高遠めぐみ@社会派ライトワーカー のブログ

高遠めぐみ@社会派ライトワーカー のブログ

一度きりの人生、母親の仮面を取ったあなたは、
笑っていますか?

視点と思考を鍛えて
自分の理想の未来を叶えつつ
子どもたちに心豊かな未来と地球を
共に繋いでいきましょう!

こんにちは、めぐみです。

 

今日は植松さんからのリブログです。

 

 

植松努さんをご存知無い方のためにご紹介!

 

子どもをのびのび育てたいと思っているママには

「そうそう!!」

と何度でもうなずいちゃう、

そんな発信をされている方で

文章からも温かみが伝わってきて

オススメです♪

 

 

北海道で従業員約20名くらいの

小さな町工場を経営されているのですが

 

”リアル下町ロケット”

 

と言われ、実際にロケットを打ち上げ、

世界から視察に来る人が絶えないほど。

 

 

ご自身の経験から

「”どーせ無理”を無くす」

をモットーに、小学校などでも講演をされています。

 

 

植松さんの温かい話し方、トーン、ペースなどが

いわゆる「講演家」と全く異なるんですね。

 

心の奥底がじんわりくるような

なんだか懐かしい雰囲気さえする、

そんなTED TALK に毎回魂を震わせ、

元気をいただいています。

 

 

見たことがない方は、

一度はお子さんと一緒にぜひ下矢印

 

 

わかっているのに毎回ちょっと涙する私😁

 

 

なぜこんなに響くんだろうと考えると

植松さんが本当にやりたいことをしているから

魂が満ちていて、

 

そこに言葉と行動が一致しているからだと

思うんです。

 

 

なんでそう思うかって、

魂と言葉と行動の一致感

が感じられずに、

 

でもそれを見ないように

蓋をして私が生きていたからですね苦笑

 

 

そしていい加減その蓋も

取らずにはいられなくなって

あがいていた時に

「志を持つ生き方」を教えてくれたのが

こちらのメルマガです。

 

 

 

脇道に逸れました^^;

植松さんのブログのタイトルにもありましたが

ほんと「評価」って何なのでしょうか?

 

 

子どもたちは無限の可能性を持っていて

(まあ、私たちもそうなわけですが)

 

「社会や資本主義社会が求める

人物像に合っているのか」

 

この一点に合致するように

教育という名のもとに

教える内容を均一化して、

 

そうすることで

差異化が可能となり

可視化でき、点数をつけたり

評価したりします。

 

 

それは

今のシステム上、仕方ないところも

あるかもしれません。

受験、就職、とつながっていきますから。

 

 

 

でも、思うんです。

だからなおさらのこと、

私たち母親はそんな色眼鏡を取って

 

ありのままのわが子を

しっかり心も体も抱きとめ

受け止めたいなと。

 

 

学校でも求められる評価をされ、

家でもいい子を求められ、

親が求める手のかからないいい子を

求められ

 

どこにもその子らしさを

表現できる場がない。

こんなことにならないように

気をつけなければと

なるべく自分を諌めています。

 

  

 

私は学校の評価は全く気にせず

テストも

「ちゃんと間違えて、わからないところを

見えるようにしてね」

と言っています。

 

 

それでも私なりの

「のびのび育ってほしい」

という期待に

閉じ込めようとしていることにも

気づきました。

 

 

前にも期待については

こちらで書きました。

私は、あなたの期待に応えるために生きているわけではない

 

 

それなのによくよく考えたら、、、

 

「のびのび育って欲しい」

 

この”のびのび”に私なりの定義があって

これだって結局期待してるんですよね苦笑

 

 

そして子どもに私の価値観に沿って欲しいと願い、

沿わないと嫌だなと感じる。

人間だから仕方ないんですが

それを子どもに無言で押し付けている。

 

 

どこまでも自分勝手。

勉強を押し付けないけど

のびのびを押し付けていた。。。

 

いろいろ気付かされます^^;

 

 

 

ところで

今年の4月になれば

うちの子は小5。

一人っ子ということもあって

甘えん坊ですが

それも小学生のうちだけと覚悟しています。

 

 

ぎゅっと抱きしめ合ったり

ママを連呼してくれるのも

今だけのギフトかなと

かみしめて日々を過ごしています。

 

 

 

喧嘩しても何があっても、

最後には

「ママのもとに生まれてきてくれて

ありがとう」

そう最期のお迎えが来るまで

言い続けたいと思います。 

 

 

 

一日一生を胸に刻んで。

 

 

 


こんにちは、めぐみです。

 

今日は耳のいたーい、強いタイトルですが、

とある私が尊敬するお医者様、しかも東洋医学、西洋医学

どちらもされているドクターのfacebook 記事からのシェアです。

「塾に入れたり、お受験するなど一流の教育をしても、食育が三流なら、子供を虐待しているのと同じ。」

とおっしゃってます。

 

 

 

嫌な方はスルーして下さいねヽ(`▽´)/

 

今でこそ食の大切さに目覚めた私ですが

子どもの体調不良があからさまになるまで

全く無知でした。

 

多分5年くらい前の私が、この吉野先生の

メッセージを見てもスルーしていたかと思います。

 

 

面白いですよね、

同じ人間でも

自分のステージ、人間力が変わると

響く言葉、内容が激変しますし、

 

同じ内容の本や動画を見ても

感じ方は変わる。

 

 

私は人一倍成長は遅いかもしれないけど

自分を諦めずに進んでいることだけは

褒められるかなと思えるところです。

 

 

さて、吉野先生のおっしゃることは

全てに私は同してしまうんですが

 

私たちが普通に生きていたら、

テレビやメディアの情報では

出会うことがありません。

 

 

ですから

いつも

「誰から、どこから情報を得るのか」

この視点を忘れてはいけないなと

言い聞かせています。

 

 

この情報が

必要な方に届き、

子どもたちがその無限の能力を開花して

 

日本が、地球が宇宙が、

喜びあふれる空間となっていきますように。

 

 

 

 

 

もとの投稿はこちら↓
https://www.facebook.com/toshiaki.yoshino.9/posts/3400654663340732

以下、添付です

-----------------------------------------------------------
 

【一流の教育をしても、食育が三流なら子供は育たない、体も精神も。

一流の食育が一流の体と精神を育む=自然界に存在しない食品は、運動で中和できない。解毒も排泄も困難=】
 

 先日、ある方とお話したら『マ〇ドナルドのフライドポテトだけは、どんなに体に悪いと思っても止められない。

だから、油分を抜くために、よくジョギングをしています』と。

わたしはこの話を聞いたときに、めまいで倒れそうになりました。

フライドポテトが悪いのは、カロリーが多いとか、油が古いとか、

使いまわしの油が酸化しているとかではないのです。

ポテトフライを揚げる油にトランス脂肪酸が大量に入っているんみならず、

サクサク感を増すためにショートニング(これ自体もトランス脂肪酸ですが)がはいっているからです。

 

これらは自然界に存在しない、いわばプラスチックペースト。

 

赤ちゃんやペットがプラスチックのおもちゃを食べたら心配するのに、

自分はファーストフードやコンビニでプラスチックをがつがつ食べる。

 

トランス脂肪酸は毒であるだけでなく、動脈硬化を促進して心筋梗塞や脳梗塞を惹起し、

がんの発症率も高くなります。

 

この手の話題やエビデンスは、内海先生などが沢山詳しいデータや写真をだしているので

、私は詳細を述べませんが、これら物質は生体が分解・排泄が困難であるのみならず、

ジョギングなどの有酸素運動によって、酸素が大量に生体内にはいることによって動脈硬化を促進し、

死ぬために食べて運動していることに他ならないからです。

 

だから、フライドポテトを食べるだけでも危険なのに、

そこに有酸素運動のジョギングをするということは、正に自殺行為。

よく、トンカツやてんぷらなどの揚げ物・炒め物・焼き物の食べすぎの人が

『運動で痩せる』あるいは『運動で毒を中和する』という話をするたびに、

日本人が洗脳されていること、また無知であることにめまいがします。
 
 わたしが患者さんによく話すたとえ話です。

 

レギュラーガソリン対応の自動車に、ハイオクをいれてもいい事はあっても悪い事はありません。

しかし、ガソリンの安売り合戦で、ガソリンに軽油を混ぜるなど粗悪ガソリンを使ったら、エンジン性能が下がります。

 

エンジンのリハビリで、良いガソリンに更にガソリン添加剤などでエンジンのなかのススや悪い油をとり、

オイルもフラッシングするなどすれば、健康なエンジンに戻せます。

 

しかし、ガソリンエンジンの車に軽油をいれたらエンジンが破壊されます。

フラッシングくらいでは、治らないかもしれません。

 

分解してオーバーホール、つまり大手術をしないと元に戻りません。

 それどころか、そこに水やグリセリンなどをいれたら、一発アウト。

 

車ならエンジン載せ替えですみますが、人間の心臓は最悪心臓移植できても、脳移植は今の科学ではできません。

 

よしんばできても、古い脳はすてて他人の脳になるのですから、他人になってしまします。治ったのではなく、他人になるだけです。

 

その人体は生きていても、その人は死んだも同然です。

 

心筋梗塞や脳梗塞、くも膜下出血、癌はこういう状態なのです。

 

人間は食べたものその物と、吸った息そのもの、この2つの原料だけで出来ています。

 

私はPM2.5を分解するために皇居の回りをジョギングします。←分解できますか?むしろ、もっとPM2.5を吸いますよね?

 

木造の家を作ろうとして、セメントと砂利と水と鉄筋しかなければ、鉄筋コンクリートの家になります。

 

 その逆は、鉄筋コンクリートの家を作ろうとして、木とクギしかなければ、木造の家しかできません。

 

 人間の食べたものが自然界の物であれば、分解したり排泄できる可能性はあります。

 

でも、誤った、或いは粗悪な原料からは、誤った人間や粗悪な人間しかできません。

食べ物も吸う息も原料。その人間に、高度な教育や衣服を着せても、原料は変えられません。

 

しかし、トランス脂肪酸などはプラスチックとおなじ。

 

環境破壊するからといって、プラスチックのストローを紙ストローにかえても、

あなたが飲んでいるカフェオレのミルクがコーヒーフレッシュが入っているのなら、あなたが先に環境破壊=癌化しているのです。

 

子供に一流の教育、一流の衣服、一流の環境を与えても、スナック菓子やファーストフード

、いわんやスーパーのお惣菜やコンビニのから揚げなどのトランス脂肪酸、石油げんりょう由来の

殆どの薬や代用甘味料や食品添加物まみれの毒物を食べさせれば、

子供のうちであればアトピーや花粉症、発達障害程度で済むかもしれませんが、

大人になったら脳梗塞・心筋梗塞・癌、自己免疫疾患などのもっとややこしい病気になるかもしれません。

 

一流の教育や一流の運動では、プラスチックや石油由来の食品や薬、放射能は、分解も排泄も出来ないのです。

 

日本は、医療は一流かもしれませんが、予防は二流以下。栄養学にいたっては七流どころか

、栄養学という臨床学問自体が医学部歯学部薬学部にはないのです(ホントは日本の保険医療は三流です)。

 

無いのなら、医者でも知らないのですから、指導できません。

 

だから、癌を治す医者は沢山いても、癌にならない指導ができる医者が殆どいないのです。

 

なぜ、わたしは腎臓がんになったのですか?胃がんでも乳がんでも直腸がんでもなく、腎臓がんになった理由をおしえてください。

 

こんな質問をしても、答え得られる医者は殆どいません。というか、ほぼ皆無でしょう。

 

細胞ががん化するメカニズムや、これを阻止するメカニズムは答えられ、実際に分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤という抗がん剤を開発・発売できても、なぜその臓器ががんになったのか、説明できる医師は殆ど言いません。

 

しかし、東洋医学では理路整然と説明できます。

 

どの臓器に負担がかかっているのか、そのための食事はどうなっているのか、

その食事をとるのはどんな精神状態なのか、そしてその精神状態をうむ家庭環境はどうなのか、

そしてその家庭環境を作っている因子は…

 

というのを調べ、答えを出すのが陰陽五行説である、真の東洋医学。

 

西洋医学が『老化ですね』とか『ストレスです』と逃げるところを、正確精密迅速に診断するのが、東洋医学。

 

 漢方薬や鍼治療をするのが、東洋医学とおもったら大間違いです。

 

その東洋医学では、『何故、あなたはトランス脂肪酸の食事をとりたい、という欲望が脳や内臓にあるのか?』からアプローチするので

、原因除去療法から始めるから治るのです。

 

塾に入れたり、お受験するなど一流の教育をしても、食育が三流なら、子供を虐待しているのと同じ。

 

さあ、みんな目を醒ましましょう。


-------------------------------------------------------

恐らく、40年くらい前までは、食のことも

そんなに憂慮する必要もなかったと思うんですね。

でも今は残念ながら時代が変わってしまいました。

 

 

私が子どもにさせてしまった後悔を

するような人が1人でも少なくなりますように。

 

 

そして

私たち1人ひとりが

「自分を活かす天才」

になっていきましょうヽ(`▽´)/
 


日本大使館の総料理長の方も

お子さんの味覚破壊について

憂慮されています。

 

こちらもぜひ→<食で幸せを作る人。無添加食品のプロ




 

こんにちは、めぐみです。

 

 

このブログでは

私の子どもの体調不良から

知ってしまった、

 

「さまざまなこの世の常識は

経済界の都合で回っている」

 

ということに関して身近な話題から触れ、

 

経済システムを回す生き方から

ちょっとはずれて

 

自分のための生き方に

シフトチェンジし、

 

そしてその生き方を子どもたちにも

つなぎたい、ということで

お伝えしています。

 

 

 

今日はタイトルどおり、

トイレに潜む癌のもと

を探りましょう。

  

 

 

こんなおどろおどろしいタイトルは

つけたくないんですけどね。

 

 

でも1人でも多くのお母さんに

知ってほしいので

あえてこのタイトルに

してみました^^;

 

 

さて1月も早いもので、もう2週間経とうとしています。

 

2020年、オリンピックイヤー、

いろいろなことが

言われていますが

準備は大丈夫ですか?

 

「なんにも~!」って方は

私のブログを遡って

読んでみて下さいね。

(直接は書いてませんけど、

 いろいろ盛り込んでいます)

 

特にこちら

常識を壊しましょう。この地球上でみんなが入信させられている宗教

 

 

 

それと

ビジネスじゃなくて、事業の視点を

身につけたい方は

こちらへ。

 

 

 

 

 

 

 

さてさて本題です。

 

もうご存知の方も多いんでしょうか?

 

 

 

私も去年とあるセミナーで聞いたと

教えてもらって、知りました。

 

 

 

癌の原因、

それはウォシュレット、です。

 

信じられない方は

調べてみて下さいね。

 

 

 

一応中庸派のお医者さんだと

意見が中間でいいかなと思い

こちら載せておきます。

 

https://ameblo.jp/morizononaika/entry-11782563096.html

 

 

 

もうご存知と思いますが

『権威(政府、医者、学校や先生)、メディア、常識は

正しいとは限らない』

これを意識して

情報と向き合うと、いろんな世界が見えてきます。

 

 

 

私はここに中々気づかず

いろいろ娘にはかわいそうなことを

してしまいましたので

こうしてお伝えしています。

 

 

 

みんなそれぞれ発する情報には

意図があります。

 

もしあなたがブログをしていたら

そうですよね?

 

 

 

政府は消費税上げない、TPP締結しない

福島はアンダーコントロール、

見事に逆に進んでいますね。

 

いろいろ理由はあるのでしょうし、

一応選んだのは私たちということになりますから

しっかり対策を自分で予め考えておくことが

大切だなと感じています。

 

 

だから

ワクチンとか、マイナンバーカードとか、5Gとか

いろいろ言われているものも

本当に必要なの?

それの表の理由は?

裏に理由はないの?

 

と私は問いかけています。

 

 

 

 

こちらでお伝えしたように、

日本政府も、

国民のためではなくて

経済活動中心で

動いているのは当然ですよね。

 

良い悪いじゃなくて

議員さんも政府も

お金が必要で、投票が必要で

経済界が必要だからです。

 

 

↓SNSで話題になった、官邸ホームページ情報。

 

 

 

 

 

。。。一つ一つ学校、医者、メディアと

検証していくと、、、

おもしろいことが見えてきます。

 

 

そして何度も書きますが、

「子どもを守れるのは

一人ひとりのお母さんだけ」

ここに行き着きます。

 

 

 

ウォシュレットに関しても

考えると見えてきます。

 

 

 

日本の水道水の塩素が強い話は

以前投稿しました。

こちら下矢印

<自宅でできる、ミネラルウォーターの作り方と、魂の植民地化>

 

 

あなたはすでに

浄水器を付けるか、

浄水対策は何かしていますか?

大丈夫でしょうか?

 

 

 

煽っているわけではなく、

事実、データをみると

福島の原発に関係して

トリハロメタンの濃度が強くなっています。

 

それを直腸に毎日浴び続けたら、、、

 

腸内細菌が死滅したり

体内の常在菌が死にますよね。

 

 

 

そしてもっと怖いのは女性の場合

膣洗浄です。

 

市販のナプキンも今、かなりまずいようです。

 

これについては

また書こうかなと思っています。

でもみんな知ってるのかな?

 

 

 

とにかく知っているか知らないか

だけです

未来が大きく変わります。

 

 

 

 

ともに、子どもを守りましょう。