卵巣機能が低下した方に対して同じ周期に2回採卵することが有効であるという論文がFertil and Sterilにありましたので紹介します。


この論文では卵胞期に通常通り刺激を行い採卵して、その直後から黄体期に再度刺激を行い2回目の採卵を行っていま

す。今までの常識を覆す、興味深い論文です。

 

この論文では卵胞期と黄体期で卵巣刺激を行い、得られた胚盤胞の染色体を調べています。

 

対象者は卵巣予備能が低下しており、AMHは1.5ng/ml以下、AFは6個以下です。

刺激は両群ともアンタゴニストprotocolで、卵胞期の場合月経2日目から刺激を行い、黄体期の場合採卵後5日目から刺激を行っています。

ゴナールエフ300単位+ピュレゴン75単位を連日投与で行いました。トリガーはGnRH agonistを用いています。

TEを採取してPGDを行い、自然周期で正倍数性の単一胚盤胞移植を行っています。

 

結果

43人の患者に卵胞期、黄体期で刺激を行い採卵し、

得られた卵子の数:5.1個 vs 5.7個

MⅡ期卵数:3.4個 vs 4.1個

受精卵数:2.3個 vs 3.2個

生検した胚盤胞数:1.2個 vs 1.4個

それぞれいずれも有意差を認めませんでした。

 

胚盤胞到達率:34.5% vs 33.5%

正倍数性胚盤胞率:16.2% vs 15.0%

これらも有意差を認めませんでした。

 

生検した胚盤胞あたりの正倍数性率:46.9% vs 44.8%

顕微授精をしたMⅡ卵あたりの正倍数性胚盤胞率:16.2% vs 15.0%

これらも有意差を認めませんでした。

 

少なくとも1個の正倍数性の胚盤胞移植を受けた数の比較

卵胞期群:18/43(41.9%)

黄体期群:23/43(53.5%)

両者の合算:30/43(69.8%)

つまり黄体期も刺激をする事で正倍数性胚盤胞獲得率が69.8% - 41.9%=27.9%も上昇する事がわかりました。

 

卵胞期群と黄体期群の妊娠成績の結果

15個の正倍数性胚盤胞の凍結胚移植が行われました。

卵胞期群の胚盤胞7個のうち、5個(71.4%)が継続妊娠に至りました。流産は1個でした。

黄体期群の胚盤胞8個のうち5個(62.5%)が継続妊娠に至りました。流産は1個でした。

これらは有意差は認められませんでした。

 

結論

卵巣予備能が低下した女性において同じ周期に卵胞期と黄体期の両方において刺激をした場合、同程度の胚盤胞が得られた。

採卵後の黄体期にも刺激を行うことで移植することができる胚盤胞が増え、その結果として1周期あたりの移植を受けることができる患者の増加を期待できる。

 

この結果から言えることとして

卵巣機能が低下している場合、閉経のリスクがあるため、できるだけ早く凍結胚を増やすことが求められています。

今までは生理開始から刺激を開始して採卵して、また次の生理を待ち、そこから再度刺激を開始することがスタンダードでしたが、このDuoStimでは1周期に2回採卵できるため凍結胚が2倍速で増えることになります。

 

 

 

 

 

 

 

Follicular versus luteal phase ovarian stimulation during the same menstrual cycle (DuoStim) in a reduced ovarian reserve population results in a similar euploid blastocyst formation rate: new insight in ovarian reserve exploitation 

  2016 Jun;105(6):1488-1495.

自然周期は現在まで数多くの実績もあり、多くの方がこの方法で恩恵を受けていることは間違いありません。

自然周期は合う方には好ましい方法であると思います。

 

ただ、全ての方に自然周期を当てはめることは無理があります。

刺激をした方が早く妊娠できるにもかかわらず、刺激をしないで、一つの卵子を採卵することはスピードを遅くすることになります。

 

自然に任せても卵子が育つとは限りません。

採卵しても全て取れるわけではありません。

取れたとしても全てが成熟しているわけではありません。

顕微授精をしても全てが受精するわけではありません。

全ての胚が胚盤胞へ発生するわけではありません。

この様に様々なハードルがあります。

 

毎周期必ず一つの卵胞が育ち、一つの卵胞から毎回必ず1個採卵し、それが必ず成熟しており、必ず受精し、必ず胚盤胞になる様な治療行うことは残念ながら現在の技術では不可能です。

 

減ることはある程度しょうがないことであり、分母を多くして、それらのハードルを乗り越えなければいけません。

 

国に認可されている薬を、しっかりと検査をしつつ、安全に、体に合わせながら、必要量を使用することは全く問題ありません。

 

今まで多くの論文で、自然周期よりも刺激周期の方が早く妊娠できることが報告されています。

 

体外受精は心身ともに非常に負担がかかる治療です。

少しでも早く結果を出していかなければいけません。

 

しっかりと検査を行い卵巣機能を正確に評価し、客観的なデータに基づき、個人個人に合わせて刺激を行い、その周期に採取できる最大の卵子を採取し、それにより様々なハードルを乗り越えることで最短の妊娠が期待できます。

 

最適な刺激方法は

 

自然周期で胚盤胞ができる確率は

 

治療結果から改善策を

 

不妊治療は楽ではない

 

施設により様々

レトロゾール(フェマーラ)を内服するとE2が低く出ます。採卵日を決める際には卵胞の大きさとE2が一致しないため慣れていないと正しい採卵日を決めることができません。

例えばクロミッド周期で卵胞が3〜4個育っていればE2は700から800程度まで上昇します。

 

レトロゾール(フェマーラ)周期の場合E2がその25%程度のため150〜200にしか上がりません。

 

ここで採卵決定時にエコーで見えた卵胞が本当に卵胞かどうかを見分ける方法ですが、生理中にエコーでAFやシストを見ていることでその卵胞がシストかどうかを区別することが可能になります。

 

ただし生理中にエコーを見ていない場合にはこの区別がつかなくなります。(逆に言うと生理中にシストがある場合にフェマーラを用いると本当に卵胞かどうかの判断が難しいことがあります。)

 

そういった意味でも生理中のエコーは必須の検査と言えます。