ゆきえの登山日記





 


【日本百名山】の山行記録と集めた”山バッジ特集”

  • 13Nov
  • 12Nov
    • 百名山/武尊山と剣ヶ峰山★★②

      2018年10月28日 _____百名山/武尊山と剣ヶ峰山_____武尊山(ほたかやま)は前武尊(まえほたか)、剣ガ峰、家ノ串、中ノ岳、沖武尊(おきほたか)(主峰)、剣ガ峰山(西武尊)、獅子ガ鼻山と2000m級7座の峰頭を連ね、群馬県の北部、利根郡の中央を占める名山である。 今回は武尊山(沖武尊)と剣ヶ峰山に登ってきました。        *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆その①・・・穂高神社駐車場~登山口駐車場~登山口~剣ヶ峰山分岐~上ノ原登山口分岐続きです。10月28日(日)、武尊山の剣ヶ峰コース登山口から登り始め、途中の分岐から手小屋沢避難小屋コースへルート取り。紅葉の樹林帯をジグザグと登り、上ノ原口コース分岐に到着。ここで休憩です。分岐。上ノ原コースを分けます。休憩を終え、歩き始めます。すぐに「手小屋沢避難小屋」を確認。ドーム型の手小屋沢避難小屋案内板ありました。避難小屋へは急斜面を下るようです。避難小屋は宿泊というより雷などの緊急時用ですね。周辺の景色を切り取ります。ナナカマドの赤い実樹林も文様のようにみえます。キノコも撮ります。ツルリンドウ谷川連峰そして、この先から濡れて滑りそうな急な斜面や根っこ道になってきました。慎重に登ります。最初の岩場に到着。垂直に近い岩場。登り終えて撮りました。ピントぶれ~。この辺りから霜柱。昨晩は冷えたんですね。次の鎖場!1枚岩のような場所。霜が溶けて濡れています。足元には氷~~2ヶ所にお助けザイル。私は右側の端を登りました。ツルツル滑ります。登り終えると・・・つららです。つらら今季初めてです。登山道は霜だらけ~~。難易度があがります。砂糖菓子のような葉っぱ最後の鎖場!ここは渋滞中。待ち時間に手前の岩場へ。岩場で影証拠写真。大展望です。では、登ります。上部の岩が濡れていて滑ります。慎重に時間をかけて登りました。ほぼ垂直。下方をのぞくのが怖いです。でも、登り切ったご褒美は展望台がありました。大パノラマ~~紅葉もイイですね~。難所を終え、山頂へ向かいます。途中、剣ヶ峰山方面下山ルートです。剣ヶ峰の位置が変わりました。上州ほたかの山頂にとうちゃこ~~~。武尊山(ほたかさん)2158.3m山頂別名:沖武尊日本百名山です。山頂神社と御嶽山大神の石碑一等三角点。タッチ!証拠写真で~~す。方位盤10時30分ですが、早めのランチタイム。カップ麺とりんご山頂は大勢の登山者がいます。お天気が良く大展望。少し長めのランチタイムです。続きま~~す。↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      93
      6
      テーマ:
  • 11Nov
    • なう!南木曽岳(なぎそだけ)

      今、南木曽岳(なぎそだけ)山頂!避難小屋南アルプス御嶽山コースなど詳細は後日です。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!

      93
      6
      テーマ:
  • 10Nov
    • なう!霧訪山(きりとうやま)

      きょうは信州の山。霧訪山に登った‼️低山ですが、展望の山です。コースなど詳細は後日です。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!

      92
      14
      テーマ:
  • 09Nov
    • 百名山/武尊山と剣ヶ峰山★①

      2018年10月28日 _____百名山/武尊山と剣ヶ峰山_____武尊山(ほたかやま)は前武尊(まえほたか)、剣ガ峰、家ノ串、中ノ岳、沖武尊(おきほたか)(主峰)、剣ガ峰山(西武尊)、獅子ガ鼻山と2000m級7座の峰頭を連ね、群馬県の北部、利根郡の中央を占める名山である。 今回は武尊山(沖武尊)と剣ヶ峰山に登ってきました。        *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆10月28日(日)、前夜20時に高崎駅でピックアップしていただき、登山口の穂高神社駐車場へ向かいました。裏見ノ滝近くの駐車場に深夜到着。すでに5台ほど車中泊していました。駐車場の端っこにテントを張り仮眠です。朝5時40分。5時起床。朝食を済ませ、この先の数台停められる登山口駐車場へ移動します。穂高神社の参拝は下山時にと、先を急ぎました。駐車場が狭いので、駐車できない可能性があるからです。登山口駐車場以前はこの林道は一般車通行止めだったようです。すでに5台駐車中。ここで登山靴を履き、身支度を整えます。樹木の間から月が・・・満月ではないです。駐車場の裏側の紅葉。黄葉が綺麗~~。それでは___出発です。6時ちょうど。登山口しばらく車道のように幅広の道。このあたり紅葉が綺麗です。この時期は夏と違い、ひんやりとした空気です。やがて分岐。左の登山道へ入ります。手小屋沢避難小屋経由 武尊山山頂まで3.7km真っすぐ行くと剣ヶ峰山ルートです。下山時はこちらを予定しています。わお。彩りの良い紅葉です。上空を隠すような”かえで”左右の紅葉狩り~~登山道は狭く、紅葉に見惚れて踏み外し注意。小さな沢を渡ります。登山道は落ち葉の絨毯。落ち葉でお遊び~~。うふ。落ち葉のお面。なかなか素敵な登山道です。しばし、紅葉狩り~~。青空がひろがります。紅葉撮りに忙しく、登山道がだいぶ急斜面になっていました。前を遮る倒木。台風24号の影響でしょうか。倒木をくぐっていきます。ジグザグに登る急斜面。どんどん標高をあげていきます。お札が並べられた場所。合掌。登山道は狭く、気の抜けない場所です。スリップ注意。高度が上がり、展望が良くなりました。谷川連峰を望みます。分岐手前の大木。大木のパワーをいただきます。そして、分岐。上ノ原登山口分岐。手小屋沢避難小屋奥ここで休憩。行動食を食べ、水分補給。お花摘みもしちゃいます。続きま~~す。続き・・・その②↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      93
      8
      テーマ:
  • 08Nov
    • 紅葉の那須/茶臼岳と朝日岳★後編

      2018年10月23日    _____那須/茶臼岳と朝日岳_____2018年の紅葉狩り第1弾は”涸沢カール”。その時のレポ___こちら第2弾は”鳥海山”。その時のレポ____こちら第3弾は”栗駒山”。その時のレポ____こちら゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆前編・・・黒磯駅~バス~ロープウェイ駅~山頂駅~牛ヶ首分岐中編・・・牛ヶ首分岐~茶臼岳~お鉢めぐり~硫黄鉱泉跡~峰の茶屋跡避難小屋続きです。10月23日(火)、ロープウェイ山頂駅から歩き出し「茶臼岳山頂」に到着。山頂の那須岳神社に参拝。お鉢めぐりをして「峰の茶屋跡避難所」にとうちゃこ。ここは鞍部です。峰の茶屋跡避難小屋にとうちゃこ~~。峰の茶屋跡避難小屋ここは風の通り道です。寒いので避難小屋の中でランチタイムです。内部は4℃でした。帰りに見た時5℃。人が入ると温度があがります。柿を頂きました。里芋や葡萄やお菓子など色々な食べ物をいただきました。私も葡萄をお裾分け~~。お湯があると暖かい飲み物で身体が温まります。食事を終え、朝日岳へ向かいます。すぐ、三斗小屋分岐。三斗小屋方面こちらのコースは未踏です。来年は行きたいね~と話しました。ズームしました。この建物は避難小屋。こちらのコースをいつか歩きたいです。先へ進みます。朝日岳を眺めます。朝日岳から下って来る登山者が見えます。荒々しい岩山です。この先の岩場ルートを眺めます。先ほどまで晴れていたのに、ガスが出てきました。茶臼岳はどう?あらら~茶臼岳の山頂部は霧の中に包まれ始めました。中腹を横切る道。下山で歩きます。先へ。ここは恵比寿大黒この岩が恵比寿大黒かな?この急斜面、かなり辛そうです。急斜面の登り~~。この先で、管理人さんが知り合いとバッタリ~。今回、私のバッタリはありませんでした。振り返ると、急な斜面が良くわかります。一旦下ります。この先は鎖場。狭い足場。慎重に歩きます。そして、朝日の肩。分岐です。三本槍方面へ縦走できます。ガスに包まれ、山頂が見えません。まもなく__朝日岳山頂にとうちゃこ~~。朝日岳(1.896m)山頂山頂に小さな鳥居証拠写真。撮った~~~。ここは2度目の登頂。茶臼岳のビューポイントですが・・残念。往路を戻ります。益々ガスが濃くなりました。樹木に停まる鳥。ホシガラスかな?下山途中で小雨になり、雨具を着ました。峰の茶屋跡避難所通過。寄り道をせず、下山道をどんどん下ります。紅葉が綺麗~~。登山口の狛犬。那須岳登山口峠の茶屋ここで山バッチを買う人がいたので、休憩します。下方の紅葉は見ごろでした。この後、路線バスに乗り「那須塩原駅」へ。新幹線で帰路につきました。新幹線でお疲れ様~~。〆は新幹線の車中で”かんぱ~~~い”茶臼岳はロープウェイを利用したので晴れた展望が見られました。下山では予想を反して雨になってしまいましたが、鎖場などは、まだ降られず無事通過できました。コミュの皆さん、お世話になりありがとうございました。読者の皆さん、3回にわけたレポを読んでいただき、ありがとうございました。完。↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。 峰の茶屋跡避難小屋

      99
      4
      テーマ:
  • 07Nov
    • 紅葉の那須/茶臼岳と朝日岳★中編

      2018年10月23日    _____那須/茶臼岳と朝日岳_____2018年の紅葉狩り第1弾は”涸沢カール”。その時のレポ___こちら第2弾は”鳥海山”。その時のレポ____こちら第3弾は”栗駒山”。その時のレポ____こちら゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆前編・・・黒磯駅~バス~ロープウェイ駅~山頂駅~牛ヶ首分岐続きです。10月23日(火) ロープウェイに乗り山頂駅に到着。ここから歩き始めます。紅葉は終盤。麓方面が綺麗です。先ずは茶臼岳へ。20分ほどで”牛ヶ首分岐”に着きました。今回は牛ヶ首へは行きません。牛ヶ首分岐牛ヶ首は過去レポでどうぞ。過去レポ2016年7月1日【那須/茶臼岳・那須温泉・鹿の湯】牛ヶ首は左折ですが、茶臼岳は直進です。歩き始めると、茶臼岳の次に登る「朝日岳」がくっきりみえます。尖がりの朝日岳そして、振り返ると・・・ロープウェイ駅と歩いてきた道。遮る物が無いので強風時は怖いですね。麓の紅葉は綺麗なんですが、陽ざしが無く くすんでみえます。おお~~。右前方に朝日岳~山頂標識を確認できますね。この時間が一番お天気が良かったです。朝日岳山頂に登山者確認。砂礫のような登山道、登ります。先頭のペースが速いので、遅れないように黙々と登ります。まだ、晴れていますが、昼から雲が多くなる予報です。お天気が崩れないうちに2座のぼりましょう。大岩通過あっ、霜柱!登山道に霜柱。寒いわけですね。でも、風は弱いです。麓の紅葉分岐に到着。峰の茶屋跡方面を分けます。私たちは茶臼岳山頂へ。ここが、山頂口。山頂口からひと登りで三角点です。那須岳三角点は山頂より手前にあります。四等三角点、タッチ!三角点の先に鳥居と祠山頂に到着です。那須岳神社参拝しました。そして、山頂標識。茶臼岳(1.915m)山頂証拠写真で~~す。山頂からお鉢めぐり~祠の裏側から歩きます。姥ヶ平方面姥ヶ平の池この辺りの紅葉が綺麗~~。上から眺めます。さらに進むと・・・峰の茶屋跡避難小屋がみえます。ズームしてみました。赤い屋根の峰の茶屋跡避難小屋上部に茶臼岳山頂。祠が見えます。ズーム山頂火口を眺めます。そして、分岐茶臼岳からの道と合流。峰の茶屋に向かいます。廻りこむように歩くと、先ほどのお鉢めぐりコースを歩く登山者が見えます。お鉢めぐりをする登山者の姿。噴気があがる場所。活火山なんですね。ここは硫黄鉱山跡牛ヶ首方面分岐です。牛ヶ首に続く登山道。この登山道は2年前に歩きました。噴気の横を歩く、スリル満点コースです。牛ヶ首の過去レポを参考にどうぞ。まもなく___峠の茶屋跡避難小屋にとうちゃこ~~~。峠の茶屋跡避難小屋ここで休憩です。続きま~~す。続き・・・後編↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      105
      8
      テーマ:
  • 06Nov
    • なう!袋田の滝と月居山

      なう!袋田の滝。月居山にも登ってきました。ルートなどの詳細は後日です。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!

      114
      10
      テーマ:
  • 05Nov
    • 紅葉の那須/茶臼岳と朝日岳★前編

      2018年10月23日_____那須/茶臼岳と朝日岳_____2018年の紅葉狩り第1弾は”涸沢カール”。その時のレポ___こちら第2弾は”鳥海山”。その時のレポ____こちら第3弾は”栗駒山”。その時のレポ____こちら゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆10月23日(火)、紅葉狩り~第4弾は那須/茶臼岳と朝日岳です。コミュのイベントに参加しました。JR東京駅から新幹線でJR那須塩原駅へ。那須塩原駅で各駅停車の宇都宮線に乗り換え「黒磯駅」に到着。ここから、那須ロープウェイ駅行き路線バスに乗り換えます。2年前は那須塩原駅から路線バスに乗りました。JR黒磯駅駅前は工事中でした。工事中の為、バス停がわかりにくいです。那須ロープウェイ行き路線バスのバス停バスを待つ間に、お腹が空いたので、管理人さんからいただいた手作りケーキ食べちゃいます。ごちそうさま~~。あっ、バスがきました。乗車。8時20分。途中、那須温泉でしばらく停車。ここは温泉街。過去に茶臼岳下山後に途中下車して入湯。思い出の場所です。過去レポ2016年7月1日【那須/茶臼岳・那須温泉・鹿の湯】バスの中から那須岳と紅葉を眺めます。紅葉は麓に下りてきていました。那須ロープウェイ駅で下車。ロープウェイの切符を購入。大人 片道950円。往復1800円帰りは登山道を歩いて帰る予定です。片道だけ購入。2年前の7月に大人の休日倶楽部の切符を使って茶臼岳に登りました。過去レポ2016年7月1日・・・【那須/茶臼岳★熊目撃と雷雨注意報】(この時は那須温泉「鹿の湯」に入湯)①2007年9月26日 那須岳(茶臼岳と朝日岳)②2008年10月4日 那須岳(三本槍岳) ロープウェイ乗り場はハロウィン飾り~~紅葉の季節です。観光客も多く、ロープウェイは満員でした。ロープウェイに乗りながら撮ります。紅葉は麓に下りてきていました。でも、綺麗です。すれ違い地点。スマホ撮り~このロープウェイからの紅葉が見られたので良かったです。このあと、お天気が崩れました~~。ロープウェイをおりました。外は寒い~~。気温が低いです。ここでしばし紅葉狩り~。麓方面を眺めます。那須温泉方面。雲っているので紅葉がさえないですが・・・。そして、茶臼岳山頂方面山頂駅の標高は1.684m茶臼岳まで1.1km 50分の案内歩き出しました。ロープウェイ山頂駅を振り返ります。そして、分岐。牛ヶ首分岐。標高1.718mこの先は続きま~~す。続き・・・中編↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      92
      4
      テーマ:
  • 04Nov
    • 10月の高尾山☆冠雪富士と秋の花②最終回

      2018年10月21日(日)     _____10月の高尾山_____゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆その①・・・高尾山口~6号路~琵琶滝~病院コース~十一丁目茶屋~4号路~高尾山~もみじ台続き・最終回です。10月21日(日)、単独で高尾山へ。6号路から病院コースを経て、ケーブル山頂駅へ。目的のスタンプ押印。そして4号路から高尾山頂へ到着。冠雪した美しい富士山を眺めました。山頂は大勢の人が登ってきて賑わっていましたので、すぐ、先へ。もみじ台で休憩です。10月の富士山もみじ台で休憩。美しい富士山を眺めます。休憩を終え先へ。赤い実がたわわに実っています。ここも富士山ビューポイント。ススキと富士山12月に,ここでダイヤモンド富士が眺められます。ここから秋の花を撮りながら一丁平へ。野ブドウの実一丁平の展望台にとうちゃこ~~登山道脇のベンチでランチタイム~。ウッドデッキ展望台で富士山を眺める登山者を、眺めます。次々と入れ替わります。美しい富士山に歓声があがります。一丁平からの富士山です。きょうは富士山ビューティフルディ。あっ、ヘリコプターが上空を通過。青いボディに赤線。東京都は赤色ですから、他県の救助ヘリでしょうか。ここは通過していきました。昼食を終え、小仏城山へ。羽根が壊れた蝶。頑張れ~。アサギマダラこの先は台風による倒木の為、う回路へ。う回路の野菊う回路からみた都心方面。東京スカイツリーそして、小仏城山にとうちゃこ~~小仏城山(670.3m)山頂ここもたくさんの登山者が休憩中。小仏城山の茶屋富士山は見えましたが、朝より霞んでいました。富士さ~~ん  ありがと~~う!下山は往路を戻り、稲荷山コースを下ります。_____咲いていた花____1 サラシナショウマ/キンポウゲ科2 ミズヒキ/タデ科3 ゲンノショウコ/フウロソウ科4 セキヤノアキチョウジ/シソ科5 マツカゼソウ/ミカン科67 ツリフネソウ/ツリフネソウ科891011 オケラ/キク科12 オクモミジハグマ/キク科13 14 151617181920212223 ゴンズイ/ミツバウツギ科2425 センブリ/リンドウ科高尾山の秋の花、たくさん咲いていました。特に印象に残ったのが「センブリ」です。完。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!

      109
      6
      テーマ:
  • 03Nov
    • 10月の高尾山☆冠雪富士と秋の花①

      2018年10月21日(日)_____10月の高尾山_____10月21日(日) 晴天です。単独なので、ゆっくり家をでて高尾山口駅行き電車に乗りました。京王高尾山口駅に9時25分に到着。駅前にはたくさんの登山者です。天気の良い日曜日。高尾山口駅前からたくさんのハイカーが歩き始めました。高尾山ケーブル・駅9時30分。本日の目的はスタンプ押印。6号路の琵琶滝から病院コースへはいります。このコースが最短です。6号路から入山です。サラシナショウマが咲く登山道。琵琶滝に到着。参拝をしました。琵琶滝から病院コースへ進みます。。病院コース分岐。樹林帯の登山道を抜けると、十一丁目茶屋前に飛び出します。紅葉が始まっていました。十一丁目茶屋前からの展望!相模湾がキラキラ輝いています。江の島が見えます。そして、スカイツリー。ケーブル山頂駅前でスタンプ押印今回の目的達成~。天狗焼きのお店前は長蛇の列。天狗焼きは諦めて歩きだします。参道と山門。山門から4号路へ。4号路のつり橋コースへ。4号路は台風24号の影響を受けてしばらく通行止めでしたが、やっと通行できます。でも、倒木などあちこちにその被害がありました。そして山頂にとうちゃこ~~。やはり、ハイカーが多いです。富士山は・・・・冠雪富士山。美しい~~。一気に真っ白。やはり富士山は雪が似合います。驚きの姿です。山頂の紅葉まだ、紅葉の始まりです。もみじ台からの富士山。もみじ台茶屋も賑わっています。茶屋前のイスに座り、富士山をみながら休憩です。その2へ続きま~~す。続き・・・その②最終回↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      107
      6
      テーマ:
  • 02Nov
    • 栗駒山と須川温泉★その④最終回

