そんなわけで9月早々に開催する「チャーマァ洋品店 in ビブリオ」第3号店。

 

↑↑ 詳細はクリック!!  ↑↑

 

困ったことが一つありましてね。

 

 

一昨日書いたように、このイベントはもともと4月に開催するはずだったものがコロナ延期で9月になった。だから今までの「チャーマァ洋品店」で起こらない問題が起こった。

 

 

それは草刈り。4月の雑草(雑草なんて草はないとか言わないでね)なんてのはかわいいもので今まで僕が電気草刈り機でやってきた。

 

 

しかしこのシーズンの雑草は4月の比ではない。こんな状態。

 

 

毎年構成メンバーが変わるのだが今年の主役はセイタカアワダチソウ。日当たりと通風に恵まれ、既に幹はボールペン並に太く、丈は僕の身長を越えるものも出てきている。

 

 

例年は9月に入ってからいつもの植木屋さんに頼む。そして9月末の丸山清人個展ライブペインティングに備える。

 

 

 

 

今年はそれでは間に合わない。9月早々にチャーマァ洋品店がある。今回は恒例のガーデンショーはやらないけど、庭にテーブルを出して座敷の延長として会場づくりをするから8月中に刈らないといけない。

 

 

慌てていつもの植木屋さんに電話したのだけどこの長梅雨である。日程が後ろにずれ込んでいて9月半ばまで無理だという。

 

 

これを俺がやるか?


 

多分、死ぬな。

 

 

そうしたらツレが市内にある清掃業者さんの営業品目に草刈りがあったと教えてくれた。早速電話したらやってもらえそう。良かった。ただいま日程調整中。

 

 

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

9/4(金)~9/13(日) 

「チャーマァ洋品店 in ビブリオ」第3号店

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12616102379.html

 

 

【協力企画】

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

梅雨が明けたので昨日から夜の散歩開始。ご多分に漏れずのコロナ太り自粛太りだが、それが理由ではない。散歩したくらいじゃ痩せないのは115キロ→67キロのメガダイエット経験者の僕は痛いほど知っている。

 

 

理由はパトロール。町の様子を知るには歩くしかない。主に店の入れ替わりとか。車では一瞬なので様子がわからない。本当は昼間の方がいいんだけどこの暑さで昼間あるくのは危険。どこぞでは体育の時間に児童が倒れたりしたらしい。

 

 

そうしたら本当かウソか知らないが、もともとの予定では今日は競歩の決勝の予定だったとか・・・。殺人的。

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

(4月に開催予定だった「チャーマァ洋品店」が延期になり、この度9月に開催することとなりました)

 

 

日本の雑芸レビュー団こと「デリシャスウィートス」。元気でポンチな超絶パフォーマンス集団です。

 

 

 

日本を代表する、といいたいところですが、他に類似の存在がないので「東洋を代表する」でも「世界を代表する」でも「銀河系宇宙を代表する」でもかまいません。

 

f:id:banka-an:20180303235457g:image

 

1998年に発足したこのグループの座長、チャーマァさんの3度目となる個展を秋風吹き始める国立で開かせていただくこととなりました。チャーマァさんは上の写真のピンクのカーラーのおねえさんです。

 

 

え? パフォーマーが個展? と思う方もあるかもしれません。でももともとチャーマァさんは服飾デザイナーで洋裁家。ざっくり言うと彼女のファッションショーの中での演出から発展したのがデリシャスウィートスの始まりなのです。

 

 

チャーマァ洋品店 in ビブリオ 第3号店

9/4(金)~9/13(日)  ※9/9(水)は、お休み

 

 

冒頭にも書きましたが、これは4月に開催予定だった「チャーマァ洋品店3号店」が延期になったもののリトライです。

 

 

秋風と言いつつまだまだ残暑の季節ですが、窓全開で気持ち良い風の吹く国立ビブリオで涼しさと長閑さをご用意してお待ちしてます。

チャーマァさんは会期中全日、全時間在廊なので気軽に遊びに来てください。

 

 

詳しくはこちら

------------

「チャーマァ洋品店 第3号店 in ビブリオ

9/4(金)~9/13(日) ※9/9(水)は、お休み

開店 13時~20時 (最終日は17時閉店)

会場 ギャラリービブリオ(中央線国立駅徒歩3分)

 

 

