ワークライフバランス 大田区の女性社長日記

「ワークライフバランス」とは、働く人がやりがいのある仕事と充実した私生活のバランスをとりながら、個人個人が持っている能力を最大限に発揮すること。それが私の人生の指針です。


テーマ:
午後から世田谷美術館「生誕100年 松本竣介展」を観に行きました。

ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-松本竣介



松本竣介の同時代には、武蔵美で教鞭を執っておられた麻生三郎先生(私らの世代はその最後の教え子となりました)、靉光、舟越保武などがおりました。

大学時代は、正直言ってあまり興味がある画家ではありませんでした。
どちらかというと、「眼のある風景」を描いた靉光に傾倒していたような美大生でしたから…。

松本竣介は同級生だった奈良美智くんがかなり傾倒していた記憶があります。
彼が1年のときに描いてきた津軽の風景画は、松本竣介の作品にかなりインスパイアされたような印象を受けました。

大学時代、私は「ちょっと苦手だな」と感じたのは、その軽妙さというか…。ちょっと説明し難いのですが、松本竣介自体は病気で聴覚を失い、36歳で夭折した画家なのですが、絵そのものはどちらかと言うと軽妙なのです。戦禍をくぐりぬけて激動の時代を生きてきたはずなのですが、その絵は決して重くはならない。それが悪い、ということではなくて…。

今回の展覧会で、はじめてまとまって松本竣介の作品を観ました。
代表作「立てる像」、「Y市の橋」をはじめ、自画像シリーズなど、震えるような心の機微を感じられる作品群。
この軽妙な、清涼感にも似た感じが、現代人には受け入れられやすいのかなぁ、と思いました。いわば「癒し」効果とも言えるような…。

世田谷美術館で1月14日(月祝)まで開催されています。
ネットで日経の紹介記事が出ていますのでご参考まで。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO43413790V00C12A7BC8001/

#本日の5つの良いこと。
1.松本竣介展を観に行けた。
2.校正の確認が終わった。
3.読書がはかどった。
4.ようやく証明写真を撮りに行けた。
5.1日穏やかな気持ちで過ごすことができた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

連休2日目。

昨夜11時ころ夜行バスで新潟のスキー旅行から戻ってきた息子ですが、 疲れしらずの18歳は、今日は午後から友人と野球をしに出かけました。 なんちゅー元気(;^_^A

夫は、今日も仕事。物流は365日、24時間体制が基本なので、シフトで休むしかないのです。今日は朝から出勤でした。

私は朝から息子の大量の洗濯物を洗濯機5回まわして干した後は、しばしの空き時間をゲット。そこで上野公園に向かいました。

まず国立西洋美術館で開催されていた「フランク・ブラングイン展」へ。フランク・ブラングインは、イギリスの証券取引所などの壁画をはじめ、アメリカやカナダにも公共壁画の作品を残しており、油彩画だけでなく、カーペット、家具、陶磁器、版画なども手掛けています。


ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-ブルグイン展

川崎重工創業者である松方幸次郎が築いた美術コレクション「松方コレクション」のアドバイザーでもあり、関東大震災により実現はできなかったけれども、同コレクション公開予定だった「共楽美術館」の建築デザインも担当しました。 その幻の美術館を会場のプロジェクタで3Dによって再現していました。非常に興味深かったです。

フランク・ブラングインの魅力は厚みのあるフォルムと鮮やかな色彩にあります。私は美しい木漏れ日の日差しが反射している「白鳥」の絵が好きです。 

次に向かったのは、東京都美術館で開催されていた「ボルゲーゼ美術展」。東京都美術館はこの美術展のあと閉館し、新規に建て直しをするとのことで今までの美術館ではこれが最後の展示会となるらしいです。


ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-ボルゲーゼ展

ボルゲーゼ美術館は、イタリア・ローマ市北東部にあるボルゲーゼ公園にあり、ボルゲーゼ家歴代のコレクションで知られ、ルネサンス・バロック美術の宝庫といわれています。

お目当ては、ラファエロの「一角獣を抱く貴婦人」。非常に精緻で計算されつくされた構図、堅牢な画面。さすがに前評判通りです。

カラヴァッジョの最晩年の1点、「洗礼者ヨハネ」も非常に興味深い一作でした。暗闇の中、アンニュイな表情を見せるヨハネの風情が心に留まりました。

殺人を犯し、逃亡中だったカラヴァッジョが、パトロンであったシピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿に救いを求め、そのとりなしのために描いたのが本作だといいます。しかし、この作品が枢機卿の手に渡ったのは、結局カラヴァッジョの死後でした。なんだか数奇な運命を感じさせる作品でした。


2つの展覧会を観たあとは、ゆっくりとカフェでお茶してきました。5分咲きの枝垂れ桜も道すがら見ることができ、リフレッシュできた上野公園のひとときでした。


#本日の5つの良いこと。

1.息子が元気に野球へ行った。

2.上野公園の美術展巡りが楽しかった!

