塾 寺子屋アテネ 【三重県桑名市】

塾 寺子屋アテネ 【三重県桑名市】

三重県桑名市で75年以上続く老舗の塾(個人塾)です。
小学生を中心に授業を行っています。
読書では、読書に親しみ読解力と書く力をつけること。
数学では、難問を整理して、明瞭化する思考力、公式の成り立ちを根拠から理解することを目指しています。

三重県桑名市で75年以上続く老舗の塾(個人塾)です。
小学生を中心に、学年別に授業形式で独自カリキュラムを用いて「数学」「読書」を行っています。
読書では、本を読むことに親しみ読解力をつけること。また、自分の感じたことや思ったことを書く力をつけること。
数学では、難問をじっくり考え、複雑に絡まった情報を整理して、明瞭化する思考力、桁数の多い四則演算が入り混じった計算問題を解く計算力、公式の成り立ちなど、当たり前だと思っている決まりごとの根拠から理解することを目指しています。

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階
塾 寺子屋アテネ
https://www.kuwana-athene.com/
0594-22-5643(西塚)

 

夏のイベントにまだ空き枠があるため、

申し込み締め切りを延長します。

 

当イベントは桑名市・桑名市教育委員会の後援を受けており、

一般の方もご参加いただけますので、この機会にぜひご検討下さい。

===================

①親子で「イライラ棒」を作ろう!

曲がりくねった針金に触れないでゴールするゲームを作ります。
さあ、自分たちで工夫し指先のトレーニングをしませんか。
他にも面白い工作などを行います。

日にち
2024年7月21日(日)

時間
13:30~15:00

受講料
1,500 円(材料費込)※事前振込でお願いしております。

対象者
小学4年生~小学6年生 ※親御さんも一緒にご参加ください。

定員
最大10組

講師
加藤 進先生

場所
柿安シティホール(桑名市民会館)

申し込み期日
2024年7月1日(月)までにホームページお問い合わせフォームからお申込み(先着順)
※申し込み締め切りを延長しました。

============================
②桑名の「連鶴」を作ろう!

桑名の連鶴のひとつ、「妹背山」を折り、
折った鶴を入れる透明なケースと、
連鶴についての歴史が分かるホームページを紹介した資料をお渡しします。
また、先生が作った折り紙の作品の展示も行います。

日にち
2024年7月28日(日)

時 間
①13:00~13:30の回 
②14:00~14:30の回 
③15:00~15:30の回 
(各回5名定員)

費 用
無料

受講対象者
小学2年生~小学3年生

場 所
柿安シティホール(桑名市民会館)

講師
藤波雄星(ふじなみ ゆうせい)先生

お 申 込
2024年7月15日(月)までにホームページ
お問い合わせフォームからお申込み(先着順)
※申し込み延長します。

============
③リニアモーターを走らせよう!

電気と磁石について学び、リニアモーターづくりを通して、
試行錯誤する楽しさを体験します。

日にち
2024年8月11日(日)

時 間
午前の部 10:30~12:00 
午後の部 13:30~15:00 

費 用
1,500円(教材費込)
※事前振り込みでお願いしております。

受講対象者
小学4年生~小学6年生
※親御さんも見学いただけます。

講師
小林 悠介先生

定 員
各回10名

場 所
柿安シティホール(桑名市民会館)

お 申 込
2024年7月12日(金)までにホームページ
お問い合わせフォームからお申込み(先着順)
===============
④学びのためのお話会「将来の仕事を考えよう!」

仕事について、どのようなものなのか?というお話会を行います。
将来の夢や、なりたい仕事を考えたり想像したりする際の、
皆さんのヒントとなり、将来の夢のために学ぶことへの意欲が高まれば良いなと思って企画しました。
今回は税理士、フリーランスのプログラマー、フリーランスのイラストレーターの方にお話をしていただきます。

日にち
令和6年8月25日(日)

時間
13:30~15:30(内質問30分)

場所
柿安シティホール(桑名市民会館)


会費
無料

定員
50名(年齢問わずどなたでもご参加いただけます)

話す人
増田英晃(税理士)、 中野佳歩(プログラマー)、 夢山紗也佳(イラストレーター)

申し込み方法
お電話(0594-22-5643)または、お問い合わせフォームから お申込み下さい。

内容は大まかに下記を予定しています。
(※若干の変更はあるかもしれません)
◆仕事を知ろう!
・それぞれの仕事について、どんなことをする仕事なのか?を教えてください。
・仕事をする前のイメージと、その仕事を実際してみた時の違いについて教えて下さい。
・今の仕事の良さ・面白さはどんなところですか?
◆勉強と仕事
・学校の勉強で、何が役に立ちましたか?または、学校の勉強で、
この勉強をもっとまじめにしておけば良かった!というのはありますか?
・働き始めて必要のない教科もあると思います。
学校の勉強で幅広い教科を勉強することは、何のためにあると思いますか?
◆「はたらく」ということ
・あなたにとって「仕事」とは、何でしょうか。

詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。

 

 

電気と磁石について学び、リニアモーターづくりを通して、
試行錯誤する楽しさを体験します。

一般の方にもご参加いただけます。
当イベントは桑名市・桑名市教育委員会の後援を受けています。

日にち:
2024年8月11日(日)

時 間:
午前の部 10:30~12:00
午後の部 13:30~15:00

費 用:
1,500円(教材費込)
※事前振り込みでお願いしております。

受講対象者:
小学4年生~小学6年生
※親御さんも見学いただけます。

定 員:
各回10名

場 所:
柿安シティホール(桑名市民会館)
3階第2会議室
三重県桑名市中央町3丁目20

お 申 込:
2024年7月12日(金)までにホームページ
お問い合わせフォームからお申込み(先着順)

[コーディネーター紹介]
小林 悠介(こばやし ゆうすけ)
プロフィール
1995 年生まれ。三重大学大学院卒。気象予報士(No.10530)。
三重県立高校教諭(物理)。
学生時代は統計・非線形物理の研究室に在籍する一方、
空の現象に注目するようになり発信を始める。
著書に『科学する空 空を見上げ続けた5年間の記録』 (個人出版大賞準GP受賞)。
日本地学教育学会、日本気象予報士会会員。

 

 

学びのためのお話会「将来の仕事を考えよう!」を開催します。

当イベントは一般の方もご参加いただけるイベントになります。


仕事について、どのようなものなのか?というお話会を行います。
将来の夢や、なりたい仕事を考えたり想像したりする際の、皆さんのヒントとなり、
将来の夢のために学ぶことへの意欲が高まれば良いなと思って企画しました。
今回は税理士、フリーランスのプログラマー、フリーランスのイラストレーターの方にお話をしていただきます。

※当イベントは、桑名市・桑名市教育委員会の後援を受けています。

日にち
令和6年8月25日(日)

時間
13:30~15:30(内質問30分)

場所
柿安シティホール(桑名市民会館) 3階大会議室

会費
無料

定員
50名(年齢問わずどなたでもご参加いただけます)

講師
増田英晃(税理士)、 中野佳歩(プログラマー)、 夢山紗也佳(イラストレーター)

講師経歴
※下記をご覧ください


申し込み方法
お電話(0594-22-5643)または、ホームページお問い合わせフォームからお申込み下さい。

 

 


<内容>
内容は大まかに下記を予定しています。(※若干の変更はあるかもしれません)
◆仕事を知ろう!
・それぞれの仕事について、どんなことをする仕事なのか?を教えてください。
・仕事をする前のイメージと、その仕事を実際してみた時の違いについて教えて下さい。
・今の仕事の良さ・面白さはどんなところですか?
◆勉強と仕事
・学校の勉強で、何が役に立ちましたか?または、学校の勉強で、この勉強をもっとまじめにしておけば良かった!というのはありますか?
・働き始めて必要のない教科もあると思います。
学校の勉強で幅広い教科を勉強することは、何のためにあると思いますか?
◆「はたらく」ということ
・あなたにとって「仕事」とは、何でしょうか。

【登壇者プロフィール】
税理士 増田 英晃(ますだ ひであき)
1982年桑名生まれ。寺子屋アテネ出身。桑名高校、日本大学商学部卒業。
大学卒業後税理士事務所で働きながら勉強し、平成29年税理士登録。
現在名古屋の税理士事務所に勤務している。

プログラマー(フリーランス) 中野 佳歩(なかの かほ)
1990年桑名生まれ。桑名高校、同志社大学文学部国文学科卒業。2015年に未経験でプログラマーとして採用され、
技術を積み、2018年からフリーランスのプログラマーとして大阪で活動している。

イラストレーター(フリーランス) 夢山 紗也佳(ゆめやま さやか)
1991 年生まれ、桑名市在住。小学4年生の時に職業を調べる授業でイラストレーターを知り、将来の夢に。
20 歳で開業以降 13 年間ネットから絵の仕事を受注している。
イラストだけでなく漫画、アニメーション、シナリオなど年々勉強を重ね、技術と活動を広げている。

 

 

毎年恒例の科学の講習会。

今年は「電撃イライラ棒」を親子で作ります。

 

一般の方にもご参加いただけるイベントになります。

先着順ですので、希望者は早めにお申し込みください。

 

※当イベントは、桑名市・桑名市教育委員会の後援を受けています。

 

楽しく実験をし、手先の器用さを養う講座です。

「電撃イライラ棒」を知っていますか?
曲がりくねった針金に触れないでゴールするゲームを作ります。
さあ、自分たちで工夫し指先のトレーニングをしませんか。
他にも面白い工作などを行います。

 

日にち
2024年7月21日(日)
時間
13:30~15:00
受講料
1,500 円(材料費込)※事前振込でお願いしております。
対象者
小学4年生~小学6年生 ※親御さんも一緒にご参加ください。
定員
最大10組
講師
加藤 進先生
場所
柿安シティホール(桑名市民会館)
申し込み期日
2024年6月17日(月)までにホーム ページお問い合わせフォームからお 申込み(先着順)
 
[コーディネーター紹介]
加藤 進(かとう すすむ)
経歴
1949年松阪市生まれ。花岡幼稚園、花岡小学校、花岡中学、松阪高校、金沢大学、金沢大学院自然科学研究科
修了 博士(工学)。1974年~1977年大阪府職員、1977年~2009年三重県職員、2009年より三重大学伊賀研
究拠点 専門は環境科学、2003年頃から科学支援ボランティアを開始、現在科学サークル大黒屋に所属。科学
の祭典に出展し、10年を迎える。

<主催者紹介>
寺子屋アテネ
1946 年から75 年以上続く、桑名市の老舗の学習塾
小学生向けに、多くの本に触れ読解力や自分の所感を言う力を養う「読書」や
公式の成り立ち、決まりごとの根拠を原理から理解し論理的思考を養う「数学」を行っている。
長年の実績に基づいた独自カリキュラムで、学年ごとに少人数授業を行っている。

 

 

「桑名の千羽鶴」の名で無形文化財にも指定されている連鶴は、
一枚の紙から数羽の連続した鶴を折る折り鶴です。
江戸時代に考案されて、49種類もの折り方がある連鶴は、
見た目も美しく、手先の器用さを養うのにも適しています。
今回は、低学年にも折りやすい「妹背山」の折り方を学びます。
また、連鶴に関する本などもご覧いただけるようにする予定です。

桑名の連鶴のひとつ、「妹背山」を折り、
折った鶴を入れる透明なケースと、連鶴についての歴史が分かるホームページを紹介した資料をお渡しします。

一般の方も無料でご参加いただけますので、
興味のある方は当ホームページのメールフォームからお申し込み下さい。

※当イベントは、桑名市と桑名市教育委員会の後援を受けています。

日にち:
2024年7月28日(日)

時   間:
①13:00~13:30の回  
②14:00~14:30の回  
③15:00~15:30の回 (各回5名定員) 

費   用:
無料  

受講対象者:
小学2年生~小学3年生 

場   所:
柿安シティホール(桑名市民会館) 
3階第1会議室 

お 申 込:
2024年6月17日(月)までにホームページ
お問い合わせフォームからお申込み(先着順)

※ご希望の回を一緒に教えてください。

[コーディネーター紹介] 藤波雄星(ふじなみ ゆうせい) 
経歴  
2003年 四日市生まれ。中学二年生の頃にコンプレックス折り紙
(※古典的な折り紙とは一線を画する精巧さで、折りの手数が多い複雑なものは「complex origami (コンプレックス折り紙)」とも呼ばれる。)
に出会いそこから折り紙の楽しさに気づき1人で折り紙作品を沢山作り始める。
SNSなども活用し、多くの人にも見てもらえるようになり東京大学折り紙サークル「orist」の
展示会や三重県総合文化センターなど様々な展示会に出展。

 

 

~積み上げてきたものを振り返る~

 

企画を始めて、42日目。

1か月強で、84ページ進みました。

 

2か月前は、

いつかは高校数学を勉強し直したい、と思いながらも

日常に流されて日々を過ごしており、

その2週間後に、突発的に企画を立て、

勉強する時間を取って過去の悔いを解消しようと

実際に勉強しているなんて、

想像もできなかったと思います。

 

因数分解、展開、集合、関数…。

学生の頃の自分は勉強の仕方が分かっていなかったのもあり、

学校の教科書を全くと言っていいほど使っていませんでしたが、

学校の教科書を読み進めて理解し、問題を解くと、

こんなに分かりやすいのか、と驚いています。

 

塾長が過去にこんな話をしていました。

「皆、学校の教科書を疎かにするから勉強が分からなくなる。

学校の教科書を隅から隅まで理解すれば、

かなりの力が付く」

 

それ、高校の時に知りたかった…。と思いつつ、

高校の頃ちゃんと勉強をしていたら、

この企画を立てることはなかっただろうとも思い、

この企画で高校の頃の自分を肯定できるようになれば良いなと思いました。

 

脱線しましたが、

84Pと聞くと、多いなぁ、と感じる人もいるかと思います。

けれども1日2P進めれば、1か月ちょっとで、達成できるのです。

1か月ちょっとで達成できる分量だと考えると、

現役の学生さんや生徒さんたちも、

自分の苦手だったり抜けている勉強の振り返りも意外と時間がかからずにできるかも…と思えるかと思います。

また、得意な科目を補強するのも意外とできそうだ、と思うかと思います。

 

84P、多いようで少なく、少ないようで多い。

ここまでを1か月ちょっとで積み上げられた自分に嬉しく思い、

この嬉しさをかみしめながら、

引き続き、勉強を進めていきたいと思います。

 

<お知らせ>

今週のどこかで、夏のイベントの一般募集を始めます。

気になる方は小まめにホームページやSNSをご覧ください。

 

<塾広報Mプロフィール>
広報兼寺子屋アテネ小学生の数学の授業の講師。
(小学生でなぜ算数ではなく「数学」と言っているのか、という経緯はホームページをご覧ください。)
中学の個別指導・グループ指導の補佐も行う。
桑名高校出身。中京大学文学部言語表現学科卒業。
寺子屋アテネに小学生から中学生まで通う。
中学までは勉強はそこそこ得意だったものの、
高校では遊び惚けていて勉強をほとんどしていなかったため、高校の勉強に対して後悔がある。

<企画 経緯>
大学受験にコンプレックスがある塾広報Mが、常々勉強し直したいと思っていた、
高校数学をやり直そう、という企画です。

使うものは学校の教科書。(数研の「数学」シリーズ)

(学校の教科書が勉強の基本です。なぜ学校の教科書が大切なのか?は⑤~なぜ「学校の教科書」で勉強するのか~をご覧ください。)

<目標>
2年間で高校3年分の数学の基礎を学ぶ
(2024年4月21日~2026年5月ゴールデンウィーク明けまでが目標)
 

<寺子屋アテネとは?>
寺子屋アテネは、桑名で75年以上続く老舗の塾です。
小学生を中心に、長年の実績に基づいた独自のカリキュラムで行っており、
小2~小6の文章を正確に読み取る力と語彙力、自分の考えを適切な言葉で伝える力をつける「読書」
小4~小6の良問をじっくり時間をかけて考え論理的思考を養う「数学」があります。

 

 

~成功体験を振り返り、活かす~

 

『人は失敗から多くを学びすぎている。

成功から学ぶことが、大切だ。』

という様な趣旨の言葉を先日見かけました。

 

失敗は繰り返すことが多く、

失敗からの学びを活かし、それを繰り返さないように学ぶことは難しいと感じているので、

『失敗から多くを学びすぎている』

ことができている人はどれだけいるのだろうか?と疑問も抱きます。

 

一方で、振り返りをすると、つい反省点や改善案など、

自分の至らないところに目がいきがちだな、とも思ったので、

成功体験を振り返り、活かそうとすることも大切だと思いました。

 

「成功体験」とは、

「自分が満ち足りている状態」だと思います。

 

何に満足を感じるかは、人それぞれで、

勉強の取り組み方に関して言うと、

「友人と一緒に勉強する」ことで満ち足りた気持ちになる人もいますし、

「一人でこつこつと継続して勉強する」ことが楽な人もいますし、

「何かの目標を達成するために頑張る」ことにやりがいを感じる人もいます。

 

また、勉強の結果で言うと、

「自分の目標を達成できたら満足」できる人もいますし、

「十分な努力ができていたら満足」する人もいますし、

「テストの点数で〇点以上取れたら満足」する人もいますし、

「周りの人から評価されたら満足」な人もいます。

 

過去に、勉強で、自分が満ち足りていた時を思い出して、

自分が満足できる状況を作るにはどうすれば良いのか?を考え、行動することも、

失敗から学ぶことと同じくらい、大切だと思います。

 

私の現在の場合は、

「勉強が集中してできている日、落ち着いて勉強をできている日」時に満足を感じられ、

「今日は勉強ができなかった」ことで気分が落ち込みます。

 

「勉強ができている」ときを振り返ると、

日々のスケジュールに余裕があり体力も気力もある時、

月の上旬~中旬(私は後半より月の前半の方が勉強に向き合いやすいです。バイオリズム的な…?)

新鮮さを感じている時、
始めの方(章の始め、節の始め)

は楽しく勢いを持って勉強できている気がします。

 

どちらかというと、コツコツ毎日少しずつ勉強する、というよりは、

勢いがあるときは一日中でもやるけれども、全く勉強をできない日もある、という

波があるタイプではあります。

 

私自身は波があるタイプだけれども、

毎日コツコツ勉強ができていることを理想としており、

勉強できている日は満足を感じるので、

なるべくこつこつと勉強できるように、

日々新しい試みを試し、新鮮さを自分に与えながら勉強に取り組もうと思っています。

 

<塾広報Mプロフィール>
広報兼寺子屋アテネ小学生の数学の授業の講師。
(小学生でなぜ算数ではなく「数学」と言っているのか、という経緯はホームページをご覧ください。)
中学の個別指導・グループ指導の補佐も行う。
桑名高校出身。中京大学文学部言語表現学科卒業。
寺子屋アテネに小学生から中学生まで通う。
中学までは勉強はそこそこ得意だったものの、
高校では遊び惚けていて勉強をほとんどしていなかったため、高校の勉強に対して後悔がある。

<企画 経緯>
大学受験にコンプレックスがある塾広報Mが、常々勉強し直したいと思っていた、
高校数学をやり直そう、という企画です。

使うものは学校の教科書。(数研の「数学」シリーズ)

(学校の教科書が勉強の基本です。なぜ学校の教科書が大切なのか?は⑤~なぜ「学校の教科書」で勉強するのか~をご覧ください。)

<目標>
2年間で高校3年分の数学の基礎を学ぶ
(2024年4月21日~2026年5月ゴールデンウィーク明けまでが目標)
 

<寺子屋アテネとは?>
寺子屋アテネは、桑名で75年以上続く老舗の塾です。
小学生を中心に、長年の実績に基づいた独自のカリキュラムで行っており、
小2~小6の文章を正確に読み取る力と語彙力、自分の考えを適切な言葉で伝える力をつける「読書」
小4~小6の良問をじっくり時間をかけて考え論理的思考を養う「数学」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~関数はグラフを自分で書くと分かってくる~

 

関数のポイントは、表を作ってグラフをいくつも自分で書いてみること。

教科書にある、〇〇のグラフを書きなさい、という問題、

面倒で飛ばしてしまう子もいると思うのですが、

ノートに表を書いて、自分で値を計算して、方眼紙にグラフを書く、

ということを丁寧に時間をかけてやっていると、

関数の性質が体感を持って良く理解できます。

 

料理でも、ただレシピを見るだけでなく、

実際に手を動かして作ってみると、

書いてあることが腑に落ちたりします。

 

例えば、レシピで鶏肉の脂肪が臭みがあるから取る、と書いてあって、

実際に脂肪を自分で取って作った料理を食べたことがある人と、

脂肪を取った方がおいしくなると分かっているけれどもやったことが無い人では、

「鶏肉の脂肪を取る」の理解の深さが違うと思います。

 

関数もそれに似ているものがあります。

一次関数、二次関数、それぞれのグラフの特徴を理解していても、

実際にグラフを書いたことがある人と、

分かっているからと書かないで頭だけで理解している人では、

理解の深さが大きく違います。

 

理科の勉強も一緒です。

植物の名前を図で見て知っている人と、

実際に目で見て、分解してみたりした人では、

身に染みる知識の度合いが異なります。

 

慣性の法則を言葉だけで知っている人と、

日常の中で実際に試したり意識してみた人では、

「慣性の法則」に対する情報量に圧倒的な差が付きます。

 

なるべく、手を動かし、

実際に自分で経験する。

 

関数の勉強の時に地道にグラフを書くことは、

机に向かう勉強ではありますが、

「体感で理解する」ということを教えてくれる、

ひとつの事例なのではないかと思います。

 

グラフを書くのは時間がかかるのですが、

時間をかけて取り組んだ分の価値が出てくると思います。

 

本日は数Ⅰ二次関数を3P進めました。

現在P83まで進んでおります。

 

<塾広報Mプロフィール>
広報兼寺子屋アテネ小学生の数学の授業の講師。
(小学生でなぜ算数ではなく「数学」と言っているのか、という経緯はホームページをご覧ください。)
中学の個別指導・グループ指導の補佐も行う。
桑名高校出身。中京大学文学部言語表現学科卒業。
寺子屋アテネに小学生から中学生まで通う。
中学までは勉強はそこそこ得意だったものの、
高校では遊び惚けていて勉強をほとんどしていなかったため、高校の勉強に対して後悔がある。

<企画 経緯>
大学受験にコンプレックスがある塾広報Mが、常々勉強し直したいと思っていた、
高校数学をやり直そう、という企画です。

使うものは学校の教科書。(数研の「数学」シリーズ)

(学校の教科書が勉強の基本です。なぜ学校の教科書が大切なのか?は⑤~なぜ「学校の教科書」で勉強するのか~をご覧ください。)

<目標>
2年間で高校3年分の数学の基礎を学ぶ
(2024年4月21日~2026年5月ゴールデンウィーク明けまでが目標)
 

<寺子屋アテネとは?>
寺子屋アテネは、桑名で75年以上続く老舗の塾です。
小学生を中心に、長年の実績に基づいた独自のカリキュラムで行っており、
小2~小6の文章を正確に読み取る力と語彙力、自分の考えを適切な言葉で伝える力をつける「読書」
小4~小6の良問をじっくり時間をかけて考え論理的思考を養う「数学」があります。

 

 

 

 

~シンプルにすると、すんなり動ける~

 

あれもこれもそれもやらなきゃ!と色々やることがあって忙しい、

と思うと、心理的負荷がかかり、行動するのがおっくうになります。

 

今日やるべきことを、リストにする、ToDoリストを作ると、

意外とやるべきことはシンプルなんだと分かり、すんなり行動できたりします。

 

やることリストを作るコツは、

やるべきことを多くても5個くらいに絞ること。

リストは少なければ少ないほど、心理的負荷が減り手を付けやすくなります。

優先順位の低いものは、時間があったらやること、として、区分を分けて書いておきます。

 

勉強で「今日のやること」リストを作るときのコツですが

・宿題

・今の勉強の復習

・今までの勉強の理解不足の箇所や抜け漏れの補填

・予習

 

とそれぞれのカテゴリに優先順位をつけることです。

 

例えば、時間の無い平日は

・宿題

・今日授業で習ったことの復習

だけやればOKとします。

そして余裕があったら追加で、

・英単語5個

・漢字3個

を覚えるようにします。

 

そして、土日の時間があるときに

・今までの理解不足の箇所をやり直したり、

得意教科の予習をしたりします。

 

今まで習ったことの抜け漏れや理解不足の振り返りは、

膨大な量があるように思えて、途方が無く思えてしまうので、

まず、取り掛かる前に教科書のページ数を数えて、

目標の期日、勉強する頻度(土日だけなのか、土曜日だけなのか、平日もやるのか)

を加味して日割りします。

そうして一日に進めるページ数を計算すると、

意外とこつこつ取り組めば、一回当たりのページ数は少ないことに気が付きます。
 

高屋奈月先生の『フルーツバスケット』という漫画が好きなのですが、

そこに、山のような洗濯物の比喩が出てきます。

自分の背よりも高い山積みになった大量の洗濯物を見ると、

その量の多さに途方に暮れるけれども、

1枚ずつその洗濯物を片付けてゆくと、

意外と山はすぐにくずれる。

というような旨の比喩です。

 

やるべきことも、

やらなければいけないことも、

後回しにすればするほど、

真面目に取り組む時期が遅ければ遅くなるほど、

その山は大きく、やらなければいけないことが膨大に見えて、

その量の多さに、立ちすくんでしまうかもしれません。

 

けれども、一日の分量に落とし込んで、

やるべきことを具体的でシンプルにすれば、

意外と今からでも太刀打ちできる分量だ、と気が付きます。

 

まずは、計画を立てましょう。

そして今日やることを書き出しましょう。

具体的にやることが目に見えると、

意外と楽に動けるものです。

 

<塾広報Mプロフィール>
広報兼寺子屋アテネ小学生の数学の授業の講師。
(小学生でなぜ算数ではなく「数学」と言っているのか、という経緯はホームページをご覧ください。)
中学の個別指導・グループ指導の補佐も行う。
桑名高校出身。中京大学文学部言語表現学科卒業。
寺子屋アテネに小学生から中学生まで通う。
中学までは勉強はそこそこ得意だったものの、
高校では遊び惚けていて勉強をほとんどしていなかったため、高校の勉強に対して後悔がある。

<企画 経緯>
大学受験にコンプレックスがある塾広報Mが、常々勉強し直したいと思っていた、
高校数学をやり直そう、という企画です。

使うものは学校の教科書。(数研の「数学」シリーズ)

(学校の教科書が勉強の基本です。なぜ学校の教科書が大切なのか?は⑤~なぜ「学校の教科書」で勉強するのか~をご覧ください。)

<目標>
2年間で高校3年分の数学の基礎を学ぶ
(2024年4月21日~2026年5月ゴールデンウィーク明けまでが目標)
 

<寺子屋アテネとは?>
寺子屋アテネは、桑名で75年以上続く老舗の塾です。
小学生を中心に、長年の実績に基づいた独自のカリキュラムで行っており、
小2~小6の文章を正確に読み取る力と語彙力、自分の考えを適切な言葉で伝える力をつける「読書」
小4~小6の良問をじっくり時間をかけて考え論理的思考を養う「数学」があります。

 

 

 

~自分を大切にする、とは?~

 

あるツイートを見かけました。

 

自分を本当に大切にする、とは、

自分の中に架空のお母さんを作って、

お母さんが心配して言ってくれる言葉を自分にもかけてあげること。

 

辛い時もお風呂に入ってすっきりする。

だるくても歯はみがく。

面倒でも髪は乾かす。

きちんと三食食べる。

明日のことを考えて就寝する。

 

お母さんがわが子を心配して声をかけるように、

自分で自分の心配をして、行動してあげることだ。

 

というのを見て、なるほどな、と思いました。

 

お母さんは今の行動で、被る子どもの将来を心配してあれこれ口うるさく言うのです。

 

お風呂に入らないと明日べたべたする。

歯を磨かないと虫歯になる。

髪を乾かさないと風邪をひく。

三食食べないとリズムが崩れる。

夜更かしすると次の日に響く。

 

これは、勉強でも言えるのではないかな、と思いました。

 

日々、勉強をしないとテスト期間中に追い込まれる。

そうやって穴抜けの分野が積み重なっていくと、

後からリカバリーをするのが大変になる。

テスト期間でも十分に全範囲の勉強ができないと、

知識に抜け漏れができる。

知識に抜け漏れが出ると全体像がみえなくなり、

もっと勉強を理解するのが難しくなる。

そうすると行きたい進路ができてきたときに、

やっと勉強をし始めても、

すごく苦労をするかもしれない。

 

前にも言いましたが、

1日1P勉強をすれば、3か月ちょっとで100P進みます。

1日2個単語を覚えれば、少しサボっても2か月で100個は単語を覚えられます。

 

毎日積み上げていくのが、結局楽な道なのです。

だからお母さんたちは、子どものためを思って、勉強しなさいと言います。

そしてきっと、私を含めて勉強に後悔がある大人が多く、

その後悔を子どもに味わってほしくない、という大人も多いから、

お父さんお母さんの口から、「勉強しなさい」という言葉が出るのだと思います。

 

自分の「やるべきことをやらなかったこと」からくる不利益の将来を、自分で心配してあげる。

自分の中にお母さんを作って、自分で自分の心配をして

、自分の心が安定する選択をしてあげること。

 

でも、現実逃避、しちゃうよね!

ということもつくづく身に沁みつつ、

こんな深夜にブログを書く本日でした。

 

<進捗>

本日は1P進めました。

水曜日は、お休みだから、水曜日に、たくさん、勉強、します!(ダメなスタイル)

 

<塾広報Mプロフィール>
広報兼寺子屋アテネ小学生の数学の授業の講師。
(小学生でなぜ算数ではなく「数学」と言っているのか、という経緯はホームページをご覧ください。)
中学の個別指導・グループ指導の補佐も行う。
桑名高校出身。中京大学文学部言語表現学科卒業。
寺子屋アテネに小学生から中学生まで通う。
中学までは勉強はそこそこ得意だったものの、
高校では遊び惚けていて勉強をほとんどしていなかったため、高校の勉強に対して後悔がある。

<企画 経緯>
大学受験にコンプレックスがある塾広報Mが、常々勉強し直したいと思っていた、
高校数学をやり直そう、という企画です。

<目標>
2年間で高校3年分の数学の基礎を学ぶ
(2024年4月21日~2026年5月ゴールデンウィーク明けまでが目標)

<勉強方法>
学校の教科書(数研の「数学」シリーズ)を読んで、
教科書にある解説と例題を理解し、教科書の問題を解いていくという基本的に自学自習スタイル。
(学校の教科書が勉強の基本です。なぜ学校の教科書が大切なのか?は⑤~なぜ「学校の教科書」で勉強するのか~をご覧ください。

 

<寺子屋アテネとは?>
寺子屋アテネは、桑名で75年以上続く老舗の塾です。
小学生を中心に、長年の実績に基づいた独自のカリキュラムで行っており、
小2~小6の文章を正確に読み取る力と語彙力、自分の考えを適切な言葉で伝える力をつける「読書」
小4~小6の良問をじっくり時間をかけて考え論理的思考を養う「数学」があります。