地球にやさしい美容室

地球にやさしい美容室

チャームサロンイザワ 横浜市旭区南希望が丘2 TEL 045-363-0846 営業時間 9:30-18:30 日・水定休 
自然食品店のある美容室。自然派美容師☆井沢慶紅の”natural beauty” 日記。アクセス:相鉄線希望が丘駅より徒歩6分。



シンプルで美しく。

これが一番難しいですが、

チャレンジしがいがあるテーマです。

ヘアデザインの基本。

もちろん技術水準は、最高レベルを常に求めること。

でも、もっとスペシャルなことは、

「あなたは美しいですよ」「自分をもっと好きになって」と願いながら、

施述をすることかなあ。


井沢慶紅(イザワケイコー)



ヘアメニューもリフレクソロジーも、さらに新メニューをどうぞ。

ヘアカラーでは、シャドーイングとライトニングで、

ヘアカラーによる「造形美」を表現しています。

テーマ:

Lavande by JP Tonn

 

 

 

髪の毛が語るぅ。

 

 

 

 

最近思うんだけど、

 

髪の毛って、

 

神経の末端に思えてならないんだよね。

 

 

そして、彼らが何を言ってるかって?

 

それはね。

 

もっと「しなやかな僕たちを信じて」って。

 

そういう視点から見てると、

 

聞こえてくる。

 

彼らがどんな風にしてもらいたいのか?

 

 

髪をとかす時、ゆっくりと、

 

頭皮の呼吸に合わせてとかしていくの。

 

するとね、彼らは安心して、

 

「こんな風になりたいの」って言ってくるんです。

 

 

だから、一旦は、彼らの言う通りに。。。。

 

何も考えずにね。

 

流れに逆らわずに、ただただあるがままを、

 

楽しませてあげる。

 

すると、中から現れてくるんだな。

 

新しいヘアが。光とともに。

 

気がつくと、髪全体が、眩しくしなやかに、

 

輝いているじゃない!

 

 

究極のトリートメントかな。これって。

 

 

 

井沢慶紅でした。


テーマ:

Harvest in progress by Christian Kortum

 

 

 

 

ビューティの仕事に携わってきて、

 

全く見えていなかったことを告白。

 

 

「人を美しくする」仕事だって、

 

勝手に思い込んできたけれど、

 

本当のところは、違う。

 

 

目の前の人を、別の何かに変身させること。

 

それを長年やってきて、ストレスが頂点に達して、

 

病気になったのが三十年前。

 

 

今だから言えるけれど、

 

だって、ほとんどの女性が、

 

自分の顔や髪質に不満を持っていて、

 

あ〜なりたい!とか、ここを隠したい!、

 

誰々みたいになりたいという注文を、

 

ひたすら真面目に受けて仕事をしていたんだと、

 

今になってみれば、懐かしくも、

 

悲惨だったねとも言える。

 

 

「美しくする」なんておこがましい。

 

だって「美しい」だもん。すでに。

 

それが普通の目では、見えていないだけ。

 

 

彫刻家が、まだ出来上がっていない作品を、

 

大理石の中に見ている感覚に似ているかな。

 

 

 

 

今は、スタイルブックもいらない。

 

イメージ写真を主に使います。

 

でも、そのイメージは参考にするだけ。

 

 

髪の毛が主役、お肌が主役ですから、

 

私が主にお話を伺うのは、

 

朗々とお話をしてくださる「髪の毛」や「お肌」です。

 

 

 

そして、皆様(お客様)には、

 

こんな感じで、

 

髪の毛さんは言っていますけれど、どうしますか?って、

 

お伝えはしています。

 

 

「髪の毛」や「お肌」には、

 

今までのすべての履歴と、

 

これからどうなりたいのかっていうメッセージが、

 

込められています。

 

 

するとね、

 

私は、召使のように、

 

彼らの欲することを、技術を、

 

できる限りたくさん提供し、

 

全くそれに見合っていない(^ ^)「超破格」で提供することが、

 

お仕事になっている。

 

 

(安売りのカット屋さんからしたら高いけど)

 

 

 

前髪をまっすぐのラインに切る。

 

そんな時も、

 

あなたの「まっすぐ」ってどんな感じ?

