テーマ:
       
  長いようで短いようで 




5月東京公演が無事に終わり、もうすぐ名古屋の中日劇場で公演が始まりますニコニコ



長いようで短いようで、やっぱり長いような、5月公演でした。


急遽売店にて販売させていただいた、かんげき手帖はおかげさまで好評で、大阪・東京以外の方からインターネット販売はしませんかとのお問い合わせもありました。

絶賛発売中。+.(*`・∀・´*)+.

A photo posted by 咲寿大夫 (@sakiju) on




少し考えてみます。
たぶん、可能だと思います。もうしばらくお待ちくださいね桜





国立劇場の裏手に伝統芸能情報館があります。

シーズン毎に無料で入れる企画展示をしていて、今月は写真撮影可能な駕籠が展示してありました。


{9D7F0BC8-90AE-4154-96AB-C01A1516F84B}

カメラしました◎









       
  中日劇場50周年記念 



そうこうしているうちに、名古屋の中日劇場で公演が始まります。

東京の国立劇場が50周年で盛り上がっていますが、なんと中日劇場も50周年なのです!


今回の公演はその記念公演で、寿式三番叟と忠臣蔵、壷坂観音霊験記と本朝廿四孝を上演しますニヤリ


ぼくは寿式三番叟と、夜の部の解説に出演させていただきます◎




さらに!

今年もパンフレットにマンガを描かせていただきました照れ


ぜひぜひご購入くださいっっキラキラ



お待ちしています◎◎








AD
いいね!(35)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
       
  こだわりました、肩衣 



少し身辺が落ち着きましたので、ブログを更新することにしました。


お久しぶりです。
咲寿です。



文楽5月公演が始まって1週間。


今月の公演は例年なら12月に上演している鑑賞教室公演+本公演です。


今年の12月は仮名手本忠臣蔵の通し上演ですよニヤリ




公演の半分が終わりました。





今月は、東京本公演にて初めての「出語り」でした。

あまり上演されることのない演目「本能寺の段」

あの有名な「本能寺の変」のエピソードです。



ぼくは本能寺の段の前半をつとめさせていただきました。


{0E47668C-E859-48E2-B8B0-ED212FF87134}


さて、着用しているこの肩衣。

実は布地を見つけたのが公演が始まる1週間ほど前の事でした。


肩衣を仕立てるのには約1ヵ月ほどかかります。

どうしてもこの布地を使いたかったのですが、もはや絶望的なほど期間がありませんでした。



ですが、


せっかくの、


東京の初床。






こだわりを貫きたい、そんな気持ちの方が大きかったのです。









だから、

{FBB9C3C3-777B-4C14-954B-7133C8D4C8CA}

{DAAD6156-50D6-4E8B-A08A-A0041540AA5E}



自分で作っちゃいました。






はい。







手作りです。










これまでの自分の肩衣を参考にしながら、一から作り上げました。






かなり骨の折れる作業でした。





この布地は加賀小紋なのだそうです。

どうしても使いたかった理由はそこにあって(もちろんデザインも気に入ったからなのですが)、ぼくのルーツは石川県にあるからなのです。

ぼく自身は大阪生まれ大阪育ちのまじりっ気のない大阪人なのですが、祖父母は石川県の出身なのです。



初めての床で、自分のルーツに関する物を身につけて舞台に上がることの意義にこだわり、どうにもこの肩衣を身につけたかったのです。



1週間前にこの布地に出会えたのは、偶然ではないのだと思います。








つとめさせていただいた「本能寺の段」は冒頭15分を語らせていただいたのですが(しかも奥は咲甫兄さんです)、とても重厚な作りになっています。




普段あまり上演されることのない尾田春長(織田信長)サイドの物語です。





謡もクドキもあり、とても勉強になりました。









後半も曽根崎心中のほうには出演させていただいておりますので、残り半分もよろしくお願いいたしますウインク







AD
いいね!(54)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
{44DEAB1D-C075-438D-AAF6-06172554C9EC}



       
  かんげき手帖 



観劇の予定をあなたの手に

感激した事をあなたの胸に






こんにちは

咲寿です。






妹背山婦女庭訓が始まって、1週間が経ちました。

通し狂言は毎日がばたばたで、ようやく身体が慣れてきたところです。






今月の公演、ロビーの売店では4月限定販売である商品が販売されています。






それが、これ。



{C5409F87-9801-4EF9-92FF-E455EBBE054D}




かんげき手帖


コンセプトは

◆観劇の予定をあなたの手に

◆感激した事をあなたの胸に






文楽って、観劇スケジュールが書き込めたり、感想を書いたり半券を貼り付けたりできるスケジュール帳がなかったんですよね。








なので、





作っちゃいました。





かんげき手帖、Designed by Sakijuです。




{C93859C0-F4EE-47F5-B6E7-CABFC7762A0B}


まずはカレンダーページ。


4月から3月までのスケジュール帳になっています。

3項目を記入できるようになっていて、1番上の行に観に行く公演のタイトル、2番目に場所、3番目に開演時間。

{73EBB991-FFC9-44F7-9FC8-0855A6A3CFF5}

文楽公演の予定もついてきます。






{202EF416-E7BE-46FC-9B32-9F2F97B40F32}


スケジュールの後に出てくるのがこのエリア。


なんと、チケットの半券を貼り付けられちゃいます(o´〰`o)*✲゚*。


文楽では各公演で記念スタンプもあるので、ここに押してもいいですねニヤリ



隣のページでは公演の詳細を書き込めるようにやっています目






おかげさまでご好評をいただき、すでにたくさんの方に使っていただいています。





嬉しい限りです。





まだ公演は2週間続きますので、お越しになられた方はぜひぜひ「かんげき手帖」をよろしくお願いいたしますチュー








AD
いいね!(48)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

{E46ED091-9072-4529-9222-2F86339A3B3B}
 
 
       

  桜満開妹背山婦女庭訓 

 
 
お久しぶりです。
 
ブログの更新がすっかり止まっておりました。
 
 
 
地方公演が終わってから、ばたばたとしておりました。
師匠は大丈夫です。
 
 
 
 
さて、今日から文楽四月公演が始まりましたニコニコ
 
 
晴れ男で定評のあるぼくです。
昨日の雨模様から一転、今朝は透き通るような快晴でした。
 
 
さらに文楽劇場の前の桜も正しく満開ぽってりフラワー
 
 
タイミングよく居合わせた劇場の職員さんにお願いして写真を撮ってもらいました。
 
 
 
 
 
今月は「妹背山婦女庭訓」の通し上演です。
 
 
 
 
通し」というのは、物語を最初から最後までまるまる上演することのことを言います。
 
 
 
現代劇をご覧の方は、えっ?当たり前やん?と思われるかもしれませんが、文楽や歌舞伎ではなかなかそうもいかない事情があります。
 
 
 
最初から最後まで上演すると、軽く10時間はかかってしまう演目がごろごろとあるのです。
 
 
 
普段の公演ではそんな中でもメインとなる場面を選りすぐって、「幕の内弁当」のような形で詰め合わせて上演しているのです。
 
 
 
 
昔の演劇は、夏フェスのような形で、一日中お芝居がかかっている中でお客さんは入れ替わりたちかわりお目当の演目や演者さんを観に来ていたのです。
 
 
大衆芸能だったと言われる所以はこんなところにもあるのですねえ。
 
 
 
もちろん、それだけではありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の「妹背山婦女庭訓」は日本のロミオとジュリエットとも言われる物語です。
 
 
敵対する二つの家族の子供たちが恋ラブラブに落ちてしまう。
 
 
 
ロミオとジュリエットの場合、お互いの死に悲嘆してお互いが自分で命を落としていきます。
 
 
 
 
 
妹背山婦女庭訓はそこが全く違うところで、
 
ロミオに当たる久我之助とジュリエットに当たる雛鳥は、お互いが「相手の命を助けるため」に自らの死を選ぶのです。
 
 
 
 
有名な「妹山背山の段」という場面がそこに当たるのですが、なんという純愛、後半の1時間は涙必至です(舞台稽古でぼくは涙を抑えられませんでした)
 
 
 
 
 
妹背山婦女庭訓は4/24まで!!
 
 
 
 
たくさんのお客様のお越しをお待ちいたしておりますキラキラ
 
 
いいね!(43)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
{B36F6816-3D60-4EB0-A35F-908871B17572}

       
  尼ヶ崎で尼ヶ崎 





昨日は尼ヶ崎で上演でした。
あましんアルカイックホールです。




{F721BB08-AC32-49A4-B976-24D70C20456B}

{621466BC-6076-4AB7-BAEE-52C17E1516FD}




浜松、姫路とお昼の部だけの上演だったので、夜の部はじつに10日ぶりとなります。



解説を忘れていないか不安で、とても緊張していたのですが、間違えずにできました花火




そういえば、Gマークとの掛け合いで、いちばんはじめにGマークを紹介する時に土地土地に合わせた挨拶をしてもらっています。



毎日あの部分を考えるのが楽しいです目




お昼の部もご覧になっている方はお分かりだと思いますが、この舞台前の解説では特に決まった台本があるわけではなく、解説をする太夫が自分で考え組み立てます。

それぞれで特色が分かれておもしろいですよ(つω`*)





ぼくの場合はGマークの部分も台本を作って、Gマークの中の人にお願いして掛け合いをさせていただいています◎






わずか10分ほどの時間ですが、そちらも楽しんでいただけたらと思いますニヤリ





さて、今日は津です!!

いってきます!!














{91B7C5E1-B78B-4434-B6FF-3FC757CE7106}

わらじTシャツ




いいね!(44)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。