「龍角散」復活3

テーマ:

以下日経電子版より転載いたしました。

「ここで辞めたら相手の思うツボだし、きっと自分にも非があるから、こんな風に左遷されてしまうんだろうと思いました。どうして自分は周囲とあつれきを起こしてしまうのかの理由がわからないうちは、どこへ行ってもまた同じことが起きる。いい機会だから、自分には何が欠けていて、どこに欠点があるのか、を徹底的に考えてみようと思ったのです」

服薬補助ゼリーは数々の賞を受けている

 考えた末、自分には製剤の知識が足りないと気がつき、土日を使って名古屋市の大学院に通い始めた。大学院に通っていることは、会社には内緒だった。知られたら解雇されると思ったからだ。実際、大学院通いを疑った古参役員が彼女の師事している教授を訪ねてくることもあったが、事情を知っていた教授や学生がうまく隠し通してくれた。

 平日は午後5時半に退社すると、毎日、英語学校にも通った。日本語で論文を書くと、会社にわかってしまうので、改めて英語を勉強し直す必要があったのだ。

 

■「転職してよかった」と今は思う

 福居氏が左遷されていた2年の間に、藤井社長は体制を立て直し、改革に後ろ向きだった古参の役員を一掃した。これを機に、福居氏も工場から本社へと呼び戻された。

 大学院に通いながら英語で論文を5本書き上げた福居氏は、2008年に博士号を取得。開発したゼリーのシリーズは定番商品に育ち、16年は年間約20億円(出荷数をメーカー希望小売価格に換算した数字)を売り上げる収益の柱に。韓国・台湾でのテスト販売も終了。米国の大学病院で試験導入が始まるなど、海外での販売計画も進行中だ。

 一連の服薬補助ゼリー開発で、福居氏は日本薬剤学会が主催する「旭化成製剤学奨励賞(現・旭化成創剤研究奨励賞)」など、合計6つの賞も受賞している。10年からは執行役員として勤務している福居氏に「龍角散に転職したことを今、どう思っているのか」と尋ねると、こんな言葉が返ってきた。

 「よかったですよ。ほかの会社に行っていたら、こんな開発をさせてはもらえなかったと思いますから。段々と社員の力もついてきていますし、今は執行役員としてそれをひとつにまとめていく仕事に取り組んでいこうと思っています」

 17年3月末現在で龍角散の年間売上高は、95年当時の3倍を超える約151億円にまで拡大している。借金も完済し、倒産寸前だった会社は今ではすっかり元気になった。

(ライター 曲沼美恵)

おわり

AD

「龍角散」復活2

テーマ:

以下日経電子版より転載いたしました。

■役員の評価はさんざんだった服薬補助ゼリー

 病に倒れた先代に代わり、藤井氏が龍角散の8代目社長に就任したのは95年のことだ。それからしばらく経ち、福居氏は月に一度の役員が集まる経営会議で、同社としては全く新しいカテゴリーとして服薬補助ゼリーの企画を提案した。

龍角散の服薬補助ゼリーシリーズ

 「これはもともと、営業からの依頼で始まった企画でした。店頭で頭痛薬を飲みたい患者さんのために、薬とセットで販売できる水を作ってほしいと言われたんです。ただ、病院に勤務していた経験から、水で薬を飲むとむせたり、のどに詰まったりするケースがあることも知っていました。ゼリーのほうがのどごしもいいし、楽に飲み込むことができると考えたのです」

 試作品を持って会議に臨んだが、「なんだ、このべちゃべちゃした気持ち悪いのは」と評価はさんざんだった。諦めずに次の月も、その次の月も福居氏は案を出し続け、「水で薬を飲めない嚥下(えんげ)障害の患者さんもいるのだから」と年配の役員に向かって説明したが、そもそもゼリーを口にしたことがない役員も多く、なかなか意義を理解してもらえなかった。不毛な議論に終止符を打ったのは、「実際に現場を見に行って確かめよう」という藤井社長のひとことだ。

