「レコード針の日」

テーマ:
試験に出ない!-1756

きょうは「レコード針の日」。

耳が不自由だったエジソンは、
 記録用として蓄音機を発明。

当初は、メモ帳代わりに、
 開発されたので、音質は二の次、
  円筒にスズ箔をかぶせ、
   鉄製の針で録音していたので、
    2~3回しかもたなかったそうです。

それも、当時の人にはカラクリが理解できず、
 箱の中に小さな人が入って、
  中でしゃべっているンじゃないかと、
   思われていたそうです。

後に円盤式のレコードが開発され、
 耐久性のある、ダイヤモンド針が採用されました。

CDやDVDといった光学式や、
 iPodなどのMP3に押されていますが、
  やはり味のある音質は、
   アナログ盤の方に軍配が上がるようですね。

試験に出ない!-1757

現在でもレコード針や、
 各種アクセサリーを販売している、
  レコード針の老舗メーカーの「ナガオカ」。

元々は、時計用の精密部品を制作する、
 「長岡時計用部品製作所」として設立。

後に、ダイヤモンド加工や、
 精密部品の加工を手掛けるようになり、
  サファイヤや、ダイヤモンド製、
   レコード針の開発に成功しました。

音質の良さが海外でも認められ、
 「音のナガオカ」と、
   世界中のオーディオファンから賞賛されました。

http://www.nagaokatrd.co.jp/

AD