犬猫のがん性疼痛 | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

  がんってなんで痛いんだろう

  って思ったりしない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  最初のうちはがんは痛くないから

  人でも気づかないことが多くて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  かなり進行してから痛みを

  感じることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  逆に言うと痛みを感じるほどの

  がんだと進行してることに

  なるのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  最初っから痛かったら

  もっと早く気づくことが

  できるのにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人はがんになると痛みを伴う。

  人のがんの痛みは最初の

  段階で30%ぐらいに認められて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  がんが進行するにつれて

  65~85%に増加して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  末期がんになるとほとんどの

  人が痛みに苦しむことになるのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬猫のがんの痛みの統計が

  ないからわからないけど

  犬猫も末期になると痛みを

  伴うことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  進行していくがんを治すことは

  難しいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  痛みを少しでも減らすことは

  生活の質をよくすることになる

  から積極的に痛みケアをする

  ことが大事だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  がんの痛みの原因は

  神経、骨、軟部組織、内臓、筋肉

  靭帯、筋膜などの組織へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  がん細胞が浸潤することに

  よって痛くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  痛みは体性痛、内臓痛、

  神経障害性疼痛に分けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  体性痛は皮膚や筋肉、骨、

  軟部組織、腱、靭帯へ

  がん細胞が浸潤することで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  末梢神経の疼痛受容体に

  よって痛みを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人の場合は、限局的で

  突き刺すような痛みと

  表現される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  内臓痛は、内臓にがん細胞の

  浸潤によって、圧迫されたり

  ねじれたりすることによって

  痛みを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  広い範囲で絞られるような

  痛みと表現される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  神経障害性疼痛は神経根や

  脊髄へのがん細胞の浸潤に

  よって神経の痛みを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  焼けるような、刺すような

  しびれるような痛みと

  表現される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬猫はどんな痛みなのか

  人間の言葉を話してくれない

  からわからないけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  同じような痛みだと思うのさ。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬猫は人よりも痛みに強い

  なんて昔は言ってた時代も

  あったけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そんなことはなくて犬猫だって

  痛いものは痛いのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ただ痛いって言わないだけで

  きっと日本語が話せたら

  「痛い」って言ってると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬猫が何も言わないからとか

  キャンキャン鳴かないからとか

  ギャーギャー言わないから

  痛くないなんてことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬猫は痛い時はじっとして

  我慢してることが多いから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  じっとしてることが多いとか

  動かない時は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  痛みを感じてると思って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  がんの痛みは痛みとしては

  かなり強い痛みになるから

  積極的に痛み止めを使う

  ことが必要になるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  がんの末期なった時には

  犬猫が少しでも楽に過ごすために

  積極的な痛み管理が必要に

  なるのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日もありがとう

 人間より動物好きの獣医

 シワ神シワ男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 獣医師による犬猫のための腸内環境改善サービス

 

「腸活」という言葉があるように、「腸を整える」ことは、免疫力を向上させ、感染症予防や病気になりにくい身体作りに役立ちます。そんな腸内環境改善について獣医師の立場から様々な方法をご提供しています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/6dckx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の癌に関する話も読んでみて

動物のインスリノーマの質問に答えてみた

腎芽細胞腫の質問に答えてみた

犬猫の前立腺の腫瘍

動物のがんの告知

猫の肥満細胞腫について

猫の悪性黒色腫について

犬の膀胱腫瘍

猫の胃腸の腫瘍

犬の肥満細胞腫

犬の組織球性肉腫

犬猫の癌とはそもそも何か

犬で多い肥満細胞腫

肥満細胞腫の時に注意するダリエ兆候と自分の失敗談

獣医によって言うことが違うと心配になる

猫の乳腺腫瘍の緩和ケア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リライズニュースでインタビューを受けました。

リライズニュースは、様々な仕事がある中、まだ注目されていない原石のような方を様々な分野で活躍されている方を紹介してくれてます。

インタビュアーが読者と活躍する人の間になり、各業界にある限界にとらわれず、境界線を越えることができる架け橋になってくれてます。

ぼくもインタビューを受けたのでよかったら観てください。

 

動物の生涯は短い、だからこそ幸せなものにしたい!!動物の統合医療・獣医の藤原光宏さん

 

 

 

 

 

 


セミナーのダイジェストを作ってみた。

YouTubeのチャンネル登録もよろしく!

https://www.youtube.com/channel/UC1TQjMRG_gzVrlaS4knm0zg/

 

 

 

 

 

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

両本とも当院での在庫は完売いたしました。

 

 

 

 

LINE公式アカウントやってます。

登録してくれたら上手なシャンプーのコツ

動画を4本無料でプレゼントします!

友達登録をお願いします。

友だち追加

 

 

 

インスタもやってます
フォローしてもらえるとうれしいです。

 

 

 

シワ男のインスタ