リーダーズ式 合格コーチ 2018

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」


テーマ:

プログレ流 合格コーチ 2011


人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


憲法は、本試験では、単なる知識を問う問題の他に、ある「視点」を問う現場思考

型の問題(他と異なる見解型問題)が数多く出題されます。


このような「視点」を問う問題は、「視点」が「アタマ」の中に入っていれば、瞬時に

答えが出てくる、いわば秒殺問題になります。


反対に、「視点」が「アタマ」の中に入っていないと、超難問(捨て問)になってしま

います。


以下の問題は、昔、憲法の記述式対策用に作成した問題です。


「視点」がよく見える、制度と制度との比較を問う問題をピックアップしてみました

ので、皆さんなりに、「視点」を発見しながら、解答を考えてみてください。


問題1


Xが労働者Yに対して、思想・信条に関係する返答を強要する調査を実施した場合、

Xが、(1)公営企業である場合と(2)民間企業である場合とで、憲法上、どのような

違いが生じるか。


問題2


Xは、A首相がY神社に公式参拝したことは、国家と宗教との分離を定める政教分

離原則に違反するとして、訴訟を提起しようとしている。政教分離原則は、制度的

保障の規定であるとする判例(最高裁昭和63年6月1日大法廷判決)のもとにおい

て、Xが、政教分離違反を理由として訴訟を提起する場合、憲法上、どのような問

題が生じるか。


問題3


Xは、Y出版社が発行する週刊誌AがXのプライバシー権及び名誉権を侵害すると

の理由で週刊誌Aの販売を差し止める仮処分命令の申立てを行った。Xが、プライ

バシー権の侵害を理由として差止めを求める場合(以下A事例)と、名誉権侵害を

理由として差止めを求める場合(以下B事例)とでは、Xの救済において、どのよう

な違いが生じるか。


問題4


(1)人種差別的な表現を規制する法律の合憲性を判断する場合と、(2)駅前付近

において立看板を規制する法律の合憲性を判断する場合とで、裁判所は、それぞ

れ、どのような審査基準によって、当該法律の合憲性を判断すべきか。


問題へのアプローチ法(視点)につきましては、講義の中でお話していく予定です。



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

プログレ流 合格コーチ 2011


人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


1 フォロー講義


公法系のトップバッターである憲法が始まりました。


「ヨコ」の関係である私法系(民法・商法)では、利害関係人間の利害調整という

「森」の「視点」が重要になってきます。


これに対して、「タテ」の関係である公法系では、国家権力を制限して、国民の権

利・自由を保障するという「視点」が重要になってきます。


この点は、憲法の特質に、次の3つのものがある点に現われています。


①自由の基礎法

②授権規範・制限規範

③最高法規性


憲法は、平成19年度までは、受験生の間では、得点源の科目として位置付けら

れてきましたが、平成は、平成20年度以降は、位置づけが少し変わっています。


平成20年度は、応用力を問う問題が続出したため、憲法を単なる記憶だけで学

習されてきた方にとっては、全く対応が出来ない科目になってしまいました。


平成22年度は、平成20年度のような現場思考型の応用問題ばかりではなく、少

しは出題傾向も落ち着いてきています。


しかし、憲法は、出題数が少ない割には、他の科目(特に、行政法)と比べると、

依然として得点しずらい科目といえます。


したがって、受講生の皆さんは、


憲法については、特に、葉っぱの知識を沢山集めるのではなく、最近の出題傾

向に沿って、大きな「視点」から、憲法の「森」を俯瞰するような学習を心がけて

みてください。


森から木、木から枝、枝から葉へ


この大きな「視点」こそ、国家権力を制限して、国民の権利・自由を保障するとい

う「視点」であり、この「視点」は、行政法とも共通する「視点」です。


資格試験の勉強でも、やはり、一定の「視点」を持って勉強した方が、少ない勉

強時間でも、合格により近づくことができるのではないかと思います。


時間のない社会人の方のための合格戦略


このように、憲法は、行政法とも密接に関連する科目ですので、行政法と関連す

る部分は、基本書の関連ページを挙げておきます。


プログレ流 合格コーチ 2011

時間的に余裕のある方は、是非、行政法の基本書(櫻井・橋本「行政法」)も同時

に参照してみてください。


2 復習のポイント


① 憲法の歴史


まずは、パワーポイント010で、憲法と法律の違いについて、誰かに説明できるよ

うに、きちんと理解しておいてください。


憲法とは何なのかがわからないまま、憲法を学習しても、単なる知識の記憶にな

ってしまうと思います。


次に、パワーポイント012~014で、近代立憲主義へと向かう歴史の流れをざっく

りと理解してみてください。


憲法を学ぶということは、すなわち、人類の歴史と哲学を学ぶことです。


他資格セレクト過去問問題2(行政書士試験平成21年度)や問題1(行政書士試

験平成12年度)などは、まさに、歴史の「視点」を問う問題です。


近代立憲主義を支える政治思想などについては、一般知識でも出題されている

テーマですので、一般知識とも関連させながら知識を整理してみてください。


憲法は、歴史や哲学など、抽象的な概念が沢山登場しますから、憲法が得意な

方は、おそらく、文章理解も得意な方が多いのではないかと思います。


憲法と文章理解の相関関係


最後に、パワーポイント015・017で、歴史の流れを意識しながら、3つの自由とリ

ンクさせた人権の内容的分類を頭の中に入れておいてください。


人権のグルーピング


人権を、国家からの自由と国家による自由という「視点」から分類させる問題は、

他資格試験では頻出していますので、行政書士試験でもグルーピング問題とし

て要注意です。


詳しくは、プライバシー権と知る権利の所でお話していきます。


② 判例の読み方


まずは、パワーポイント020で、判例のロジックについて、5つのブロックの位置

づけをよく理解しておいてください。


次回以降、カードを中心に憲法判例を検討していきますので、皆さんの「アタマ」

の中に、予め判例の「フレームワーク」を作っておいてください。


フレームワーク思考


特に、審査基準は、問題を作成する際の「出題のツボ」になっていますので、各

判例がどのような審査基準を採用しているのかに注意してみてください。


審査基準については、初めのうちはピンとこないかもしれません。


しかし、精神的自由権→経済的自由権→社会権に関する判例を比較していく中

で、次第にグルーピングが出来るようになると思います。


「判例憲法」には、判例評釈やポイントなどが書かれていますので、講義で指摘

する部分を中心にカードのメモ欄に書き込みを行ってみてください。


憲法判例については、講義中にご紹介した、芦部先生の『憲法判例を読む』も、

是非参考にしてみてください。


プログレ流 合格コーチ 2011

口語的で、非常に読みやすいと思います。


③ 外国人の人権と法人の人権


まずは、パワーポイント022で、外国人の人権と法人の人権の全体構造をしっか

りと掴んでみてください。


外国人の人権については、平成19年度に、最新判例も含めて直球で出題され

ていますので、カードを中心に判例を見ておけば十分でしょう。


特に、カード010・014の判例で、最高裁が、外国人の人権を憲法上保障しない

ロジックを理解しておいてください。


次に、法人の人権について、カード005(八幡製鉄事件)の判例の判旨をもう一

度よく読み込んでみてください。


最後に、パワーポイント027で、各判例をヨコに比較しながら、外国人と法人の

人権の判例を整理してみてください。


判例をヨコに比較しながら整理していくと、今までは気がつかなかった点につい

ても、新たな気づきを発見することができるのではないでしょうか。


3 櫻井・橋本「行政法」


第1章 行政法の基本構造

第2章 法律による行政の原理



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

プログレ流 合格コーチ 2011


人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


今年度も、毎年恒例の「うかる!行政書士必修項目100~出題予想&総整理~」

講座(全24時間)を、直前期に、開講する予定です。


合格に必要な3つの力


①読解力

②集約力

③定着(記憶)力


問題は、「何を」記憶すべきかです。


記憶すべきところを記憶していなければ点数に結びつきませんし、記憶しなくても

いいところを一生懸命記憶していても時間の無駄です。


記憶すべき優先順位は、「森から木、木から枝、枝から葉へ」であるにもかかわら

ず、葉っぱの知識を沢山集めて記憶している方が結構います。


大切なのは、出題の「ツボ」を押さえた記憶です。


「うかる!行政書士必修項目100~出題予想&総整理~」では、


出題予想という「視点」から、「何を」「どのように」記憶すべきなのかに重点を置い

て、知識の総整理を行っていきます。


知識のグルーピングとパターン化


今年度は、昨年までの全18時間から全24時間に時間数を大幅に増やして、難化

傾向にある本試験に向けて、万全の知識整理を行っていきます。


全18時間→全24時間へパワーアップ☆


講義は、 民法→商法→行政法→憲法→一般知識の順番で進めていきますので、

予習をされる方はこの順番で予習をしてみてください。


なお、相互に関連するテーマについては、科目内及び科目外で、横断的に知識

を整理していきます☆


講座では、書籍(各自購入)の他に、


①パワーポイント図解集&プログレカード

 (パワーアップバージョン)

②他資格セレクト過去問集を無料配布致します。


①は、書籍には掲載出来なかった重要カードを多数配布します。

②は、司法書士試験・司法試験・公務員試験の過去問の中から、出題が予想

される問題をセレクトした出題予想問題集です。


講義は、パワーポイントを使用しながら、ビジュアルに、アウトプット(他資格セレ

クト過去問)→出題の「ツボ」の発見→インプット(プログレカード)の「視点」で進

めていきます。


出題の「ツボ」の発見


講座の詳細につきましては、伊藤塾のHPをご覧ください。 


本試験直前の「知識の総整理&出題予想」のツールとして、是非、有効にご活

用ください☆



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

プログレ流 合格コーチ 2011


人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


行政書士試験の試験科目(法令科目)は、公法系(憲法・行政法)と私法系(民法・

商法)に、大きく分けることができます。


このうち、行政法が300点中112点(約37%)、民法・商法が300点中96点(32%)で

すから、この3科目で約70%を占めます。


行政書士試験の受験生は、民法・商法という私法系を苦手としている方が多いた

め、毎年、ビジネス実務法務検定2級の受験を薦めています。


ビジネス実務法務検定2級の申込登録期間は、5月20日(金)18時までです☆


ネットで申込登録が出来ますので、


まだ、申込登録されていない方はお早めに!

   ↓

http://bit.ly/lJzZHx


ビジネス実務法務検定2級は、試験科目のうち、民法と商法が約50%占めており、

民法と商法を苦手とする受験生には、本試験前のマイルストーンとして最適です。


マイルストーン


また、今年は、行政法・憲法を苦手としている受験生には、自治検(基本法務)の

受験を薦めています。


自治検(基本法務)の試験科目は、憲法・行政法・地方自治法が中心となっていま

すから、公法系の基礎知識の確認のためのマイルストーンとして最適です。


マイルストーン


なお、自治検テキストの憲法部分は、行政書士試験の試験委員でもある石川教授

が執筆・監修しています。


自治検は、合格・不合格ではなく、1000点満点でスコアーが出てきますから、現時

点の公法系の基本知識を確認することができます。


自治検は、合格コーチも受験予定です☆


自治検の詳細につきましては

   ↓こちらから

http://bit.ly/jlFnYS

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

プログレ流 合格コーチ 2011


人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


ビジネス実務法務検定2級の申込登録期間は、5月20日(金)18時までです☆


えっ!今日までではないですか・・・


ネットで申込登録が出来ますので、


まだ、申込登録されていない方はお早めに!

   ↓

http://bit.ly/lJzZHx



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。