3.上野公園の桜の蕾を観察できた。

4.カフェでゆっくりお茶する時間を持てた。

5.読書がはかどった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-梅
ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-日蓮像
ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-五重の塔
最近、自分のエネルギーが落ちているとずっと感じていました。
精神的にシンドイことが重なってねぇ。。。それから深夜の原稿書きが続き、体が相当疲れている感じもしていました。

昨夜も深夜2時まで原稿を書いていて、今日もまた別件の原稿書きで午後3時までかかってようやく終わりました。これで少々一段落です。

「よし!エネルギーチャージだ」とふと思い立って、池上本門寺http://honmonji.jp/ に向かいました。

力道山のお墓参りをしたところで、本門寺の主みたいなオジサンが、いろいろと案内をしてくれました。
日蓮像はもちろん、五重塔や狩野孝信(探幽や尚信の父)の宝筐印塔やら、著名人の墓所もろもろを見て歩きました。

万歩計を見たら、すでにここだけで12000歩以上。いやぁ~、いい運動ですなぁ。

なんとなく元気をもらった感じがしました!
池上本門寺は、私にとってのパワースポットかもしれません。
桜が開花するころ、また行こう!

#本日の5つの良いこと。
1.原稿書きのノルマが終わった。
2.息子の期末テストの結果がまぁまぁだったらしい。
3.池上本門寺で親切なオジサンにいろいろと案内していただいた。
4.久々におうちで焼肉!
5.亀が冬眠から目覚めて日向ぼっこをしている姿になごまされた。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、首都圏最大級というふれこみの、ヤマダ電機大井町店がオープンしました。

まったくどこにそんな人がいるのかいな、と思うくらい、かつて見たことない人だかりが大井町駅前にできていました。


私は夫にソフトの購入を頼まれていたので、会社帰りに寄りましたが、すごい人、人、人。

ま、オープン初日はこのくらいのほうが景気がよくてよいけどね。


で、今朝、近隣にあるPCショップ数軒のチラシと見比べていたら、近隣ショップが対抗策として、かなりPCを安く売っていることを発見。

息子と相談して、早速買いに行きました。


最近、自宅のノートPCの調子が悪く、いよいよ逝くな、、、と思っていたので、ちょうどよいタイミングでした。

行ったのはPCデポ西馬込店。期間限定で、dynabookCX/45D(2007年秋冬モデル)がなんと11万!

OSはVista Home Premium、CPUは1.6GHz、メモリ1GB、HDD120GB、DVDドライブ付きのノートとしてはかなり

の高スペック。

こりゃ、お買い得ですわ。でもひとつ難があるのはdynabookっていらん機能がいっぱいつているので、結構、アンインストールしちゃうんだな、私の場合は。。。


ま、そこだけ目をつぶったとしてもよいお買いものでした。

息子はデスクトップPCに積む「メモリがほしい」といので買ってあげて、あとは荷物運びをしてもらったので、私は楽チンさせてもらいました(笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 早朝、何気なくTVを見ていたら、燃えるような黄コスモスが映っていました。どこかしら?と思っていたら「浜離宮恩賜公園」 でした。そういえば、汐留からさほど遠くないはずなのに、ちゃんと訪れたことがありませんでした。

 で、、、ふら~っと行ってきました。>浜離宮恩賜公園


ビルの谷間に現われた三百年の松と、見事な黄コスモス。都会の中のオアシスって感じでした。

帰りは水上バスで浅草まで足を伸ばし、神谷バーで「電気ブラン」などをお土産にゲット。ちょっとした小旅行でした(^^)


cosmos



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本日で夏休みも終了。で、どうしても観たかった「若沖と江戸絵画」 展へ、上野の東京国立博物館まで午前中行って来ました。


 最近、美術雑誌のみならず、「ブルータス」とか「家庭画報」なんかにも特集記事が組まれていた伊藤若沖。ウワサにたがわず息詰まるような作品の数々でしたが、、、いかんせん、人が多すぎ。。。絵の全体像が見えないくらい混み合っていて、ちょっと辟易しました。


特に「鳥獣花木図屏風」 の前には、たいへんな人だかり。しかし、作品は圧巻でした。これは、架空の動物を散りばめ、モザイクのように細かい桝目で描かれたキッチュな作品です。タイルアートかはたまたデジタルアートか、という非常に面白い作品でした。アンリ・ルソーにも通じるような濃密で過剰な世界。


 しかし、他のアカデミックな作風の画 を観ると、その確かなデッサン力に舌を巻きます。異形の画家に至るまでの道程には、こういうしっかりした軸足があってこそのことで。若沖、恐るべし。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 久々に実家の母とお墓参り。その後、横浜のシェラトンでランチしてから、横浜美術館へ向かいました。

お目当ては「日本×画展」松井冬子 の作品。


 いつだったかなぁ、夜のニュース番組かなにかで、松井冬子の作品を紹介していて、思わず見入ってしまい、いつか本物の作品を見たい!と思っていました。


静溢で残酷で、それでいて格別に上品で、、、。日本画の伝統的な手法なんだけど、「狂気」を扱った世界。

しかも作家本人も、女優と見間違うくらいの美人! 天は二物を与えちゃったわけで。

さすがに本物の作品は圧巻でした。


 母とも久々に会ったのですが、なんだか年をとると印象が変わるなぁ。この人って、こんなかわいらしい顔で笑うんだなぁ、としみじみ思った次第。親を慈しむってこんな感じなのかもしれません。あいかわらず母は、展覧会が続いているらしく、作品づくりに忙しいらしい。私ももう少し時間の余裕ができたら、もう一度、絵筆を握ってみたいなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 バスに乗って息子と一緒に1週間遅いお花見に洗足池まで行きました。まだ桜は緑が混じりながらもキレイに咲いています。

洗足池


 江戸時代には安藤広重の絵にもなった風光明媚なところ。

また、病気治療のため身延山を下りた日蓮が足を洗ったという伝説があり、その時に袈裟をかけたと言われる「袈裟掛けの松」 (3代目だとか)も残っています。


 定番の足漕ぎのボート、乗りました。30分も漕ぐとほーんと、いい運動です。


 それから勝海舟(夫妻)の墓所 が洗足池東岸にあり、大田区の文化財となっています。
 海舟は洗足池がとても気に入ったそうで、晩年になってこの地に別荘を建てて「千束軒」と呼び、西郷隆盛と国の将来などについて語り合ったといいます。墓も海舟の遺言によって建てられたものだとか。


 勝海舟の墓所に隣接して、 西郷隆盛留魂碑 があります。

西南戦争で隆盛が戦死したとき、その死を悼んだ勝海舟が自費を投じて当時の東京府南葛飾郡の浄光院という寺に碑を建てました。ところが、大正2年、荒川の改修工事があり、碑のあった所が河川敷になることになったため、現在の場所に移されたそうです。

 

 フィニッシュは区立洗足池図書館へ。ここ、図書館にしては珍しくカフェテラスがあってコーヒーが飲めるんです。ゆったりのんびり、たまにはいいですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 武蔵小杉駅からバスで10分。

まりんさんからの情報をいただき、行って参りました。>川崎市市民ミュージアムの企画展「メイド・イン・カワサキ」


 この企画展は2部構成だったらしく、第1部が「川崎モノづくり物語」として、川崎ゆかりのものづくり企業の展示会。残念ながらこちらはもう会期が終了していました。

 現在は第2部の会期中で、「メイド・イン・カワサキ現代美術賞展」が開催されていました。

川崎ゆかりのアーチストによる公募展でした。大賞に選ばれた作品は、川崎に住むご自身の両親の姿をモノや写真で記録していったオブジェ。79歳で脳出血で逝去されたという、お母様の日常と棺に横たわる姿までを圧倒的なリアリティをもって提示していました。


 また、併設展示「川崎の美術 ―川崎を描く/川崎で描く-」では、武蔵野美大時代の今は亡き麻生三郎教授 の絵に対面することができました。私が学生時代、もっとも影響を受けた一人でした。肉体が闇に浮遊するような独特の赤と黒の世界。川崎にお住まいだったのですね。偶然の出会いに感謝です。


 まりんさんの情報どおり、入り口付近のミュージアムショップで、拙著「メイド・イン・大田区」が展示販売されていました。ミュージアムショップに置いてもらえるなんて、夢にも思っていませんでした。

さりげなくたずねたら「結構、売れていますよ」と売店のオバサンがおっしゃっていました(笑)>さすがものづくりの町!

メイド・イン・カワサキ2  メイド・イン・カワサキ1

メイド・イン・カワサキ3

↑アーチストの作ったオブジェかと思っていたら、旧日本鋼管の転炉だそうです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。