NEW !
テーマ:
       
  若手会はじまる







見台








お久しぶりです。

Twitter、インスタはわりと頻繁に更新できていますので、ブログがなかなか更新できずにやきもきされた方もいらっしゃるでしょうか。


すみません。

どうもブログはたくさん言葉を綴りたくて、そうするとなかなか纏まった時間が作れなく、更新できなくなってしまっていました。

簡単な発信はTwitter、写真はインスタ、しっかりと纏めたいブログ、と最近ではそんな感じになってきました。





さて昨日で鑑賞教室公演も終わり、とうとう明日から若手会です。






鑑賞教室では二人禿ににんかむろと城明け渡しの段に出演していました。
かむろちゃんに挟まれての写真(*'ω'*)


二人禿(ににんかむろ)の背景と。 ピンクの肩衣、お気に入り(*´ㅂ`*)

A post shared by 咲寿大夫 (@sakiju) on



ぼくらの友之助兄さん #と #見切れる藤蔵兄さん

A post shared by 咲寿大夫 (@sakiju) on



玉征(たまゆき)くん。 走ってる。 #爽やかか #同い年 #ええやつやで

A post shared by 咲寿大夫 (@sakiju) on



最近、インスタもじわじわと見ていただく人が多くなっているようで、ありがたい限りです。





明日からの若手会では、四月五月の菅原伝授手習鑑で上演しなかった車曳くるまびきの段」に出演いたします。

京都の吉田神社で三兄弟が邂逅し、時平の圧倒的存在感に梅王丸も桜丸も手出しができずたじたじになる場面です。

この時の確執が後の喧嘩の段までひっぱられていきます。


とても華やかで、粋な場面です。



今回、ぼくは三兄弟のうちの梅王丸を担当させていただきます。

車曳きの段は太夫が入れ替わり立ち代りして、床の上の顔ぶれも変わるのですが、梅王丸は「枕」から語らせていただき、最後までメインで出ている役柄です。



若手会は、宝塚の新人公演のようなもので、ぼくたち若手が普段はできない大きな役をさせていただく機会に恵まれています。

お値段もお安くなっていますので、多くのお客様に来ていただけたらいいなと思っております。







鑑賞教室で忠臣蔵、若手会で菅原伝授手習鑑と名作を続けてさせていただくチャンスもなかなかないものです。

今回の城明け渡しの段は「はったと睨んで」の一言の舞台なのですが、実はそこに至るまでの物語がきちんと存在します。


床本は全部書きました。



数十年前、今は亡き伊達大夫師匠が一度だけされたそうです。


斧九太夫が後の場面につながる人間性の片鱗を見せますし、判官にならって自分たちも切腹するか、いやそれとも師直へ復讐するか緊迫の話し合いが繰り広げられ、由良助は師直への復讐を胸に誓い「はったと睨んで」城を明け渡すのです。


呂太夫兄さんの後にさせていただけたのも良い経験でした。




忠臣蔵の季節ではありませんでしたが、やはりいつ上演してもいいものですね。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
       
  千秋楽







見台










日、文楽5月公演千秋楽でした。


長いようであっという間でした、という使い古された言葉を、それでも改めて実感を込めて使わせてください。


大阪へ向かう新幹線の中で、アリス=紗良・オットさんのアルバムを聴きながらブログを書いています。



6月は学生さん向けの鑑賞教室公演ののち、若手会があります。
宝塚の新人公演のような公演で、若手が中心になります。

今月から引き続き、菅原伝授手習鑑ですが、今回上演しなかった車曳の段があります。

ぼくはそこで梅王丸をつとめさせていただきます。





大阪についたら、火色の文楽の二話を読もうと思っています(●'w'●)
楽しみ(●'w'●)




来月は東京新聞の連載の掲載もありますのでそちらもお楽しみに。

帰ったら絵を描かなきゃ。




そして、4月・5月とかんげき手帖をお買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございました。

多数の要望をいただき、来年度のぶんはお正月に東京と大阪で同時発売できるよう、頑張って作成しようと思っています。

引き続きネット販売は継続いたしますので、ページ数が足りなくなった方はそちらにお願い致します。笑





sakijustyle




\30万店舗の商品が買えちゃう!/
国内最大級の人気ショッピングアプリ「BASE(ベイス)」


 


******

BASEアプリをダウンロードして、
sakijustyle
https://sakijustyle.thebase.in/
をフォローしよう

******


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
       
  たまものまえ!







見台










月公演の配役が発表されました!!



東京での再演の声が高かった玉藻前曦袂たまものまえあさひのたもと

とうとう上陸です。


今回ぼくは玉藻前の「清水寺の段」で桂姫を、そして「神泉苑の段」(口)をつとめさせていただきます。



超弩級のスペクタクル、玉藻前曦袂

ぜひお越しくださいね。






このイラストは以前梅田のイベントで自筆させていただいた玉藻前イラストです。







平成29年九月文楽公演
国立劇場
9/2(土)〜9/18(月・祝)


第1部
11:00〜

生写朝顔話しょううつしあさがおばなし

宇治川蛍狩りの段

中 小住太夫 錦吾

奥 三輪太夫 清友


明石浦船別れの段

津駒太夫 寛治 琴 燕二郎


浜松小屋の段

呂勢太夫 清治



嶋田宿笑い薬の段

口 芳穂太夫 清丈'

奥 咲太夫 燕三


宿屋の段

呂太夫 團七 琴 清公


大井川の段

靖太夫 錦糸




宮城阿曽次郎後に駒沢次郎左衛門 玉男
月心 簑一郎
深雪 一輔
浅香 和生
半蔵 簑之
平内 玉延(前半)玉峻(後半)
鹿内 簑太郎
宇治川の船頭 玉征(前半)勘昇(後半)
明石の船頭 勘介
朝顔(浜松小屋) 簑助
吉兵衛 玉佳
お鍋 紋臣
小よし 玉彦
松兵衛 玉翔
徳右衛門 勘壽
萩の祐仙 勘十郎
岩代多喜太 玉志
朝顔(宿屋・大井川) 清十郎
関助 文司




見台



第2部
16:00〜

玉藻前曦袂たまものまえあさひのたもと


清水寺の段

薄雲皇子 津國太夫
犬淵源蔵 南都太夫
采女之助 文字栄太夫
桂姫 咲寿太夫
腰元 亘太夫
腰元 碩太夫



道春館の段

中 希太夫 寛太郎
奥 千歳太夫 富助



神泉苑の段

咲寿太夫 龍爾改め友之助
奥 咲甫太夫 清介



廊下の段

始太夫 清志郎



訴訟の段

睦太夫 喜一朗



祈りの段

文字久太夫 宗助



化粧殺生石けわいせっしょうせき

咲甫太夫 睦太夫 始太夫 小住太夫 亘太夫
藤蔵 清馗 寛太郎 清公 燕二郎(前半) 清允(後半)





薄雲皇子 玉也
源蔵 勘市
桂姫 簑二郎
采女之助 幸助
初花姫後に玉藻前 文昇
萩の方 和生
金藤次 玉男
重之卿 亀次
仕丁甚太平 玉路
仕丁平作 和馬
玉藻前実は妖狐 勘十郎
菖蒲前 玉翔(前半)紋吉(後半)
葛城前 玉誉(前半)簑太郎(後半)
千歳前 勘次郎
美福門院 清五郎
亀菊 勘彌
文字野 簑悠
内侍の局 紋秀
持兼の宰相 文哉
お末 簑紫郎
右大弁 玉勢
安倍泰成 玉輝


ダブルキャストの前半は9/2〜9/10 後半は9/11〜9/18。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
       
  喧嘩の段







見台










日、「喧嘩の段」全日程を終えました。

今はまだ頭がぼうっとしていますが、とにかく「終えた」ということでいっぱいです。



今回の「喧嘩の段」、過去には先代綱太夫師匠、自分の師匠、嶋太夫師匠、先代呂太夫師匠、源太夫師匠、咲甫兄さん、、、と、名だたる方々が演じられてきた演目です。

ぼくはまだまだ線が細いですし、筋や節をなぞるのに精いっぱいで細部にまで気が行き届いていません。


お稽古をしていただいた清友兄さんには「腹がよじれるくらい、いっぱいにやりなさい」と言っていただきました。


時が経って、今回の「喧嘩の段」を自分で聞き直した時に、「なんと幼稚なことをやっているんだ」と思えるようにならないといけないと思っています。

まだ終わって間もないので整理をしきれていませんが、若手会とその先の(そのうちお知らせできると思います)お仕事に向けて、今回の舞台経験を活かせるといいな、いや活かさなければいけないなと思っています。


満身創痍になっても慢心にはならないよう気を引き締めなければ、と思います。




ぼくの中の義太夫は、壮大な宇宙空間のおおよそ人類が辿り着けない何万光年も果てまでの全ての空間像・全体像を把握し、それらを形作る全ての理論を理解した上で星空を見上げるような行為に等しい奥深さと難しさ、そして浪漫があります。




物語は、宇宙に広がるひとつひとつの銀河のようなもので、物語の中のそれぞれの段は銀河の中の惑星のような。





そして宇宙が果てなく拡がっていくように、義太夫の世界も拡がっていきます。

きちんと義太夫という宇宙の一端を担えるよう、ブラックホールに迷い込んで並行宇宙に放り出されないよう、五感全てを使って進んでいこうと思います。



お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。







喧嘩の段
龍爾さん改め友之助さんとパチリ(*´ㅂ`*)


ちなみに、この肩衣は桜の花びら模様です。
見台は松の柄。
見台の房に赤色を使い、梅に見立てました。








sakijustyle




\30万店舗の商品が買えちゃう!/
国内最大級の人気ショッピングアプリ「BASE(ベイス)」


 


******

BASEアプリをダウンロードして、
sakijustyle
https://sakijustyle.thebase.in/
をフォローしよう

******


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。