      2018年10月14日(日)_____栗駒山と須川温泉_____2018年の紅葉狩り第1弾は”涸沢カール”。その時のレポ___こちら第2弾は鳥海山。その時のレポ____こちら第3弾は栗駒山へ。2年前、初めて栗駒山に登りました。その時は紅葉が最盛期でとても綺麗でした。過去レポ2016年10月1日…【紅葉の栗駒山日帰り山行♪】゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆その①・・・くりこま高原駅~バス~いわかがみ平~東栗駒コース登山口~新湯沢その②・・・新湯沢~東栗駒山~中央コース分岐~栗駒山山頂その③・・・栗駒山~天狗平~昭和湖~地獄谷 続き・最終回です。10月14日、いわかがみ平から入山。東栗駒コースを登り、東栗駒山と栗駒山の2座登頂しました。下山は須川コースです。昭和湖でトイレ休憩。高濃度の硫化水素が発生しているので、すぐ歩きだしました。昭和湖の先に地獄谷。ここも高濃度の硫化水素の注意書きがありました。昭和湖不思議な乳白色の水。高濃度の硫化水素が発生しています。地獄谷その先で沢を渡ります。昭和湖から流れるぜッタ沢を越えます。ここを越えると、紅葉が残っていました。イイ感じ~~。やっと、紅葉が見られました~。思わず立ち止まりシャッターを押します。この先から木道が延びています。ここは遊歩道になっており、須川温泉からの観光客も訪れていました。広大な湿原。周回できる遊歩道があるようです。振り返ると__剣岳方面の紅葉。き・れ・い!木道脇の草紅葉も黄金色。尾瀬を彷彿させます。湿原の先に低木帯。おもわず、きれい~~~。温泉の源泉かな?湯気が出ている場所。小高いこの場所から歩いてきた遊歩道をながめます。遊歩道と湿地。須川温泉の建物が見えてきました。下っていきます。湯気があがって迫力あります。須川温泉の源泉でしょうか。観光客が足湯で楽しんでいます。ここは栗駒国定公園栗駒山登山口の案内私たちも大露天風呂に入ります。須川高原温泉露天風呂入口入浴料金 大人600円内部の撮影はできませんので、ホームページでどうぞ。温泉で温まってから、泡タイム。売店は4時で終了。路線バスの出発時間まで外のベンチ飲みました。お疲れ様~~。乾杯!JR一関駅行き路線バスは満員でした。この日の最終便ですが、運行最終日ではありません。ここは温泉ですから観光客が訪れますね。いちのせき駅お弁当とエビスビールを買い込んで新幹線でプチ宴会~。平泉 うにごはん。おいしかった~~。最後に一関駅でピカチュウと記念撮影 ピカチュウが可愛くて___記念撮影~~童心に還って、少し若返りました。4回に分けた栗駒山の長いレポ、最後まで読んでいただきありがとうございました。完。↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      89
      8
      テーマ:
  • 01Nov
    • 栗駒山と須川温泉★その③

      2018年10月14日(日)_____栗駒山と須川温泉_____昭和湖。白濁色の火口湖。2018年の紅葉狩り第1弾は”涸沢カール”。その時のレポ___こちら第2弾は鳥海山。その時のレポ____こちら第3弾は栗駒山へ。錦秋の栗駒山へ今年も行きたくて9月30日に最初の予定。でも雨予報です。そこで9月29日に変更。この日も曇り予報から秋雨前線で雨続き。この両日が最高の紅葉でした。残念!そこで10月11日に再度予定。しかしまた雨予報・・・・。今年はもうダメかと諦めかけて・・・急遽、曇り予報の14日に最終変更しました。14日は”くりこま高原駅”から路線バスが運行最後日だったのです。。。2年前、ここから初めて栗駒山に登りました。その時は紅葉が最盛期でとても綺麗でした。過去レポ2016年10月1日…【紅葉の栗駒山日帰り山行♪】゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆その①・・・くりこま高原駅~バス~いわかがみ平~東栗駒コース登山口~新湯沢その②・・・新湯沢~東栗駒山~中央コース分岐~栗駒山山頂続きです。10月14日(日)、いわかがみ平から入山。東栗駒コースを登りました。東栗駒岳をgetし、2座目の「栗駒山」の山頂に到着。ガスで真っ白でしたが、たくさんの登山者で賑わっていました。ここでランチタイム。栗駒山山頂ランチを終え下山です。ガスで真っ白。眺望はダメでした。前回は”中央コース”でしたが今回は”須川温泉コース”です。中央コースは過去レポを参考にどうぞ。過去レポ2016年10月1日【栗駒山・中央コース】案内板は湯浜方面です。栗駒山は3県にまたがるため、ルートがとても多いです。湯浜温泉コース、天馬尾根コース、須川温泉コース。私たちは福島県側の岩カガミ平から登り、岩手県側の須川温泉へ下山します。私はこのコースを初めて歩きます。岩手県の山頂標識「栗駒山」では、下山しましょ~う。須川分岐までは天馬尾根コースや湯浜コースと同じ登山道です。笹。藪漕ぎです。ガスッているので滑落注意。電波塔かな。笹の刈込が無いので、登山道が隠れています。切れ落ちた個所。ガスっているので要注意。今度は丸太階段を下ります。この階段状の道も荒れていて整備されていません。福島県側はよく整備された階段でした。県により整備状況が違いますね。苔が生き生き~~天狗岩通過~~。これが天狗岩?ちょっとした岩の間を通ります。まもなく【天狗平】にとうちゃこ~~天狗平ここは分岐です。①湯浜・湯ノ倉方面。②秣(まぐさ)岳方面。③須川温泉方面と分かれます。湯浜コースは宮城県側です。須川温泉コースは岩手県側です。私たちは須川コースへ。残り2.9kmガスが切れて風景が見えるようになりました。草紅葉~~。オブジェのような紅葉。イイですね~~。緩やかな登山道です。でも、ぬかるみ~~田んぼのようなどろんこ道ですよ~。おお~。やっと紅葉が見られるようになりました~~。赤い実です。赤い実越しに湖が・・・火口湖の昭和湖です。昭和湖昭和湖(しょうわこ)は、岩手県一関市にあり、栗駒山の山腹八合目付近に位置する火口湖である。1944年(昭和19年)に栗駒山のガス爆発で、出来た湖だと言われている。エメラルドグリーンの強酸性の水をたたえている。周辺は7月上旬からたくさんの高山植物が咲き乱れる。(ウィキぺディアより引用)右奥に小さな建物。トイレです。公衆トイレ、使用できました。【危険】昭和湖は高濃度の硫化水素が発生しています。濃い硫黄臭が漂っていました。綺麗な色の湖ですが、高濃度の硫化水素が発生しています。下りてきた尾根。トイレを済ませ、すぐ歩き始めます。近くには池塘。この辺りはイワカガミの群生地のようです。木道を進みます。登山道の右側に硫黄臭のする沢ゼッタ沢の脇に登山道噴気があがっています。強い硫黄臭が漂っています。ここも高濃度の硫化水素が発生しているようです。ここは「地獄谷」もうすぐ須川温泉ですが・・・長くなりそうです。もう1回続きま~~~す。続き・・・その④最終回↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      106
      8
      テーマ:
  • 31Oct
    • 栗駒山と須川温泉★その②

      2018年10月14日(日)_____栗駒山と須川温泉_____2018年の紅葉狩り第1弾は”涸沢カール”。その時のレポ___こちら第2弾は鳥海山。その時のレポ____こちら第3弾は栗駒山へ。錦秋の栗駒山へ今年も行きたくて9月30日に最初の予定。でも雨予報です。そこで9月29日に変更。この日も曇り予報から秋雨前線で雨続き。この両日が最高の紅葉でした。残念!そこで10月11日に再度予定。しかしまた雨予報・・・・。今年はもうダメかと諦めかけて・・・急遽、曇り予報の14日に最終変更しました。14日は”くりこま高原駅”から路線バスが運行最後日だったのです。。。2年前、ここから初めて栗駒山に登りました。その時は紅葉が最盛期でとても綺麗でした。過去レポ2016年10月1日…【紅葉の栗駒山日帰り山行♪】゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆その①・・・くりこま高原駅~バス~いわかがみ平~東栗駒コース登山口~新湯沢続きです。10月14日、いわかがみ平から入山。”東栗駒コース”を歩きます。登山道は短いハシゴが数ヶ所ありました。新湯沢に到着。これから沢のヘリを100mほど歩きます。飛び石もあります。新湯沢ここは東栗駒コースです。これから渡渉が始まります。右のロープは通行止め用。向こうへ渡りません。矢印の岩の場所から沢へおります。お助けロープ有り。これが通行止めロープ。下りの時、沢の先へ行かないように。右に登山道です。ここは岩伝いに進みます。岩と岩を飛び越えます。渡渉というより岩飛び。前回通った時より、水量が多いです。ここから、沢のヘリを遡上します。振り返ります。お助けロープで安全確保。掴まりながら歩けます。そして最後は対岸の登山道へ進みます。渡渉地点。沢を横切ります。対岸に登山道。ロープに掴まり足元を確認して慎重に。山友さん、頑張っていますね。対岸の登山道。ふう~~。渡渉、無事通過。ここからは山道です。ここにもクマ出没注意ガスがでてきてしまいました。真っ白です。山頂へ残り2.2kmこの辺り、山頂方面の紅葉が素晴らしいんです。「過去ブログ」でどうぞ!クリックしてね。晴れていれば栗駒山の山頂方面がみえますが、ガスガスで真っ白け~~。慰霊碑でしょうか。合掌。色づいた葉綺麗ですね。先へ。大きな岩がでてきました。草紅葉。残念な霧です。まもなく「東栗駒山」にとうちゃこ~~。東栗駒山(1433.8m)山頂ここからの眺望は【過去ブログ】でどうぞ。クリックしてね。証拠写真撮りました~。バンザイポーズ。1座get。景色がダメです。写真のみですぐ歩き出します。残り1.7km花も無く、景色もダメで、ざんね~~ん。草紅葉も陽ざしがないと、色あせて見えてしまいます。とりあえず、2座目をピークハントしましょう。分岐裏掛コースを分けます。ドライフラワーの花ここは「栗駒草原」と呼ばれる湿地帯輝く草紅葉、見たかった~~。めげずに歩きます。小さな渡渉。ここから整備された階段の登り返しです。この階段がなが~~い。疲れる~~。やっと__分岐。中央コースを分けますです。中央コース分岐。前回はこちらを下山しました。【中央コース】は過去ブログどうぞ。ここから山頂への階段がさらに続きます。疲れるので花撮影シラタマノキ栗駒山にとうちゃこ~~。ガスガスの天候でしたが、大勢の登山者です。栗駒山(1627m)山頂別名:須川岳三角点タッチ!山頂神社2度目の登頂。登山の無事を祈ります。証拠写真も順番待ち~証拠写真で~~す。山頂でランチタイム寒いので、神社の裏側に陣取りました。昼食後、下山は須川コースへ向かいます。続きま~~す。続き・・・その③↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      95
      4
      テーマ:
  • 30Oct
    • なう!奥多摩/三頭山の紅葉♪

      きょうは_______奥多摩の山          三頭山で紅葉狩り❗️富士山も綺麗にみえました!西峰山頂からの富士山冠雪が少なくなっていました。詳細は後日です。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!

      107
      10
      テーマ:
  • 29Oct
    • 栗駒山と須川温泉★その①

      2018年10月14日(日)_____栗駒山と須川温泉_____プロローグ2018年の紅葉狩り第1弾は”涸沢カール”。その時のレポ___こちら第2弾は鳥海山。その時のレポ____こちら第3弾は栗駒山へ。錦秋の栗駒山へ今年も行きたくて9月30日に最初の予定。でも雨予報です。そこで9月29日に変更。この日も曇り予報から秋雨前線で雨続き。この両日が最高の紅葉でした。残念!そこで10月11日に再度予定。しかしまた雨予報・・・・。今年はもうダメかと諦めかけて・・・急遽、曇り予報の14日に最終変更しました。14日は”くりこま高原駅”から路線バスが運行最後日だったのです。。。10月14日(日)、東京駅ホームで山友さんと待ち合わせ。東北新幹線やまびこ6時04分発に乗車。”くりこま高原駅”で下車しました。8時40分着。栗駒山行き路線バス9時発に乗ります。2年前、ここから初めて栗駒山に登りました。その時は紅葉が最盛期でとても綺麗でした。過去レポ2016年10月1日…【紅葉の栗駒山日帰り山行♪】JRくりこま高原駅新幹線駅です。在来線は石越駅。くりこま高原駅前。誰の銅像でしょうか?駅前のバス停へ。並びます。栗駒山・紅葉号土・日のみ運行10月14日が最終運行日です。これを知っているハイカーが30人ほど並びました。石越駅前からの路線バスの他に臨時便が1台。私たちは臨時便に乗車。料金は片道1500円。最終便はバス会社の職員がお見送りしてくれました。栗駒山いわかがみ平に到着。いわかがみ平。標高1.113mこちらは宮城県。栗原市です。栗駒山は宮城県・秋田県・岩手県の三県境にまたがり、コニーデ型の活火山です。別名、須川岳または大日岳とも称されている。山頂からの展望は360度。鳥海山・月山・蔵王連山・秋田駒ヶ岳・早池峰山などが望まれます。栗駒山・東栗駒コース入口トイレを済ませ出発です。「東栗駒コース」を登ります。「東栗駒岳」経由のルートです。このコースの注意書き@大雨の後などコース上を大量の水が流れることがある。@沢を100m登る@下山には向きません。@長靴や長めのスパッツなどの装備をおすすめします。では入山です。レストハウスの横を通過。もう一つの登山道「中央コース」はレストハウスの横からです。登山道脇は紅葉が綺麗です。わお、いいじゃないですか~~紅葉は下におりてきていました。最初のハシゴ2つ目のハシゴ短いです。クマ出没注意3つ目のハシゴ~~~。山頂まで残り3.2km地点登山道はぬかるみが多いです。うわ~。赤い実が綺麗~~ナナカマドの葉は落ちて、真っ赤な実が目立ちます。紅葉を切り取ります。おお~。ハート形の石、見っけ~~。この実は?そして「新湯沢」に到着。ここから沢コース。沢を100m登ります。新湯沢この先は続きま~~す。続き・・・その②↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      108
      6
      テーマ:
  • 28Oct
    • なう!上州ほたかo(*⌒―⌒*)o

      今、上州武尊(ほたか)山の山頂ですo(*⌒―⌒*)o剣ヶ峰山奥に至仏山と燧岳鎖場を3ヶ所通過してきました。霜で砂糖菓子のようなゴゼンタチバナの葉今季初めてのツララ~~登山口近くの紅葉が綺麗でした。コースなど、詳細は後日です。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!

      106
      14
      テーマ:
  • 27Oct
    • 奥高尾/陣馬山~堂所山~景信山☆後編

      2018年10月13日(土)_____奥高尾/陣馬山~堂所山~景信山_____  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚前編・・・陣馬高原下バス停~陣馬山登山口~和田峠分岐~陣馬山中編・・・陣馬山~明王峠(ランチタイム)~堂所山続き・最終回です。陣馬高原下バス停から歩き出し、陣馬山に到着。そして明王峠で昼食。昼食を済ませ、堂所山に登りました。堂所山は巻いて登らない人が多いです。山頂はソロの男性が一人登ってきました。堂所山(733m)すでに昼食を取っているので、写真のみで歩き出します。手前の分岐まで戻ります。ここから急斜面の下りです。歩き難い根っこ道です。バキっと折れた樹木。台風の影響でしょうか。これから景信山までは巻き道が多いです。ここも巻き道。バスの時間を考えて、巻き道を行きます。景信山まで1.5km地点似た感じの樹林帯が続きます。そろそろ飽きてきたかな~~登山者の姿が見えます。景信山にとうちゃこ~~~~。景信山(かげのぶやま)727.1m下山は小下沢分岐から小仏バス停へ。景信山からトイレ方面へ下山。ワレモコウ丹沢方面。三角の大山が望めます。ここが小下沢分岐分岐を小仏バス停へ。バスの時間に合わせて、急いでいます。景信山登山口にとうちゃこ~~。14時33分。バス停まで舗装道路あるきです。この舗装道を15分位歩きます。14時45分のバスは間に合わないので次にしましょ~~う。それとも誰か先に走ってバスを待ってもらう?ひとりの女性が走りだしました。でも、無理よね~~。うん。。あっ、OKマークのサインだ~~。慌てて走りだしました。残り100m猛ダッシュ~~~実は臨時便がもう一台いました。間に合った~~~~。皆で顔を見合わせて笑顔です。達成感ですね。JR高尾駅でバスを降り、ここで解散です。お疲れ様でした~~。最後に駅前で有志だけでお疲れ様会。生ビールで乾杯です。。。かんぱ~~い。走った後なので、喉が渇いていました。おいし~~い。__最後に咲いていた花__完。↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      83
      6
      テーマ:
  • 26Oct
    • 奥高尾/陣馬山~堂所山~景信山☆中編

      2018年10月13日(土)_____奥高尾/陣馬山~堂所山~景信山_____  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚前編・・・陣馬高原下バス停~陣馬山登山口~和田峠分岐~陣馬山続きです。陣馬高原下バス停から歩き出し、陣馬山登山口から入山。そして陣馬山に到着しました。白馬の像が迎えてくれました。富士山は雲隠れ~。少し休憩をして、出発です。陣馬山明王峠方面へ。富士山は見えませんでした。野ブドウの実台風24号の影響で倒木や枝がたくさん落ちていました。陣馬高原下バス停分岐。陣馬高原下バス停からいくつかルートがあります。咲いていた花オクモミジハグマ/キク科オケラ/キク科マムシグサの実真っ赤で目立ちます。やがて、明王峠にとうちゃこ~~~。明王峠(738.9m)藤野蝶十五名山峠茶屋はお休みでした。トイレは使用可。茶屋の奥のテーブルget。11時30分。ここでランチタイムです。いつのまにか、明王峠はハイカーでいっぱいです。皆さんもランチタイムですね。テーブル待ちをしている人もいるので30分で切り上げました。出発です。あらら~~。樹木が根っこをだして倒れています。これも台風の影響ですね。ここも陣馬高原下バス停への分岐。私たちは真っすぐ進みます。ここは開けた場所。以前はここも樹林でしたが、防火帯のように切り開かれています。何キノコ?ここは堂所山分岐。堂所山へ進みます。2種類の赤い実を見っけ~~~。ツリバナ下に垂れています。赤と赤ゴンズイ赤と黒です。実が下に垂れていません。まもなく、堂所山にとうちゃこ~~~。堂所(どうどころ)山 標高733m 山頂三角点タッチ証拠写真撮りました~~。続きま~~~す。続き・・・後編・最終回↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      95
      4
      テーマ:
  • 25Oct
    • 奥高尾/陣馬山~堂所山~景信山☆前編

      2018年10月13日(土)_____奥高尾/陣馬山~堂所山~景信山_____10月13日(土)コミュのイベントです。参加者は私も含めて4名。参加者が全て初対面のメンバーさんでした。集合はJR高尾駅北口8時。改札前で集まり、陣馬高原下行きバス停へ移動しました。バスを待つ長い列です。バスを待ちながら、自己紹介をしました。バスは臨時便もでて、2台で出発しました。陣馬高原下バス停トイレを済ませ、出発です。すぐ、気を引くお店です。バス停の近くの「「山下屋」の店先においしそうな日本酒が並んでいます。こちらが下山でしたら、バス待ちで一杯飲めそうですが、まだ、飲んだことがありません。山下屋の先で右折。陣馬街道を歩きます。柿が実っています。道路脇の民家の花。綺麗です。この舗装道路歩きが20分。おしゃべりしながら歩きます。ツリフネソウ/ツリフネソウ科そして、「陣馬山登山口」とうちゃこ~~衣類調整をします。水分補給もしましょう。ここから入山です。タマアジサイ/ユキノシタ科根っこ道。登ります。やがて進路を左へ曲がります。この先で___小休憩。おやついただきました。低糖質、イイですね~~。この先もまだ急な上りが続きます。そして、和田峠分岐。花を撮りながら登ります。ヤクシソウかな?シラヤマギク/キク科ノハラアザミ/キク科まもなく陣馬山です。ノコンギクがたくさん咲いています。アザミ畑~~そして___山頂にとうちゃこ~~陣馬山(857m)山頂神奈川の景勝50選こちらは藤野町十五名山の標識富士山は見えませんでした。山頂茶屋がいくつもあります。生藤山山頂周辺でセンブリがたくさん咲いていました。センブリ/リンドウ科続きま~~す。続き・・・中編↓ぽちっと押してください。ログ更新の励みになります。

      96
      10
      テーマ:

このブログのフォロワー

フォロワー: 934

フォロー

テーマ

一覧を見る

クリックで救える命がある。

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス