日経ビジネス電子版の記事から。

 

 粉飾決算、実は銀行は知っている? (2ページ目):日経ビジネス電子版 (nikkei.com)

 

 

 図表は同じ記事から引用しました。

 

 決算の粉飾、ここでは「利益が出ていないのに出ているように装うもの」という前提でお話します。粉飾には逆に利益が出ているのに脱税目的で利益を圧縮する粉飾もあるからです。

 

 粉飾の怖さはそれに手を染めるときの気軽さと、粉飾を解消することの難しさにあります。

 

 在庫や現金残、売掛金などの勘定の残高を水増しし、架空の売上を立てることで粉飾はすぐできてしまいます。

 

 一方、粉飾を解消するためには、

 

①きちんと利益を出す

②その利益が出ていないことにして決算を行い、粉飾の跡を消す

 

 という対処が必要になります。

 

 「本当は儲かっているのに儲かっている、という決算書を出せない」というジレンマに襲われるはずです。

 

 粉飾に至る経緯は、「金融機関からそれとなく誘導される」「税理士が気を利かせて」などさまざまです。

 

 私は粉飾をしている会社を100社以上見てきましたが、粉飾から立ち直った会社は1社しか知りません。(詳細は「倒産のリアル」に…)

 

 粉飾を是正するためには、事業承継などもう一段大きな枠組みの中で直していくのが現実的ではないかと思います。

 

拙著「倒産のリアル」2020年9月、発刊されました。

 コンサルタントを始めていままで見てきた再生の現場をなまなましく描きます。

 「ビジネス書とも、経済小説の短編集とも取れる内容。普段あまり本を読むことのない自分でも一気に読めた」
 

 「文体や段落、行間やダッシュの使い方がミステリー小説の文体に近くつい引き込まれた」

 などのご感想をいただいています。

 今まで、事業再生関連の本は、ガイドブック的な造りだったり、解説書風だったり、あまり読んでいて面白くない文体のものが多かったので、そうでないものを、ということで書き下ろしました。

 札幌市内ではコーチャンフォーさん、ジュンク堂さん、札幌駅横の紀伊国屋書店さんなどに置いていただいています。

 お手に取っていただければ幸いです。

 

 

 

 

新着動画、チャンネル登録でチェック!

 

 なかなか書く決心がつかないテーマでした。

 

 自殺者の動向について分析しました。例によって12か月の移動平均に数値を加工しトレンドを見やすくしています。

 

 自殺者の総数はコロナ後、2020年6月まで減少しました。理由については諸説ありますが、先行きの見通しが不透明だと人間は何かを判断することができず、ひとまず様子見をした、という説明がありました。

 

 コロナ禍が長期化するとともに自殺者数も増勢に転じています。

 

 すでにコロナ前の水準を上回ってきています。

 

 

 男女別に見ます。

 

 過去からの傾向では自殺者の男女比は2:1で男性が多くなっています。経済苦や仕事の悩みで命を絶つのが男性側に多く出る傾向があります。

 

 男性のみを取り出します。

 

 底は2020年7月。

 

 

 問題は女性です。

 

 2020年5月には早々に底を打ち、11月の数値はすでにコロナ前を大きく上回っています。

 

 自殺者の統計は警視庁がとりまとめていますが毎月発表されれるのは全体の男女別の数値と都道府県別の数値だけです。

 

 1年分の数値を細かく分析したものはかなり後になってから発表されます。その中には動機の分析なども含まれますので女性の自殺が多くなっている原因もその発表を待たなければなりません。

 

 数値の集計表をつくりグラフ化してみました。毎月1600人-1700人の方が自殺しています。それぞれの方々にどのような人生がありどのような判断をして自殺にいきついたのか。想像するだけで胸が痛くなります。

 

【1月19日追記】

 産経新聞の報道で、

 「非正規雇用者で雇い止めになった人の中では女性の割合が高い」

 「コロナ禍でDVが増加し、女性の逃げ場がない」

 ことで女性、特に若年層の女性の自殺が増えている、としています。

 

 解雇・困窮・DV…コロナ苦境、女性を直撃 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 今年も弊ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

 

 定点観測グラフ、まとめました。

 

【コロナ】

 北海道はほぼ第三波前の状況に戻りました。 

 新規感染者数のグラフです。(7日間移動平均)

 札幌以外の感染も落ち着いてきました。

 死者数もピークアウト。

 その一方で東京の感染増は止まりません。

【道内スーパー百貨店売上】

 百貨店は前年同月割れが続いています。10月では下げ止まり感がありましたが11月の第三波で再び下げ傾向が強まりました。

 逆にスーパーは飲食料品を中心に売り上げの増勢が続いています。年換算では8.1%増。

【北海道信用保証協会】

 コロナ保証により付保額の増勢が続いていますが4‐6月に比べると落ち着いてきています。グラフとしては「蛇の鎌首」状態になっています。

 

 保証残高の12か月移動平均はいままでのピークだった平成22年5月の数字に迫っています。 保証残高は急激に減ることはありませんので来月で平成22年5月のピークを上回るのは確実です

 

 

 拙著「倒産のリアル」2020年9月、発刊されました。

 コンサルタントを始めていままで見てきた再生の現場をなまなましく描きます。

 「ビジネス書とも、経済小説の短編集とも取れる内容。普段あまり本を読むことのない自分でも一気に読めた」
 

 「文体や段落、行間やダッシュの使い方がミステリー小説の文体に近くつい引き込まれた」

 などのご感想をいただいています。

 今まで、事業再生関連の本は、ガイドブック的な造りだったり、解説書風だったり、あまり読んでいて面白くない文体のものが多かったので、そうでないものを、ということで書き下ろしました。

 札幌市内ではコーチャンフォーさん、ジュンク堂さん、札幌駅横の紀伊国屋書店さんなどに置いていただいています。

 お手に取っていただければ幸いです。

 

 

 

 今年の「このミス」国内1位。最後3行の伏線回収がスゴイ。

 

 

 youtube動画でも経済情勢やコロナ対策を解説しています。

 チャンネル登録で新着動画チェック!