「心のおしぼり活動」とは、起業家の経沢香保子(つねざわ・かほこ)さんの活動を紹介する活動です。

経沢香保子さんは「キッズライン」というベビーシッターや家事代行の派遣を手掛ける会社の社長さんです。

「心のおしぼり」は、「Voicy」というラジオのような音声番組を聴くともらえます。

経沢さんのVoicyは、銀座の高級クラブを模していて、「かほこ」と名付けられています。

Voicyへはこちらから。

かほこママは経沢さんの親友だそうです。

ここでは人生相談も受け付けています。

かほこママの声は優しいメゾソプラノで、お写真の印象は「優しい美人なお姉さま」という感じです。

経沢さんの経歴をすこしご紹介すると、慶応大学卒業後にリクルートに入社し、その後創業間もない楽天に移られ、「楽天大学」の立ち上げメンバーとなり、その後26歳でトレンダーズを起業されています。

新卒で入ったリクルートでは、新入社員に課される名刺獲得競争で東日本の1位になるなど、努力家です。

その後トレンダーズは2012年に東証マザーズに上場し、経沢さんは最年少女性社長となられました。

現在は「女性起業塾」というオンラインサロンを主宰されるなど、女性のキャリアアップを応援する活動をされています。

私もいつかはかほこママや経沢さんのような輝く女性になりたいです♡
福岡2日目は前日に落としたガーディアンを受け取りに、朝イチでふたたび竈門神社へ。

ランチをどこで食べようか迷っていると、まとめサイトに載っていたこの画像を見つけ、目を奪われました。

(http://www.mentaiju.com/mentaiju)

元祖博多めんたい重というお店のめんたい重です。

11:00頃にお店につくと、ランチの時間とあって行列が出来ていました。

中にはスーツケースを持ったひとも。

30分くらいでお店に入れたので、めんたい重とスープのセットをオーダー。

明太子には削った昆布が巻いてあって、しそと海苔の載ったご飯によく合っていました。

スープは鶏ガラで、前の記事どおりこのスープのラーメンが食べたくなる味でした。

福岡にいらした際はぜひご賞味あれ!

お昼を食べたあと、シーサイドももちまで出掛けました。

「ももち」は漢字では「百道」と書きます。

椎名林檎さんのファーストアルバム『無罪モラトリアム』の1曲目『正しい街』に「都会では冬の匂いも正しくない/百道浜も君も室見川もない」とあったので、是非行きたいと思っていました。

周辺は住宅街で、大きなマンションが立ち並んでいました。

夕食はらーめん二男坊で豚骨ラーメンと明太マヨネーズ餃子を食べました。

ここのラーメンはあっさりめの豚骨スープで、するっと食べられます。

餃子はひとくちサイズ。

福岡はひとくち餃子でも有名だそうなので、普通の餃子を頼めば良かった~と後悔。

早めの夕食のあとは偶然見つけたシャワーのあるマンガ喫茶(ネットカフェかもしれない)にチェックイン。

バスに乗る前にはお風呂入れないだろうと思っていたのでラッキー☆

シャワーのあと、『花より男子』を6巻まで読みました。

途中、時計が狂っているのを携帯の時計を見て気付き、ちゃんとバスに乗ることが出来ました。

初めての九州、初めての福岡の旅で大活躍したのがこの本。


文庫本サイズでかさばらず、少し古めではありますがお店の情報が一杯!

ひとり旅、なかなかできないけどまたしたいです。

今度は名古屋や神戸などを考えております。

またねふくおか。

4/26~4/29まで、福岡にひとりで行ってきました。

 
誰にも会わない完全なひとり旅は、18歳で行った広島以来約20年ぶり(ああー歳バレた)。
 
表の目的は椎名林檎さんのライヴと彼女の聖地巡礼でしたが、表というからには裏もあるのデス。
 
裏の目的は、誉田哲也さんの剣道少女の小説「武士道」シリーズの聖地巡礼です。
 
仕事終わりで高速バスに乗り、揺られること10時間、27日の朝に福岡に着きました。
 
ライヴは27日の夜だったので、縁結びの神様として知られる竈門(かまど)神社へ向かいました。
 
途中、西鉄に雑餉隈(ざっしょのくま)という駅があるのですが、そこは「武士道」シリーズの主人公の自宅の最寄り駅です。
 
通過しただけですが、静かに暮らせそうなところでした。
 
竈門神社は、西鉄太宰府駅から出ているバス「まほろば号」で10分ほど行ったところにあります。
 
電車の外観はこんな感じ。
 
DSC_0126.JPG
 
 
バスを降りて本殿まで歩いたのですが、坂が急で運動不足の私にはちょっとキツかったです。
 
 
本殿は最近改修が終わったばかりだそうで、壮麗な建物でした。
 
お参りを終えてお札お守授与所に立ち寄ると、普通イメージする授与所とは違う、白を基調とした綺麗で現代的なインテリアだったのでちょっと驚きました。
 
私が買ったお守りはこんなお守り。
 
 
貝が付いているのが珍しいですよね?
 
二枚貝はお互いに同じ貝どうしでないとぴったり合わないそうで、ひと組の二枚貝のようにぴったり合うお相手に巡り合うようにと祈願されたお守りなのだそうです。
 
色はこのほかにピンクとミントグリーンがあり(クリーム色もあった気がします)、いとこにピンク、妹にミントグリーンを買って帰りました。
 
帰る途中、腰に巻いていたカーディガンを落としてしまったのですが、運良く境内にあったと社務所から連絡があったので、次の日に取りに行くことにしました。
 
帰りには太宰府天満宮にもお参りしてきました。
 
太宰府天満宮の絵馬堂は「武士道」シリーズの主人公が、一番仲の良い剣道部の親友と対決する場所。
 
現在はベンチが置かれて休憩できるようになっていました。
 
境内には、左遷された管原道真を追ってやって来たとされる飛梅の木や牛の像がありました。
 
 
目が優しいこの牛さんの写真、パソコンの壁紙にしています。
 
おみくじを引くと、七番で吉。
 
吉でありながら、とても良いことが書いてありました。
 
いわく、「幸運の運気にあります。(中略)未来への対策怠りなければ安定した未来を築くことができるでしょう。」
 
それだけでは終わらず「幸運に甘えること無きように。」と戒めの言葉もありました。
 
おみくじはふつう境内で結びますが、私は持ち帰って1年間お財布の中に入れておき、ときどき読み返します。
 
そして、明くる年にお返しします。
 
さて、お参りが終わったあとは、胃の保養も忘れずに行います。
 
「武士道」シリーズで出てくる「梅が枝餅」が食べたかったので、お店を探しました。
 
梅が枝餅は、あんこの入った平べったいお餅の表面をぱりっと焼き上げたお菓子です。
 
しかしいろいろなお店で売っていてるのて、どこにしようか迷ってしまいました。
 
ちなみにお値段はどこのお店でも120円で、焼きたてを提供しているところもあります。
 
私が入ったお店は喫茶スペースがあって、焼きたてだった上にお茶も頂けました。
 
1524796394042.jpg
 
太宰府天満宮は西鉄の福岡(天神)駅から西鉄に乗って、二日市駅で西鉄大牟田線に乗り換え、太宰府駅まで行って徒歩5分ほどと、福岡市内からはちょっと離れています。
 
そしてライヴへ。
 
ライヴは生演奏を聴きながらMVを観ているような感覚でした。
 
詳細は控えますが、『ギブス』などの古い曲から、『NIPPON』などの新しい曲、舞台で深津絵里さんが歌った『重金属製の女』など、他の歌手の方へ提供した曲も含むバランスのよいセットリストでした。
 
椎名林檎さんは福岡でバンド活動を始めたそうで、楽曲にも福岡の地名がちらほら。
 
具体的には百道浜(ももちはま)や室見川(むろみがわ)、天神などです。
 
ファン歴約20年になりますが、この間いろいろなことがあったなぁと思い返し、涙が溢れました。
 
椎名林檎さんの最近の曲は恋愛の楽曲ばかりでなく、生きていくことの素晴らしさを歌い上げる楽曲も多く歌われています。
 
ドラマやCMなどへの書き下ろしも多くなっているので、機会があればぜひ聴いていただきたいデス。
 
ライヴが終わったあとは、また胃の保養を。
 
博多水炊きをライヴ開場(福岡サンパレスホテル&ホール)のレストランで食べました。
 
博多水炊きは屋台などで食べるのが一般的ですが、そういったお店だと2人前からの提供が多いので、食べるのを諦めていました。
 
しかしホテルのロビーで博多水炊きのコースの案内を見つけ、「1人前でも食べられますか?」と訊いてみたところOKだったので迷わずレストランに入りました。
 
博多水炊きは鶏ガラスープで鶏や野菜を煮込んで食べます。
 
その鶏ガラスープがあっさりしていて美味しかったです。
 
次の日に別のお店でまた美味しい鶏ガラスープを飲んで思ったのは、「この鶏ガラスープでなぜラーメンを作らなかったんだろう?」という点。
 
あっさりした美味しいラーメンになるはずだと思うので、誰か作ってくれないかなぁ、と思ってます。
 
そのあとはタクシーで宿泊先まで。
 
タクシーは日頃使わないので、ラグジュアリーな気分にひたってました。
 
充実したひとり旅の続きは、また今度の記事で。
皆様、ご無沙汰しております。

最近、ここを含むSNSの更新をサボっています。

仕事では文章を書いているのですが、プライベートの執筆は頭の中で文章を練るばっかりでした。

せっかく来ていただいてるのに更新出来てなくて申し訳ありません!

去年の12月のことなんですが、イガリシノブさんのメイク講座にお邪魔しました。

参加した方たちは、ローゲージのニットにジーンズというイガリさんファンが多かったです。

私はあまりイガリさんのメイクは見たことがなかったのですが、今回教わったテクニックはこんな感じ。

1.基礎化粧は外側ではなく内側に向かって

基礎化粧品を手に取ったら、両掌に伸ばします。

伸ばしたら顔を包み込むようにして、顔の外側から内側に向かって塗るといいそうです。

2.メイクの順番はリップ(ペンシル)☞チーク☞アイシャドウ☞眉☞リップ(口紅)

私は眉☞アイシャドウ☞チーク☞リップ(ペンシル+口紅)☞チークと、上から順にメイクしていましたが、プロは自分のセオリーを持っているのですね。

3.ハイライトは下目尻、鼻梁、眉間に

ハイライトとは、パールの入ったホワイトなどのアイシャドウを付けて骨格を際立たせるテクニックです。

これまでは自己流で唇周りと鼻梁、目の外側に付けていたのですが、これもすぐ真似出来ますね。

4.リップはくわえるようにして塗ったあと、唇を合わせてすりあわせる

こうすると唇全体にきちんと口紅が乗るそうで、イガリさんの口紅は斜めの断面がなだらかに広くなっていました。

今年のSSはパールが流行りだそうです(まだ取り入れてない……)。

5.派手色のアイシャドウはベージュを下地に

こうすると派手色の発色がよくなるそうです。

6.アイシャドウはアイホールの一番高くなっている場所から(これも取り入れてないな……)。

7.チークが濃すぎたらブラウン系のチークを重ねる

私は一生懸命手でぼかしていました(今度やってみる)。

8.マスカラを塗る前に睫毛を根元だけ立ち上げる

私は睫毛を根元・中程・先端と3回以上ビューラーを使ってました。

これをやってみたのですが、夕方になると睫毛のカールがなくなってしまいました。

9.マスカラは睫毛の根元にぐっと差し込んで3秒止め、鼻の方向に抜く

これで睫毛が立ち上がりすぎず、自然に目が大きく見えます。

9.アイライナーはまつげの根元に埋め込む

たまにはキャットライン(目尻のアイライナーを長く描きはねあげる)でもいいと思います。

10.マッサージはしない

顔のマッサージは肌をこすってしまうため、イガリさんはしないそうです。

11.流行りの顔になるには新色を取り入れる

メイクのアイテムはワンシーズンでは使いきれないことがほとんどですが、プチプラなら取り入れられそうです。

メイク講座の最後に、イガリさんのメイク本を賭けたじゃんけん大会がありましたが、運悪く敗退しました。

最後に、イガリさんが使っているアイテムを自由に見せていただいて講座終了でした。

これからも女心を忘れず、綺麗でいるためにメイクの勉強、し続けたいと思います。

絶賛温活中。

テーマ:
末端冷え性なのにそれを長年放置してきた私ですが、今年になって温活に目覚めました!

まず求めたのはシルクのレッグウォーマー。


このレッグウォーマー、温かいとレビューにあったのですが、素肌に着けると温か過ぎて。

ストッキングの上にも着けてみたのですが、イマイチ温かくないのです、不思議。

その次は毛糸のパンツ。

さらにネックウォーマー!



1枚目の写真のものはニットに付いていたフェイクファー、2枚目のものは自作です。

温活もファッショナブルにしたいので、近々新しいネックウォーマーの制作にかかろうと思っています。

よく首・手首・足首の「三首」を温めると良いといいますが、首の温めはかなり体感温度が上がりますよ!

皆さんも試してみて下さいね♪
14日、弊社の望年会がありました。

「忘」年会ではなく、「望」年会です、念のため。

グループ会社3社合同の望年会だったのですが、その出席者およそ120名と大規模!

入社1年目の私にとってはもちろん初めての望年会でした。

どんな会になるんだろうと楽しみにしていた当日の朝、社長表彰を受けると聞かされびっくりしました。

どんな賞かというと、「いいね!BOX その他の部」という賞です。

まずは「いいね!BOX」の説明をさせて下さいね。

弊社では、周りにいいことをしている人を見かけたら、「いいね!BOX」にその内容を投稿し、シェアするシステムになっています。

また、毎月11日が「いいね!の日」となっていて、投稿が呼びかけられます。

集まった「いいね!」はグループ会社の全体ミーティングで発表されたり、社内報に紹介されたりします。

年間1500件の中から選んでいただいた私の投稿は、「Kさんの挨拶の声が大きく、気合いが入ります」という内容。

たぶん同じような投稿は多々あるとは思うのですが、「気合いが入る」というのが受賞のポイントだったのでしょう。

表彰を受けるのは、なぎなたの試合以来4年ぶりで、日頃から「いいね!BOX」に投稿するようにしてるので、選ばれて光栄でした。

望年会では、表彰のあと余興に参加する予定でしたし、目の不自由な社員さんの料理を取ってたりもしていたので、食事の時間は正味15分くらい。

余興のあとはお料理がほとんど残っていませんでした……残念。

余興では、ランニングマンで有名な三代目 J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」を踊りました!

毎日出勤前にひと踊りしてから出勤していていたので、上手く踊れて良かったです。

ほかの余興はあまり見られなかったのですが、「魔女の宅急便」の主人公のキキや海賊のコスプレをした人もいました。

本当に楽しかったです♪♪

来年は、ゴスペルを習っている社員さんに先生をしてもらって、みんなで歌うのもいいねという話も出ています。

こうして来年の年末のことを考えられるようになるなんて、働き始める前の私には出来なかったので大きな進歩だと思います。

働ける喜びを感じながら、また1年頑張ろうと思います。




松山市の道後公園で毎年行っているイルミネーション「ひかりの実」。

今年で4回目となります。

「ひかりの実」は、高橋匡太さんがプロデュースするアート作品で、松山のほか、石川県金沢市や群馬県太田市などで開催されています(詳しくはこちらで)。

材料は電池の付いたLED、リンゴなどに使われる緩衝材、袋、モールで、袋には笑顔を描きます(写真)。



去年は『のだめカンタービレ』のマングースにしたのですが、今年はうちのナンバーツーアイドル・キング(灰色の赤ちゃんライオン)にたてがみを付けた笑顔を描こうと思ってます。

余談ですが、うちのナンバーワンアイドルは鳩時計の鳩です。

閑話休題、完成するとこんな感じです↓↓


LEDははっきり光りますが、緩衝材の中に仕込んで袋に入れるととやわらかな光になります。

今日が今年の「ひかりの実」の準備初めで、今日はLEDを電池に付ける作業(=種作り)をしてきました。

去年使った電池はすぐ取り出せるケースに入っていたのですが、今年のものはまさかの個包装!

しかも誤飲防止仕様でハサミがないと開封できないものだったので、すべての電池の個包装にハサミを入れるのが最初の作業でした。

そのあと、LEDに電池を付け、シールで止めて「種」を作っていきました。

今回は全部で5000個の「ひかりの実」を用意する予定で、笑顔を描いてもらった袋に「種」と緩衝材を詰めて、道後公園の木々に飾りつけをします。

準備にはまだまだ時間と人手がかかるので、松山近郊にお住まいの方、お手伝いしていただけますか?

参加するには道後オンセナートのボランティアスタッフ「のぼせ隊」に登録が必要です。

もちろん登録無料!

登録はこちらからできます。

12月16日(土)には高橋匡太さんが来場して、ワークショップが行われます。

ワークショップに参加していただいて、「ひかりの実」を作るのももちろん大歓迎です!

みなさんにお逢いできるのを楽しみに待ってます♪
5月のことになりますが、ライヴ・アースまつやまは今年で10周年を迎え、無事終了致しました。

公式ホームページはこちらです。

来年の準備はもう始まっていて、火曜日の夜にミーティングが行われています。

今年も100近くの出展者が自慢の商品を持ち寄り、楽しいひとときを演出していました。

ライヴ・アースは音楽フェスでもあります。

今年は阿部芙蓉美(あべ・ふゆみ)さんが出演されまして、私が好きな『開け放つ窓』などをギター1本で歌ってくださいました。

今年のトリはスチャダラパーの皆さんで、みんなが楽しそうに踊る姿を本部から見て嬉しくなりました。

どこのイベントにお手伝いに行っても、大体本部が私のポジションです。

小学生の頃から学校行事のお手伝いをたくさんしてきたので、こういう場での察しの速さには自信アリ!

道後オンセナート2014のときには企画のスタッフと間違われたくらいなので(笑)。

ボランティアスタッフは私のように当日だけお手伝いする人もたくさんいます。

学校のボランティアサークルなどからくる人もいますが、SNS経由で参加される方も多いようです。

今回一番困ったのは、迷子の男の子が本部に一緒に来た出展者さんから離れてくれなくて、出展者さんに男の子を連れて帰ってもらったこと!

普段お子さんとの付き合いがないので、おろおろするばかりで何もできませんでした……。

今年は国体が愛媛であり、道後オンセナートもオープンするので、愛媛ならではの「おもてなし」が試される大切な期間。

みなさま、楽しい思い出を胸に帰ってくださいね。


アロマテラピーの精油はほぼ海外からの輸入品ですが、一方で国産精油も注目され始めています。

北海道のハッカ精油やラベンダー精油、愛媛の柑橘系精油などがあります。

そんな中、クロモジという植物の精油とそれを使ったコスメを開発しているのが、「Design of JPN(デザインオブジャパン)」の高松社長です。

ホームページはこちらです。

高松社長は私の金沢時代の同級生で、小6の時は同じクラスでした。

クロモジは私たちにはあまり馴染みのない植物かもしれませんが、精油は苦い中に甘みを感じるような香りで、鎮静作用を持つ成分を含んでいます。

今回はクロモジの製品(精油・化粧水・ライトフレグランス)のほか、スギ精油を配合した石鹸も送っていただきました。

癒される香りと良い泡立ちで、気持ちよく使うことができました。

気になったという方は、こちらからお問い合わせくださいね。
みなさんはインターネットでお買い物をされますか?

私はAmazon、楽天のお世話になりっぱなしです(運送の方、ごめんなさい!)。

その時に心がけたいのが、「ポイントサイトを経由して目的のECサイトに行く」ことです。

私はワラウECナビを使っています。

まずは会員登録をします。

ワラウ、ECナビ共に無料登録です。

登録をしたら、ログインして「お買い物」または「ショッピング」のボタンをクリック!

そのあと、目的のECサイトのバナーをクリックすればOKです。

ポイントがたまると、現金やギフトカードなどに交換できます。

交換するときはPeXを経由してAmazonギフト券に交換しています。

PeXの交換は1000ポイント=100円分です。交換する場合には手数料がかかる場合もあり、その分ポイントが目減りしてしまいます。

でもAmazonギフト券は手数料無料の上、レートが990ポイント=100円なので、ちょっとおトクなんです♪

ワラウやECナビでは、クリックやアンケートでもポイントがたまるので、暇な時にコツコツポイントが貯められます。

特にワラウはスマートフォンでも見やすいアンケートなので、欠かさずチェックしています。

ECナビでは、毎日届くメールに6ポイント分のクリックが付いているので、そこでもコツコツしています。

みなさんも是非試して見てくださいね〜。