 

 

https://www.gbiblio.jp/?mobile=1

東京都国立市中1-10-38

電話 042-511-4368

 

 

 

《洋品店の内容》

洋品店には、

・レディメイド チャーマァお手製の手芸雑貨

・赤ちゃん子供服

・特製もんぺ

・イラスト入りバックや

今必需品のマスクやショッピングバッグを展示販売します。

 

 

f:id:banka-an:20180304113858g:image

 

 

今まで手掛けたデリシャの広告ちらしやデザイン、衣装なども展示します。

 

 

 

昨年は地元ケーブルテレビ「ジェイコム多摩デイリーニュース」に取り上げていただきました。

 

↓下の画像をクリックしていただくと別ウィンドウに飛び、動画が見られます↓

 

 

 《お問合せ》
ギャラリービブリオ
〒186-0004 国立市中1-10-38
でんわ  042-511-4368

 

 

もちろん万全の安全対策の上、皆さまのお越しをお待ちしています。

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

昨日総集編を書いた好きな「映画の中の歌唱シーン」の動画を紹介するチャレンジ(←クリック!)の番外編。「好きな映画の中の歌唱シーンの動画を紹介」の条件から惜しくも外れたもの。歌ではなくて演奏。インストゥルメンタル。

 

 

映画は山田勇男監督『シュトルム・ウント・ドランクッ (2014)』

 

 

大正時代のアナキスト結社「ギロチン社」に集った青年たちの青春群像を描いた映画だ。トレーラーはこちら。

 

 

 

 

その中でご紹介したい音楽のシーンは「南天堂」のシーン。

 

 

文化人士の集まるこのサロンでは今宵「大杉栄没後九十年集会」が行われている。突如雷鳴が轟きこのサロンは時空をがねじれ現代と大正末期を行き来する。場内には90年前に死んだはず(強殺されたり死刑になったり獄死したり)の大杉栄、ギロチン社の青年たちが現れる。

 

 

そして中村榮美子さん演じる松浦エミルと、白崎映美さん演じる林芙美子がツカツカっとステージに上がり「ワルシャワの労働歌」を歌いだす。客席には竹久夢二、村上知義、辻潤らの姿・・・。

 

 

残念ながらその歌唱シーンはネット上で見つけられなかったが、メイキングは見つかった。「ジンタらムータ with 黒色すみれ」が「ワルシャワの労働歌」を賑々しく演奏する。

 

 

 

 

僕は縁あってこのシーンのエキストラ参加した。南天堂に集まったアナキストと思しき文化人士の一人。ドレスコードは黒スーツ。0分37秒当たりでドレス姿で笑っている女性たちの後ろでうつむいている今より10キロ軽い僕が映っている。

 

 

当日は午前中から夜まで何回ぐらい歌ったろうか、「ワルシャワの労働歌」を。助監督さんから「ワルシャワの労働歌」の歌詞カードが配られ。

 

 

「皆さんにも歌っていただきます。もちろんご存じですよね、ワルシャワの労働歌」


エキストラの皆さんはアナキズム関係から来られた人が多かったら「もちろん」と微笑む。もちろん僕も微笑む。知らないかったけど。

 

 

慌ててスマホで検索してカンニング。リハーサルまでの間、下のバージョンを繰り返し聞いて自主練。

 

 

 

 

「ジャイアントロボそっくりだなぁ」などと思いながら。

 

 

この撮影で知り合ったジンタらムータの大熊ワタルさんこぐれみわぞうさんとはすっかり仲良しになり、3年前にはビブリオでライブをしてもらった。また上のメイキングの序盤で天井に紙の人型のモビールをつるしている美術の水谷雄司さんとはコロナで延期になったけど個展開催が決まっていた。

 

 

 

 

そんなこんなで個人的な思い出もあって、忘れられない映画の音楽シーンなのである。

 

 

これにて本当の最終回。

 

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

4月5月のSTAYHOME中、流行したのが「チャレンジ」。僕も参加したが本の表紙を紹介する「BOOKCOCER CHALLENGE」がその代表。

その詳細はこちらで。 (←クリック!)


中には変わったチャレンジもあった。女優の長谷川千紗さんが発案した「鉱山工場チャレンジ」。生コン工場フェチの僕は参加したがマニアックに過ぎたか続く人はいなかった。

 

その詳細はこちらで。 (←クリック!)

