コジデンで働く代表取締役歯科医師のブログ
-コジデンこと、小嶋デンタルクリニックHP-
https://ryu-medical.com

-歯に関する真面目な知識、症例ブログはこちら-
https://ryu-medical.com/blog/

-トライアスロンで健康ライフ(趣味のトライアスロンの健康レース記)-
http://triathlon51.com

-企業やクリニックの従業員の笑顔を繋ぐ美味しい健康弁当 Gochi弁-
https://gochi-ben.com
  • 04Mar
    • 嫌な役を押し付けられてきたの画像

      嫌な役を押し付けられてきた

      こんばんは!先日歯科医師会の先生より、次の歯科医師会執行部の理事を任命されてしまいました。。ついに・・というかもう?立候補する先生がいないようで非常に困っているからなんとか助けて欲しいって……それ完全に押し付けじゃんね。。有無を言わさず送ってくるし。歯科医師会の人達は本当に都合がいいというか、表と裏がありすぎる。私個人では市の歯科医師会に加入して、県の歯科医師会には加入していないのだけれども、普段は県の歯科医師会に入れ入れと言われるのにも関わらず、市の歯科医師会の理事は県の歯科医師会にも基本加入していないとダメだけど、別の法人だから今回は小嶋くん大丈夫にしてもらったからって。意味がわからんwそんな都合がいいものなのか。名誉職って言うけれども、学者じゃなくて臨床家であり事業家でもあるから正直名誉職には全く興味がないというか必要がない。名誉より明確な結果が求められる世界だから。そもそも名誉なんて承認欲求の塊のようなもんだから避けたい項目の一つ。だから理事になるにしても何かしらのミッションが必要だと思う。立候補がいないというぐらい正直今の歯科医師会に興味を持つ人がいないからそれって名誉職になるの?って普通に疑問になる。名誉大好きな人間が飛びつかないってそもそも名誉でもなんでもないんじゃない?立候補が少ないのであれば、部を減らせばいいだけだと思うんだけど違うのかな。企業において、事業を行う人が集まらなければその事業は撤退ないし、一時中断すると思うんだけど。さて結論から言うと、多分引き受ける。誰もやらないとかやりたくないことって個人的には結構前向きに捉えている。打算で言うとそもそも他薦でハードル低いし、コロナで集まり少ないしw歯科医師会の仕事が膨大に入ってくると、とてつもなく大変になりそうだけど成長するチャンスでもある。どうせなら歯科医師会の理事というのをリソースとして事業に活かそうかなと思う。パンクするかな?本業に影響が出てしまう先生が多いみたいだけど。どうなんだろう。絶望と不安しかないけど、とりあえず行ってみようかな!一回一回死んでクリアしていけばいい。人生はスーパーマリオだw

  • 27Feb
    • 成功法則など存在しないという根本的な話の画像

      成功法則など存在しないという根本的な話

      こんばんは!今週もお疲れ様でした。花粉が飛び始めたのか、花粉症で苦しむ人が増えてきました。花粉症が酷くて歯科医院の通院をためらう人もいますね。鼻が詰まっていると、確かに治療中苦しいですからね。。しっかりと花粉対策をして歯科医院にいくようにしましょう。今話題の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」やっていますか?私も少し前に、招待され登録しました。実際はほとんど利用していないのですが、簡単にいうとネット上の喫茶店みたいですね。知っている人が雑談している話を聞くことができたり、実際話すことができたり。通常のSNSってまずスワイプしなくてはいけないので結構面倒ですよね。それに見ないといけないので視覚が奪われてしまい、全ての時間を奪われてしまう。最近海外でもよく言われる「スワイプ疲れ」「SNS疲れ」を解消した新しいSNSですね。「Clubhouse」めちゃすごいなと思ったことがあって、雑音がほとんど消されていること。人の咳とか、周りの雑音がほとんど聞こえない。システムが優秀で、会話以外は消されるようになっているのかな。不思議な感じでした。「Clubhouse」ってローンチされるまでに10年かかったと言っているので、よくも10年間ローンチするまでやり続けたなって称賛です。普通諦めるし、全く競合もいなかったのかな。音声メディアだと、ラジオやPODCASTがあるけど録音ですし一方通行ですし。しかし、すごい。ビジネスマンや忙しい人向けのSNSって感じですね!さて今日はサクッと読書のまとめ「ピーター・ティール 世界を手にした反逆の起業家の野望」ピーター・ティールを知っている方も多いと思います。決済システムの「ペイパル」をつくった人ですよね。そのピーター・ティールの考え方や今までの生き方をまとめた本。感想としては非常に面白かった。成功者の物語の本というのはたくさんあるけれども、それ以上に考え方を学べたのはよかった。印象深かったのは「成功の方程式はそもそも存在しない」ということ。成功者の秘訣なんてものはないというのだ。第一原理から考える必要があり、また世の中に溢れる成功者が教えるHow toなんて所詮第二原理。その人ができたことであり自分に必ずマッチするわけでもない。だからこそ、自分で考えて行動をするしかないというわけだ。ピーター・ティールがいう成功に導くポイントは・唯一無二で競争に巻き込まれないこと・第一原理という秘密・市場で独占的なポジションを確保することこの3つだという。唯一無二という参入障壁をつくり、コピーされない第一原理をつくる。これらの競争優位性を持って独占的なポジションを確保する。第一原理をつくるためには人の成功事例を真似ても仕方がない。自身で考え行動を起こす重要性を訴えていました。この本は、ピーター・ティール の経験や思想含めいろんな角度から記載されているので、非常に学びとして有意義な本だった。ビジネスと社会との関係性を意識させてくれるものでもあったし、繰り返し読みたい一冊でした!いよいよ完成です!コジデンマン

  • 25Feb
    • ついにパワグラを全国へリリースの画像

      ついにパワグラを全国へリリース

      こんばんは!パワグラは無事に今週プレスリリースを行い全国販売がスタートしました。https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=31193&release_id=7&owner=1購入者も増えてきています!販売代理店を希望される団体も出てきており順調な滑り出しです。パワグラって結構無敵系のグラノーラなんですよね。豆乳かけて食べるだけで1食に必要なタンパク質量を摂取することができるし、無添加。余分なものは一切入っていないのにめちゃうまい。そして亜鉛や鉄も豊富に入っている。オートミールから作っているから食感がしっかりしている。よく噛むことができるから、脳細胞が活発になり認知機能をサポート。さらに、噛むことで歯の周辺骨の成長を促すため、歯並びをよくするサポートもしてくれる。さらにさらに低GI食品なので、眠くならないから夜食とか間食に最適。食物繊維も豊富だから便通もよくなる。まさに無敵。世の中のお菓子が全てパワグラになるべきだと思ってしまうw小さい頃にパワグラというお菓子があったらもっと成績良くて運動もできたかもしれない笑私は朝と昼食べることが多い。朝は必ずパワグラ。パワグラのおかげで、朝ご飯の準備をしなくていいという利便性の良さ。小分けの袋に直接豆乳を入れて(乾燥剤は必ず取りましょう)そのまま食べるから洗い物はスプーンだけ。昼は既存の弁当がない時はパワグラ。豆乳はかけずにそのままボリボリ食べてやります。食物繊維が多いので腹持ちが抜群にいいんですよね。どんな食品でもGI値というのが存在していて、食べることにより血糖値が上がるのだけど、急激に上がりすぎるとやっぱり眠くなります。ビジネスパーソンにとって眠くなるというのは、夜はともかく日中は最大の敵。時間は平等ではあるけれども、有限でもあるから最大限使いたい。だからこそ、日中は眠くならないで集中して生産性の高い仕事をしていたい。そんな意識高い系の人は絶対パワグラ食べた方がいい。パワグラって今代理店で売っているメインがサッカーチーム。元エスパルスの選手やサッカー選手が結成したサッカースクールが最も購入している。あとは現役のJリーガー達が定期的に購入している状態ですね。腹持ちがよく美味しく食べれて、効率よくタンパク質摂取ができるので今まではプロテンバーだったけど、パワグラに切り替えたという選手が何人かいた。そんなアスリートからも支持されてきているパワグラの今後が非常に楽しみです。今行っているパーソナルトレーナーが、仲間と富士山上りに先日行ったようで同行したメンバーの一人が補給食でパワグラ持ってきていたというから驚き。市内ジムで購入したとのことでした。徐々に浸透してきていますね!歯科医院でも販売したいけれど、医療法的に食品の販売はNGなのでできません。。なので買いたい方は、ネットで購入するか直販もしているので連絡してきていただければ会社の方で販売します!今日はパワグラごり推しのブログになったな。次回は、本のまとめをします!富士ヒルに向けてタイヤ交換してみました。スペシャライズドのコットン。楽しみー!

  • 20Feb
    • アランの幸福論の画像

      アランの幸福論

      こんばんは!今日は土曜日、今週もお疲れ様でした。肉体改造に向け日々取り組んでいますが、週1のパーソナル以外でもウェイトメニューを増やそうと自宅ジムに機器を購入してみました。元々、バイクとラン専用に作ったジムなので全然スペースがありませんがなんとか置けました。今回すべてメルカリで購入。めちゃ安いですね。定価の30%ぐらいで購入できましたし、汚れも許容範囲かなって感じでした。私の洋服も着なくなったのを奥さんがガンガン安く売っていましたけど、便利ですね。いわゆるC2Cのビジネスモデルですので、個人情報保護やコンプライアンスの問題など課題があると思いますが、便利ですね!しかしメルカリで歯科と検索すると、ここで売ってはいけないものもたくさん出てきましたw売買するだけで大問題になるの承知でやっているのかな?自分の資格リスクを危険に晒してしまう行為・・・売る方も買う方もダブルプレーでアウトです。さて先日久しぶりに、富士で開業している武田先生と島田で開業している竹内先生、矯正医の林先生と集まって食事をしました。久しぶりに集まりましたが、林先生以外は全員開業した形となりました。武田先生は2年前、竹内先生は昨年実家のクリニックを引き継ぎ、移転し新規開業しています。二人とも結構大きいクリニックにしていますのですごいです。話をしている中で、開業や起業は結構向き不向きがあるねという話になりました。確かに開業など起業は本当にエネルギーが必要だし、いやエネルギーが必要というか自発的に勝手に出てくるもので「自分がこうなりたい」とか「地域のためにこういう歯科医療を提供したい」とか「こういう会社をつくりたい」とか確固たる信念みたいな、そういう意志が強いものがあるので自然とエネルギーも出るし、そういった強い自我がある人が開業、起業に向いているのかなと話していました。いわゆるリーダータイプですよね。私も、一生懸命取り組むと決めたものに関しては先頭に立ってやりたいというか自分でなんでも決めたいタイプだった。中学、高校と野球部ではキャプテンだったし、一生懸命やるからにはオラオラでやっていました。大学ではほとんど野球への情熱もなかったので、そういう感じにはならなかったのですが・・こうしたいという明確な自我があるから、必要なことは学ぼうとするし自分で考えて行動するようになるので困難があっても突き進むことができる。竹内先生も武田先生も自我の塊のようなものですので、タイプ的には開業・起業に向いています。しかしすべてがそういう人ではありません。正直この人はトップにならない方がいいんじゃないの?って人もいます。根本的にリーダータイプではない人もいます。これは別に悪いことではないし、リーダーに必ずならないといけないというわけでもありません。一緒に食事をしていた林先生とかはリーダータイプではないという話になりました。自分のスキルを、自分が輝ける場所を見つけてそこで全力を尽くして楽しむ。人を雇用して、指示して仕組みを作ってというタイプではなく、自分が輝ける場所を探し点々としている。絶対開業しないっって言ってますしね。自分のことを俯瞰的に捉えて、プライベートととのバランスを取りながら、好きな仕事を打ち込むことができる。しっかりと適性を捉えているなーってみんなで感心していました。ビジネス書とか、世の中の成功者の話はほとんどがリーダータイプの人が多くフューチャーされやすいのが実際。だからそこに憧れを抱き目指す人が多い。しかし、誰もがリーダータイプではないので自分がまず根本的にどのようなタイプなのかを俯瞰して知る必要があると思う。リーダータイプではない人がトップになると精神的に持たないしすべてが辛いことと感じてしまう。先日も会社の現金がどんどん減って赤字になっていく夢をみましたもんね。現実じゃないかどうかめちゃ不安になった。結構こういうのあるし、これは潜在的に何かがあるサインだと考えるようにしていますけど。起きてしまう系の夢は私の中で2つあって・会社の現金が、事業赤字によりどんどん減っていく・歯科医師国家試験の勉強をしているこの2つです。国家試験は、えっ?感じで起きます。どっちが夢?みたいな。どちらにせよ、リーダーにならなくても幸せを求める方法はたくさんあるし、リーダーが正解でもないし、リーダーは当然リスクを多く抱えているから。考えるべきことは自分がどのようなタイプで、どういったことで自分が輝くことができるのか。仕事でリーダーにならなくても趣味でリーダーになってもいいと思いますし!アランの幸福論ですね。今週もお疲れ様でした!

  • 18Feb
    • 真鯛とアスタキサンチンの画像

      真鯛とアスタキサンチン

      こんばんは!また寒くなってきましたね。日中はいいですが朝晩の冷え込みが著しいですね。さて先日患者さんから「真鯛」をいただきました。70cmの特注サイズを見事御前崎近郊で釣り上げたということで持ってきていただきましたが、そのまま自宅に持って帰るとパニックになるので、静岡の名店の職人さんに捌いてもらいました!煮付けで食べましたが、身がしっかりして美味しかったですね!開業当初からきていただいている患者さんですが、デカイの釣り上げたら必ず持ってくると言って7年越しに最大級を持ってきてくれました!真鯛が赤い理由をご存知ですか?以前抗加齢学会で講演を聞いていた際に知ったのですが、真鯛が赤い理由は「海老」をたくさん食べるからだそうです。海老で鯛を釣るって言いますよね。私は海老が嫌いですが、真鯛は好物なんですね。海老の殻には、鮭と同じようにアンチエイジングの味方である「アスタキサンチン」が多く含まれています。アスタキサンチンは、抗酸化力の高さで有名ですね。私もサプリメントで日々摂取しています。その海老を真鯛が食べるから赤くなるそうですね!真鯛は、基本白身ですのでタンパク質が豊富、さらにEPA DHAなどの積極的に摂取したい必須脂肪酸を多く含みます。縁起の良い魚でもあり、栄養素も豊富。魚の中でもキングですねー。美味しくいただきました!ありがとうございます。私も真鯛のように身がしっかり詰まった人間になれるよう日々努力していこうと思います!今週のおりつ

  • 13Feb
    • 肉体改造しますの画像

      肉体改造します

      こんばんは!今週もお疲れ様でした。今日はzoomでオンラインサロンの講師の録画をしたのですが、録画と知らずに適当なスタイルで行ってしまったけどよかったのかなw先方が決めることだからいいか!今回講師として行ったのが、メディカルビジネスサロンという医療従事者特化型のオンラインサロンとのこと。基本的に講師活動はやらないというか向いていないので今まで断ることが多かったのですが、・今回オンライン・歯科だけでなく医師も含めた医療従事者対象・オーナーがまた東京で美味しいもの御馳走くれそうだった上記3点を理由に引き受けました。人に伝えるということはとても大切だけど、伝わったのかをゴールにするととても難しい。特にオンラインの世界では相手の顔が見れないし、録画だと尚更。一方的になるから正解が見えない不安がありました。インタビュー形成にしてくれたからまだ話やすかったけど、No原稿でしたので。とりあえず編集頑張ってくれといった感じで、話すことは話した感じですね!そう考えるとビジネス系のYouTuberってすごいね。反応のないカメラに向かってひたすら喋り続けるってめちゃ自信と勇気がいる。言うだけ言って、はいどうぞ!って感じでしょ?それが正解なのかどうかもわからない中、答えは配信した後にやってくると言う結構チャレンジングですよね。明確にやはり伝えるとなるとやっぱりオフラインが一番なのかな。もちろんオンラインでの伝え方のコツとかあると思うけど、難易度めっちゃ高いと思うし何よりも伝わったか不安。でもいい経験になりました!また別日で違う内容を録画するようだけど。。さて、今日はバレンラインでーでスタッフや患者さまからいただきました!普段甘いものはあまり食べることはないのですが、食べようと思います。歯科衛生士の植田さんが作ってきたロールケーキがとても美味しかった。料理できる人はやはりいいですね。ありがとうございます!今週はそんなところかな。今週から肉体改造をスタートしました!この身体目指します!この人トライアスリートなんですよね。めちゃカッコイイ。デカくなる小嶋に注目してくださいwいずれ久能街道をこのスタイルで走ってみたいわ。

  • 11Feb
    • それは投資なのか投機なのかの画像

      それは投資なのか投機なのか

      こんばんは!今日は木曜日。祝日なんですね。いつも通り出社していますw診療はないのですが、ミーティング含め色々とタスクがありましたので仕事しております。zoomでのMTでしたから自宅でもいいじゃんと思うのですが、私の中では切り替えができないのでこっちに来た方がやりやすいです。。出社制限のあるリモートワークの方の働き方の難しさを感じます・・・アフターコロナにおいてもオフィスビルは無くならないでしょうね。さてお金に関するブログを挙げたところいくつか質問があったので、そのあたりの話をしようと思います。お金に関する考え方は様々ありますし、正解もないので自分に合った方法を試してくればそれでいいとは思います。投資と投機の違いについてよく投資と、投機を混合しがち。投資と投機を簡潔に言うのであれば「長期的な目線がそこにあるのか」と言うことに集約されると思います。土地で例えると、土地を購入した時にその土地を使ってどれだけの農作物ができ取れるのか、ビジネスを始めてどれくら利益を得ることができるのか。これを考えるのが投資です。一方投機とは、購入した土地がどれぐらい値上がりするのか、値上がりしたところで売却し売却益を得る。これは投機です。もう少しまとめると、投資・・・焦点としては「価値」を見極める長期間保有することで、利益価値を得る。→時間の経過とともに変化するのが価値となる。投機・・・マネーゲーム焦点としては、価格予想をすること。現在の価格より将来の価格を予想し、高値で売却することで利鞘を得る。投資活動でよく株式投資をしましょうと言うことで、何度も売買をする手法がありますがこれは投機です。マイナスになる可能性もあります。株式投資には、株価という値がついていますのでどうしてもこの株価の動きに目を奪われてしまいます。しかし企業の本体というのは企業が作り出す利益ですので、この利益が増えていればその結果として株価は上昇します。ほとんどの人は株価の動きばかり気になり、目を奪われ職場のトイレでトレードしてしまったりなどをしてしまいます。投資家のベンジャミン・グレアムは「株式市場は、短期的には人気投票の場に過ぎないが、長期的に見れば価値の計測器として機能する」と言っています。株価というのは、一つの出来事や旬なテーマによって大きく上下に変動します。利益が伴っていない会社であっても、いわゆる材料が出現したり誰かの発言によって大きく上昇したりすることがあります。しかし利益が伴わない会社は、結局下落してしまうのですが。。しかし長期的な視点できちんと利益を積み上げられる企業に投資をすると長期的に株価は上昇してきます。ですので、利益がしっかりと積み上げられる会社に投資すれば、細かく売買しなくても投資効果は得られるということが言えます。しかし、短期的な結果を求めてしまうのが人間ですので投機的な行為をしてしまう人が増えてしまうのです。この投機的な行為は、ゼロサムゲームですので株式市場から退場となるリスクがあります。自分が行っている行為が、投資なのか、投機なのか。よく考えるといいと思います。個別株への投資はとても難しいです。その企業がどれだけの利益を積み上げられるビジネスモデルを持っており長期的にどうなのか。長期的な時世を含め考え、他社との違いなどを明確に理解しておかないといけません。そのためには、勉強です。私は投資をするということは、ある意味ビジネスパーソンにおける教養レベルを向上させる重要なことなのではないかと思います。その企業が持つビジネスモデルを知ることや、将来予測はこのような背景で作られているとか。これを知ることで自身のビジネスのおいてとてもプラスになると思います。一つの業界にいて、経験と感覚で事業をしていると限界が必ず迎えます。他業種はどのように進化し、その進化はどのような根拠で行われているのか。知ることはとても重要かなと感じます。私は、投機的な行為は基本しません。そもそも得意ではないことと時間がもったいないということ、精神的に気になって仕方なくなるからです。ビジネスが好きで趣味ですので、その会社の特徴やビジネスモデルを競合他社と比べて何が違うのかを考えるのが好きです。それを踏まえて投資します。と、いってももうずっと昔に投資してそのままです。会社の四半期ごとの決算情報を時間あるときにみて、しっかりと利益が積み上げれているかどうかだけ見ています。投機はギャンブルと同じようなものですからね。明日の株価なんて予想できませんし、絶対などは存在しません。しかしビジネスモデルがあり、利益を生み出す仕組みがあれば会社の価値は向上するのは分かります。投資と投機の違いの話でした!大量のお弁当を支給してくれました!約束通り!みんな大喜びでした。ありがとう!

  • 06Feb
    • 成功体験の重要性の画像

      成功体験の重要性

      こんばんは!今週もお疲れ様でした。今年も予定していた長崎の五島列島でのトライアスロン大会の中止が決まりました。2年連続中止。コロナー!!!国内でロングのレースができるのは、3つしかなく佐渡、宮古島、長崎五島です。残念です。次にミドルのレースだと現在の出場候補が今年から始まる諏訪湖のトライアスロン。九十九里、アイアンマン70.3台湾、アイアンマン70.3セントレア。台湾は微妙。去年は国外選手は出場できなく翌年にスライド。だから今年も一応はエントリーされていますが、難しいだろう。今年から始まる諏訪湖は個人的にはとても楽しみ!ミドルレースだけど、少し変則な距離。諏訪湖をほぼ一周しながら、ランに移行とか景色すごい良さそう。立場的なことを考えると、出るでないとか悠長なことも言ってられないのが実際なので結果出場しないんだろうけど。東京オリンピックもどうなるんだろうでしょうか。様々なところでレースが中止になると、トレーニングのモチベーションを保つのが難しいと言う方が多いのですが、私の中で目標としているところが40-50歳まででエイジランキングに入ること。実際には40-44歳の区分と45-49歳の区分ですのでチャンスは10年あるのですが。今は30代後半ですが強い選手が多すぎで全然話になりません。亀のつもりで、後半のチャンス狙いって感じです。40代もめちゃくちゃ強いですけどね。ただ面白いものでトレーニングをすればするほどタイムが上がる。当たり前だけど。なかなか年齢を重ねていく中で、自身の成長というのを感じにくいのでこれは面白い。例えばランニング、始めた当初は10kmのランニングで1kmあたり6分ぐらいだったのが今は4分20秒ぐらいでいける。フルマラソンも最初のフルマラソンが4時間40分だったのも3時間30分を切れるところまで来ている。年齢を重ねながらも、シンプルに1時間短縮できる伸び代を肌で感じるのは面白い。水泳もバイクも全てそう。年々成長している。社会や事業など不確実性の高い状況において自身の成長というのを明確に感じることって実際難しい。でもこういったトレーニングだったりスポーツというのは結果に対し明確に直結してくるから、成功体験を繰り返して得ることができる。仮説検証のスピードも早く、より成功体験を得やすい。成功体験が多いとやはり何事にも自信が生まれてくる。根拠なき過剰な自信はどうかと思うが、結果を出すための道筋を立てることができ失敗しても違う形を取ればいいと考えることができる。これは成功体験を繰り返していないとできないと思う。成功体験するからこそ、仮説検証を繰り返し設定することができると思うが、あまり成功体験がない人だと一回で何かしらの外的要因を棚に上げて諦めてしまうことが多い。結論何が言いたいかというと、成功しやすい目標をたくさん設定することがいいと思う。世の中チャレンジ精神だ!ということで、壮大な目標を立てる風潮があるが、それも悪くはないけれど離脱してしまう確率が高い。壮大な目標を立てたらそれを細分化することが大事。仮説検証が素早くできるように、また成功しやすい目標を手前においてどんどんクリアしていく。そうすることで勝手に前に進む。いずれ大きな壁がやってくると思うが、その時までに多くの成功体験をしていれば自ずと成功するためにはどうしたら良いかと考え失敗してもまた考えるようになると思う。自分自身も、トライアスロンを始めて体力的な向上はもちろんだが、様々な成功体験を得ることができた結果、仕事において悩むことはほぼなくなった気がする。事業において失敗したことがあったり、権限委譲にミスがあっても、すぐ切り替えて違う仮説を立て検証するようになった。これからまだまだ、大きな山や壁はたくさんあると思うが、乗り越えるための体力は引き続きつけていこうと思う。何かしらの成功体験が得やすい趣味を見つけるといいと思う。今年の恵方巻きは豪華だった。

  • 04Feb
    • 高配当株の落とし穴の画像

      高配当株の落とし穴

      こんばんは!今週も木曜。先日、仲良しの焼肉屋さんと小料理屋の大将が実はこのブログを見ていることを告げられて笑ってしまいました。全く読みそうもない二人でしたので意外すぎたのと、真面目に内容見ていたことに驚きました。嬉しかったですけどね!今日はサクッとお金の話を約束通りしようかと。個人的な見解を含めているので、正解ではありませんからね!近年、人生100年時代ということで資産形成が大切、また若い年代は年金がもらえないかも!という話もあり、投資について身近になってきていると思います。投資については様々な方法があると思います。株式投資、投資信託、確定拠出年金、不動産、コモディティ投資などなど。つい先日、知り合いの歯科医師の先生から高配当株への投資について聞かれたのでそれについての私の考えを書きたいと思います。高配当株そもそも配当とは何かというと、企業に投資をして年一回配当、簡単に言うとプレゼントをもらうことを配当を受けると言います。この配当方法には様々あり、優待券などのチケットから、商品、お金などがあります。身近なところで言うとディズニーランドを運営しているオリエンタルランドの株を100株購入していると一年に一回チケットが一枚送られてきます。テレビで人気の桐谷さん(ママチャリを全力で漕ぐ方)は、まさに株式投資で得た配当で生活している?ようです。さてこの配当、上場している企業全てに配当があると、そういうわけでもありません。無配と呼ばれる、配当しない会社も沢山あります。配当をするという考えとしては、企業の儲けが出たらそれを買ってくれた人に還元しようということから始まっています。高配当株といえば、銀行や保険会社、タバコなどの会社が有名です。日本タバコ産業のJTは配当利回り7%以上あります。単純に100万円一年間預けていれば7万円バックしてくれるということとなります。銀行に預金していても0.001%ですので10円…10年預けても100円wだから投資しようと煽ってくるわけです。しかし投資は買った瞬間に当然ながらマイナスのリスクもあります。会社の株価はこちらでは操作できませんので買った株価に対して下がればそもそもマイナスなのです。例えば株価1000円の会社を100万円分買ったとして利回りが5%。一年後に配当として5万円を受け取ることができます。しかしその会社の株価が500円になっていました。そうなると投資した資産も半分になっています。配当狙いにしろ株を買ったら最終的にキャッシュにするためには買った株を売却する必要があります。→キャピタルゲインと言います。(配当など継続的に入ることをインカムゲイン)最初に買った株価と変わらないもしくは上がっている状態で売却できれば、プラスの売却益と投資していた期間に応じて配当金が受け取れますが、買った時の株価より下がっていれば売却損が出て、配当をもらっていてもマイナスとなるリスクがあります。もう一度確認するのですが、そもそも配当とは企業の利益の一部を還元ということとなります。しかし利益が出ている企業でも配当がない会社があります。これは何故でしょうか。年間10%の利益を出す会社だとすると、100万円の売上があり利益は10万円。この10万円を配当に出すと、次の年は当然100万円スタートとなります。(販管費などの細かい数字は無視します)そしてまた10%の利益が出ても110万円。また配当すると100万円スタート。これを単利と言います。しかし、無配にして2年目に110万円として事業をスタートすると10%の利益で121万円となります。さらに無配で121万円でスタートすると、10%の利益で133万円となります。そうすることで企業価値はどんどん上がっていきます。これを複利と言います。会社企業においても複利効果を使うことで自社の価値を上げていき上場企業であれば株価はどんどん上がっていきます。最終的に成長企業の株を買って無配であっても売却益が大きくなることはあります。皆が知っているAmazon。この会社はずっと配当がほとんどありません。あれだけの大きな企業ですが・・・これは明確に株主から集めた資金や事業利益を、事業投資に回すことで人々の生活を劇的に改善してきています。その結果、Amazonがなくてはならない世界を作り出し、企業評価は軒並み向上。株価は上昇しキャピタルゲインを大きく取ることができます。このようにお金を分配するのかそれとも、事業投資をして最終的に株主に還元するのかがポイントとなります。ただその企業が自己投資を積極的に行い成長市場における勢いのある企業であるかどうかの選定はとても難しいのが実際です。成長せずに全く赤字を垂れ流し、上場廃止となる会社もありますし。ベンチャー企業も売上は大きいが赤字という会社も多く投資判断が難しいと思います。マネタイズするタイミングがいつなのかなど。本当にマネタイズできるのかとか。そのため、個別株を持つ場合には高配当株がいいと、投資初心者向けにはアナウンスされるわけなんですね。確かに、高配当株は上場して長い歴史のある企業や金融機関系が多く企業の成長というより安定といった形で大きく株価を下げたりすることはあまりありません。ですが、企業の複利効果を捨てることや売却ロス(キャピタルロス)の可能性がありますので、高配当というだけで飛びつかず、その企業の将来性や環境状態などをよく考えて投資する必要があるのかなと思います。私が考えるには、利益が横ばいだったら、配当や株主優待などは将来的に株価を下げる要因になるのでどうなのかなって考えます。配当の権利落ち日は、必ず株価は下がりますから。結局大事なこととしては、配当や株主優待の原資でもある利益を出し続けることができるのか、また強いのかってことに集約されると思います。そのためには、最低でも決算書が解読できるようになることと、市場トレンド含め目利きする必要があるため高配当などを狙った個別株の投資はハードルが結構高いと思いますけどね。これを一生懸命やり出すとどっちが本業かわからなくなります。自身のリソースをどこに集中するかということはとても大事なことで、自分の得意分野を極めてそこでバット振ることが一番効率がいいのは確かです。両腕を持つことは大切ですが、自分の得意分野を極めてそこでのインパクトを最大限にすることが大切なことで、中途半端になるようならこのような個別株投資は控えた方がいいのかなと思いますけどね。仕事中にトイレで株式投資をしているビジネスマンがいると言いますが、何が大切なのかを見失ってしまっています。だから、相談を受けた歯科医師の彼にはわからないことには投資をしないようにした方がいいと伝えました。気になってずっと見てしまいますからね。歯科医師は、歯や口腔、患者さんの健康を治すことに特化した資格。簡単に取得できるものではないのだから、その分野で一生懸命バット振った方がいいと。もう片腕は、投資信託などインデックス投資で十分だと思います。このあたりの投資信託の話はまた今度します。日曜は久しぶりにハーフマラソン!久能でいちご狩りやっていたので、帰宅後行ってきました!

  • 30Jan
    • 手数料おばけとの戦いの画像

      手数料おばけとの戦い

      こんばんは!今週もお疲れ様でした。あっという間に1月も終了。あけましておめでとうございますから早くも1ヶ月終わりました。コジデンは予定通り順調に衣替えが進んでおります。想定より少し早いくらいのペース。今年は、改装第2弾含め着々と準備しています。先日他のクリニックの先生から保険診療にクレカや電子マネーを使っているか?という質問を受けました。コジデンは保険も自費も物品も全てクレカ、電子マネー、QR決済などのキャッシュレス可能としていますが「保険診療で電子決済すると、手数料取られて儲けが出なくない?」と言われました。電子決済の場合は、確かに1.5%以上の手数料取られますね。保険診療で手数料を取られると確かに、影響ありそうですよね。でも、手数料を取られるのは窓口での負担分です。多くの人が3割負担だから、その窓口で支払われる3割分に対して手数料がかかるのであって、審査を通過し2ヶ月後に支払われる残りの7割に関しては、何も手をつけられていません。多くの人が全体に手数料がかかると勘違いしてしまっているようですが。例えば1000円の売上だとして、全体の1000円に1.5%の手数料がかかるとなれば15円。よって売上としては985円に圧縮される。しかし保険診療の場合、3割負担の3割分しかかからないと考えると、300円に1.5%の手数料で、4.5円。7割は何も引かれずに振り込まれるから700+295.5=995.5円となるわけです。いや4.5円分も儲けがないことってある?医科は比較的保険診療でもキャッシュレスが増えてきているけれどもなぜか歯科は自費に限るとかがいまだにわりと多いのが印象です。「手数料恐怖症」金融商品含めその多くのビジネスモデルが手数料収益。例えば銀行の利益の大半が借入利息によるものだったり、振り込み、引き出しの手数料で成り立つ。銀行って株式会社で上場もできるんだから手数料といえど大きいビジネス。歯科材料ディーラーも、不動産仲介会社も、保険商品も、投資信託も、証券会社による株の売買も全て手数料で成り立っている。数字が大きくなればなるほど、手数料などの利率を下げることを考えなくてはいけないのは間違いない。しかし、本質的なこととして患者さんやお客さんのベネフィットを最大限に考えることの方が大事だと思う。コロナ禍において、混雑しないように会計スピードを上げる必要があったり、治療内容以外でも顧客の利便性を高めることは求められると思う。それに、キャッシュレスの方がお金を扱うスタッフも間違いがなく精神的負担が軽減される。いいものを使えるのに使わないというのは、もったいない。手数料で儲けをどうこうを言うより、積極的に利便性を高めることをした方が喜ばれると思うのだけど・・・考え方次第ですけどね。保険診療は審査後に確定されるものだから、キャッシュレスはグレーだという声もあるようですが、それをいうと審査後確定した段階(2ヶ月後)まで窓口の会計は触れなくなる。勘定項目でいう前受金などに上げる必要があるんじゃないかな。でも実際は売上に上げるでしょ。昔の先生とか、診療終わったらレジ金握って飲みに行っていたなんてよく聞く話。今はそんな人はさすがにいないと思うけど。総合病院などでは、当たり前に保険診療でもキャッシュレスで会計できる。保険診療におけるキャッシュレスは売上を大きく圧縮はしないし、患者さんの利便性は高まるからいいと思うんだけどな。キャッシュレスついでに以前もブログで書いた、コインパーキングのキャッシュレス化が進んでいない問題。普段ほとんど現金は持たない生活をしているから、キャッシュレスのコインパーキングに止めることが多いのだけど、相場より少し高い。確かに、コインパーキングなどの単価が数百円のビジネスだと手数料のインパクトは大きい。その分単価を上げているという感じでしょうか。なんとなくだけど、キャッシュレスになると数百円の上昇はあまり気にならなくなる。お金というモノを取り出したりする直接触れる事がないからだろう。心理的なバイアスがかかりやすいのかな。世の中、手数料と呼ばれるものが溢れかえっている。しかし、その手数料が顧客の便益に繋がるものであり、自身のリソースでできない事であるならば、積極的に導入していいと思う。今日お金の話をしようと思ったけど、手数料の話になっていた。次回からまた改めます!12月から限定的に発売しているパワグラ。なんと販売1500食突破!2月にプレスリリースして全国販売していきます!

  • 28Jan
    • お金の勉強①の画像

      お金の勉強①

      こんばんは!今日は木曜終日訪問診療デー。西から東へ北へと移動距離が長い1日でした。先日、大阪府知事の吉村さんが「歯科医院でクラスターが起きていないのには何か理由があるんだ!」と呟き、歯科関係者は「日々当たり前のように感染対策しているからだ」「歯科医院の高レベルな感染対策をもっと評価せよ」こんな感じで一部で過熱していますが、私としてはもしクラスター発生したら「あそこのクリニックは感染対策していない」と烙印を押されてしまうことになるのではないかと危惧しちゃいます。影響力のある方の発言は良い方にも悪い方にも転じる麻薬のようなものです。クラスターが発生しない歯科医院と評価される一方、クラスター発生で評価を一気に落としてしまうというまさに表裏一体となっているわけです。それでも安心して来院できるような最大限の感染対策を各クリニックで実施しているのですが、あまりこのような発言をすると逆いった場合辛いです…みんな感染対策に敏感に頑張っているのでね。コストとんでもなくかかってるし。さて今日はコジデンのドクターがお金に対する知識をもっとつけたいという希望もあったのでその話題。お金がほしい!不安なく老後を迎えたい!終わりなき物欲!多くの人がこう思うのですが、実際はお金について学ぶことがないですよね。また実際に自己学習している人はわずか。それでいて詐欺まがいの金融商品に手を出してしまったり、銀行の窓口で変な契約してしまいがち。また投資をギャンブルと勘違いして投機的なことをしてしまう人も。投資も人生もゲームのスーパーマリオみたいなところがあって、ノコノコにやられる実力なのにワープして3面いっても速攻やられてしまうみたいな。運良く5面まで行ったけどやられても、どうやっていったかわからないから立ち直れない。一つ一つ勉強して経験していかないとダメですね。投資の考え方は様々あると思いますが、資本主義においては片腕だけでは限界があるので自動的に動かすことのできる片腕を持ち、両腕とすることが大切なポイントだと思います。自分の仕事としての片腕のインカムがあり、もう一つは人や企業、モノに投資をするという片腕。投資というと、よく出てくるデイトレーダーというのはあくまで自分で売買を積極的に行うものですのでこれは仕事としての片腕なので本業となります。ですのでトレーディングテクニックというのは知識はあるに越したことはないが、マストではないと思います。次回ぐらいからそういったお金の勉強について書いていこうかなと思ってます。

  • 23Jan
    • Amazonで成り立つ世界に対抗する手段の画像

      Amazonで成り立つ世界に対抗する手段

      こんばんは!今週もお疲れ様でした。週末にかけて珍しく雨が降ってきましたね。明日ゴルフの予定でしたが、雨で流れました。コロナ禍でのゴルフは、ほぼスルーで風呂なしでの帰宅。超シンプルです。以前は、前半プレーして昼食で30分から40分ぐらい、後半プレーしてみんなでお風呂に入って帰るというのが一般的でしたが今は一気に短縮されました。短縮しない方法もありますが、若い自分たちはスルーで十分です。さて先日、家のミニタオルが一掃されてなかなか使い心地が良かったのでどこのタオルか聞いてみると、「Amazonのタオル」と言っていました。これですね。実際はAmazonのタオルではなくAmazonで販売されているタオル研究所というブランドの伊澤タオル株式会社が作ったタオルです。しかし安くて使い心地が良くてとっても良いです。Amazonで成り立つ世界今やAmazonは日常生活において欠かせない存在となりました。私はネットショッピングは、Amazonか楽天かといった感じですがほぼAmazonです。ふるさと納税だけポイントがたんまり溜まる楽天にしています。Amazonは様々な事業を行っていますが、一貫して言えることは「顧客ファースト」です。Amazonのジェフ・ペゾスは「世界で最も愛される会社にする」といろんなところで公言されています。世の中をIoT化していき、スマートホーム化を目指す。徹底しています。とりあえずなんでも速いしなんでも揃っているし便利ですよね。そして今ではオンライン上だけでなく、AmazonGoなども含めたオフラインでの店舗も実現させています。今回のタオル研究所に関しても、Amazonのプラットフォームを最大限利用した形での提供となっており、Amazonが流通させているといえます。ご存知のようにAmazonはAmazonベーシックと呼ばれるオリジナルの商品も数多く存在しており、通常のものに比べると格安で売られています。資本の大きい会社がこれをやると、ものづくりの中小企業は苦しいですね。。。ナラティブな要素が対抗策か話は変わりますが、テレビでスシローやセブンイレブンが職人の前で商品を公表するという番組がありますが、あれもスシローやセブンイレブンの資本の大きさができる質と価格。一般レベルでは仕入れの問題もありますのでとても真似できません。職人さんも困惑しているじゃないですかwさらにあのようなテレビ番組まで作成して人の認知を得るなんて、資金量が桁違いです。逆を言うと莫大な資金をかけて開発しているから番組を作ってまでも徹底的に認知と購買を促す事が必須とも言えます。中小企業の対抗として考えられるものとしては、「ストーリー性」だったり「エモーショナルな部分」ですよね。いわゆる体験、感動体験。ナラティブな要素。ここでこれを食べる価値であったり、ここでこれを買う価値。特別な人と一緒に行う価値。商品と組み合わせる事でより理想的なものであったり、より求めているものに近づいていきます。コロナ禍において、利便を求め合理的になっている世の中ですが、そろそろナラティブな部分も人間は求めてくるのではないかと思います。人間には大切な心がありますからね。久しぶりに人と飲んだりして、楽しそうな顔を見るとやはりナラティブな部分は大切なんだと感じます。まだまだ終息にはほど遠い新型コロナクライシス。合理的な世の中になってきている一方新しい形の感動体験が生まれてくるのではないでしょうか。十分みなさんご自愛ください!何かが産まれます。

  • 21Jan
    • 全然引退する気がない、生涯現役の医師の画像

      全然引退する気がない、生涯現役の医師

      こんばんは!今日は木曜日。午前中に信じられないほどの訪問診療を行う人数がいてびっくらこきました。12時には帰ってきて外来診療する予定でしたので、汗汗でしたwその後13時半より静岡リハビリテーション病院の移転に伴う地鎮祭に参加。なかなかの緊張感の中執り行われました。いよいよですね。うちの父は70歳を越えての移転計画。この男いつまで働くつもりなんだと思いながらも、この歳で新たなチャレンジをすることは本当にすごいなと思いました。「生涯現役」患者さんや地域社会のために個人がここまで動く姿はシンプルにすごいなと感じました。どこかでバトンタッチの時期がやってきますのでそれまで自分も鍛えておきたいと思います。さて今週は久しぶりに本の書評というかアウトプットをしたいと思います。「朝1時間ですべてが変わるモーニングルーティン」あっさり系です。7つの習慣で紹介される「時間管理マトリックス」を応用した形で朝を変えようという内容となってきます。そして1時間あれば読破できます!私自身共感を持てる事が多かったので、非常にうんうんといった感じで読めました。全然話が変わるのですが、おそらくこの本を手にとった理由も自分が行っている行動を肯定して欲しかったからなのかと思いました。自己肯定バイアスが明確にかかっていたため、この本を手にとった。だから読むスピードもあっという間だったのかなと思う。この本では、起床して最初の30分で行うべきタスクであったり優先順位を書いていく。そして後半の30分で緊急ではないが重要なタスクを見極めていきそれを行動に移していくと進めている。私自身は、この行動を実は就寝前に行うようにしている。手帳に翌日のスケジュールを細かく設定し、その横に時間管理マトリックスでいう上二つを列挙する。列挙したら、緊急で重要なタスクをどのように速攻こなすかをスケジュールに入れ込んで、空白の時間を探し出していく。そしてその時間に重要だけど緊急ではないタスクを入れるように設定する。朝やることもあるのだが、それは前日に飲みすぎて酔っている時でほとんどは就寝前。朝起きたら、とりあえず手帳をみて今日の流れを今一度確認し、今年の達成すべきことを日々確認し、トレーニングするw私は朝は80%トレーニングに充てている。そもそも1日の終わりに行くと時間が足りない。夕食食べなくてはいけないし、家族の時間もあるしとなると、変なプレッシャーを感じてしまう。朝起きて、決めているメニューをひたすらこなすようにしている。トレーニングは自分にとっては、緊急ではなく重要な事。トライアスロンでしっかりとしたタイムを出すためだったり、アイアンマンレースを確実に完走するためだったり、絶対的にトレーニング量に比例するため行う必要があるのだけど、仕事に直結する訳でもないし、別にやらなくても誰かに怒られることはないからこのようにしっかりと習慣化させないと一生やらない。ある意味、自分という性格は、集中力が持続しない、気がよく散る、根気がないというのが根幹にあるから、強引にでも習慣化させないといけなかった。朝は、ほぼ一人の時間だから誰かによって発生するタスクというものが存在しない。前日に頼まれているゴミ捨てとかを除いて。本書でも述べられているが、孤独になる朝の時間こそが自身の人生において大切な緊急ではなく重要なことを行う貴重な時間だと思う。よく早起きのコツを聞かれるけど、私は天の邪鬼のところがあるから誰も起きていない時間に自分だけ起きて行動していることに変な優越感を感じる事ができるとしか言いようがない。誰もやっていない時間にやることで差ができると思っているタイプで小さい頃から、「えっやってないよー」って言いながらコソ練やコソ勉をしていた。まー性格悪い。自分にとっては復習の意味と肯定を高めてくれる本となったけれども、非常に明確でわかりやすく読みやすい本でしたのでおすすめです!書斎に侵入。

  • 16Jan
    • セルフリーダーシップの大切さ

      こんばんは!今週もお疲れ様でした。今週は歯科医師会より新型コロナウイルスに対するワクチン摂取に関する問い合わせがきて3月か4月ぐらいを目処にワクチン摂取ができそうとのことでした。優先して医療従事者ということで感謝ですね。ワクチンに対する副作用などメディアが言っておりますが、基本的に薬など含めなんでも副作用は必ず起こりますからね。歯科治療でも頻用される抗生剤だって、全世界で考えればその薬で副作用が起きている方も必ずいるわけです。そのための添付文章だって存在するわけです。そもそも、国が率先して医療従事者に対してワクチンを打たせるという意味を考えると・医療従事者が新型コロナに罹患することによる患者さん、スタッフへのクラスター発生防止・医療機関でクラスター発生することによる医療機関の停止による医療難民の増加防止これ以外ないと思います。ですので、歯科医師会でも打つ、打たないの議論をしている人がいるそうですが、考え方として原則打つ事が望ましいと考えます。それに、国が支援してくれているということはある程度ワクチンの安全性を確認した上で提供するということですので、一般的に出回っているワクチンや薬と変わらないと考えられます。この提供先(ワクチンを届ける側)が例えばメーカーや、よくわからない団体であれば議論の対象となると思いますが、今回のケースは日本医師会含めた国の判断ですので安全性で心配する必要はあまりないのではないかと考えます。もちろん、他の薬でアレルギーがある方やそもそもアレルギー体質の方は今回のワクチンに限らず症状が出現する可能性が高いと思いますから、そういった方は控えたらいいと思います。今回のコロナクライシスからやはり思うこととしては、情報を正確に捉える力が非常に大切。当然報道としては問題はないと思うのですが、メディアというのは改めて双方の意見を取り入れるようになっており、視聴者が正確な情報を判別する力がないと非常に難しい。それが結果として2回目の緊急事態宣言後もあまり効果がまだ出てきていない要因につながっているのかもしれない。昨年4月の緊急事態宣言で、メディアが強烈に恐怖を煽ってきました。それにより、外出が減り感染者数も減ってきたが結局のところ、強烈に煽られるほどじゃなくない?ってみんな不信に感じ出した。ワクチンの件もそうだが、私の周りではそういう人がなんだか増えてきている。インフルエンザと比較する人もいるけど、インフルエンザの場合は明確に症状が出現して隔離するから基本的に収束する。でも今回の新型コロナは感染しても無症状の人がいる。だから隔離しようがない。新型コロナで無症状の人はほとんど影響ないけど、有病者や高齢者にとっては結構強烈。だから各個人が正確に理解し行動を制限しなくてはいけない。そうしないといつになっても終わらないわけだ。また自粛自粛とあまりにも抽象的な伝え方がメインとなっており、明確なリスクを明示していない。これだと人の行動を押さえ込むのは難しいし、反発をうむだけ。普通の人は正確な情報を判別するのが難しいから、もっとメディアは双方の意見を取り入れて二転三転するのではなく伝えてほしいと心から思う。でもメディアは、株式会社であり自身の会社の売上向上、利益向上のためには一つに偏ることはできない。そこが難しいところ。倫理的でナイーブな部分だから本当はもう少し大切に扱うべきなんだろうけど。だから我々に求められることは、熱くなりすぎず俯瞰的に本質を探し出すこと。気付いたら情報過多により考えるのをショートカットしてしまいがちな我々現代人。日々よく考えたいと思った1週間でした!今日で、コジデン歯科衛生士の西澤さんが勤務ラスト日。結婚控え、王子様がいる福岡に行くとのこと。新卒から入社して5年?非常に有能な歯科衛生士さん。一つのことにブレずに愚直に行う事ができるし、勉強する事ができるし、技術向上も怠らなかった。結婚しても素敵な奥さんになる事でしょう!西澤さんもそうだけど、コジデンの歯科衛生士さんとか他のスタッフはセルフリーダシップに優れている傾向にある。あまり人の影響を受けないというか、明確に仕事において自分がどんなことをしたら誰のためになってというのを理解している。逆にその分、誰かに頼っている子とか、誰かがいないとできない、傷を舐め合うような、同調大好きタイプは長続きしない傾向にある。ある程度個々が独立していることは社会人にとって成長する意味でもとても大切。本当に残念だけど、新天地でも幸せになってほしいな。ありがとう!

  • 14Jan
    • リスニングの重要性の画像

      リスニングの重要性

      こんばんは!先日静岡にも寒波が訪れ安倍川橋が凍結してしまい事故発生とか。静岡は雪も降らず、気候も温暖ですのでこのような事態が起きるとめちゃめちゃ弱いです。車も真っ白になっていました。私がまだ大学生の頃に、富士宮ですごく雪が積もっていたことがありました。まだ西富士道路が有料の時ですが、スノーボードに行こうと向かっていましたが西富士道路の料金所をくぐったところで道路が完全降雪しており、多くの車が立ち往生していました。元々山梨に抜けて行く予定でしたのでチェーンを装着したのですが、静岡でもこんなことがあるのかと驚いたのを覚えています。あと福岡ナンバーの車の女性の方がチェーン装着を苦戦していたので手伝ったら、博多通りもんを一箱くれたのをよく覚えていますw寒暖差がひどいと免疫力が崩れやすいので、基本身体は温めていましょう。私はずっとシルキードライを着ていますがね。新陳代謝が異常にいいのですぐ暑くなってしまいます。ヒートテックだと燃えます。通気性命です。さて変わったことといえば、院内のBGMを鈴木さんに変えてもらいました。あまり何を聞いているか意識はしていなかったのですがどうせなら何か人生のためになった方がいいかなって。最初はスピードラーニングでもエンドレスで流してみるかって言ったらそれはあまり意味がないですとバッサリ。鈴木さんは英語の先生ですので。そもそも聞き流しで覚えられるのかってスーパー半信半疑というか、全く信じていなかったので実際流してスタッフがペラペラになったらすごいなとw絶対あり得ないと思いますが。。今は、比較的意味を翻訳しやすい曲が流れていますが、今後色々コンテンツ増やす予定です。2021年の終わりには、コジデンスタッフと1年間通院した患者さんは英語マスターしているかもしれませんwスタッフ間同士の共通語も英語になったりして。元々クリーンスタッフは日本語があまり得意じゃないフィリピン人の方がいるので、みんな英語を使うことがあるようだけど。自分もそうだけど、英語力を高めたいと強く思う人ほど、自分の足りない部分に目を向けがち。英文のニュースが理解できない、外国人と上手く会話ができないという具合に。これは英語に限らず他のことでも言えるけど、何かが足りないからそこを埋めるよう努力する。でもこれって実は挫折しやすいきっかけとなりやすい。苦手なことだったりできないこと、できなかったこと、失敗したことって気乗りしないからやっぱり諦めやすい、挫折しやすい。だから何かの中で習慣の一つにしたり、楽しんで行うこと、今ある英語力で楽しむことを大切にするのがいいと思う。その中でリスニングって結構大事だと思う。というのも自分が話す前にまず聞くのが最初になるから、相手が何を話しているかわからないというのが最も勉強するにあたりストレスとなるから。逆に聞いてわかるようになれれば、伝える表現の仕方は色々あるわけだから楽しくなると思う。だから継続して習慣化させたことがあるのであれば、楽しんで取り組めることが一番。英語聴きながら、ノリノリでしっかり診療してくれればと思う。頭しっかり使って仕事に取り組める非常にいいと思うけどな!不快だったらまた教えてくださいw公園で中国人に話しかけられて、2人全く理解できなかった。

  • 09Jan
    • 小さい頃に勉強をしっかりさせるかどうかの画像

      小さい頃に勉強をしっかりさせるかどうか

      こんばんは!2021年がスタートして最初の1週間。急患の方もひと段落ついてきた感じです。しかし、一段と寒くなってきました。風が強く日々震えております・・・外のランニングも朝は全然走れず、ひたすら暖房つけてトレッドミルして汗かいています。去年はトータルで2896km進んでいたみたい。レースがない中モチベーションが大変なか頑張った!さて年末にいつもの近隣クリニックのメンバーで忘年会を密にならないようにして行いました。毎年行っている恒例行事で、メンバーも4、5人ですので個室で行いました。そこで一年の振り返りや、来年や今後に向けてのビジョンなどを共有しているのですが、プライベートのことも結構話をします。その中で、子供に勉強をがっつりさせるかさせないかの話題が出ました。参加しているメンバーは私は歯科医師ですがみんな医師。それなりに勉強してきた人達です。考え方は結構みんな違っていましたが、大きく分けると2つ。一つは「自分が小さい頃に勉強しかしてこなく趣味やスポーツを全然できなくて後悔したから、小学校や中学校の時はやりたいことをやらしてあげたい」という考えと、「小さい頃に勉強する、しないは環境に依存される傾向にあるから、ある程度勉強するような環境に置くようにする」という考え。私個人的な体験からの得てからの意見としては、「勉強せざるを得ない環境をつくることは大切」だと思います。私は幼少期から野球をやり過ぎて本当に遠回りした笑もちろん野球を一生懸命やっていたから体力的にも、精神的にもハードワークができるようになったのかもしれないし、これはあくまで結果論であり「たまたま」でしかない。もしかしたら野球やっていなくてもできていたかもしれない笑野球一生懸命やってて歯医者になれるという相関は絶対存在しない。この資本社会における仕組みにおいては小学校高学年から中学高校の8年間で人生の方向性がある程度決まってくる傾向にある現実。もちろん例外だって数多くあるし、社会に出てからの努力で方向を変えることだってできるがそれはそれで結構大変。成人になり大学に入ってからとか、社会人になってから改めて勉強しようと思っても、様々な障壁があるから、よほどの覚悟と孤立をしないと難しい。そして幼少期に勉強するという習慣を一度作っておかないと、いざ成人になってから勉強をしようと思った時に、どのようにしてやればいいかがわからなくなったり、集中して継続することができかったりする。小さい頃に勉強させるかどうかという課題に答えはきっとないと思うし、好きなことやればいいというのも一つの正解だと思うが、好きなことばかりやればいい、嫌なことはやらなくていいというのはまた違う気がする。世の中思っている以上に理不尽なことは多いし、自分が好きなことばかりできるわけでもない。だからこそ、ある程度周りが環境を整備させることは大事なのではないかと思う。最終的には、本人の努力次第と言ってしまったらそれまでなんだけど、そうではなく意外と周りの環境サポートで習慣は変えられたりすると思う。行動の9割は習慣からというように、まずは習慣となる環境づくりができることなのではないかと自分の体験的には感じる。勉強をやれ!ってあえて言う必要はないと思うけど、やらざるを得ない環境にしておいて、そこで自由に好きなことをやらせるのはいいと思う。これは完全な個人的な意見だし、今後も変わる可能性もあるから正しいとは言えないし、家庭ごと方針があるのだろうから正解はないと思いますけどね!忘年会で話していてそう感じました。今週もお疲れ様でした!

  • 07Jan
    • 基準の質を上げていく必要性の画像

      基準の質を上げていく必要性

      こんばんは!いよいよ再緊急事態宣言へ…昨日都内で開業している仲間から連絡があり、とても大変そうでした。静岡と異なりほとんどの方が移動が電車。そのため電車でこられていた患者さんは通院が難しくなっているとのこと。4月の緊急事態宣言後からかなり経営的にもダメージがあったということで普段いたスタッフも何名か退職せざるを得ないこととなっていました。徐々にようやく戻ってきた段階で再度の緊急事態宣言に、2回目はなかなか辛いと。飲食店を複数店舗出していた友人も、数店舗撤退するということで経済はかなり厳しい状況だと感じます。その中、コジデン含めデイサービス含め連日多くの方にきていただき、本当に感謝しかありません。来ていただける患者さん、利用者さんのためにも提供するサービス、技術の基準を高く持ち、質を高めていけるよう全体努力をしていきたいと思います。経営において大事なこととして「基準を高く持つこと、妥協とあきらめをしないで追求すること」というのはとても大切だと思います。ちなみに上の文章は、ユニクロの柳井さんの本に記載してあります。歯科治療においても、「保険診療だからこの程度」という基準で行うことはしないで、こちら都合で物事をなんでも解釈するのをやめる。常に、基準を高めていくことが大切です。またこの基準というのは、自分なりの基準ではなく、患者さんや利用者さん、お客さんが本当に喜ぶ基準でないといけないわけですね。そして、この基準が患者さんや利用者さん、お客さんの常識となったときに他事業と比較対象にされない圧倒的な存在になれるわけだ。基準を向上していくことというのはすぐにできることではない。常に勉強し、社会の情勢をみて、人のためになるソフト、ハードを導入する必要があり、また導入してからも改善を繰り返す必要がある。一度成功しても止めない、ダーウィンの進化論じゃないけど変化を恐れず、常に人のためを考えて基準を向上できるよう今年も精一杯努力しハードワークでいきたいと思います!電車に乗ってお散歩してる時に知り合いに隠し撮りされていました…キレてんの?って言われましたがキレてません。

  • 02Jan
    • 2021年はヤマトタケルとスタートの画像

      2021年はヤマトタケルとスタート

      こんばんは!2021年始まりましたね。昨年末より暖かい・・・日中は半袖で十分ですね。2021年はどのような年になるのか楽しみです。どのような年になるのか・・・というよりかは、自分が設定したことをしっかり行っていけば予測通りになるので、未知ではないのですが。自分との約束をしっかり守って継続して行うことができるのか、まさに自制と自責が求められます。しかしコロナも早く収束に向かい海外に行かせてくださいw今年一年徹底して結果にこだわりたいと思います。やはり経営者としては、結果を出すというのが最大の使命であると思います。自分たちの社会における存在意義や、使命を持ってゴールに向かい結果を出すことが求められます。昨日、ユニクロ(ファストリ)の柳井さんの本を読みました。その中で、成果をあげるために経営者に必要な四つの力が出ていました。・変革する力 イノベーター・儲ける力 商売人・チームを作る力 リーダー・理想を追求する力 使命感に生きるもの改めて読むと非常に心打たれるものがあったり、参考にできることがあったり。年明けにコジデンの開業を控えてる歯科医師に渡したいと思います。しっかりと地に足をつけ、力強くいきたいと思います。皆さんにとっても素晴らしい一年となりますよう祈念したいと思います。今年もよろしくお願いします。引っ越してきて今年から近所の草薙神社に行きました。ヤマトタケルが主催神です。静岡に住んでいて初めて知りました。火攻めにあった際に剣で草を薙ぎ払い難を逃れたことから草薙剣が生まれたと言われます。3種の神器の一つですね。(実際は熱田神宮にあります)数年前にマンガの古事記にハマって読んでいたため、すごく親近感がありました!読み返しました。今年もよろしくお願いします。

  • 31Dec
    • 人生は有限であり、予期せぬことが多々起こるの画像

      人生は有限であり、予期せぬことが多々起こる

      こんにちは!いよいよ大晦日。2020年最後の日となりました。皆様はどのように年末をお過ごしでしょうか。私の年末年始は、家族のことか、仕事しています。仕事では会社役員という立場になるので労働基準法には適用されない立場ですので、連休だから休むということにはならないのです。コントロールできますがね。コントロールできるというのは、自分のリスクで会社を経営しているし、仕事で好きなことをやっているので基本的に休む必要はないということですね。だから「休みきたー!!」という感覚は大学の時点で終了しました。多分自営業者とか経営者はみんなそうだと思います。それに、自分の人生のため、自分の結果で人の人生に影響を与えるような仕事に関しては、どんなに続けていても疲れません。勤務医の時も常勤で働きながらバイトしたり1年のうち350日ぐらいは仕事していましたが健康状態は良好、ストレスもほとんどありませんでした。休むという価値はどのような意味をなしているのかは人それぞれだと思いますが、例えばゴルフをするということも、どのような意図を持ってプレーするのか、誰と回ってどのような会話をするのかを考え、惰性でするのではなく行う。誘われたから練習もしていないのにいくのではなく、そこに向けて全力で取り組むようにする。誰かに指示されて惰性で行う、指示されていないが意味なく時間が経過してしまう。是非とも年末年始は主体的に行動するようにしてほしいです。今年振り返ってみるとあっという間の一年だったと感じる方は非常に多いと思います。このあっという間というのが「何かに一生懸命打ち込んであっという間の一年」なのか「コロナ禍で何もできずに終わった一年」なのかで全く違うと思います。皆さんはどのような一年だったでしょうか。わたしは、「人生は有限であり、予期せぬことが多々起きる」ということが今年は身にしみて感じました。自分の仕事を提供したくても、満足に提供できなかった飲食店。大好きな仕事をしたくても、病によってそれが絶たれてしまった人。仕事が突然なくなってしまった人。自分にも同じようなことが起きる可能性は十分あります。人生は有限であり、自分ではコントロールできない不可抗力な出来事も起こります。だからこそ、行動の常識を疑い、主体的に前をむいて全力で取り組むことが大切であると感じます。全力で、とか一生懸命という言葉はあまりに抽象化しすぎた言葉ですのでより具体化して行動にしっかりと落とし込めるようにこの期間に設定したいと思います。年末年始の勉強用で買った本。Amazonで購入。まさかの…辞書並みの厚さでした。今年もありがとうございました。皆様良いお年をお過ごし下さい。そして来年もまたよろしくお願いします!

  • 26Dec
    • 熱狂させるには悪を刺激せよの画像

      熱狂させるには悪を刺激せよ

      こんばんは!今週もお疲れ様でした。いよいよあと1日で診療は終了。また休みに突入です。さて今週は本のまとめ「人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学」結論、むっちゃ面白いです。読むだけで俯瞰的に物事を捉えることができるようになります。行動経済学の本ですので、人の心理傾向や、行動パターンなどの内容をまとめた内容となっています。人の悪の部分に実は熱狂が隠れているという心理的バイアスをコントロールしたブランディングやマーケティング内容に結構ハッとさせられました。どこを開いても面白かったのですが、特に印象深かったのが「アンカリング効果」について。アンカリング効果とは簡単にいうと人は先にもらった情報がその後の判断を歪めてしまう。最初に得た基準で結果が変わってしまうということです。例えば、「ここの料理はどれもすごく美味しくて、芸能人がお忍びで来ているんだよ」と言われた後にそこで料理を食べると、すごく美味しく感じてしまう、という感じです。どれも美味しくて、芸能人がお忍びで来ているというアンカーがなく、何も言われなければ、「全然美味しくない」と言っていたかもしれません。こんな感じで、上手に「アンカー」を使うことで人の欲望や悩みをあぶり出すことができるわけです。歯科医院でアンケートを取る際にも、「定期検診などで何か不満がありますか?」と聞くと人によりますが、大半は「ない」とか「満足」という回答になります。しかし、ここに「一生を健康的な口腔内でいたいあなた、歯周病や虫歯になりたくないあなた」というアンカーをつけての質問アンケートにするとどうでしょうか。このような少し高い基準を設定し聞くと、「質問対応をもっと明確にわかりやすくして欲しい」「歯肉マッサージをして欲しい」「自分に合う歯ブラシを教えて欲しい」「定期的にレントゲンを撮影して欲しい」などと、より具体化された回答が得られるのです。同じサービスの感想を聞いているにも関わらず、何を基準にするかの聞き方をひとつ変えるだけで、全く回答が変わってきてしまうのです。しかしこれが実は潜在的に隠れていた、人の欲望や悩みでありこれをあぶり出して提供することが継続した価値を与えることができると言えます。アンカーというのは潜在したニーズであったり不満を引き出す重要な因子であることがわかります。このアンカーって実は自分の人生においても使えると思います。普通に日々仕事をするのではなく、「世界基準で働くには」とか「Google社員のようにクリエイティブに仕事するには」とか、強いアンカーを持ち仕事をすることで意欲やアイデアが次々と湧いてくると思います。もっとこうしようとか、もっと努力しようとか思いますよね。基準を高めに与えるアンカーは成長させるためにとても有効だと思います。この本では、アンカリング以外のこともたくさん書かれています。マクドナルドが大失敗した「サラダマック」の考察。非常に面白いかった。新たな商品やサービスを出す際に、「合理的な判断をする人間」を前提にしているようでは、熱狂は生まれない。それではヒット商品を送り出すことは難しい。すでに、便利で豊かな生活を享受している私たちを熱狂させるためには、人間が持つ「悪」を刺激する必要があるのだ。(本文より)本当そうですよね。合理的に生きる人なんてほとんどいない。どこかみんな「悪」がある。合理的なことに激しく同意はするけど、熱狂はしない。熱狂させるには「人間の悪」を刺激させる必要がある。うーん感慨深い。是非読んで欲しい一冊です!サンタさんにランボルギーニ貰いました。