なまはげ

テーマ:

500

「悪い子はいねが~!」
 「泣ぐ子はいねが~!」
   「勉強すね~子はいねが~!」

東北の名物、秋田・男鹿半島で、
 12月31日の大晦日の夜(旧歴は1月15日)に行われる、
  伝統的な民族行事の「なまはげ」。

恐ろしい形相の鬼面をかぶり、
 ケデというワラの着物を着て、
  手に大きな出刃包丁をたずさえて、
   もう一方には手桶、
    ハバキ、わら靴を履いて、
     奇声を上げながら各家々を巡り、
      その年の厄を追い払います。

「なまはげ」の語源は、
 「ナモミハギ」から来ています。

「ナモミ(火形)」とは、
 低温やけどの際できる、赤い斑点の事です。

つまり、仕事もしないで、長い時間、
 だらだら囲炉裏にあたってばかりいると、
  手や、スネに「モナミ(火形)」がつくので、
   それを、出刃包丁で剥ぎ取る鬼が来るぞ!、
    という戒めが起源になっているそうです。

実はこの風習、インドネシアなど、
 世界各国でも見られるそうです。

日本同様、勤勉な事で知られるドイツでも、
 毎年12月6日に、聖ニコラウス(サンタクロース)
  と供に「クランプス」と言う、
   悪い子専用のブラックサンタが、
    各戸を回り、良い子にはキャンデーを配り、
     夜遊びしている悪い子や、怠け者には、
      石炭やじゃがいもを渡して、
       戒める風習があるそうです。

499

小さい子には、トラウマになりそうなくらい、
 恐いです・・。

ドイツの子は、悪さ出来ないナ!。

寒さ厳しい地方で、コタツで温々してますと、
 とても仕事には行きたくない・・。

そんな怠け心を戒める、
 「なまはげ」という風習があるから、
   東北の人々は勤勉で、我慢強いンでしょうネ!。

AD