2014年05月25日(日)

身土不二な、蕗(フキ)ご飯。今年は、いつになく香り高かった♪

テーマ:今月の食材・Seasonal foods
●身土不二な、蕗(フキ)ご飯。今年は、いつになく香り高かった♪

こんにちは。キンロス一美です。

この写真の右の方にあるの、何だかわかりますか?



蕗(フキ)です!

マクロビ卒業者(落伍者、かな!?)だけど、「身土不二」は、守っている私。

「身土不二」じゃないと、その次の「一物全体」には、進めませんしね・・・あ、これ、先日の日本セミナー:

今すぐ毎日の食事に使える!病気にならない食べ方【基礎篇】

で説明しましたが、受講いただいた方、覚えてますか?!

・・・失礼、脱線しました。(;^_^A

えっと、この蕗は、ベルギーから持ち帰って、うちの庭で、ほったらかし栽培をしています。(だから、葉っぱがボロボロ。。)

だから、かなりバリバリの、「身土不二」モノだし、何しろ、季節のものですからね。

ところが、香りは、日本で食べるほど、しないんです。ご近所のお友達に差し上げたりもするのですが、本当は、迷惑かもね、、。

でも、何しろ、季節のものですからね、昨日のランチで、これらをたっぷり使った、蕗(フキ)ご飯にして、食べました。



そしたら、いつになく、すごく香り高いんですよ!今年は、一番の旬に食べられた、っていうことなのかな??

【何てショボいランチ、って思った方へ!】

はい、その通り。。食材がほとんど無く、でも、買い物に行くのをさぼって、炭水化物過多、蛋白質不足を承知の上で、強行しました。

だから、この一食だけだと、バランスも何も無し。こういう菜食を、ずっと続けていると、困ったことになるでしょう。。

菜食なら、何だってヘルシー、なんて、そんなこと無いですよ!

が、夕飯では、ちゃんとしたのを作って、一日の中で、バランス取りましたからね♪

なお、菜食の問題点、そして、問題なく菜食する方法は、これでバッチリ、わかりますよ。

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月20日(水)

簡単・自動デトックスの方法/Easy and automatic detoxification

テーマ:今月の食材・Seasonal foods
●簡単・自動デトックスの方法/Easy and automatic detoxification(in English)

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、きんろす佳豆美です。昨日、お約束した、簡単にできるデトックスの具体的方法を、書きました。

予告させて頂いたように、日本語版は、「無料メール塾」で、配信します♪

Hi. I am Kazumi Kinross-M, a naturopathic nutritional therapist, living in UK.

Today, I would like to introduce a very handy method of supporting detoxification.

First of all, liver is an organ with literally hundreds of functions, one of which is detoxifying toxins as follows:

- Phase 1. "chop up" metabolism:

Toxins are "chopped up" and converted into less harmful forms by chemical reactions.

- Phase 2. "mop up" metabolism:

This pathway conjugates the "chopped up" toxins and passes them out in bile and urine for elimination.

Balance in these two phases is vitally important; especially when phase 1 is over-active and phase 2 is compromised, toxins can get circulated in the body in the more chemically reactive state.

Good news is that "indole-3-carbinol," a property in cruciferous vegetables can reduce phase 1 activity and induce phase 2 activity, thus, can help clear toxins more effectively.

Cruciferous vegetables include such as:

Broccoli,
Brussels sprouts,
Cabbage,
Cauliflower,
Chinese cabbage,
Kale,
Mizuna,
Radish,
Rocket,
Turnip,
Watercress, etc.

Try to eat one of these vegetables in every day meals, and indole-3-carbinol can regulate the detoxification in a very natural way.

$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!
borrowed from Wikipedia

This month's seasonal food is Brussels sprouts, a cruciferous vegetable; a very delicious Japanese-sh recipe is presented by Teruko Chagrin.

Enjoy!

For an inquiry on this article as well as the nutritional therapy consultation, please write to me in the form which appears when you click this.
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年01月24日(木)

菊芋(ジェルサレム・アーティチョーク)はえらい!

テーマ:今月の食材・Seasonal foods
●菊芋(ジェルサレム・アーティチョーク)はえらい!
●Jerusalem Artichoke is great!


こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、きんろす佳豆美です。
Hi! I am Kazumi Kinross-M, a naturopathic nutritional therapist.

実は、去年の自宅塾に、遠く、シャフツベリーから来てくださった、シャグラン照子さんは、季節の食材を使って、イギリス人向けに、和風レシピを開発し、料理も教えておられる、お料理のプロ!
Teruko Chagrin, who came to my class last year from far-away Shaftesbury, is a professional chef, who develops Japanese-oriented recipes for the British and also runs her own cookery courses.

季節の食材を使った、ブログのコラボの提案をして頂き、一も二も無く、乗らせていただくことにしました。
She proposed to me a collaboration on seasonal food items; I thought it a wonderful idea. We decided to give it a go.

具体的には、毎月一つ、旬の食材を取り上げて、
・照子さんが、オリジナル・レシピを作ってくださいます。
・私は、その食材の効用等について、説明します。
Each month, we shall choose one food at the top of its season.
- Teruko will create her original recipe, while
- I shall explain its health benefits.


照子さんは、いつもは英語だけ、私は日本語だけですが、この企画に限っては、二ヶ国語で書いて、お互いの読者さんにも、読んで頂きやすくいたします。
Teruko usually writes in English, and I, in Japanese. However, considering our mutual readers, both English and Japanese will be used in this series.

その第一弾。一月の食材は、「菊芋」を選びました。
As a seasonal food for January, we have chosen Jerusalem Artichoke.


照子さんのレシピは、こちらからどうぞ♪
Please click to see Teruko's recipe of the month♪


まず、名前の由来なのですが、花のせいです!
The name comes from how the flowers look.

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

・菊に似てるでしょ?だから菊芋。
-Looks like chrisanthemum, doesn't it? So, Chrisanthemum Tubers in Japanese.

・ある種のヒマワリにも似てるでしょ?イタリア語でヒマワリは、Girasole。それを英語耳には「ジェルサレム」と聞こえたのが由来とか。なぜ、アーティチョークなのかは、不明。。
Looks like a variety of sunflowers, doesn't it? Sunflower in Italian is Girasole, which seems to sound like Jerusalem to English ears. Why artichoke is not known....

実際の食べる部分は、こんな感じ。
Edible parts are roots, which look like these.

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

※注:写真は、いずれもウィキペディアから、お借りしました。
*Note: Photos are both borrowed from Wikipedia.

では、効用を書きます。

おぉ!というものが、幾つもあるんですよ!!

でも、何だか、紙面が、ぐっちゃぐちゃして来て、目がチカチカ。(*_*) すみません、ここから先は、ブログでは英語だけにします。

日本語は、明日配信の、無料メール塾に書かせてください。

Hereafter, let me concentrate on English; the screen looks quite busy and is not gentle to the eyes! I shall write the Japanese version in my newsletter to be issued tomorrow.

Now, its health benefits. In fact, Jerusalem Artichoke has many spectacular health benefits.

I have chosen 3 major ones as follows:

1. Promotes the growth and activities of beneficial bacteria in the gut, making it "happy."

Contains inulin, which feeds lactobacillus spp. (species), typical "good" intestinal bacteria.

2.May attenuate high blood glucose in humans.

There are animal studies which indicate that it promotes glucose tolerance, leading to reversing insulin resistance (Yang et al. 2012*). Anecdotal evidences among humans show that it alleviates diabetes.

3. May possibly contribute to decreasing the radioactive contamination in the body.

The vice head of a radioactivity safety laboratory in Belarus visited Japan in 2011 and indicated that Jerusalem Artichoke contributes to the elimination of radioactive contamination.

Hope the above information is inspiring to you all.^^

*Yang HJ, Kwon DY, Kim MJ, Kang S, Kim DS, Park S.(2012)Jerusalem artichoke and chungkookjang additively improve insulin secretion and sensitivity in diabetic rats.Nutr Metab. Dec 27;9(1):112.

美味しく食べて、病気知らずになれる方法

グループ・レッスン
生徒さん達のご感想
食べ物の力で、病気を寄せ付けなくする、無料メール塾
お問い合わせは、何でもご遠慮なく、こちらからどうぞ。
・電話:0771-760-5769
ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)