地球にやさしい美容室

地球にやさしい美容室

チャームサロンイザワ 横浜市旭区南希望が丘2 TEL 045-363-0846 営業時間 9:30-18:30 日・水定休 
自然食品店のある美容室。自然派美容師☆井沢慶紅の”natural beauty” 日記。アクセス:相鉄線希望が丘駅より徒歩6分。



こんにちは。ようこそ!

ご訪問いただきありがとうございます。

長年にわたって、自然派美容師になるべく、

いばらの道を歩んできました。

ケミカルのお薬のそばに近寄れないほどの、

闘病生活を送った経験があります。


ナチュラルビューティ、それは流行り廃りのない「究極のメニュー作り」

そして、セルフケアの方法をお伝えしています。

「美しいってなんだろう」

それを生涯かけて学びます。毎日が新たな発見。

「美容室」は、カットやカラーやパーマ、インスティンクトリフレックスを、

提供する場であると同時に、

新たな「あなたが生まれる」場でもあります。


シンプルで品質の良い食べ物は、心身のバランスを生み出す原動力。

魅力的な自分への「賛辞」は、「究極の美容法」です。



井沢慶紅☆

 

 

 

 

ホッとした途端、

 

頭痛が消えた!

 

肩の凝りが取れた!

 

体が軽くなった!

 

 

 

美容院に来る目的は、

 

心や体のセラピーではないのですが、

 

大きなオマケみたいなものが付いてきます。

 

 

先日も、カットしていて、

 

転職の話が出てきました。

 

人間関係→まあまあ

仕事内容→まあまあ

 

仕事内容は、そう悪くないけれども、

シフトに問題があって、空き時間が増えて、

待機時間がとってももったいない。他のことができない。

仕事をしていない時間にも緊張があるというストレス。

 

原因は、以上のようなことのようでした。

 

 

サロンに来ると、

 

緊張が解けてリラックスして、

 

自然にお話しが出てきます。

 

これも、お互いの信頼関係があってのことです。もちろん。

 

 

 

 

ストレスがかかってくると、

 

髪がとっても硬直したような感じになってきます。

 

 

 

そんな時には、髪に聞いてみます。

 

 

するとね。

 

「転職してもいいけれど、今じゃないよ」

 

そんな答えが返ってきました。

 

 

 

将来的には転職をするので、

 

その準備をしなさいということかな。

 

 

 

この言葉に、体が反応しました。

 

髪は、柔らかくなって、

 

元気を取り戻したようです。

 

 

凝っていた肩も楽になったって。(←オマケ)

 

 

施術中に、

 

ネットで、同じような職場を検索して、

 

どこか通えるところはないかなあって見てみました。

 

 

さらに、彼女は、お家に帰ってから、

 

占いをしてみたんですって。

 

 

そうしたら、今は、動かない方がいい運気だったそうです。

 

 

そういったときは、じっくりと策を練ったり、

 

勉強のための時期。

 

 

新しい資格を取ることにしたようですよ。

 

 

髪が、ぐっとツヤが出てきてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

photo by Monteregina

 

原点回帰。

 

 

 

 

 

ダンスや声のアートに刺激を受けて、

 

表現することへの情熱がフルスロットルで、

 

喜びを享受していたシーズンは、

 

終わりを告げたようです。(収束して異なる形へとシフト)

 

 

 

去年の11月、

 

木星が射手座に移った途端に、

 

多くの占術家の方が書いてあるような「新たな分野」への広がり??

 

いやいや。

 

それとは真逆のせかいへ、私は行ってたな。

 

 

 

「収束」「収穫」「終了」「凝縮」「より深い五感」といった、

 

まるで薄い空の色を、ぎゅーっと凝縮して、

 

美しい藍色を作り出すための工程を踏んできたような1年でした。

 

 

。。。。。

 

 

 

。。。感性の世界が広がったんだぁ。。。。

 

 

 

 

こうやって書いていると、気づきがある。

 

見方によっては、いかようにもなるってことだな。

 

 

 

 

2018年11月8日は、木星が射手座に移っただけでなく、

 

逆行していた天王星が、牡牛座から牡羊座に入ったことに気がつきました。

 

 

 

 

大きな穴がスコーンと開いて、

 

いきなりそれまで溜め込んでいた手つかずの納戸に、

 

逆流してきた大水が流れ込んじゃったみたいなことが起こっていたのかもしれない。

 

 

 

もう選択肢は無く、それらのお宝は、手放す。

 

大きなる流れは、非常にも、待ったをかけずにやってきます。

 

 

ここはもう、自分の仕事は、片付け屋さんになったつもりにならないと。

 

感謝を告げて、捨てていく。

 

過去にお世話になったものたちに。

 

 

 

同じことをずっとやり続け、

 

慣れたルーティンをこなしていく毎日は、

 

一見安全で安心のように見えますが、

 

そうではない。

 

これからは特にね。

 

 

サーフボードで、来る波をキャッチして、

 

乗りこなしていかないと。

 

 

常にフレッシュエアを入れていく。

 

これがコツかな。

 

 

そうすれば、思わぬ陰謀に巻き込まれるようなことはない。

 

そうかな?

 

 

決断は素早く!

 

自分の考えをそこに挟まない!

 

直観で決めていく!

 

 

迷いのエネルギーは、シャットアウト。

 

 

同じことをぐるぐる迷っていると、

 

100歳ぐらい年取っちゃう!

 

 

直観で選択する自分に、誇りを持てるようになったら、

 

これはすなわち、アンチエイジングにもなるってこと。

 

 

 

お顔の筋肉たちにも、今を楽しむ活力筋になってもらう。

 

そうすれば、無気力筋、ふてくされ筋、イライラ筋は、

 

鍛え上げられて、幸せ筋になり、

 

お顔も、福相になる。若くなる。

 

 

エステもいらない。

 

 

 

 

 

究極のメニュー。それは、言葉では言えない。

 

私だからこその技法。

 

私特有の感性。

 

 

 

大抵は、ヘアカットをしながら、

 

いろいろお話をして、(細胞たちとね!)

 

お顔の筋肉を元気にしているんです。

 

 

髪やお肌は雄弁ですよ。

 

そして全身の神経システムにつながって、

 

必要なことを伝えてきます。

 

 

 

おかえりの頃には、皆様ラッキーフェイス。

 

 

 

 

いろいろ極めていくと、

 

美容師という原点に戻ってくる。

 

 

 

 

 

 

photo by storebukkebruse

 

 

 

聖なる選択。

 

 

今日の始まりは、この言葉から。

 

 

 

 

長年、右腕を利き腕として使ってきた。

 

 

ここのところ、右腕の痛みが、

 

何かを訴えている。

 

 

 

右腕さん。

 

長いこと、人生を共にしてくれてありがとう。

 

 

 

 

小さい時から絵を描くのが好きで、

 

夢中になると、何もかも忘れて没頭してしまう、

 

そんな子供でした。

 

だんだんと社会性を身につけるに連れて、

 

自分の感性を閉じ込めてしまったようです。

 

 

 

それが、私の「右腕」や

 

「首の後ろ」

 

「首の付け根から肩中央」

 

 

それらの深部筋肉を筋膜を硬化させていました。

 

 

 

 

不思議な絵を描いては、

 

他の人との違いに驚いて、

 

いつしか、それを閉じ込めてしまっていたことに、

 

今日の夢で気づかされました。

 

 

社会性を身につけるという時期は、

 

注意深く見守りたい大切なプロセスが、

 

たくさんからだに刻まれていきます。

 

 

創造力を失っていくと、

 

まるでからだは魂の抜け殻。

 

 

失ってしまった大切なプロセスを、

 

再び取り戻すことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のメモ

 

「右腕」(上腕二頭筋)(上腕筋)。。。。神経支配>>>筋皮神経。

                    動脈供給>>>上腕動脈の筋枝。

    (上腕三頭筋)。。。。。神経支配>>>橈骨神経。

                動脈供給>>>上腕深動脈。

 

「首の後ろ」(下頭斜筋)(上頭斜筋)。。。。神経支配>>>後頭下神経

        (下頭斜筋)動脈供給>>>深頚動脈と後頭動脈の下行枝

        (上頭斜筋)動脈供給>>>後頭動脈と深頚動脈

 

      (大後頭直筋)(小後頭直筋)。。。。神経支配>>>後頭下神経

      (大後頭直筋)動脈供給>>>後頭動脈と深頚動脈)

      (小後頭直筋)動脈供給>>>深頚動脈と後頭動脈の筋枝

 

 

「首の付け根から肩中央」

 

(大菱形筋)(小菱形筋)。。。。神経支配>>>肩甲背神経。

                動脈供給>>>肩甲背動脈。

 

 

 

photo by storebukkebruse

 

 

 

 

ご無沙汰していました。

 

あっという間の一年でした。

 

というか、あっという間の4年といった方が良いかな。

 

自然派美容師として、

 

忙しい日々(充実した)を送っています。

 

 

毎日が多くの収穫で忙しい。これが現状でした。

 

 

特に、4年以上前から始めたプロジェクト。

 

肉体改造計画&美容技術スキルのさらなる向上が、

 

大きな成果を収めています。

 

 

多くの治験を収め、共有することができました。

 

 

 

日々経験することが、

 

すべてサロンでの仕事に反映されることは、

 

何にもまして、私にとっては、

 

大きな大きな宝です。

 

 

からだが語る言葉は雄弁で、

 

自分自身の体質(すべてのレベルでの)を、

 

構造から根こそぎ変えていく力を持っています。

 

 

そこに着眼できたことは、

 

革命的です。

 

 

即、それは、サロンワークでも生かされています。

 

先日いらした方は、

 

頭頂部の髪がふんわりしなくて悩んでいました。

 

デザインも終盤に差し掛かった時に、

 

人生の多くを、「頭から抑え込まれた」と、

 

頭皮や髪が語りだしたのです。

 

詳しくお話を髪に聞いていくと、

 

今では、自由になっているのに、この人は自身で自分を押さえ込んでいることを、

 

告げてくれました。

 

 

そのお話を元に、

 

ご本人の本来の資質である「感性や物の見方の豊かさ」を、

 

認めていただいたんです。

 

 

 

すると、

 

 

頭頂部のみならず、

 

前髪も生き生きとリフトアップしてきました。

 

 

 

これからは、

 

胸が詰まることもないでしょうね。

 

ハートチャクラの「自分をコントロールする」というブロックが、

 

一瞬で外れたんですものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

phto by yrjö jyske

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by 

しばらくパンを食べていなかったので、
ちょっと新鮮。

広尾のスーパーで
バスコベーグルを買いました。


原材料: 小麦粉、砂糖、食塩、小麦グルテン、イースト、増粘多糖類、酵素、ビタミンC
エネルギー: 263kcal


ニューヨークで焼成したぎっちりもっちりしたベーグルを冷凍した状態で、日本へ。

スーパーで見つけて、まずパンを持った感じを味わいました。

しっかり重さがあって、中身がぎっちりしながらも、仲良く膨らんでいるのが伝わって来ました。


一緒におうちに帰ろうねって、
ショッピングカートにポン。

もちろん原材料をチェック。

砂糖がどの程度か気になるところではありましたが、直感を信じて食べてみることにしました。


買って帰って、
冷凍庫に入れて、
一個ずつ冷蔵庫に戻して自然解凍して、
そのまま創健社の発酵豆乳マーガリンをたっぷり塗って楽しんでいます。

まだトーストしてませんが、
軽くトーストしてサンドイッチにすると美味しいと思います。


ふわふわのパンは好きじゃないし、
変に甘さをつけて食べやすく?しているパンも苦手。

このベーグルも、もっと甘さを控えていいと思うな。
だってね、小麦自体の自然の旨味があるのに、
それが相殺されちゃうんですもんね。

今度はドイツパンを買いに大岡山に行きたいけれど、いつ行かれるかなあ。





Smoked tofu and herbed zucchini burger

image by Ina Todoran

 

 

 

 

去年から、美味しい食材に出会うなあ、

 

食べ物が私を呼んでいるのかも。

 

ふと入ったお店で、美味しいヴィーガン食材を見つけるんです。

 

最近は、お豆腐でいろんな食材を作って、商品化しているお店を、

 

隣の隣の駅で見つけました。

 

お豆腐のチーズや、胡麻豆腐、

 

豆乳を使った焼きそば、湯葉、

 

ケーキやお寿司も置いてあって、

 

見て楽しいし、買って色々味わえるから、

 

さらに嬉しい。

 

また買いに行こう。

 

