wハート☆ ご訪問ありがとうございます wハート☆

  




 miauler(ミヨレ) のブログです

           

                    美味しいものに目がありません。食いしん坊です♪

                   こちらのブログでは、出会った美味しいものを中心に

                   日々のつれづれを書き留めて行きたいと思っています。                 

 

  フラワーアレンジ、カルトナージュの作品は、

こちらのブログ でご紹介しています。


miauler ⇒http://miauler212.exblog.jp/


のぞいていただけると嬉しいです。


      
   花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花花


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年12月03日

もんちゃん帰宅その後

テーマ:猫たち

11月30日木曜日未明

もんちゃん36日ぶりに帰宅してから、

その日はずっとにゃーにゃー鳴き続けていました。

ミヨレが会社から帰ると、声が枯れ枯れ。

獣医さんからは1日は隔離したほうがいいと言っていましたが、

ノミダニ類などもいなさそうと言われたこともあって、

我慢できず、解放してしまいました。

 

しばらくは周囲を見回りつつにゃーにゃーしてましたが、

すぐに、いきなりベタベタ甘えたに。

ミヨレの足もとでくつろぎはじめたのにはびっくりです。

 

 

犬みたいにミヨレが移動するたびについてまわり、

ミヨレがソファに寝転ぶと、こんな感じ。

これまでにはないことです。

 

↓は、家出の前のまるでラスボスのもんちゃん。

アングルが違うので単純比較はできませんが、もんちゃんが

ちっちゃく(態度も)なっているのがわかると思います。

 

外ではひとりぼっちだったのでしょうか・・

 

↓ これは、土曜日の図。

つじろうといっしょにおねむなところ撮影しました。

人のそばにくっついてじっとしているもんちゃん。

以前は、ひとりでキャットタワーから外をみたり、

あまり人のそばによってこなかったのですが。

 

もんちゃんをみつけてくださった助っ人の方にも体を触らせて、

しかもぺろぺろなめてるし!

人が、いや、猫がかわったようなもんちゃんです。

 

あったかいおうちで、ごはんもたっぷりあって、外よりいいでしょう?

どうなの?もんちゃん。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年11月30日

もんちゃん、帰る。

テーマ:猫たち

 

36日目にしてもんちゃん、帰る。

体重が3.9gから2.5gに減り、ダイエットに成功して帰ってきた。

もうね、とにかくなんでもいいよ。

ちゃんと帰ってきてくれたから。

 

そして、情報提供くださった方々、ご自身もお忙しいだろうに、

捜索に加わって下さった方、SNSをリツィートして下さった方、

とにかく、いっぱいいっぱい、皆様のお気持ちを受け取りました。

本当にありがとうございました。

 

日本もね、まだまだ捨てたもんじゃないって実感しました。

ミヨレもいつか人のお役に立てるよう、お手伝いしたいと思います。

 

とりいそぎ、お礼とお知らせです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年11月21日

もんちゃんその後(脱走からそろそろ1ヶ月です)

テーマ:猫たち

 

先週の金曜日9:00頃、近所の線路際の植え込みでもんちゃんらしき猫を見た、

というメールをいただき、

なんと、その日の夜には、別の方が、

線路際の植え込みの奥に隠れているもんちゃんを発見してくださいました。

お電話をいただいてすぐに駆けつけると、確かに、植え込みの奥に黒白の猫。

ライトをかざすとほぼ3週間ぶりに見る姿は ラブラブ

「もんちゃーん!!

 

でも、すっかり野生に戻ったのか、もんちゃんという声に反応はなく。

そろりそろりと植え込みの中に手をつっこみ、かつおぶしを差し出すと、

お腹がすいているのか、鼻をくんくん。

誘導しようと餌をずらして置いてみましたが、一定の位置から前にはでてきてくれません。

結局後ずさりしたあげく、背後の線路をタカタカ渡ってしまったもんちゃん。

あんた、線路渡ったりして冒険してるのね・・・

(線路は恐くて渡らないだろう・・と思い込んでました)

 

またまた姿を見失ってパニックになるミヨレ夫婦でしたが、

またまた、植え込みにいるのを見つけてくださった方が、

線路近くのコンテナの下にもぐりこんでいるのを発見してくださいました 目

 

見つけても、どうやって捕獲するのか?が大きな問題。

おびえてしまっているので、自分から出てくるのを待つしかありません。

コンテナ近くに2台の捕獲器を設置、温めて臭いをたたせた餌に交換しながら

つじろうと夜通しの見張りとなりました。

 

しかしながら、結局捕獲に至らず、

現在、再び姿見えず、結局ふりだし状態なのですが、 えーん

もんちゃんがちゃんと生きていた!ということがわかってひと安心です。

 

それにつけてもありがたいのは、ポスターを見て「もんちゃん」と名前を覚えていてくださる方や

情報をお寄せくださる方がたくさんいらっしゃるということ。

ほんとうにほんとうにありがとうございます。

 

そろそろ脱走して1ヶ月。

どんどん寒くなってきているので、もんちゃん暖かいお家に戻っておいで~ ドキドキ
 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年11月08日

もんちゃん(猫)を探しています

テーマ:猫たち

twitterのリツィートを既にご覧いただいた方もいらっしゃいますが、

あらためてのお願いということで、ブログでもお願いをさせていただきます。

 

行方不明になってから2週間です。

**********

猫を探しています。名前は「もんちゃん」です。

【特徴】

★ヒマラヤンのような長毛で、たぬきのようにふさふさしたしっぽ。

★スコティッシュのように耳が小さく寝ています

【基本的な特徴】

めす・推定3歳・長毛の黒と白・大柄で手足が太いです。

 

【状況】
10月24日午後に西蒲田7丁目付近から行方不明になりました。

その後2度目撃しましたが捕獲に至らず。

その週末の台風のせいか、その後ぱったり姿が見えません。

 

保護された方、目撃された方はどうか

monchansousaku@yahoo.co.jp

まで、連絡をお願いいたします。


**********

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年11月08日

2017年10月 12都市8つの世界遺産巡り 中欧5カ国いいとこどり10日間(9)

テーマ:旅行記

【9日目】 10月13日(金)

 

■ローテンブルク 聖ヤコブ教会と鉄看板

 

■この日の行程

8:30ホテル出発(?)

⇒所用約3時間30分  中世の宝石箱ローテンブルクへ

 昼食:ロールキャベツ

⇒所用時間約3時間 フランクフルト空港おへ

⇒19:20発 JAL408

⇒成田空港 10月14日(土)13:40着

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いよいよ本日は帰国日となりました。

午前中、最後の観光でローテンブルクを散策、

その後はフランクフルト空港に向います。

 

朝から既にどんよりモードです。はあ・・・ 

旅行中ずっと喉がいたくて爆弾をかかえているようなものでしたが、

最終日で気が抜けたのか、朝から絶不調。

朝食はパスしました。

 

■ホテルのお部屋

 

この日のお天気は、ヨーロッパのこの時期のデフォルト。

曇天、小雨、いきなり大雨をいったりきたり。

 

■夜の雨の影響か、霧?もや?がかかってます

 

■と、思いきや、青空にひまわり sunflowersunflowersunflower

 

車窓からはお天気がころころ様を堪能し、

最後の観光地ローテンブルクに入りました。

 

ローテンブルクは、ブルク(城塞)なので、

小高い丘?に建つ、城壁でかこまれた街です。

中世の宝石箱とも称されます。

 

■ローテンブルクの街並み

おそらく、シュピタール稜堡(街最大の入り口)を

通って、マルクト広場につづくメインストリート

ウンデレシュミード通りを歩きました。

  

 

■かわいい中世の建物がつづく。

車がなければ、文字通り中世のおとぎ話の世界に

タイムスリップしたようです。

 

■高台からタウバー川、斜面にひろがるぶどう畑をみる

この街が小高い丘?にたっていることがよくわかります

 

■ローテンブルクのマップ

このマップを見ると街の立地が一目瞭然ですね

 

■ローテンブルク鉄看板コレクション

ローテンブルク以外でも、素敵な鉄看板はたくさん見ましたが、

軒先に注意しながら目に付いた看板を撮りまくりました。

 

       

 

   

 

   

 

   

 

■鉄看板がずらり

 

■ブレーンライン

ラテン語で「小さな場所」

2つの坂道の真ん中に木組みの家が建つ場所。

街一番の撮影スポットです

 

■テディズローテンブルク(テディベアグッズ専門店)の看板(がわり)

お店がオープンしているときは、二階の窓から

テディベアがしゃぼん玉をとばしてます

 

■シュネーバルのお店のショーウィンドウ

シュネーバルはローテンブルクの名物お菓子。

お菓子屋さんにもうっているし、専門店もあります。

 

■ケーテ・ウォルファルト前

1年中クリスマスの雰囲気が楽しめる店。

ツリーやオーナメント、デコレーショングッズがあり、

お店の前にある大きなくるみ割人形と赤い車が目印です。

 

■マルクト広場

左のベージュの建物が市庁舎(ゴシック様式とルネッサンス様式の融合)

右の△の建物が市参事宴会場

 

■市参事宴会場の仕掛け時計

ちょうど正午。仕掛け時計が作動しています。

赤い時計の左右の窓、17世紀の戦争で、

ローテンブルクを守った市長の伝説が再現されたもの。

 

■ゲオルクスの泉(ルネサンス様式)

マルクト広場の一角にある泉で、

かつて市民が水をくみにきた噴水がそのまま

残されています

三角屋根の木組みの建物がかわいくて美しいです。

 

■マルクト広場から聖ヤコブ教会への道すがら(冒頭の写真)

 

■シュランネン広場方面へ向う小径

街のはずれにむかうせいか、人通りも少なく、

素敵な意味で田舎の雰囲気

 

アクツェントホテルシュランネ

ランチいただいたのは、このホテルのレストラン。

城壁近く、街のはずれのシュランネン広場に面した

場所にあります。

   

 

■店内

貸し切り状態でした。

やっぱりC国の人がいないと落ち着きます

(かなり根に持ってる・・)

 

■サラダ

 

■ロールキャベツ

キャベツとろとろで味は美味しいけど、中の詰め物がなあ・・・

ラビオリもそうでしたが、中のつめものはもっと美味しくできるはず!

 

■デザートはマーブルケーキ?

量が少なめだったので完食できました。

 

■城壁

レストランのすぐのところに城壁があり、のぼって歩くことができます。

結構急な階段です

   

■城壁からの風景

昔の守人はここから街を見て守っていたのですね

  

 

このあとは、集合時間までしばし自由行動です。

おみやげも揃えたし、最後なのでゆっくりお茶したいよね、ということで

ウンデルシュミード通りまで戻りました。

 

バウマイスターハウス

入り口には日本語、中国語で、本日のランチメニューの案内が

ありました。

店員のおじさまも日本語のつかみはOK!

お料理は伝統的なフランケン料理のようでした。

ケーキとカフェでも利用OK

     

 

■店内

16世紀に建設された大工の棟梁(バウマイスター)の住居だった

建物をレストランに利用、

店内は鹿の角が所狭しと飾られちょっと落ち着かないけど、

薄暗い店内は眠気を誘う・・・

    

 

■珈琲

店の雰囲気もあいまって、コーヒーより珈琲な感じ。

お昼間に珈琲をゆっくり飲んだのは旅行中初めてです。

 

これが旅行中、観光した先での最後の飲食。

ああ・・・この後はもうフランクフルト空港です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

旅行記としてはこれにて終了となります。

あとはつけたしのようですが、JALの帰りの機内食をご紹介。

 

■離陸してからの食事と到着前の軽食  

食事は行きと同様、シェフ達の競演、

サラダもしゃきしゃきだし、チキンのカシューナッツ煮込み

美味しかったです。

軽食は和食をチョイス。鮭と卵焼き、ごはんという

日本人の心の友ばかり。

欲を言えば、白いご飯プリーズでした。

(炊き込みご飯だったのです・・)

    

 

さて、8泊10日、まさにいいとこどり欲張りツアー、

終わってみればほんとにあっちこっち移動したなあ・・・という感想です。

これはほんとに目次のような旅行、

これから1都市ずつチャプターを完成させていければ・・・いいなあ。

時間とお金があれば今すぐにでも街滞在型じっくり旅行、したいです。

 

ツアーコンダクターの佐藤さん、ツアーのお仲間さん、

楽しい時間をありがとうございました。 ラブラブ

 

さそってくれたT内さん、ほんとにありがとう ドキドキ

 

今度は再来年のトルコ旅行ですね 

是非実現させましょう~  クラッカー 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅行記はこれで一応終わりですが、

おまけで、次に「おみやげ編」をアップ予定です。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。