「日本と原発」

テーマ:
本日、大田区立池上会館で上映された「日本と原発」を観に行った。
*公式サイトはこちら→http://www.nihontogenpatsu.com/

弁護士河合弘之氏、海渡雄一氏、脱原発株主運動訴訟を闘う木村結氏の3人が、原発の関係者、有識者にインタビューを行い、現地での情報収集や報道資料等を基に原発事故を引き起こした背景、規制基準、エネルギー政策の実態、被災に苦しむ現地の方たちの姿を捉えたドキュメンタリー映画だ。

この映画は、扇情的に働きかけるものではなく、きわめてわかりやすい原発問題総集編だと思う。
的確な映像の引用や図表、明確な出所の資料、「こんな感じ」というふわっとした感情論ではない現実的な脱原発の具体策を提示している。

そして科学や経済等のエビデンスをもとに語る有識者へのインタビューにより、原発問題を様々な角度から語っていく。思想信条ではなくファクトにこだわり、原発への問題提起を網羅している点が秀逸だと思う。

目からウロコだったのは、原発を建てる自治体には「電源三法」という法律に基づいて、交付金が支払われている、ということ。
*詳細は、一般財団法人電源地域振興センターの「電源立地制度の概要」参照→https://www2.dengen.or.jp/html/leaf/seido/seido.html

その意味とはこうだ。
「源開発促進税法・特別会計に関する法律(旧電源開発促進対策特別会計法)・発電用施設周辺地域整備法の総称。昭和49年(1974)制定。電気料金の一部として徴収される電源開発促進税を財源として、発電施設が立地する市町村に対して、電源立地地域対策交付金として還元する制度。公共施設の整備や地域振興事業を支援することによって、発電施設の設置促進および運転の円滑化を図ることが目的。」(出典:デジタル大辞林)

原発からの収入が自治体の歳入を支え、中には町の歳入の40%近くを占めるところすらある。
運転年数とともに交付金の額が減少するため、次の原発を建てるところも増える。これによって原発や関連施設が一箇所に集中していく構造になっていく。中には地元雇用者の8割をも生み出し、雇用も財政も地域まるごと原発マネーに組み込まれていく。
ちなみに、日本一交付金が多い地域は、島根県の松江町で57億を超える。

地域が本当の意味で再生するには、地域の自立・自律という視点が欠かせない。
原発に「NO!」と言うからには、その代替案がきちんと提示できることが大切だ。
そのための新しいエネルギー政策への地方からの取り組みの紹介は、一条の光を見出すことができる。

ちなみにエンディングには、新垣隆氏のオリジナル交響曲が流れる。こちらも聴き応え十分だったことをお伝えしておきたい。

日本と原発
AD

東北のお酒を飲もう!

テーマ:
本日、ネットショップ「ふるさとマルシェ」から、モーツァルトを聴いて育った音楽酒と銘打った小原酒造の「 蔵粋(クラシック)」というお酒が届きました!蔵元は福島県喜多方市です。「ふるさとマルシェ」から購入すると、10%が東日本大震災の被災地域への復興支援の義援金になります。

オフィスに到着したこの商品、スタッフに分けたのですが、これまた大好評!ラベルや瓶のデザインもお洒落で名前がユニーク! マエストロ、バイオリン、ピアノ、チェロとなっています。なんと並べてたちまち携帯での大撮影会になりました(*^▽^*)

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-蔵粋


「ふるさとマルシェ」は、懇意にさせていただいている、いわきテレワークセンターの会田和子社長が運営されています。
きっとご自身も震災後、大変な日々をお過ごしなのではとお察しします。それにもかかわらず、被災地並びに生産者の早期復興を願って、ネットショップをいち早く再開し、義援金活動をされている企業姿勢は、本当に頭が下がります。

みんな、東北のお酒を飲もうよ!

私たちが東北の産直品を消費して経済を回すことが、被災地の早期復興につながるのだから。


#本日の5つの良いこと。
1.「ふるさとマルシェ」から蔵粋が届いた!
2.炊き込みご飯がおいしくできた。
3.今日も親子3人、元気で過ごすことができた。
4.品川区役所で防災関係の資料をたくさん入手できた。
5.おいしい手作りパンの差し入れをいただいた。
AD

「商店街な人」

テーマ:
夕方から蒲田のPiOへ。大田区地域力応援基金助成事業で、東日本大震災義援金プロジェクト・映画「商店街な人」の試写会に参加してきました。

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-ポスター
「商店街な人」ポスター


これはNPO法人ワップフィルムが、大田区の行政、商店街、町工場のなどの協力を得て製作した約1時間の映画です。

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-高橋監督
高橋監督


出演者には知り合いも多く、また見慣れた街並みがそこかしこに散りばめられていて、「大田区愛」満載の展開でした。

試写会には大阪大学大学院工学研究科 教授 後藤 芳一氏、大田区・松原忠義区長をはじめ、萩中通り商店会会長・谷口正樹氏、大田区商店街連合会会長・遠藤孝一氏、(株)クマクラ 会長・熊倉賢一氏、(株)ハッピーリス 社長・吉田理恵氏など、多彩な顔ぶれが参集。特別出演・横浜銀蠅の翔さんの姿も。

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-松原区長
松原区長

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-田中たぬ紀
主演女優の田中たぬ紀さん


本日のお披露目を迎えるにあたって、関係者の皆様、大変なエネルギーを使ってこられたことと思います。このムーブメントが、更に地域に浸透すると良いですね。監督の高橋和勧氏はじめ、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした!



#本日の5つの良いこと。
1.本日のノルマを全てこなすことができた。
2.親戚の平ちゃん&ぎりっとが、限りなく内職な作業をお手伝いしてくれた。
3.大井町で隠れ家的喫茶店を発見!
4.試写会「商店街な人」で知り合いにたくさんお会いできた!
5.吉田理恵ちゃんと久々に一緒におしゃべりをして帰った。
AD

仙台市宮城野区

テーマ:
仙台市宮城野区。
こちらは、このたびの震災で、津波の被害が大きかった地域のひとつです。
息子が先日、現地に入って撮った写真を見て、言葉に詰まりました。

ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-仙台の震災


そして一体、自分には何ができるのか、とずっとずっと考えあぐねています。

被災された地域の早期の復興を願わずにはいられません。


#本日の5つの良いこと。
1.内閣官房から受託した番号制サイトがアップできた。
2.ポスターを無事納品できた。
3.静岡大学発一般社団法人絆塾のパンフ入稿。
4.相原先生の手術が無事成功した、とメールをいただいた。
5.友人から嬉しいメールが入った。