 

 

image by DaPuglet

 

 

 

 

お花を髪に飾ろうよ。

 

コサージュを胸になんて、、卒業式のお母さんたちみたいになっちゃう。

 

思い切って、、、頭につけちゃおうよね。

 

お帽子を見つけてみて。

 

素敵なお帽子かぶりませんか。

 

そこにお花畑で摘んできたかのように、

 

ふんわりと野の花を載せてあげて。

 

夏は、麦わらがいいなあ。

 

 

もう夏のことを考えている。

 

ちょっと気が早いでしょ。

 

 

春だよ〜今は。。

 

野山にお弁当持って繰り出そう。

 

ピクニックシートも、

 

素敵なものがあるんだね。

 

電車の中で、素敵なバッグを持っている人がいたの。

 

聞いちゃいました。

 

そしたら、ピクニックシートなんだって。

 

 

今年は、ヴィーガンのお食事会も、

 

度々開かれると思うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

美しい声。

 

それは個性。

 

声は、個性そのものを表す「目に見える音」

 

 

 

以前、パーソナリティと声というテーマで、

 

記事を書こうとして、ネットで検索していたら、

 

今通っているヴォイススタジオを見つけました。

 

 

 

そして、その記事を書くのに、

 

3年かかった?(3年経っちゃった〜)

 

 

 

空に投げた質問「パーソナリティと声ってなんだろう?」に対して、

 

「ここへ行ってごらん」って、

 

答えが返ってきたんだね。

 

そして、ヴォイストレーニングに通うことになった。

 

 

 

調べていたことはどこかにすっ飛んでしまい、

 

記事を書こうとして、スタジオにつながったということを、

 

最近まですっかり忘れていたのです。

 

 

日常でもよくありませんか?

 

「あれ、ここにきたけれど、何を取りに来たんだっけ。」

 

っていうことが、、、

 

 

3年間、すっかり忘れていたことを、

 

このタイミングで思い出した。

 

 

 

 

 

 

ペルセウスはゼウスの血を引く半神であり、

 

神々から授かった魔術的な武具を駆使してメドゥーサ殺しを成し遂げ、

 

その後も多くの困難を乗り越えた。

 

ミュケーナイ王家の創始者となり、死後は星座になったとも言われる。

 

ペルセウス(古希: Περσεύς, Perseus)は、

 

ギリシア神話に登場する英雄である。英語読みでパーシアスとも呼称する。Wikipediaより

 

 

 

 

 

いきなりですが、3年前の調べ物の続きが始まったのです。

 

 

 

この神話のペルセウスは、

 

まさに、「本当のあなた」「あなたの真実」「本当の声」を表すのです。

 

だそうです。。。。

 

 

真実の、とか、本当の〜、、、という言葉が表すところは、

 

神聖な、神性の、神気すみわたる、などと通じていて、

 

清い、品のある、

 

それ以上取り去ることができない、分解することができない、

 

真髄やエッセンスを表すと思っています。

 

 

その人そのもの。

 

それが、ペルセウス。

 

私たちの中に、勇気あるペルセウス(本当の声)が眠っているんです。

 

 

 

本当の自分ってなんだろうという問いかけを、

 

ずっとずっとしてきた。

 

「自分の中にある」、「自分じゃない部分」を取り出す作業。

 

それは、自分の性格と思っていた「パーソナルライ」や、

 

「トラウマ」にまつわる「罪の意識」や「被害者意識」を発見するのも、

 

一つの手かな。

 

難しそうだけど、目の前に起こることを、

 

丁寧に見ていくと、

 

「これってあなたじゃないんだよ」ってことが、

 

たくさん起きていることがわかります。

 

「本来の道」から外れると、

 

必ず警告ランプがなるように、トラブルや事件は起こってます。

 

その答えは、「本当の自分」を見つけてごらんって言ってる。

 

 

 

認識するのに3年かかったけれど、

 

もっと的確に「自分を探せる」ツールを発見していたんですね。

 

これでやっと、シンプルで簡単で、

 

真実味を帯びた答えを引き出せる。

 

 

 

「真実」それは、言葉で表すのは難しい。

 

それが答え。

 

 

 

「パーソナルライ」「トラウマ」「元型」などを、

 

何十年って、書籍や講座やアストロロジーから学んだけれど、

 

もっとシンプルな方法があることを、

 

体験させられていたんだね。

 

 

 

「自分備わった」「本当の声」を見つけ、

 

そしてそれを活用することが、

 

一番手っ取り早いのかも。

 

 

 

言葉は紛らわしいし、誤解も生む。

 

脇道や迷路へも引っ張り込まれる。

 

 

言葉の定義だって、もともと誤解していることも多々あるんだもんね。

 

 

 

シンプルでパワフルな言葉は、存在するし、

 

大好きだけれど、それより的確なことは、「音」を聴くことかも。

 

 

 

目に見えない部分と現実の架け橋となっている、

 

「音」をしっかりと身につけること。

 

 

楽器である自分のからだを、チューニングする。

 

これがいいかも。

 

 

 

同じメロディに違う詞がつくことは多くあっても、

 

同じ詞に異なるメロディーがつくことは、そう多くはないのかな。

 

専門分野じゃないからよくわからないけれど、、、、

 

 

 

 

詞、、、これをおざなりにするということではないけれど、

 

表現やコミュニケーションにおいて、大切なのは、

 

からだから発せられる「振動」「波動」「響き」

 

 

何を言わんとしているのか、頭を働かせるよりも、

 

「耳」(からだ全体)を立てた方がいいってことだね。

 

 

 

 

「音」これが、無意識と顕在意識の両方に、

 

しっかりと訴えかける。

 

 

 

言葉は、何とでも言えるし、言えば言うほど、

 

中心から遠のいてしまうでしょ。

 

 

 

 

「本当の自分」は、音であらわす。

 

これって、シンプルでいいよ。(頭使わなくていいし、、、)

 

難しいことしなくていいもんね。

 

 

 

音に表される。「そのもの」を感じる(聴く)だけでいい。

 

その人の真正が。現れているんだもん。

 

 

 

 

<ケーススタディ1>

 

大きくて、自分の存在を強調する声。

 

聞いていると、頭にクラクラくる。

 

でも、大きいと思っていた「音」は、

 

喉にかなり負担をかけた、

 

「破裂する、頭を小突かれる」ような音だった。

 

キンキン声のソプラノでなく、

 

キンキン「アルト」バージョン。

 

 

ところが、

 

柔らかくなった肩甲骨、肋骨、胸骨がある、

 

「胸」の部分を意識してみると、

 

まるで別人のような声が響いてきた。

 

 

 

ゆったりとした呼気とともに出てきた音は、

 

気品があり、優雅、を醸し出していた。

 

 

 

その方に、

 

「清貧の誓いを立てていた過去生を断ち切る」という文章を、

 

読んでもらいました。

 

 

 

読んでいる間も、どんどん変化していく音色。

 

すごく面白い!

 

 

 

今、ここで人生が変わっているんだなあ。

 

きっと、これから全く異なる人生を歩むんだなぁ。

 

そう思えたのです。

 

 

 

豊かになることを自分に許せば、自信を持ち、

 

「ティーチング」「スピーキング」をライフパーパスとして、

 

活動していく「新しい道」が開けると、

 

ひいたカードたちは、告げていました。

 

 

 

 

「自分の声」がその道案内をして、

 

しっかりとした基盤を築き、

 

「お金」も潤う未来を引き寄せているんだという構図が、

 

見て取れました。

 

 

 

思っていた以上にすごいなあ。

 

感心しちゃった。

 

 

 

 

私の中の何かが、ストンと胸に落ちた1日でした。

 

ありがとう。

 

 

 

今、私の中にあるもの。

 

それは、大人の文化団体なんです。

 

まだ、名前も形もないんだけれど、、、

 

確かなものです。

 

 

でも、すでにそれは機能していて、

 

今始めたヴィーガン活動も、

 

その一環なのです。

 

 

 

互いの進化、変化を、

共に喜び称え合う交流の場。

 

 

 

さあ、これから、さらに楽しみが倍増するなあ。

 

 

 

 

井沢慶紅でした。

 

image by rawpixel.com.

大神ゼウスとダナエーとの間に生まれたペルセウスは、セリーポス島の領主ポリュデクテースから怪物メドゥーサの首を持ってくるように命ぜられた。アテーナーやヘルメース、ヘスペリデスらから助力を受けたペルセウスは、見事メドゥーサを倒し、また海の怪物ケートスの生贄にされようとしていたアンドロメダー姫を救った。天上のペルセウスは、右手に剣、左手にはメドゥーサの首を持っている。メドゥーサの首はあまりに恐ろしく、見たものは石になってしまうという。以上ペルセウスより。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

今朝は、けたたましい目覚しの音で朝早くから起こされて、、、、

 

寝ぼけながら、、、、

 

目覚しを止めてまたスヤスヤ眠りに入ろうとしたら、

 

あることに気づいたんです。

 

私は、目覚ましかけてないって!

 

 

 

 

最近、とみに不思議な現象が起こり始めていて、

 

まあ、不思議なのか、勘違いなのか、

 

そこらへんは、深く考えないのですが、

 

今日ばかりは、このことに真摯に向き合おうと、

 

パソコンに向かっています。

 

 

 

与えられた時間。(せっかく早起きしたから三文の得を得ようとしてる私)

 

 

自分の役割。これを見直してごらん。

 

 

誰かが、そう言っているような気がしました。

 

お部屋に飾ってあった、真っ白な羽で作られたドリームキャッチャーの飾りは、

 

なにやら私に仕切りとアピールしています。

 

 

 

 

ヴィーガンになって20年以上になるけれど、

 

もしも私がヴィーガンになっていなかったら、

 

今の健康はなかったことを思うと、空恐ろしい気持ちになるよなあ。

 

ヴィーガンは、素晴らしい。

 

そんなことを一生懸命記事にしていた頃もありました。

 

 

 

 

でも、世の中に溢れている食べ物。見てみて。

 

 

 

 

売ってるものを食べて、ちゃんと生きてるし、

 

体なんともないし、

 

そんなことに気を使うのはばかばかしい。

 

いろいろ食べられないものがあってかわいそう!

 

 

 

反対に、かわいそうだねって、言われちゃう。

 

時流は、まだまだ変わりそうにないね。

 

そう思って、諦めていました。

 

 

 

ところがです。

 

今朝の目覚ましの警笛は、

 

私に叱咤激励を与えたかったんだ。

 

もしかしてそうなの?、、、、Yes! Yes! Yes!

 

そっか〜

 

 

また、ヴィーガン活動を始めるか。

 

どんな形になるのか、見当もつきませんが、

 

すでにアクションを起こしている自分がいます。

 

 

 

 

何気なく動いてる自分。

 

迷いもない。。。これは、ソマティクスのおかげですよ。きっと。

 

ソマティクスに関しては、ここ2年ぐらいかけて、

 

ケーススタディをまとめて、論文(ちょっと大げさ)提出する予定。

 

 

 

ソマティクス、ダンス、ヴォイスを通じて、

 

3年間の肉体改造が、功を奏したようで、

 

からだが、勝手に後ろから後押しされて、

 

分単位で、動いているのです。

 

 

頭で考えないので、ストレスもないし、

 

ただ行動あるのみって感じ。

 

 

 

 

そういえば、先日いらした男性のお客様に、

 

こう言ったのを思い出しました。

 

 

 

”慢性的な疲労がありますね。

 

時々でいいですから、からだの後ろも意識してあげてください。”

 

 

 

しゃかりきになっている時って、

 

前傾姿勢になって、「自分が!」なんとかしなくちゃって、

 

重いからだを前に前に!、早く!早く!って、

 

力ずくで引っ張ってるんです。

 

そんなことしたら、大変!

 

ストレスと筋肉の疲労は増すばかり。からだも硬直します。

 

 

からだには、前身頃だけではなく、後ろ身頃もあることをお忘れなく!

 

 

後ろで生きる♬

 

後ろの大きな筋肉たちは、何のためについているのか、

 

今一度、感じてあげてください。

 

 

あなたの人生を応援するために、

 

後ろの筋肉ちゃんたちは、待機しています。

 

そのためには、深い呼吸をして、

 

後ろの筋肉に後押しされるのを、

 

少し待ちましょう。

 

20秒ぐらいでいいかな。

 

 

そうすることで、人生は、一転しますから。

 

是非是非!

 

おためしあれ!

 

 

 

井沢慶紅でした。

 

 

Aramis Funkographer