人生のごちそう
  • 19Mar
    • 発掘?作業の合間に、あんかけパスタ。

      2019年3月17日(日)皆様ご機嫌いかがですか〜〜?私は、この二日間キャバレロ大掃除、本気で頑張りました。ふだんのルーティンな掃除では手が回らないところ、気になってるけど気合を入れないと手をつけられないところ。ちょっと季節もよくなってきたので、そこに手を出す決意をして、親方と二人、頭にヘッドライトをつけ、マスクをし、軍手をして、完全装備で挑みました。コレクター気質の親方にしてモノは増えるばかり、どこともなくしまいこんだモノをいったん全部放り出して、要るモノ要らないモノを分別し、要るものはきれいにして並べ直し。。。原型をとどめないモノの表面を、まずはブラシで慎重にホコリを払い、そのあと水洗いし布で拭いて、かつての輝きを取り戻したときの驚きや喜びは、はかりしれません。それはまるで古代遺跡を発掘するようなものでして、中にはこの世のものとは思えないオーパーツの発見などもあり(笑)。。。こどもの頃に憧れた考古学者の苦労と喜びを味わうことができました^^; 。そんな休日、そんな仕事の合間には、とにかく早く食べれるものを、と近所の店へ。↑名古屋が誇るご当地めしのジャンクフード代表選手、あんかけパスタです。我が家御用達は、キャバレロご近所のサヴァラン。写真は、ハムエッグ、麺少なめです。あんかけパスタ食べるのなんて何年ぶりかなぁ?美味しいものじゃないけど、ある意味懐かしい味ではあります。高校生の頃は、名古屋に出てくると喜んで「チャオ」に行ってたなぁ。↑親方は、盛り合わせ。ピカタ、ミンチカツ、目玉焼きがのって、コールスロー?が付いてました。ってわけで。カロリーはばっちり。元気に仕事に戻ることができました。皆様も、元気な一日を。

      5
      テーマ:
  • 15Mar
    • 地球は巨大なデータベース

      2019年3月15日(金)ちょっと前にNHK教育テレビを見ていたら「DESIGN TALKS +」という番組をやっていて、その回のテーマは「天象」でした。そこで、ゲストの竹村真一氏という方が、とてもおもしろい話をしてました。「触れる地球」という作品が代表するように、「体感をもって地球を感じる」、というこれからの新しい時代のコンセプト。情報を可視化する、という試み。地球は巨大なデータベース、という発想。(画像はお借りしました。)↑この「触れる地球」は、リアルタイムの雲の様子、地震・津波の発生過程、渡り鳥の移動、CO2分布状況など、地球の情報を触って体得できます。竹村氏のサイト触れる地球Earth Literacy Programこのインタビュー記事もおすすめ→ 叡智とは何かどれも興味深くて、彼の著書も読んでみたいなぁと思いました。「デザイントークスプラス」って番組も、毎回おもしろそうですよ。こっちも続けて見てみようと思いました。皆様も、気になったら見てみてくださいね。ではでは、皆様も好奇心いっぱいの一日を。

      5
      テーマ:
  • 14Mar
    • すごく簡単、すごく美味しい!パセリたっぷり、オイルサーディンとトマトのガーリックソテー。

      2019年3月14日(木)バレンタインデーだと思ってたら、もうホワイトデーですね。皆様ご機嫌いかがですか〜?私はぎゃふん症と仲良くしつつ、春を過ごしております。こないだテレビを見てたら、枝元なほみさんが「パセリは飾りじゃない!」といって、パセリの白和えとか、パセリのしゃぶしゃぶとか、紹介してました。確かに、私もパセリは飾り、あるいは調味料としてしか見ていなかったなぁと反省しました。パセリちゃん、ごめんなさい。ってことで、さっそく、パセリの大束が冷蔵庫にあったので、パセリを「食材」として使ってみました。それが、こちら↓↑パセリたっぷり、オイルサーディンとトマトのガーリックソテー。パセリをほうれん草の代わり扱いくらい、たっぷり入れました。レシピってもんじゃないけど。オリーブオイルにニンニク入れて、プツプツきたらオイルサーディン入れて、熱が入ったらプチトマト入れて、熱が入ったらパセリを入れる。パセリの色が変わらないうちにすぐ火を止める。味付けはほとんど要らない。オイルサーディンの塩気次第なので味見して、塩胡椒してください。お好みで粉チーズとか、かけて、バゲットにのせて召し上がれ〜〜。これはワインのお供ですが、オイルサーディンの代わりにシーチキンとかサバ缶とかを使い、パセリの代わりに大葉とか使って、しょうゆ味にすれば、日本酒のお供になると思います。お試しあれ〜。↑食卓の他のもの。パスタは、シュークルートの残りでつくりました。最高!絶品でした。<おまけ>↑ひよこのオモチャで遊ぶボッチャン。ではでは、皆様、今日も良い一日を。