 

 

そしてもうひとつチャレンジに参加した。ナニワのディーバ・すどうみやこさんが発案した「Song in Movie Challenge」。好きな「映画の中の歌唱シーン」の動画を紹介するというもの。

 

 

特に数は決まってないユルいものだが、こういうものはストイックにやった方が楽しい、が持論なので「10選」とした。ところが始めてみたらとても10選では収まりきらず15選とした。そうだ、僕はストイックには遠い人間だった。

 

 

①「上流社会  High Society(1956)」より「上流社会  High Society(1956)」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで(←クリック!)

 

 

②「君も出世ができる(1964)」より「アメリカでは」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで(←クリック!)

 

 

③ 「オーケストラの少女  One Hundred Men and a Girl (1937)」

より ヴェルディ「椿姫」より「乾杯の歌」(La traviata ~Libiamo ne 'lieti calici~)

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで(←クリック!)

 

 

④「天使にラブ・ソングを…(1992) Sister Act」より

  「Salve Regina Coelitum」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで(←クリック!)

 

 

⑤「サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music) 〈1965〉」

  より「すべての山に登れ Climb Every Mountain」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで(←クリック!)

 

 

⑥「時をかける少女〈1983〉」より「時をかける少女」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑦「ロッキー・ホラー・ショー The Rocky Horror Picture Show〈1975〉」

  より「Time Warp」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑧「モスラ(1961)」より「モスラの歌」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑨「バス停留所 Bus Stop(1956)」より「That Old Black Magic」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑩「無頼平野(1995)」より「OP曲(曲名不詳)」岡田奈々

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑪「チキチキバンバン Chitty Chitty Bang Bang (1968)」より

 「チキチキバンバン Chitty Chitty Bang Bang」

 

 

映画の詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑫「上海帰りのリル (1952)」より「上海帰りのリル」津村謙

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑬「ブルース・ブラザース The Blues Brothers (1980)」より

「Think」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑭「メリー・ポピンズ Mary Poppins (1964)」より

「Supercalifragilisticexpialidocious」

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

⑮「オズの魔法使 The Wizard of Oz (1939)」より

「Ding-Dong! The Witch Is Dead ~鐘を鳴らせ!悪い魔女は死んだ」

 


映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

別に古い映画を選ぼうなんてつもりはなかったんだけど、気づいたら古い映画が多くなってしまった。一番新しくて「無頼平野」で1995年。平均で(?)1966年。

 

まあ、いずれにしましてもですね、いわば僕にとって最強のセットリストができた。まさにMY保存版。

 

 

この他にも「ウェストサイド・ストーリー」とか「紳士は金髪がお好き」とか「帰らざる河」とか「ティファニーで朝食を」とか「王様と私」とか「ベッド飾りとほうき」とか取りこぼしはたくさんあるけどそれはまたの機会に。「アパートの鍵貸します」でジャク・レモンがテニスラケットでパスタの湯切りをしながらインチキなカンツォーネを歌うシーンなんても大好き。小林旭兄貴の歌唱シーンは見つけられなかった。静止画の編集とかばかりで。

 

 

さらには「好きな映画の中の歌唱シーンの動画を紹介」の条件から惜しくも漏れるものの、「映画と音楽」のテーマで見逃せないものがいくつかあるのでそれは「番外編」としてご紹介した。

 

 

番外編①『俳優 亀岡拓次(2016)』

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

番外編②『スウィングガールズ(2004)』

 

 

映画、シーンの詳細と僕の思い入れはこちらで (←クリック!)

 

 

 

そしてもう一つ、僕にとって大切な映画があったのだけど書きそこなっていた。それをご紹介するための前段としてこの総集編を書き始めたのだけど長くなりすぎた。続きは明日、多分。

 

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

昨日、テレビで人気ドラマ「半沢直樹2」を始めて視聴。お目当ての片岡愛之助丈の怪演で話題の黒崎の登場が第3回からと聞いたので第3回の昨日から(1,2回は前日のダイジェストで見た)。

 

(愛之助丈はもちろん左)

 

期待以上の怪演を堪能。相変わらず面白い。

 

 

僕が愛之助丈を知ったのは17年前。歌舞伎ではなくテレビ時代劇の「夜桜お染」。過去ログを漁ったらその日のブログが出てきたので転載(写真は2020に採集)。※「蕃茄」は最近使わないけど僕のハンドルネーム。

 

 

2003-11-04
今宵は大絶賛

 

(前略)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 最近、「火曜日は蕃茄が早く帰る」と評判だ。決して仕事熱心なほうではないが、会社が大好きで深夜まで職場にいるのが楽しみな僕が毎週火曜日になると早く帰るので、ちょっと奇異な目で見られている。どうして?と聞かれると、着物の着付けを習ってるとかコンビニでバイトをしているとか毎回違った答えを返しているのだけど、本当はテレビだ。
 
 関東ローカルだろうけどフジテレビ系で火曜日7時からの「夜桜お染」。これが楽しみで毎週チャイムがなると同時に席を立っている。

 「鬼平」、「剣客商売」と連なるちょっとモダンなフジ時代劇だ。テーマ曲はcoba。

 


  主演は若村麻由美嬢。はっさい先生だ。演じるは隠密で美貌の芸人の「夜桜お染」。他に滅法強い三枚目浪人に内藤剛志、隠密の親方が古谷一行という面々がレギュラー。それに毎回のゲストスターが絡む。先週が松平健、今週がジョージア石橋こと石橋蓮司、来週がケニー田中こと田中健、オメダね。

 それよりもなによりも僕の目当ては、謎の隠密「疾風の音次」だ。

 

 

演じるは歌舞伎役者の片岡愛之助丈。片岡秀太郎丈のご養子さんというから関西系、松島屋さんだ。72年生まれの32歳。
 
 いやはやこのひとがまぁ、いいいぃぃいいぃ男なんだ。

 目元涼しく口元キリリ。往年の大川橋蔵を思わせる美丈夫。古き良き「お役者」の系譜にある人だと思う。お役者だから口跡はいいし立ち姿も秀麗。背が高すぎないところも良い。立ち回りにも色気がある。

 はっきり言えばこのドラマはこの人で持っている。この人の存在がテレビ時代劇をしっとりとした夢舞台に仕上げていると思う。新橋演舞場の舞台版「武蔵」では、もちろん主演の新之助武蔵を向こうに回し、堂々小次郎を演じているという。これは見逃せないなあ。

 今日が第4回だから全11回とすると・・・・・年内一杯の火曜日はノー残業デーとなりそうだ。

 

 

 

と大絶賛。こう思うのはもちろん僕だけではないわけでこのドラマをきっかけにずいぶんと出演が増えた。ドラマ、歌舞伎での活躍はもちろんのこと映画でも。

 

 

その映画初出演が「シベ超」だというのはどうやら本当らしい。

 

 

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

午後、ビブリオ前から親子連れの声。

 

 

「あ、これだ。眠たいライオン」

 

 

彼ら彼女らの視線の先にはこれ。

 

 

 

 

今でも人気のあるらしいポケモンの街歩きのゲームのポイントで有名なのだ。ポイント名は「眠たいライオン」。

 

 

「ライオンって言ってもメスなんだね」

 

 

「ライオンっていうよりトラ? ピューマ? ネコ?」

 

 

私は知っている。

 

 

全部不正解。正解は秋田犬。先代のご隠居様がかわいがっていた秋田犬が死んで愛犬を偲んで建立したもの。もちろん秋田犬で発注したんだけど間に入った人が間違えたのか職人の腕に問題があったのかこんなフォルムになった。約70年前の作。

 

 

ちなみに石造ではなくコンクリート像である。つまり石屋さんでなく左官屋さんの作品。そして施主のお宅は、約100年前の国立の町の造成の施工をした鳶の親方のお宅である。

 

 

もちろんその親子連れのところに行って「犬ですよ」なんて野暮なことは言わない。正解よりもいろいろ想像する方が面白いじゃないですか。

 

 

 

夕刻、夫婦連れ。ビブリオとなりの中華「鍋一」さんを見て、

 

 

「あら、こんなお店あったかしら。前はなんだった?」

 

 

 

「たしか・・・、チェーンの居酒屋だよ」


「そうね、そうだったわ」
 

 

私は知っている。

 

 

不正解。正解はクリーニング店。

 

 

 

画像は昔のストビュー。腕がいいと評判のクリーニング店だったが、ご主人が高齢で引退された。

 

 

もちろんその夫婦連れのところに行って「クリーニング店ですよ」なんて野暮なことは言わない。正解よりもいろいろ想像する方が面白いじゃないですか。

 

 

 

もう先月の始めには終わってしまったが当店の看板娘、シンボルツリー。

 

 

 

小さいお子さんと若いお母さんが「なんてお花かしら」なんて見上げてることがある。

 

 

もちろんその夫婦連れのところに行って「ノウゼンカズラですよ」なんて野暮なことは・・・、言っちゃうんだなぁこれが。

 

 

これはノウゼンカズラという花でしてね。中国原産の花です。英語では「トランペットフラワー」と言います。ほら花がトランペットみたいな形をしてるでしょう。おっと、あまり触らないほうがいいですよ。蜜には毒があるっていうから…。でもハチや小鳥はよく吸ってますけどね。

 

 

と、相手にスキがあったらここまで語ってしまいますけどね。

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

仕事とは関係ない件でエッセンシャルワーカーの方と面談。もちろん、真面目な話だから真面目に。

 

 

話が一段落したところでエッセンシャルワーカーさんが一言、

 

 

「十松さんは国立の駅前でギャラリーをやられておられるんですね」

 

 

いえ、ギャラリーと言っても木造家屋を改装したイベントスペースみたいなものなんですよ。

 

 

「テレビで拝見しました」

 

 

あ、そうですか。近頃ですと、「国立うちわ市」「銭湯絵師・丸山清人個展」とかでご紹介いただきました。「長っと散歩」で市長さんと対談したこともありましたが…。

 

 

「いえ、もう2,3年前なんですけど、日曜の2時からの」

 

 

あ、「ザ・ノンフィクションですね」

 

 

フジテレビの「ザ・ノンフィクション」の人気シリーズ「マキさんの老後」。老境に達したゲイとレズビアンのアベコベ夫婦の日常を追ったもの。


その夫というか妻というか、ニューハーフのマキさんが起死回生のダンサーカムバックを試みる小屋として当ギャラリービブリオが収録会場となったのだ。もう3年前か。当館の出番は約3分。不安な気持ちの楽屋から、大うけだったショー。そして喜びの楽屋までが映し出されていた。
当館の名前や外観もバッチリ入れてもらった。

 

 

約一分にまとめてみました。

 

 

 

いやはやお懐かしい。

 

 

客席、「密」だなぁ、ステージは濃厚接触だなぁ。

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

「ゴールデン横丁」にご紹介いただいた。

 

 

「ゴールデン横丁」はサイバーエージェント系の(株)ライトアップが運営するウェブ雑誌。そのコンセプトは下記の通り。

 

 

昭和生まれのオヤジがつくる自分勝手な思い出空間。それがゴールデン横丁(通称「ゴル横」)です。「好きなものを集めて、語って、懐かしむ」。そして蔑まれる。それがリアルな昭和オヤジ(笑)。でも、ここは昭和オヤジの楽園!ゴル横が懐かしいモノやコトを集めてきました。さあ、存分に思い出に浸りましょう!語りましょう!あのときハマったアレやコレ。ゴールデン横丁で、プレイバックしてみませんか?

 

 

詳細は下のアイコンをクリックしてご覧ください。

 

   ↑↑ クリック!! ↑↑ 

 

話題は銭湯。当ビブリオで定期的に開催してきた「丸山清人銭湯絵教室」について。


 

 

 

書いてくれたのはイラストレーターのメソポ田宮文明さん。もちろん本名である(のわけがない)。別名「体液系」と呼ばれる異色のイラストレーターだ。

 

 

 

 

 

 

このウェブ雑誌に銭湯に関する連載を持たれていて、その最新号で「丸山清人銭湯絵教室」を取り上げてくださった。

 

 

生徒として受講したこともスタッフとして運営に参加したこともあるので実に的確なリポート書いてくださった。

 

 

その全文については下の画像をクリックしてください。

 

   ↓↓ クリック!! ↓↓    ↓↓ クリック!! ↓↓ 

   ↑↑ クリック!! ↑↑    ↑↑ クリック!! ↑↑ 

 

 

「銭湯背景画教室」、またやりたいなあ。でも「密」が売り物だから当分先かな。

 

 

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。

昨日のことだがNHKの「歴史秘話ヒストリア」を視聴。今回のテーマは伝説の夫婦二組で「だからあなたと歩きたい 愛新覚羅溥傑・浩 松下幸之助・むめの」。あいにく松下さんに興味はないので前半の「愛新覚羅溥傑・浩」だけ見た。

 

 

番組ホームページに曰く、

 

「16年の長きに渡って離れ離れとなってしまった、愛新覚羅溥傑と浩。手紙のやり取りしか許されない中でも、互いを深く思いやり、支え合いました。一通一通に込められた思いの深さは、どれほどだったのか…。立場や期待された役割を超えて、思いやる愛の力が二人を固く結びつけていたのだと感じました。手紙だけでも、心を強くつなぎ、愛を育むことができるということを証明しているようです。」

 

 

ラストエンペラーこと愛新覚羅溥儀を知らない人はいるまい。清朝最後の皇帝にして傀儡国家「満州国」の皇帝だ。その実弟である愛新覚羅溥傑(ふけつ=プージェ)の妻が日本の侯爵家令嬢・嵯峨家の令嬢・嵯峨浩(ひろ)であったことも大抵の人が知っているだろう。

 

 

関東軍による満州国支配のための政略結婚ながら深く深く愛し合った二人。しかし日本の敗戦によって溥傑さんは逮捕され漢奸(民族の裏切り者)として16年の獄中生活、浩さんは一年半の逃亡生活を経ての日本。そんな二人の愛の物語だった。

 

 

僕はこのご夫婦の大ファン。書家でもあった溥傑さんが看板を揮毫したというだけの理由で北京のお湯も出ないような木賃宿に8連泊したり、醤油はヒゲタしか使わなかったり(浩さんの母方の本家である)する。もちろん日本の満洲政策については明確に全面的に否定している。あれは犯罪です。

 

 

昨日、特によかったのがドラマ仕立ての部分。溥傑さんの役を演じたのが中村靖日さんだったことだ。

 

 

 

似てる、ってわけではないが溥傑さんの篤実さがあらわされていたと思う。

 

 

数年前に民報でドラマ化された時は竹野内豊が演じた。

 

 

 

 

うーん長身のイケメンじゃないんだよなあ。

 

 

実はもう一人、長身のイケメンが演じている。

 

 

 

 

なんと船越英二ですよ。船越栄一郎のおとっつぁん。浩さんが京マチ子で監督はなんと田中絹代。残念ながら未見。

 

 

 

番組の後半ではお二人の次女である福永嫮生さんが出演されていた。

 

 

激動の人生を生きてきた女性である。前述のとおり父は満州国皇弟、母は日本の侯爵家令嬢。政略的結婚でありながら最後まで至高の愛で添い遂げた伝説の夫婦(それは後の話だが)。そんな二人の娘として生まれたが、5歳にして日本の敗戦、すなわち満州国の崩壊。国賊として追われながら母とともに広大な中国大陸を流浪した1年半。命からがら引き揚げてくるも、その後の姉の不幸な早世(心中)、プロレタリア文革による父への激烈な迫害を聴きながらも遠い異国で何もできないジレンマ。そして奇跡の再会。日中の激動の歴史に翻弄された半生はまさしく激動。

 

 

日本で幸せな結婚をして子宝にも恵まれた嫮生さんは可愛らしくエレガントな老婦人となっていた。「大きくなったねぇ立派になったねぇアーチャン(嫮生さんの愛称。王族の第二皇女を意味する中国語<二格格=アールゴーゴー>から)」と落涙するオールド・ファンも多かったことだろう、そう僕みたいに。

 

 

関連書多数。機会があったらぜひお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

手に入りやすい本ばかりを選びました。表紙画像をクリックするとそれぞれの商品ページに飛びます。

 

 

 

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

8月29日(土)、30日(日)

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.9
(両日とも完売しました)

https://ameblo.jp/banka-an/entry-12608193549.html

 

 

〈協力企画〉

8/21 YO-EN東京ツアー2020夏①
「サスケ&YO-ENツーマンライブ」 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏②

「Asakusa Deep Night」

YO-EN、若林美保、風間寛治

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

 

8/22 YO-EN東京ツアー2020夏③

「YO-EN, 亀山由美子+栗田俊宏ライブ」
Grain Booking Live 特別編 

↑↑  詳細はクリック!! ↑↑

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。