流した涙一粒一粒が一生の宝物

流した涙一粒一粒が一生の宝物

SKEとHKTを同じぐらいのバランスで応援しています!

コメントぺタ読者登録などなど大歓迎です。

お返しするのが遅れる場合もありますが、出来る限り返させていただきますのでお気軽にどうぞ~。

ただし、記事に直接関係のないコメントにつきましてはご遠慮ください!


読み逃げは自由ですが、アメンバーに関しては絡んだことがある人に限らせていただいております。

コメント欄は承認制になっているので、反映されるまでには少し時間が掛かることもございます。


なお、選手の呼称については基本的に現役選手のみ敬称略とさせていただいているので、ご了承ください。


ライブレポートはネタバレ記事が中心になるので、事前にセットリストを知りたくない方は閲覧にご注意ください。

無観客の中、東京競馬場で行われた「第87回・日本ダービー」は単勝1.4倍という圧倒的な1番人気に支持されたコントレイルが好位から楽々と抜け出すと直線では余裕の手応えで先頭に立ち、後続に3馬身差をつけて完勝。

 

 

デビューから無傷の5連勝で2005年に父のディープインパクトが達成して以来、15年ぶり史上7頭目となる無敗のクラシック2冠馬に輝いて、歴史的名馬の仲間入りを果たしました。

 

抜群のスタートを決めて、3番手を確保すると最大のライバルだったサリオスよりも前のポジションを確保することができたし、既にこの時点で勝負はあったも同然。

1000メートルの通過が61秒7というスローペースの中、横山典弘騎手騎乗のマイラプソディが途中で動いて先頭に立ちましたが、コントレイルと福永騎手は慌てず騒がず折り合いに専念。

 

直線では馬場の外へ持ち出すと、併せようとしてきたサリオスをあっという間に突き放してラスト200メートル付近から後続との差は開いていく一方でした。

 

これでもまだ直線では遊ぶ余裕があったとレース後に鞍上が振り返っているのだから末恐ろしいし、このまま菊花賞も制して無敗の三冠馬となるのは確実でしょう。

 

去年の夏、惜しまれながらも天国へと旅立ったディープインパクトの最高傑作としてこれからどこまで強くなっていくのか楽しみで仕方ないし、将来は凱旋門賞にも挑戦してもらいたいです。

 

2着となったサリオスは相手が悪かったとしか言いようがないし、NHKマイルカップに出ていれば勝てた可能性は高いですが、ダービーに出走した選択は決して間違いではなかったでしょう。

 

今年のクラシックは牡馬、牝馬共に無敗の2冠馬が誕生して暗いニュースが続く世の中に明るい話題を届けてくれたし、ひと夏を越して迎える秋がますます楽しみになりました!!

いよいよ明日は、2017年に生まれたサラブレッド7,272頭の頂点を決める一戦「第87回・日本ダービー」が東京競馬場で開催されます。

 

年に一度の競馬の祭典が無観客で行われるのは寂しい限りですが、今年も世代トップの18頭が勢ぞろいして熱いレースが繰り広げられそうです。

 

◎ ⑤ コントレイル

○ ⑫ サリオス

▲ ⑮ サトノフラッグ

△ ③ ワーケア

△ ⑪ ガロアクリーク

△ ⑬ ディープボンド

△ ② アルジャンナ

△ ⑱ ウインカーネリアン

 

 

デビュー4戦4勝で皐月賞を制して、父のディープインパクト以来15年ぶり7頭目となる無敗の2冠馬誕生へ期待の集まるコントレイルが本命。

 

前走の皐月賞では、スタート直後に行き脚が付かず最内枠ということもあってごちゃつく場面もあり、今までとは違う後方からの競馬に。

それでも3コーナーから4コーナーにかけてものすごい手応えでポジションをあげていくと、直線では父をほうふつとさせるような末脚で同じ無敗馬のサリオスとの激しい叩き合いを制して1着でゴールを駆け抜けました。

 

通った位置を考えれば半馬身という着差以上に強い内容で完勝だったと言えるし、あれだけロスの多い競馬をして勝ち切ったのだからコントレイルの強さを改めて印象付けました。

 

ダービーに出走する今回のメンバーでほとんどの馬は既にコントレイルとの勝負付けは済んでいるし、東京コースも東スポ杯2歳Sで2着馬に5馬身差をつけて1分44秒5という驚異的なレコードで勝っているので、大歓迎。

 

血統、折り合い面からも距離延長に不安はなく、鞍上もおととしのダービーをワグネリアンで制していて心強いし、枠順も父が15年前に勝った時と全く同じ3枠5番なのも運命的で、2冠達成へ死角は見当たりません。

 

 

前走の皐月賞で2着に敗れて初黒星を喫したサリオスも負けて強しといえる内容だったし、あのレースぶりと父ハーツクライという血統面からさらに距離が伸びても大丈夫。

東京コースは新馬、サウジアラビアRCと連勝しているし、スムーズに先行してコントレイル相手にどこまで抵抗できるかでしょう。

 

 

2強の一騎打ちが濃厚で最大の焦点は3着争いとなりそうですが、サトノフラッグの前走は5着で上位2頭に対しては完敗という内容も、弥生賞を勝った鞍上に戻って反撃なるか。

 

出走権を得た皐月賞を自重してここに備えたワーケアは新馬、アイビーSの勝ちっぷりが良かったし、ルメールが早くからダービーを意識していた馬で注意が必要。

 

皐月賞3着のガロアクリークは血統面から距離延長への課題を残すも、スローの瞬発力勝負になれば出番は十分ありそう。

 

京都新聞杯を勝って勢いのあるディープボンド、素質馬のアルジャンナ、大外枠でも単騎逃げできそうなウインカーネリアンの前残りまで警戒。

 

馬券は、⑤の単勝と3連単は1着固定で⑤→②③⑪⑫⑬⑮⑱→②③⑪⑫⑬⑮⑱の42点で勝負したいと思います!!