『プロ論』

テーマ:
仕事は楽しい? ブログネタ:仕事は楽しい? 参加中

私は楽しい派!

本文はここから



仕事は楽しい?
  • 楽しい
  • 楽しくない

気になる投票結果は!?




プロ

今の職場は製造業、
 26年勤めてますが、
  自分の天職だと思ってます。

造ってる物は、毎日違うし、
 考えながら、自由に進められるし、
  シンドイながら、結構面白いですよ!。

ムズカしい仕事が、一発で巧く行くと、
 祝杯を上げたくなる!。



そこで、おススメのコンな本を。


プロ論。(才能開花編) [ B-ing編集部 ]

¥699
楽天


『プロ論』

帯のタイトルから・・。



「仕事、好きですか?。

  毎日がつまらないのは、

   あなたが「真のプロ」じゃないからです。」



就職情報誌 B-ingで、
 2000年から、2004年までに掲載された、

 大企業の社長さんから、
  プロスポーツ選手、映画監督、
   漫画家、芸能人といった、

 さまざまな業界の第一線で、
  手腕を振るう、各界著名人、
   50名の職業観についての
    インタビューを纏めた本です。



カルロスゴーン氏をはじめ、
 今をときめく「楽天」の三木谷社長さん、
  芸能人の和田アキ子さんに至るまで、
   
   目指す方向性は違っていても、
    その根底にある信念みたいなものは、
     やはり共通している、
      プロの熱い言葉が溢れています。


さすがにこれだけ並べば、
 説得力があります。



今の時代、
「仕事がつまらない」そんな人たちが多い一方で、

 「仕事が楽しくてしょうがない」という人たちもいます。



しかも、そういう人に限って、
 すごい実績を残している。

  ベクトルが違うンですね。



共通して言えるのが、

 今の若者には、
  「プロ」の意識が足らない事!。



いつ来るとも知れない「チャンス」に期待して、

 「オレはこんなトコロに居る人間じゃない!」
   って言いながら、
     会社にしがみついている人、
                  結構多い。


仕事


井筒和幸監督の、
 「勝ち組 負け組」の話に、
       感銘を受けました。



「勝ち組み」って言っても、
  ただ単に弱いヤツとしか、
    競争していなかったダケかも・・。



持てる力を、
 最大限に発揮しての「負け」でも、

  負けた事で成長すれば、
    価値があるのでは?。



ロケットでも、
 成層圏を突破するまでが大変で、
  起動に乗っちゃえば、
   後は軽々と運行できる様に、


若いウチに人一倍ガンバッテ、
 たくさん本を読んで、
  大勢の人と知り合って

 「アンテナ」を磨いていけば、
    良い仕事に必ず出会える。



ページ数は少ないですが、

 濃縮された言葉に励まされ、
  物凄く勉強になりました。



読むと元気になります!。

 希望がもてます!。

  仕事をするのが楽しくなります!。



これから働く人や、

 進学する中高生にも、
  是非読んで欲しい、

  オススメの一冊です!。




【新品】【書籍・コミック コンピューター】オンリーワンになるためのエンジニアプロ論

¥1,814
楽天

若者のための仕事論 [ 丹羽宇一郎 ]

¥756
楽天

実践! 仕事論 現場で成功した二人がはじめて語る「地方・人・幸福」 [ 小山薫堂 ]

¥1,512
楽天

希望の仕事論

¥778
楽天

情と笑いの仕事論 [ 吉野伊佐男 ]

¥1,512
楽天

AD