静岡の太陽と風で造る家「パッシブデザイン」がんばりブログ

静岡の太陽と風で造る家「パッシブデザイン」がんばりブログ

地域工務店の対戦相手は、ハウスメーカーです。蟻VSゾウのこの戦いに勝利すべく、日々もがいています。
省エネの真打、「パッシブ・デザイン」の魅力や、ハウスメーカーさんには絶対にまねできない、感動の家づくりの秘密を!

なにかとスキャンダルまみれの豊田利晃監督作品、「泣き虫しょったんの奇跡」を観ました。

一度はプロ棋士の道を閉ざされ奨励会を退会し、サラリーマンとして働き始めながらも夢をあきらめきれず再び将棋の世界を目指し、史上初めてプロとのリーグ戦を制してプロ棋士となった、瀬川晶司氏の自伝小説を映画化した感動作。

主役のしょったんを松田龍平が演じ、もう書ききれないほど豪華な共演陣を向かえた話題作です。

共演者の一部をご紹介すると、しょったんの旧友役にRADWIMPSのボーカル野田洋次郎そのほかにも、 染谷将太、渋川清彦、早乙女太一、上白石萌音、石橋静河、板尾創路、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼らが出演、妻夫木聡、藤原竜也らがカメオ出演という、NHK大河ドラマかと思うような長豪華出演陣です。

こういう超豪華出演者の映画って、結構とっちらかっちゃうもんですが、ストーリーの流れ小気味よく好いたらしい感じです。

豊田監督の才能なんでしょうね、とてもいい映画でした。

「川の底からこんにちは」以後、「舟を編む」「夜空はいつでも最高密度の青色だ」など、話題作を連発し続けている石井裕也監督の最新作、「町田くんの世界」を観ました。

主演の二人は映画初主演の新人ということで、自分以外の人たちのことばかり考える超天然いい人の町田くんと、つらい経験から人を信じられずうまく笑えない奈々という、純な二人の役がどはまりしています。

その代わり、共演者の豪華さは半端なく、前田敦子はじめ大賀、松島奈々子、岩田剛典、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市など、そうそうたる俳優陣です。

着実にキャリアを積み重ねるだけでなく、満島ひかりを嫁にするなどといううらやましい石井監督ですが、この映画はもう楽しんで撮ってるのが随所から伝わってきます。

石井監督原点回帰とも言える、へんな人の面白さや純粋さをとことん掘り下げてるこの映画、今年観た映画の中ではベスト5に入る秀作でした。

イタリア映画、「シシリアン・ゴースト・ストーリー」を観ました。

監督は、イタリアでは超有名らしいファビオ兄弟。主演は初々しい二人の新人(だと思う)です。

この映画、もおたまんないです。

物語は、シシリア島で暮らすルナとジョゼッペという、幼い二人のラブストーリーですが、ただのラブストーリーじゃありません。

お互いに恋心が芽生え始めたルナとジョゼッペ、ある日突然ジョゼッペが行方不明に。必死に手がかりを探すルナだが、両親も町の人も口をつぐむばかり。実はジョゼッペはマフィアに誘拐され、監禁されていたのです。マフィア相手ということで、周囲の大人たちは薄々分かっているが誰も彼女を助けてくれない。

ピュアなルナは、マフィア相手でもひるまずに彼を探し続けるのだが・・・、という感じです。

日常としてマフィアが存在していることを、話題にも出来ないシシリア島の大人たちの常識と、まっすぐで純粋なルナとジョゼッペの恋心の対比が、美しい風景と残酷なシーンの対比と重なり、最上級のラブストーリーになっています。

「北の国から」のジュンの初恋物語以来、何十年かぶりに中坊の淡い恋物語に号泣してしまいました。