2017-08-30

店舗レイアウト変更④通路の幅

テーマ:店舗での応用編

こんにちは!
ミセヂカラ®でお店を応援するオフィスアールエス佐藤玲子です。

 

連載のつもりで書いています。
①図を描くことから始めようは、
こちら

②ゾーニングは、こちら

③什器の高さは、こちら

上記記事もご覧ください。

 

今日は、通路幅についてです。

まずは、幅の基準から説明します。

 

人の肩幅は約45㎝です(個人差はあります( ´艸`)

そこで、

すれ違いには、最低でも90㎝は必要です。

 

120㎝~150㎝幅の通路なら、

見知らぬ相手に気遣いなく、余裕を持ってすれ違えますね。

 

カートやベビーカーが多い大型店では、210㎝以上のところが増えています。

下方視野は75℃ですから、

通路幅が狭いと、棚の低い所に目線が届きにくくなります。

(前回ブログ記事の、視野の図を参考にしてください)

最近は、コンビニでも

通路幅を広げて、棚の下段を見やすくするようにしているそうです。

 

通路幅は、お客さまの回遊にも大きく影響します。

入口からメイン通路は広く見通し良くして、

そこから枝のようにサブ通路を設けると、回遊を誘導できます。

 

また、

狭い通路ばかりだと客単価が上がりにくいともいえます。

狭いところは、あまり心地よくないから、滞在時間が短くなりやすい。

滞在時間(回遊時間)と客単価は比例すると言われていますから。

 

たかが通路、されど通路。

レイアウトの時は通路幅にも気を付けてくださいね。

 

お店のお困りごと相談は、
毎月第2火曜の「見せ方の相談室」もご利用くださいね。
 ◆9月12日火曜  17:30~18:30 JR勝川駅周辺で
   予約制です(予約時に場所を詳しくお知らせしますね)

HPもご覧ください。

お問い合わせも、お気軽にどうぞ。

http://office-rs.net/

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

名古屋「小売店の応援団」オフィスアールエスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