 

そんなことを話しかけながら作業をしているのです。

 

声に出さないけれどね。

 

 

 

とっても優雅な時間を過ごす、

 

この贅沢な空間が大好きです。

 

 

おかげさまで、今は、ご新規の方が、

 

とっても入りづらい状況です。

 

そして、電話も通じません。

 

サロンの電話は、常に転送される設定になっていて、

 

ほとんどすぐには出ないので、

 

みなさんメッセージを残すか、

 

交換したプライベートメールでのやり取りになっています。

 

 

「お店」という概念を取っ払いました。

 

だって、商売なんてしていないんですもん。

 

 

今、目の前の方との時間を、

 

すべてで受け止めて、施術に集中するため、

 

外部とはできるだけ距離を置いているのです。

 

 

そういうことを理解してくださる方が、

 

たくさんいらして、ちょっと驚いています。

 

 

案ずるより産むが易し。

 

 

変わっていくことって、そりゃ、誰しも怖いですよね。

 

でもそれ以上に変わらないことの方が脅威なのです。

 

 

積極的に、変換していく、

 

それが毎日の朝のルーティンワークに成っています。

 

 

さあ、今日は、あの方とあの方のために。

 

 

頑張ろう。

 

 

 

井沢慶紅でした。

 

 

 

 


テーマ:

The Earth's Spine by Caribb
 

 

 

冬の空が高すぎて、、、

 

夜が来て朝が来るように

 

冬が去り春が訪れ

 

初夏はあと言う間に

 

真っ赤に燃えるような太陽を連れてきた。

 

 

 

息苦しいほどの情熱に燃える太陽

 

 

どうにもこうにも行き場のないカラダ

 

 

こんな時、

 

背骨が話しかけてくる。

 

 

 

4年近く、ダンスやコンディショニングを、

 

スローペースで続けてきて、

 

カラダが話しかけてくる言葉にどうやら理解が深まった。

 

 

すると今度は、

 

そのカラダの声をアウトプットしてよというお題が、、、

 

 

仕事柄、いろんな方の声を聞くことが多いけれど、

 

そうだなあ〜

 

「息苦しい!」とか「生きづらい」っていうカラダの声、

 

聞こえてくるんだよなあ。

 

「髪の毛」なんて特に色々とつぶやいている。

 

 

そんな声が聞こえてくると、

 

こっそりと、スペシャルアロマをディフューズしたり、

 

頭皮やネックのハンズオンを始めたり、

 

カラダや髪の要望に応えてします。

 

 

ご本人には、一応説明してご承諾いただきますがね。

 

 

こんな暑苦しい時は、

 

背骨をのびのび〜ってリラックスさせてあげると、

 

みんなぐっすり寝ちゃうんだなあ。

 

気持ち良さそう。

 

 

辛い!辛い1と思っていると、

 

背骨は、丸まって、縮こまっちゃうみたいね。

 

 

ずっとみなさんの髪や首や肩や頭部に触れてきたけれど、

 

ここに来てグッとまた「身近」に感じるのです。

 

 

襟足が首のグリグリ近くまであるのを見ていたら、

 

どうやら、皮膚の下の筋肉が、

 

首の付け根に向かってぎゅーっと引っ張られていることが見えてきたの。

 

 

もしかして、不調があるかな?って伺ったらやっぱりね。

 

ずっと辛いんですって。

 

これって「ストレート」に首の骨が並んで緊張しているせいだねって言ったら、

 

そう、ストレートネックなんだって。。。

 

 

 

多分ですよ。

 

少しづつリラクゼーションをして行ってあげれば、

 

襟足の形、変わるかもって思いました。

 

 

 

背骨のことちょっと調べたくなったので、

 

別のノート(記事)に書いておこうっと。

 

 

 

ではまた。

 

 

井沢慶紅でした。

 

 

 

 

 


テーマ:

 

海は広いな〜

 

大きいなあ〜

 

 

 

今年は、猛暑でこの夏をどう過ごしたらいいんだろう。って、

 

思いますよね。

 

 

でも天候や地球環境を、自在にコントロールすることは、

 

できない!

 

 

毎日を快適に過ごす工夫。

 

それをするしかないね。

 

 

いつもサロンで常備しているのは、

 

エッセンシャルオイルの「ペパーミント」(シングルオイル)

 

それと「アール**」(ブレンドオイル)

powerful blend of Spruce, Cypress, and three types of Eucalyptus oils (E. globulus, E. radiata, and E. citriodora) ...........the name is abbreviation for Respiratory Congestion

 

 

毎日の暮らしの中で、

 

何が一番大事かって、

 

それは、新鮮な空気です。

 

 

私たちの肺は、いつもいつも負担を強いられていて、

 

汚染された空気や、緊張による「浅い呼吸」で、

 

肺の本来のパフォーマンスが著しく低下しています。

 

 

優しく自分の胸元に手を当ててあげるだけでも、

 

肺はホッとしてくれるんです。

 

そしてさらに、空気を清浄化いてあげたら、

 

もっと喜んでくれるでしょ。

 

 

ですから、サロンにいらした方には、

 

まずゆったりと呼吸をしていただいて、

 

この空間を存分に味わっていただくために、

 

この二種類のオイルを常備しています。

 

 

大概の問題は、これで解決しているからすごいでしょ。

 

 

風邪のひき始めや、花粉症、

 

そして、運動機能の向上(酸素量が増えるからね)などにも、

 

とってもよく働いてくれます。

 

 

何がすごいかって?

 

オイルが素晴らしいのではなくてねえ、、、

 

私たちのからだの「潜在能力」に驚かされるんですよ。

 

 

途端に、髪もツヤツヤしてくるんですよ。

 

 

ぜひおためしくださいね。

 

暑い夏を涼やかに過ごしましょう。

 

 

 

井沢慶紅でした。


テーマ:

the bug by Michael Mueller

 

 

 

こんにちは〜♪

 

ひさしぶりにパソコンの前に座っています。

 

20年ほど、ヴィーガン(菜食)をして、

 

ライフスタイルのデトックスを続けてきました。

 

 

お食事を変えることは、

 

私にとってはとっても簡単だったの。

 

大好きだったお肉が、お魚が、自然と合わなくなったから、、、、

 

目の前のお肉の塊を見ると、

 

可愛がっていた動物とリンクしてしまって、

 

気分が悪くなるのを、必死でこらえています。

 

 

この前は、丸々と太った鶏モモのローストに、

 

一瞬ドキッとしましたが、

 

解剖学教室にいる医大生になったイメージをしたら、

 

なんとかその場をしのげました。

 

 

そう、解剖学教室。

 

いいアイデアでした。

 

 

 

最近の興味は、解剖学ですから。。。。

 

 

人を見ると、スケルトンが見えてきたり、とっても面白いんです。

 

 

 

今日のトピックは、長年行ってきた、

 

ヴィーガンのライフスタイルについて。

 

 

お食事を変えることは簡単。

 

確か、私の先生である、イタリア人のミケランジェロ氏も言っていました。

 

10年ほど前、

 

私の人生に何が起こったのか、振り返ってみると、

 

「大嵐」

 

それは、感情のデトックスでした。

 

 

それまで生きてきて、溜め込んできた「感情」が、

 

たっくさん放出されたのです。

 

よく感情の解放っていうよね。

 

エッセンシャルオイルの本を見ると、そんなこと書いてある。。。

 

 

でも、実際のところ、そんな簡単で生やさしいものではないのです。

 

感情の「解放」または、さらに「アリジゴク」が、

 

繰り広げられるのです。

 

いろんなアクシデントやイベントが起こり出します。

 

そのたびに、

 

あなたは「変われる?」「そのまま?」って、

 

試される「試練」ってやつ。厳しいね。

 

 

難問を突きつけられてきました。

 

まさに「いばらのみち」

 

 

10年ぐらいじっとじっとそんな中をしのいできて、

 

つい最近、ハッとしました。

 

 

「感情の嵐」はだいぶ治まったかと、、、、

 

すると、次なる難問がすでに来ていることに気づいたのです。

 

 

お次は、「思考」「精神」「クリエイティビティ」に関するデトックス。

 

もう始まっています。

 

 

ある変化を余儀なくされて、

 

ここ何日か、禅問答のようなものを、

 

行っているのです。

 

 

 

私にとって仕事とは?

 

生きるって?

 

関係って?

 

 

この答えに正解も不正解もありません。

 

 

自分がこれから、どこに照準を合わせるか、

 

それだけのことです。

 

 

まだ答えが出ていませんが、

 

その答えが出ることによって、

 

これから目の前に起こることも、

 

行動計画も変わってくることは確かです。

 

 

 

また、ここに遊びに来ますね。

 

 

それまで、皆様お元気でね〜

 

 

 

 


テーマ:

The "Other" Poppy by tdlucas5000

 

 

 

 

お久しぶりです。

 

ブログをお休みしてから、早一ヶ月が過ぎちゃいました。

 

今まで書いた記事を読み返していませんが、

 

きっと比べたら別人になっているかも、、、

 

 

不思議なことは、さらにパワーアップして、

 

毎度のように起きているので、

 

それが非日常ではなく、日常になってしまいました。

 

 

このところ、やたらと握手を求められる現象も、

 

面白い!

 

 

私が何かして差し上げたという記憶や認識がないのに、

 

「ありがとう」の気持ちがいっぱいの、

 

「手」が目の前にやってくるのです。

 

 

あっ、「手がやってきた」と思う前に、

 

私の「手」も差し出して、

 

「手と手」が仲良くなっちゃう。

 

 

すると、すごい勢いで、

 

喜びがうわ〜って、カラダ中を駆け巡るんです。

 

 

たっくさんのギフトをいただいたくらい嬉しい!

 

 

今日は、なぜブログを書けたかというと、

 

単純に早起きできたからなんです。

 

3時に目が覚めちゃって。

 

こんなこと、最近は珍しいこと。

 

 

6月は、寝ても覚めても、「変化の大嵐」

 

嵐と言っても、大変だったということではないの。

 

時間の概念や観念がぶっ飛んでしまったのです。

 

 

寝ているか、何かに夢中になっているか、

 

この二つしかありませんでした。

 

とっても「濃い時間」を過ごしていたのです。

 

 

頭の中は、すっからかん。

 

何も考えない。考える暇なし。

 

本当、楽しいんだよね。充実していることって。

 

 

そうそう、今朝は、なぜ変な時間に目覚めたかというと、

 

一昨晩もそうだったんだけれど、

 

「足がだるい」不思議なだるさがやってきたのです。

 

この時は、寝ながら手でさすっているうちに、

 

また寝ちゃったので問題なかったのですが、

 

今朝は、ベッドの上でコンディショニングなどして、

 

カラダのご機嫌をとっているうちに、

 

もう起きちゃえって気持ちになっちゃったのです。

 

 

そして、何をしたと思います。

 

なんと、古いお洋服の整理。

 

それも、レギンスとかレッグに関する洋服のエネルギーが、

 

ちょっと嫌だなって気がしたのです。

 

早速、それらの服を処分しました。

 

 

そして、新しい部屋着を身にまとった途端、

 

あのだるさは、まったくなくなり気分爽快に。

 

 

面白いね〜。

 

 

 

こんな風に毎日を元気に過ごしておりますので、ご心配なく。

 

暑い夏になりそうですが、

 

お体を大切にね。

 

 

ではまた、お会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

wood apple by Valery Parkhomenko

 

 

 

 

 

森に入って、入り口の植物に声をかけます。

 

すると、その「やあ、おはよう!」が、

 

森林公園全体の植物に伝わるようで、

 

森全体が、「また来たんだね」「ようこそ」って、

 

みんながウェルカムしてくれる。

 

柔らかな風が、ずっと肌を通して、

 

カラダに浸透していきます。

 

 

 

そんな時、

 

植物とカラダって繋がっているんだなって、

 

感じられてとってもリラックスするんです。

 

 

コンクリートジャングルの中で暮らすことが、

 

どれだけハードなことなのか、

 

カラダさんは文句は言わないけれど、

 

ストレスを溜め込んでいるんですね。

 

 

先日、ある施設にお見舞いに行ってきました。

 

その前日には、「今晩が峠かも」と知らされていましたが、

 

とりあえずお顔だけ見たい。

 

早朝のスパも予定を早く切り上げて、

 

車で向かいました。

 

 

 

小さい頃お世話になった人。

 

何十年ぶりかで会いました。

 

 

姿かたちは、変わっても、変わらない何かを感じました。

 

 

すると、時間が止まり、

 

森の中の静けさが現れたのです。

 

 

 

私の手には、「赦し」と書かれたエッセンシャルオイルと、

 

「豊かさ」(いつもアロマペンダントに使用しているブレンドオイル)と、

 

「フランキンセンス」(乳香)が握り締められていました。

 

 

森の精が、私の手を取り足を取り、

 

三本の香りが、

 

頭や手や胸に、そして足に、

 

優しい風となって吹き込まれていきました。

 

 

 

あ〜これって、

 

魂の安らぎと、旅立ちの不安を取り除いているんだ〜。

 

 

 

「心配はある?」って、ご本人に聞くと、

 

酸素マスクの向こうで、

 

しっかりした「意志の声」で、

 

「ない!」って、

 

目もキラキラ輝いているのが、

 

とっても印象的でした。

 

 

この日以来、

 

私の中でも、深いヒーリングが起きています。

 

不思議だね。

 

 


テーマ:

Farbenfroh by Doris Göbel

 

 

 

毎日のように老人施設に足を踏み入れていると、

 

自然とエンディングを考えさせられる。

 

 

自分で決められることと、

 

そうでないことが、

 

毎日の中にあります。

 

 

一番大切な、人生の終わりに、

 

果たして、どこまで自分で意思決定できるんだろう。

 

そんなことを考えさせられるのです。

 

 

愛する人々に囲まれて最後をと言うシーンを想像すると、

 

それはそれは、幸せそうに響きますが、

 

そうするために何ができるのか、

 

皆目見当もつきません。

 

 

自分で計画していても、

 

その通りになるなんて保証は一つもないから。ねっ!

 

 

残念ですが、

 

毎日、地味な一歩一歩、

 

カラダと仲良く進んでいくこと。

 

これだけしかないかな。

 

 

でも、この中に、奇跡を起こせるパワーが潜んでいるはず。

 

そこを何とか発動させようと、

 

今始めてみようと思うことは、

 

再び「リーディング」のスキルアップ、そして設定変更です。

 

 

 

わけのわからないことを言っていますが、

 

今までの初期設定(人生のプログラムのです)を、

 

大幅に見直し、更新手続きを取るつもり。

 

 

 

「私はただの人」(普通の人の意味です。特殊とは思いたくなかった。)

 

これは、物心ついた時に、

 

大人の様子を見て、自分は普通がいいと思っちゃって、

 

脳みそに言い聞かせちゃったのです。

 

 

これが、のちに、頚椎のブロックを引き起こしていました。

 

母の後を継いで、美容室で働く美容師さん。

 

これをずっと外見として使ってきた。そうなのよね。

 

 

でも、その外見はもう脱ぎ捨てちゃった。。。。

 

依然として美容師であるし、これからも美容の仕事を続けますが、

 

美容師としての世界は、

 

無限に広がって、どこまでいくんだろう、

 

そんな感じで「フリー」を味わっています。

 

 

 

肋骨の一本一本に、

 

古い「意志」が埋没していて、

 

それをイメージすると、

 

新たな「意志」が発動してきます。

 

 

 

このプロセスを続けていて、

 

今は、呼吸が少し楽になった感。

 

 

 

うん。いいんじゃない。

 

 

私にしかできないことが、

 

まだまだ山ほどあって、

 

それを掘り起こしています。

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

Gerbera by John Wiesenfeld

 

 

 

 

 

 

11日までに花壇のお花の植え替えをやってあげなくっちゃ。

 

月が下降している間は、

 

エネルギーが大地にグラウンディングしているからね。

 

なんとか、月がさそり座からいて座に移る前に。。。

 

 

最近サロンが生き生きとしてきて、

 

明るくなってきています。

 

建物全体も、様相が変化していて、

 

お花の精たちも集まってきた様子。

 

 

予定もしていなかったのに、

 

今日は花屋さんの前で急停車。

 

急ブレーキをかけたわけではないので心配しないで、、

 

 

大きなカゴに、あれとあれとあれ。

 

もうそれを買うって決まっていたかのように、

 

お花たちは選ばれてやってきました。

 

 

お花の名前なんて知らないけれど、

 

お話ができるからいいね。

 

 

それぞれ、収まる場所にちゃんと収まって、

 

ご機嫌のようです。

 

 

看板もメニューもないお店。

 

きっと外観からは何屋さんかわからないだろうなあ。

 

 

こないだも、若いご夫婦が、お店の前で立ち止まって、

 

何屋さんですか?ここって?

 

そう言ってたっけ。

 

 

そう、それがいい。

 

みんなの記憶から、美容院だってのも消えてしまえ〜

 

ずっと奥底にしまってあった「何か」が、

 

うずうずと首をもたげて、

 

きっとここで何かが始まる。

 

 

それはそれは、リアルに感じるのであります。

 

 

ある時は、隠れ家定食屋。

 

週に何日かは、美容院。

 

ある時は、集会所。

 

そして、ヨガスタジオ。

 

色々な可能性。。。

 

 

みなさんがここで「安らぐ」ための何かをしよう。

 

それは確定。さあ、明日からまた一歩。。。

 

 

今日は久しぶりの早朝スパに行ってきました。

 

最近はズルをして、

 

水風呂に数分しか入っていなかったのをお見通しだったのかな。

 

 

 

前回、水風呂に浸かっていたら、

 

目の前を塞ぐように入ってきた女性。

 

 

ニコニコしながら、

 

「私ね誰に教わったわけでもないんですけれど、

 

水風呂に5分入ると体が芯からあったまってくることを発見したんです」

 

こんな風に言いながら、

 

私が出ようとするのを邪魔してくださいました。

 

 

思わず笑っちゃいました。

 

その方とお話ししながら、5分入っていたんです。

 

 

今日は、あの時の爽快感が忘れられなくて、

 

時間がないながらも、

 

しっかり5分、水風呂に入ってみました。

 

やっぱりね。

 

頭のぼーっとしたのがスッキリとれる。

 

 

連れがいると、ちょっと遠慮して省いてしまうの。

 

それを深く反省しました。

 

 

それにしても眠い。今日は何時間起きているんだろう。

 

では、また。

 

 

エンジェルたちが、「エンジェルロード」完成に向けて、

 

良く働いてくれているのね。

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

Tulip in The Rain by Toshihiro Gamo

 

 

 

 

深い眠りから目覚めて、

 

あれ?いつ眠りについたんだろう。

 

記憶が定かではないが、

 

いつものようにドラマを見ながら寝てしまったようです。

 

 

 

確か、買っておいた緑豆はるさめのキャベツスープを、

 

たっぷりと堪能していたんだよなあ。

 

おすすめなので、今度、

 

サロンの「ヒーリングフーズ」のコーナーに置いておこう。

 

大袋でとってもお安い。

 

 

ゴールデンウィーク真っ最中ですが、

 

毎日が、とってもカラフルでバラエティ豊かに、

 

さらに加速、さらに強化されているみたい。

 

 

予期せぬ「良きこと」が次々と起こっています。

 

それを招いているのは、「あなた」ですね。

 

心の中でお友達(私のガイダンス)に話しかけています。

 

 

この場をお借りして伝えたいこと、

 

それは、自分のカラダを大切にすることです。

 

 

どこか凝り固まっています?

 

それは、心のどこかが、「冷え固まっている」証拠。

 

 

私は、声の響きのレッスンで「共振するカラダ作り」を学んだり、

 

ソマティクスの「セルフリファレンス」(自分の手で感謝を込めてカラダを認識する)など、

 

自分に愛を与えることを、

 

ここ何年かやってきました。

 

 

毎回毎回、「冷え固まっていた思考」や、「狭い解釈や概念」、

 

「頑固にとどまっている感情」に出会ってきました。

 

 

ふっと、そう言ったものが浮かんできては、

 

カラダに労いと感謝を言葉にして、

 

会話することが当たり前の毎日になっています。

 

 

自分のカラダと会話することは、

 

より簡単になってきて、大きな付録が付いてきました。

 

自分以外の人のカラダとのコミュニケーションも、

 

行うようになったのです。

 

 

サロンでのお仕事中は、

 

ずっと皆様のお体(時に髪やお肌)とお話ししています。

 

 

 

するとね、新たな発見、いや、教えてもらうことが、

 

いっぱいあるんです。

 

 

 

先日も、癖っ毛のお手入れ法を教えてもらいました。

 

私がその方の髪にブラシを入れようとしたら、

 

髪が「ノー」って言うんです。

 

 

普段きっとブラシでストレスを感じているんですね。

 

そう、癖っ毛さんは、ブラシが大嫌いかも。

 

うねうねしていますから、ツイストした部分が、

 

切れちゃうかもって怖がっているんです。

 

 

ですから、そっと、極上のエッセンシャルオイルをつけてあげました。

 

なんと、その直後、美しいウェーブが出てきたんですよ。

 

キラキラ輝いてきたではありませんか。

 

 

きっと、この髪は、何もしなくても、

 

美しいウェーブを作っていくんだろうなあ。

 

 

 

手ぐしで優しくケアしてあげてくださいね。

 

 

 

 

気づかせてくれてありがとう。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス