ホテルの日

テーマ:

1354

江戸時代から明治に変わり、
 近代国家へ向けて、西洋文化を広く取り入れるべく、
  海外からの観光客や、首脳陣が宿泊する、
   大規模なホテルが必要となったので、
    明治23年(1890年)の11月20日に、
     帝国ホテルが建てられました。

 



帝国ホテルが開業したのを記念して、
 11月20日は、「ホテルの日」と、
  定められているそうです。


キアヌ・リーブス扮する、”記憶屋ジョニー”が、
「東京の帝国ホテルで、クリーニングしてもらった、
 シャツが着た~い!」と、劇中で言わしめた程、
  世界でも有名なホテル。

 



帝国ホテルが建てられる前にも、
 洋風ホテルはあったそうですが、
  規模や設備、サービスの面でも、
   群を抜いていました。

1356

「ホテル」の語源は、
 ラテン語の「hospes ホスペス(旅人)」
  が語源になっているそうで、旅人をもてなす、
   長旅の疲れを癒すという意味で、
   「ホスピイタリティ」、「ホステル」
     と呼んだそうです。

1355