猫は考えている!

テーマ:

    

 

『長ぐつをはいたネコ』スピンオフのショート ムービー

「悪の三銃士」1 (約40秒)

 

         

策略家 というのは何も人間ばかりじゃないんですねぇ。

にゃんこの世界でもこうして窮地に陥れば持てる武器を

最大限に生かすという例を長靴をはいた猫が示しています。

プスはオス猫でしたがやはり敵を油断させるために

きゅるるん作戦を講じていました。

 

人間の世界では相手によって態度を変えるなんていうのは

よくあること・・・「にゃんこよ、おまえもか」

「いやいや、にゃんこだけじゃございませんよ。動物全般に

そのような傾向が見られます。人間だって動物でしょ?」

「つまり生きていくための知恵ですな」

 

そうそう「きゅるるん」な「ののこちゃん」の表情・・・

(ののこちゃんは猫ちゃんの名前です)

どこかで観たことあるなあと思ったら「シュレック」に出てた

にゃんこ「長靴をはいた猫」ことプスにそっくりでした。

(でもお目目まん丸きゅるるんな表情の時だけですが)

というのも飼い主である奥さんが𠮟った時と旦那さんが

𠮟った時ではののこちゃんの態度や表情が全く違う

らしいのです。

奥さんが叱ると目を合わせようとせず「ののこ関係ない

も~ん」とばかり知らぬ存ぜぬを決め込んでいるそうです。

一方旦那さんが𠮟った時はののこちゃん最高の可愛さを

アピール「ののこを許してにゃん」とばかりにくりくりお目目が

ウルウル(これはもう女の武器使ってます)

(←う~ん完全に負けた)(←あんたが負けてどうする)

それにしても人間顔負けのにゃんこがいるんですねぇ。

 

長靴をはいた猫プスは兎に角主役(シュレック)をくって

しまうほど魅力的で・・・

しかも声はアントニオバンデラス・・・スペイン語訛りの

英語が素敵過ぎて・・・訛りがこれほど心地良いと感じた

のは初めてのことでした。

(といっても特にファンというわけではありませんが)

 

日本語訛りの英語に自信を持たせてくれるプスの声

アントニオバンデラスに感謝です。

        

AD

都道府県名の英訳といっても「直訳そのまんまやん」

というのが多いですが楽しんでいただけたら嬉しいです。

但し私の訳ではなくネット上で公開されていたものです。

ついでに?簡単に由来も書き添えました。

諸説あったりしますので選ぶのが難しかったです。

 

今回神奈川県と奈良県の「奈」の意味が分かって

勉強になったと思いました。

奈→①紅リンゴ(からなし)紅リンゴとは落葉高木

太く短い花柄の先に白色又は淡紅色の花を

上向きに開く

楕円形のリンゴに似た果実が垂れ下がる

②いかん→事が次第に変化していく様子(状態)

→状態等についての疑問を表す

どんなであろうか(=how)

(OK辞典より)

 

それから青森がblue forestというのが日本語の響きと

違って面白いと思いました。

本来ならばgreen forestなのでしょうが、敢えてblue

としたところがイメージアップに繋がった感じがします。

千葉県のthousannd leavesに至ってはどこかのサイトで

ミルフィーユ(仏語)でもいいんじゃないのという意見もあって

「言い得て妙」だと思いました。

 

都道府県名の中でも最強?の意味を持つ兵庫県が本当に

武器庫であったというのが驚きでした。

大化の改新の頃?否もっともっと前、饒速日命(ニギハヤヒノ

ミコト)(須佐之男命の三男)(=大神神社の祭神=大物主)

2000年以上前になるかも・・・饒速日命(ニギハヤヒノミコト)

の幼名大歳(おおとし)を冠りする大歳神社が兵庫県だけでも

380社程建立されており全国550社の実に70%が兵庫県に

集中しているといいます。(ニギハヤヒノミコトは歴史的に

抹殺されたに等しいので幼名で祀るしかなかったということか)

つまり何を意味するかといいますとニギハヤヒノミコト東征の際

兵庫県にとどまって様子をうかがっていたのではないかと

思うわけです。

それで兵庫県を武器庫にして戦に備えていたのでしょう。

 

最後に愛媛県について・・・日本語と英語両方の意味が

素晴らしくて笑みを誘う県名ですね。

「えひめ」という日本語の響きも素敵ですし、英語の

love princessも可愛くて好きです。

この場合lovely princessの方がいいような気がしますが

どうでしょうか?

 

 

以下都道府県名の英訳と由来です。

 

北海道

North Sea Road 北加伊道(ほっかいどう)→北海道

青森Blue Forest 青々とした松林→青森
岩手Rock Hand 岩に手形→岩手
秋田Autumn Rice Field「あぎた」→「あきた」
山形Mountain Shape 平安初期の資料に見られる
宮城Palace Castle 宮宅(みやけ)→みやぎ
福島Good Luck Island 吹島ふきしま→ふくしま
茨城Thorn Castle 茨で城を築いた→茨城
栃木Horse Chestnut Tree十千木(とおちぎ)より、他諸説あり
群馬Crowd Horse 車(くるま)→ぐんま
埼玉Tip Ball 幸魂(さきみたま)より、魂=玉
千葉Thousand Leaves 茅生(ちぶ)→ちば、茅=ちがや
東京East Capital 西の京に対して東の京(みやこ)
神奈川God Apple River 神奈河、神名川、上無川より
新潟New Lagoon 新しい潟湖より
富山Rich Mountain 外山(とやま)→富山
石川Stone River 手取川(石の多い川)より
福井Good Luck Well 北ノ庄(きたのしょう)改め福井へ
山梨Mountain Pear 山那智(山裾の意)→山梨
長野Long Field 原野→長野
岐阜Divergence Hill 織田信長に因む(深く入り込む小高い丘)
静岡Silent Hill 賤機山(しずはたやま)に因む
愛知Love Wisdom 年魚市(あゆち)→あいち
三重Triple 日本武尊足が三重の如く曲がるほど疲れた
滋賀Overgrown With Celebration砂処 洲処(すか)低湿地帯より
京都Capital Capital 帝(みかど)の居る都
大阪Big Slope 蓮如建立の大坂御坊(石山本願寺)に因む
兵庫Soldier Storehouse兵庫(つわものぐら)兵器を格納する倉庫
奈良Apple Good 平らに均す(ならす)→なら
和歌山Total Song Mountain和歌浦(わかのうら)→和歌山(秀吉に因む)
鳥取Bird Get 鳥取造(ととりのみやつこ)鳥取部(ととりべ)より
島根Island Root 島嶺(しまね)に由来する
岡山Hill Mountain 岡山城に因む
広島Large Island 広島城築城の際毛利輝元により命名
山口Mountain Mouth 山の入口
徳島Virtuous Island 蜂須賀家政築城の徳島城に因む
香川Fragrance River かが川転じてかがわ(奈良時代より)
愛媛Love Princess 古事記より愛比売(えひめ)に因む
高知High Wisdom 河内山(こうちやま)城→高智→高知
福岡Good Luck Hill 備前福岡(黒田氏)に由来する
佐賀Support Celebration栄(さか)→佐嘉→佐賀
長崎Long Cape 桓武平氏千葉氏の流れを汲む長崎氏より
熊本Bear Book 加藤清正により熊本使用、それ以前隈本
大分Big Mimute 多き田→大分
宮崎Palace Cape 宮(神宮)のさき(前→崎)古事記より
鹿児島Deer Child Island鹿児島神宮に因む
沖縄

Offing Rope 沖合の漁場 他にも説有り

AD

映画『聖☆おにいさん』予告編

テーマ:

映画『聖☆おにいさん』予告編  

 

こんなアニメがあるんですね~。

イエスとブッダが立川に降臨!?

(←なんで立川やねん)(神様に大阪弁で突っ込んでみた)

奇想天外・・・日本でしかあり得ないかも。

海外の知日派、親日派の方々には概ね好評とのことで、

まずは一安心といったところでしょうか。

いや、しかし一部の人々には受け入れがたい部分も

あるのではないかと思うのですが・・・

それにこの作品の関係者の方々に命の危険が及ばない

ことを願うばかりです。

私自身は表向き一応仏教徒ということになっていますが

現実はほとんど無神論者みたいなもので、宗教そのものに

対して「ゆるっゆる」な考えしか持っておりません。

そんな私でも最近は神社仏閣に興味を抱くようになり

気が付けばお年寄りの仲間入りをしていたというわけです。

(神社仏閣好きが必ずしもお年寄りとは限りませんが)

そんなわけでこのアニメの設定に何ら異議を唱えることも

なく心の底から笑える状況にあります。(←能天気ともいう)

 

そういえばこの作品の実写ドラマ化が発表されたという

記事を読んで、さすがに私も「それはアカンやろ」と

ツッコミを入れた次第です。

イエスは「ジョニーデップで決まり」としてブッダは

「誰が演るの?」思い浮かばない。

以下私の妄想。

予告編の最後・・・

勧誘者「あなたは神を信じますか?」

イエス「うっ」(わたしに訊くな)

信者 「誰に訊いとんねん。この方をどなたと心得る。

恐れ多くも復活なさったイエスさまだぞ。

頭が高い。控えおろう。」(ここで♰を見せる)

(何故か水戸黄門も降臨)

勧誘者「はは~」(ひれ伏す)

AD

洗濯表示はこう変わる(新たなISO国際規格)  

 

今日(2016 12/1)から洗濯表示が国際規格になります。

世界共通なのはいいけどちょっと分かりにくいかも・・・

最低限のマークだけでも覚えておかないとね。(言い聞かせてる)

 

洗い→たらいのマーク

漂白→△

乾燥→□

アイロン→アイロンのマーク

クリーニング→〇

 

たらいマークの数字→数字以下の温度で

〃 ━ → ━が増えるほど更に弱く

 

△(漂白)→漂白可(何でもOK)

△に斜線→酸素系漂白剤OK

〃 →塩素系漂白剤不可

△に☓ →漂白不可

 

アイロンの・ → ・は熱と理解する

〃 → ・低 ・・中 ・・・高

 

□(乾燥)に斜線→陰干し(自然乾燥)

□の中に〇 ・ →タンブル乾燥(乾燥機)・が多いほど高い

日本の功績

テーマ:

GHQメンバーが記した朝鮮の認めたくない真実 

 

  この間偶然にも貴重な動画を見つけました。

動画といっても文字ばかりですが・・・

こんな詳しい内容を見るのは初めてです。

久しぶりに興奮しました。(笑)

日本の凄い功績は12分過ぎから始まりますので

是非ご覧ください。

私自身断片的には知っていることもありましたが

ここまで凄いとは思いもよりませんでした。

当時日帝がどれほど朝鮮に力を注いでいたかが

よくわかります。

投入した金額が凄すぎて現在だったら絶対無理だろうと

思います。

動画からちょっと拾ってみますと・・・

小学校5000校以上、大学など1000校以上建設

ということで初めての大学は大阪帝大、名古屋帝大よりも

早く建てられたと聞いています。

日韓併合1910年~1945年。

そして1920~1930年代GDP平均成長率4%(朝鮮)

1920年代の世界経済成長率2%以下

(日本の経済成長率は3%強)

朝鮮の一人あたりの国民所得1910年40ドル→倍増

李朝末期の状況と比べれば雲泥の差だと思います。

これが植民地支配であるはずがありません。

植民地支配なら搾取するだけですから・・・

 

戦争という最悪の時代を経て今が平和になっても

心が痛いです。

現在の韓国や北朝鮮、そして中国の状況をみますと

日本があれだけ頑張ったのにと虚しい気持ちに

なります。本当に悔しいです。

でも他のアジア諸国が私たちを勇気づけてくれています。

嬉しいことです。

 

以下は日朝に関する記事を転載したものです。

「もうええわ」っていうくらいたくさんあります。(笑)

 

■イザベラ・バードが見たソウル(1894~1897年)

(李朝末期)
都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに

  形容しがたい。
礼節上二階建ての家は建てられず、したがって推定25万人の

  住民は主に迷路のような道の「地べた」で暮らしている

路地の多くは荷物を積んだ牛同士が擦れ違えず、荷牛と

  人間ならかろうじて擦れ違える程度の幅しかない。

  おまけに、その幅は家々から出た糞、尿の汚物を受ける穴か

  溝で狭められている。酷い悪臭のするその穴や溝の横に

  好んで集まるのが、土ぼこりにまみれた半裸の子供たち
疥癬もちでかすみ目の大きな犬で、犬は汚物の中で転げ

  まわったり、日向でまばたきしている。

ソウルの景色のひとつは小川というか下水というか水路である。
蓋のない広い水路を黒くよどんだ水がかつては砂利だった

  川床に堆積した排泄物や塵の間を悪臭を漂わせながら

  ゆっくりと流れていく。
水ならぬ混合物を手桶にくんだり、小川ならぬ水たまりで

  洗濯している女達の姿。

Seoulには芸術品がまったくなく公園もなければ見るべき

  催し物も劇場もない。
他の都会ならある魅力がSeoulにはことごとく欠けている。
古い都ではあるものの、旧跡も図書館も文献もなく

  宗教にはおよそ無関心だったため寺院もない。
結果として清国や日本のどんなみすぼらしい町にでもある
堂々とした宗教建築物の与える迫力がここにはない。

     ("Korea and Her Neighbours" by Isabella Lucy Bird
『朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期』イザベラ・L・バード)

 

 

◆現代韓国人が知らない日本統治以前の奴隷社会

   韓国人が朝鮮王朝を慕い、日本の統治を受けず朝鮮王朝が

  継続したならもっと今日の暮らしが良くなっていると考えるのは、
当時の朝鮮の実態についてきちんと分かっていないためだ。

特に子供と青少年は、きれいな道ときれいな家、整った身なり、

  上品な言葉遣いのテレビの歴史ドラマを観ながら、朝鮮も

  それなりに立派な社会で外勢の侵略がなかったならば静かで

  平和な国家を保てたろうと錯覚する。

しかし日本が来る前の朝鮮は、あまりに未開で悲惨だったと

  いう事実を知らねばならない。
          (金完燮『親日派のための弁明』草思社 より)
 

 

◆H・B・ヘルバートによる朝鮮人分析

朝鮮人は正気を失うほど激しく怒る。自分の命などどうなっても

かまわないような状態になって、牙を剥き出した動物へと変身する。

口から泡を吹いて、まるで獣のような顔になるのだ。
残念なことにこの怒りの衝動、自分を見失ってしまう悪癖は、

男だけの専売特許ではない。
朝鮮の女も恐ろしいばかりのヒステリーを撒き散らす。

朝鮮人は幼い頃から自分の気分を制御することは躾けられないようだ。
子どもたちも大人たちを見習って、気に入らなければそれこそ狂った

ように駄々をこねるが、結局自分の意志を貫いて達成するか、
さもなければ長い時間をかけて鎮静させることで落ち着くのである。
(H・B・ヘルバート『朝鮮滅亡』)


 

 

◆金文学による朝鮮人分析

韓国人は自分の感情をコントロールする術をあまりにも

知らなすぎる
自分と些かでも異なる見解・意見を持っている人に対しては、

たいていの韓国人は、たとえ初対面であってもためらうことなく

感情を剥き出しにする。
相手の言葉を聞き入れることを知らない。まず自分の話を

前面に押し出す。
自分が何でも知っていて、自分があらゆる面で相手より

優れていると主張するのだ。
(金文学 金明学『韓国民に告ぐ』)

 

 

■感謝されない日本の技術移転

韓国鉄鋼業は、日本からの技術導入の恩恵を、

もっとも受けている。
(中略)ぼくも見学してきたが、韓国の浦項製鉄は、

日本の最新鋭工場と、同じレイアウトになっている。

単一工場での出銑能力では、日本と同じだが、

人件費などの相違から、受注量がいまや日本を

しのいでいる。

だから、単一の工場では世界最大の生産量

ということになる。

この工場の建設にあたっての苦労話をさせたら、

日本最大のこの製鉄会社の社員には、いくらでも

言い分がある。

   確かに契約として、会社として、やったことでしょう。

だけど、それだけじゃないんです。
日本人は韓国に負い目を持っています。

    だから、このプロジェクトを成功させなけりゃ
いけないという使命感をみな持っていました。

    サラリーマンだって、生身の人間です。
ほんの一言でいいんです。

     韓国語にも、ありがとう――カムサ・ハムニダって、

     言葉があるでしょう。

     要は、気分の問題なんです。

     日帝三六年を持ち出されると、こっちとしては、
なにも言えません。

     うまく言えないけど、すべて終わったあとで、

     ぜんぶ自分たちがやったっていう態度にでられると、

     こっちとしても我慢しなけりゃいけないと判っていても、
割り切れない気持ちになるんです。

友人を通して、このとき知り合った製鉄会社の同僚は、

こう言ったものだ。
この類の日本人の不満は、あちこちで聞かされた。

これは、直接に聞いたものではないが、日韓共同プロ

ジェクトとして、ソウル市の地下鉄一号線の工事は、

日本の技術援助で完工した
だが、その開通式にあたっては、日本の援助には

一言も言及されなかったという。
(豊田有恒『いい加減にしろ韓国』P71-72 祥伝社)

 

■モンゴルのエピソード

1990年に国交樹立以来、日本はモンゴルに

毎年80億円のODAを援助している。
その一環として市内バスを100台贈ったところ、
モンゴル政府は自発的にバスの車体に日の丸と

モンゴル国旗を描くとともに日本からの援助に

よるバス と表示した。

またモンゴル国立第二病院に、日本の医療器機を

送ったところ、なんと病院の名前を「さくら病院」と

変更して感謝の気持ちを表している。

更に、気象台関係の機械を贈ったところ、気象情報が

テレビで流されるたびに日の丸のロゴマークが必ず

映るようになっており、日本への感謝を国民に

知らせている
(祥伝社『日本人よ!胸をはれ』より)

 

 

◆韓国小学校の教科書、自民族の優秀性を過度に強調
特に「日本人は文化的に劣等」と一貫して記述

論文によれば、小学校教科書には民族文化の優秀性を

強調するために他民族を貶す記述も多かった。
特に、日本人は文化的に我々よりも劣等だと一貫して

記述されている。
民族血統を重視する場合も少なくなかった。

6年生用の道徳教科書では、「外国に住む同胞も、私たちと

同じ民族、同じ血筋なのです」と記述している。
ソース:京郷新聞/Yahoo!Koreaニュース(韓国語)

(2007/08/21 23:59)

 

 

■韓国の偽証は日本の671倍 偽証が氾濫する法廷

何の罪もない人を罪人に仕立て上げ、罰を受けるべき

人の罪を覆い隠す「偽証」が法廷ではこびっている。

偽証とは民・刑事および行政訴訟などで、事実を明らかに

するために裁判に出頭した証人が嘘をつくこと。検察が

起訴した偽証事犯は2002年1343人。
98年の845人に比べ4年間で60%近く増えている。

検事が同席している刑事裁判はまだいい方だが、

民事裁判は「嘘の競演場」だという言葉が出てくる程だ。

特に、偽証自体がほとんどないに日本とは統計だけでも

はっきりとその違いが分かる。

2000年の場合、韓国で偽証罪で起訴された人が1198人

あることに比べ日本は5人だった。

韓国と日本の人口の差を考慮した場合、国内の偽証が
日本の671倍に達する
というのが最高検察庁の分析だ。

偽証がこのように多い理由は、嘘を大したことと思わない

社会の風潮と、「情」にもろい韓国の文化が最も大きな

理由だと判・検事は話す。

清原(チャンウォン)地方裁判所・晋州(チンジュ)支部の

尹南根(ユン・ナムグン)部長判事は「親しい人に不利益を

与えたくないという理由で、証人としての出頭を極力避け、

出頭したとしても『思い出せない』と答えるケースが多い」と話す。

尹部長判事は「このような証人は悪人というよりは、他人に

悪いことを言えない典型的な韓国人である」と付け加えた。

偽証に対する処罰が軽いのも原因のひとつとして挙げられている。
2001年、全国の裁判所が処理した計846件の偽証事件のうち、

実刑が宣告されたのは181件(21%)だった。

同年、刑事裁判全体(20万件)の中、実刑が宣告された事件は

25%水準の5万件だった。

偽証罪は故意性が強い場合、最高懲役10年まで宣告することが
できるが、軽い処罰で済むケースが多い。 (後略)
朝鮮日報 朴世鎔(パク・セヨン)


 


現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても

独立国家としての体面をもつことはできない。

亡国は必至である。

  亡国を救う道は併合しかない。
そして併合相手は日本しかない。

欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが

  日本は違う

日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に

  入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。
そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に

  参加させてくれる唯一の適任者である。

それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、

  人間としての幸福が受けられる道はない。
日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は

  欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。
(朝鮮全権大使 李成玉 『李完用侯の心事と日韓和合』)

 

 

★インドネシア アリ・ムルトポ准将
   日本はアジアの光である。
大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示したもので
アジア人の誇りである。
今、忽然として日本民族がこの地球上から消えたら韓国が

  一番困ると思う。
もし、日本がシンガポールの地点にあったら、インドネシア人の

  成功は容易である。

  つまり、日本の近いところに位置していることは、幸運なのだ。
経済的支援を連続的に受けていると言ってもよいくらいだ。
インドネシアが日本に近ければ、今のような貧弱な

  インドネシアではない。
つまり、我々インドネシア人は『日本はなにもしてくれなくても

  よい』と考えている。

  日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで十分、
アジア・アフリカにつくしていると考えている。
だから、我々アジア人は外交面に弱い日本を支援したい

思っている。

 

★インドネシア サンパス元復員軍人省長官
特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから

日本軍人約1000人が帰国せず、インドネシア国軍と共に

オランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。

日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を

贈っているが、それだけですむものではない。

 

★タイ ククリット・プラモード 元首相
日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した

日本というお母さんは難産して母体をそこなったが

生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと

対等に話ができるのは一体誰のお陰であるのか

それは『身を殺して仁をなした』日本という
お母さんがあった為である。

12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれた

お母さんが一身を賭して重大決意された日である。

更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に

伏した日である。

我々この2つの日を忘れてはならない。
    (12月8日 「サイアム・ラット新聞」)

 

 

★韓国 韓日文化研究所 朴鉄柱
現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも

大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。

平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで

取り組んだ。

それまで日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。

最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑むことは

屈辱を意味した。事態ここに至る。”座して死を待つよりは、

戦って死すべし”というのが、開戦時の心境であった。

それは日本の武士道の発露であった。

日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。
それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。

日露戦争と大東亜戦争──この二つの捨て身の戦争が歴史を

転換し、アジア諸国民の独立をもたらした

この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。

大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろ

イギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。

彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。

戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかに

よって決まる、というのはクラウゼヴィッツの戦争論である。
日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。

日本こそ勝ったのであり日本の戦争こそ「聖なる戦争」であった。

二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし

彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて

国民尊崇対象となるのである。

 

帰化国会議員リスト

テーマ:

 

 

 

ここ最近蓮舫議員の二重国籍問題が浮上してきております。

この二重国籍問題に関しては40万或いは50万人近くいるの

ではないかとさえいわれる由々しき事態であります。

 

これはスパイや工作員にとって最も都合の良い状況です。

それでなくとも日本は昔からスパイ天国といわれている国・・・

一刻も早く手を打たないと大変なことになります。

 

動画にもありますように帰化国会議員の数があまりにも多く

「ブルータスよ、おまえもか」「大丈夫か、日本」と心配になって

しまいます。

 

いくら帰化したといっても頭の中身までは変えることはできない

わけで日本のためというより同胞又は祖国のために尽力する

という議員が多いように思います。

 

日本への帰化は難しいのではとずっと思っていましたが、

意外にもそれほどでもないようで簡単という話も聞きます。

 

弱者の味方と言いながら甘い言葉をささやき、出来もしない

理想の社会をさも実現させるかのように吹聴するとんでも集団

・・・これが野党の実態です。

 

彼らは憲法9条で日本を動けない状態のままにすること、そして

平和と言いながら日本を骨抜きにすることが目的なのです。

元はといえばGHQ(連合国軍最高司令部)の洗脳教育による

影響も大きいかと思います。

 

つい最近も日本を代表する女優が憲法9条を守らなければ

ならないと発言していました。

彼女の影響力が心配です。

何といっても日本映画界を牽引している第一級の女優ですから。

見事なまでのマインドコントロールです。

いつ気付くのか?それとも気付かないままなのか?

それこそGHQの思うつぼです。

ある人によればスパイや工作員の可能性もあるといいます。

 

GHQの手下といえば反日教育で有名な日教組です。

他にテレビ、ラジオ、新聞などからも反日の洗脳を受けています。

日本人の日本人による反日もありますし当然帰化人の教師や

テレビ局のキャスター、アナウンサー、新聞記者などによる

日本社会を根こそぎ変えていく反日工作もあります。

最も多くの在日を採用しているのがNHKでありTBSなのです。

フジテレビは親中親韓派で反日だと分かります。

近年テレビ局の質が低下しているのはこの理由もあるのか?

捏造や言い間違い、アナウンサーの日本語能力低下、NHKの

民放化など、優秀な日本人を採用せず在日を優先的に採る

逆差別まで起きています。

 

ここからは中国船の領海侵犯について。

中国は日本が動けないことをいいことに尖閣諸島の領海に

何度も侵入してきました。

オリンピックで盛り上がっている時を見計らって大船団で

やってきたのです。

最も多い時で400隻くらいの漁船(漁師を装った民兵)と

20隻くらいの公船が領海を覆い尽していました。

一方対する日本の海保の巡視船は5隻。

これではどうしようもありません。

中国はどれだけ嫌がらせをすれば気が済むのでしょう。

アメリカの高官は「これは国家的な危機」だと言っています。

中国に弱みを見せてはだめ。

ベトナムのように「日本を甘く見ると痛い目に遭うよ」という

ところを見せないと・・・これって一触即発の事態なんだから。

憲法9条が恨めしい。

素晴らしい理想的な憲法ではあるのだけれど・・・

現実的ではない・・・中国だけでなく北朝鮮の出方も気になるし。

都知事選

テーマ:

【都知事選の情勢】


普段政治には疎い私ですが何故か?都知事選には興味を
そそられました。(都民でもないのに)

既にネット上にはいろんな情報が飛び交っており、こういった
情報を知っているかいないかでは大きな違いが出てきます。
(但し全部が全部正しいと限らないので要注意ですが)

実は日が経つにつれ候補者に対する印象が変わって来たのは
私だけではないように思います。
といっても有名な3名の候補者に限られますが・・・


まず小池百合子氏の印象から・・・
何の前ぶれもなくいきなり手を挙げたという感じでしたので
周りは唖然としていましたね。

一番驚いたのは自民党と都議連の上層部ではないかと思います。
「なんてことしてくれたんだ」と・・・
(←そんなこと言ってももう遅い)

私には彼らの言わんとしていることも理解出来ます。
何故なら余りにも時の政党にすり寄り節操なく渡り歩いたと
いうこの事実は小池氏の内面を表していると思うからです。

しかしながらこれだけで小池氏を責めることはできない
ような気もしてきます。
結局他の議員だって表面はどうであれ何らかの冠が欲しいのは
皆同じというところでしょうから・・・

それにしても小池氏はあまりにも正直過ぎて(勿論ここでは
悪い意味)最初は余り良い印象を持っていませんでした。

過去総理の座を安倍氏と石破氏が争った時小池氏は石破氏を
応援したという事実があるので小池氏もこのままだとただの
議員で終わってしまうという焦りもあったかもしれません。

そんな小池氏が初期段階で見せた素早いマスコミ対応は
素晴らしかったと思います。
(それほど重要な案件ではなかったから?)

都知事として英語やアラビア語が出来るというのは大きな強み
でもありますし、あとは都知事としての器があるかどうか
その手腕を是非見てみたいものです。


次は自公推薦の増田寛也氏です。
この人は見かけからして「まとも」だと思いきや何ともはや
とんでもない人物でありました。
(←自分では地味だと言っているが)

ご存じのように岩手県知事を3期12年務めたわけですが
散々箱物を造った挙げ句に借金を2倍に増やして去って行った
という曰く付きの人物でした。
借金6000億円→1兆2000億円に膨らむ。
苦しむ岩手県民(しょうがない→選んだのは岩手県民だから)

出張に関する費用についてはどこの自治体でも厳しい状況
ではありますが増田元知事の場合海外出張は全てファースト
クラスだったといいます。

しかも海外、国内共かなり出張が多かったといわれています。
要は出張が多かろうがファーストクラスだろうが中身の濃い
仕事をしていれば文句は出ないだろうということです。

問題をもう一つ。
増田氏は根っからの親韓派で外国人に参政権(選挙権等)を
与えようとしています。
つまり外国人にとって住みやすく日本人にとって住みにくく
なる街造り(国造り)を目指しているということです。
このような人に都政を任せられますか?


最後は民進党、共産党等の推薦候補鳥越俊太郎氏です。
はっきり言ってこの人については「論外」としかいいようが
ありません。

ジャーナリストという職業や経歴は本当なのかと疑ってしまう
くらいの素人ぶり→余りにもひど過ぎる。
しかもまともな政策がない。
都知事選を老後の趣味と勘違いしている。(演説を聴いた限り)

問題なのはまるで中韓の回し者ではないかと思えるような
発言がしばしば見られることです。(日本人とは思えない)
都知事選とは直接関係ないですがジャーナリストであるにも
かかわらず歴史を知らなさすぎる。
そして鳥越氏の間違った家系図がテレビで流れたことも・・・
これはNHKのいい加減な番組作りが生んだ結果であり
鳥越氏もまたなぜ自分の家の家系図について調べなかったのか、
元々その家系図は鳥越氏の親戚筋からNHKに渡ったのでは
ないかといわれています。
家系図の本当の末裔にNHKは「穏便に済ませましょう」
というだけできちんとした謝罪もなされていないといいます。
しかも間違った家系図の件をNHKは鳥越氏に連絡もして
いないらしいのです。
NHKにクレームをつけた末裔の方の話によりますと地元の
郷土史家に確認したとNHKは平気で嘘をついているそうです。
あとで郷土史家に聞いてみるとNHKからの問い合わせは
なかったことが分かりました。
今やNHKはこんな状態に成り下がってしまったのです。
鳥越氏に関しては要注意人物ということで今後の言動に
気を付けていただければと思います。
絶対に鳥越氏を知事にしてはいけません。
東京都の顔は日本の顔でもあるのですから・・・

因みに東京都の予算は13兆6560億円。職員17万人。
これはスウェーデンや韓国の国家予算とほぼ同じです。

お利口さんな羊しゃん♪

テーマ:

SHEEP


ヒツジしゃんの群・・・せっせと移動中

カランコロン カランコロン(シープベルの音)

先頭集団の羊しゃん「さあ、みんな、次の牧草地に行くで~」
「ちゃんと着いて来てな~」
「メエ~分かった~」
「あっ美味しそうな草、ちょっと食べたろ」
(どんな集団でも道草を食う者はいる)

それにしても緑と遠くの山々がとても美しい

賢い羊しゃん (急ぐふうもなく)
「メエ~メエ~あんたら~そっちと違うで~」
「メエ~メエ~こっちやで~」
(仲間を迎えに行く)

先頭集団の羊しゃん「うわっ、あかん、間違えた」
「みんな~バックやバック」
(戻って来るの早っ)

道を間違えた仲間もおるけど
ほんまはわたしら賢いんやで
byヒツジ

映画『殿、利息でござる!』 特報30秒


旬を逃してしまった感がある動画ですが、よろしければどうぞ。

テレビでこの映画が紹介されていた頃、何も知らなかったこともあり
完璧なお笑い系路線でまた~人を笑わそうとして~と勘違いした私。
(お笑い系嫌いじゃないです)

タイトルからしてお殿様に利息を払うのかと・・・これもまた勘違い。
庶民がお殿様に利息を払うのなら分かる。
しかしこの映画は違いました。

庶民がお殿様にお金を貸して利息を取る→
えぇ~そんなことってあるの?

それが実際にあったといいますから驚きです。
舞台は貧困にあえぎ夜逃げせざるを得なかった仙台藩吉岡宿。

この宿の庶民たちは私財を投げ打ち宿場再生のために資金調達に励む
という実話を基にした映画になっています。

映画の中のセリフはほとんど古文書に書かれているといいますから
ますますリアリティーが増してきます。

それでちょっと面白そうと思って検索しているうちに原作者の
磯田道史(いそだみちふみ)氏のエピソードに行きつき、これは
紹介せねばと記事にした次第です。

それではテレビ番組より磯田先生のプロフィール&エピソードをどうぞ。
先生がナンパ?(赤字の部分をお楽しみください)

1970年(昭和45年)岡山県に生まれる
1979年(昭和54年)歴史に興味を持つ(9歳)
最初は拓本から始めた
拓本とは器や石碑などの凹凸を墨で写し取ること
文英石仏とは16世紀半ばの戦国時代に彫られた
岡山県特有の石仏
文英という人物の作品ということ以外多くが謎に
包まれている
1983年(昭和58年)古文書に興味を持つ(13歳)
実家は岡山で小さな藩のお侍さんだったという
ことで日記のような古文書が残っていた
高校生の頃古文書解読辞書を手に入れ
古文書の解読に成功
1989年(平成元年) 慶応大学入学(19歳)
余りに嬉しくて朝から晩まで図書館に通いつめたら
2ヵ月目に倒れてしまい救急車のお世話に
大久保利通の墓が本当にあるか青山墓地ヘ確かめに
行った
安心出来るという理由で墓地の近くに住んでいる
2006年(平成18年)結婚(36歳)歴史の知識で相手を射止める
運命の出会い
それまで女性と付き合ったことがなく ギャラリーで初めて
出会った女性に「あなたは僕の運命の人かもしれない」
「すみませんけどそこの中国茶のお店で30分だけ話を
聞いてくれないでしょうか?」と切り出した

(これナンパですよね?はっきり言って・・・とは先生ご自身の弁)
一週間位してから向こうから連絡があって・・・
それまで何も連絡してなかったんですけど「上野の美術館で
日本画の展覧会をやっているから一緒に行きませんか?」って言ってくれた
「分かった僕が案内してあげる」って言って伊藤若冲という人の
展覧会でしたけど・・・ず~と観ながら説明をしていくわけです
その説明に周りにいたおじさんたちやおばさんたちがイヤホンガイドを
外して僕の方に団子のように囲んで寄ってくる学芸員のトークだと・・・
それで全部終わったら拍手が沸いたんですよ
その時に彼女が「あんたは靴も汚いしお風呂にも入ってなさそうだし・・・
えっ?って思ったんだけど面白さに負けた・・・付き合ってください」
またまた一歩を踏み出しました


結局彼女の方が積極的になっちゃいましたねぇ。
歴史オタクの大勝利。

三重県と日本武尊

テーマ:

[美しき日本] 三重 亀山市 ヤマトタケル


前回に続きまして今回もテーマは「三重県」です。
先ず「三重」と呼ばれるようになった経緯というか、由来から
始めたいと思います。

なんとあの日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が昔の鈴鹿の地で
「わが足三重の勾(まが)りなして、いと疲れたリ」と発せられた
ことから「三重」と名付けられたそうです。

一重でもなく二重でもなく三重といわしめた疲労感が尋常では
なかったことが想像できます。
それもそのはずその後日本武尊は鈴鹿で力尽きたといわれています。
(伊吹山で苦戦を強いられた後遺症か?)

他に三重の由来として次のようなものもあります。
神の御座(おわ)すところーーみ=神 え=辺り
水のあるところーーーーーーみ=水 え=辺り

現在亀山市田村町にある能褒野墓(のぼののはか)が日本武尊
(景行天皇の皇子)の墓として宮内庁より治定されています。
しかし実際の被葬者ははっきりしないということで、有名な白鳥伝説に
伴い下記の陵(みささぎ)も2基治定されています。
能褒野王塚古墳(のぼのおうつかこふん)―-三重県亀山市田村町
白鳥陵(しらとりのみささぎ)ーーーーーーー奈良県御所市富田
白鳥陵(しらとりのみささぎ)ーーーーーーー大阪府羽曳野市軽里

因みに能褒野墓(のぼののはか)は能褒野王塚古墳(のぼのおうつか
こふん)とも呼ばれておりまして4世紀末の前方後円墳と推定されます。

日本武尊が詠んだとされる歌もご覧ください。
(景行天皇との説もありますが)
倭は国のまほろば
たたなづく青垣
山隠(こも)れる倭しうるわし

意味ー大和は国の中でもひときわ素晴らしいところ
ーーー重なり合う青い垣根のように連なる山々に
ーーー囲まれた大和こそ麗しい

まほろば・・・素敵な言葉ですね。
意味だけでなく語感も何ともいえず心地いいです。
日本武尊は西方で戦い疲れて帰って来たばかりなのに景行天皇から
またもや東方遠征を命じられます。
それで遠征途中におばの倭姫命(やまとひめのみこと)を訪ね
この苦しい胸の内を明かすのです。
「東方に行けなどと父上は私が死ねばいいとでも思って
いらっしゃるのか」と・・・(オヨヨと泣き崩れる場面を想像)
以下倭姫命の気持ちになって創作いたしました。
おお~かわいそうに・・・
おお~よしよし・・・
さぞかし辛かろう・・・
かわいい甥っ子よ、今度こそ其方(そなた)の実力を見せる時じゃ。
ここにある草薙剣(くさなぎのつるぎ)をお持ちなされ。
きっと力になってくれるじゃろ。(←どこの言葉だ?)
というわけで日本武尊は元気を取り戻し東征に力を注ぎました。

日本武尊は父(景行天皇)を思いながら愛されず
大和を思いながら大和の地に帰ることはなく
帰りたくても帰れなかった・・・大和まであと少しなのに
ああ~なんと切ないことか・・・

*昔の伊勢というのは現在の三重県の大部分を占めます。
*三重県北部中部+愛知県の一部+岐阜県の一部

PS:この記事を書き終えてから映像を探しましたので
投稿直前にこの映像を観ることになってしまいました。
映像と記事の内容が重なっておりますが、素晴らしい
映像ですので是非ともご覧いただければと思います。