埼玉、越谷の癒しの空間を与えるリフォーム会社

住宅のキッチン、トイレ、玄関、リビング、バスルームなどの小規模な修繕から改装、大規模改築工事をてがけ店舗改装工事もおこなっているリフォーム会社です。


テーマ:

いつもご覧いただきありがとうございます。
内装リフォームのエイジュン、代表の小相澤です。


建築に特別な知識を持たない

一般の方で


中古マンション

中古一戸建て

 

買われる方って


とーーーーってもあぶないと思うんですよね。

 

リフォーム業に携わってますと


表面だけキレイに見えるリフォーム

 

結構多く見かけます。


ボロボロなところを直すのではなく


蓋をするだけってわかります?

 

あけてビックリ!!


なんてこともしばしば…

 


不動産は


安い買い物じゃないです。

 

値段交渉も大事ですけど…

 

何が言いたいかというと…


契約前に


信頼できる専門業者に見てもらってください!


契約後に「あれが悪い、こんなものだとは知らなかった、だまされた」


などと言っても


後の祭り。

 


別に仲介業者様が悪いといってるわけではありません。

彼らは「売る」のが本業であって、

その先の起こるであろう小さなトラブルは

業務に関係ない事になるので、

対応が難しくなるのです。


契約時にも


「現況が優先」と書かれてますから。


契約書の内容をよーーーーっく見て、理解してくださいと

強く思うのです。

 

つまり、図面が実際の部屋より広く書かれてようが

口でどんなに素晴らしいか言われようが

どんなにイメージ図が素敵に書かれていようが


自分の目で見たものが全てなんです。

 

 

新居だから浮かれる気持ちは解りますが

 


失礼ですが

 

あなたが勝手にお部屋を美化してるんです。

 

 

皆がみんな全てそうだとは言いませんが、

新居選びに冷静さを欠いてしまって、

 

こんなことも気づかなかったの?っていう方って


結構多いように見受けますね。


これって、住居そのものより、周りの環境

公共施設や学校が近いとか駅まで便利だとか、

またはマンションだったら、

 

「管理会社がしっかりしてるし、


管理人さんがとってもいい人そう」


なーんて理由で安易に決めてませんか?


まあ、それも大事ですがね。

 

そしたらですよ、

「うーん全体的にはキレイだけど、ここだけは気になるな~」

っていうところ、少しでもあったら、

御自身で判断する前に

ぜひ、お電話下さい。

「中古物件買おうと思ってるんだけど、一応チェックしてくれる?」

で構いません。

 

その一言であなたがうーんと得することがあるかもしれません。

その一言を惜しんだ為に、購入直後、あるいはしばらくしてから

大きな出費があるかもしれません。

 


何も心配なければ


「大丈夫ですよ」


とお伝えします。

ただ、中古ですから、各箇所や備品の寿命は

一般的に新築より短いです。

 

その時は

「あと〇〇年住むならばここは直しておいた方がいいかも」

「ここは補強しておいた方がいいかも」

「これは交換した方がいいです」


と、アドバイスさせて頂きます。

それだけでしたら、もちろん料金は発生しませんので

ご安心を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもご覧いただきありがとうございます。
内装リフォームのエイジュン、代表の小相澤です。


今日は、これもよくいただくご質問です。
【床材は何がいいの?】
ということについて、お話したいと思います。






【畳】

まずは畳ですが、「床材」という扱いとしては和室限定なので、比べるのはフェアではないかし

れませんが、どこのお宅でも1部屋は必ずある(あった?)畳の部屋ですが、正直なところ少なく

なってますね。

それには訳があります。

メリットはお部屋の空気を浄化する効果がある事、新しい畳はあの香りがたまらないです。夏場は直接寝転ぶと気持ちいいですね。

デメリットは生活の洋式化に伴っ

て、家具の型が付く、すぐに退色する、さらにはダニやカビの心配もあって、畳を敬遠されるが

増えています。定期的に表替えや干すなどすれば、長く気持ちよく使えると思うのですがね。

(昔は年末の大掃除とかに畳を表に出して天日に干したものです…)

椅子、テーブルの生活に慣れてしまうと、どうも畳は扱いにくいものになってしまうようです。

食べこぼしとか詰まってしまいますしね。


かといって畳の上にカーペットを敷くとか絶対にやめた方がいいです、ダニが倍増しますよ!!



【フローリング】

そこで、上のお部屋をリフォームする際にフローリングなどに変えるわけです。






和室は完全に洋間になりました。畳のデメリットを無くした結果です。

生活様式の変化というのもありますが、湿気によるダニやカビの発生でからだの不調を訴える方

が多くなったからではないでしょうか?

メリットは肌触り、高級感、手入れ

のしやすさですね。

上記の理由から人気も高いです。

フローリングのデメリットはやっぱり【傷】ですね。








これは素材やグレードによって差はあるのですが、コストを抑えすぎて安いフローリング材を

使うとササクレが起きてけがをすることもありますし、靴下が引っかかるなど、ストレスの原因

にもなります。特にキャスター付きの椅子には気を付けてください、決まった場所で使う場合は

専用の下敷きシートを敷きましょう。このキャスター傷が原因で、早いうちに貼り替えが必要に

なってしまった事がよくあります。



貼り替えた直後です。


月1回程度定期的にワックスをかけると長持ちします。




【クッションフロア】

床材の中で最も安く、手軽にリフォーム出来るのがクッションフロアです。

メリットは安い、柄が豊富、工期が

短くそこそこきれいに仕上がり、肌触りもソフトですので、素足で歩くところにはいいですね。

例えば洗面脱衣所など。








画像はカーペットを撤去して貼っている所です。ここは居間ですが、全然違和感ありません。予

備知識の無い方が見ると本物のフローリングに見えるとか。



貼り終えたところ。

デメリットは表面がやわらかいので

傷がつきやすいこと。重い家具や、冷蔵庫など、引きずって移動しようものなら、たちまち破け

てしまいます。あと、厚さが1.8㎜しかない(グレードによる)ので、コンクリートに直接貼るこ

とは絶対避けた方が良いと思います。特にリビングなど、冬の冷たさは想像以上ですよ。熱にも

弱く、ちょっとしたことで溶けたり、焦げてしまう事があります。

上記のような過酷な使い方をせず、定期的なワックスがけすればツヤが維持できますので、長持

ちさせるには少し注意が必要でしょう。





【カーペット】

最近めっきり張る事が無くなってきましたが、根強い人気がありますね。



メリットは冬場は冷えやすい方やお

年寄りに暖かく柔らかい素材が気に入って頂いております。

室内で転ぶのはあまりないかもしれませんが、その点でも安全な床材です。



繋げて張ってます。


デメリットは何といっても【ダニ】

です。

その他、型が残りやすい、液体こぼしたらシミになりやすい、クリーニングし難い、へタって

ぺったんこになるとカーペットの良いところが無くなってしまうところですね。

(ヘタりやシミ対策についてはある程度グレードの高い材でしたらあまり心配は無い様ですが…)

割と短いサイクルで張り替えされるようでしたら、おすすめではありますがコストはフローリン

グに比べてやや高めか、上級グレードですとそれ以上になる事がございます。



最後にご紹介するのは【フロアタイル】です。



画像はリフォームに使用した際の例ですが、違和感なく収まっているのがご確認頂けると思いま

す。
メリットは丈夫なこと。本来店舗で

の使用を視野に開発されたものですので、多数の人や物に対する耐久性が高く、靴によっても、

例えばピンヒールなどで歩いても跡が全くつかない優れた床材です。しかも、傷ついてしまった

場合は部分的に貼り替えが出来るのも大きなメリットです。

また、リフォームには、厚さが2.5㎜~3㎜程度なので、カマチや窓際、ドア下など加工無しで施

工できることが多いなどコストを抑えるうえでのメリットも大きいですね。



上の画像とは違う現場ですが、施工後です。

画像はフローリングタイプですが、この他に45×45㎝の真四角のタイプ(画像下)もありまし

て、様々な柄が選べ、デザインを施した貼り方にも対応できます。



デメリットといえば、熱に弱いこ

と、(床材全般に言えることですが)タバコの火にはご注意ください。焦げてしまいます。ま

た、タイルの中には鏡面仕上げになっているものもありますので、このタイプにはワックスをま

めにかけないと表面傷が付きやすい事もございます。

あと、ものによってはですが、色焼けしやすいものがありますので、日が強く差す場所ではカー

テンなどで遮ってやる必要がございます。目地部分に水が入るとはがれやすい為、

キッチン、洗面所、トイレにはあまりお勧めしませんが、耐水性の糊を使うことにより対策をし

ておりますので、絶対ダメということではありませんのでお間違えの無いように。






まだまだお教えしたいポイントがありますが、

この先はお会いさせて頂いたときにお話しさせて頂きますね。

床材に一長一短があることはご理解いただけたと思います。エイジュンは使用する箇所によって

長く快適に暮らせるリフォームを提案しております。

その他内装リフォームを中心に、お困りのこと、聞いてみたいことなどあれば、お気軽にご連絡ください。


◆お電話でのご相談は【048-971-2788】

◆メールでのご相談は こちらをクリック



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもご覧いただきありがとうございます。
内装リフォームのエイジュン、代表の小相澤です。



今日はよくいただくご質問


【クロスの選び方】


について、お話したいと思います。






クロスと一言に言っても、デザインや機能、価格などたくさんの種類のクロスがあります。







せっかくリフォームするのですから、一番満足する形にしたいですよね。

基本的には好みにあったものをお選びいただくのが良いと思いますが、

そんな中で、クロスリフォームをする際に私が気をつけた方が良いと思うポイントは


【場所に合った機能のクロスを選ぶ】


ということです。


これを無視してしまうと、すぐ汚れてしまう、カビが生えやすい、傷がついてしまうということ

になり、結果として短期間で再度リフォーム、ということになってしまいます。

一般的に住宅にお勧めするクロスは「1000番台」といわれる

商品で、サンゲツ、リリカラなど各有名メーカーよりお選びいただけます。


「じゃあ場所に合ったクロスってどう選ぶのよ」


ってなりますよね。

見本帳には機能別にタブが付いてます。

そこからご覧になってください。


例えば機能でいうと

トイレやキッチンには消臭+汚れ防止

洗面脱衣所やクローゼットには通気性、吸放湿

廊下には汚れ防止+表面強化

などがあげられます。

寝室やリビングには抗アレルゲン性+森林浴効果(空気を洗う壁紙)が良いでしょう。



柄やデザインで言うと

天井には天井向けの柄がありますがこちらはお好みで。

無地のクロスですと、細かい石目調がおすすめですね。

これは照明光の拡散が自然な広がりできれいに見えるからなんです。

逆に大柄の織物調やストライプ柄などはお部屋の雰囲気を壊しがちなので

あまりおすすめはしておりません。

洗面所やトイレはどうかというと、

壁は清潔感を持たせるために小さな花柄を選ばれる方が多いです。

ピンクや水色などのパステル系がいいですね。






寝室はあまり大きな柄ではなく控えめなお色を選ばれる方が良いと思います、

うすいグリーンやアイボリーですとリラックス効果が期待できますし、

無地ですと織物調のクロスの方が温かみのあるお部屋になります。






汚れやすい場所には暗めの色や柄でいくつかの色がちりばめられた模様など、

場所によっては腰下だけ半分貼るというのはどうでしょう。





汚れが目立ちにくく、なおかつおしゃれな仕上げにになりますよ。



他には、お好みに応じて一面だけ大柄を入れるとかされると大変おしゃれですね。










ご紹介したものはほんの一例です。

※画像の全ては当社で実際に施工させて頂いたお客様のお宅です。



まだまだお教えしたいポイントがありますが、

この先はお会いさせて頂いたときにお話しさせて頂きますね。




重要なポイントには気を配りつつ、満足できるクロス選びをしましょう。




その他内装リフォームを中心に、お困りのこと、聞いてみたいことなどあれば、

お気軽にご連絡ください。
















































































































































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。