【移転しました。】最強の電気技術者への道~電験一種合格を目指す電気技術者ブログ~

【移転しました。】最強の電気技術者への道~電験一種合格を目指す電気技術者ブログ~

地方在住の電気技術者です。平成29年3月に技術士(電気電子部門)を取得しました。現在合格を目指している電験一種の受験日記や、今までに合格した資格試験の体験記を中心に書いていきたいと思います。
【新ブログURL】http://www.bleu-eclair.net/


テーマ:

いつも私のブログを読んでいただきありがとうございます。

少し前から取り組んできたブログの移転。
ついに移転することになりました。
新ブログは以下のURLになります。

 

【新ブログ】最強の電気技術者への道~電験一種合格を目指す電気技術者ブログ~
http://www.bleu-eclair.net/

 

題名も書く内容も今までと全く変わりません。
場所を変えて引き続きブログを続けていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。


テーマ:

私の読んでいるメルマガシリーズ3回目です。

 

電気のスペシャリスト養成【e-DEN通信】
http://archives.mag2.com/0001502850/

 

今回紹介するのはe-DEN通信。
これは電験で有名な不動弘幸先生の株式会社資格センターによるメルマガです。

 

電験と電気工事士試験についてはもっとも詳しいメルマガといっていいのではないでしょうか。
勉強法や電験の知識など、非常に的を得た情報を手に入れられるメルマガと考えています。
11月のメルマガで、一種電工技能試験についてまとめたものがありましたが、これは素晴らしい内容でした。

 

電気系の方はぜひ登録してみるべきでしょう。
分量的にもちょうどよく、非常に読みやすいメルマガです。

 


テーマ:

1月28日のFP3級技能検定に向け、勉強をやってます。
ようやく教科書を読み終えました。

この本を読みました。


みんなが欲しかった! FPの教科書 3級(滝澤ななみ)

 

非常にわかりやすい本でした。
板書風に書かれていたりして、非常に見やすかったです。
電験や技術士でもこのような形式の本が出てほしいくらいです。

 

そして今は次の問題集を解いています。

 

みんなが欲しかった! FPの問題集 3級(滝澤ななみ)

 

FP3級技能検定の問題は2択(〇×)か3択です。
電気工事士の4択や電験三種の5択に比べると、確率的にはだいぶ正解しやすいです。
とはいえ、問題集を解いているとそれでもよく間違うので、まだまだ勉強する必要があります。

 

本番まであと1週間ちょっと。
まだまだ勉強できるはずです。
頑張ります。


テーマ:

忘れないうちに工事担任者AI・DD総合種試験の合格体験記を書きます。
合格まで4回受験し、個人的には非常に苦しい試験でした。

 

■合格年度

 

平成29年度

 

■受験回数

 

4回

 

■自己採点結果

 

基礎 65/100(H26年度2回目)
技術 64/100(H29年度2回目)
法規 76/100(H27年度1回目)

 

■使用した参考書

 

(1) 工事担任者AI・DD総合種実戦問題(リックテレコム)

(2) 工事担任者科目別テキスト わかるAI・DD総合種「技術・理論」

(3) 工事担任者AI・DD総合種過去問

 

■体験記

 

電気通信にはあまりなじみのない私ですが、この試験を受けようとしたきっかけは技術士第二次試験の択一対策でした。
電気通信の知識がほとんどないため、その基礎力を付けるために受験することになりました。

 

初めて受けたのは、平成26年度2回目。
過去問と(1)を中心に勉強しました。
問題はかなり解いたのですが、技術科目だけはなかなか理解できず進めませんでした。
このときは、基礎科目のみ合格しました。
基礎科目は電験の基礎でも出てきそうな問題が多数あるため、私としては取り組みやすい科目でした。

 

次に受けたのは平成27年度1回目。
前回と同様の勉強をしましたが、法規のみ合格することができました。
残るは技術科目1科目ですが、実務に近いこの科目の理解がなかなか進みません。
技術科目の点数は58/100と、あと1問で合格でした。

 

ここから受検しない期間が続きます。
平成27年度2回目は申し込みをしましたが、電験一種二次試験と重なったため受験を断念しました。
平成28年度1回目も申し込みをしましたが、長期出張と重なったためやはり受験を断念しました。
出張を替わってもらうことは可能だったと思いますが、この出張がまたとない経験でしたので、仕事の方を取りました。

平成28年度2回目は電験一種二次試験と重なったため、申し込み自体をしませんでした。

 

久々の受験となった平成29年度第1回。
(1)と(3)で技術科目のみを何度も繰り返し解きました。
しかし、点数は52/100で不合格。
個人的にはこの試験に限界を感じ、受験をあけらめようとも考えていました。

 

そして平成29年度第2回目。
この回を超えると基礎科目の科目合格がなくなるため、最後の挑戦のつもりで臨みました。
今までのやり方では合格できないと思い、(2)を一旦全部読みました。
その後はひたすら(1)と(3)を繰り返し解きました。
わからない部分は(2)を見て、未理解箇所をなくすように努めました。
勉強期間は約3週間でしたが、結果は64/100で何とか合格できました。

 

どちらかというと私の経験は不合格体験記に近いかもしれません。
おすすめの勉強法というのもなかなか紹介できないのですが、(2)は非常に素晴らしい参考書ということだけは言えます。
この本をもっと前から解いておけばよかったと思いました。
(1)もいい本だとは思いますが、解説が多くないので、実務に携わっていない方には向いていないかもしれません。
ある程度知識がある方であれば、(1)のみで合格することも可能かと思います。

 

私が書くのもなんですが、電験三種に比べれば取り組みやすい試験だと思います。
ただ、技術科目は他の科目よりも骨のある試験だと思いますので、十分な準備をして臨むべきでしょう。

 


テーマ:

一週間前になりますが、電気技術者試験センターより平成29年度の電験一種・二種二次試験の解答が発表されました。

平成29年度第一種電気主任技術者二次試験
http://www.shiken.or.jp/answer/pdf/270/file_nm03/2017_1_2.pdf
平成29年度第二種電気主任技術者二次試験
http://www.shiken.or.jp/answer/pdf/271/file_nm03/2017_2_2.pdf

今回は私は受験できなかったのであまり発表は気にしていなかったのですが、受験された方は心待ちにしていたのではないでしょうか。
電気工事士と電験の中で、この二次試験の解答のみ唯一発表が遅いです。

dendeさんの電気技術者の部屋で読んだことがあるのですが、どんな参考書よりもこの解答をまず読みこむことが大事だということです。
何よりもこの解答はオフィシャルの発表なわけで、このような解き方が100点満点の解き方と示されているわけですからね。
まだ私はじっくり見ていませんが、もう少し時間ができたら取り組んでみようと思います。

合格発表まであと1か月弱。
受験された方の合格をお祈りしています。


テーマ:
私が読んでいるメルマガの紹介です。
今回も技術士試験がテーマのメルマガです。

技術士合格の仕組み講座メールマガジン

このメルマガのテーマは技術士第二次試験の合格。
定期的に送られるメルマガではなく、1年くらい空いたときもあります。
(今年になってから数通来ております。)
著者の山崎恭司さんは4年連続で技術士試験を一発で合格したという経歴の持ち主です。
山崎さんで技術士というと、次の著書が有名です。


この本にはずいぶんお世話になりました。
本の内容も素晴らしいですが、付属の講義CDがまた完成度が高いです。
私は通勤時のこの講義CDをMP3に変換して聞いていました。
私の技術士第二次試験合格はこの本によるものが大きいです。

メルマガの内容はこの著書の内容が多々登場します。
またたまに山崎さんのプライベートも出てきたりして、意外と楽しめます。
特に技術士試験合格を目指している方は、ぜひ購読したいメルマガです。

テーマ:

私が読んでいるメルマガを紹介します。

我ら社内士!マイホームパパの資格取得・活用術
http://www.mag2.com/m/0000199616.html

私の読んでいるメルマガではもっともお気に入りのメルマガです。
メルマガは購読していても、実際には読まずにどんどん溜まっていくパターンが多々ありますが、このメルマガは毎回しっかりと読んでいます。
作者の青木さんは技術士兼中小企業診断士です。

技術士は技術のエキスパート。
しかしそれだけでは真のコンサルではないのだと思います。
技術面だけでなく経営面での視点を持って初めて真のコンサルになるのではないでしょうか。
それを教えてくれるメルマガです。

せっかく努力して取った資格。
これをどうやって実務で活かしていくのか、非常に参考になるメルマガです。

今日のメルマガではある本の紹介がありました。
私はまだ読んでいませんが、近々読んでみようと思います。

複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考(木部智之)


経営からの視点がある青木さんの考え方は私の目指すところです。
まだまだこのメルマガから学ぶべきところは多いです。


テーマ:
金曜のことになりますが、第一種電気工事士技能試験と下期第二種電気工事士技能試験の合格発表がありました。
合格されたみなさま、おめでとうございます。

合格率はどちらも50%を超える高い数字でしたが、何度も今までに書いてますように、この試験は合格率を超えた怖さがあります。
今年度から技能試験の基準が変わり、ますますミスが許されない状態になっています。
このような試験ですので、先日の合格発表でようやくホッとした方が多かったのではないでしょうか。

私が持っている資格の中で、『食べていける』資格という点では、電気工事士が断トツ一番だと考えています。
(電気主任技術者以上に。)
やはり電気工事士法の存在は大きいですね。

平成30年度からは、第二種電気工事士試験がようやく上期と下期の両方受験できるようになります。
(今年度まではどちらか一方だけでした。)
定番資格ながら、意外と大きな動きのある資格です。
今後もこの試験の動きに注目していきたいと思います。

テーマ:

昨年末にも書きました携帯の話です。

私は今ワイモバイルの403SHを使っています。
いわゆる格安スマホであり、今の料金は月3千円弱と今までの半分以下の料金に抑えています。

安くするために故障安心パックプラス(月690円)を外しているということもあり、今まで以上に携帯電話を大切に取り扱う必要があります。
2年間で16,560円というのはかなり大きいです。
大切に取り扱うための一つの手段が昨年末に書いたスマートフォンカバーです。

403SH AQUOS CRYSTAL 2 本革ケースカバー

 

そして、今回さらに防護するため、画面の保護シートを購入しました。

403SH 強化ガラス液晶保護フィルム


このシートは強化ガラスです。
画面に傷が付くのを防ぐだけではなく、この強化ガラス保護フィルムは液晶が割れるのを防ぐことができるようです。
防御力では保護シート類の中では最強ではないでしょうか。

また、貼るときに気泡ができずきれいに貼れたのは良かったですね。
使用においても、指紋があまりつかず、きれいな状態で長時間使用することが可能です。
この値段でここまでできれば御の字ではないでしょうか。

ちなみに前回の携帯では大切に使い、3年経ってもかなりきれいな状態を維持できましたが、一度だけ修理に出したことがあります。
このときはソフトバンクの安心パックで対応できました(修理代1,000円くらい)。
今回はこれがないので、上記の防護アイテムを使って大切に使っていきたいと思います。


テーマ:

昨日の読書の話の続きになります。
隣町の図書館に行ったものの、その自治体の住民ではない私は本を借りれず、図書館で本を読み切りました。
普段あまり実践できていない速読術ですが、今回は機能したのではと考えています。
私の速読術は次の本から学んだものです。

王様の速読術(斉藤英治)

 

かれこれ10年くらい前に読んだ本ですが、今でも内容を鮮明に覚えています。
この本での速読とは早く本を読むことではありません。
この本の速読術は『作者の伝えたいことを汲み取ること』を目的としています。
この本での速読術の流れは以下のようになります。

(1) 目次を読み込んで全体を見渡す。
(2) 本全体を数分間でパラパラと見て、重要な箇所を探す。
(3) 本の中で重要だと感じた箇所を読み込む。

これで本の内容を完全に理解することはできないとは思いますが、大部分は理解できると思います。
本から何か一つでも得られたら、その読書は価値があったのではないかと思います。

本は最初から最後まで読んでしまいがちですが、この本を常に意識して読んでいきたいと思います。
この本は読書の真の目的を達成する方法を身に付けられる素晴らしい本です。
ぜひともおすすめの本です。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス