テーマ:
{DC7A313F-4CDD-4526-9483-10303CC8E4AC}

このおどろおどろしい絵は、近松門左衛門作の「女殺油地獄」の一場面です。


けっこう前に描いた絵なのですが、未だお気に入りの絵です。

最近はなかなかこの勢いの絵が描けなくて、少しフラストレーションです。





さて!


2月公演の配役がでましたね!




襲名公演の演目は1月の大阪と引き続きです。



そして、ぼくは女殺油地獄の「河内屋内の段」の口を語らせていただくことになりました。


三味線は團吾兄さんです。


詳しい配役はこちらから。

国立劇場のホームページです。





女殺油地獄は江戸時代に上演されてから、かなり長い間上演されなかった演目です。

曽根崎心中の場合、流行りすぎて、あげくには心中が流行ってしまったので上演できなくなった経緯があったのですが、どうやら女殺油地獄の場合は当時の感覚には斬新すぎて再演にならなかったようです。



昭和期に入ると、松竹さん主導の近松門左衛門作品復活ブームがやってきます。


この時に曽根崎心中を始め、とても多くの近松門左衛門作品が復活されました。

また、これは賛否両論あるところなのですが、文章のカットや整理などを行い、当時の上演体系(上演時間を調整したり)に合わせた復曲の方法をとられたようです。


近松門左衛門の紡ぐ文章というのは、現代の作家さんで例えるならば(全く同じ趣向ではないという前置きをさせていただきますが)西尾維新さんのような、言葉遊びを複雑に連ね、言葉の組み合わせが後の展開に影響したり伏線になったり、掛詞として情景を紡ぐような複雑な造りになっています。


心中宵庚申の道行なども、ばっさりその辺りがカットされていて、話の筋がすっきりと分かるようになり現代のお客さまはすごく分かりやすいけれども元々の近松門左衛門の趣向を知っているお客さまには少し物足りなくなってしまったりという形になっています。

女殺油地獄、この間上演した鑓の権三重帷子などもそうですね。

ぼく個人としては一概にどちらがいいと言えないのですが(なぜなら、どちらも好きなのです)、事実としては現在上演されている近松門左衛門作品はそのような形のものが多くなっています。





さて、今回ぼくが出演させていただく場面ですが、師匠から「おまえ、これ難しいぞ」と念押しをいただいております。



以前、ある方の音源をiTunesに保存していたのでさっそく聴きました。節が多くて時間はそんなに長くないのですがボリュームのある場面でした。


ここから与兵衛の運命が緩やかに下降していきますので、心して勉強いたします。






二部で咲甫兄さんの襲名披露をご覧いただき、そのまま三部でぼくの舞台をご覧ください。笑




お待ちいたしております!!!




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
{4EDEAA81-E283-4E64-ACBA-48911497924F}

今日は終演後に落語家の桂小留(ちろる)といっしょにお茶会をしてきました。

バリスタの真似事でした。


アットホームないい時間を持て、とても有意義な1日でした。




今日の一番の功績はやはりティファールの湯沸かし器だったと思います。笑


今度はいつか大阪でお茶会したいです。



今日はお越しいただき、ありがとうございました!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
{169C8954-9302-4704-A364-701206BD203A}


文楽12月公演始まりました!!!




今月はほとんど毎日変則的な公演スケジュールなので、ややこしいです。笑


本公演がお昼になったり夜になったり、社会人のための文楽鑑賞教室があったり、鑑賞教室のグループが入れ替わったり、外国人のための文楽鑑賞教室があったりします。



鑑賞教室は日高川でダイナミックなガブをご覧いただいたあと、しっとりと新口村をご覧いただきます。


本公演は「ひらかな盛衰記」です。

今回は半通しでの上演で、こういう時にしか上演されることのない笹引きの段があり、逆櫓の段はカットではない本来のバージョンです。

また、義仲館の段は約60年ぶりの上演だそうですよ(`・ω・´)




12/19まで上演しています。

皆さまお待ちいたしております!!!



お富士、美しい。 #東京公演 #始まりますね

A post shared by 咲寿大夫 (@sakiju) on




このあいだ、新幹線の中から撮った富士山が美しかったのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{2B7BE787-77CF-4BA0-B3D4-783CD5F3FB57}


今日は八代目竹本綱大夫五十回忌追善/六代目竹本織太夫襲名披露パーティーが行われたのです(*´ㅂ`*)




準備に追われて生きた心地のしない11月でしたが、出席された皆さまのお顔を拝見し、ひとり遠くの席から胸があたたかくなっておりました。





八代目竹本綱大夫師匠は師匠のお父さまにあたるお方で、この間亡くなられた源太夫師匠(前九代目竹本綱大夫師匠)の師匠です。



ぼくたち弟子一同は八代目のお師匠さんは「大きいお師匠さん」とお呼びしているのですが、改めてこのパーティーで、大きいお師匠さんの存在の大きさを感じ取りました。


生前の大きいお師匠さんの映像を拝見することができたのですが、映像でありながら、震えるほどの大きな芸に鳥肌がたちました。




そうして、そんな大きいお師匠さんの師匠、つまりぼくの師匠の師匠である豊竹山城少掾師匠の偉大さが身にしみました。



おふたりの師弟の絆は相当堅いものだったとお聞きしていて、山城少掾師匠がご病気で休演される時の代役で大きいお師匠さんが活躍され、はじめて制定された人間国宝の制度で、お二人同時に最初の人間国宝になられたりと歴史に名前を刻み続けた方々です。



その系統にこの身を宿させていただいているのかと思うと、僭越で全身の皮膚が燃立つようです。








兎にも角にも、今日でようやくこの数ヶ月が千秋楽をむかえました。











今日パーティー結びで、一日頑張ります(`・ω・´) 一大イベントです(`・ω・´)

A post shared by 咲寿大夫 (@sakiju) on









お正月と2月公演は大きいお師匠さんの追善/咲甫兄さんの織太夫襲名公演です。




皆さまのお越しをお待ちいたしております!





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。