イギリス発 日常生活天国化プロジェクト!
  • 07Jan
    • サワードウブレッドに挑戦!の画像

      サワードウブレッドに挑戦!

      スーパーマーケットからの脱却作戦の一環として(なぜ、スーパーを脱却しようと思ったかの理由は、他の記事へ)いろいろと手作りのものをキッチンに増やしていくチャレンジをはじめています。キムチ、クラッカー、みそ、ビスケット。。。で昨日は友人が小さなサワードウブレッドのワークショップを開いてくれたので行ってきましたー。パンのこと、何も知らなかった私。その友人は、南フランスのパン屋さんから分けてもらった、という「スターター」とよばれる天然酵母をグラスジャーに入れて、分けてくれました。ロマンを感じるー近くのファームで育てられている古来種の小麦粉(Heritage Flour)と塩と、水と、このスターターだけで作るめちゃめちゃシンプルなパン。あまりこねずに、ただ一晩時間をかけて発酵させて、焼くだけー。オーブンのくせや、作るときの温度やいろいろな要素で変わってくるみたいだから自分で、とにかくいろいろ試してみてね!と。でも、通常の精製された小麦にどれだけ農薬が使われているか、グルテンがどれだけ体に悪いか。知れば知るほど恐ろしい。。。。。イースターを使わないで、パンが作れるのーなんて感じで、全く何もわかっていなかった私。ただ空気の中の微生物に助けてもらう、なんかとってもスローな天然酵母パンの世界。はまりそうな予感。。。。写真は、早速一晩寝かせて、焼いてみたロール。(ローフにする型がなかった。)まだまだ、よくふくらまず、何故か少し重め。どうしたら、もっと軽くできるのかな?試行錯誤、はじめます。💪来週は、この仲間たちと、近くの空き地のゴミ拾いがてらに、野草摘みへー。ああ、楽しすぎる

  • 05Jan
    • リブログ記事”超過死亡数をご存知ですか? たかしさんのタイムライン”

      周りでは、特にブースター接種後に感染している人ばかり。テストがどれだけあてにならないか、ということにも薄々気づきながら、この混乱する状況に戸惑っている様子です。テレビの情報から少し距離をおき、盲信せずにしつこくウラをとる、この姿勢は大切です。先日はテレビで、医師が重症患者の90%は非接種グループだと言って大きく取り上げられていたのを、公開されている数字と全く合わないなー、と思っていたら、案の定、OFCOM(報道倫理をモニターする公的団体)に、虚偽の内容だと苦情が殺到していたらしく、あっさり誤りを認めていましたが、一旦放送されてしまった、インパクトの強い情報はそれがあとでウソだと認められたとしても、個人の印象にしっかりと焼き付けられます。疑問にもつことや、自分に正直になる勇気が、集団洗脳状態からぬけだすカギになるでしよう

  • 02Jan
    • 正しいお正月の過ごし方の画像

      正しいお正月の過ごし方

      ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。イギリスでは、大晦日にパーティーをして、年明けをみんなで祝ったりしますがパーティー明けでぐうたらするお正月は、神聖な気持ちで一年をはじめたいと思う日本人の私には耐えられない!と、5年ほど前から、クロフト家は、めちゃめちゃ健康的に大晦日のパーティーは放棄して、元旦の朝は家族全員で初日の出を見に行くことにしています。初日の出といっても、朝8時なので、そんなにハードルも高すぎません。16歳のばりばりティーンの娘まで、パーティーの誘いを「家族で初日の出見に行くから」と断っていたのにはびっくり。変な子~で、今年は山には上らずに海へ行ってみよう!と、お得意のピクニックセットを持参でGO!こーんなきれいな初日の出。今までで一番感動的だったのは、2022年に期待する気持ちもあったからかな。

  • 29Dec
    • そのままにさせておけ

      この2021年という年は、このウソのような集団洗脳状態の社会で、自分の中の力を本当に試された一年でした。きっと、みなさんも同じだったことと思います。ここに、とても今の私の気もちとリンクするポエムを見つけたので和訳してシェアすることにしました。希望をこめて。古い世界が、壊れていっている。そのままにさせておけ。闇の計画が、あまりにも明白になっている。そのままにさせておけ。今までさんざんつかれてきたウソに、人々が疑問を持ちはじめている。そのままにさせておけ。そして、その他の人々は、闇につくられたウソの現実に完全にからめとられている。そのままにさせておけ。マトリックスがこれからゆっくりと崩れていくとしても、このまま、真実をゆがめる心理ゲームや心理操作は続けられていくだろう。そのままにさせておけ。古い現実が崩れ去っていくのを、ただ見ているがいい。均衡のとれていない、ローマの理想論が崩壊するのを。地球規模の悲観論や物質主義中毒、拝金主義の土台に建てられた不自然な現実が崩れ去るのを、ただそのままにさせておけ。自然なプロセスが、ここから生まれてくる。そのままにさせておけ。マトリックスから目覚めた人たちがマトリックスを証明するために必死で戦っても、そこからは決して安らぎを見出すことはできない。マトリックスが自らのカルマによって、その生の循環がほどかれていくのをそのままにさせておけ。不自然に恐怖を作り出したり、病的なまでの説得という、みっともない間違いによって自らの本性をさらけ出さざるをえなくなったのだから。マトリックスと、病的な依存関係にある人達、構造的なウソや欺瞞にどっぷりとはまっている人達は、そのままにさせておけ。人間は、間違いをおかして、そこから学んでいかなければならない。そのままにさせておけ。死にかけた社会の、腐敗やその詳細について、時間や意識を使うよりも新しい社会を作る方に時間と意識を使うんだ。古い世界がその運命をみずからたどっていくのを、そのままにしておけばよい。どれだけの心理分析をおこなったとしても、この壊れたシステムを直したり、自ら壊れていくのを誰も止めることはできない。ただ、新しい地球が生まれることを支える一員であれ。あなたは、新しい時間軸というタペストリーに編み込まれた、永遠の可能性。あなたは、今、自由なのだ。もしあなたがそうありたいと願っているのなら。新しい地球が生まれている。そのままにさせておけ。マリー・アリソン(訳:カナエ)

  • 20Dec
    • がっかりだった人

      何か危機的な状況が起こったときには、人の本質が浮き彫りになる。この2年間でも、面白いように、周りの人達の本質が見えるようになりました。そして、多くの場合、それは、残念ながら、がっかりの連続でした。毒舌で炎上するかもしれませんが。。。ま、ある意味、いろいろと見えてきて、興味深く面白くはあったのですが。肩書にしがみついて、自分の傲慢さに気づいていない人スピリチュアルな知識が、現実を強く生きるために使われず、ただ都合のよい現実逃避のために使われていた人物を考えることを忘れてしまい、ただ感情に支配されるだけの人ヨガや菜食主義がファッションのためだけだった人ただ人にうらやましがられるようなものを得ることで、優位性を保とうとしている人自分の信念や良心よりも、ただ損得だけで動いていた人メディアに洗脳されて、簡単に差別的な発言をするようになった人ホリデイのためだけに生きていた人真実を知ろうとするよりも、あえて目をつぶっていようとする人信念よりも他人の目の方が大切な人人のせいにばかりして、自分の内面を見つめなおそうとしない人忙しいことを言い訳にして、自分と向き合うことから逃げている人自分の怖れから、若い世代にリスクを負わせて当然と思っている人「自分は正しいことをしている」 という変な権利意識から、他人を裁こうとする人もちろん、私自身、パーフェクトなわけでは決してないし、欠点はわんさかありますが少なくとも、常に学ぶ姿勢は持ち続けているつもりです。このリストを、自分なりの、反面教師として。。。

    • ロンドン、大規模マーチとメディアの大ウソ

      「医療関係のスタッフは来年の4月までに2回の接種を受けなくてはならない。」この規定が雇用条件とされた今、様々な分野から憤りの声が上がっています。強制や圧力による同意は、有効な同意と認められない。というのは、医療の倫理において当然のことですがそれすらが、なぜか忘れ去られている現状。一体、どうなってしまっているのでしょうか。実際に、未接種の友人は、職場から連日のようにプレッシャーを受ける中家族からもサポートを受けられず、結局、上司からのマンツーマンの説得によってついに接種することを決めたそうです。でも、これは、本当に許されることなのでしょうか?一緒に参加した友人の夫はケアホームのマネージャー。20年以上よく働いてくれた熟練のスタッフは未接種で接種を拒否し続けている。一体、今までよく働いてくれたスタッフに対して、どうやったら「打たないとクビです」なんて言えるだろう。その人が職を失うことで抱えるストレスや生活苦、あるいは接種させて万が一ひどい副作用が出たとしたら一体どうやって責任がとれるのか?あまりにも、医療の倫理、基本的人権を無視した通達、いよいよワクチンパスポートが本格的に認められようとしていることに危機感を持った人達が集結した、先週土曜日、ロンドンでのフリーダムマーチはものすごい規模の大きい、ポジティブなエネルギーであふれたものでした。このあまりにもクレイジーな状況の中でこれだけ多くの人達が、自分の良心、正しいと思うことをまっすぐに表現してマーチに参加しているというそのことに、とても大きな希望をもらいました。もちろん、メインストリームのメディアでは、これほど大きなデモが行われていたことすら報道せずに小さな、警官とのこぜりあいのみが報道されていました。自分の目で見、体験したことですから、メディアの言論統制は、はっきりと見えます。HUGE TURNOUT @ LONDON PROTEST/ Real Report Unlike Fake GB News / Hugo Talks #lockdownVisit the post for more.hugotalks.com実際、今日話をした友人は、そんなにたくさんの人達が抗議の声をあげていることなぞ、当然ながら全く知りませんでした。一体、あとどれだけ、だまし続けられるでしょうか?

  • 05Dec
    • ウソ?ホント?

      それがウソなら、ほころびが出る。それが真実なら、点と点がつながってくる。真実を直視する勇気を持つこと。そこからしか、人は自由になれない。http://takahata521.livedoor.blog/archives/11672497.htmlワクチン成分の「ナノカミソリ」を暴露したトップ医師が殺される : メモ・独り言のblogMURDER! Just Hours After Publishing the Secret of the Vaxx, Dr Noack is DEAD – Forbidden Knowledge TVドイツの化学者アンドレアス・ノアック博士は、YOUTUBEライブストリーム中に武装警察部隊によって逮捕されました→その後死亡※動画途中でCOVID警察が踏み込…takahata521.livedoor.bloghttps://ameblo.jp/srichinmogi/entry-12713973958.html『熊本大研究員殺害事件と酸化グラフェン』殺害された【楢原知里さんは】グラフェンやコロナを否定していた!酸化グラフェンと楢原知里さん<熊本大学の研究員・楢原知里さんは、「新型コロナウイルスは存在しな…ameblo.jp創価の子会社「ファイザー社」と「酸化グラフェンはコロナウイルスを分解できる」と嘘をついた「熊本大学」は「ズブズブの関係」でした。 – 真実の玉手箱https://shinjitsu7.com/2021-11-27/4516/

  • 03Dec
    • 爆発系ニュースレター

      みなさん、おはようございます。突然ですが、今日は、ちょっとシリアスな話をします。今までは、あまりにも私の見方はマイノリティであること、話の規模が大きすぎること、そしてみんなを不安にさせてしまうようなことは言いたくないと、発信にもかなり臆病になっていた私でした。でも、時間が経過していくにつれて、私の見方が間違っているのかもしれないし、というかすかな言い訳もできないほど、事態が深刻になっていくのを見て、これ以上黙っていられなくなりました。ハピネスラボ、として活動してきたはずの私が、みんなと連帯して助け合っていかなければならない、この一番大切な時期に、一体何をぐずぐずしているんだろうという、自分に対するどうしようもない嫌悪感も感じていました。今、ハピネスラボを卒業していく必要性を感じていますが私の気もちをここにまっすぐに書いて、私にできることがあればそれをやりきって、きちんと一つのチャプターを終わらせておこうと思いました。今、新しい変異株がやってきた!と世界中でまた大騒ぎになってますが、今起こっていることの本質は、医療の問題ではないということに、もうほとんどの人がうすうすは気づいているのではと思います。これまで、接種の危険性を少しでも話す内容は、すぐにソーシャルメディアから消されたり、すぐに反ワクチン論者!とレッテルを貼られてののしられたり、バカにされたり、オープンな話し合いがきちんとなされないままに、あまりにもえげつない言論統制によって押さえつけられてきました。多くの勇気ある医師、科学者、専門家たちが声をあげているというのに、ほとんどメディアで取り上げられることはなく、インフォームドコンセント、という医療の基本的な原則さえも無視され、ほとんどの人達は、そんな人たちがいることさえ知らないままかもしれません。フェイクニュースだろう、と無視してきたかもしれません。今まで世界中で繰り広げられてきた騒動には、本当にあからさまなテキストブックそのままの洗脳の手法が使われてきました。そして、それは今も続いています。そして今、接種の強制、ワクチンパスポートの導入がもう、陰謀論だと笑う人はいなくなってしまいました。自分の体のことは自分で決める、という当たり前の人間の権利さえ奪われようとしています。人間としての尊厳、自由が危機的な状況にあるということです。人々は、恐怖にあおられて、意見の違う人たちを憎むように仕向けられています。今まで、民主主義だと思っていた国々の中で、直視できないほどの権力の横暴もみられるようになってきました。私たちが今まで経験したことがない規模の、危機的な状況です。目の前の現実から目をそむけず、真向から向き合うことはかなり勇気のいることですが、今しっかりと向き合っておかないとこれからもっと取り返しのつかないことになっていきます。真向から向かい合って、しっかり目を見て、乗り越えていく。そこからしか、自分の本当の力は戻ってきません。一人一人の精神の底力を感じるときです。そうでなければ、何も考えず、ただ言われたことに従順にしたがうだけの人生になります。確かに、そっちの方が楽かもしれません。ただ、後で後悔しなくてもいいように、自分の意志で選択していくのだということは意識しておくべきだと思います。コロナはある意味、私たちに目覚めて生きるチャンスを与えてくれた起爆剤のようなものでした。でも、それをどう使うかは、一人一人の意思にゆだねられています。今何が起こっているのか?まずは、疑問を持つことがすべてのはじまりです。自分の頭で考え、自分の意志で生きる力を取り戻していくかただ従順にしたがう生き方をするかその選択の分岐点に、私たち全員が立たされています。今まで私たちが慣れ親しんだ社会が壊れていくときは、痛みを伴うのは当たり前。でも、古いものが壊れないと、新しいものは作れない。私が住みたいその新しい社会は、私たち一人一人が力を合わせて作っていく社会であって、人間の尊厳も自由も保証されない管理社会ではない。3か月ごとに何が入っているかわからない液体を体の中に入れなければ、どこにも行けない、何もできないような社会ではない。実際、私は、これからの新しい時代はとてもポジティブになると信じています。この危機的な状況の中、私は、国籍を問わず魂でつながれるような本当に素晴らしい仲間たちに出会い、夢のようなプロジェクトがたくさん生まれてきているのを目にしています。人間が苦境に立たされた時に発動する真のパワーは、体が震えるほどに感動的です。今、誰もが、人生最大の危機的な状況にあって、お互いにつながって支え合うことが本当に大切な時です。特に、今、疑問を持ち「したがわない」という選択をした少数派の人達は、社会から白い目で見られたり、嫌がらせをされたり、将来への不安や疎外感を抱えている人がほとんどだと思います。何かがおかしいと、今気づき始めて精神的にきつくなっている人も、もしかしたら話せる人が周りにいないかもしれません。なので、今、オンライン駆け込み寺を無料で開催します。今どんなステージであったとしても痛みは同じ。本当に思っていることを正直に吐き出せる、安全な場所を提供したいと思います。誰か周りに必要そうな人がいれば、自由にシェアして誘ってあげてください。できればプライベートな空間にしたいので、一人づつ話せるように時間を設定したいと思います。開催は、すべてイギリス時間8pm~9pm 12月3日(金) 12月5日(日) (12月10日(金)ハトホル読書会) 12月14日(火) 12月19日(日)参加希望者は、希望日をご連絡ください。リンクをお送りします。では。朝から強烈なメールを失礼いたしました(笑)今日もよい一日でありますように。愛をこめてカナエより

  • 15Nov
    • 11月 ラボ報告の画像

      11月 ラボ報告

      ニュースレターより。 11月のラボ報告です。 マクラメプラントハンガーの会は、 二人だけのこじんまりした会でしたが、とってもかわいくできて二人とも大満足。 でも、ものを一緒に作ったりすると、それぞれの性格が隠せなくておもしろいですよね! 性格の違いに、二人で大笑いでした。 達成感いっぱいで、楽しかったので、実は、終わってからまたもう一つ作ってみました! みなさんもぜひ。https://www.youtube.com/watch?... その後に一緒に見た「ハート」がテーマのドキュメンタリー映画もとっても良かったです。 ルワンダの大虐殺を生き延びて自分の中に平和を見出した女性のお話が、 特に強烈で感動的でした。 https://thepoweroftheheart.com.. ちょっと不思議なんですが、 昨日はたまたま同僚にすすめられて、娘たちと見た "Last Christmas" https://www.imdb.com/title/tt8... 普段はあまり惹かれないタイプの映画ですが、 フタを開けてみたら、なんと、これも「ハート」がテーマ。 ドキュメンタリーとセットで見てみると、とてもいいと思いました。 ママ、また泣いてるし。と娘たちに笑われながら で、夜の部のハトホル読書会は10章「鍵としての音」 を読みました。 自分の感情には、音がある、ということ。 そして、感情は抑圧すると、体にダメージを与えるので、うまく外に音にして出してあげるようにするとよい、という内容でした。 神妙に読み進めていた私でしたが、読み終わった後のシェアで、 Mさんが画面の向こうで笑いをとめるのに必死だった、ということで、話を聞いたら、実は家庭ですでにそれをやっていたのがおかしかった、とのこと。 たしかに読みながら、画像の片隅に人影が妙にゆれているなー、と思ってはいましたが!(笑) こういう話は、ふだん耳にするような情報ではないので? 神妙にちょっとシリアスになりやすいんですが、こうやってみんなで笑ったことで、 ぱーっとその場の空気が明るくなって、なんか、すごくいいな。と思ったのでした。 笑い、って最強! Mさん、ありがとう(笑) 音がテーマの回でしたが、なんか音がテーマの 面白い動画があったのでシェアしますね。 https://www.youtube.com/watch?... この世は、知らないことだらけ。 まさにワンダーランド! さて、次回のハトホル読書会は、12月10日(金)の8時からオンライン開催。 「11章 運命を変える」 を読んでいきまーす。 では、みなさんお元気でー。

  • 06Nov
    • 言論弾圧と、新しい世界!

      なぜ、これが言論弾圧されなければいけないか?誰か、私に説明してくれる人はいらっしゃいますでしょうか?youtubeに本編をきちんとあげることすらできない動画。仮説の病原体を〇〇で調べることは不可能病原体を直接検査することが煩雑な場合や難易度が高い時に、間接的な方法で病原体を検査します。いわば、代替手段なのです。仮説の病原体を間接的な検査で調べることは不可能です。続きは、つぎの本編で御覧ください。https://www.nicovideo.jp/watch/sm39569979youtu.be仮説の病原体を間接的な検査で調べることは不可能仮説の病原体を間接的な検査で調べることは不可能 [社会・政治・時事] 病原体を直接検査することが煩雑な場合や難易度が高い時に、間接的な方法で病原体を検査します。い...www.nicovideo.jp大橋教授、心から尊敬します。科学とは、仮説を立てて、それを徹底的に検証していくこと。今起こっていることは、本当に、私たちをあまりにもバカにしている。こんな筋の通った教授の話が、言論弾圧されてしまう今の社会は、とち狂っていると思いませんか?イギリスでも、メディアでは決して公平なディスカッションを見ることができないので政府のコロナ対応、これからの枠パスについて今、地元で公開討論会を計画していますがなんと、市議員も誰も、参加を承諾する人がいないのです。住民の不安や質問に、まっすぐに答えることができる自信がないのでしょうか。一体、これは、なぜなんでしょうか。不思議でたまりません。参加を承諾してくださっているのは、普段言論弾圧を受けている反対派ばかり。これでは、議論にならないのですが。。。実際に情報センターに質問してみても少し突っ込んだ質問には「上にあげますので、メールでおねがいします」そして、メールを書いてみると、返事は「こちらの政府のウェブサイトをご覧ください。」と、何の説明にもなっていない。これでは、政府が一生懸命にもみ消そうとしている「ニセ情報」と言われているものが蔓延してもおかしくないですよね?正々堂々と出てきて、説明してくださればいいものを。なんとなく、うやむやにしておけば、私たちは、ごまかされるとも思っているのでしょうか。(確かに、そんな感じ)こんなことも見抜けなくて、本当にいいのだろうか。マスコミに言われるまま、政府に言われるまま疑いもせず、パニック状態で完全にコントロールされて。なんとなく、なぁなぁのまま、自分の命、家族の命という大切な問題を他人任せにして。。。。でも、それも、一人一人がそれぞれに決めていくこと。自分で、決めたこと。だまされた。と後になっても、誰も責任なんてとってくれない。でも、ここで、今、しっかりと言っておきたいこと。辛くても、怖くても、しっかり自分と向き合い、乗り越えた人だけがつかめる自由と幸せがある。ということ。人の目や、社会からのプレッシャーから自由になったときすごく楽しい世界が待っている。ということ。魂の深いところでつながって、支え合える本当の仲間が世界中にいる、ということ。私は、この騒動で、ずいぶんたくさんのことを学んだ。他人は変えられないし、私に責任なんてない。そんなのはただのエゴ。(ずいぶん、苦しんだけど)私の責任は、私の人生を自分らしく生きること、それだけ。レッツゴー!

    • 11月ラボのお知らせ。ニュースレターよりの画像

      11月ラボのお知らせ。ニュースレターより

      ブログもかなり、更新できずにいましたが、 11月ラボのお知らせとして出したニュースレターのシェアです。 みなさん、お元気でいらっしゃいますか? さて、前回ご案内したように、今月のラボは 11月12日(金) 午前11時からオフラインで 「マクラメプラントハンガーを作る会」 そして、夜8時から、 オンラインで「ハトホル読書会」 10章「鍵としての音」 を読んでいきます。 外が寒くなると、家の中が余計に心地よく感じられますが お茶を飲んでわいわいおしゃべりしながら、 クリスマスプレゼントにしても喜んでもらえそうな プラントハンガーを一緒に作ってみませんか? 材料のコードは私が準備するので、 できれば、お気に入りのプラントポットを持ってきてくださいね。 ガラスの瓶なんかでもかわいいと思います! 参加費は材料費込みで£5 しかも、なんと、今回は、まやさんが "power of heart" というDVDを一緒に見よう! という提案をしてくださっています。 https://www.youtube.com/watch?... (トレイラーはこちら) まさに!という内容で、めちゃめちゃワクワクしますねー。 最近は、市販のお菓子などを極力買わないようにして 体にやさしい手作りのお菓子を常備するようになりました。 今、とっておきのお気に入りは、 スウェーデンの「クリスプブレッド」 最初は「クリスプ」じゃなくても、おいしいー と思って、得意になって作っていましたが 改良を重ねて、よりクリスプに焼けるようになりました! (トレイのサイズは気にせず、うすーくうすーくのばして シートのまま、えいっとラックにのせて焼く!) 今まで、あんなにしなしなとしたものを 得意げに人にシェアしていたのが 多少恥ずかしいのですが。。 ぜひ、みなさんも試してみてくださーい。 クリスプブレッドのレシピ! ブログの更新をずーっとさぼっていた私ですが、 私の周りでは、ものすごいエキサイティングでポジティブな動きが出てきています! 今起こっていることに目覚めた人達が、怒りとフラストレーションを乗り越えて どんどんつながって、支え合って、とっても面白くなっています! オーガニック農園さんたちとつながり食の自立を目指したり、 巨大資本に影響されず、 消費者が考えの似た生産者たちと直接つながっていくなど。。 どんな世界に生きていきたいのか、を徹底的に考えて、 それを実現させようと動き出しています! まさに、ピープル・パワー!! どこに意識を向けるか、でこの世界はまるで見え方が違ってきます。 それは、私たち一人一人が、自分で選んでいくもの。 どんな世界に生きていくか、 それは、私たち一人一人が自分で決めて、自分で作っていること。 だから、決して人のせいにはできない。 これは、ラボを始めた時から、ずーっと言い続けていたことでした。 そして、それは、今はっきりと目の前に現れてきています。 これからは、お金よりも、人とのつながりやコミュニティがもっと大切になる。 普段、どんな人と付き合い、どんな会話をし、 どんな関係性を築いていこうとしているのか。 まっすぐに正直に自分と向き合うのは、簡単なことではありませんが、 そこを抜けると、めちゃめちゃ楽しい世界が待ってるんだな、と 他人は変えることができない。 自分が変わるだけ。 みなさんの毎日も、楽しいものでありますように! では。

  • 13Oct
    • ”奇声を発していたのは、裁判長だった!!@ワクチン訴訟 第一回口頭弁論”の画像

      リブログ記事”奇声を発していたのは、裁判長だった!!@ワクチン訴訟 第一回口頭弁論”

      日本にいたら、ぜひ実際に行って、自分の目で見てみたかった。本当にすごいことが起こっています。。。社会の圧力に負けずに、信念を持って、戦ってくださっている方々に心からの敬意を表したいと思います。自由に、日本に帰れるのはいつになるだろう。。。https://ameblo.jp/matsujyundx/entry-12703448221.html『”【コロナワクチン訴訟】傍聴してきました”』【報告・記者会見】10月12日 東京地方裁判所 第1回口頭弁論【コメント無し】【報告・記者会見】10月12日 東京地方裁判所 第1回口頭弁論【コメント…ameblo.jphttps://ameblo.jp/higa-okinawa1216/entry-12703640611.html『【マスコミ・司法が機能していないことが証明された】その他』昨日の貴重な傍聴記録を拡散します❗保阪浩輝先生のFBよりシェアさせて頂きました。【マスコミ・司法が機能していないことが証明された】1233人も殺された行為を阻…ameblo.jp

  • 04Oct
    • ブースター接種

      イギリスでも、ブースター接種がはじまって歯科医院の私の職場でもブースター接種予約の話題が職場のグループチャットでもちきりでした。とてもアップビートで、「もう楽しみで待ちきれない」という雰囲気の中、私は一人、悶々としていたのですが。最近は、新しく若い22歳と19歳の見習いさんも入って来たばかり。古いメンバーは全員、この件で私がどう考えているか、よくわかっているけれどある意味、この異様にアップビートなチャットは、ちょっと黙っていられない。新しい見習いの子たちのためにも。で、このチャットに爆弾メッセージとリンクをシェアそして、もちろんその後は、「しーん」ハッピー接種な雰囲気がぶち壊し。完全に、異質な私。言いたいことを言った今、あとは、誰がどうしようと、それは私の知ったこっちゃない。そう割り切ることにした。その後で、オーナーから、こういう「政治的な」ポストは投稿しないように。とおしかりが。その後のみんなが、応戦してこなかったこと、私の意思が尊重されていることをありがたく思うように、とのこと。なるほどね。もう、あまりにも私の住む世界は、彼らの住む世界と違ってしまっている。私たち、歯科スタッフだって、Do No HarmInformed ConsentRight to decline the treatmentこれをたたき込まれてきたはずじゃなかったですか?なぜ、今これを書いただけで、「政治的」だと判断されなければいけないのでしょうか。なぜ、オープンな話し合いができないのか?完全に狂っています。なぜ、ここで、mRNAワクチンの開発に携わったDr Maloneはじめ、これだけの著名な科学者や医師が集まって、この医学の原則である、ヒポクラテスの誓いを新たにして科学の原則に背いた、現在の方針を激しく批判しているのか?https://doctorsandscientistsdeclaration.org/Global Covid SummitPHYSICIANS DECLARATIONGLOBAL COVID SUMMIT - ROME, ITALY International Alliance of Physicians and Medical ScientistsSeptember, 2021(view in Italian) (view in Slovak) (view in Dutch…doctorsandscientistsdeclaration.org(これが、職場のグループにシェアしたリンク)これについて、同じく、患者をケアする立場であるはずの私たちは一体、どう思いますか?本当のところ、みんな、どう考えているのかただ、まっすぐに聞きたかった。一人一人のスタッフは、本当に善良でいい人達。歯科治療に対しても、精一杯患者たちのために一生懸命に働いている。私たちは、今まで、様々なルール、規制によって管理されてきた。その規制に従っているかどうか定期的に監査が入りそのスタンダードに満たないと評判に傷がついたり、下手すると資格剥奪になる。確かに、もちろん、ある程度の規制は正しいと思う。ただ、その規制は全て、理にかなっていただろうか?事あるごとに一部の規制のばかばかしさに、みんなでグチを言ってきたけれど「従わなければ、働けない」という状況に「仕方がない」と、あきらめて、深く考えることなく、今まで来ました。正しいか、どうかよりも波風を立てず、今まで通りに働き、家のローンを払い続けることの方が家族を養っていくことのほうが大切なのだ。怒っていたって、間違っていると文句を言ったってどうせ、何も変わらないんだから。だから、みんなを責めたいわけじゃない。みんな、それぞれに「良かれ」と思ってしていることで。確かに、社会の流れに逆らって生きていくのはものすごいエネルギーが必要とされることでもあり。わかっているけど、やっぱり一人どんどん孤立していくなぁ。

    • どれだけ好きなんだ、斉藤和義の画像

      どれだけ好きなんだ、斉藤和義

      この週末は、久しぶりに、大好きな、斉藤和義をずーっと聞きまくっていました。家事をしながら、昔の曲は一緒に大熱唱やっぱり大好きだ。あー、本当に大好きだー!!!新しい曲も、イギリスに住みながら、こんなに簡単にSpotifyで聞けるなんて!「歩いてかえろう」から、ずーっとずーっと大好きだった。勝手に、感覚が似ていてると思って、なんとなく他人に思えないような。まっすぐで、正直でとってもやさしくて。ちょっとやらしいけど、とってもピュアで。ちょっと油断すると、涙まで出てきちゃう。本当に、いっぱい元気をもらいました。ありがとう。次に日本に帰れる時は、絶対にライブに行こう。決めた。

  • 01Oct
    • 9月のニュースレターよりの画像

      9月のニュースレターより

      みなさん、こんにちは。急に寒くなってきましたが、お元気でいらっしゃいましたか?今、娘をダンスのレッスンに連れてきて、1時間半の待ち時間中。ブライトンの下町?の初めて入ったパブの片隅で一人パソコンに向かっています。(こーんな感じで👆)最初は、一人で入るのに勇気が要ったけど、やってみたら意外と普通にできるんだなぁ。気持ちいい音楽といい感じの照明と、そしてやっと、遅れに遅れたこのお知らせメールが書けた!わーい!9月のラボはいつもより一週間遅れで、ロンドンでの出張ラボでした。ロンドンに来たついでにちゃっかりかきあげうどんを食べて、そしてみんなで読んだのは、ハトホルの書 8章「聖なる四大元素」みんなで輪になってマントラを唱える、というエクササイズがあったのでやっぱりオフラインでよかったな、と。はたから見たら、怪しさ満載のエクササイズ。でも実際にやってみると、やっぱりすごくパワフルで。みんなのエネルギーがだんだんまとまってきて最後にはじんじんと熱ーくなってくるくらいになって、とっても不思議な感じでした!大地、水、火、空気、一つ一つの自然の元素に向けてマントラを唱えながら、感謝の思いでいっぱい。今回読んだところで印象深かったのは、この一つ一つの自然の元素にも意識がある、という、結構ぶっとびな箇所でした(笑)でも、確かにそう思えば、どれだけ私たちが自然の元素を粗末に扱ってきたか、そしてどれだけ私たちがこの地球で生きるために助けてもらってきたか、ということが、身に迫って感じられて、自然に感謝の思いがあふれてきたのでした。そして、意識のある存在だと思えばこそ、決してないがしろにしたり、あたりまえのように思ったりできなくなるのだなと。実は、私もこのところ、まるで洗濯機の中にでも放り込まれたように、激しい感情に振り回されていました。今起こっていることを調べれば調べるほどに、怒りややるせなさ、悲しさに包まれてしまって。でも、下手に口にすると、人をイヤな気持ちにさせてしまうかもしれない。不安をあおってしまうかもしれない。でも、はっきりと言わなければいけないこともあるのではないか。。部屋の中に大きな象が歩き回っているというのに、誰もそれについて話せないような不思議な違和感と、自分の中の激しい葛藤で、気づかないうちに、実際、かなりストレスがたまっていたのですね。。。。感情が爆発して年甲斐もなく同僚と大ゲンカしたり(汗)、沈黙に耐え切れずFBに長文の投稿をしたり、FacebookにログインFacebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。www.facebook.com職場のグループチャットに一人だけ明らかに異質な発言をしてみんなを黙らせたり。。。客観的に見ると、ますます変人街道まっしぐら?でも、実は、もっと怖がらずに堂々と「これは、おかしい!」と、自分の意見を言っている人がとても輝いて見えたり。やっぱり私はビビりだなぁと。でも、不思議なことに、自分の胸のうちをすっかり出してしまった後は、とってもすがすがしく爽快な気分!素っ裸で道を全速力で走り抜けるような(やったことないけど 笑)私は、正しい人であろうとは少しも思わない。格好悪くて、泥くさくて、人間臭くて。でも自分の気もちに正直でまっすぐでいたい。そう思う。そのせいで周りを傷つけるようなことがあったらごめんなさい。でも私はこういう風にしか生きられない。でもそんな洗濯機的なフェーズを通り抜けて(というか、まだ「すすぎ」ぐらいのステージか?)思うようになったことは、みんなそれぞれに一生懸命にベストな選択をして、いろんな葛藤があっても、それでも外に出ればいつもと変わらず、それぞれ、なんとか元気に毎日過ごそうとしている。ということ。あぁ、みんな、なんて「けなげ」なんだろう!!みんなそれぞれの違いが尊重されて、自由意志が尊重されるそんな世界であってほしい。子供達がみんなイキイキと笑って過ごせるようなそんな世界であってほしい。これから、このラボがどんな風に迷走?していくのか全くわかりませんが、とりあえず、今はこのままハトホル読書会を続けていきます。今、この洗濯機状態で新しいことをはじめるには、私も時期も不安定すぎると思ったので。そして、はやくも来週に押し迫った10月のハトホル読書会は、9章「支点」に入ります。どんな困難も「イニシエーションの過程」と見ればこわいものなし。なるほど、たしかに。この視点があるかないかで、現実の見え方が全然違ってきますねー。ということで、次回のハトホル読書会は10月8日(金)イギリス時間 8pmよりオンライン(zoom)にて、9章「支点」を読みます。では、みなさんも、それぞれに毎日楽しいことを見つけて、笑って過ごされているといいなー、と思います。ちなみに、昨日は、サバ缶と梅干しとちょっとのお醤油とお酒だけ入れて炊き込みご飯を作ったら、とってもおいしくできましたこれからは、サバ缶をもっと積極的にストックしようかな、と(笑)ずいぶん長くなりましたが、どうぞみなさんお元気で!愛をこめてカナエより

  • 13Sep
    • 一番イヤな気持ちになる言葉の画像

      一番イヤな気持ちになる言葉

      イギリスに21年間暮らしてきた私が言われて一番イヤな気持ちになる言葉。それは「日本人は従順だから」なぜ、これほどに何とも言えないイヤな気持ちになるのか。言われるたびに、とても悔しい気持ちになる。私たちは犬じゃない。奴隷じゃない。「従順」と言われて、うれしいなんて絶対に思えない。それでも、何も言い返せない自分がいる。。。前回ブログに書いた、娘のプロムのあとのエピソード。興奮冷めやらず、翌日に、新潟に住む同い年のいとこ(私の姪)にもプロムの話をしたい!と電話した長女。楽しいことしかしていないウキウキな娘に比べて、普段元気な彼女はとても悲しそう。「今、楽しいことは何もしちゃいけないの。クラブ活動が禁止になって大好きなバレーボールもできないし、楽しみにしていたイベントも中止になっちゃったし、やってもいいのは、勉強とテストだけ。もう本当にうんざりで何もやる気が起きないよ。前は、友達とグループでお昼ご飯を食べても良かったのに今は一人一人別々の机について、その机の周りにはバリアがつけられていてご飯を食べている間誰とも話しちゃいけないの。」怒りと悲しさで胸がいっぱいになってしまった。子供達をこれほどに犠牲にすることを正当化する、その論理をどうか聞かせてほしい。ここイギリスという地でも、私たちのように、今起こっていることの理不尽さ、おかしさに気づいている人気づこうとしている人はとても少数派。でも、それでも気づいている人達でグループを作り必死で、学校に手紙を書いたり、街頭に出てひそかにビラを貼ったりマーチに参加したり、一人一人ができることをやっている。私だって、今までこんなことをしたことなんてなかった。私がやっていることなんて、情けないくらいに小さいことでもっとできるはずなのに、勇気がなくてできないことが多いことに気づいている。でも、本当に気づいた人、気づき始めた人同士が集まって力を合わせて、できることから、小さなことからやっていけばいい。子供達は、大人が動いてくれないと動けない。姪っ子には「あのね、大人だからって、みんな正しいことを言っているわけじゃない、ってことを覚えておいてね。大人の言うことに、疑問を持って、いいんだからね。おかしいと思うことには、おかしいと思います。と言っていいんだからね。」また、変わり者の叔母の演説がはじまった、と苦笑気味の姪。でもね、おばさんは、あなたには自由に、楽しく、イキイキと子供時代を過ごしてほしい。切実にそう思ってる。大人たちが、それを助けてあげられる?「従順」「右にならえ」「みんながやってるから」でいるのをやめる時は、今かもしれない。https://ameblo.jp/harumi385/entry-12697606253.html『今戦争中だということに気づいていない人多すぎ( ;∀;)』ほんと、気づいていない人多すぎます。てか、ほとんどの人が知らないんじゃない?だって、爆弾とか銃弾とか飛んでないし武装した人もいないしね。それに、普通に学校…ameblo.jp『あなたの命が狙われているという根拠があります』多くの人がワクチンを打つべきかどうか悩んだが、職場や周りが打っているのを見て自分も打とうということでワクチンを打っています、ところで現在の医療は、どういう…ameblo.jp

  • 12Sep
  • 11Sep
    • 娘のプロムの画像

      娘のプロム

      イギリスでは16歳で、GCSEという全国統一試験を受けてsecondary school を終えますが。うちの長女も、コロナ下でイレギュラーなGCSEを無事に終え日本でいう卒業式のような??プロムを楽しみにしていました。本来なら、夏休み前に行われるはずのプロム。それが、延期になり、やっとつい先週に開催されました。とっても大人っぽいドレスを着て髪をきれいにセットしてもらったりして本当に、大人になったみたいで。クラスメイトたちと過ごす時間も、短縮されてしまった高校生活。でも、キャンセルされなくて、本当によかった。前日に、友人から、アフタープロムのヘルプが足りないんだけど、来れる?と連絡があり、なんと夜の10時からのアフタープロムのお手伝い。今時のイギリスのティーンの生態観察にもってこいだ!と、「ママ、マジで来るの?」と嫌がる娘を横目に、ウキウキでこれは、学校とは関係なく、保護者の一人が所有する大きな敷地内で行われる、親黙認で行われる、飲酒オッケーのパーティー(未成年者ですが)新潟の田舎で育った、めちゃめちゃ品行方正な、良い子ちゃんだった私にはイギリスでは、16歳で、こんなパーティーをするんだ!!と、楽しいのなんの。大音量の音楽で、踊りまくり。コロナも、ソーシャルディスタンスもそっちのけ。あー、子供達が、こんなに楽しそうにしているのを見るのは本当に幸せだ。としみじみしたのでした。若いって、いいな。子供達が、心から楽しそうに遊んでいるのを見るのがこんなにしみじみとうれしいとは。娘も、友達と思う存分に大騒ぎできて、本当に楽しかったみたい。これからもずっと、本当に、のびのびと、めいっぱい楽しく生きていってほしいな。自由でいること。人生を楽しむこと。子供達が、そんな風に楽しく、イキイキしていられるそんな世界にずっと暮らしていくために今、私に何ができるだろう。。。

  • 08Sep
    • 毒出し作業、進行中!

      以前のブログで、同僚との口論事件について書きました。『怒りのステージから抜け出る考え方のコツ』政府やマスコミの言うことから距離をおき自分でいろいろと調べ始めるとどうしようもない理不尽にぶちあたります。そんな時、当然、怒りでいっぱいになるというこ…ameblo.jpその後、なんと、彼は上司に辞表さえもほのめかしていたそうで。上司は、いろいろと、私の気もちや立場を代弁して話していてくれたらしく「直接、話したほうが良い」と説得してくれていたようで。私の言い方もそうとうキツかったと私も、多少、たしなめられてはいましたが。私としては、逆にとてもスッキリした気分。もやもやとした、職場のイヤな空気が怒鳴りあうことで(?)昇華した感じがあり。スッキリと毒出しできたこと、絶対的に必要なことだったのでは、と。確かに、みっともないことだったかもしれないし大人げないことだったかもしれない。でも、まっすぐに怒るほうが、私はさっぱりして好きだ。自分が上に立って、エラそうに教え諭したり精神的優位性、みたいなものをふりかざしてマウントを取ろうとするのではなく。彼に呼び出されて、話してみた。私はなぜ、怒っていたのか。彼はどれだけ私の言葉に傷ついたか。。。彼も彼なりに、ストレスの多い中なるべくいい仕事をしようと、頑張っていたのだった。そして、それは私だって同じだった。そこからは、どうやったら、お互いに気持ちよく働けるか具体的な案を出して、システムに組み入れることにした。仲直りしたあとは、なんかまた職場の雰囲気がやさしくなった、そんな気がする。よかったな、と思うのです。ぶつかることも。ケンカすることも。変に、聖人面しないで、まっすぐに向き合うことでなんか、個人の違いを超えて相手の痛みがわかって。自分の痛みもわかって。スッキリ毒出し。みんなそれぞれに全然違う性格で全く違う考えを持っているかもしれないけど。私は、この職場のみんなが本当に大好きなんだ。

  • 06Sep
    • 「抵抗するものは持続する」の画像

      「抵抗するものは持続する」

      わかっています。それぞれ、一人一人の選択にいい、悪いはなく私が「いい」と思うことが、他の人にとって必ずしも「いい」とは限らないこと。そして、「死ぬ」ということが必ずしも、絶対的な悲劇とは言えないということも。私たちは、肉体だけで存在しているわけではないし肉体の死が、全ての終わり、というわけでもない。だけど、やっぱり、人が傷つくのを見るのは辛いし子供達が犠牲になっていくのが、何よりもガマンできない。私たちは、いつか必ず、体を脱ぐ時が来る。その瞬間に、毎瞬毎瞬、少しづつ近づいている、という絶対的な真実。そう思えば、どうこの人生を生きたいか、どうやって、この短いいのちを使いたいかということを考えざるを得なくなる。同じように、今起こっていることに怒りを感じどうにかしたい、と行動を起こしている仲間達とつながるようになり、毎日の生活はめっきりと忙しくなりました。でも、具体的な行動を起こしながら自分の内面も常に観察していました。そんな中、ふと目にした動画。https://youtu.be/oYheGEN671c「ワクチン」は受けるべき?(ライオク)| Should we receive vaccine? (Ryok)★ ライオク(バシャールと同じエササニ星人)ライブイベントご案内専用LINEはこちらhttps://lin.ee/rXtyEzn ------------------★ YouTubeメンバーシップ(会員限定配信)はこちらhttps://bit.ly/2VhyMLU★ これまでのYouTubeメンバーシップ配信動...youtu.beそこで、話されていたことは「抵抗するものは持続する」ドキッ確かに、自分の中にある強烈な「抵抗」のエネルギー。つい最近は、同じように、今起こっていることのおかしさに気づいている友人の19歳の娘さんが、本当は打つつもりはなかったのだけど社会的な制限から自由になりたい、と言う理由で、接種を決めた、という話を聞き、どうしようもなく動揺していました。私の友人は、「もう伝えるべきことは全て伝えたから、あとの判断は彼女にまかせる」「その方が、お互いにいい関係でいられると思うから。」私は、正直に言って、そこまで割り切れない。と思う。絶対にムリだと思う。身を切られるような痛みだと思う。耐えられない。。彼女は、一人娘のこの子を、愛情をもって大切に育ててきた。毎日の食事にも、添加物のない、体にやさしいものをと気を使い大切に育ててきたのを私はよく知っている。だから「あとは、彼女にまかせる」と言い切った彼女の言葉に、ものすごい動揺してしまった。彼女も、この接種の本質をよく知っている人だけに。でもこれって、私の「抵抗」のエネルギーそのもの、なのかな?「抵抗するものは持続する」私たちは、問題にフォーカスすることで、その問題を大きくする。だから、抵抗するのではなく、もっと大きな視点で「こういう選択をして、こういう世界に住もうと思う」というところにフォーカスを与えること。問題から目をそらすことでもなく思考停止になることでもなくしっかりと考えしっかりと自分の考えをまっすぐに伝えでも、そこにとらわれないでいる。あー、なんてハイレベルなチャレンジ。。。ここで気になった記事をシェアします『絶対に得体の知れないものを体内に入れてはいけません たかしさんのタイムラインより』だんだん回りにワクチン接種者が増えてきた。来週あたり、ほとんどの人が一度は打ったことになりそうだ(会社)一人だけ、気付いている方がいて絶対打たんと言っているの…ameblo.jp