      6
      テーマ:
  • 11Mar
    • LUXUREARTH; 21世紀の新地球時代を生きる。

      2019年3月11日(月)311、あれから8年。名古屋は静かな雨が降っています。今日という日にふさわしいかなと思い、最近見つけたサイトのご紹介です。LUXUREARTH  http://www.luxurearth.com/jp/地球と対話しているアーティストたちが創造する、新しい波を感じるサイト。どの記事も、とていい。ぜひ、読んでみてください。それぞれの体験から紡がれた珠玉の言葉たちに心が震えますよ。その中に、私も使っている地球歴の考案者・杉山開知氏の記事もありました。http://www.luxurearth.com/jp/kaichi-sugiyama/暦は調和へのハシゴ「どこ」と「いつ」は同じ太陽系に生きるということ地球暦で眼には見えないことを読む宮沢賢治とポエトリーのちから美しいことだけが残る今日は、私たちが地球の一部であり、自然の一部であることを思い出し、豊かさや美しさの本質に思いを巡らすのにふさわしい日だと思います。どうか皆様、良い一日を。

      4
      テーマ:
  • 10Mar
    • チキンのオーブン焼き、カプレーゼフィリング。

      2019年3月10日(日)またまた久しぶりの更新ですが、皆様ご機嫌いかがですか〜?本日、名古屋はウイメンズマラソン。我が家の前の道も盛り上がってます。そして私は、史上最悪のぎゃふん症にまいってます。去年まではヒノキだけだったので、4月からGWが終わるまでくらいが私のぎゃふん症状時期。ところが、今年は3月に入った途端、ひどい症状。スギデビューのようです。とほほ。とにかく、目がかゆくてかゆくて、ついついこすっちゃうので、目の周りの皮膚が傷ついて、ピリピリしてます。お化粧もできません。とほほ。それでも、ワインは飲んでるし、美味しいものは食べる元気はちゃんとありますから、ご心配なく。さて。今日は我が家の定番『チキンのオーブン焼き、カプレーゼフィリング』↓をご紹介いたします。チキンの胸肉に、切れ目をいれて、塩こしょうで下味をつけ、中にマスタードを塗り、バジル、モッツアレラチーズ、トマトを挟みます。軽く小麦粉をまぶして、(爪楊枝で切れ目をとじて)両面を焼いたあと、オーブンへ。↑これはずいぶん前の写真ですが、カットすると断面はこんな感じです。チキンの胸肉というと、我が家では飽きずにこのメニュー。安定の美味しさです。(火の入れすぎだけはご注意を。胸肉は固くなると一気に寂しい味になりますからね。ま、固くなったらトマトソース煮込みにでもしてください。)↑付け合せは、ふつうのサラダとホットサラダ(温野菜)。温野菜、玉ねぎ、なす、かぼちゃ、シンプルにガーリックソテーにして、バルサミコソースでいただきました。<おまけ>↑牡蠣の白ワインソース。近所の市場で牡蠣とほうれん草がすごく安かったので、ソテーにしました。なぜかすごく水分が出てしまいましたが、そしていつもながら中華っぽい見た目ですが、立派なワインのおともです。親方の絶賛いただきました。ってことで。マラソン道路規制で外出もままならないので、選手たちの応援して過ごそうと思います。皆様も、頑張ってる人を応援して元気に一日お過ごしくださいませ〜。

      5
      テーマ:
  • 03Mar
    • 誕生日当日はお家ごはん。

      2019年2月26日(火)2・26事件の日が、私の誕生日。「貴女が生まれた時は本当に寒くて、おむつを干すと、冷たくてバリバリに凍ったのよ。」と、母親から耳にタコができるくらい聞いていました。確かに、2月って一番寒い時期だけど、今年はなんとも暖かい小春日和となりました。親方も「デミの誕生日史上、最も暖かい日だね。」と。そんな今年の誕生日当日、夜はキャバレロにライブが入っていてお仕事。だから、親方と我が家でお昼にお祝いしました。とはいっても、冷蔵庫にあるもので、自分が食べたいものをつくっただけ。豚ヒレ肉のソテー。解凍してあったヒレ肉を切って、ハーブ塩とブラックペッパーで下味をつけ、小麦粉をつけて、ガーリックソテーにしました。玉ねぎの薄切りをオリーブオイル、バター、ニンニク、セイジと炒めて、白ワイン、ハーブチーズ、牛乳でソース風に。最後にかけるイタリアンパセリを切らしていたので、ブロッコリーを小さくして彩りに。↑食卓はこんな感じ。パスタは、以前使った蟹みそバーニャカウダとハーブチーズをソースに、ほうれん草と菜の花を和えました。緑のソテーは、ほうれん草、菜の花、ブロッコリーのガーリックソテー。↑デミ風スパニッシュオムレツ。これ、実はオーブンで焼いたのに忘れてて、食べ損なってしまいました。夕方ボッチャンの散歩から帰ってきて、キッチンに行ったらオーブンの電気がついていて、それで寂しそうにしているオムレツを発見した次第。放置していたのでしょんぼり萎んじゃってます。焼きたてでオーブンから取り出せば、もっとふっくら幸せそうにしてたはずです(希望的観測)。オムレツちゃん、ごめんなさい。でもまぁ、翌日、親方が美味しい!美味しい!と言いながら食べてくれたから良しとしましょう。ってことで、ご覧のとおり、食材使い回しの、いつものお家ビストロでした。いつも通りが一番ですよね。皆様も、いつも通り良い一日を!!!

      8
      2
      テーマ:
  • 02Mar
    • demi会@La Peche

      2019年2月24日(日)もう3月ですけど、皆様ご機嫌いかがですか?私はとっても幸せにしてハードな一週間を過ごしておりました。今更ですけど、先週のお誕生日会のご報告です。毎年恒例、『La Peche』を貸し切っての誕生日会。予約がとれない、人気ビストロでございますから。もはや私の誕生日会というより、年に一度ラッペッシュの美味しいディナーを食べる会となっております。皆お腹を空かせてたから、撮り忘れてるお料理もありますが、写真でご紹介。順番はわかりません。このあと、スモークサーモンのサラダありました。↑ホワイトアスパラガス。写真は今ひとつですが絶品でした。↑ムール貝の白ワイン蒸し。↑エスカルゴ。このソースで、どれだけでもパン食べれちゃう。↑ウニとカニのパスタ。素晴らしい!↑ロブスター。食べるのが難しい。私はちゅーちゅー吸ってしまいました。↑これはおそらく、アルザス地方の名物「タルトフランベ」。メインのお肉、これが出る頃には、お腹いっぱい。でも完食しましたよ〜。↑そして、バースデーケーキ。これも美味しい!いくつになっても嬉しいものです。ちなみに、私はアルコールもスイーツもいける、いわゆる両党。したがいまして、プレゼントは幅広く受け付けております^^/。↑今年、持ち込んだシャンパンは、ジェロボアム1本、マグナム5本。赤ワインはマグナム5本。 全部空けて、なおかつ追加オーダーまでする、怖ろしくも愛すべきこの軍団↓。みんな、ありがとう〜〜。私はとってもしあわせです。↑そして毎年すばらしいスペシャル料理を出してくれる島岡シェフに感謝!↑もちろん、毎年demi会を仕切ってくれる親方にも感謝。皆が寄せ書きしてくれるジェロボアムボトルは、これで何本目でしょうか?実は年末掃除していて、去年のボトルを水拭きしたら、寄せ書きが消えてしまった(水性ペンだったのね)のですが、それはまた秘密のお話。ってことで。今年も楽しい美味しい幸せな夜でした。毎年同じこと書いてますが、毎年こんなふうに同じように幸せに過ぎていくことが、どれだけ奇跡なことか、年を重ねるたびに、胸にしみます。本当に、ありがとうございます。私の周りのすべての人に、心から感謝が湧き出る夜でした。ブログを読んでくださる皆様にも感謝。良い一日をお過ごしくださいませ。

      5
      テーマ:
  • 20Feb
    • 母と食事会@くにみつ

      2019年2月19日(火)実家の母と食事。少し早めに私のお誕生日祝いをしてもらっちゃいました。知多の「すし処 くにみつ」でお昼のミニ懐石「あでやか」。一人で熱燗(1合だけ)飲んじゃいました。てへ。お料理はきちんと美味しかったです。近所にあるといいなぁ。っていうお店です。母に運転してもらって常滑イオンへ。そこでちょっとお買物してコストコへ。そこで大量にお買物して実家へ。実家に戻って、ママの足の小指のお手当してきました。どうか、良くなりますように。今回は一人で行ったから、母娘水入らずで、いつもよりはゆっくりできました。お誕生日を前に「産んでくれてありがとう。」と言おうと思ってたのに忘れちゃった^^; 。本当に、ありがとう。いつまでも元気でいてね〜。皆様も、ありがとういっぱいの一日を。

      9
      テーマ:
    • ハンバーグ大作戦

      2019年2月17日(日)2月も折り返して春の足音は聞こえてますが、皆様ご機嫌いかがですか?私は、日曜日、近所のお肉屋さんでハンバーグ食べてきました。↑小さめですが美味しゅうございました。 形がいかにも無骨なのがいい感じ。付け合わせのお野菜だけでももうちょっとボリュームがあると嬉しいかな。この日は、にんじんのスープと生ハムのサラダが付いてました。にんじんのスープにクミンがちょこっと効いてて、なるほどなぁと頭にメモいたしました。我々もお家ビストロでは数々ハンバーグに挑戦してきました。塊肉をフードプロセッサーで挽いて肉感ごろごろのやつ、とにかく溶けるほどに口当たりよい柔らかいやつ、肉汁いちばんにつくってみたやつ、などなど。しかし、キャバレロメニューでハンバーグを出したことはないってことに気づき、ハンバーグメニュー大作戦で盛り上がりました。そのうちお目見えすると思います。お楽しみに。ではでは皆様、今日も美味しい一日を。<おまけ>↑これは、先月同じお店で食べたビーフシチュー(手前)と尾張牛ステーキ(奥)。 ここで食べるべきはハンバーグ!というのが、我々の結論です。

      2
      テーマ:
  • 18Feb
    • 日本酒で鍋ランチ。メインは卵ごはん。

      2019年2月18日(月)名古屋は暖かくていいお天気ですが、皆様ご機嫌いかがですか?先週土曜日のお昼ごはん写真です↓。↑お鍋は、白菜と豚肉の塩鍋、ラーメン入り。 最近ハマってるお気に入り餃子。 おつまみは、明太子、わさび昆布納豆。 メイン?は、卵ごはん。ゆかりと醤油をかけて。私は、卵ごはん黄身だけ派です。この日みたいに、お鍋だと白身を鍋に入れられるので、チャンスです。平飼いの美味しい卵が手に入ると、卵かけごはん食べたくなります。(本当は、とろとろ半熟の目玉焼きをごはんにのせて醤油をかけて食べるのが一番好きです。)最近、お昼ごはんに日本酒を飲むことが多くなってしまいました^^; 。日本酒飲むとすぐに酔っちゃうと思ってたし、そもそも親方が日本酒苦手なので、我が家の食卓に日本酒が並ぶのはお正月くらいだったんです。でも今年に入って、日本酒にぴったりのおつまみがあるからとちょっと飲んでみたら、意外にも思っていたほど酔わなくて、すっかりクセになりました。最近の日本酒はスッキリしてるからかなぁ。「水みたい」にす〜っと入ってきます。(親方はこの「水みたい」なのが気に入らないみたい。日本酒は甘めの正統派を熱燗にしないと飲めないようです。)この日は、頂き物の八海山。ボトルも洒落てますね。ってことで、和食写真撮影修行中の平日お昼ごはん編でした。皆様も、美味しい一日を。

      5
      テーマ:
  • 13Feb
    • 「刑事コロンボ」怒涛の69話マラソンで、人生を省みる。

      2019年2月13日(水)あっという間にバレンタインデー。皆様ご機嫌いかがですか?私は、確定申告の時期、いつも通り他ごとに夢中です。今年は刑事コロンボです^^; 。AXNミステリーチャンネルで、月曜から日曜まで、つまり毎日2話ずつ全69話、ノンストップで放映していたのです。それが、今日で最終回。ふ〜〜っ。もちろん毎日同じ時間に全部見てるわけじゃないので、まだ見てない録画がいっぱいあります。親方はコロンボが好きじゃないので、見るのは私一人の時間に限られるから、なかなか消化できません。私は好きなんですよね〜。今こうして見てみると、コロンボ、結構やらしいんですけど^^; 。小学生の頃、家族と一緒に夢中で見てました。どうしてこんなに好きかというと、きっと、我が家が一番しあわせだった頃の思い出と重なってるからなんだ、ってことにも今回改めて気づきました。暴力もセックスもえげつないシーンがなかったしね。毎回、マジック、映画、カメラ、小説、心理学、豪華クルーズ、ワイン、料理、、、サブカルチャーの勉強にもなりました。「構想の死角」「黒のエチュード」「死の方程式」「偶像のレクイエム」「逆転の構図」などなど、詩的というか哲学的というか、抽象画のタイトルみたいなタイトルにも魅かれました。でも実は、こどもの私が一番夢中だったのは、犯人です。刑事コロンボシリーズの犯人は、有名人やお金持ちと相場が決まってます。犯人のお屋敷の建築、インテリア、調度品、車、ファッション。。。何もかもワクワクしながら目を光らせて見ていた気がします。犯人の人物像に魅せられて、コロンボに捕まってほしくない!と思ったことも少なからずありました。それにしても、どのエピソードも、70年代という時代を見事に表現しています。今見ても、そのままタイムスリップできてしまいます。まとめて見てみて改めて、私が好きな建築やインテリアはこのシリーズに影響されているんだなぁと感じました。でもね。それで、ちょっと反省することがありました。よく、「自分が一番モテた時代のファッションで止まる。」って言いますよね。一番オシャレに興味があった頃、人から一番ほめてもらえた頃、楽しい思い出がたくさんある頃、その頃のスタイルから抜け出せない。って話です。ファッションだけじゃないなぁ、と思ったのです。建築も、インテリアも、車も、絵も、映像も、音楽も、人はどこかで止まってしまいがち。20代の頃は、映画館にも、美術館にも、図書館にも、コンサートにも、レストランにも、バーにも、旅行にも、飽くなき好奇心で、フットワーク軽く出かけました。あの頃は、人生に「美しいもの」がどんどん増えていきました。自分の世界にはこれからもどんどん「美しいもの」があふれていくと信じていました。なのに最近じゃ、美意識を育てるようなことを、すっかりしなくなってしまいました。出不精っていうか、ほとんど引きこもり。生活に必要最低限のことでしか動いてないかも。こういう大人が、自分の古い価値観や美意識に執着して「頑固」になっていくのかもしれませんねぇ^^;。大好きな懐かしいものは、心の奥に大切にしまっておくけれど。それは決して消えないから。時代が変わることの楽しさ、新しいものの美しさに、もっともっと心を開いて触れなくちゃ。もっと、出かけよう。もっと、今の時代の匂いを嗅ごう。刑事コロンボを見て、懐かしさに浸りながら、そんなことを思う今日この頃でございます。皆様も、美しいものにふれて、美しい日々をお過ごしくださいませ。

      7
      2
      テーマ:
  • 11Feb
    • 罪悪感より幸福感。

      2019年2月10日(日)日曜日の夜、前から気になってた近所のお寿司屋さんに行ってきました。寒いし、熱燗でも飲みながら、ちょっとつまもうと思ったのですが。。。雰囲気はいいけど、お味は残念!仕切り直して、いつものバーへ。そして帰りにミスタードーナツ。噂の「ポンデヨロイヅカ」とか、いろいろ大人買い。帰ってから、お皿に並べて眺めて、幸福感に浸る。子供の頃の夢だったよね〜。欲しいもの全部買って、独り占め(笑)。ってことで。皆様も、幸せいっぱいの一日を。

      6
      テーマ:
  • 06Feb
    • 休日のごちそう:サワラのムニエルなどなど

      2019年2月6日(水)久しぶりに料理写真など。大したものはつくってません。最近の休日は、だいたいこんな感じです。まずは日曜日。↑骨つき豚のステーキ。 シンプルに、ニンニク&ローズマリーで。  ちょこっと見えてるパスタは、頂き物のかにみそバーニャカウダ↓を使いました。  画像はお借りしました。↑サワラのムニエル。  我が家のガスコンロに付いている魚焼きグリルが壊れてしまったため、魚はフライパンかガスオーブンで焼くしかありません。 で、塩胡椒して小麦粉をつけて、フライパンで焼きました。 ソースは、オリーブオイル、ケッパー、レモン汁、白ワイン。翌日の月曜日。↑ピザはニッポンハムの石窯工房「4種のチーズ」に、モッツァレラチーズ増量してトマトをのせてガーリックオイルをかけて焼きました。↑ホタテのカルパッチョ。我が家の定番、安定の美味しさです。 今回は盛り付けるお皿を間違えましたね^^; 。↑マッシュルームとベーコンのソテー。ふつうのバター&ガーリックのソテーに見えますが、今回は最後にハーブチーズをたっぷり絡ませました。高カロリーの罪悪感を補って余りある美味しさです。↑ホタテのソテー。 中華料理みたいに見えますが。。。立派なワインのおともです。 ガーリックソテーしてバルサミコソースでいただきました。親方と二人だけだと、写真撮るまでないよね〜。っていう食卓になってしまいます。そろそろ、気合を入れたパーティを開く頃合いかな〜。皆様も、美味しい一日を。

      4
      テーマ:
  • 05Feb
    • 月の暦のお正月。明けましておめでとうございます。

      2019年2月5日(火)3日は節分、4日は立春、そして今日が新月&旧正月。明けましておめでとうございます。↑写真は「地球歴」サイトからお借りしました。太陽の暦のお正月。月の暦のお正月。「旧正月を意識することは、太陽と月のリズムに合わせる自分自身の一年のチューニングのようなもの」だそうです。さらに、次は地球の暦のお正月、春分ですね。一年に何度も新年があると思うと楽しいです。まぁ、そもそも毎日明けてるわけですから、日々、寿ぐのが正しいのかもしれません。ではでは、皆様、良き元日を。

      4
      テーマ:
    • 立春の長い散歩。16キロ、26400歩。

      2019年2月4日(日)立春。天気予報は、予想気温13度、午後から気持ちよく晴れて小春日和。っていうから、久しぶりに長〜い散歩決行いたしました!実はちょっと前から、いいかげん休日の過ごし方を変えなければ。と思っていたのです。だって、最近の我々といったら、すっかり引きこもり&出不精が板についてしまって。。。ホームパーティも以前ほどしなくなったものだから、家事にも力が入らないし。休みの日は、遅くまでゴロゴロして、ランチをつくってワイン飲んで、お昼寝して、ボッチャンの散歩へは行くものの、そのあと買物して、夜ごはんつくってワイン飲んで、また気絶。という、まさに夢のような(?!)グーたら生活を送っていたのです。しかし。いつまでもこんなことではいかん!と、まずは気軽にお出かけしよう。ってことになりました。目的地は、名古屋城&名城公園。名古屋城の写真はありませんが^^; 。そして写真の通り、一日中曇ってましたが。(天気予報に騙されました。)往復16キロ、26,400歩を敢行。ボッチャンともども、頑張りました〜。(ボッチャンの歩数は軽く10万歩を超えると思われます。もっとか?我々の1歩の間にボッチャンは何歩歩くんだろう?)→ヒマな私は調べてみたところ、ボッチャンくらいの大きさ(ミニチュアシュナウザー6キロ)だと、人間の2.5〜3倍のようです。途中、横断歩道を歩いてたら、クラクションが鳴り、振り向くとキャバレロご近所の大将。栄の街中で親方の顔認識センサーが鳴り、声をかけると、お客さんの美容師さん。帰宅間際、近所の道をわたっているとクラクションが鳴り、振り向くと美魔女のMさま。バッタリいろんな人に会ったし、生まれて初めての道も歩いたし、初めて金シャチ横丁にも行ったし、久しぶりに名古屋城を拝めたし。出かけよう!と決めれば、同じ一日でもいろんなことができますね。暦は春だし、これからはどんどん出かけるぞ〜!と心に誓ったのであります。皆様も、楽しいお出かけを❤️

      3
      テーマ:
  • 01Feb
    • 金星と月のランデブー。

      2019年2月1日(金)皆様、ご機嫌いかがですか?昨日、地球歴のサイトから、こんな素敵な写真↓とともに、『明けの空で「金星」と「月」が接近中!今月は金星に加えて木星、下旬になると土星も加わって、朝の東~南東の空が今年一番のにぎわいです。』というお知らせが届きました。そんなことも忘れていたけど、今朝、明け方に目が覚めて、ふと窓の外を見ると、とってもきれいな三日月が。。。しばらく見とれていたのですが、写真を撮ろう!と携帯を出して、窓を開けて。しか〜し、携帯では月は撮れず。結局、親方のカメラを出してきて、撮ったのがこちら↓すごい小さいけど、見えますか?金星は、月の右上でした。うとうとして、次に目が覚めたときは、朝焼けていて。これもわかりにくい〜〜〜。美しさを伝えられなくて、残念ですが。肉眼では本当に月がとってもきれいに大きく見えて、「わ〜、今日はいい日になるぞ〜!」と嬉しくなるような天体ショウでありました。しばらく金星と月のランデブー続くようです。皆様も東の空を愛でて、美しい一日を。

      6
      テーマ:
    • 太陽系と人体の比率。

      2019年2月1日(金)今日から2月。皆様ご機嫌いかがですか?ちょっと前に2019年度の地球歴が届きました。(地球歴は1月1日ではなく春分から始まるので、新しいカレンダーは3月21日から使うのです。)その地球歴の付録に「太陽系のものさし」というページがあります。今日は、そこからいろいろ書いてみようと思います。地球歴のカレンダーは、(内惑星に関しては)10の12乗分の1(1兆分の1)の縮尺です。カレンダーで地球の公転軌道の直径は、約30センチ。実際の太陽と地球の距離(公転軌道の半径)は約1億5000万km、だから直径は3億km。壁に貼ってあるカレンダーを1兆倍すると、本物の宇宙と同じ大きさになるんですね〜。1兆倍って想像できないけど。なんか、感動します。それに、この「10」と「12」っていう数字も気になります。私たちの世界は、10と「12」のリズムで動いてますから。「12」は宇宙の深遠なる叡智を秘めているようです。この縮尺で、『水星軌道は握りこぶし、金星軌道は手のひら、地球軌道は手首から肘までの長さ(30センチ)と身体尺に近いスケールで太陽系を捉えています。』10の12乗分の1という縮尺である地球歴が身体尺になっている、ってのはすごいです。明らかに、太陽系と人体の比率には相関関係があるんですね。私たちの体のなかで、地球は太陽を周り、時間を刻んでいる。そう思うと、太陽系は体内時計のようです。太陽系はチャクラであるとも言われます。この太陽系と人体の関係は、西洋占星術が太陽系に限っての理論体系だということにも関係がありそうです。古代ギリシャ時代、太陽系は大いなる研究対象でした。そのあと忘れられ、再びフォーカスされたのはルネッサンス時代と言われます。太陽系。我々地球の最も身近な家族には、まだまだ秘密がいっぱいありそうです。..........<おまけ:キュビットからのいろいろ>『水星軌道は握りこぶし、金星軌道は手のひら、地球軌道は手首から肘までの長さ』というのを読むと、どうしても古代の単位『キュビット』を思い出します。キュビットは、肘から中指の先までの間の長さに由来する身体尺です。古代メソポタミアで生まれ、エジプト、ローマなどで使われました。聖書では、ノアの方舟の単位にも使われています。最初その単位が人間の肘先の長さだと知ったときには、そんなあいまいな単位で方舟つくるんかい?!と驚きました。しかし。もしかすると、そもそも単位というのは、絶対長ってあんまり意味がないのかもしれない。と思うことがあります。大事なのは、比率なんじゃないか?と。宇宙がすべて相似象ならば。比率が同じなら、どんなサイズでも相似形になるのだから。そのとき、人体が太陽系の比率から生まれたのか?、太陽系が人体の比率から生まれたのか?オリジナルは、どちらだと思いますか?あるいは、黄金比率の原型は宇宙のどこにあると思いますか?↑画像は、WIKIPEDIAからお借りしました。私たちの体が原型かもしれない。私たちの体のなかに、すべての比率があるのかもしれない。そう考えてみると、いろんなことがひっくり返って見えてきます。おもしろいですね。皆様も、我らが太陽系に思いを馳せ、空を見上げて、良い一日をお過ごしください。

      2
      テーマ:
  • 30Jan
    • めでたや、松が来た!

      2019年1月30日(水)お久しぶりです。皆様、ご機嫌いかがですか?我が家のベランダに、またまた植木軍団がやってきました。その中でも、破壊的なほどの存在感を見せるのが、この松↓。これを置いただけで、ベランダが一気に「和」になります。おそるべし、松の威力。高さも幅も1メートル弱あるけど、これくらいの大きさでも盆栽っていうのかな。親方、実は盆栽には前から興味があるので、ボッチャンの床屋さんだけじゃなく、これからはこのマッチャンの床屋さんも頑張ってくれると思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。↑今回、やってきた植木たち。春が楽しみです。今のうちに、肥料とかあげなきゃいけませんね。ではでは、皆様も、めでたい一日を。

      6
      テーマ:
  • 18Jan
    • コミュニケーション力って?

      2019年1月18日(金)一週間ぶりの更新です、皆様ご機嫌いかがですか?昨年末あたりから、キャバレロのSNS活用を本気で見直してみようと考えて試行錯誤中です。そんな折、先週は、毎日海外からのお客様がご来店くださいました。キャバレロには、ちょこちょこ外国人のお客さんが来てくれますが、今まではどちらかといえば日本在住の方が多かったのです。それが最近は、旅行中の外国人が増えてきました。年末は立て続けに香港から、先週は、テキサス、カリフォルニア、フィンランド。名古屋に住んでる人でさえ、キャバレロはわかりにくいので、「どうやって見つけたの?」って聞くと、「グーグルマップで見つけた。お店の写真や、英語の口コミを読んで来た。」とおっしゃいます。便利な時代ですね〜。先週のテキサスからの方はピアノを弾くというので、その日の地元ミュージシャンとセッションが始まりました。音楽は、国境を越えて、言葉を越えてつながれる、素晴らしいコミュニケーションツールですよね〜。そして演奏が終わってからも、テーブルでお酒を飲みながら、ジャズの話、好きなミュージシャンやNYのライブハウスの話なんかで盛り上がってました。日本のジャズミュージシャン達は、英語を話せる人がほとんどなので、会話も問題ありません。見ていると、おもしろくて、日本語で早口な人は英語を話しても早口、喋りたがりは喋りたがり、聞き上手な人は英語でも聞き上手。おもしろい人はおもしろいし、つまんない人はつまんない😅。基本、何語を話しても一緒なんですね。そして、会話が盛り上がるかどうかは、英語力と比例するとは限りません。私は、語彙や文法なら、親方より知ってるけど、英語でもやっぱり親方の方が話し上手なんですよね。そう思うと、言葉を通したコミュニケーションって本当に一部。いかに、私たちが非言語コミュニケーションをしているのか、お店で人を観察しているとよくわかります。それを「テレパシー」と呼ぶなら、私たちは皆テレパシー使いです(笑)。.........言葉の話になったので、ついでにもうちょっと。私の英語は日常会話程度、スペイン語はずいぶん忘れて単語だけでカタコトです。でもいつも思うのですが、カタコトだからこそ、その言葉が通じたときの嬉しさはすごく大きい。ってこと。負け惜しみかもしれませんが、我々カタコトピープルには、ぺらぺらピープルにわからない喜びがあるのです(笑)。海外に行ったときなどは、特にそう感じます。スペインのバルで隣のおじさんとカタコトスペイン語で盛り上がれたら、それはもう最高です。もしおじさんが、昔日本に住んでたことがあって日本語ぺらぺらだったら、嬉しい反面、ちょっとがっかりするかもしれません。同じことで、もし私がスペイン語ペラペラだったら、旅の楽しみ(ドキドキ感やワクワク感)も半減するのではないかと思うのです。英語が通じてあたりまえと思っている英語圏の人たちは、カタコトの外国語を話す、そしてそれが通じる喜びというものを味わうことがないんだろうなぁ。そういう人たちは、旅して外国語に苦労することがあんまりないわけで。母国語でない言葉を話す人の気持ちがよくわからないのでしょう。それが行き過ぎると、こないだのミスユニバースのアメリカ代表の発言みたいなことになるんでしょうね。ちょっと気の毒な気さえします。以上。コミュニケーションって何だろう?ってお話でした。皆様も、ハートでつながる喜びを味わってね〜!

      10
      テーマ:
  • 11Jan
    • 枝分かれ。冬の散歩道で想う。

      2019年1月11日(金)111、めでたきぞろ目の日、皆様ご機嫌いかがですか?朝スーパーに行ったら、入口でおぜんざいのサービスがあって、あぁ今日は鏡開きかぁ。と認識した私です。お勤め時代は、鏡開きの日、女子社員で全員分のおぜんざいをつくったものです。今はそんなことする会社ほとんどないんでしょうね。そういう小さな思い出に、あぁ、年令を重ねたんだなぁ、私って大人なんだなぁ、若い人から見たら昔の人なんだなぁ。と身にしみます。さて。夕方、ボッチャンの散歩に行きました。いつもの公園の景色。広葉樹は葉が落ちて裸になって、枝だけになっています。真上を向いて、青空に枝が描く美しいフラクタルなカタチに見とれていたら、ふと枝分かれ。という言葉が心に浮かんで、いろんなことが思い出され、涙が出てきてしまいました。あの時の、あの選択。あの人の、人生。私の、人生。私の、今。どんな道を選んで、どんな人生を歩いても、その軌跡は美しい幾何学模様になって、全体の美しさに貢献しているのでしょうか。下を向けば、枯れた落ち葉も美しく、それが朽ちる様にも、涙が出てきてしまいます。年が明けてから、何やら、若い頃のように感じやすくなっているような気がします。アルコールが涙腺と満腹中枢を壊すのは経験上わかってますが、最近の感受性は明らかにお酒のせいではありません(笑)。葉が落ちた冬の樹々の枝のように、心の琴線が裸になって、風にさらされて 敏感になっているのかもしれませんね。いつもの何でもない小さなことが特別なことに思われて、突然、愛おしさや切なさに襲われるのです。とことん感じて、取り戻せるものなら、あの頃のような、何もかもへの新鮮さを思い出したいものです。冬の空気は澄んでいて、気持ちいい。皆様も、心豊かな一日を。<おまけ>ちなみに、111はカタカムナの数霊では特別な数。次々と光が現れる「光の日」です。皆様、光あふれる特別な一日をお過ごしください。

      7
      テーマ:

プロフィール

demiwatanabe

性別:
女性
自己紹介:
日々思うことを徒然に。 食べること、料理すること、旅すること、歩くこと、考えること。 私が人生で愛し...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク

Ameba人気のブログ