採卵の痛みを減らすには

テーマ:

採卵が痛くて辛いです。痛く無いようにお願いしたいのですが担当医からは体質もあるし我慢するしか無いと言われています。痛みを減らすような方法は無いのでしょうか?

 

このようなご質問がありましたのでお答えします。

 

採卵に対して痛みを減らす事は医師として当然すべき事であり、辛い治療の中において、色々と工夫して少しでも痛く無いように努力する事はとても大切な事であると思います。

 

採卵において痛いと感じる箇所は大体決まっており、痛い部位を極力避けたり、痛い箇所に局所麻酔を十分に効かせる事で、痛みを少しでも和らげる事ができます。

 

以下に具体的な工夫を説明します。

 

①刺す回数を減らす:

膣壁から針をさしますが、腹膜を通過する瞬間が一番痛い箇所です。つまりなるべく刺す回数を減らす事で痛みを減らす事ができます。

具体的に説明すると、例えば右側に5個、左側に5個の卵胞がある場合、それぞれに対して5回刺すわけではなく、一度刺して5個の卵胞を全て取れれば一番痛みが少なく好ましい採卵と言えます。つまり左右1回ずつ刺して10個全てとるようにします。

最初の卵胞を刺し終わった後、そのまま針を抜かないで次の卵胞に移ります。これを繰り返しながら5個全て刺します。

最初刺す前にどのルートで刺せば一度で全て取れるかを予測します。予測通り刺せれば完璧です。

ただ、実際に刺している間に一度抜いて刺し直したほうが痛みが少ないケースもあります。また次の卵胞が遠い場合にも刺し直したほうが良くなります。そのため必ずしも1回で刺すとは限りません。

いずれにしても5個の卵胞をとるときに5回刺す事は痛みを減らすためには避けなければいけません。

 

②刺す距離を短くする:

一般的に針が深く入れば入るほど痛みが強くなります。また同時に出血のリスクが高まります。そのためなるべく針は深くまで入れない事がポイントです。

奥のほうの深い卵胞を刺すときは、お腹を押して卵胞の位置を手前に動かし刺しやすくする事は大切な事です。

またエコーを適切に動かす事で卵巣の位置を動かしながらより近い位置で採卵する事も可能です。針を深く入れる事は痛いだけでメリットはありません。

 

③局所麻酔を効果的に効かせる:

ただ漫然と麻酔を打つだけではダメで、卵胞の位置を踏まえ針が通過する場所を狙いそこに局所麻酔を十分に注射します。局所麻酔は採卵中はもちろん痛みが軽減しますが、採卵後も痛みが和らぎます。

 

④ボルタレン座薬を用いる:

朝来院したらすぐ肛門にボルタレン座薬を入れます。これにより痛みの閾値が低下するため採卵中の痛みが軽減し、採卵後も痛みが和らぎます。

またボルタレンは排卵抑制効果もあり採卵までの間に排卵する事も防ぐ事ができます。

 

トリガーのhCG投与から採卵まで34〜36時間程度が多いかと思います。

具体的に何時間が一番妊娠率が良いかに関しては余りよくわかっていません。

今回2017 ESHREにてこれに関しての演題がありましたので以下に紹介します。

 

方法

616周期の体外受精においてhCG1万単位を用いてトリガーをかけています。

hCGから採卵までを以下の6群に分けて成熟卵獲得率、妊娠率などを検討しています。

1群 34.0-35.0h 48名

2群 35.1-35.4h 89名

3群 35.5-35.9h 186名

4群 36.0-36.4h 180名

5群 36.5-36.9h 69名

6群 37.0-39.0h 44名

 

結果

成熟卵子数、妊娠率は以下のようになりました。

時間が長くなるにつれて上昇が認められました。

 

結論

hCGから採卵までを調べたところ34時間から39時間になるにつれて成熟卵の割合が増え、妊娠率が上昇しました。

 

O-172 Time interval between hCG administration and oocyte retrieval significantly influences IVF-ET results

33rd Annual Meeting of ESHRE, Geneva, Switzerland 2 to 5 July 2017 

卵胞洗浄は有効か?

テーマ:

採卵して卵子が回収できない事があります。空胞といわれるケースがありますが、実際には卵子があったものの回収できないケースが殆どです。この理由としてエコーで卵子を同定しないで採卵をしている事が挙げられます。(現在のエコーの解析レベルでは卵子を検出することが不可能です)

 

空胞を防ぐにはダブルルーメンの採卵針で卵胞内を洗浄しながら採卵をすると回収率が増えると言う意見と変わらないという意見があります。

今回ダブルルーメンでの卵胞洗浄は有効かどうかに関しての論文がありましたので紹介します。

 

この論文では17Gダブルルーメンの採卵針で卵胞の洗浄を行った場合と、17Gシングルルーメンの採卵針で洗浄を行わない場合で卵子の回収取の割合が上がるかどうかを検討しています。

 

2015-2016年にかけて、80名の方に5個以下の卵胞の症例を無作為に検討しました。

3回洗浄した群(ダブルルーメン)採卵数2.4個

1回の吸引(シングルルーメン)採卵数3.1個

卵胞の洗浄をしても結果は向上しませんでした。

洗浄群で採卵時間が2倍になりました。

 

結論

卵胞洗浄しても採卵数は増えず、採卵の時間がかかることがわかりました。

 

Randomized, open trial comparing a modified double-lumen needle follicular flushing system with a single-lumen aspiration needle in IVF patients with poor ovarian response

Hum Reprod (2017) 32 (4): 832-835.

卵巣嚢腫があり採卵が痛い

テーマ:

毎回採卵がとても痛いです。医師からはそれほど痛い事はしていないと言われます。チョコレート嚢腫があると痛みがひどいとも言われています。採卵の痛みと卵巣嚢腫は何か関係あるのでしょうか?

 

このようなご質問がありましたのでお答えします。

 

採卵は腹腔内に何も所見がない場合普通に行えば痛みはそれほど強くなく行える処置です。

 

ただ子宮内膜症の嚢腫(チョコレート嚢腫)がある場合には採卵の痛みがかなり強くなります。

 

この場合解決策として、先に腹腔鏡手術を行い卵巣嚢腫を摘出してから採卵をする事で痛みは激減します。

 

卵巣嚢腫がなくなる事で卵胞の発育するスペースが増え、取れる卵子の数も増えます。

また卵巣嚢腫があると嚢腫の裏側の卵胞は刺せなかった、という事もなくなります。

 

オペ後の卵巣機能の低下が不安という方もいますが、手術はしっかりと専門家が行う事で卵巣機能を低下させる事なく行えます。

 

オペ後は採卵の痛みだけでなく、普段の性交通、排便痛、生理痛も劇的に改善します。

 

もちろん腹腔内の着床に好ましくない環境も腹腔鏡手術により改善され着床しやすくなります。

 

そのためこのようなケースでは是非腹腔鏡手術を受ける事をお勧めします。