● 家族は、全員、同じ献立を食べないといけないでしょうか??

こんにちは。一美キンロスです。

家族が食卓を囲んで楽しく食べるのは、嬉しいことです。

でも、全員、全く同じ物を食べる必要も無いですよ。

各人の状況に合わせて調整すると良いのではないでしょうか?

例えば、これは、先日の夫の夕飯です。



そして、こちらは、私の分です。



一目でわかる通り、似ているけれど、少し違います。

・夫は、トウモロコシが丸ごと1本。私は半分。

体格とエネルギー消費量によって、穀物の量を変えています。この日は、夫はカヤックを漕ぎに行っていたのです。

あ、トウモロコシは、穀物の1つですよ。

・ほうれん草と鰯缶詰のおかずは、夫に鰯が豊富。私は少々。

私のは、その代わり、蛋白質源に納豆も摂っています。理由は、夫が納豆が大嫌い。私は大好きだからです。

納豆の横のスプーンには、柚子胡椒が乗ってます♪

・ケールのお浸しは、夫には、あと数個、チョリソーが仕込んであります。

理由は、夫は何と言っても、肉が好きだからです。

一見、私の方が多そうで、がっかりさせておいて、掘り起こすと幾つも出て来ることで、喜び感アップを狙っています。^^

もちろん、どちらも栄養価的に問題無いはずです。

この日の夕飯は、似た内容でした。でも、ガラリ、と違っていても、問題無いと思いますよ。手間が増えるかもしれませんが。

さて、最近、ワンプレートか、ワンプレートプラスαが多いです。

でも、夫は文句を言うどころか、喜んでいます。洗い物担当は、彼だから、食器が少ないと楽だからです。笑

誤解が無いように付け足すと、私がプレッシャーをかけている訳では無いです!彼が率先して、やってくれています。本当です!

でも、問題が1つあるのです。

私の大切な和食器は、手洗いです。食洗機に入れるなんて、とんでもない!

しかし、夫に任せると、洗い残しがある時が時々あります。

小姑よろしく、洗い直す時もあるのですが、嫌味ですよね。他のお宅は、そんなこと無いのかな。



便秘、皮膚炎、アレルギー、生活習慣病、婦人科系の疾患など、あきらめていた慢性病が解決に向かう可能性があります。

● 嫌いだけれど、貴重な栄養素が、その食材にしか含まれない場合の対策

こんにちは。一美キンロスです。

嫌いな物を、無理矢理ガマンして食べなくて良い。

その食品の栄養素は、他の、好きな物で取れば良い。

そう考えてはいますが、例外もあるのです。

貴重な栄養素が、その食材にしか含まれない場合です。



この日の献立は、真ん中のカナッペは置いておくと、次の通りです。

・グリーンピースと○○入り卵焼き
・大根餅ならぬ、コールラビ餅
・パドロンペッパー

・庭で採れた初物キュウリの生姜しょうゆ味

○○は、納豆です。

夫は納豆が大っ嫌い!理由は、気味悪いから。笑。無理強いすると、食卓の雰囲気が悪ーくなります。

でも、納豆は、ビタミンK2を豊富に含む、唯一の食品です。

ビタミンK2は、血液中のカルシウムを骨に誘導してくれます。だから、特に骨粗鬆症になりやすい更年期以降の女性は、適度に食べるのがおすすめです。

食品以外では、腸内細菌が製造してくれますが、男性も、食品で摂るのが安心です。

という訳で、時として、こっそり忍び込ませます。

今回は、卵焼きの中に少々、混ぜ入れました。夫は、何のコメントも無く、むしゃむしゃ食べていました。

さてさて、次のどちらでしょう?

・入っているのに気づかなかった。
・気づいたけれど、私が怖いから我慢して食べた。

聞くのも藪蛇なので、聞きませんでしたが、まあ、嫌がらずに食べてくれたので、良しとします。

また、少ししてから、別の手でも、トライしてみようっと。^^

そうそう、先日予告した、兄弟姉妹揃って健康な90代の理由。

後日、メルマガで解説すると言っていました。実は、バタバタしていて、まだ書いていません。

一両日中に、こちらに書きますね。



便秘、皮膚炎、アレルギー、生活習慣病、婦人科系の疾患など、あきらめていた慢性病が解決に向かう可能性があります。

● 私は、重金属混入のリスクのあるツナ缶を、こんな風に選んでいます。

こんにちは。一美キンロスです。

私は、聞かれてもいないのに、食関係のアドバイスをしません。

お節介以外の何物でもなくて、人間関係が気まずくなりかねないですしね。

でも、聞かれたら、一般論は、分かりやすく言います。

さて先日、スーパーの魚の缶詰、瓶詰の棚の前で、これを手にとっていた時のこと。



偶然にも、こんなやり取りになりました。

知らない男性「それ、良いの?」

私「缶詰より、瓶入りの方が良いですよ。」

(注:缶詰ライニング素材からゼノエストロゲンが出る、等は、説明が長くなるので全面カット!笑)

私「ツナは、重金属の蓄積リスクが高いので、あんまり食べません。でも、便利な素材なので、常備はしているの。妊娠してる訳じゃ無いけど(笑)、食べるとしたら、1ヶ月に1回未満をめどに、使ってます。

その代わり、買う時は、売っている中で、一番、良さそうなのを買うことにしてるのよ。

それから、私が買うのは、瓶入りかつ、水漬けタイプです。

瓶入りでオイル漬けタイプもあるけれど、オイルが酸化する可能性も高いので、私は水漬けにしています。」

男性「じゃ、僕も、それにしようっと。」

その時、奥様と思しき女性が通って、胡散臭げに見ていたけれど、男性は、意に介せず、それをレジに持って行きました。

よかった、よかった。^^

ちょっと補足します。上記のやり取りは、一般論です。誰にでも当てはまることで、健康被害に繋がったりは、しません。

一方、個別の問題は、一人一人、原因も対策も違います。

だから、個別の問題は、相談を受けたら、たっぷり時間を取って、有料で応じます。(すみません。この、たっぷりの時間が問題で、今は、原則、お受けしていません。)

栄養療法は、この症状にはこの薬。みたいに、画一的では無いのです。

間違ったアドバイスは、健康被害に繋がる恐れすら、あります。

だから、小さい時からの病歴に遡ったり、薬やサプリメントの服用実態や、食生活の実態など、根掘り葉掘り聞いて、原因を特定して、的確なアドバイスを導き出すのです。

同じような問題でも、原因や対策が全く違うのが、普通です。

自分に良かったから、あなたにも良いはず。親切心から、聞かれてもいないのに、そんなアドバイスをする人がおられますが、考えた方が良いですよ。



便秘、皮膚炎、アレルギー、生活習慣病、婦人科系の疾患など、あきらめていた慢性病が解決に向かう可能性があります。

● 自分で野菜類を育てていると、思わぬボーナスも貰えて、嬉しい。^^

こんにちは。一美キンロスです。

以下の食事には、思いがけない食材が3つ、入っています。



・一つは、野沢菜の根っこ!



野沢菜は、葉っぱだけ収穫すると、また出て来るので、いつもは、抜き取ったりしません。でも、あまりの沢山、収穫できるので、半分は抜き取って、他の食材の種まきをしました。

すると、まるで大根のような根っこが出て来てビックリ!

それを、野沢菜の葉っぱ、鶏肉と一緒に煮浸しにしてみました。上の写真では、手前左の小皿です。

柔らかくて美味でした。

・これは、こんなでも、ゴボウです。笑



これが、今回、一番良く育った物です。隣接するカボチャの葉や、ナスタチウムに圧倒されていたのです。

でも、捨てたりせず、上の煮浸しに混ぜて、食べました。

こんなチビでも、ごぼうの香りは健在でした。

・この真ん中にある2つのボールは、若いカボチャです。



先日、レイズドベッドを大英断で整理した際、切り取った茎に付いていたのです。

勿体無いので、丸ごと、他の野菜類と炒め煮にしてみました(一番上の写真の大皿、左の方に顔を出しています)。

これまた、柔らかくて美味でした。

野菜を育てると、思わぬボーナスが貰えると言うお話でした。

こう言うの、本当に楽しいです!



便秘、皮膚炎、アレルギー、生活習慣病、婦人科系の疾患など、あきらめていた慢性病が解決に向かう可能性があります。

● 鶏がらスープの方針をガラリと転換しました。

こんにちは。一美キンロスです。

丸鶏を買って、夫に捌いてもらい、鶏ガラはスープにする。

そして、数回分に分けて冷凍保存して、何度も楽しむ。

今までは、そうしていました。

何しろ、滋養たっぷりなので、何度も食べたいからです。

でも、まず、プラスチック袋に入れざるを得ないのに、抵抗あり。冷凍の際、フニャフニャするし、隣とくっついたりするのが、面倒。

そこで、冷凍せず、1、2回で使い切ることにしました。

煮て、煮て、煮出した、コンクなスープです!

鶏肉、キャベツ入りライスヌードルを作ったら、激ウマでした。



(左が私、右が夫の分で、右の方に、左の倍くらい、鶏肉を入れています。)

煮込む際に、生姜、ニンニク、マッシュルームの軸など、色々と入れているので、味付けは醤油だけで、充分!

食べる頻度は減っても、手間が省け、激ウマなのは、魅力です。

リーキーガットなどで、腸壁の修復をコンスタントにしないといけない訳ではないので、当面は、この方針で行くことにします。^^



便秘、皮膚炎、アレルギー、生活習慣病、婦人科系の疾患など、あきらめていた慢性病が解決に向かう可能性があります。

● 貴重な食材は、大事にし過ぎてダメにせず、サッサと有難く頂く事にしています。

こんにちは。一美キンロスです。

一つ前の記事で、大量の野沢菜を収穫した話を書きました。

日本から持ち帰った、良質のオイスターソースで、炒めてみたんです。(左端)



オイスターソース、こちらで手に入りますが、ずっと甘ったるさや粘度などが気に入らず、実は、日本で良さそうなのを買って来ようと思っていたのです。

すると、なんと、買う前に、プレゼントして頂きました!

以心伝心?引き寄せ??びっくりしました。有難うございます。

味は、甘ったるさが無く、すっきりした味で、いつも使っていたのとは、別物でした!

その右は、いかのバター炒めにポン酢をかけたものです。その上に、庭からコリアンダーを取ってきて、パラパラしました。

このポン酢も、実は、同じ方から頂いた上質品です。

余計な物が入らない、本物の味は、後口もすっきりして、美味しいです。

その右横は、オーガニックのトウモロコシ製クスクスと、ツナ等のサラダ。

言わずと知れた、ナスタチウムの花と葉付き。笑

一番右は、大根餅ならぬ、コールラビ餅です。大根が手元に無く、先週のデリバリーに入って来た、でかいコールラビを使ってみました。

大皿の上、左端の、赤柚子胡椒を付けて、頂きました。

コールラビ餅に入れた小エビも、赤柚子胡椒も、やはり、日本でプレゼント頂いたものです。

味噌汁のトッピングは、自家製三つ葉。

と言う訳で、私の嗜好を知り尽くした方々からの素敵なプレゼントと、庭の作物とをフルに使った、嬉しい食卓でした。

頂いた物から

オイスターソース
ポン酢
赤柚子胡椒(と緑柚子胡椒のペア)
小エビ
赤いお箸と猫の箸置き

有難うございます。^^

庭の作物から

野沢菜
コリアンダー
ナスタチウム
三つ葉

以前は、貴重な食品は、勿体ない、と取り置いて、結局、半分以上をダメにすることも、多々ありました。

今は、新鮮なうちに、有難く使い切ってこそ、お気持ちに応えられる、と思って、気前よく、使わせて頂いています。^^



便秘、皮膚炎、アレルギー、生活習慣病、婦人科系の疾患など、あきらめていた慢性病が解決に向かう可能性があります。

● テンコ盛りに茂っていた、レイズドベッドのビフォアとアフター

こんにちは。一美キンロスです。

コロナ初年に、夫が作ってくれた、深さのあるレイズドベッドには、大根、ごぼう、自然薯のような根菜類と、その他葉菜類を植えています。

ナメクジは、葉菜類の中でも、特に油菜科が大好きなようです。

その上、発芽直後の柔らかい葉っぱは、鳥の大好物の模様。

発芽しても、育ってくれないので、ネットを被せていました。

日本から戻ったら、その中が、すごい事に、、、。



すみません。縦の写真が、横に倒れた形でしかアップロード出来ません。(TT)

熱夏の翌日まで、ネットはそのままにしておこう、と夫が言うので、水曜日にやっと外しました。これが、いわゆるビフォア。



(やっぱり、横倒しですみません。)

カボチャ、野沢菜、ナスタチウムなどがテンコ盛り!反面、それらに圧倒されて、茄子は居なくなり、ゴボウも不振です。野沢菜は、とうが立って花が咲いているものも、、。



まず、野沢菜の四分の一程度を収穫しました。



茎部と葉っぱ部にざっと分けて、刻んだ所です。大量!



またもやの横倒しですが、これが整理後、いわゆるアフター。



かなりの英断でした。

明日は、空いた部分に、大根、春菊、茄子の種まきの予定です。

野沢菜で作った物などは、この次の別記事に書きます。^^



便秘、皮膚炎、アレルギー、生活習慣病、婦人科系の疾患など、あきらめていた慢性病が解決に向かう可能性があります。

● 庭の作物を食べる幸せ^^

こんにちは。一美キンロスです。

自分で食物を育てるのが、大好きです。

食物が手に入りにくくなるとか、飢饉が来るとか、恐ろしいことが、言われてますよね。

その対策と言う訳でも無く、いわば趣味の園芸の延長です。イギリスで手に入りにくい野菜類を、じゃあ、自分で作ってみよう、と思ったのが、そもそものきっかけです。

上記の事情もあって、今年以降、もっと本格的にやってみたいな、とは思っています。でも、未だに、ごくささやかです。

さて、そんな中、ケアが必須のこの季節、日本に行きました。

その間、お隣のご夫婦が、庭の水やりをして下さっていたお陰で、大半が、すくすく育っていました。ご近所は有難いです。

では、ささやかな収穫物を使った食事を自慢してしまいます。^^

・この日は、紫蘇、コリアンダー、ミント、チャイブを採用!



紫蘇は、この日は紫蘇味噌にして、ジャガイモを和えました。

忘れてた!お味噌汁の中に、大根を入れています。私の育て方が悪いのか、夏大根だからなのか、葉っぱ優勢で、根っこ部分は、スーパーモデルばりのスリムさでした。笑笑

・こちらは、生ハムと人参の間に、チャイブやロベッジを挟んだり、紫蘇味噌はご飯に乗せて。ひよこ豆コロッケの飾りも兼ねたナスタチウム。



食べ始めてから、出来て来ていた、ものすごく小さいトマトを夫が採って来たことを思い出して、1個ずつ食べました。



・大根葉のナムル、ラナービーンズの塩蒸し、ホワイトベイト(小魚)をナスタチウムと共に。



40度近くまでになった、昨日の夕飯ですが、極めて不人気で、ガッカリでした。一番の理由は、ひよこ豆とスイスチャードの炒め物の存在が大きすぎたことだと思います・・・。

・左から、ブルーベリー、プラム、ブラックカラント。



ブルーベリーとブラックカラントは、フルーツカクテルに使う予定です。

ブラックカラントは、あと少し収穫を待とう、と言う夫の発言に疑問を挟まなかったら、シワシワになっていました・・・。

プラムは、追熟を期待して、まだ固いのを取り入れました。いつも、完熟するまで置いておくのですが、鳩の被害が大きいので、トライしてみます。

今日は、夕方から、すごい事になっているレイズドベッドを何とかする予定です。

近くで、自然農法を教えてくれる所、あれば良いのにな。



便秘、皮膚炎、アレルギー、生活習慣病、婦人科系の疾患など、あきらめていた慢性病が解決に向かう可能性があります。