ワークライフバランス 大田区の女性社長日記

「ワークライフバランス」とは、働く人がやりがいのある仕事と充実した私生活のバランスをとりながら、個人個人が持っている能力を最大限に発揮すること。それが私の人生の指針です。


テーマ:
新年明けましておめでとうございます。

2015年、穏やかな年始がスタートしました。
年末は早めに大掃除を終え、ゆったり年始を迎えることができました。
年始も自宅隣接の神社に初詣に行き、夫の両親のところへ年始のご挨拶へも行くことができ、とても充実した元旦でした。


明けて2日。
息子と蒲田のグランデュオまで、気分転換にランチに行きました。
向かったのはいつも大行列の人気店・廻し寿司「活」。

活

梅ヶ丘の人気店・美登利寿司の系列店です。
やはり並ぶこと30分。
けれどもネタがシャリからこぼれ落ちるほど大きく、美味しかったです!
並んだ甲斐がありました(笑)


そして、食べ終わったあとに同じビルの有隣堂さんに寄ってみると……

なんと『大田区の法則』が売上ランキング第1位!

有隣堂蒲田


なんだか初夢でも見ているようです。

ネタ出しにご協力いただいた21名の「大田区の法則研究委員会」のみなさま、そしてこの本の購入に大きく貢献していただいたFacebookの2000人を超えるコミュニティ、「大田区おたく」のみなさま、本当にありがとうございましたm(_ _ )m


2005年、『メイド・イン・大田区』を書き、はじめて大田区のことを本にしました。
そしてこの年の週刊ダイヤモンドが選ぶ「ベスト経済書」にも選出され、それがご縁で、静岡大学大学院工学研究科事業開発マネジメント専攻の客員教授に着任させていただきました。
その後、この本は改訂を続け、2013年には電子書籍化にもなりました。

メイド・イン・大田区


あれから10年――。
『大田区スタイル』、『職人の作り方』、『「折れない」中小企業の作り方』、『下町ボブスレー』と主に、大田区の中小企業について、直球勝負のルポルタージュを著してきました。

大田区スタイル


職人の作り方


折れない中小企業の作り方


下町ボブスレー


そして2014年、重篤な病気の渦中で関わり始めたのが『大田区の法則』です。
私にしては、初めての「地域エンターテインメント本」でした。
たくさんの協力者に恵まれ、地元の多くのみなさまにご支持を得られたこと、本当に嬉しく、感謝しております。

大田区の法則




今年は4月から大学院の博士課程に籍を置き、再度、地域活性化の研究をブラッシュアップしていく予定です。

今後も硬軟取り混ぜながら、地元の皆様にご支持を得られる「書くことによる地域貢献」を続けていけたら幸いです。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


奥山 睦 拝

大田区の法則 (リンダブックス)/泰文堂

¥1,026
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月22日に発売された『大田区の法則』ですが、地元の書店、コンビニでの初動がとても良く、嬉しく思っております。

グランデュオ蒲田の有隣堂さんでは、売上3位にランクイン。
これ、発売2日目の23日に私が見ましたが、27日も友人から3位に入っていた旨、連絡がきました。

3位


そして大森・蒲田の主要書店さんでは、どちらも平積みで扱っていただいています。
写真は蒲田東急のくまざわ書店さんです。

くらや書店



驚いたのは大森RaRaビル地下1Fのショーウインドウに、服や雑貨とともに置いてあったこと(笑)

ショウウインドウ


地元の書店さんの熱い応援をひしひしと感じます!

また蒲田のランドマークとも言える専門学校、工学院の関係者から、Facebookに紹介したとのご連絡をいただきました。地元の学校にも応援頂き、本当に有り難く思っております。
https://www.facebook.com/neec.tec?pnref=story


実は、この本の制作プロセス、ユニークな手法をとりました。


21名の方に情報提供をしていただいたのですが、第1回目は「あるあるCafe」と称し、8月6日、大森の弊社にて、お茶とお菓子を食べながらワイワイガヤガヤ、楽しくネタ出ししていただきました。

第2回目は「あるあるBar」として、9月3日、蒲田の長井市東京事務所にて開催させていただきました。山形県長井市のおいしい食材を東京事務所の方が調理してくださり、地酒とともにいただきながら、こちらも情報交換に花が咲きました。しかも2回ともFacebookのみで参加者を募集して来ていただいたのです。

メンバーは地域映画を作っている方や蒲田切子の製作をしている方、蒲田図書館の館長さん、下町ボブスレーのメンバー、自治会活動に携わっている方、区議会議員さんなど実に多彩。
そんな方々のネタ出しの協力を経て内容を精査し、原稿に落とし込んでいったのが『大田区の法則』なのです。

この本を通じて、「もっともっと大田区が好きになる」方が増えていくお手伝いができれば、本当に幸せです!

応援してくださるすべてのみなさまに心から感謝をこめて。

大田区の法則 (リンダブックス)/泰文堂

¥1,026
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、11月22日に『大田区の法則』が発売になりました!
大田区の書店さん、コンビニ中心に昨日から置かれていたところも多かったようです。
また、2日前からAmazonでも先行発売されていました。

多くのみなさんに手にとっていただいて、Facebookに写真をアップしていただいたりと、とても嬉しく拝見していました(‐^▽^‐)

この本は21名の「大田区通」有志にネタをご提供していただきまとめた一冊です。
みなさんの溢れ出るマシンガントークの数々に必死についていき、のちに裏付けをとりながら精査していきました。
制作プロセスもとても楽しかったです!

今日、自宅から一番近い大森RARAビル1Fのくらや書店さんに行き、ご挨拶をして記念に一冊購入してきました。発売初日は何度経験してもドキドキするものです。
無事、店頭に並んでいるのを見てほっとしました。

7月の初旬、まだ病状がおもわしくなかった時に、「書きませんか?」とリンダブックスさんからお話をいただきました。正直、一瞬迷いました。「本当に最後まで書ききれるだろうか?」、「途中離脱して迷惑をかけないだろうか?」と。
また、いままで工業系のルポルタージュばかり書いていて、エンタメ系の本は書いたことがありませんでした。

そんなわけで、私にしてはちょっとしたチャレンジでした。
でも書ききれて本当に良かったです。
明るい楽しい本に仕上がりました。


発刊にあたり、お世話になったみなさま、応援してくださったみなさまに心から感謝申し上げます。

大田区の法則 (リンダブックス)/泰文堂

¥1,026
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出版社からカミングアウトの許可が出ましたので、最新刊の発刊予定についてお知らせいたします。

『大田区の法則』(「大田区の法則」研究委員会編・奥山睦構成・画アキワシンヤ・企画リンダ・パブリッシャーズ・発行泰文堂)が2014年11月22日に発行予定です!

これは大田区の「あるあるネタ」、「トリビアネタ」を300集めた、限りなく大田区愛あふれるエンターテインメント本です。
大田区の書店、コンビニ中心に配本されます。


大田区の皆様からネタのご提供をお願いしてお茶を飲みながらの「あるあるCafe」や、蒲田の長井市東京事務所をお借りして、長井の食材とお酒をいただきながら「あるあるBar」を開催させていただきました。ご協力頂きました皆様、本当にありがとうございましたヘ(゚∀゚*)ノ

もうすぐ入稿で原稿も詰めに入っています。
大田区民の方が気軽に手に取っていただき、「クスッ」と笑えたり、「へぇぇ!」と驚いたりできる、そんな楽しい本にできたら嬉しいです!

法則本
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月21日に発売される拙著「下町ボブスレー 僕らのソリが五輪に挑む」(奥山 睦著 日刊工業新聞社)

出版社のサイトに目次内容が掲載されましたので、このブログでもお知らせ申し上げます。
2011年9月~2013年12月まで、プロジェクトが歩んできた軌跡を忠実に追っています。
また約50社の町工場を訪ね歩いて情報収集したほか、多くのイベントに私自身がボランティアとして参加し、プロジェクトメンバーと一緒に汗を流しながら書いてまいりました。
約1年間の執筆期間をかけ、熱い「職人魂」を受け止め、丁寧につくってきた一冊です。
ぜひ、お手にとってご覧いただけましたら幸いです。

【目次】
第1章 それは2枚の書類から始まった
・たった一人の大田区職員の思いからスタート
・童夢カーボンマジックとの出会い
・キックオフミーティング開催で課題が明らかに
・ランナーの開発に東大大学院の支援を得る
・童夢でソリの構造確認を行う
・風洞実験で空力特性を確認
・「下町ボブスレー」プロジェクトを世間に公表
・開発状況報告会で仲間集めに奔走
〈コラム〉
・ボブスレーの機構と歴史

第2章 わずか10日間で150点の部品が集まる
・町工場によるボブスレー製作がいよいよ開始!
〈1号機製作秘話〉
・追加の加工要請に応えて自分を磨き、伸ばす(大野精機)
・モノの移動が非効率でも溶接品は全部面倒を見る!(フルハートジャパン)
・寸法精度の厳しい部品加工にあえて名乗りを上げる(エース)
・ ランナーを支える赤いブラケットに世界への飛躍を懸ける(松浦製作所)
・ 下町ボブスレー試作第1号機完成へ!

第3章 思いは確信に――長野でレコードを叩き出す!
・試走への最終調整
・下町ボブスレーがついに氷上デビュー
・試走2日目に全日本選手権のタイムを上回る快挙
・全日本選手権に向けての改修
・初出場の全日本選手権で優勝!
・男子チームによるテスト滑走

第4章 男子2人乗り用の2・3号機開発に向けて
・日本連盟との包括協力協定締結で動き出す
・ソチワールドカップを視察
・ノースアメリカカップ出場に向けた1号機の改造
・2号機製作説明会に約100社が集まる
・初の海外レース参戦!
・経験を糧に新たな解を引き出した2号機構造設(東レ・カーボンマジック)
・ 限られた条件の中でベストな空力解析に臨む(ソフトウェアクレイドル)
・ソチオリンピックを見据えた選手発掘へ協力
・2・3号機製作発注会で新型ソリの仕様を発表
〈コラム〉
・下町ボブスレーと地域活性化

第5章 2度目の夏、2・3号機製作が始まる
・五輪を目指す本丸のソリを仕上げる
〈2・3号機製作秘話〉
・基準出しに長年のノウハウが活きる アクスル粗加工(東蒲機器製作所)
・最後に残った図面を引き受ける 対応力で仕上げ加工を担当(大野精機)
・いきなりの練習用台車作成からアクスル部品の溶接まで(師岡鈑金製作所)
・普段は経験のない社外図面を読みこなして10部品を製作(大肯精密)
・新たな加工プログラムをつくる勉強の場として部品加工に挑戦(上田製作所)
・得意の精密深穴加工でフレーム製作に貢献(協福製作所)
・連携を支える町工場の横顔(信成発條製作所、カシワミルボーラ、三陽機械製作所、イデ、マゲテック、富士セイラ)
・悲願の国産ランナー製作(東京大学大学院、栄商金属、ミツトヨ、ムソー工業、関鉄工所、生田精密研磨、上島熱処理工業所)
・カルガリー戦に向けた改修
・特急の改修に次ぐ改修、新規部品製作を取り仕切る(フルハートジャパン)
・ボブスレー日本代表候補選手と下町ボブスレー2号機を披露

第6章 五輪への挑戦権
・ボブスレー日本代表男子チーム・北米遠征へ
・下町ボブスレー2号機が初滑走
・本当のドラマはここからだ!
・威信をかけた改修へのシナリオ
・未来を切り拓くための布石


下町ボブスレー 僕らのソリが五輪に挑む-大田区の町工場が夢中になった800日の記録-/奥山 睦

¥1,470
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
日刊工業新聞社より、12月20日に『下町ボブスレー 僕らのソリが五輪に挑む』が発刊されることになりました。
出版社のWEBサイトに掲示されましたので、ようやく正式にカミングアウトができます。

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-下町ボブスレー表紙


http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00002666


約1年間の執筆期間をかけ、本書はプロジェクトが立ち上がった時から、ソチオリンピックを目指し奮闘を続けてきた800日を綴った記録です。残念ながらソチオリンピック出場には至らなかったのは、周知の事実です。

しかしプロジェクトの疾走感と人知れず繰り広げられてきたドラマの数々はまぎれもなく本物です。私はプロジェクトのメンバーに一番近い位置で、この1年間、ともに行動し見続けてきました。

「大田区を元気に、大田区から元気を」という掛け声のもと、プロジェクトのメンバーは実に活き活きと日々、下町ボブスレーの製造にかかわり、やがてそれは業種や地域を超えてスピルオーバーしていきました。

プロジェクトリーダーの株式会社マテリアルの細貝淳一さんは、「見たことも触ったこともない」ボブスレーの製作をまずは「できる」と信じて、プロジェクトを強力に牽引してきました。
この「できる」と信じる強い気持ちが、多くの人を惹きつけ、数々の奇跡をもたらしてきました。「志」は人を動かします。不可能を可能に変えていく原動力です。

しかし、このプロジェクトのメンバーは特別な人たちではありません。
日々、モノをつくり、実直に仕事をし、日本の産業の屋台骨を支えてきた市井の町工場の人たちです。

その普通の人たちが「志」をもち、共に喜びを分かち合い、互いを認め合い支え合いながら行動していきました。その結果、地域からイノベーションを起こしたと言っても過言ではないと思います。

氷上を疾走するボブスレーのように、全力疾走してこの期間を駆け抜けてきたプロジェクトのメンバーたち。
ソチオリンピックの切符は残念ながら手中に収めることがでませんでした。
しかし、次の平昌(ピョンチャン)オリンピックに向けて、早くも新たな歩みを始めています。その熱い「職人魂」の片鱗を少しでも本書を通して感じていただけたら幸いです。

尚、本書の出版印税の一部はプロジェクトへ寄付をさせていただき、今後の活動に役立てていただけたらと思っております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、電子書籍デビューをしました!

『メイド・イン・大田区』電子書籍版が、Kindle Storeで、本日発売になりました。

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-メイドイン大田区


この本は2005年にサイビズより初版が出ました。
そして、その年の週刊ダイヤモンドが選ぶ「ベスト経済書」の21位になりました。

2008年には静岡学術出版から改訂版が出て、嬉しいことにいまだに読み続けられ、ロングセラーとなっています。

そして2013年、電子出版として蘇らせることができました。

販売価格はなんと300円!
お手軽な価格で、若い人たちにもスマホやタブレットで読んで欲しい……そんな気持ちで電子書籍化したのです。


大田区という約4000社の工場集積の匠の姿を感じ取っていただけたら嬉しいです!


今回、初の電子書籍化で、いろいろと課題も見えてきました。

○紙のDTPの美しさは再現できない→再現しようとすると、とてつもない容量になってしまう
○見ている端末の種類によってレイアウトが変わる
○書体の縦組、横組の自由度がイマイチ
○校正がしにくい


等、いろいろあります。
今回も、さきほどKindle HDで見たら、なんと最後に差し替えした写真が2点だけ、カラーになってたし…(;^_^A

校正していたのがKindle Paper White用のアプリだったので、スルーしちゃったんですね…。

しかし、いろいろ課題があるものの、たくさん可能性も感じます!

ぜひ、多くの方にお気軽にダウンロードしていただけましたら嬉しいです(^-^)/
ちなみにKindleをお持ちでない方も、Kindle用アプリをDLすれば、スマホでもiPadその他でも読めますので、どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=3077089376


メイド・イン・大田区 ものづくり、ITに出会う/奥山 睦

¥300
Amazon.co.jp

#本日の5つの良いこと。
1.スタッフが年度末仕事を頑張ってくれた。
2.桜が美しかった!
3.『メイド・イン・大田区』電子書籍版が発刊できた。
4.ハナマサ肉の日、ステーキ肉が大安売りだった。
5.具だくさんカレーがおいしくできた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『キャリア・チェンジ!-あきらめずに社会人大学院!新たなキャリアを切り拓こう-』(生産性出版)

ようやく最終校正まで辿り着きました!

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-最終校正


法政大学大学院政策創造研究科 諏訪康雄教授および諏訪研究室の修士・博士課程修了生・在籍生の総勢14名による共著です。


私は諏訪先生から編集長を拝命され、10月から企画書作成、出版社探し、編集作業と携わってまいりました。

日々共著者から届く原稿をチェックし、弊社デザイナーにDTPを組んでもらうという流れ作業。14名という大人数の原稿の取りまとめは、想像以上のワーク量で年末は鼻血が出ました…( ̄_ ̄ i)
でも、諏訪先生の細やかな原稿チェックや副編集長のさとゆうさんのサポートを得て、なんとかここまで辿り着くことができ、感無量です!

社会人が大学院へ行くということはどういうことか。また社会人大学院へ行く前に知っておきたいことは何か。
本書では、大学院進学のための基礎知識や、その申し込みから入学まで、実際の研究生活の様子をはじめ、修士獲得までの道、それによる効果、修了後のさまざまなキャリアの事例などを、実際の体験記も交えながら紹介しています。

執筆にあたられた、諏訪康夫先生をはじめ、石山恒貴さん、鍵谷道生さん、菊池桃子さん、小山浩一 さん、齊藤弘通さん、佐々木広美さん、佐藤雄一郎さん、清水誠司さん、鈴木康仁さん、須東朋広 さん、千葉登志雄さん、早川由美さん、そして私・奥山睦。
本当にお疲れ様でした~。

月曜日に校正戻しをして、印刷・製本に回ります。

既にAmazonでは予約販売が始まりました。
書店発売は2月16日です。
どうぞ皆様、『キャリア・チェンジ!』をよろしくお願いいたします![^ェ^]


キャリア・チェンジ!/生産性出版

¥1,575
Amazon.co.jp

#本日の5つの良いこと。
1.新潟出張の資料がすべて出来上がった。
2.『キャリア・チェンジ!』の最終校正紙が届いた。
3.昨夜、菊池桃子さんが登壇したセミナー、「オトナの女子会」でお知り合いになった出版社の方から、アポをいただいた。
4.入院中のスタッフのルーチンワークを他のスタッフがカバーして、無事今週の仕事を終えることができた。
5.嬉しいメールをいただいた。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、11月8日の静岡新聞夕刊に拙著『「折れない」中小企業の作り方』の紹介記事が掲載されました。

大学院の後輩・木南さんとTARAちゃんがFacebookに夕刊の画像をアップしてくださって、気がつきました。ありがとうございました!

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-奥山_静岡新聞


来週から一部静岡の書店さんでキャンペーンが始まります。
この出版にあたり、株式会社西村製作所様株式会社三信精機様、財団法人置賜地域地場産業振興センター様から、ノベルティ・グッズのご提供をいただきました。
ご協賛いただきまして本当にありがとうございます!
書店さんにて配布させていただく予定でおります。

また、11月4週目には、私自身も出版社の方とともに大森・蒲田周辺の書店さんへご挨拶に回ります。

2008年の新書出版から約4年を経て、大学院で教え、学んできたことの気づきをまとめた渾身の一冊です。どうぞよろしくご高覧くださいませ!

「折れない」中小企業の作り方-しなやかに生き抜く20のヒント- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社

¥1,575
Amazon.co.jp

#本日の5つの良いこと。
1.懸案事項の案件、解決!
2.久々にマッサージにかかって少々リラックス(*^o^*)
3.出張前のデスクワーク、ほぼ完了。
4.前職の上司からご連絡をいただいた。
5.書店さんのキャンペーン、いよいよスタート!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、『「折れない」中小企業の作り方―しなやかに生き抜く20のヒント―』(日刊工業新聞社)が発刊となりました。

書店に並べられた姿をみて、なんだかほっとしました。

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-「折れない」中小企業の作り方


とても嬉しかったのは、取材でお世話になった長井市の株式会社昌和製作所の小関博資社長が、facebookblogで拙著をご紹介してくださったこと。

それから、森清先生が、拙著のレビューをAmazonに投稿してくださいました。森先生は中小企業経営論、労働論などをテーマに、現場に密着した著作を数多く書かれていらっしゃる労働研究家です。もう、大感激です!

2008年に『職人の作り方』(マイコミ新書)、『改訂版 メイド・イン・大田区』(静岡学術出版)を出版してから、およそ4年。
その間、中小企業経営にあたる他、法政大学大学院政策創造研究科修士課程で学び、静岡大学大学院工学研究科客員教授として教えるという、特異な経験をさせていただきました。
この間で得た、さまざまな気づきを中小企業で働く方々にお伝えできたら幸いです。

発刊にあたって、お世話になったすべての皆様に感謝申し上げます。

「折れない」中小企業の作り方-しなやかに生き抜く20のヒント- (B&Tブックス)/奥山 睦

¥1,575
Amazon.co.jp


#本日の5つの良いこと。
1.さまざまなトラブルを越えて、本日のミッションをスタッフが終えてくれた。
2.書籍が無事発刊できた。
3.日本酒の「山頭火」をいただいた。
4.夫がサーロインステーキのブロック肉をお土産に持参してくれた。
5.SNSを通じて、さまざまなご縁がつながった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。