こんにちは!
お願いマイハーター兼ボン人の竹田そらです。先日引退を迎えたばかりですが、今年2回目の部員ブログを書く機会を与えられました。長いようで短かった4年間。改めて振り返ると、しっかり長かったなと感じます。拙い文章ですが、最後まで読んで頂ければ幸いです。


「サッカー」において、最も重要なのはサッカーの実力だと思っていた。
試合に出てるやつが偉い、結果を出してるやつが凄い。それが僕の中で当たり前の感覚だった。だからこそ、サッカーの練習をした。多くの時間をサッカーに使った。Aチームを目指し、試合に出ることを目指し、得点することを目指した。

そうじゃないと、気付かされた4年間だった。組織において、試合を行う上で、本当に重要なのは試合に出ている選手じゃない。ピッチ外にこそ代えの利かない人間が沢山いる。そう気付けた、特にこの1年だった。
僕の親友が学連をやっている。舌の長い爽やかイケメンだ。彼らが試合の日程を組み、グラウンドを予約し、当日運営をしてくれなければ試合は行えない。大学で出来た親友は京都府選手権の責任者である。涙もろいブサイクな漢だ。彼の許可なしでは京都府選手権は開催されない。マネージャーだってそうだ。彼女達が選手登録を行ってくれなければ試合に出ることはできないし、参加費を支払ってくれなければリーグ戦に参加することすらできない。トレーナーも、主務も、監督もそう。主審や副審もそうだ。
僕らが何不自由なくサッカーをするためには、ピッチ外での影響がとてつもなく多く、大きい。彼ら彼女らの支えなしでは、サッカーの実力なんて何の力も持たない。どれだけセンスや才能に恵まれていようと、どれだけ血の滲むような努力を重ねていようと、それを発揮する場がなければ何の意味もない。「サッカー」ができること、では「サッカー」はできないのだ。

本当に親友達に恵まれた。
先輩に、後輩に、同期に恵まれた。
この4年間が無ければ気付くことができなかったかもしれない。この環境でサッカーをしてなければ、この仲間達と一緒じゃなければ、これまでに少しでも違う人生を歩み、違う人間と出会っていたら、気付くことはできなかったかもしれない。

ただただ、すごいなと思う。自分のことよりも、他人のために陰で力を発揮できるそんな人間を本当にかっこいいなと思う。僕にはできなかった。サッカーしかして来なかった。サッカーを言い訳にして、本当に必要なものをいくつも取りこぼしてきた。
しかしそれでも、多くの人がなにもできない僕を支えてくれた。地元からわざわざ試合を見に来てくれる親友達。試合前日に毎回激励のLINEをくれる親友。僕のプレーに、チームの結果に、一喜一憂してくれる仲間。Aチームに上がる、試合に出る、得点する。これもサッカーの重要な要素であると思わせてくれた。小さいけど確実に必要なピースであると感じさせてくれた。いつも戦う理由を与えてくれた。

サッカーにしか興味なかった。勝つことにしか興味がなかった。そんな僕が、ピッチに立つ人間だけではサッカーができないことを知った。知ってたけど、本当の意味で理解した。沢山の人に支えられてることに気付いた。そしたら、より勝ちたくなった。
ありがとう。感謝してもしきれない。苦しい時間、何度もスタンドからの声援に助けられた。最後の1日まで、1分まで支えてくれたマネージャーがいて、チームを勝たせられるトレーナーがいたから笑って引退できた。自分が引退してもなお、グラウンドに来て一緒に戦ってくれた人間がいたから笑って引退できた。もちろん、共にピッチに立ち、死に物狂いで戦い抜いた仲間がいたから笑って引退できた。

勝ってよかった。
りゅうとが泣いてて幸せでした。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。幸せな4年間を過ごさせていただきました。来年からも同志社大学体育会サッカー部をよろしくお願いします!