 福居氏を伴って、ある介護施設を訪問した藤井社長は、そこで入所者が薬を混ぜたご飯を食べさせられているのを目撃し、衝撃を受けた。薬を飲みたがらない入所者もいるので、しかたがないこととはいえ、これでは食べる楽しみも半減してしまう。帰りの電車の中、藤井社長がこうつぶやいたのを、福居氏は記憶している。「明日は我が身だな」。闘病の末、96年に他界した先代の姿も藤井社長の脳裏をよぎった。

■左遷を経験し、「自分に何が足りないか」を考えた

 約1年間の開発期間を経て、服薬補助ゼリーの第1号は98年に発売された。当初はあくまで嚥下障害を持つ患者向けだったため、市場はそれほど大きくはなかった。だが、2年後の2000年、服薬を嫌がる子ども向けにイチゴ味の「おくすり飲もうね」(後に「おくすり飲めたね」に改称)を発売すると、これが母親の間で大ヒット。福居氏は一躍、ヒットメーカーになった。

 ところが直後の2000年10月、福居氏に思いもよらない工場勤務の辞令が下る。事実上の左遷だ。

 社内ではこのころ、古参役員たちの巻き返しが始まっていた。家庭薬メーカーとして「のど」に特化するという方針の下、事業再編に取り組んでいた藤井社長への反発が強まり、福居氏への風当たりも強くなった。工場へ異動した彼女は席が4つある島の真ん中に座らされ、全く仕事をさせてもらえなくなった。

 「パソコンを開くことも、本を読むことも許されず、目の前に座っている上司が毎日、『まだ辞めない』『まだいます』と本社の誰かに電話で報告しているのが聞こえてきました」(福居氏)。ストレスで湿疹が出たため、異変に気づいた家族や友人にも『辞めろ』と言われたが、福居氏はへこたれず、辞めもしなかった。

つづく

AD

「龍角散」復活1

テーマ:

以下日経電子版より転載いたしました。

 1998年の発売以来、医療・介護の現場から家庭まで幅広く利用されている、龍角散の服薬補助ゼリー。薬を飲みやすくするために開発されたゼリー状のオブラートで、世界35カ国1地域で特許も取得している。福居篤子執行役員が生みの親。一連の開発で多くの賞を受賞する一方、左遷も経験している。逆風にへこたれず、それを力に変えた彼女の実力を見込んで役員へ引き上げたのは、現社長の藤井隆太氏。服薬補助ゼリーシリーズ開発の軌跡を通じ、一時は倒産の危機に瀕した老舗企業を、2人のリーダーはどう蘇らせたのか。証言を基に振り返った。

■臨床薬剤師としての病院勤務が原点

 「製薬会社はどうしてこんな飲みにくい薬を作るのだろう?」。龍角散執行役員の福居篤子氏は臨床薬剤師として病院に勤務していた頃、よくそんなことを思っていたという。

 薬が嫌だ、飲みたくないと思っても、患者は遠慮して医者には本音を言えない。勝手に服薬をやめてしまう人もいて、福居氏は考えた。「一度、作る側に回ってみようか」――。

 龍角散に入社した91年は、ちょうど現在の本社ビルと研究開発施設を備えた工場が完成した年だった。建物が新しくなっても、社内はまだ旧態依然としていた。縦割りが強かった生産・開発部門に横串を刺すことを期待されて入社した福居氏は早速、そんな古い企業体質とぶつかった。

 「機械に触れようとすると、『その機械はちょっと……』と止められる。『危ないから』と説明され、『大丈夫ですよ』と答えると、『壊れたら、ネジなどたくさん出てきて大変だから』と。『私、機械をいじるのも好きですから』と答えると、困ったような、あきれたような顔をして去って行かれる――というようなことが何度かありました」

 社内には当時、女人禁制の部屋や女性が触れてはいけない機械があったという。中途入社の福居氏はそれを知らないままに行動し、あちらこちらであつれきを起こしていた。「同期の男性と同じ成果を出しても全く評価されない。手柄を横取りされるようなこともあり、一時は真剣に辞めようかと思いました」と、当時を振り返る。

■「一緒に改革につきあう気はないか?」と慰留

 すっかり腹を立てて社長室に飛び込んだ彼女に声をかけ、慰留したのは現社長の藤井氏だ。当時はまだラインを持たない係長職だった。福居氏がすでに転職先の内定をもらっていることを知ったうえで、こう説得した。

 「僕はもうすぐこの会社の社長になる。見たところ、君は何か新しいことに挑戦したくて、もがいている様子だから、一緒に改革につきあう気はないか?」

 放漫経営で負債が膨らんだ龍角散はこの時期、倒産の危機に瀕していた。小林製薬、三菱化成工業(現・三菱ケミカル)勤務を経て、94年、父親の経営する龍角散に入社した藤井氏は財務諸表を見て怒りに震えたという。約40億円の売り上げに対し、負債も同額の約40億円あったからだ。

 藤井氏いわく「典型的なぼんぼん」だった先代社長はほとんど会社に寄りつかず、古参の役員に経営を任せきりだった。どんなに借金を抱えても「最後はオーナーがなんとかしてくれる」という甘えも、社内にまん延していた。経営再建の道を模索していた藤井氏は、その過程で福居氏のことも噂に聞いて知っていた。何かのきっかけで彼女のことが話題に上った際、彼女を採用した先代から、こう忠告されたこともあったという。

 「あいつには気をつけろ、難しいぞ」。この「難しい」とは、「上に対して従順ではない」という意味だ。だが、藤井氏は福居氏のように行動力があり、率直にモノを言う人材こそが改革には必要だと考えていた。

 最初のうちは「(藤井氏のことを)信用できない」と息巻いていた福居氏も、最後は藤井氏の言葉に納得し、龍角散に残ることを決めた。

つづく

AD

「有難う」の本来の意味

テーマ:

 

[NEWS] 敬語を英語で訳してみると・・・

桂三輝(かつらさんしゃいん)の英語落語 

 
 
 私は日頃意識して日本語を使っていないものですから
動画のように指摘されるまで「そう言われてみれば」と
いうわけで早速「有難う」を調べてみました。
 
大体「有難う=ありがとう」とただ言うだけでも何か言い
よどんでしまうほどの「重さ」を感じてしまうのですが。
(勿論時と場合或いは個人差もあるとは思いますが)
なんとなく感じていたその重過ぎるほどの意味が何故
それほどまでに重いのかが分かりました。
 
それもそのはず「有難う=ありがとう」は「有難し」を
由来とする仏教用語が起源となっていました。
 
兎に角この「有難し」の意味がもの凄いのです。
ご覧ください、その意味を・・・「有難し」とは・・・
「有ることが難しい」=稀(まれ)=奇跡
「有難う」の反対語 =当たり前 =当然
※当たり前と思うことが本当は奇跡の連続である
 
人間として生まれてきたそのこと自体が奇跡なんですね。
何故なら地球上にはありとあらゆる生き物が存在して
いますから、例えば蟻(あり)として生まれたら約一京
(一兆の一万倍)のうちの一匹となるわけです。
(全ての蟻の重さは全人類の重さに匹敵するという)
因みに昆虫の総数は百京だそうです。(←想像を絶する)
つまり私たちの生活は奇跡の上に成り立っているという
ことですね。(くどいようですが)
だって人間として生まれてきたことが奇跡なんですから。
 
歳を取ると自然に「有難い」という言葉が出てきますが
当たり前を当たり前と思わなくなった証拠なんでしょうか。
(←少しは分かって来たのか?)
(←そんな褒められたもんでもない?)
 
さて「有難う」に対して英語の「サンキュー」の軽さと
いったら感謝の意味としては最下位ですね。
勿論英語としては私たちが感じるほど軽くはないと思う
のですが、いかんせん日本語になったサンキューは吹けば
飛ぶような或いは茶化すかのような軽い感謝の意味合いに
なり下がってしまいました。
これを機に謝っておこう。
すまない、アメリカさん・イギリスさん・その他英語圏
                      の方々

地磁気逆転

テーマ:

 

ScienceNews2016]

近づいている? 地磁気逆転(2016年6月8日配信)

 

 

 一時期温暖化が叫ばれていましたが、最近は「氷河期がやって

来る」或いは「もう既に氷河期に突入している」とか「否本格的には

2030年頃と予想されている」などいろんな情報が飛び交って

おります。

 

そういえば昨年の夏も例年の夏とは違っていたような・・・

これはラニーニャの影響といわれているそうですが・・・

 

太陽の黒点も近年少なくなっていると聞きますし、

地球への影響は計り知れません。

☆太陽の黒点が少ないと太陽の活動が弱まる

☆太陽の黒点が多いと太陽の活動が活発

 

黒点よりも実際は地球のマントルの影響の方が大きいようですが

現在北極と南極を結ぶ地磁気は急激に弱まってきているため

予想よりも早くこの先2000年以内に地磁気逆転が起きるかも

しれないといわれています。

 

衛星の磁力計による測定では北の磁極がシベリアの方向へ

移動したことを示したそうです。

予想では地磁気は100年に5%弱まると考えられていたのですが

実際は200年前と比べて10%も減少しているらしいのです。

 
磁場の逆転は360万年の間に11回あったといいます。
そして最後の逆転が77万年前に起こり、第四期更新世(中期)
チバニアン(=千葉時代)を千葉県市原市にある地層から確認
することができます。
 
46億年前       地球誕生
40億年前       海誕生
32億年前       酸素生成
 4億2000万年前 植物上陸
 3億6000万年前 脊椎動物(両生類)上陸
 2億5000万年前 恐竜出現
    6500万年前 恐竜絶滅
      20万年前 ホモサピエンス(新人)出現
 
80万年前            →ジャワ原人・北京原人
77万年前~12万6000年前→チバニアン(=千葉時代)
40万年前~約2万年前    →ネアンデルタール人
 
 千葉時代にネアンデルタール人が生きていたのは驚きです。
 しかも日本人とは全く関係ないと思われたネアンデルタール人の
 DNAが日本人の中にも入っているといいます。
 人口比で高い日本の自殺率やうつ病はネアンデルタール人の
 遺伝子のしわざだと調査で分かってきました。
 
地球の内部
  ☆マントル=鉄成分を多く含む岩石
  内側の核(内核)=固体の金属=鉄・ニッケルなど
  外側の核(外核)=液体状の金属→電流・地磁気
★地球の電流により磁場が出来る
 
イヌイットの長老の話(カナダの北極圏に住む先住民族)
 地球温暖化現象は「地球のシフト」にあると NASA
 (アメリカ航空宇宙局)に警告している
 「太陽があるべき場所にない」
 「これまで1時間程度の日照時間が今では2時間に
  なっている」
  ということは地軸がずれたのか?
 
地軸の移動とはコマの首振り運動のこと=揺れながら回る
この現象(自転軸がずれる)は歳差運動(さいさ)といい
2万5800年周期で最大23,4度も移動したといわれている
☆地軸の傾きは約23,4度
 
 N極S極反転(=逆転)による影響
  1 被爆線量アップで癌患者増
    血圧・脈拍数・白血球の増減
  2 電子機器破壊 
    (現実的には北の攻撃による電磁パルスの
      脅威の方が深刻である)
  3 異常気象
 
★地球の自転軸が傾くことと地磁気逆転は異なります
  因みにポールシフトとは地球の自転軸が傾くことです

 

モンゴル互助会と角界3

テーマ:

つづきのつづき

しかし八百長なしの本当の相撲ばかりだと体が
持たないといいます。
アメリカンフットボールも同様で脳や体、内臓
など後々後遺症が出てくることがあるそうです。
それほど激しいスポーツなのだということです。
だからといって八百長OKの理由にはなりません。
八百長なしの本気の相撲で勝負している貴ノ岩は
師匠の貴乃花親方の言いつけをよく守っています。
ですから八百長相撲には協力しません。
そんな貴ノ岩をこころよく思っていなかった白鵬
や日馬富士のモンゴル互助会のメンバー。
貴ノ岩はモンゴル互助会には入っていないことから
どうも機会があればと狙っていたようだ。
あの事件は動画にあるようにリンチだと思います。
因みに白鵬は現在「モンゴル互助会」の会長です。
副会長は引退した日馬富士でした。
ついでに初代は旭鷲山でそのあとは朝青龍→白鵬
と引き継がれています。
この「モンゴル互助会」の真の目的は角界乗っ取り
(既に目的は果たしたか)星の売り買い=貸し借り
=八百長によりモンゴル人の安泰を願うものとする
というのが趣旨のようです。
互助会というと親睦会のようなものかというと、
そんな生易しいものでなく時には喧嘩も起こるらしく
モンゴル人の掟として止めないのが普通だそうです。
だから今回白鵬が止めたというのは散々殴り倒した
あとのことで「そんなん止めたうちに入らん」と
我々は思ってしまうのです。
おわり           

モンゴル互助会と角界2

テーマ:
前回のつづき
それに白鵬曰く「膿を出し切って・・・」
(←八百長ありきのあんたが言うな~)
膿そのものはあんたらやろ~)
「日馬富士と貴ノ岩を土俵に上げてあげたい」
(←何様のつもりだ~)
(←あんたが決めることではない)
万歳三唱なんて論外。(←空気読め~)
そしてまたまた出てきましたよ。
貴乃花親方を巡業部長から外せという要求。
またしても白鵬です。
あからさま過ぎだろ。言いたい放題。やりたい放題。
それなのに腰抜け理事会は要求通りに交代させます。
(意気地なし。白鵬の言いなりになっていいのか?)
(こんなことが常態化したらどうするんだ?)
(角界の威厳はどこへ行った・・・)
 
相撲協会自体汚染状態(=八百長容認)ですし
テレビ出演する相撲評論家?やジャーナリストは
ほとんど協会の回し者のような意見ばかり。
貴乃花親方を擁護する意見はテレビを観る限り
少しはあるもののどちらかというと批判的な意見の
方が多いような気がしています。
はっきり言ってしまうと貴乃花親方は理事長や協会
そしてモンゴル互助会を信用していません。
そりゃそうでしょう、だってみんなグルですから。
甘い汁を吸って生きてる者同士。
大相撲というのは神事であり、国技にもなっている。
しかし一方で巡業もあったりと興行の要素もあり
客を楽しませるという目的もあります。
その目的のために否自分のために否同胞のために?
八百長をするというのか?
そんな相撲・・・観たいですか?
(←誰が観るというんだ)
嘘の相撲はごめんです。
私は本物のガチンコ相撲が観たいです。
つづく

モンゴル互助会と角界1

テーマ:

 

【相撲界の闇!! 暴露!!】モンゴル互助会!!

 数々の八百長 & 悪行!!

 
 
 このところ野党は新型ミサイル発射の話しより
森加計問題に終始しているようです。
(←何よりまず国民を守ってくれ~こっちが先だ~)
(←野党は国民を見殺しにする気か~)
ということでちょっと吠えてから?落ち着こうと
思います。(笑)
さてここからが本題。
連日取り上げられている日馬富士による暴行事件
について少し書いてみたいと思います。
そもそも相撲はほとんど観ていませんので事件に
関係する人くらいしか分かりません。
ただ、昔大人気だった千代の富士(九重親方)の
取り組みだけはテレビで観ていた記憶があります。
(少しの間でしたが野次馬根性旺盛なので・・・)
九重親方も事情は違いますが理事会とは確執が
あったと聞いております。
(←複雑な事情があったようです)
貴乃花親方も現在理事長や理事会と軋轢があります。
それにしてもこの理事会って一体何なんでしょう。
今回の事件で浮かび上がった理事会の存在自体が
胡散臭いと思えてしまうのは私だけでしょうか?
といいますのも白鵬の言動(物言い、万歳三唱など)
どうしても違和感が生じてしまうのは理事会の
横綱に対する遠慮がちなダメだしにも表われている
ような気がします。
まるで白鵬が理事会よりも上位にいるかのような
日本の本来の相撲が貶められているような嫌な
気分に陥りました。
つづく

 

前川喜平を小野寺議員が冷静にトコトン追い詰める!

加計学園の真相が前川とマスコミの倒閣運動だと

あっさり確定させた神質疑の瞬間【国会中継 面白】 

 

 

 この動画の重要な部分は恐らくNHKの中継以外では放送され

なかったのではないかと思います。

相変わらずどの局も偏向報道を流し続けていまして、この証言を

聞けば加計学園問題が終了してしまう・・・つまり終わらせたくない

野党(=反日)が重箱の隅をつついて終わった話を蒸し返すという

安倍政権叩きに励んでいます。

しかし他方では今回小野寺前防衛大臣が本当に素晴らしい

お仕事をなさっています。

まるで名探偵のように前川氏をじわじわ追い詰め最終的に

「総理のご意向」なるものは前川氏の勝手な想像の産物に

過ぎなかったことがはっきりしました。

動画の再生時間が長くて恐縮ですが、非常に満足のいく内容

だと思いますので是非ともご覧くださいませ。

 

 

以下八田議員による証言(抜粋)

 国家戦略特区は岩盤規制を打破するという意味で総理の方針の

 言及があったとしても何らおかしいことではありません。

 むしろそうした発言・・・特定の事業者を優遇すべきだ、意向だと

 受け止めたとしたら、それは自身が既得権を優遇してきた人で

 なければ思いつかない論理ではないかと思います。

 (これは暗に文科省或いは前川氏のことを仄めかしているのでは)

 

偏向報道に苦言を呈す大宅映子氏

テーマ:

 

「私は真実が知りたい」

大宅映子氏がサンデーモーニングで偏向報道批判。

スタジオ騒然【政治のお話ch 】

 

 

 ここ数日偏向報道に対する批判が高まってきております。

「ああ~やっとこの方も(大宅映子氏)真実を述べてくださった」

なんと嬉しいことか・・・。

しかし番組出演中にこのような発言をするにはかなり勇気の

いることではなかったかと思います。

何しろ出演者はほとんど民進党=韓国・北朝鮮・中国の意向に

沿った発言しかしないことでもよく知られていますので・・・

ということは番組の意図を汲まない出演者は外されてしまうという

いやらしい仕返しに泣き寝入りすることになるからです。

「サンデーモーニング」といえばネット上では偏向報道で有名な

番組ですし、番組作りも韓国人にお任せという・・・日本人から

見れば手抜きあり雑な構成あり・・・(韓国系制作会社による)

韓国ファースト、北朝鮮ファースト、中国ファーストゆえ日本人が

知るべき情報を流さない、仮に流したとしても都合のいいように

切り取って流すという体たらくであります。

 

日本人であるならば、民進党(現在壊滅状態)・社民党・共産党

等韓国・北朝鮮・中国に味方するのはやめましょう。

彼らにとって一番邪魔なのは安倍政権なのです。

安倍政権が強いということは日本が強いということです。

日本が強いということは国力=軍事力が強いともいえます。

必ずしもイコールではないのですが自衛隊の練度を持ってすれば

アメリカですら認めざるをえないという習熟度なのであります。

アメリカ軍との演習で一世代或いは二世代前の戦闘機で戦っても

互角に勝負できるという素晴らしい成績を残しております。

このような自衛隊の実力を中国軍が知らないはずはありません。

何故なら自衛隊を賛美する動画が沢山アップされているからです。

私はこれらの動画を観て度肝を抜かれました。

テレビでは放送されない・・・世界でもトップクラスという自衛隊員の

精神力や技術力が結集した訓練風景は息を呑むほどでした。

自国を自画自賛するのは危険な部分があることは百も承知して

おりますが事実は事実としてお伝えせねばと思った次第です。

 

話は逸れますが・・・

中国人が日本に来て怖ろしいと感じることは何だと思いますか?

いろいろあるとは思いますが彼らが一様に口にするのは駅構内

での日本人の行動だそうです。

誰か誘導員がいるわけでもない駅でまるで訓練されたかのように

秩序正しく歩く日本人のあの統率力を見て「怖ろしい」といいます。

中国ならばトラブルが起こるレベルだそうです。

大体静かに歩くということが出来ない国民性でもありますから・・・

日本人と同程度の民度を身につけるにはどれ位かかるのでしょう。

基本的に国家を信用していないふしがあり、いつ何時現金が紙くず

と化す可能性も否定できない状況にあります。

だからなのでしょう・・・株や不動産に走ってしまうのは。

つまり「心ここにあらず」・・・中国人のほとんどがそんな状態です。

そういえばGDPの数字もいい加減で本当は第3位で日本より下なの

ではといわれ始めています。

日本にしょっちゅうチョッカイを出すのは「怖れ」の表れではないかと

思ってしまいます。

「弱い犬ほどよく吠える」・・・とはよく言ったものです。