埼玉、越谷の癒しの空間を与えるリフォーム会社

住宅のキッチン、トイレ、玄関、リビング、バスルームなどの小規模な修繕から改装、大規模改築工事をてがけ店舗改装工事もおこなっているリフォーム会社です。


テーマ:

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

玄関ドアのお話です

 

いや、こんなこともあるんだな~って。

 

 

それは、こんな状況です。

 

 

 

新築からまだ10年も経っていないお宅です。

 

玄関はおうちの顔なので、

 

このような状態はよくないですね~。

 

考えられることといえば、こちらのお宅、

 

ポーチの屋根が短く、少し強めの雨が降ると

 

雨がもろに叩きつける場所なんです。

 

メーカー品なので、その辺は考慮されて作られているはずなんですがね…

 

ほかに何かないか尋ねたら…

 

時々高圧洗浄機で洗っているとのこと…

 

あ~…

 

それかな~?

 

 

 

通常の使用ではありえない場所から水が、しかも勢いよく当てられるわけで

 

さすがのメーカー品もそこまでは考えて作ってはないですよね。

 

まあ、ただ剥がれたものの材質が塩ビシートだったので、

 

お得意の「ダイノックシートで貼り替えましょう」の

 

提案をさせていただきました。

 

幸い、この部分は本体と別に外せることがわかりましたので、

 

慎重に外しました。

 

 

初めて触るドアなのに

 

こういうの躊躇なくやってしまうんですよね…

 

元通りにならなかったらどうするんでしょう(笑)

 

ま、何があっても「大丈夫!大丈夫!」

 

の精神で突き進みます(笑)

 

 

 

 

外した状態。

 

ここからシートを剥がします。

 

ヒートガンで柔らかくしながら徐々に剥がしていきます。

 

 

 

はがし終えました。模様みたいになっているのは残った糊です。

 

 

 

なるべく近い色を選んで貼りましたよ。

 

 

貼った後(上)と貼る前(下)

 

 

で、取り付けました。

 

ちょっと明るくなってしまいましたが、

 

「アクセントになって素敵」とオーナー様もお気に入りです。

 

 

完成!

 

いかがですか?

 

かえって高級感が増したと思えるのは私だけ?

 

大成功~~ということで

 

 

次回はこれよりもっと難しいことに挑戦しましたので

 

ご紹介しますね。

 

そう、躊躇なく「出来ます!!」と言ってしまうのが

 

私の病気(?)

 

かもしれません。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日もご覧頂き有難うございます。

 

築28年の戸建です。

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-img_3945

 

「最近何だか床の一部が妙に柔らかくて」

と。

そのうちいきなり「ベコッ」っときました。

 

「うわっ穴あいた!」「あぶない~」

 

とのことで、   直します。

現状がクッションフロアなので…

今回「フローリング」にするとかのグレードアップを提案したのですが

 

「急いでいるので、とりあえず同じように直してください」

との事でした。

 

こういうのって

縁の下からの湿気が多くて木が腐るとか基本原因なんですね。

このころの住宅は布基礎だけで、平面は土のままだったりします。

そうなると湿気がもろにあたるのです。

とは言ってもすごくカビているとか、濡れてるほどの事では無く、

長年の蓄積で、徐々に合板同士が剥がれてきたものでした。

合板て、薄いベニヤを互い違いに何層も貼り合わせたもので

きちんと着いてる間は丈夫なのですが

剥がれるというか、浮いてくると、途端にフニャフニャになってしまいます。

 

予算と、時間の都合で今回下地は必要最小限の補修でとどめます。

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-img_3948

タルキまでは腐りはありませんでした。

これはそのまま使いましょう。

ただ、細かい補強は入れとかないと、後で床がギシギシなってしまいます。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-img_3949

 

とりあえず、こんな感じで部分的に下地を張り替えました。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-img_3951

 

クッションフロアを前回と同じような柄で貼りました。

 

最後にワックスをかけて「完成~」です。

 

工事時間は正味4時間程度でいけました。

 

うん、これはDIYでも出来るレベルですね、同じようなお悩みの方、

挑戦してみてはいかがですか?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎度、毎度ご覧頂き有難うございます。

プレハブの社員寮で

畳からフロアタイルに替えてみました。

もしかしたら、DIYでも行けるんじゃないかと

思いまして、紹介する事にしました。

 

まずはビフォー…

cimg4234

 

小さい部屋です…

これを替えていきます。

cimg4241

カマチが斜めだったので、直角に変更してあります。

畳を上げると平らだったので、こんな感じで

タルキを組んでいきます。(1本乗せたままでした)

ただし、水平を見ながら組んでいかないと床が

波打ってしまいますよ。ここの場合それ程ひどくなかったので、

調整はほとんどしなくて済みました。

_2229

「スタイロフォーム」を隙間なく詰めます。カッターで簡単に切れます。

やっぱ入れておいた方が、冬場は床からの冷気がこたえるんで、必ず入れましょう。

_2230

その上に12mmの構造用合板を張りました。

カマチには仕上げ済みの材を取り付けてあります。

%e3%83%95%e3%83%ad%e3%82%a2%e8%bf%bd%e5%8a%a0

その上に「フロアタイル」を専用糊で貼り、巾木を同系色で貼りました。

ワックスもかけてありますよ。

最近はオフィスの様にキャスター付きの椅子を使われる方が多く、

フローリングに貼り替えても傷がすぐ付いてしまいます。

その点、フロアタイルだと非常に傷がつきにくく、もし傷んでも、簡単にその部分

だけ貼り替えることが出来ますので、住宅でもよく使われるようになりました。

元々店舗に使われていた床材ですし、靴で乗られる事前提に作られているので、

例えば、ピンヒールで歩いてもなんともないですね。見た目はほとんどフローリン

グですし、歩き心地も全然違和感ないので、「フローリングにしたいんだけど傷

が…」という方には超おすすめです!

 

ありがとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。