人生最高レストラン

 

ここ何回か土曜日の夜にTBSで放送している人生最高のレストランという番組を見ています。

毎回ゲストを呼んでその方がここが自分のベストというお勧めのレストランを3箇所程度紹介しています。

前回は寺門さんでしたが、寺門さんはお肉のスペシャリストとのことで、焼肉、すき焼き、ステーキを紹介していました。

 

最後の神戸の「麤皮(あらがわ)」は昨年の神戸での学会の際に偶然訪れたことがあるレストランでした。

確かにとても美味しかったのですが、焼いているときは片時もお肉から目を離さない、お皿も二日前から釜戸で温めている、一子相伝の技など、ここまでのこだわりがあったとは知りませんでした。

 

{239F0878-95F2-47BB-9926-B20E9D8E8834}
 
{B0B216F3-5FEE-4DCD-9AAF-D1DCBE4BC5CC}

 

以下TBSのHPからのものです。

 “ステーキの頂点”は、これまで取材拒否だった神戸にある伝説のステーキ店「麤皮(あらがわ)」。ジモンさんが出演する他局の某番組でも取材できなかった店で、今回取材できたのはまさに奇跡的な出来事。ステーキ専門店として世界で初めてミシュラン2つ星を獲得しており、ジモンさん曰く「世界一のステーキ」だという。


“世界一”たる所以は、先代が編み出した「最高のステーキを焼く」ために全てを緻密に計算し尽くすこだわり。肉は、最高級の三田牛(雌牛)。細く丈夫で熱伝導率の良い特注の串を使い、肉を焼くためだけに作った自家製窯で、最高級備長炭でゆっくりじっくりと焼き上げる。先代の跡を継いだ2代目は、最高のステーキを焼くために生まれた男。焼いている間ずっと片時も目を離さず焼かれた肉は素晴らしい火入れで、全てをステーキに注ぎ込んだ究極の美味しさになる。そして肉を焼くこと以外にも徹底したこだわりが。焼いた肉が冷めないように、皿は2日前から窯の下で温める。添える野菜のインゲンは、ピシッとまっすぐなものを選ぶ。インゲンが美味しくないステーキ店は、ステーキ店じゃないと言い切り、その日のインゲン次第でシェフは機嫌悪くなることもあるらしい。代々受け継がれてきた一子相伝の技で焼かれるステーキは、まさに「麤皮」でしか食べられない味。噛めば噛むほど肉の濃い旨味が出て、噛みしめた後の飲み込む時が一番おいしさを感じられるという。

*店舗情報:「麤皮」
兵庫県神戸市中央区中山手通2-15-18

サロン・ド・テ アンジェリーナ


マロニエゲート2に入っているレストランです。


パスタ、オムライスなどお勧めです。


{031AD251-FAA2-4CA8-AC11-188B74873CDE}

{99511141-85C8-4315-A946-3D35C5E10B24}

http://ginza2.marronniergate.com/restaurant/angelina/


マロニエゲート銀座2 / 2Fサロン
11:00~21:00
(L.O. 20:30 食事L.O. 20:00)
マロニエゲート銀座2 / 1Fケーキショップ
11:00~21:00

サクラ食堂

プランタンから新装開店したマロニエゲート2に入ったレストランです。
色々健康的なメニューがありお勧めです。

唐揚げ定食を食べてみましたが、野菜がたくさんありかなりヘルシーでした。

{03C9E0C5-7805-4761-9AF9-AC4565B26D38}

メニューにカロリー表記があります。
以下メニューです。
・本日の焼き魚定食 1,180円
・豆腐ハンバーグ 豆乳のクラムチャウダー仕立て定食 1,180円
・棒棒鶏と彩り野菜のねばねばサラダ仕立て定食 1,180円
・釜揚げシラスとまぐろ漬けの漁師ごはん定食 1,180円
・8種の焼き魚のsakura御膳定食 1,280円
・豚肉と根菜の黒酢バルサミコソース定食 1,280円