Hiroshiのブログ

Hiroshiのブログ

本blog
https://blue.ap.teacup.com/salsa2001/
このblogでは写真などは省略

今週はオフ日と決めた。勉強も読書も運動も数値目標を考えないで済むのは気楽だが、痴呆への第一歩?(汗) 

いずれにせよ、図書館の返却日が迫っていたので『空海』ほか、2冊を返却後、新たに2冊借り出す。そのうちの最近でされたばかりの野口悠紀雄氏の『中国が世界を撹乱する』が面白そう。内容はAI、デジタル人民元のほか、現在のコロナを含む。平日の昼間ならば大丈夫だろうということで何時ものスタバへGO。 借りたばかりの本を読んだり、あと下記の「定量的妥当性について」の記事を書いているうちにバウムクーヘンとコーヒーで3時間ほど過ごす(汗)



<大統領就任式>
混乱の末、漸くアメリカの大統領が替わった。バイデン氏には大変な後始末が残っているし、何よりコロナを収束させないといけない。トランプは史上最悪の大統領として歴史に残るだろう。早々にWHOとパリ協定に復帰したのは良かった。ところで大統領就任式でレディー・ガガさんが国家斉唱をしたとか。風貌は好みとするところではないが、彼女には東日本大震災の時の恩を忘れてはいない。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5712/trackback



<定量的妥当性について>
先日Back up siteに最近話題のコロナウイルスの検出法であるRT-PCR法について質問があった。それで返信したのだが、十分に説明出来ず、逆にこの方法の限界を強調したような形になった。それで、もう一度解りやすく図示し<適切な使用をすれば>RT-PCR法は極めて強力な診断法であることを強調したい。
https://ameblo.jp/bigsur52/entry-12650466481.html

下の図はRT-PCR法から離れて、一般化した測定法の概念を示す。実は下の左図は、私が担当した大学1年生の基礎科学演習、並びに2年生の生化学の実習で実際に行う例。この実習を通して測定法一般の定量的取り扱いや、測定限界を理解してもらうために実行している。

 

 

 

横軸は物質量*、縦軸は測定値を示す。1年では物質として色がついている硫酸銅を使う。硫酸銅は水に非常に溶けやすく、かつ青色なので簡単に測定可能なので重宝している。


*物質としてはウイルスでも同様。

 

硫酸銅をゼロ(=0)から少しずつ増やしていくと青さが比例して段々増してくるが、左図のA量までくると、やがて濃さが識別できなくなる。このことから測定値の0~aまでは信頼できるが、それ以上の値(>a)では信頼出来ないとする。このことが理解出来ない学生は不合格。

さて、問題のRT-PCR法だが、これは極めて感度が高い強力な武器だが、同時に感度が驚異的に高いが故に注意しないといけない点がある。すなわち、ゼロでもノイズを拾ってきて測定値がゼロにならず、右図のようになる。そこで検量線をとって測定値の0~aまでは信頼出来ないが、a~bまでは信頼でき、更にbより大きい測定値は信頼出来ないとする。このようにして[定量的妥当性]を検討した上で、実際に使用する。

先の児玉先生の話ではこの信頼出来ない領域=0~aの理由をもって、ウイルス感染診断にRT-PCR法は不確実であると文科省は判断したみたいだ。全く大学1年生のレベルにも達しない、私が教官ならば単位は出さない! 文科省の官僚は大抵東大出の秀才のはずだが、このような基本的知識すら知らないのか?

尤も、PCR法自体は1980年代初頭に発明され、90年代に早くもノーベル賞の対象になったような画期的発明で、もしかすると文部官僚はこのPCR法についての十分な基礎知識がなかったのかもしれない。 実際PCR法を学生実習に取り入れるようになったのは医学部でもこの10年以内。中年以上の医師や理系の関係者で自ら経験したり、詳しく原理を勉強したりした人は殆どいないはず。それでも幾らでも周りに専門家の意見は聞けただろうに?? 実に不思議だ。

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
パールリーグ +30XP,22560 XP,十二分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=-aNrg-q3u7w&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=9
HSK3~4 #7~#9 背了四十六分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=SjjGT1Ej3lo
https://www.youtube.com/watch?v=D832MextTqg
学习汉语四分钟, 李ちゃん频道。

https://www.youtube.com/watch?v=Gq4PJ-0MtMU
王陽のほぼ毎日中国語,十三分钟。一共一个小时十五分钟。

今日もダメ、今週お休みにしよう! 運動は普通にサルサクラス。しばらく緊急事態発令で時間は前倒し。



『浪費するアメリカ人』
ジュリエット・B・ショア著、岩波書店、2000年初版。

20年以上も前のアメリカの話なので、最初は借り出すつもりはなかったが、パラパラとページをめくるうち。重要な情報が書かれていることが判った。自分の目利きがどれだけ正確かの問題はあうが、読んでも損にはならないと判断した。

それは内容が70年代から90年代への移行期におけるアメリカ人の消費行動の変化を調べている本だからだ。実はこれはその前に読んだ『自由への手紙』の中で、現代の我々がSNSやネット情報で自分たちと違う階層の人々のことについて知識を持ち始めて『知らん顔できなくなった』という指摘に関連する。

それまでにも経済格差は大きかったが、昔は(70年代までは)トップクラスの富裕層のライフスタイルなどは一般の人は知る術がなかった。ところが、ネットの情報により、例えばFacebookだとかで高級レストランでの食事や高級リゾートでの休暇の様子を誰でもが見られるようになった。自分と彼らの違いを誰もが知ることができる。そして自分もそんな生活をしたいと思う。この本はそうしてアメリカ人の消費活動が背丈にあうレベルから超えて、OVERSPENTするようになったことが書かれている。 この本の原著名は正に、『THE OVERSPENT AMERICAN; Why we want we don’t need』 1998年初版。

著者は言う、『70年代の消費主義は御し易いものだった… 競争的消費が強まったのである。それも非常に大きなかたちで』p 20『平均的な人々の消費は… 1979年から1995年の間に… 70%も上昇した』p21

同じくこの期間に上部20%の人の所得は上昇する一方、それ以下の人の所得は実質低下した=格差が拡大してきた。p25

つまり、昔は富裕層のことを知らなかったので余り心が乱されることが無かったが、今は上のクラスのことを知っている。そして自分との差を実感することで不満が充満するということだ。社会が分断していくということ。正に今、アメリカで、そしてその他の社会でも起こっていることだ。そして著者は、この時期の始まりを1980年代に置く。p31 正にこの時代は格差の拡大した時期とも重なる。



今日は何の日? 腊八节。

 

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
パールリーグ +20XP,22530 XP,六分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=EtYpcNnapXU&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=7
HSK2~3 #4~#7 背了五十五分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=sZw6vScx4tc
https://www.youtube.com/watch?v=iXb-oOfnksI
学习汉语九分钟, 李ちゃん频道。

https://www.youtube.com/watch?v=gcCq_1mR9DE
びびさんのポスト, 背了二十分钟句子

https://www.youtube.com/watch?v=JMeOeiNYWH4
【HSK3 単語と例文】初級中国語 ①, 26min~end,倾听二十六分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=p0gSt88Y4ks&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=58
ぶれチャイナ 57~58,学习十五分钟频道。一共两个小时十一分钟。

勉強意欲なし。読書も進まない。それでもリタイヤ人,別に困らない。これこそボケの始まり。危険、危険。

运动;爬山散步 3.6km,5476 步,9楼。




『空海』5
この後、高野浄土の布教に活躍した高野聖の話が続くが、何かしら空海とは無縁の存在であるような印象をうけた(=事実そのようだ)。しかし、後でこのことが現在の真言宗の状況を考える上で重要となる。

ここで非常に興味をそそることが書かれていた。それはこうした修業の中で人によっては経験するあの「変性意識」の話だ。著者は密教僧が経験するそれと、オウム真理教の信者が経験したとするそれとの間にそれほどの違いがあるとは思えないとしている。p162  これについて著者はその違いをいろいろ説明するが、必ずしも同意するものではない。これは今後の課題。

先にも書いたように空海入滅後、80年で高野山は廃れ、100年後に都の東寺(高野山閥とは別の系統)で空海の肖像画を祀り始めた、即ち祖師信仰に堕落した? p174 また一方で先に挙げた高野聖に代表される「民衆の信仰」も盛んになった。著者はこれをもって空海のあまりのカリスマ性のため、真言宗が真理の追求からはずれて衰退したといいたいようだ。

それに比べ最澄の興した天台は彼自身がもたらした密教を十分消化する時間なく他界したために、その後の発展は後継者の円仁などに託された。これが後の天台宗を発展させた原動力になったという。p177 

最澄自身,密教を十分消化できていないことを知っていたから、こそ、その必要性が求められてもいた。それが逆に天台学の発展につながったとは、実に皮肉なこと。

事実、その後「個人の宗教」としての鎌倉仏教の発展は、実はこの天台宗門から生まれる。法然、親鸞、栄西、道元、日蓮はことごとく天台系より輩出された。p175 これについての事情は初めて聞く話で大変興味深かった。

<データーベースとして>
法華経の中に罪を被ると癩病になるとの例に挙げている文章があるらしい。p170 これについては昔読んだことがある。仏典における差別の例として。残念ながらこのblogに記録として残していない。