(リノベーション物件/すっきり暮らす収納の家

ご訪問、ありがとうございます。

 

京都の小さな設計事務所、池田デザイン室の池田 真理です。

新築からリノベーション、インテリアまで こだわりの住まいを実現したい方のお手伝いをしておりま

す。

 

 

よかったら、HPも見においで下さい。ご依頼お待ちしております。

コロナ対応もしております!

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

 

 

GWは何をしておられましたか?

緊急事態宣言下で、予定も立てられず、ステイホーム状態でしたので、私は一日一か所を決めて片付けをしていました。

1日めは洗面所、2日めはキッチンの棚、あ~2日坊主でした・・・。

 

 

◆片付け上手な人と片付けたいのに片付かない人

 

家やインテリアの計画の中で、収納の悩みって、皆様お持ちです。

 

たまに、すごくたまにですが、

『モノが少なすぎて殺風景でどうしましょ~』

という方はいます。

 

でも、ほとんどの方は何かしら収納の悩みを抱えておられます。

 

 

 

たいていの方は、

すっきりとした暮らしをしたいのに、うまく片付けられない人

なのです。

 

 

それは、

●片付ける場所がない。

●片付ける場所の使い勝手が悪い。

●片付ける場所への動線が悪い

 

 

ことがほどんど。

リノベーションやインテリアの計画の中で、しっかりと収納計画を立てて、

かたちにしていくことで、

『1年たっても、キープできていますよ!』

とうれしい声を頂いています。

 

 

 

すっきり暮らしたい、片付けたい

という想いを持っている方は、このように、キープして快適に住んでくださっています。

 

 

 

その中で、めちゃくちゃ片付いているにも関わらず、

『全然片付かなくて・・・』

とおっしゃる方がいます。

(私的には、めちゃくちゃきれいなんですけど・・・と思いながら話をお聴きします。)

 

 

 

そういう方は、収納内部はファイルボックスや引出などが並んでいて、きちんとラベリングもされています。

そこまでやって、

「やはり、この収納使いにくい!」

と根本的な問題に直面し、

家具だったり、収納を変えないと気が済まなくなるようです。

 

 

大阪のS様の押入をリノベーションさせていただいた時の写真です。

この押入リノベの話はこちら

 

ここまですっきり!なのに、

「まだまだ、満足できない」とおっしゃっていたのが、忘れられません。

 

 

 

私自身は結構アバウトな人間なのかも。

A型なのに、O型?って聴かれます・・・。

いやいや、A型はすべて仕事に捧げていますので、ご心配なく!

 

 

ほんと、いろいろな方がいますが、

基本的には、住まい手の想いを実現したいというスタンスですよ。

 

 

 
 

家づくり中の方、間取りこれでいいの? って方は

ぜひ、間取り相談 をご活用下さい。

すべてメールにて行いますよ。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

池田デザイン室では、

そのほかにもいろいろなご相談を承っております。

●住まい何でも相談 

※時間単位で相談にお答えします。ZOOMです。

●インテリア相談

工事するまでは考えていないけれどインテリアのこと聞きたい方向け

 

 

 

⇓ ⇓ ⇓ ブログランキング、今日は何位か楽しみです!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

■池田デザイン室のしごとって?
池田デザイン室ではいろんな仕事をしていますが、                            まとめて言うと、「住まいのことは何でもデザインします!」ということ。
小さい規模のインテリアでも、新しい住まいの設計でも、住まいの居心地をよくするのがヨロコビです!!
◆住宅    ・新築住宅の設計
        ・リフォーム・リノベーションの設計 ~在来木造は耐震設計もやります!
        ・インテリアコーディネート
        ・出張相談 (インテリア相談)
        ・間取りの相談 セカンドオピニオン
◆住宅以外  カフェ、民泊、空き家活用などなど
 
お気軽に、お問合わせお待ちしております!
コロナ対応でZOOM打合せも。
⇓ ⇓ ⇓ こちらをクリック!
 

 

 

 

 

 

 

ご訪問、ありがとうございます。

 

京都の小さな設計事務所、池田デザイン室の池田 真理です。

新築からリノベーション、インテリアまで こだわりの住まいを実現したい方のお手伝いをしておりま

す。

 

 

よかったら、HPも見においで下さい。ご依頼お待ちしております。

コロナ対応もしております!

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

 
いつもお読みいただきありがとうございます。
『間取り相談』という新しいメニューをつくりまして、提案の事例を見ていただくためにモニター様を募集しました。
O様はその募集に応募いただきまして、その内容を連載に綴ってきました。
細かなことまで書かないと気が済まない性分で長くなってしましましたが、
今回は最終回。
 
O様の感想をご紹介したいと思います。
O様の文章をそのまま載せさせていただきます。(O様ありがとうございました。)
 
 
 
◆間取り相談を利用してO様の声
 
Q1.間取り相談を利用していかがでしたか?
 
急に主人の実家の戸建てに引っ越すことになりましたが。
狭小・3階建て・構造的に大きな変更が難しい状況の中、どうしたら心地よく過ごせる家になるのか悶々としている中、池田先生の「間取り相談 モニター」に参加させていただきました。
 
親身に聞き取りくださることで、狭いLDKで家族3人が過ごせるかと私なりに持っていた漠然としたイメージを、きちんとした形にしていただくことができました。
 
しかも、具体的な高さ等の数値も出していただき、これからリフォームしていくうえで、自分の間取りのイメージを業者さんに伝えやすくなりました。
 
狭いLDKで、ダイニングテーブルを無くして対面キッチンに変更することに消極的だった夫も、アドバイス頂いた図面を見たことで納得し、今では賛成してくれています。
 
やはり、口頭で漠然としたイメージを伝えるよりも図面を見せる方が説得力があります。
 
 
また、今まで戸建ての暮らしをしたことがない私たちには3階建ての生活動線のイメージがなかったので、その点もアドバイス頂けたことで、目からうろこでした。使用用途がわからなかった部屋も有効的に使用できそうです。
 
正直、今回のモニターに参加しなければ、理想にかけ離れた間取りのリフォームで全く楽しくなかったと思います。
 
今はリフォームして、自分の理想が形になることが楽しみになりました。
池田先生には本当に感謝です。
本当にありがとうございました。
 
 
Q2.どのような点が役にたつと思われましたか?
 
 ①視覚化・数値化頂くことで、漠然とした理想のイメージが具体化する
 
 メールでの連絡なので、仕事が忙しくショールームや電話等でやり取りする時間が難しい私にはとても効率的でした。
 
 
 ②図面化していただくことで業者や家族にイメージを的確に伝えることできる
 
 漠然としたイメージしかなく、知識もうまく伝える自信もない中、リフォーム会社に行く勇気がなかった私には、イメージが固定したことで業者さんと話せる自信がつきました。
 
 
 ③住んでから気づく動線などの問題点を事前に知ることができる
 
 全面フォームではなく部分リフォームのため、優先順位をつけてリフォームする場所を選ぶことが出来るようになりました。
 
 
 ④また、問題の改善策を提示してもらえる
 
 
◆終わりに
間取り相談O様邸の実際の内容を解説してきました。
長い連載になりましたが、興味のある方は、読んでみてくださいね。

 

 

実務では、新築住宅やリノベーション物件の設計をしています。

 

お施主様の生の声を聴いていますと、

 

・新築の時にもっとしっかりと考えておけばよかった。

 

・いろいろな業者を当たったけれど、収納や動線、インテリアまで提案してくれなかった。

 

・ちょっとしたリフォームでも、思うように進まなくて後悔した。

 

いろいろな声があります。

 

住まいの工事をするのは、大変な費用がかかり、ローンは何十年もかかって返済します。

だからこそ、後悔しない家づくりをしてほしいという想いがあります。

 

そのお役に少しでも立つことができればうれしいです。
 
 
 
 
 

家づくり中の方、間取りこれでいいの? って方は

ぜひ、間取り相談 をご活用下さい。

すべてメールにて行いますよ。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

池田デザイン室では、

そのほかにもいろいろなご相談を承っております。

●住まい何でも相談 

※時間単位で相談にお答えします。ZOOMです。

●インテリア相談

工事するまでは考えていないけれどインテリアのこと聞きたい方向け

 

 

 

⇓ ⇓ ⇓ ブログランキング、今日は何位か楽しみです!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

■池田デザイン室のしごとって?
池田デザイン室ではいろんな仕事をしていますが、                            まとめて言うと、「住まいのことは何でもデザインします!」ということ。
小さい規模のインテリアでも、新しい住まいの設計でも、住まいの居心地をよくするのがヨロコビです!!
◆住宅    ・新築住宅の設計
        ・リフォーム・リノベーションの設計 ~在来木造は耐震設計もやります!
        ・インテリアコーディネート
        ・出張相談 (インテリア相談)
        ・間取りの相談 セカンドオピニオン
◆住宅以外  カフェ、民泊、空き家活用などなど
 
お気軽に、お問合わせお待ちしております!
コロナ対応でZOOM打合せも。
⇓ ⇓ ⇓ こちらをクリック!
 
 

ご訪問、ありがとうございます。

 

京都の小さな設計事務所、池田デザイン室の池田 真理です。

新築からリノベーション、インテリアまで こだわりの住まいを実現したい方のお手伝いをしておりま

す。

 

 

よかったら、HPも見においで下さい。ご依頼お待ちしております。

コロナ対応もしております!

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

 
いつもお読みいただきありがとうございます。
『間取り相談』という新しいメニューをつくりまして、提案の事例を見ていただくためにモニター様を募集しました。
O様はその募集に応募いただきまして、その内容を連載に綴ってきました。
今回はその13回目、思ったより長くなりましたが、一つ一つのことにいろいろなお話を書いていましたら、長くなってしまいました。
 
今回は、その内容をまとめてみたいと思います。
 
 
◆間取り相談O様邸 「3階建て中古物件どう住まう?」まとめ
 
①マンションからの住み替えについて、マンションと3階建て戸建の暮らし方の違いについてお話しました。
 
②各部屋の使い方は動線にも関係していて、O様邸の場合、洗濯動線を重視して決めることをアドバイスし、各個室の割り振りを提案しました。
 
③共働き家庭のO様邸の洗濯事情について、深堀しました。
 
④2階のLDKについて、キッチンの向き、家具のレイアウトを提案しました。
 
⑤クロゼットの折れ戸などの収納についてお話しました。
 
⑥洗面室の収納を増やす空間の使い方をお話しました。
 
 
 
◆暮らしやすさって何だろう?
 
新築物件でもリノベーション物件でも、
全体の広さには限度があるかもしれませんが、
 
『収納』
『家事動線』
『空間の使い方』
 
この3つ次第で
暮らしやすさは大きく変わると考えています。
 
家を計画するときに、この3つの部分をきっちりと考えておくことで、
毎日の生活が始まってからの暮らしが全く違うことになります。
 
全体の広さが変えられなくても、根本的な問題を見つけ、小さな工夫を積み重ねていくことで、
必ず、糸口はあるんじゃないかなと思い、日々設計活動をしております。
 
ぜひ、この部分、チェックしてみてほしいと思います。
 
 

家づくり中の方、間取りこれでいいの? って方は

ぜひ、間取り相談 をご活用下さい。

すべてメールにて行いますよ。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

池田デザイン室では、

そのほかにもいろいろなご相談を承っております。

●住まい何でも相談 

※時間単位で相談にお答えします。ZOOMです。

●インテリア相談

工事するまでは考えていないけれどインテリアのこと聞きたい方向け

 

 

 

⇓ ⇓ ⇓ ブログランキング、今日は何位か楽しみです!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

■池田デザイン室のしごとって?
池田デザイン室ではいろんな仕事をしていますが、                            まとめて言うと、「住まいのことは何でもデザインします!」ということ。
小さい規模のインテリアでも、新しい住まいの設計でも、住まいの居心地をよくするのがヨロコビです!!
◆住宅    ・新築住宅の設計
        ・リフォーム・リノベーションの設計 ~在来木造は耐震設計もやります!
        ・インテリアコーディネート
        ・出張相談 (インテリア相談)
        ・間取りの相談 セカンドオピニオン
◆住宅以外  カフェ、民泊、空き家活用などなど
 
お気軽に、お問合わせお待ちしております!
コロナ対応でZOOM打合せも。
⇓ ⇓ ⇓ こちらをクリック!