埼玉、越谷の癒しの空間を与えるリフォーム会社

埼玉、越谷の癒しの空間を与えるリフォーム会社

住宅のキッチン、トイレ、玄関、リビング、バスルームなどの小規模な修繕から改装、大規模改築工事をてがけ店舗改装工事もおこなっているリフォーム会社です。



こんにちは、こあいざわです。

今回は災害時、その後の生活の方法として

なるべく行政に頼らなくても

生活できる方法はないか考えます。


自給自足というと

主に食料にフォーカスされますが、

(野菜を作ったりとか)


エネルギーそのものを自給自足出来ないか?

を考えたいと思います。




行政の初動が悪くなくても、災害の状態によって

どうしても対応は遅れがちになります。


物資は早めに届くようになっては来ているようですが、

道路を寸断されたら何も届けられなくなってしまいますし、

やはり普段から最初の3日間~一週間程度は

自力で生活出来るようにしたいです。


今や電気は生活になくてはなりません。

照明が無いと夜は行動することが出来ませんし、

それと、冷蔵庫が使えなくなってしまう事が

厳しいですよね。


そこで考えられるのが

自家発電+バッテリーです。




公共の施設の天井には非常灯が付いているのを、

ご存じですか?

突然の停電の際には最低限の明かりがつき、

周囲が見える程度の明るさは

一定時間保たれます。

これは照明器具の内部に小さな電池があって

通常は消えたままになっています。



災害が増えてきた今、

一般の家屋にも非常灯はあるといいのでは?



夜に突然停電すると真っ暗になって

冷静さを失います。

足元が見える程度の明るさがあれば

十分避難することが可能ですね。




これをヒントに



蓄電する方法を

冷蔵庫に応用出来ないか?

と思いました。



冷蔵庫は電気が止まってしまうと

ただの箱になってしまいます。


私が思うに冷蔵庫に専用のバッテリーを取り付けて

一週間程度は外部からの電気なしでも駆動出来たら

いいと思いませんか?




冷気を循環させるには

コンプレッサーで常に冷気を作り出さないといけません。

これを援護する形で

冷蔵庫の壁内に冷水を循環、

或いは氷の層を作るのはどうでしょう。


うーん、ちょっと原始的かな…




それなら…



最近の機能でヒートポンプ方式がありますが、

これなら冷蔵庫にもすでに取り込まれていますね、

冷媒(ガス)をコンプレッサーで圧縮すると

熱が発生します。

これを暖房やお湯を沸かすのに使います。




圧縮された冷媒の圧力を急激に下げると

温度が下がり、冷房、冷蔵に使えます。




結構大変かも知れませんが、これを普段の駆動時に

バッテリーに蓄電しておき、非常時にバッテリー駆動に

自動で切り替える仕組みを作ったらどうでしょう?

熱が上がる、熱が冷める時、エネルギーが発生しますので、

これを電気エネルギーに変えて、家じゅうの電気を賄う

くらいに出来たら素晴らしいですね。

ヒートポンプ方式はエコキュートなどにも

使われておりますので、

給湯器+エアコン+加えて冷蔵庫も連動

させたら良いのではないでしょうか?

あとは強力なバッテリーがあればいいのですが…




先日リチウムイオン電池を発明した

吉野彰さんがノーベル賞を受賞しましたが、

それは今までのバッテリーの概念を大きく覆すものでした。




将来の鍵を握るのは

バッテリーなのではないかと思います。


一般的なバッテリーのイメージは

【大きく、重い、蓄電量が少ない】

ですが、これとは真逆のバッテリーが

日々開発されていくと思います。


また、発電機も発電の方法を根本から変える

仕組みが出来れば小型で大電量が作れ、

一家に一台の時代がやってくるかもしれません。



小型の次世代型発電機+小型の次世代型バッテリーがあれば

自然災害があってもしばらくは自力で生活が出来ますし、

何より救える命は増えると思います。



そもそも【電気に頼る】という感覚が古くなるかも

知れませんね。


今回は触れませんでしたが、【水】も必要ですね。

次回は水について考えます。


以上、私の独り言でした。

お付き合いいただきありがとうございました。










こんにちは、こあいざわです。

今回も引き続き災害時の行動について

考えて見たいと思います。



部屋の内装について語るべきブログなんですが、

こと災害時についてはきれいだのおしゃれだの

言ってられませんので

ちょっとお付き合いください。




今回は比較的早い段階の避難法で

自動車を使う事について考えます。




道がまだ損壊してないうちは、

緊急車の邪魔にならない程度で

車を使うのはアリだと思います。

なぜなら

寝たきりの人、小さな子供、

ペットなど

一気に運べますから、早い段階なら

効果的だと思います。



で、不思議だと思う事なんですけど、

車ってなんで水に沈むんですかね?

というか、なんで沈むような造りにしているんですかね?


多少車に詳しい私が説明します。



① 製造段階で床に穴をあけてあるから



 車はボディーだけの状態でさび止めのプールに

入れられます。このさび止め塗料が抜けやすい様に

穴が開いていると言われます。

ゴムの蓋はしてあるので通常の使用では

水は入って来ません。ただ、浸水するほどになると

水圧で入ってきてしまいます。その他エンジンルームと

室内を仕切る壁にも部品や配線を通す穴が空けてあります、

雨やほこりなど入ってこない様にパッキンしてありますが

これもあまりに水圧が過ぎると入ってきてしまいます。


②空調の為に穴が空いている



冷房や暖房の際は空調設備を使いますが、

外気を導入するとき用の穴が空いてます。

だから、足元まで水に浸かる時はじわじわと

入って来ますが、フロントガラスが浸かる位になると

水は一気に流れて来ます。       

エンジンは吸気口、排気マフラーから水が入って来ますので

内部が浸かるともうエンジンはかかりません。


こうして車はたくさんの穴から水が浸入して

沈んでしまうわけです。



沈まない車があったらもっと助かる人も

多かったのでは?



穴を無くす方法、というか水が入ってこない

方法はあると思います。

空気取り入れ口と吸排気の位置を

高い位置(屋根の上)にしたらどうか?

それ以外の穴は最初から空けない、

或いは徹底して防水処理を行うことで、

増水しても車はプカッと浮いてくるでしょう。

車が船の様に浮いたら救命ボートのごとく

車のボディ自体が救命具になるのでは?

と思いますが如何でしょう?

都市部でも急な増水でアンダーパスに

車が沈んでしまう事があります。

アンダーパスの天井に着かないうちに

浮いた状態で移動が出来れば

これも助かる可能性が高くなると思うのですが。

中途半端に穴やすき間があれば排気ガスが流入して

一酸化炭素中毒になるリスクもありますし、

それなら密閉してしまった方が良いんじゃないかと

私は思うんですけどね。

ガソリン、ディーゼル車なら後は熱の問題ですね。

電気自動車なら実現できそうじゃないですか?



メーカーの人、考えてくださいよ。



以上、今思っている事並べてみましたけど

いかがでしょうか?




今日はこれまで、

ありがとうございました。











こんにちは、こあいざわです。


家というもの、様々な法律で規制されています。

建物だけに限れば大きく分けて

丈夫で安全な家を造らせるための建築基準法

燃えにくい家を造らせるための消防法

があります。


土地や建物の利用法によっては30近い法律で規制がされていますが、

自然災害に関しての規制は

【火事】

だけなんですね。(マンションは除く)


地震や水害に関しては保険の方が先を行ってますね。

まあ、ただこれは「起きてしまった後」の保証なので、

論点がずれてますが。


これからは、地震と水害、あと竜巻などの風害に関しての

規制も必要ですが、

具体的にどうすればいいかという

決定打が無い状態でもあります。


でも、ただ待っていても、いつ、どこで災害が発生するかも

知れないので、今、策が無くても、

これについて話し合うのは重要だと思います。


水害について

やっぱり先日の台風19号の被害を教訓としなければ

いけませんね。

今回の災害で分かったこと、


水害に関しては

ハザードマップの精度が格段に上がっていたということ、

予め被害にあうのが分かっているなら

その区域の住宅は特別な建物としなければいけませんよね。



「特別水害対策住居指定地区」みたいな。

(私が勝手に考えました)




そこではまず、構造の規制をします。

木造家屋建設禁止

構造材に木材を使ってはいけない

外装では水害に耐えうる資材の使用指定

内装では木、紙などの使用は最低限に


構造材は出来れば鉄骨が良いのですが、

住宅としては高価になってしまうので、

万人向けとは言えません。

鉄と木材双方の利点を生かす「再生系の樹脂」

が良いのではと思います。




災害時の対応策としては


救命用ボートの設置義務

いざ災害が起きても自衛隊の救助を待ってるだけでは

命が守れません。特に家族に障害者がいる場合、

一刻も早くその場所を離れる必要があります。

更にボートの点検と使用法も兼ねて年一回程度の

訓練も義務化する。



ペット原則禁止

出来れば飼わないようにする。

飼っているペットがいる場合、届出制にして

非常時の収容先を決めておく。


情報のチップ埋め込みも考慮する。

ペット用の非常時持ち出し袋も設置義務させる。

行政もペット専門の救命士を派遣させる仕組みを作る。

(ペットの好み、習性に合わせたエサ、グッズを一つの袋に入れて渡す)

これは同時に避難出来ない場合もあると思うので、

第三者にわかりやすい様にする必要があるため。

ペット用避難所の設置(獣医常駐)


とまあ、水害に関して私が考える策というのは

こんな感じです。

(すみません、正直、自分が経験してないので

あまり想像が出来ていません。)

でも

こういった事にみんなで一緒に意見交換しませんか?




何もしないより、出来ることを少しでもやった方が

助かる命は増えると思います。

自分の命は自分で守る

自分の大切な人の命は自分で守る


これ原則だと思います!

(だからと言って濁流の中、無理に避難しろというわけではありません)


自衛隊や警察を過信しない事

彼らだってたくさんの命を守りたいという

使命はありますが、それでも全てには及べない

事もあるのです。




引き続き災害についてのブログを書こうと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。