「石けんで落とせる」コスメは敏感肌用洗剤でも落とせる? | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ





「石けんで落とせるコスメ」

 

ていうのが結構ありまして、

 

 

ブログのコメントでも凄く多い質問が

 

『ベビーソープやアミノ酸系などの優しい洗剤でもこのタイプのコスメは落とせますか?』

 

というものです。

 

 

 

結論から先に申し上げると、

 

『石けんで落とせる=優しい洗顔剤でも落とせる』とは限りません!



この点に注意してメイク剤や下地等を選んで欲しいと思います。

 

 

 

◎「石けん」の洗浄力は元々かなり強い?!


そもそも「石けん」という洗浄剤は数ある洗浄成分の中でもかなり洗浄力の強力な部類の洗剤です。

 





石けんはpH:8~10程度の「アルカリ性」という特質を持った特殊な洗剤です。

 

石けんの仲間の陰イオン界面活性剤はアルカリ性にすると洗浄力が向上する性質があるので

 

アルカリ性の時点で相当の洗浄力があるということになります。

 

 

※また人の皮脂などが弱酸性であることから中和作用により人皮脂の除去力も特別高いと言えます。



よってこのくらいの洗浄力を持っている洗剤であれば、

 

ある程度の摩擦を加えることで大抵のメイクは十分落とせるということになるわけです。

 

 

水添ポリイソブテンや高重合ジメチコンなどよほどの強力な油剤が入っているものでなければ

 

石けんなら十分落とせてしまうのです。

 

 

なのでメイク剤や下地、日焼け止めなどを選ぶ際に「石けんで落とせる」とあるからと言って特別被膜能力が低いと決めつけることは出来ません。

 

 

実質的には大体のメイク剤が石けんで落とせということになるので、

 

この記述を頼りに商品を選択するのは少しリスキーです。

 

 

 

◎「石けん」で落とせても「アミノ酸系」では落ちない?


石けんの洗浄力に対して「アミノ酸系界面活性剤」

 

ベビーソープ等に用いられる「両性イオン界面活性剤」は洗浄力が穏やかなので、

 

(※上図左グループ・真ん中グループの洗浄剤)

 

 

石けんで落とせるコスメだからといってこれで十分落とせるとは言い切れません。

 

 

中には「石けんのアルカリ性に反応して落とせる」という仕掛けを用意している商品もあるため

 

 

そうなると弱酸性の洗顔料などのみで石けん落ちメイクを落とすのはかなり厳しいということになります。

 

 

 

この場合は肌に優しいクレンジングを用意した方が良いとうことになります。

 

 

「油脂系クレンジング」などならば肌への負担は殆どありませんので

 

メイクをする方で肌負担を考えるならば「油脂系クレンジング+弱酸性洗顔」の組み合わせがお勧めです。

 

 

 

◎アミノ酸系等でも落とせるメイクや下地とは?

 

 

ただし全てのメイク系アイテムがアミノ酸系などで落とせないというわけではありません。

 

 

例えば『お湯で落とせる』とあるタイプの下地やメイクであれば、

 

当然アミノ酸系洗剤でも落とせます。

 

 

 

ブログでも紹介してますが、

 

僕が愛用している▶POLA ホワイティシモ UVブロックミルキーフルイドなどはお湯でも落とせる処方です。

 

 

 

 

ただお湯で落とす場合はある程度摩擦が必要なので、

 

アミノ酸系洗剤などでさっと洗うと摩擦も殆ど加えず綺麗に落とすことができます。

 

 

これは処方中にはじめからクリーム状に乳化する乳化剤が多めに入っているためで、

 

対して乳化剤の少ない(振り混ぜ式)ウォータープルーフのミルクやローションなどは石けん級の洗浄力が大抵は必要になります。

 

 

クレンジングは必要? 日焼け止めの『落としやすさ』を見分けるコツ

 

 

なのでカシャカシャ振るタイプの下地やリキッドファンデは「石けんで落とせる」とあってもアミノ酸系などでは落とせないと理解しましょう。

 

 

 

◎優しい洗剤でも落とせる『ミネラルファンデーション』の見分け方



あとよく「石けんで落とせるから肌に優しい」と言われているミネラルファンデーションなどは、

 

ものによっては【石けんじゃないと落とせない】というものと【石けんじゃなくても落とせる】タイプがあります。

 

 

 

これは「結合剤(オイル成分)」の配合有無で見分けられます。

 

 

 

例えば、

 

『エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション』

 

【全成分】

マイカ、酸化亜鉛、シリカ、ラウロイルリシン(+/-)、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、プセイドシマツクバエンシス(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物


↑こちらの商品のようにほぼ「主成分が粉だけ」という商品の場合、

 

オイル成分が無いので被膜作用は非常に弱くほぼお湯でも落とせるということになります。

 

 

なのでアミノ酸系やベビーソープでももちろん落とせますね。

 

 

 

 

一方で同社のミネラルファンデーションでも

 

『エトヴォス タイムレスミネラルファンデーション』

 

【全成分】

ホホバ種子油、スクワラン、アセチルヒアルロン酸Na、α-アルブチン、セラミド3、セラミド6II、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、(+/-) マイカ、酸化チタン、カオリン、酸化鉄、酸化亜鉛、シリカ、ラウロイルリシン、ミリスチン酸亜鉛、水酸化Al、プセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物

 

「主成分がオイル」の商品の場合ある程度被膜作用があるので、

 

アミノ酸系でしっかり綺麗に落とすのは厳しいという判断になります。

 

 

ただ石けん程度の洗浄力があればこちらのファンデーションも十分落とせますね。

 

 

 

 

◎「石けんじゃないと落とせない」ならむしろ肌に負担になる場合も

 

 

 

個人的には【石鹸】と言われると凄くしっかりした洗浄力のある洗剤なので、

 

「石けんでも落とせる」と聞いてもそんなに優しいイメージは抱きません。苦笑

 

 

 

むしろ「石けんじゃないと落とせない」という意味だと捉えると、

 

結構被膜力のある商品なんだなぁと思ってしまう場合もあります。

 

 

石けんという洗剤はアルカリ性の洗剤なので人肌を洗うにはあまり相応しいものではないと僕は考えています。

 

なので石けんを用いなければならないとなると洗うたびに負担になる人(特にアトピー体質の方など)もいるため「それってそんなに良いことかな?」と思ってしまいます。

 

 

 

石けんがそもそもトップクラスに洗浄力の高い洗剤の時点で「◯◯でも」という表現は不思議ですよね。

 

 

 

「アミノ酸系洗剤でも落とせる」とか「お湯でも落とせる」と言われるならば、

 

これはなるほどと思いますが(^^;)





以上、『石けんで落とせる』という表現には少し注意して欲しいと思います。






エトヴォス様からの申請によりブログ全記事中の商品リンクを外させて頂きました。(2017/8/6)


プロデュース化粧品第4弾『CeraShell Red Protect Gel』 5月10日発売決定!!【詳しくはこちら!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3

 

セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ


<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら! hp%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 


かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント