自作PC、自作パソコンの電源の選び方や電源を語る【PC電源】 | 【PCパーツ】パソコン関連の役立つ情報(自作PC)

【PCパーツ】パソコン関連の役立つ情報(自作PC)

自作パソコンやPC関連のことを適当に書いてます


テーマ:

自作パソコンのパーツ選択でちょっと分かりにくいのが電源

電源のワット数はどれくらいか、メーカーはどこがいいのか

80plusはどのグレードがいいのか、慣れない人には難しいパーツだろう

 

 

 

ワット数はパソコンの構成で変わるが、ざっくりと簡単に計算するならば

グラフィックボードを積む場合、CPUとグラボのTDPを足して倍のワット数を買えば基本間に合う。

ゲーミングPCなどは CPU+GPUのTDP×2=ワット数、基本的にはこういう考え方。

それ以外にメモリ、HDDやSSDを複数乗せても間に合う。

 

 

 

 

一応参考までに他のパーツの消費電力を書くとこんな感じ

1TBのHDDの場合

5400回転HDD=アイドル時 6W前後

          スピンアップ時 15W前後

7200回転HDD=アイドル時 10W前後

          スピンアップ時 20W前後

あくまでも大体の数値でメーカーやプラッタの数で変わってくると思う

 

メモリ1枚=5W前後

 

SATA SSD 1台=5W前後

NVMe SSDは確認出来ていません

 

マザーボード=30W~80W

オーバークロック仕様の物で電圧を上げて使う場合は消費電力が上がる。

 

 

 

CPUとグラフィックボードが一番消費電力が高く、一応高負荷時を想定して計算する

よってCPU、グラボのTDP×2というわけだ。

倍の電力で計算するのは、電源の電気の変換効率が50%が一番効率いいから。

変換効率というのは、家のコンセントから電源に電気が入るときは100%

その100%の電気をどれほど無駄なく変換できるか、それが80plusのグレードで変わる。

 

 

電源の変換効率の画像を貼る

例えばスタンダードの80%の場合はコンセントからの100%電気を変換し80%使える。

残りの無駄な20%は熱になる、電源が発熱するということ。

変換効率のいい電源は発熱が少なく、熱が低いからファンの回転が上がらず静音電源となる。

発熱が低いからコンデンサのダメージが少なく長持ちするとも言える。

 

 

 

この80plusのグレードは上げればいいとも言えない、下げることのメリットも存在する。

安いスタンダードの場合、部品点数が少なくシンプルな作りになり

それによりマザーボードの電源制御回路などと干渉せず

パソコンの起動トラブルが起こりにくい、電源による相性問題が起こりにくい。

 

 

 

 

逆にグレードを上げると電源の部品品質が上がり部品が増える

上位グレードに使われている基板も下位グレードとは違い部品も増えて複雑になる。

 ※部品品質が上がることはPCショップでも明言している。

(品質は上がるけれど80PLUSは品質を定めるものではない。)

それがマザーボードの回路と干渉してパソコンの起動トラブルが起きる場合がある。

要するに電源による相性問題が起きる可能性がある。

OCモデルの高額なマザーボードなどを使う場合はSILVERやGOLD辺りで止めるのがいい場合もある。

 

 

 

 

 

【電源出力表、レーンの注意点】

最近はめっきり減ったけれど、電源の+12Vラインが複数のレーンに分かれているタイプの電源。

+12V1~+12V2や+12V3など

そういう電源でGTX1080tiのようなTDPの高いグラボを使い場合は

電源の出力が足りなくなる電源もあるので注意。

 

 

極端な例で書いていくと、あくまでも仮に出力表でこういう電源があった場合

※+12Vラインのみを記載

+12VラインはCPUやグラフィックボード用

 

 

CPUと250W以上のGPUを付けた場合、無理をさせるものの総合出力では不足しなくとも

+12Vが3レーンに分かれていて

+12V 1レーン分が18アンペアしかなく1レーン分の電力が足りない

※ワット数はV(ボルト) × A(アンペア)、12*18=216

1レーン分は216Wなので250Wのグラフィックボードでは不足になる。

なのでこういう出力表の電源では250Wもあるようなグラフィックボードは使えない。

 

 

最近の電源は+12Vが1レーンでアンペアが大きいので、そういう心配は少ないけれど

TDPの高いグラフィックボードを乗せる場合は+12Vのレーンは一応チェックした方がいい。

 

 

 

 

 

耐久性に関しては、80Plus グレードを下げた方が部品点数が少なく

コンデンサの数も減るので電源が劣化、弱まりにくいという利点がある。

 実際そこまで高くないBronzeの電源をある場所で、電源落とさずつけっぱなし

 1年通して起動させっぱなしの状態で6年経過してるが、弱っている感じはなし。

 長期長時間運用で高負荷にしない場合はグレードは低くてもいいかもしれない。

 

 

 

 

電源が弱るとまず12V部分が分かりやすく弱ってくる

グラフィックボードを積んでいる場合は、顕著にグラボの性能が落ちる。

CPUも性能は落ちてくるだろうと思われる。

 

 

 

 

要するに自分のパソコンパーツ構成や使い方に合わせて電源を選択する必要がある

電源の相性問題を考えると

電源というものはTITANIUMのような高い物だからいいとも言えないということ。

個人的な感覚ではGOLDまでで十分と感じる。

 

 

 

 

とはいえ安い電源より高い電源の方がノイズ対策や保護系統はしっかりされているので

パソコン稼動の安定性は期待できる、あくまでも可能性の話だけれど。

高負荷で長時間連続稼働や稼働安定性を重視するなら高い電源がいい。

 

 

 

 

あと品質は最終的にメーカー次第、メーカーによるところが大きい

メーカーを書き忘れていたので追記

評価が高く製品として質がいい、無難と言えるのは

Corsair、Seasonic、クーラーマスター、次いでANTEC

この辺りの電源。

 

たまにニプロンを推す意見があるが、そこまで拘る必要性は感じない

一般的に評価が高い電源で十分だろう。

pctec351さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス