ベルリンから こんにちは!
  • 04Jul
    • 見ると、希望が出てくるステンドガラス@ベルリン観光個人ガイド

      ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です。今日は涼しめですが、夏を満喫しています、。http://berlin-kankougaido.com弊社ご利用のお客様のお声はここからどうぞ本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございます西ベルリンの繁華街にそびえるカイザーヴィルヘルム記念教会にはとっても綺麗なステンドグラスがございます。第二次世界大戦後西ベルリンの修復はこの教会から始まって行きましたさてこのため息の出るほど綺麗なステンドグラス教会によってこのステンドグラスは様々です。ベルリンカイザー記念教会のステンドグラスは、フランス人のガラス画家・製作者ガブリエルロワールの作品だそうです。眼に眩しいこの強烈なブルーですが、このブルーが直接目に影響を与えないように、高さ4mのところからステンドグラスが始まっています。冬の真っ暗な空に映えるこのステンドグラスはもちろんですが、夏に見ても、なんとも希望がホクホク湧いてくるそんな効用があるっていう感じします。ガブリエルロワールの作ったこのステンドグラスは正方形の枠の中に収まっており、その数たるや2万個以上がはめ込まれています。彼の作品たるや400件もの教会で見ることができるとか、、。勇気と希望を与えてくれるこのステンドグラスお客様とこの教会を訪れるとしばしじ〜っと音のない空間に身を委ねることに至福の喜びを感じることさえございます。そんな新しい発見の嬉しいベルリン観光ガイドどうかお任せくださいお問い合わせはこちらからhttp://berlin-kankogaido.com

      21
      テーマ:
  • 28Jun
    • 無料コンサート!ライプチッヒゲヴァントハウス@ベルリン日本人ガイド

      ベルリン日本人ガイド後藤裕起子です。http://berlin-kankogaido.comサイトをリニュアール致しましたちょこっとクリックしてみてくださいねっ本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございます。本日のお題は、「無料コンサート!ライプチッヒゲヴァントハウス」でございます。この週末にライプチッヒをご訪問される方へ耳寄りな情報を差し上げます。ライプチッヒのオーケストラといえばフェリックス メンデルスゾーン・バルトーリの創設した泣く子も黙るゲヴァントハウス来たる週末6月29日と30日にライプチッヒの中央駅から車で5分のローゼンタールでコンサートが開かれます。プログラムは、ラプソディーブルーを作曲した ゲシュヴィンの有名な I got Rythmを始め、ジョーンウイリアムスのハリーポッター、最近では2017年版のスターウオーズ・ジュダイ等20時演奏開始ですが、太陽がまだ沈まない真夏の夜の雰囲気にはぴったりの選曲さ〜すがにくいですね〜ゲヴァントハウスオーケストラの素晴らしい洗練された音楽どうかお楽しみくださいませ。。

      37
      テーマ:
  • 27Jun
    • クラシック・オープン・エアー2018@ベルリン日本人ガイド

      ベルリンから今日は!ベルリン日本人ガイド後藤裕起子ですサイトをリニュアール致しました。ちらっとのぞいて見てくださいねっhttp://berlin-kankogaido.com本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございます。本日は、「クラシック・オープン・エアー2018」のお知らせです。来たる7月5日から9日まで、べルリンで一番美しい広場、ジェンダルメン広場でコンサートが開催されます。6月21日が昼の長さが最長で、いわゆる夏至と言われ21時30頃に太陽が沈むのですが、まだ辺りは明るく、22時を過ぎなければとても暗くはなりません。夜のとばりが降りていくそんな時の野外コンサートの雰囲気はなんとも、、、グルービー今年で25回を迎えるこの催しは毎回バラエティに富んでいます。今年のプログラムの紐を解いてみると、、7月5日はフィルムオーケストラ・バーベルスベルグによる映画のヒット曲7月6日がワーグナー特集7月7日はイタリアオペラ特集7月8日が4人のピアニストによるクラシック、ジャズ、最後の夜7月9日はクラシック オブ Soul & Funk料金は42,50€ から105€までこれまたバラエティなんですよね〜笑この期間にベルリンをご訪問のお客様お気軽にお声をお掛けくださいませ。チケット情報を無料で差し上げます。http://berlin-kankogaido.comお問い合わせはこちらをクリックして下さいませ

      22
      2
      テーマ:
  • 22Jun
    • ワーグナー・タンホイザーの故郷ヴァルトブルグ城@ベルリン日本人ガイド

      ベルリン日本人ガイド後藤裕起子ですサイトをリニューアル致しました。お風呂上がりにキューっと一口飲む、たまらないビールの爽やかさそんなイメージでちらっとご覧くださいねっhttp://www.berlin-kankogaido.com本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございます。本日のお題は、「ドイツ歌劇王ワーグナー作曲・タンホイザーの故郷ヴァルトブルグ城」でございます。ヴァルトブルグ城は、ヨハンセバスチャンバッハの生誕地でもあり、アイゼナッハの小高い丘の上に建てられたドイツ中世のお城では最も美しいと言われている古城です。一千年の時が流れ、その来し方が偲ばれます。ゲーテも19世紀にはこの古城の修復には尽力を致しました。ユネスコ世界文化遺産にも指定されているんです。文化の継承弛まぬ人類の努力が不可欠なんだって、新しい発見が嬉しいアイゼナッハのヴァルドブルグ城です。ところで、このヴァルトブルグ城が舞台になり、ワーグナーの歌劇タンホイザーが生まれました。日本の学校教育のどこかしらでこのタンホイザー行進曲を聞かれたことがあるのではないでしょうか?トランペットのタラタッタタタタタタタタタ〜ァという軽快なリズムが奏でるファンファーレは印象的ですよね  正しくは『タンホイザーとワルトブルクの歌合戦』と題された歌劇で、主人公の(恋愛歌人) タンホイザーと、ワルトブルク領主の姪 エリーザベトとの、壮絶な愛の物語。序曲が管弦楽作品として単独で、第2幕の一場面が管弦楽などに編曲されタンホイザー行進曲などとして演奏され、また、第3幕で歌われる「ああ、我が優しい夕星よ」は、バリトン独唱の曲として「夕星の歌」の名で親しまれています。中世の頃には、歌合戦が行われ、その合戦たるや、壮烈なもので、負けた歌人は死刑になっちゃったそうです。。ベルリンから車で3時間半   あなただけの旅をお作りいたします。ベルリン・東部ドイツのガイドはお任せください。お客様のニーズに合わせてお車も調達いたしますお問い合わせはここをクリックhttp://www.berlin-kankougaido.comお気軽にお問い合わせくださいませ。

      30
      テーマ:
  • 20Jun
    • ゲーテが出会った人達!ワイマルール@ベルリン東部ドイツ個人ガイド

      ベルリンから今日はベルリン観光個人ガイド後藤裕起子ですサイトをリニュアール、お色直しを致しました。チョコっとのぞいで見てくださいまし〜http://berlin-kankogaido.com本日も当ブログにご訪問いただき誠にありがとうございます今日のお題は「ゲーテが出会った人達、ワイマール編」でございます。世界の文豪ゲーテが人生で出会った人たるや数え切れない程なんでしょうけれど。。ゲーテが出会った人の中でショーペンハウアーという哲学者がいます。時代は日本は江戸時代中期から後期にかけて、、。1788〜1860年の頃の出来事。彼は裕福な商人の家に生まれ、名前はアルトゥール。この名前は当時ヨーロッパ共通でどこでも通用する名前だったとか、、。世界市民として育てたかった両親の思いが伝わってきますね。両親と一緒に1800年初めにヨーロッパを大旅行する機会を得てその時彼に強く印象つけたのは、ナポレオンに踏み荒らされた諸都市農村の荒廃と窮乏出会ったそうです。やがて時は流れ、イェーナ大学で哲学博士の学位を習得し、ワイマールに住むようになります。その時にゲーテに勧められて、その指導下に色彩論を研究し、<視覚と色彩とについて>発表。この時代19世紀前半にたくさんの高名な哲学者がドイツから生まれまました。その中でもショーペンハウアーの哲学者としての特徴は、アカデミックな講壇哲学者ではなく、現実的で、全てが明解で秩序だち、その上ユーモアに富んでいるということです。そんな高貴な人間と人間との魂がぶつかり合う出会いがワイマールのゲーテの家をご訪問なさいますと、足跡として触れることができます。ベルリンから車で3時間ワイマールまで足を伸ばされたい方お気軽にお問い合わせくださいませhttp://www.berlin-tsuyakugaido.com

      25
      テーマ:
  • 13Jun
    • ナポレオンもやって来たぁ〜!ベルリン@ベルリン観光個人ガイド

      ベルリンから今日はベルリン観光個人ガイド後藤裕起子ですhttp://berlin-kankogaido.comサイトのお色直し、リニュアール致しました。。お客様のお声をたくさんアップしております。クリックしてみてくださいねっ先日同業者のベルリンのガイドさんにばったり出くわしたところ、「Yukikoさ〜ん、ブログ拝見しています。いろいろ参考にさせていただいているんですよっ」との嬉しいお声を聞かせて頂きました。なんとか、人様のためになってんだぁ`ってさらに力が入ってまいりましたよ。本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございます。本日のお題は、「ナポレオンもやって来たぁ〜ベルリン」でございます。 そもそもフランスとドイツのこの関係、現在はお互いに悪くは思っていらっしゃらないご様子で、政治的にもEUを支えていかなければならない両国喧嘩をしている暇はないっていうわけ。時は、19世紀の初め、、日本は江戸時代後半の頃。ナポレオンがプロイセンを侵略したことがあったんです。ベルリン観光客の方々が誰でも行ってみたいハイライトブランデンブルグ。東京で言えば皇居の前の二重橋がブランデンブルグ門このブランデンブルグ門の上のクワトリーガと言われている彫刻女神が馬車に乗っているものです。なんとナポレオンがプロイセンに攻め入った時に、たいそうお気に入りになったそうで、事もあろうにパリに持って帰っちゃったんですって。。ベルリンのものも、おいらの物っていうわけで、、。それが1806年。そして1813年にまたプロイセンが取り戻したといういわれがございます。プロイセンは、1806年にフランスと開戦したものの、国土は瞬くうちにフランス軍の手に委ねられてしまいました。この時結んだテルジット講和条約により、拡大したばかりの領土の半分は奪われ、巨額の賠償金が課せられたと言われています。これを機に改革がなされ、行政を効率化し、国民をより国家のために積極的に奉仕するような方向に持って行きました。国民の行政参加の道を開いていくなんて民主的な考えなんでしょう〜今時のどこかの首相に拡張器を使って訴えたいところですよね経済改革、農民解放をし、ユンカーと言われる農民の土地を集めて、大地主となって資本主義的な農地経営に乗り出しました。フランスに大敗したプロイセンは、その原因を探り、一般制の導入をし、20歳以上の男子に3年間の兵役を義務つける群生を整えました。教育改革も進め、フンボルト兄弟により、ベルリン大学が創立され、やがては、欧州随一を誇る学術の府となっていくのです。歴史の玉手箱を開けると、未だ日本には知られていない史実が舞い上がってきます。そんなエキサイティングなベルリンのお話これはまだ氷山の一角にすぎません。ベルリンの深掘りをご希望の方、どうかご遠慮なくなんでもお問い合わせくださいませ。http://berlin-kankogaido.comお問い合わせはここをクリックしてくださいね

      34
      2
      テーマ:
  • 11Jun
    • ベルリン絵画館のガイディングはお任せ@ベルリン観光日本人ガイド

      ベルリン観光日本人ガイド後藤裕起子ですサイトをリニューアル致しました。http://berlin-kankogaido.comお客様のお喜びのお声をどうかお聞きくださいねっ本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございます。本日のお題は、「ベルリン絵画館のガイディングは、お任せ!」でございます。絵画鑑賞は、静かに自分だけの解釈で鑑賞したいとお思いのお客様と折角だからガイディングを聞いてみたいわ!とのお客様にはっきり分かれがちです。所詮ガイディングなしの鑑賞は視界が広まらず、霧の中、ポルシェが200Kmの時速で高速道路を突っ走るようなものと言うのは、言い過ぎでしょうか例えば、人気のベルリンの絵画館。ここには、好対象となるイタリアルネッサンスとドイツルネッサンスの画家の絵画がございます。イタリアのルネッサンスはドイツより100年早く始まったと言われております。イタリア・フィレンツェで活躍したサンドロ・ボッティチェッリ ドイツルネッサンス代表者の一人ルーカス・クラナッハクラナッハは、宗教革命の幡手マルティンルターとは大の仲良しだったようです。この絵は、マルティンルターの肖像画です。彼らの作品を比べて実際筆の使い方、絵画を描く上でのテーマの選択の背景その時代の社会的背景などまるで生きてきた甲斐がある?おっと〜生きた絵画があると再認識していただけること請け合いです。これはご夫妻にフェルメールをご説明させていただいたときにゲットしたもの新しい発見の嬉しいベルリン絵画館のガイディング承っております。お気軽にお声をお掛けくださいませhttp://berlin-kankogaido.comお問い合わせはここからどうぞ

      19
      テーマ:
  • 08Jun
    • 建築は凍れる音楽@ベルリン日本人ガイド

      花金のベルリンから今日はベルリン観光日本人ガイド後藤裕起子です。http://berlin-kankogaido.comサイトをお色直ししましたフレッシュリニューアル気軽にクリックしてみてくださいね。。本日も当ブログにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。さて本日のお題は、「建築は凍れる音楽」誰がこんなことを言ったのかドイツの哲学者シェリング氏の言。イケてます歴史と多様性に富むドイツの文化の中でも建築と音楽は密接な関係をお持ちになっているようです。ドイツの歴史の中でもこの建築分野は早くから発展が見られています。この建築芸術。建築士をのぞいてみると、、中世の初期には、キリスト教の司教・大司教、皇帝、諸侯が大きな大聖堂を各地に建てて行きました。これはケルンの大聖堂これはエルベ川に佇むマイセンの大聖堂とアルブレヒト城中世の中期、末期に至ると帝国都市や、ハンザ都市の市民が市庁舎等建てていきます。これはドレスデンの町のお城この時代はゴシックやルネッサンス様式で建設が行われました。この後、バロック様式が出てまいります。なぜシェリングは建築を流れる音楽に例えたかったのかそれは、この歴史を総なめしてきた様々な様式が、またそのベースを残して後世に現れてくるんです。この様式が巡り巡ってまた表現されていくその歴史の跡を追い、大発見をしたのが、シェリングだったのではないかとベルリン観光ガイド協会公認ベルリン観光日本人ガイド後藤の考えるところなんですけれど、、、。お客様のおもちになっているお時間に合わせ、ご観光のプランをお作りしています。専用バス、専用バン、専用車等、また公共交通機関ご利用の際のご用意もどうかお任せくださいね。ベルリンを始め・東部ドイツの観光ならどうかお気軽にお問い合わせください。http://berlin-kankogaido.comお問い合わせはここをクリック素敵な週末をおすごしくださいませ。

      15
      テーマ:
  • 06Jun
    • フェタ・デ・ラ・ミュージック音楽の祭典ベルリン観光個人ガイド

      緑滴る ベルリンから今日はベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です。サイトをフレッシュ・リニュアルしましたhttp://www.berlin-kankogaido.comお風呂上がりのようにすっきり爽やか本日は、ベルリン人気のイヴェントフェタ デ ラ ミュージック のご紹介です。毎年、暦の上で、「これから夏が始まるぞぉ〜」という夏至の頃6月21日 16時から22時まで夏の夜長をオーケストラ・合唱・ポピュラーでお楽しみいただくそんな素敵なベルリンからのプレゼント開催場所は、ベルリン12地区の中で、カフェ、教会、街角で、ナドナドなんとその数たるや、100にも及ぶんですってベルリンって広いんですよねっ因みに、日本の合唱団さんと積極的に国際交流コンサートを開いている人気のコンコルディア混声合唱団もこのイヴェントに参加するようです。場所は Humbolt Universität Senatssaalフンボルト大学 セナーツザールUnter den Linden / 国立歌劇場 Staatsoper の前演奏開始時間は 17時曲目は、ドイツ民謡、ブラームス、メンデルスゾーンのアリア 等入場料金は なんとこのご時世に タダ世界的に音楽を楽しむ夏至36年も前の1982年にフランスで始まったこの音楽の祭典今では、ここベルリンでは恒例の夏の音楽行事になっています。本日も当ブログお立ち寄りいただきありがとうございました。多謝 

      15
      テーマ:
  • 31May
    • 音楽は流れる建築@ベルリン観光個人ガイド

      ベルリンからこんにちは!ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子のブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございますスッキリ、リニューアルしたサイトはここをクリックhttp://berlin-kankogaido.comここ数日、真夏のような気温30度以上という日が続いております。と言っても、ベタベタする日本の夏とは違い、木陰に入れば涼を求めることができます。がとっても美味しいんですよね〜美味しいドイツの地ビールでカンパ〜イさて、本日のお題は、「建築は凍れる音楽であり、音楽は流れる建築である」というドイツの哲学者シェリングの言葉から、まずこの文学的な表現目がクギ付けになっちゃいますね音楽は流れる建築 ってホント建築と音楽分野の芸術分野は取り分け関係を持ち、ドイツの歴史の中では重要なポジショニングがあります。当ブログでも度々触れさせていただきました、啓蒙思想の持ち主であったプロイセンのフリードリッヒ大王そうですね!ポツダムのサンスーシ宮殿を建てた彼の方です彼の活躍した時代は、18世紀。建築界は、すでにロココ様式時代に入り、建築そのものは、ドイツの歴史上では早くから発展が見られていました。初期中世期から皇帝や諸侯キリスト教会の大聖堂でも見られるごとく、、。また帝国都市やハンザ同盟都市の市民たちが建設した市庁舎や教会はゴシック様式・ルネサンス様式でした。それに対し音楽の分野では、ドイツ人の創作活動が盛んになってきたのが、17世紀以降のこと。ヨハン・セバスチャン・バッハ泣く子も黙るドイツ作曲家3Bの一人彼が華麗なバロック音楽の頂点にいた音楽家だと言われています。この時代は、建築においても一つの黄金時代だったそうです。サンスーシ宮殿はその頃はやりであった郊外に建てられた夏の離宮こんな時代に、南ドイツのバイエルン王国では、カトリック教会もバロック様式に改修し、北ドイツに多いプロテスタントの地域では、音楽が、南のカトリックの多い地域では、建築が、バロック芸術の発展の中、共に比類のないクライマックスの中にありました。フリードリッヒ大王の生きた次の世代すなわち、音楽ではモーツァルト、ハイドンが台頭し、ここベルリンでは、ドイツのミケランジェロ、シンケルが英碗を古い見事な古典主義の建築と音楽がマッチしていくようになります。それにしてもシェリングは鋭利な心眼を持っていたものですよね、、。クールなシェリングの巻でしたじゃあ、またねっ

      24
      テーマ:
  • 18May
    • 東西の文明の十字路!エジプト・アレクサンドリア@ベルリン観光個人ガイド

      旅行客の方々で町が賑わってまいりました。そんな、ベルリンから今日はベルリン観光個人ガイド後藤裕起子ですリニューアル致しましたサイトはここをクリックしてご覧くださいませhttp://berlin-kankogaido.com2月6日に「新発見が嬉しい!人類の大ロマンエジプト文明」とお題をいただきベルリンの大人気の観光ハイライト新博物館をご案内させて頂きました現在までの6000年に及ぶ人類の築いた文明その中でも人類で初めてパンを焼いたっていうそんなお話をさせて頂きましたよねご静聴ありがとうございましたそこで本日はそのエジプトの有名な町「東西の文明の十字路!エジプト・アレクサンドリア」につきまして触れさせていただきますと、、。欧州の文明はギリシャ・ローマ時代から始まったと言われています。そのギリシャ文明の中でもオリエント文化と融合した時代がございました。その時代をヘレニズムと言うんです。歴史的には、アレクサンドロス大王の東征、または大王の没年からローマのエジプト併合までの約300年間と言われています。地理的に見ますと、ギリシャ、マケドニアから、大王が征服した東方地域を含みます。紀元前334年〜紀元前30年頃までのそんな昔のこと。            ギリシャ人とインド人は、このアレクサンドロ大王の遠征の前から交流があり、実際ギリシャ人がインドに定着していた頃があったと、、。インドで生まれた仏教とギリシャ思想とが交流していたそうなんです。アショーカ王の出現により、インドと西方世界との関係が活性化し、シリア、エジプト、マケドニア、エペイロスなどに広範に仏教が広まり、ヘレニズム世界に大きな精神的な影響を与え、ひいては、キリスト教世界の成立にも、波動を与えることになったそうです。アレクサンドロス大王の出現以降キリスト教が出現するまでの時代の中心になったのが前述したアレクサンドリアだったっていうんです。このアレクサンドロス大王は、ギリシャのマケドニアから南下し、エジプトに遠征をします。その時、艦隊の根拠地として創建されたのがこのアレクサンドリアなんですって、、。彼の死後、遺体は、この街に埋葬されました。アレクサンドリアは創建以来、ヨーロッパと東方感の最大の交易拠点となって行きました。   その当時、都市はヘレニズム文化の中心として栄え、ユダヤ人の最大の人口を抱える街でもありました。ギリシャ語で教える一流の大学や、プトレマイオス1世が建設したアレクサンドリア図書館は世界最古の図書館であると言われています。また対外貿易に重要な役割を果たした有名な灯台もありました。       当時インドの仏教徒の方達が中国にもわたり、また貿易商人達とアレクサンドリアにも渡り、アレクサンドリアは、異民族の大きな出会いの場所であり、各地の経済が交流する場所であったのです。インド人やギリシャ人の他にも、シリア人やユダヤ人もいてまさにコスモポリタン的雰囲気を醸し出していたようです。この人間と人間、文明と文明との出会いがあるところに未知の発見が生まれてくるその歴史が、ベルリン博物館の島の新博物館にてご覧になれます。弊社をお利用いただきましたお客様の声をご覧ください。http://berlin-kankogaido.comベルリン・ドイツ観光個人ガイドは弊社におまかせくださいませ本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございました

      35
      2
      テーマ:
  • 17May
    • 欧州一の自然を誇る首都ベルリン@ベルリン観光個人ガイド

      ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子ですサイトをリニュアールしましたお客様のお声をどうかご覧くださいネッhttp://berlin-kankogaido.com本日も当ブログにお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。本日のお題は、「危機に陥る 緑滴るベルリン」の巻です。春から秋にかけて飛行機に乗って上空からベルリンの街を眺めるともう緑と水色で塗られたそんな緑の町に早変わり。。まるで緑のネットが町中にかぶさっているそんな印象を受けられる方も多いと思います何と言っても町の1/4が緑地。欧州のパリ、ロンドン、アムステルダム、マドリッド等外国の首都の中ではダンチに緑の多い ここ べ・ル・リ・ンこれは唯一修復されて残っているシャルロッテンブルグ宮殿町の西側に位置する42km2 を誇るグルーネヴァルトの散歩道新録がこぼれ落ちそうですよねベルリンは、土地がほぼ平らなので、水運にも恵まれ、この川を渡ると向こう岸は孔雀の島渡し船が行ったり来たり。。緑と水とということになると、町の1/3が自然なんです。町の中にもそれなのに、それなのに今朝のラジオのニュースでは、昨年約8000本の樹木が病気などで伐採され、そのあと、僅か約1900本しか補充されていないとか、、。この事実、どうしてくれるんだよぉ〜と市民の間で非難の声が上がっているんですさすが環境問題に敏感なドイツ国民ですね

      13
      テーマ:
  • 12May
    • 世界中のお母さんありがとう❤︎ベルリン観光個人ガイド

      5月11日、明日は待ちに待ってた母の日新緑が目に鮮やかなベルリンから今日は。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です🇩🇪http://berlin-kankogaido.comお客様のお声はここをクリック世界中のお母様ありがとうドイツは日本同様、5月の第2日曜日に母の日をお祝いします。ところで、世界中同じ日にお祝いすると思いきや、お国の事情に合わせて時期も様々なんですって例えば、5月第一日曜日はハンガリー、ポルトガル、スペインなどがあり、日本・ドイツと同様なのが欧州ではオーストリア、イタリア、ベルギー、スイス、などがあります。かと思えば、、2月のノルウェー今世界中で動向を注目されている北朝鮮は11月寒い時期もアリなんですね〜時期が5月以外となると、お祝いのイメージも変わってきますよね。。2月や11月じゃあ、仮に温室のカーネーションを飾ってもマッチしない日本では母の日が初めてご登場したのが1913年のことだったらしい。何も母の日だけ感謝してればいいっつうものでもなく、お母さんの日々のご足労たるや、感謝してもしきれないほど。。ま、ないよりはいいかなって思うんです。そんな母の日には、決まっていつも二人の娘からささやかなプレゼントが贈られます。手抜きの母親である私にも。。よくできた娘 笑ってなわけで、こちらが実は感謝しているんですよ一生懸命手書きで書いてくれたカードを見ればそれだけで、「わざわざ私のために時間を使ってカードを選んでくれたんだな〜」と、じわ〜って目頭が熱くなってきます。このケーキは、娘たちが昨年母の日に焼いてくれたケーキ。このケーキは妥協のないお味で最高でした。母を想う気持ちは世界共通それは平和に通ずる優しい気持ち私の母はもう他界してしまいましたが、今でも母の作ってくれた餃子の味を思い出しますコロコロとよく笑う笑顔の絶えない母でした。大好きな母は今も私の心の中に生きていますし、生涯母の笑顔は忘れることはありません。

      27
      テーマ:
  • 07May
    • 欧州の現代史の深掘りはベルリンからどうぞ@ベルリン観光個人ガイド

      若葉からこぼれ落ちる日差しが、目に眩しいベルリンから今日はベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です今日も当ブログにお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。。http://berlin-kankougaido.comお客様からいただきましたお喜びの声はここをクリック本日の小話は明日ドイツが、終戦記念日を迎えるにあたり「〜あれからドイツは、、、」でございます。もう今年で73星霜を迎えようとしている第二次世界大戦1945年5月8日、ドイツの無条件降伏によってヨーロッパでの第二次世界大戦は終わりました。その後ドイツは、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連の4つの戦勝国に分割占領されます。同年の夏、第二次世界大戦の後始末をするため、会議が開かれました。その会議はベルリン会議と命名されていたのですが、ベルリンでふさわしい場所を見つけることができず、お隣のポツダムに白羽の矢が立ったのです。ポツダム会談にて決定されたのは、ドイツの非軍事化非ナチ化非企業連合の解体ドイツの民主化元の地方分権体制に戻す。賠償金に関しても話し合いが行われたそうです。このポツダム会談が開催されたのは、ポツダムにあったホーエンツォレルン家最後の館ツェツィリエン宮殿。上の画像で雰囲気はお分かりになれる事でしょう。次の画像は会談が開かれた会議場です。この年の11月には、ナチ党大会の町ニュールンベルグで国際軍事裁判が開廷されます。そこでナチ体制の主な指導者が裁かれました。そこで問題が発生この4カ国は対ドイツ政策で一致する模様はなく各国の政治方針の元統治されていました。そして、ドイツ帝国の首都であったベルリンも御多分に洩れず、4つの地区に分割されて行きました。戦後の冷戦と分断がドイツから始まってまいります。ところで、この占領はいつまで続いていくのか??なんと、気の遠くなるような長〜い間ベルリンの壁が崩壊する1990年まで、45年間もの間続いていきます。ベルリンご訪問をお考えの方、欧州の現代史を深掘りしたいのなら、チャンスですTake a chanceどうかお任せください文化歴史は人間を通して伝わっていくもの、、。インターネットの情報じゃあ〜吹けば飛んでっちゃいますよねっドイツの今おかれている社会状況を理解するのにはどんなにインテリの方でも申し訳ございませんが、とても不可能です。。難解な欧州の現代史ベルリンからその謎を解いていきませんかアタシも欧州に生きて早いもので30年以上が経過。お客様に、欧州の中のベルリン惜しまずお客様にお話しさせていただいております。。

      27
      テーマ:
  • 01May
    • 音楽の捧げ物プロイセンからバイロイトへ@ベルリン観光個人ガイド

      ベルリンからこんにちはベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です。今日もゆっこのブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございますhttp://berlin-kankougaido.comお客様のお喜びのお声はここをクリック本日の小話は、音楽の捧げ物、プロイセンからバイルートへです。ベルリンはプロイセン王国の首都プロイセンの国の第二代目の王様フリードリッヒ・ヴィルヘルム2世の長女の名前は、ヴィルへルミーナっていうんです。ヴィルヘルミーナは、プロイセンからバイロイト辺境伯に嫁いでいきます。その頃の常であったまさに政略結婚フリードリッヒ・ヴィヘルム2世の長男フリードリッヒ2世は、姉のヴィルヘルミーナと大変仲が良かったという話は、ここプロイセンでは有名なお話しなんです。。二人の交わした手紙が残っていて、色々な告白をしています。このヴィルヘルミーナはかなりの音楽家で嫁いだ先のバイロイトにオペラハウスを建築させます。1748年には、娘の結婚がありその時にまだ完成していなかったこのオペラ劇場のこけら落としをお祝いだって言うんで、一緒にやっちゃったらしい、、。飛んでる人ですねこの劇場は、辺境伯歌劇場として欧州ではダントツに美しい劇場だと言われています。バイロイトといえば、ワーグナーのバイロイト音楽祭が毎年8月に行われ、世界的に有名な音楽の街。そのワーグナーは、このヴィルへルミーナの建てたオペラ劇場を見て、初めは自分の作品をここで上演させようと、考察していたらしい、、。この建物の中は、弟のフリードリッヒ2世がポツダムに建てたサンスーシ宮殿に内装もしっかり似ているそうです。挙げ句の果てに、ヴィルへルミーナの音楽の才能はもとより、オペラのシナリオを書いたり、、ってなわけで音楽監督も務めるようになっていたそうです。メンデルスゾーンのお姉さんのファニーはメンデルスゾーンよりも才能があり、同じ教育を受けることができていたなら、メンデルスゾーンよりもすごい音楽家になっていたと言われていますよね。。なんだかそんなモードスが脳裏をかすめました。。その頃、やはり王国であったプロイセンと辺境伯とでは、国力も違い、都会から田舎へ引っ越してきたヴィルへルミーナには、音楽の他には文化的な刺激がなく、音楽の虜となっていったのでしょう。。音楽の大先生はプロイセンからお呼びしてきていたそうです。こんなところで、歴史は繋がっていっているんだなって、、。楽しい空想が頭の中をかけ抜いていきましたよ。。本日のコーヒーブレークにラジオを聴いていたらFMで、ベルリンフィルが本日のお誕生日に今年はバイロイトで演奏会を開いたと言っていました。このバイロイト辺境伯歌劇場はユネスコの文化遺産になっています。では、また

      36
      テーマ:
  • 26Apr
    • ベルリンコンコルディア混声合唱団春のコンサート@ベルリン観光個人ガイド

      お待たせしましたベルリン・コンコルディア混声合唱団の春季コンサートが開催されます。4月29日 午後3時 開演 (入場は14時30分から)場所 ベルリンパンコウ ホフヌングス教会住所は以下のようになりますEvangelische Hoffnungskirchengemeinde Berlin-PankowElsa-Brändström-Straße 3613189 Berlinベルリン観光個人ガイド後藤裕起子のゆっこのブログに今日もお立ち寄り頂きありがとうございます。http://berlin-kankougaido.comお客様のお喜びのお声はここをクリック本日の小話は音楽の街 ベルリン著名な音楽家を育ててきたここベルリン世界に冠たるベルリナーフィルハーモニカーを始め、大きな歌劇場が、ベルリン市内には3つもあるんです。どんなリッチな街でも1つの歌劇場をキープするのには大変な資金が必要なのに、貧乏なベルリンには驚くことなかれ3つもあるなんて、ダブルパンチそれだけ、ベルリンは文化の街っていうわけなんです。ベルリン合唱協会に登録されている合唱団だけでも1500 団体その中でも伝統のある混声合唱団1959年に創立され来年は60周年の佳節を迎えるとか。。このコンコルディア合唱団は昨年12月に日本の富山県のバッハアンサンブル富山様とクリスマスの合同コンサートを開催されました圧巻でした上の画像が、その時の🔥い合同コンサートのものです。そしてその後の飲めや歌えやの 笑交流パーティーでは、、。心と心が繋がり、歌の翼に乗って大きな友情が結ばれて行きました〜爽やかな歌声が会場にいらっしゃった皆様に春の訪れを告げ、アットホームな雰囲気に浸っていただけること請け合いです。昨年秋から指揮者についたジェラルド コレッラさんはミラノの音楽大学の修士までゲットしたインテリ音楽家ですが、とっても気さくなオープンマインドの持ち主。イタリアオペラはもとより、ドイツの音楽も大好きだとか、、。今回はブラームス、マーラー、ガシュヴィンのジャズにも挑戦。ウエルカム コンコルディア合唱団 春のコンサート入場料はわずか、15ユーロです。

      21
      テーマ:
  • 22Apr
    • 18世紀末のベルリンのサロンのもたらした意味@サンスーシ宮殿!ベルリン観光個人ガイド

      読者の皆様ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子ですhttp://berlin-kanougaido.comお客様のお喜びの声はここをクリック前々回の当ブログで、ハプスブルグ家に触れさせていただきました。そうそう、プロイセンのフリードリッヒ2世(臣下に大王と呼ばれていました)とハプスブルグ家のマリアテレージアは宿敵の仲だったというお話をいたしましたよねっ。上の画像は、アメリカ現代アートで有名なアンディ ウォーホールの描いたフリードリッヒ大王の絵このフリードリッヒ大王の建てたサンスーシ宮殿は泣く子も黙るユネスコの世界文化遺産に指定されていますロココ調の葡萄の蔓が慣れ下がり、英語で言うところの「C」の文字のように曲線を楽しんだ様式このサンスーシ宮殿の大理石の間はイタリアのかららから運んできた太い大理石の柱を使い立派に建てられています。この大理石の間で繰り広げられたのは、王様の好きだったテーマに沿って意見の交換がなされていきました。そのテーマは、大きく4つに分かれており、音楽、建築、絵画、宇宙と、、、。これはその当時の様子を絵画化したもの。。フランス革命ってご存知ですよね?ギロチンの露と消えていったマリーアントワネットのアレ、、です。大昔、池田理代子さんのアニメ「ベルサイユのばら」の時代がそれに当たります。ベルバラの初版の頃はまだ生まれていなかったですってこのフランス革命のベースになっていた思想が啓蒙思想という思想でした。。この啓蒙思想により、その当時国家による重商主義が積極的に展開された結果、経済活動が活発になっていきました。都市領域が発展して行き、市民層や官僚に大学教授、芸術家、ジャーナリストが加わり、新しい知識階級が生まれ、彼らを中心に新しい公共の層が誕生していきました。この啓蒙思想を積極的に国家政策に取り入れて行ったのが、フリードリッヒ大王だったというわけです。宗教の寛容さ、司法制度の改革、法制度の統一、啓蒙思想の特徴であり、万民平等の発想は、「朕は国家第一の下僕なり」という言葉を発するようにさせるところまで、フリードリッヒ大王は徹底してこの啓蒙思想を咀嚼していったんですねっ18世紀のベルリンのサロンの版画がございますけれど、裕福なユダヤ商人の娘ラヘル・レヴィのサロンに詩人政治家、自然科学者、作曲家、貴族などが集った場面がございます。またこの啓蒙思想が市民階級の文化を構築してまいりました。この新しい知識人階級に好まれた場所が、コーヒーハウス。  ここで議論を交わし、読書や公共福祉を目的とする様々な協会も設立そこが一つの社交の場ともなってまいります。また当時盛んに刊行されるようになった新聞や雑誌は、18世紀末のドイツで流行っていた雑誌が4000点総刊行部数は30万を超え、各地の読書協会は400余に達していました。こうした市民の間に草の根のごとく広まっていった啓蒙主義は、それ以前の絶対主義的な社会秩序と対立し、根底から社会を揺り動かす潜在的な力を蓄えていくようになって行きます。この大きな市民階級の構築は、いわゆる王様が広く寛容な政治を行っていったその鼻先から始まっていったと言っても過言ではないですよね歴史は繰り返されると考えるドイツ人今や難所に乗り上げてしまったEU丸ヨーロッパ共同体新しい展望を模索しているのが実感としてわかります。欧州在住30年以上のガイドがガイディングを賜っていますベルリンを中心に東ドイツの御観光ガイドは弊社にお任せ下さいませ。お客様の足はご希望に沿って、専用車、バス、公共交通機関と何でもご用意させて頂きます。。本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございました

      22
      テーマ:
  • 17Apr
    • ベルリンお役立ち情報@早いもん勝ち?ドイツ鉄道ドイツ国内&EU内19.90€から〜

      読者の皆様抜けるような青空が目に眩しいベルリンから今日はベルリン観光個人ガイド通訳の後藤裕起子です。http://berlin-kankougaido.comお客様のお喜びの声はここをクリック春は、旅立ちの季節本日は、今年ご来独の方へ耳寄りのドイツ鉄道の格安ティケット情報をお届け致します。飛行機での迅速な移動も素敵でもドイツでは最近ここドイツではゆっくり鉄道の旅を好む方も増えてきたそうです。。ドイツ鉄道 DBは、ドイツ国内は6ヶ月前、欧州圏内は3ヶ月前に、割安ティケットを販売し始めました。なんと、片道の乗車券が19.90€からこんなにお安いなんて〜通常ベルリンフランクフルトの汽車の切符は、ハイシーズンであれば、裕に片道50€は、越します。断然お得な割安ティケットドイツ語ではSparpreis シュパープライスこれが国内のみならず隣国にも通用する例えば、ベルリンから北へデンマークの首都コペンハーゲンまで片道19.90€- 139.90€ベルリンからイタリアのベネチアまで片道88.70€-139.90€ベルリンからパリまで片道129.90€ベルリンからアムステルダムまで片道39.90€-169.90€ざっとこんな感じです。しかし、ご注意ください早い者勝ちなので、思いついたら即ゲットするのが大切数に限りがあるんですネットでもゲットできますし、ドイツ国内のDBの窓口でも OKDBドイツ鉄道の購入ネットはここをクリック備えあれば憂いなし適時にご購入くださいね。。 本日も  お立寄り頂き  ありがとうございました

      18
      テーマ:
  • 13Apr
    • お勧め!ポツダム新宮殿の魅力@ベルリン観光個人ガイド

      ベルリンから今日は!ベルリンを中心に東ドイツの珠玉の如く光る文化歴史を紹介している観光個人ガイド 後藤裕起子ですhttp://berlin-kankougaido.comお客様のお喜びの声をお聞きください本日はポツダム市にあるユネスコ世界文化遺産に指定されているサンスシー宮殿の庭園内にある新宮殿のご案内です。サンスシー宮殿を造営したプロイセン王国の3代目の王様フリードリッヒ2世が建造したお城が標題の新宮殿です。この新と言う言葉、じゃあ〜どこかに古い建物があって、その上で新と言うのかなって、ご想像がつきますよねっええ〜っ、そんな想像しなかったそんなの、構いません。気にしないでお話を聞いてくださいねっこのユネスコ世界文化遺産に指定されているサンスシー宮殿が建った後に出来たので、新しいと言う意味で付けられたんです。なので、この新宮殿は、サンスシー宮殿とは歴史的に全く関係がなかったって言うわけでもないんですよね〜いつの時代だったのか日本は江戸時代の中期、1760年代の頃でした。徳川将軍の時代にここ欧州には、権力を持つ家がいくつかありました。その中の一つ、マリアテレージアで有名なハプスブルグ家って聞かれたことがありますかそんなの初めて聞いたごもっとも。。そんなの知らなくってもドイツでは普通に生活できます。。フランス革命の起きた後、ギロチンの露と消えて行ったマリーアントワネット彼女のお母さんがマリアテレジアマリアテレージアとフリードリッヒ2世は宿敵の仲だったとか。。1754年から始まった戦争は、1756年に本格的に始まり、1763年まで続き、7年戦争と呼ばれる欧州の列強国の大期な戦争と広がっていきました。マリアテレージアとフリードリッヒ2世はシュレージアと言われる今はポーランドになっている土地を巡ってこの間、戦争の泥沼の中に身をおかなければなりませんでした。ところで、よく引き合いに出されるのが、このマリアテレージアとフリードリッヒ2世の生涯。対照的な人生を送ったのです。マリアテレージアは十六人の子宝に見舞われ、夫婦生活は円満だったそうです。それに反し、フリードリッヒ2世は結婚をしていたものの、王妃のクリスティアーネ妃とは、父親がなくなるや否や、別居し、そのため跡取りはいませんでした。思想的には、政略結婚を奨励していたマリアテレージアに対し、朕は国家第一の下僕なりと言う封建時代にしては極めて近代的な民主的な香りさえする考えを持っていたフリードリッヒ2世このサンスシー宮殿の持つ庭園にそびえ建つ新宮殿では、ロココ時代からその後ドイツ皇帝が使用する時代までの貴族文化や建築等式がこぞってご覧になれます。ところで、このフリードリッヒはこのお城があまりにも立派すぎて彼の思想には合わないことから、数回足をはこんだだけなんですって、、。マリアテレージアに勝ったプロイセン王国の権力を見せたいと言う臣下には、彼の持つ啓蒙思想を理解できなかったのでしょう。これが100年後であれば、理解できたのかもしれませんけれども、ねっ新宮殿のガイディングはお任せください。本日も当ブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございました

      19
      テーマ:
  • 12Apr
    • いよいよ解禁!世界一美味しいと言われるベーリッツ白アスパラ@ベルリン観光個人ガイド

      ほっぺたが落ちる程美味しいベーリッツの白アスパラガス 於 ドイツ国会議事堂のレストランで皆様、ベルリンからこんにちは!ベルリンを中心に東ドイツのガイドを承っています後藤裕起子です。http://berlin-kankougaido.comお客様のお喜びの声はここをクリック是非ともお聞きくださいね。本日は、世界一の味を誇るベーリッツアスパラのお話です。ベルリンから在来線に乗ると、南西方面に1時間ほどで到着するベーリッツ。2015年の統計によりますと、人口12166人っきり。あんなにアスパラが有名なので、これっきりしか人間が住んでいないんだ〜って少々驚きです。誰が収穫を手伝っているんだろうって聞いてみると、お隣のポーランドから季節労働者として刈り取りのお手伝いをしてもらっているとか。このベーリッツに1300 haのアスパラ専用の畑があり、16000 t のアスパラが取れるそうです。このアスパラの旬は4月半ばから6月半ばまでの2ヶ月しかないんですねだもんで、2ヶ月で16000 t ということは、1週間に2000 tもの生産量アスパラ一本って20gはしないでしょっ、、、ってことは、1週間で約10万本のアスパラが人の手でもぎ取られて行く。。そのうちの何本かを、拙宅でも毎年楽しみに頂いております。。さて、このベーリッツの街に白アスパラを栽培し始めたのは、いつなのか1861年なんですって。。日本が開国を迫られていたあんな時に、アスパラの大量生産の畑が耕されていたとは、、。このベーリッツでは、今年は6月1日 〜 6月3日までアスパラ祭が繰り広げられます。街の中には、ビールの醸造もあればアスパラの食べれるレストランも多数ございます。毎年このお祭りには3万人のビジターが訪問しているそうです。街の人口の2倍の訪問者に嬉しい悲鳴を上げているのがここベーリッツです。ベーリッツと他都市のアスパラを比べてみると、歯ごたえもしっかりしていて、何しろ太さが違います。また付け合わせは無しで、そのままホランデイズというソースをつけて食べることもできますし、カツレツをつけたり、お魚の塩焼きをつけたり、お芋はふかし芋のライプがほとんどです。ビールも白ワインもマッチします。春にベルリンをはじめ東ドイツをご訪問予定の方、このベーリッツ白アスパラ是非お試しくださいませ。本日もベルリン発ゆっこのブログにお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございましたダンケ シェーン

      15
      テーマ:

プロフィール

ゆっこ

自己紹介:
日本に持っていきたい、魅力の尽きないヨーロッパに、今も生きる歴史や文化。 ベルリンの壁の崩壊から、早...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス