名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死
~検索すると新聞で死去のニュ―ス記事が見当らない!








安保徹オフィシャルブログ

訃報をお知らせします。
http://blog.goo.ne.jp/toru-abo/e/b19274ada06a4cedff99601fffea1c8b

突然のことですが、
本日12月6日、安保徹先生がご逝去されました。
お通夜、葬儀・告別式につきましては、詳細がわかり次第ご連絡させていただきます。
あまりに突然のことで、日本自律神経病研究会一同、正直驚きがかくせません。
故人のご冥福を心からお祈り申し上げます。
安保先生のこれまでのご偉業にあらためて感謝申し上げます。

日本自律神経病研究会事務局


<引用終わり>
----------------------------------------------


管理人

新潟大学名誉教授で著名な安保徹先生の突然死。
免疫学を専門に講演をされていて、69歳で突然の急死。

詳細を知りたかったので、安保徹~で検索して見ました。
欲しかったのは、訃報を伝える新聞社の記事でした。
大抵、新聞社の記事が真っ先に出て来るはずなのですが、
ところが、どこにもまるで見当らない。

通常、有り得ないことが起こっています。
名誉教授で著名な医学者でもある人物の死去を
ニュ―ス記事にしないなんて、ほとんど考えられません。
少なくとも、検索欄には全く出て来ていません。
皆さんも、検索して確かめてみて下さい。

どう考えても、これはおかしいです。
陰謀論ではなく、常識の話をしています。

死亡日時も大変気になります。
12月6日に突然死ってことで、18の666ですから。
数日前に、精力的に講演を行っている訳ですから、
病魔に冒されて苦しんでいた様子は無かったと推測出来ます。


お亡くなりになられた安保徹先生ですが、
過去の講演の中で、以下のように話されていたようです。

「ここだけの話、皆さんだけに言っちゃうんだけっども、
わだす狙われてるんですわ。

研究室は何度も荒らされてるし
もし、突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!」


と冗談半分(本気半分)に話し会場に笑いを振りまいてらしたそうです。



そこで、私は2014年の過去の記事を思い出していました。


どこのマスコミも報じない(報ステ・岩路記者の自殺)
を取り上げた「FLASH」の突然の発売中止!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11922125310.html




安保徹先生と岩路記者に共通しているのは、
お二人とも、ある業界から極めて不都合な存在だったということです。

そして、いつの場合も病死か自殺扱いで終わってしまう。
死因が徹底検証されることは、絶対にありません。
警察、検察、鑑定医もみんな、カルトつながりのグルだという噂があります。
これでは、あの世に葬られた人は浮かばれません。

これが、今の日本の実像です。
知らないのは、一般市民だけってことになります。

安保徹先生の場合、特に、何がまずかったのでしょうか。
岩路記者と同様に、記事にならないように報道管制が敷かれている事実は、
どうしても、暗殺の2文字が頭から消えません。


日本という国はね、皆さん・・・
実は、ものすごく怖い国なんです。

平和ボケしている国民がほとんどを占めている間は、
この国が大きく変わることは、まず無いでしょう。



安保徹先生、どうか安らかにお眠り下さい。

合掌。。。




安保徹先生
『免疫革命!はじめてがんの原因が分かった!』





お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』








AD
世界で一番の親日国
〝パラオ”に行きたくなった。
~もう日本人やめよっか?








管理人

毎日、無数の情報を調べたり目にしているのですが、
出てくるのは、洪水のように・・日本国内の醜聞ばかり。
あまりにも問題がたくさん有り過ぎて・・・
どれを記事に取り上げるべきか、いささか悩みますし、
いい加減、うんざりしているのも事実です。

そんな中、〝パラオ”のことを知りました。
世界で一番の親日国なんだそうです。


大小300の島々から成り、人口は2万人程度。
年間の平均気温は約28℃の「常夏の島」であり、日本との時差はない。

https://matome.naver.jp/odai/2141174329740109301




今、パラオに住む人でこの橋を知らない人はいないでしょう。
全長412m、主塔の高さ41m、幅10mの橋は、その優美さと走り心地の良さで
毎日多くの人に利用されています。
国際空港から市内に入る場合にも、必ずこの橋を通ります。

また、休日には橋の下の広場で地元の子供達が楽しく遊び回ったり、
高校生が掃除をしていたり、毎年10月1日になると、
政府の独立記念式典が橋の下の広場で催されて、長く延びた橋の各柱には、
パラオの青海満月旗が翻ります。
この橋は「KB橋」と呼ばれ、日本の援助によることから、
「日本・パラオ友好の橋」とも名付けられ、この国で広く愛着を持たれています。


パラオではたくさんの日本語が使われています。
例えば「大丈夫」「どうぞ」「ゴメン」などの何気なく使う言葉や
「扇風機」「浴衣」(パラオには冬がない)といった言葉もあったりします。

シゲオ、クニオ、フミコなどの所謂「日本人の名前」が
名字、性別問わず付けられていたりします。
更には「カトウサン」といった「さん」を名前に付けていることもあるようです。

国民のほとんどが「ハトのうた」を知っており、桃太郎のうたを歌える子もいるようです。
パラオの曲には「アナタシカイナイー!」と歌うラブソングもあるようです。


日本人は、「パラオ」という国自体をよく知らない人が多いというのに、
なぜ、パラオはそれほど「親日」なのであろうか?

その答えの一つは、パラオの悲しい歴史の中にある。

不幸の始まりは、ヨーロッパの大航海時代に、
「スペイン」に発見されてしまったことである。

ヨーロッパから持ち込まれた「天然痘」、
ならびに現地人に対する「熾烈な搾取」の結果、
パラオの人口は、およそ10%にまで激減し、
わずか数百人しかいなくなってしまったという。

スペインが米西戦争で敗れると、パラオは「ドイツ」に売却される。

「ドイツ」は、ココナッツ・タピオカの栽培、リン鉱石の採掘などの
「産業振興」に熱心だったものの、インフラ(道路・水道)整備・現地人の教育など
には、全くの無関心であった。

ドイツが第一次世界大戦で敗れると、パラオは「日本」の統治領となる。

日本も、ドイツ同様に「殖産興業」に力を入れた。
加えて、日本は「教育」にも熱心であり、現地人の住環境整備とともに、
多数の学校や病院を建設した。

日本の行った一連の施策は、パラオに「未曾有の経済発展」をもたらし、
人口も2万人から5万人へと激増した。

パラオはその歴史上、幾多の外国支配を受けてきたが、
現在のパラオ人は口をそろえて「日本の統治時代が一番良かった」と述懐するという。

第二次世界大戦末期、パラオは日米の戦場となる。

日頃から日本人の「誠実さや勤勉さ」に触れてきていたパラオ人の中には、
「共に戦う」と志願してきた人々までいたという。

パラオ人には「蒙古斑」があり、人種的には欧米人よりも日本人に近いと言われている。

その近縁の日本人たちが、圧倒的劣勢の中でも、
果敢にアメリカ軍に立ち向かっていく姿に、
パラオ人たちは感銘を受け、尊敬さえもしたという。

日本軍は、パラオの民間人に対する充分な配慮を見せ、疎開させるなどして、
「パラオの民間人の死者を一人も出さなかった」という。

しかし、残念ながら、日本はアメリカに敗れる。

アメリカ兵は、島に残された日本兵の遺体を放置していたが、
パラオ人たちは、勇敢に戦い「仏」となった日本兵たちを手厚く葬り、
いまもその墓を守り続けているという。

アメリカの占領下に入ったパラオ。

アメリカにとってのパラオは、単なる「軍事基地の一つ」に過ぎなかった。

その統治方針は、「戦前の日本の記憶の一掃」であり、
日本が築いた町並みや産業基盤は徹底的に破壊され、
主のいない農地は元のジャングルと化した。

さらに、アメリカは「反日教育」によりパラオ人を洗脳しようとする。
しかし残念ながら、パラオ人の間には、
「反日の精神は、まったく浸透しなかった」という。

アメリカは、パラオの産業を振興せず、
島民をおとなしく島に閉じ込めておくという政策をとり、
その愚策は「動物園政策」と批判を受けている。

パラオの国定教科書全462ページの内36ページが日本統治時代のことが記載されており、
章には「日の丸の旗のもとに」というタイトルが付けられています。

太平洋戦争のとき、ペリリュー島には日本軍が進駐し陣地が作られました。
日本兵と島民は仲良くなり、日本の歌を一緒に歌ったりしたそうです。
やがて、戦況は日本に不利となり、いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になりました。

島民は話し合い代表数人と共に日本の守備隊長のもとを訪れました。
「自分達も一緒に戦わせて欲しい」
それを聞くなり隊長は激高し
「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
と叫び追い返しました。
島民は裏切られた想いで悔し涙を流しました。
船に乗って島を去る日、日本兵は誰一人見送りに来ません。
島民は悄然と船に乗り込みました。

しかし、船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきました。
そして、一緒に歌った日本の歌を歌いながら手を振って彼らを見送ってくれました。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長の姿もありました。

ペリリュー島の戦いで日本軍は3日で終わるとされていた戦いを
72日間耐え玉砕しています。
その72日間の戦いで民間人の死者数は0でした。






アメリカの圧政により、パラオの独立は遅れに遅れた。

待望の独立は、東西冷戦の終結により、
「アメリカにとってパラオの利用価値がなくなった後」の1994年である。
世界で185番目の独立国家(現在193ヶ国)として国連に承認された。

アメリカ統治時代に、インフラ整備や経済産業はすっかり後退してしまっていたが、
独立後、日本や台湾の支援により、急速に都市整備が進む。

独立に際して制定された「パラオの国旗」は、「日の丸」デザインの色違い。

「青い海に、黄色の満月」という「月の丸」である。





公募された国旗案70点の中から、
一も二もなく、この国旗が満場一致で選ばれたという。

「太陽」を象徴する日本の国旗に遠慮したパラオは、「満月」をモチーフとし、
さらに、中心を少しずらすことで、日本に敬意を表したといわれている。


<引用終わり>







日本国が、〝パラオ”の人たちにかけた迷惑は、
今から、あらゆる形で償うべきだと思います。
にもかかわらず、大変な親日国でいてくれることに
申し訳ないと思いつつ、心より感謝です。





〝パラオ”に行きたくなりました。
もし、しばらく住んだら・・・
帰りたくなくなるんじゃないのかな・・日本に。

綺麗に澄み切った空と海の大自然の中で、記事を書くと・・・
内容もまるで違ったものになるかもしれませんね。

こんな国で、残された余生を送るのもいいかもしれない。
だけど、それでも日本のことは、ずっと気になるでしょう。






今、メルマガ読者の方で、将来、海外移住を真剣に考えておられる人が
少しづつ増えてきました。
つくづく、嫌になってきたみたいです。
汚染された政治と環境と・・・
そして、人知れず倒れていかれる無数の人・・人・・人・・・。
解るような気がします。

〝パラオ”に移住する人も出てくるかもしれませんね・・・








お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』











AD
小林麻央 さんは、
温浴療法を始められたそうです。








小林麻央 さんのブログ
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12225399774.html


管理人

小林麻央 さんは、温浴療法を始められたそうです。
だけど、それだけでは駄目なんですけどね。

先ず、家族中が大好きなお寿司を止めるべきと思います。
福島を起点に三陸沖の魚は、ストロンチウムやその他の放射能で
汚染されていますから、お勧め出来ません。

毎日飲む水道水は、浄水器をつけたほうがいいです。
http://item.rakuten.co.jp/shoptom/10000080/

外食を避け、汚染食材を食べないようにする。


◎真っ先にすべき事は、身体に悪いものを入れないようにすることが
全ての出発点であり、基本とすべきです。


◎次に、身体に入ってしまった毒素や放射能を排出することが重要。

東京の有名な医師が、娘さんにケイ素を使って
放射能を3カ月で1/6以下に激減させた!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12046334094.html


◎ただ単に温熱療法するだけでは不足です。

岩盤浴や温熱療法の時に、還元水~アルカリ水をどんどん補給する。


私たち人間の体は、胎児で体重の約90パーセント、新生児で約75パーセント、
子どもで約70パーセント、成人では約60~65パーセント、
老人では50~55パーセントが水で満たされています。

つまり、60キロの成人の人ですと、およそ36キロが水分です。
一回で、0.5リットル~1リットルの汗が出ると相当な効果といいますか、
大きなデトックスになる訳です。
無論、水分補給は必須です。
身体に大変良い還元水~アルカリ水をどんどん補給してあげましょう。
http://www.shiawase-supli.com/water/49.html

ガンに効果あると考えられる水分をどんどん体内に流し込むのです。
これを1ヶ月ほど続けると、劇的に体質改善がはかれると私は考えています。
そして、同時に、塩分やミネラルの補給もその都度行います。

身体の中で、水分の移動が起こります。
ある意味、身体の到る所で、小さな川の流れが出来るのです。
そこから、毒性化学物質や細菌・ウィルスも出て行くことが期待出来ます。

既に、ガンや病気でやせ細っている人は、岩盤浴に入る前に、
予め、水分補給をしておくことをお勧めします。
更に、短時間で何回も入るようにして負担にならない配慮をすべきです。



局所深部加熱
という言葉を是非、頭に入れておいて下さい。

お風呂や低温サウナに入ると、確かに、免疫力は少し上がります。
しかし、身体の奥深いところまで温熱が届かないのが常識です。
しかも、身体が熱くなる血管が膨張し、血流によって体温を一定にするような
機能が備わっていますので、実は、身体の奥深い部分まで温めるという作業は
困難を極めるのです。

人の身体は、細菌や病魔に打ち勝つために、『発熱』という免疫作用が働きます。
この発熱を下げる解熱剤は使うべきではありません。


ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html

世界ではじめて発表されたガンの自然治癒例によれば、
ガンに罹患(りかん)後、自然治癒した人全員が、
丹毒(急性の皮膚細菌感染症40℃以上の発熱がある)や
肺炎にかかって発熱した人だった。

以後、発熱により、ガンが治った症例はいくつも確認され、
ヨーロッパの自然療法病院では、ガン患者を45℃くらいの熱い風呂に
入れたり、アルミホイルのようなもので体を包み熱を加えて体を温めたり
というような温熱療法が行なわれてきた。・・・・・・・・・・


-引用終わり-
---------------------------------------------------



管理人

温熱療法は、確かに身体やガンに良いです。
ただ、人の発熱作用には遠く及びません。
人間の免疫機能の何と素晴らしいことでしょう。

この人体の発熱を人為的に行うのは極めて困難です。
まして、身体の奥深いガンの患部までには届きません。
ですから、機械の温熱機に頼るのが実情なのです。


現状では、以下のようなものしか見当たりません。


既に、他の臓器に転移した人は、局所深部加熱 する特殊な方法があります。

人体の深い部分のがん細胞を加温する方法として、
高周波誘電加温装置が実用化されています。


ハイパーサーミアの加温に最適な高周波誘電加温

ハイパーサーミアに求められる加温の特性は以下の7点にまとめられます。

① 人体に大きな負担をかけずに加温できること
② 安全に加温できること
③ 局所的な加温ができること
④ 生体深部の加温ができること
⑤ 加温領域を変えることができること
⑥ 全身的な影響が少ないこと
⑦ 温度コントロールが正確にできること








今現在、この★局部深部加熱高濃度ビタミンC点滴療法の組み合わせが
一番現実的、且つ、有効であると考えられます。

全国の点滴療法クリニック検索はこちら⇒点滴療法研究会
http://www.iv-therapy.jp/index.html
このサイトで点滴療法を実施している全国のクリニックが紹介されています。


★重曹を20%に薄めて毎日飲むことは、安上がりで誰にでも出来るので
私はいつも推奨しています。

――自然食――
1945年8月9日、日本の長崎にプルトニウム原爆が投下された際、
爆心地から1.4キロ地点にあった病院のスタッフが、空中に充満していた
プルトニウム{放射性物質の一種で寿命は10万年以上}を多量に吸い込み
内部被爆しながらも、自然食により発症しなかった、また発症したひとも
完治した記録があります。

プルトニウムは他の放射性物質の3万倍も放射能が強いといわれますが、
この放射能を消す自然食があったのです!
この被爆予防治療食は「玄米」と「天然塩」と「大豆の発酵食品」の味噌です。

{放射能とは原発の原子炉のなかで生まれた放射性物質が照射する放射線の能力、
威力、その毒性をいいます。また放射性物質{核生成物}そのものをさすこともあります}。

――引用終わり――


メルマガアドバイザーの博士号を持つ化学者の方のお話より

重曹は、炭酸水素ナトリウムであり、ナトリウムは、セシウムと化学的性質が似ている
(アルカリ金属どうし)ので、セシウム排出機能がある可能性はあります。
それならば塩、すなわち塩化ナトリウムでも効果は全く同じはずですが、
塩は味が強すぎるので、たくさん飲める重曹が推奨されているのではないかと。




基本知識


癌は我々細胞内の「解糖系」と「ミトコンドリア」の鬩ぎ合いの結果生まれる


解糖系(原核生物)古い――――――――ミトコンドリア(真核生物)新

20億年前――――――――――――――――――20億年以降

ブドウ糖が大好き――――――――――――脂質・タンパク質~ケトン体+脂肪酸

低温が好き(32℃)―――――――――――――体温(37.2℃)が好き

酸性が好き――――――――――――――――中性・アルカリ性

分裂する――――――――――――――ほとんど分裂しない

子どもの時に活発―――――――――――――歳とともに活発

交感神経が好き――――――――――――――副交感神経が好き

酸素が嫌い――――――――――――――――酸素が大好き

エネルギー効率が悪い――――――――――エネルギー効率が良い

血流が嫌い――――――――――――――-血流が大好き

ステロイドが大好き―――――――――――ステロイドで弱体化

瞬発力が強い――――――――――――瞬発力はないが、持久力がある



<結論>

①解糖系が勝利した場合「癌」になるのである。
②高血糖が何より、癌の基礎原因の一番である。
③低体温
④交感神経優位
⑤薬


1.通常は細胞内で「解糖系」と「ミトコンドリア」が均衡しているが、

細胞内が、「高血糖」に傾くと、この均衡が崩れ、「解糖系」が優位になる。


2.人体に望ましくない「高血糖」が続くと、我々自身の身体が、「高血糖」を

何らかの形で、収める為に、自身の体内に「高血糖」を吸収する細胞を

造る防衛反応を起こし、癌細胞が体内に発生する。


3.なぜ、子どもや、若い人の癌の進行が早いのか?

放射性物質に敏感なのか?解糖系の特徴を読めば理解できる


4.なぜ、瞬発力と筋肉増強の効果の著しいステロイドをスポーツ選手が欲しがるのか?

そして、その後に彼らがなぜ、癌になるのか?

すべて、解糖系の記述で謎が解ける。


5.解糖系は、炭水化物やブドウ糖を主食にしていた原始的な細胞であり、

ミトコンドリアはタンパク質や脂質と酸素を主食にして莫大なエネルギーを獲得した。

6.ようするに、糖質やブドウ糖は、原始生物の主食なのである。

我々哺乳類(ミトコンドリア)は、あくまでもタンパク質と脂質を食品の

中心にするように遺伝子がプログラムされているのである。



7.だから、癌細胞(解糖系)は先祖がえりの細胞と言われるのである。

我々は、先祖がえりしないように糖質を控える生活が望ましいのである。








お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』






AD
「乳がん」と「甲状腺ガン」
~して良い事と悪い事のお話~






管理人

最近、乳がんが激増しているといった情報があります。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/175724518.html

乳がんにしろ、甲状腺ガンにしても、くれぐれも気をつけて欲しいと思います。

最近、寒くなってきました。
乳がん~甲状腺ガン・・ともに共通していえることは、
身体をなるべく冷やさないこと。
特に、局部を冷やさないことがすごく重要です。

乳がんと甲状腺ガンだけではなく、あらゆるガンに共通して身体に良いものは、
腹巻ですが、特に乳がんが心配な女性の方には、腹と乳房を共にカバー出来る
長い腹巻が超お勧めです。







更に、甲状腺ガンや多発性のう胞が心配される人は、
寒い季節には、首用保護用サポーターを常時するように心掛ける。(特に外出時)





◎男女共に、布製のパンストがお勧め。
体温は、温度の低い下半身のほうに熱がどんどん奪われて体温が低下します。
下半身を冷やさない事は、命を護ることにつながります。
女性の方は、冬はスカートを止めズボンにすることを超お勧めしておきます。

◎外出時、帰宅時に温かいお茶を飲む事も超お勧めしておきます。


★以上のことを心掛けるだけでも、免疫力は著しく向上し、
病魔に冒される危険性をかなり抑止することが期待出来ます。
或いは、どちらにころぶかの決定的な分かれ目になる可能性もあります。


★抗がん剤と放射線治療はやらないほうが良いと思います。
この2点については、既に、心あるお医者さんも指摘されておられますので
記事にすることは特に問題は無いと思います。


抗がん剤は、ここまで何度も記事にしてきました。
そこで、放射線治療 に関して少し書いておきます。


もみじ
医療用ヨウ素131については注意をしておきます。
こんな治療を絶対にしてはいけません。
抗がん剤と何等変わりません。


ウィキぺディア~出典より

治療目的で意図的にヨウ素131を投与する際には、
数億~数十億ベクレル を投与する。

これによって甲状腺に照射される放射線量は
数十シーベルト(ミリもマイクロもつかないことに留意)にもなる。


一体この国の医療は、どこまで狂っているんだろう。
この数十シーベルトの放射線量だけで、いずれ、他の病気やガンになることは間違いない。

まさに、殺人レベル!


甲状腺のしこり(結節)と膿胞の中に、
極めてヤバイ・・ガンの元細胞がある場合があります。
http://www.ne.jp/asahi/web/oki/health/kojosen.html

一番ヤバイのは、未分化がん・・・2年生存率0%
その次にヤバイのが、悪性リンパ腫・・・10年生存率50-60%

放射性ヨウ素131は、311原発事故前からも出ていました。
これは、日本各地の54基もの原発から、ベントの形で排出されていました。
我々が考えているよりも・・はるかに汚染が進んでいたと考えられます。
その全てが、ずっと隠されてきたものと思われます。


◎重曹を20%に薄めて飲む事とうがいをお勧めします。

◎特に東日本の汚染の酷い地域の人には、定期的に、
高濃度ビタミンCの点滴を受けることをお勧めします。
(ガン予防の意味)


全国の点滴療法クリニック検索はこちら⇒点滴療法研究会
http://www.iv-therapy.jp/index.html
このサイトで点滴療法を実施している全国のクリニックが紹介されています。


◎食事は、西日本の玄米を中心にする。
玄米だけで、必要な栄養のほとんどが摂れます。
外食はなるべく避けること。







チェルノブイリ事故が起こってから、6年目 あたりから
あらゆる疾患が 激増 しています。
日本でいうと、来年の2017年から という事になります。




お勧め記事⇒★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。






お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』











【鳥インフル・パンデミック】
~数百万円の投資で数百億円の儲けに
なるんだから止められんわな。






2016年12月2日

青森、系列農場でも鳥インフル アヒル4千羽処分へ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016120201001691.html

青森県は2日、青森市北部の農場で食用アヒル(フランスカモ)が死んでいるのが見つかり、
遺伝子検査の結果、高病原性のH5型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと明らかにした。

11月28日に高病原性ウイルスが検出された農場から約350メートルの距離にある
系列農場で、飼育しているアヒル全約4800羽の殺処分を3日午後までに終える方針。

県によると、農場の経営者から2日午前
「アヒル5羽が死に、他の多くも衰弱している」と連絡があった。
県が死んだ3羽と衰弱した1羽を調べ、いずれも簡易検査で陽性反応を確認した。
県や農林水産省が感染経路を調べる。

(共同)
----------------------------------------





管理人

ある時から、インフルエンザは渡り鳥から拡散するとした学説が主流でした。
学者を含めた研究機関が、インフルエンザのウィルスを持つとされるその渡り鳥の
飛行ル-トを何年もかけて徹底調査を試みたことがあります。
問題になっている渡り鳥の大元の生息地は、ロシアのバイカル湖から休息地点へと、
そして、ロシアからアジアに渡ってかなり綿密な調査を行ったのですが、
ついに、その感染源を見つけることは出来ませんでした。

そんな感染源なんてある訳がないのです。
人間がばら撒いているのですから。

ホント、頭にきちゃうね。
どうせ、アヒルのエサ(飼料)にでも、鳥インフルエンザウイルスを
大量に仕込んだのでしょう。

製薬会社は、インフルエンザ・ワクチンを大量に生産して、
厚生省を中心としたル-トで、売れるのを待っているだけだ。
毎度、バレバレのヤラセで、日本という国はどうしようもないですね。
それに、ほとんど何の問題意識を感じずに従順にワクチンを打つ
子羊の群れと化した日本国民の皆様方。

日本だけでも、数百万円の投資で数百億円の儲けになるんだから止められんわな。
世界的に見れば、数千億円の利益を生み出していると概算出来ます。

イルミナティ⇒製薬会社⇒厚生省⇒マスコミ

こういった極めてうさんくさい構図が出来上がっています。
そもそも、鳥インフルのみならず、エボラ出血熱とかのウィルス・パンデミック
ですが、その全てが研究室で遺伝子組み換えなどによる人為的に作られた証拠が
すでに、出回っています。

研究室で研究開発されたウィルスは、人間がばら撒く為に開発されたもの。
だから、感染源なんて、とうの昔から分かり切っているじゃありませんか。
少し説明したら、子供にだって分かる簡単な仕組みを誰も理解しようとしない。

お金儲けと人口削減が合体したものが、あらゆるウィルス・パンデミックの正体です。
厚生省は、厚生利権を拡大出来ますから、大喜びして協力している始末。
我が国においては、まともな省庁は、ただの一つも見当たりません。



2015/12/19
インフルエンザ薬「タミフル」の危機!
http://blogs.yahoo.co.jp/momotarou3169/57103880.html

今年もインフルエンザの季節がやってきました。
ワクチンの値上げも話題になっています。
また、ワクチンそのものの効果や副作用も話題になっています。
今回は、昨年発表された「コクラン共同計画」での
「タミフル」の調査報告をご紹介します。

英国に本部を置き、医療行為の有効性に関する情報を提供する
国際的非営利団体のコクラン共同計画が昨年4月、
インフルエンザ治療薬「タミフル」に関する調査報告を発表し、衝撃が走りました。

タミフルはインフルエンザにはほとんど効かないうえ、高い確率で
副作用が出るという結果が出たからです。

発表された内容の骨子は、以下のようなものでした。

問い:タミフルはインフルエンザに効くか?

答え:ノー

タミフルを使用した成人インフルエンザ患者の発症期間は6.3日。
投与しなかった成人患者の発症期間は7.0日で、
早く治るという明確な結果は得られなかった。


問い:タミフルは安全か?

答え:ノー

副作用として成人の4%、小児の5%に吐き気や嘔吐が見られ、3.1%が頭痛を訴えた。
また、タミフルを予防的に服用した人の1.1%に精神症状が表れた。
そして、「インフルエンザの予防または治療のいずれかのために、
タミフルなどノイラミニダーゼ阻害剤の使用に関して意思決定を行う際には、
利益と害のバランスを考慮すべきである。

インフルエンザウイルスに対する特異的な作用機序をメーカーが
(有効性の根拠として)提示しているが、
これは、臨床的エビデンスには合致しない」とも記しています。

この報告が大きな意味を持つのは、9623人のデータを解析して行われた、
最も信頼のおける調査だからです。

それを可能にしたのはタミフルの製造元である巨大製薬企業・ロシュから
臨床データを提出させることに成功したからです。

ロッシュは、はじめは自分たちに不利な結果が出ることを恐れ、
さまざまな理由をつけて臨床データの提出を拒んでいましたが、
コクラン共同計画が英国や北欧などの政府を動かして圧力をかけた結果、
入手に成功したのです。


タミフルを大量に使用する日本

この調査報告の発表が行われたあと、コクラン共同計画は提携関係にある
英国医師会報編集局と共同で各国の政府にタミフルの使用を再検討するよう
声明を出しています。

英国では国民の8割に処方できる膨大な量のタミフルを備蓄していたので、
メディアは一斉にトップ扱いで報じました。

特に秀逸だったのは、英国を代表する新聞であるガーディアンの長大な記事でした。

同紙は、「英国政府はこの薬にこれまで5億ポンド(925億円)も使ってきた。
これはスキャンダルだ」と断じたあと、英国流のブラックユーモアで、
「100万人にタミフルを処方すれば、4万5000人が嘔吐し、3万1000人が頭痛を訴え、
1万1000人に精神障害が出る。

もしインフルエンザの大流行が始まったら、
我が英国には5000万人分のタミフルがあるのだから、すごい嘔吐量になりそうだ」
と痛烈に皮肉っています。

これは、タミフルが元々効果がなかった訳ではないと思います。
非常に多く使われた為にタミフルに耐性を持たないウイルスは駆逐され、
逆にタミフルに免疫を持ったウイルスが台頭してきたのでしょう。

「リレンザ」や「イナビル」も乱用を続けるなら…今後同じことがいえます。
抗生剤が第1世代→第4世代へと移行したのと同じなんです。
また、それに代わる新薬が開発されればよいですが…
それもやがて効かなくなって…どんどん人にも厳しくなっていきます。

闘いが続く限り…金が儲かる「死の商人」みたいですね。
人々には荒廃(副作用)と生活の困窮だけが残るのです。


近藤誠博士ら心ある学者や医師が提唱されていた「危機」が現実に起こっているのです。

インフルエンザワクチンも今年は4種類は配合されているようですが、
これも同じで耐性を持っているウイルスには無力です。

医師の言葉を借りるなら「型が合わなかったんですね」

私たち人間が登場する以前から、
ウイルスや細菌、カビなどは存在していた訳ですから…
駆除するなんて永久にできません。

また、私たち人間もこれらによって生かされていることもあって、
無くなっては困るのです。

もし、薬物に頼り続けるなら、私たちが本来持っている免疫力が次第に低下して、
新型のウイルスや細菌などが登場する度に大きな被害を受けることでしょう。
抗ウイルス薬のみならず、すべての薬剤が同じような顛末をたどります。

これらの解決法は私たち自身が
「クスリの呪縛(薬漬け)から抜け出す」ことしかありません。
ある意味、麻薬中毒などと同じなのかもしれません。


<引用終わり>
----------------------------------------


鳥インフルエンザの分布も・・・
口蹄疫の分布も・・・
アジアやアフリカばかり。
これっておかしくない❓








お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』










東日本の家の中は、キラキラ光っています。






「この映像は浪江の警戒区域に落ちていたスリッパである。
使用したフィルムはコダックのTR-Xの大判の8X10フィルムだ。
要するに密着焼きと同じ手法だ。
現像は念のため2倍の増感現像をした。
ネガを印画紙に焼き付けた状態で見せるため白黒反転させた。
放射線が輝いて見える。
私たちの体内に入って細胞内のDNAを破壊していく姿を想像して欲しい。
恐ろしい光景だ。」
http://mphoto.sblo.jp/category/1117537-1.html



お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



管理人

今からの世の中は、危機管理意識を働かさなければ生きていけません。
全ては、先ず、イメージするところから始まります。
それが無いと・・何も始まりません。
感性が鈍くなって来ると、イメージすることさえ出来なくなってしまうものです。

このイメージを働かせられる人は、感性豊かな人です。
当然、危険を予知する感覚も澄んでいます。
多くの人に、その危険を感知してもらいたいが為に、
冒頭に、あのような放射能を感じさせる写真を載せました。


恐らく、東日本の汚染の厳しい地域の自宅の室内は、冒頭の写真と
似たようなものではないかと推察出来ます。
毎日々・・・汚染を室内に持ち帰っているので・・・
当たらずとも遠からずといったところではないでしょうか。

多重汚染~多重被曝といった怖ろしい言葉が脳裏に浮かんできます。
無関心の人は、無視してもらっていいです。
強い関心を持つ人だけに、良いアイデアを提供したいと思います。

大切なお子さんを持たれていたら、尚更です。
今更ではなく、今一度、立ち止まって考えて欲しいと願っています。
2017年は、被曝症状が爆発的に増える年なのですから。





チェルノブイリ事故が起こってから、6年目 あたりから
あらゆる疾患が 激増 しています。
日本でいうと、来年の2017年から という事になります。



もし、汚染地域に住み続けなければならない様々なご事情のある皆さんは、
それなりの覚悟と心構えが必要になってくると思います。
それなくしては、きっと、未来は明るいものにはならないのではないでしょうか。

自分や家族を護るには、先ず、身の周りから除染をしなければお話になりません。


イラスト付き
「放射能を少なくする家そうじ」ができました。

http://eminakae.exblog.jp/12809789/



















頑張って部屋を掃除しても、まだ結構残っている可能性があります。
残存放射能の除染は、微生物にお願いしましょう。


放射能を既に肺いっぱいに吸い込んだ人は
一体どうすれば良いのでしょう?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11729782302.html


雑菌が含まれない乳酸菌の元菌の作り方っていえば、
今の所、以下の方法しか思いつきません。

つまり、殺菌用紫外線ランプと米のとぎ汁さえあれば、
純粋な光合成細菌は、幾らでも作れるのです。

http://grnba.com/iiyama/hikari.html#ws05192


放射能大好きな光合成細菌がたっぷり入った溶液をスプレー容器に入れ、
部屋中くまなくシュッシュしてやりましょう。
これは、あなたや家族の除染にも使えます。
長い時間をかけて、定期的に噴霧することが重要です。






もみじ
部屋の水式空気清浄機は、cmk2wl さんに頼めば、格安で作って送ってもらえます。
とても優れものです。

cmk2wl さんのサイト
https://twitter.com/cmk2wl


モンスーン”SC”(スーパーチャージャー)
車で移動した仕事場の空気清浄が短時間でできる小型水式の依頼があり制作しました。
圧力損失を防ぐためにインテーク側のファンからの風をアウトゴー側のファンが
吸い出す構造に。
この方式によってデュアルファンのハリケーン並みの捕集力が得られます。
https://twitter.com/cmk2wl/status/791556251305979904







ヒマワリ
重要・関連記事

【放射性物質を無害化する微生物vol.1】~放射性物質を吸収する微生物編~
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/07/2127.html

【放射性物質を無害化する微生物vol.2】~放射性物質を分解する微生物編~
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/07/2304.html

【放射性物質を無害化する微生物vol.3】~原爆と原発の違いと放射能耐性微生物の効果~
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/08/2418.html

【放射性物質を無害化する微生物vol.4】~放射性物質による被害~
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/11/3179.html







もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』











アスカさん逮捕はスピンコントロール。
“年金カット法案”強行採決隠しの為に
予め、用意されていた。








管理人

一度、逮捕歴のついた芸能人は、何度でも使いまわしされる。
無論、自民党政権と警察はグルである。

今回の場合、“年金カット法案”強行採決隠しの為に、
アスカさんは利用されたことは間違いない。

但し、アスカさんが本当に覚せい剤を使用したかどうかについては
大変大きな疑問点がある。

当初より、反原発・反戦平和に目覚めたアスカさんは、警察当局より
格好の標的になっていた可能性が高い。

尿検査と言ったって、採取したアスカさんの尿に、ちょっと、覚せい剤の粉を
垂らすだけで、簡単に覚醒剤の陽性反応で逮捕することが出来てしまう。

無知な一般大衆は、簡単に騙されてしまう。
警察が、日常的にでっち上げで冤罪事件をひき起こしている事実さえ知らないのだ。

漫画のような正義感溢れる刑事ドラマを毎日のように見せられている一般大衆は、
警察を信じて疑う事を知らない。
警察が、犯人にしようと思えば、実に簡単に犯人にされてしまうのである。


この際、はっきりと断言しておきます。

日本国内における犯罪組織として、警察はヤクザと双璧をなす!

警察は、日本最大の犯罪者集団である。
http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html


警察は、家庭崩壊のみならず、無数の空き巣や強盗を生み出す温床となっている
パチンコ業界の最大の支援組織である。
何故なら、警察にとって犯罪は、まさに金の成る木だからである。
犯罪が増えるに比例して、よりたくさんのお金が
警察に流れるような仕組みになっています。

医療業界が、殺人薬の抗がん剤をたくさん売り捌いて大儲けする。
人口削減目的のワクチンを全国的に推進して大儲けする。

警察も医療業界も、間違いなく巨悪犯罪者集団である。
マスコミは、この両者を賛美し応援する為の補完組織であり、
これまた、同じ犯罪者集団である。。

しかし、情報を閉ざされた一般大衆は、警察や医者を信じて疑わない。
はっきり言って、救いようが無い。



ASKA逮捕を事前予告して“見せ物”に!
清原逮捕に続く警視庁組対5課の情報操作と
それに乗っかるマスコミの手口

http://lite-ra.com/2016/11/post-2731.html

こんなことってありなのか。
本日28日午後からマスコミが大騒ぎしているASKAの二度目の覚醒剤逮捕事件だが、
その過程はかなり異例のものだった。
何しろ、テレビ各局が逮捕状も出てない段階で一斉に、
「ASKA元被告 逮捕へ」と報道したと思ったら、
当のASKAが自分のブログで逮捕も覚醒剤の陽性反応も完全否定。
その後、逮捕報道とASKAのブログの応酬が繰り広げられ、
ASKAの自宅前にマスコミが集結。
身柄確保の瞬間があらゆるメディアで実況中継されるという事態に発展したのである。

結局、ASKAは午後10時前に警視庁に逮捕されたが、逮捕報道は明らかな前打ちであり、
この一件は警察と、それに無批判に乗っかるマスコミの危うい体質を浮き彫りにした
といえるだろう。

まず、経緯を説明しておこう。
始まりは14時30分頃、NHK、そして共同通信が「歌手のASKA元被告逮捕へ。
覚醒剤使用容疑」という速報を打ったことだった。
これを受けて、放送中だった『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)、
『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)、『ゴゴスマ GO GO! Smile!』(CBCテレビ)
などのワイドショーが一斉にこのニュースに切り替え、大々的に報道を始めた。

報道によると、ASKA元被告は先週25日の19時ごろ、
「盗聴とか盗撮されている」と自ら110番通報。
この時、ASKA元被告がろれつが回らない状態だったため、警視庁が尿検査を行った結果、
覚醒剤の陽性反応が出たという。
そして、各局とも警視庁記者クラブからの中継で「これから逮捕にいたる」と断定的に報じた。

中でも『ミヤネ屋』は、宮根誠司が「覚せい剤使用の疑いで逮捕ですって」
「また逮捕?」と、もうすでに逮捕されたかのようなトーンで解説していた。

ところが、その少し後、14時50分過ぎになって、当のASKAがブログに
「はいはい。みなさん。落ち着いて。」(原文ママ)と題して、
こんなことを書き込んだのだ。

〈間違いですよ。詳しくは書けませんが、先日、僕の方から被害届を出したのです。
被害の内容は想像してください。
そしたら逆に疑われてしまいまして、尿検査を受けました。
何の問題もありません。
すべて、フライングのニュースです。これから弁護士と話します。〉



続きは、リテラさんの記事本文よりご覧下さい。


<引用終わり>
---------------------------------------



★ASKAさん壮絶な「集スト、PC遠隔操作」被害を語る!
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15233.html


2016-07-18

この半年間のできごとについて

ASKAです。

みなさんには、本当にご心配おかけいたしました。
既に、週刊誌やネットでご覧になられていたでしょうが、実は、盗聴盗撮の事実に
懐疑的になった周囲によって、覚せい剤の後遺症であると判断され、
医療保護入院という国が定めたシステムの入院をさせられてしまっていました。
本当に、病気だと思ったのでしょう。
早く治療を受けさせなければと考えたのでしょう。

その行為には何の恨みも生まれてはおりません。

盗聴盗撮は本物です。巷では横行しています。
皆さんも、気づかれていないだけで、被害に遭われています。
ネットでは、精神科の医師の発言により、僕が精神病、統合失調症のように
書かれていますが、僕は病気ではありません。
精神科の医師たちは、現代のテクノロジーについて行っていないだけです。
今回のできごとは、盗聴盗撮集団の思惑どおりに事が運んだということになります。

実は、このブログをUPするのは4回目のことです。
7月14日、お昼の2時頃に1回目を「ASKA_Bunishustone」2回目は「ASKA_BS」です。
ヤフーよりUPしたのですが、グーグルやヤフーの検索エンジンには、引っかからず、
誰の目にも止まりませんでした。
検索エンジンは、5分も満たないうちに作動するものです。
どなたか、プログラマやエンジニアの方が読者の中にいらっしゃいましたら、
この疑問を解いてください。
1月に2回目のブログ立ち上げの際には、3時間ほどで1000アクセスを超えましたので、
非常に不可解です。何らかの力が働いているのではないでしょうか?
このブログのオリジナルはここです。

http://ameblo.jp/used-be-a-realcast/entry-12180800382.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----used-be-a-realcast_12180800382


プログラマのみなさん、このブログのソースコードに不自然な点はないでしょうか?

4日間も検索に引っかからないのは、極めて不自然です。
それとも、ヤフーやアメブロは検索エンジンに引っかかりにくいのでしょうか?

ま、あまり疑いを持つのは良くないですね。
そういうことも、あるのかもしれません。
今回は「はてな」により、

”aska_burnish stone”で、UPしてみました。


話を変えましょう。入院生活は過酷でした。
4ヶ月の入院生活では、最初の10日間、部屋に鍵がかけられ自由を奪われました。

本さえも持ち込めないのです。何もやることがないということは、本当に辛いことです。
僕は、4ヶ月間ひたすら筋トレに励みました。

そして、入院3ヶ月を過ぎた頃、僕が正常であると確信したある弁護士らによって
救出して頂いたのです。
しかし、医療保護の名の下には、直ぐには解放とはならないのです。
一度、任意入院に切り返わる必要があります。

5月17日、僕は九州の病院に転院しました。
そこでは、医院長の検診、面談が行われ、直ぐに「病気ではない」と、診断されました。

やっと、疑いが晴れたのです。
医療保護が解け、任意入院になり、1ヶ月間の自由な生活をいたしました。
パソコンもスマホも許可してもらいました。
部屋にはテレビもある、お風呂も毎日入れる。売店にも自由に行ける。
外泊もできる。地獄から天国です。

久しぶりにパソコンに触れた時、驚くべき事実に遭遇いたしました。
僕の所有しているパソコン、スマホの 全てのパスワードが
書き換えられてしまっていたのです。
ケーブルが繋がったままでしたので、遠隔操作でしょう。
パスワードを取り戻すのには大変な時間を費 やしました。
1月に書いた4つのブログも、全部削除されました。
昨今、芸能人の多くが、このような被害に遭われていることはご存じのことでしょう。


興味深い話をしましょう。僕が「700番」を公開した直後、
僕が6年間に渡って受けてきた盗聴盗撮の証拠は、全て削除されてました。

現在ネット上に盗聴盗撮の痕跡はありません。
しかし、僕はその多くをCD-Rに記録してありましたので、
集団の証拠隠滅は無駄な努力となりました。


九州の医師には、証拠を見せました。

「・・。 こんなことが起こってたんですね。驚きしかありません。」

「これが、今の世の中の実態です。僕のように盗聴を訴えて、
病気にされている人たちが、全国にはたくさん居ると思います。」

ネットでは、僕がモンスターハンターゲームの被害者だと自ら思い、
勘違いしているなどと書かれておりますが、
そんな分かりやすいことに6年間も費やすことはありません。
モンスターハンターゲームのスレッドなどは見たことがありません。
彼らが、モンスターハンターゲームの用語を使用してやっていたのです。
カモフラージュです。
僕が見ていたのは、数人のツイッターとブログだけです。
過去、彼らによって壊されたパソコンのハードディスクは、全て持っています。

また、盗聴で得た僕の声を使用したゲームがあると書きましたが、
そのゲームソフトも入手いたしました。自分の声とは58年間付き合ってきてるのです。
間違 いはありません。
声紋鑑定を行えば良いだけです。ここから先の僕の行動は書きません。
ただ今、弁護士と打ち合わせの日々です。
みなさんへの公開もありえる かもしれません。


6月の終わり、またログインパスワードを変えられてしまいまいた。
リセットパスワードでパスワードを取り戻し、その足で、あるIT会社へ相談を
するために足を運びました。
その時、IT会社社員の目の前で、
再びログインパスワードを書き換えられてしまったのです。
電源を入れてから、僅か数分間のできごとです。
これは「キーロガー」というソフトです。
そのウイルスソフトを仕込まれていると、パスワードを書き換えても、
一瞬のうちに相手に情報が送られるのです。
現在、キーロガーを防ぐ手立ては殆どありません。

「相当の集団ですね。ウチのプログラマでは対抗できません。」

しかし、このできごとは、僕にとって追い風になりました。
証人が増えて行ったからです。

彼らは、やりすぎたのです。体制は整ってまいりました。

また、週刊誌では、
僕が「奇声を上げていた」と、ありましたが、真っ赤な嘘です。
家族に手を上げることなどもありません。

この6ヶ月間の経緯につきましては、近いうちにある形で皆さんに報告をいたします。

ありがとうございました。


ASKA

aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2016/07/18/031050
aska_burnishstone’s diary
さんちより転載しましたm(_ _)m


<引用終わり>
---------------------------------------




ASKA さんをつけまわしている連中は、
やはりこの連中で間違いないしょう。

http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html








お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』




101 回目のプロポーズ









『甲状腺ガン』特集号
~その治療法と~【ある奇跡のお話】








お知らせ

11月30日に、メルマガを配信します。

★メルマガ第27号

『甲状腺ガン特集~その治療法と~ある奇跡のお話』

甲状腺ガン治療3点セットを詳細に解説し、
その具体的処方についてを記事にします。
永久保存版にしたいので、薬事法に引っ掛からないように
メルマガで公開することにしました。

メルマガは、年内に新しいホームページが出来ます。
新年からは、そのホームページから全て記事を配信することになります。


----------------------------------------------------------


管理人

今回の記事は、メルマガのPRバージョン版です。

以前にも書きましたが、甲状腺に出来る「のう胞」は、間違いなく病気です。
心ある医師が、そのようにはっきりと明言しています。
それが進行すると、「多発性のう胞」や「のう胞結節」となります。
更に進行すると、最悪・・「甲状腺ガン」に到ります。
概要については、以下の記事におおまかに書かれています。

甲状腺がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方
http://www.gan-info.com/317.6.html

<一部引用>

甲状腺がんの病期の進み方・悪化の仕方は、がんの種類により異なります。

甲状腺がん患者の約90%を占める乳頭がんの場合には、
進行がゆるやかで転移の可能性も低いという特徴があります。

首のしこりにより異常に気付きやすいですが、
約10%の確率で非常に悪性度が高い未分化がんに変異することもあります。

未分化がんは、進行が急激でほとんどの患者が半年以内に死亡する
という怖い種類の甲状腺がんです。
高齢者ほど変異の可能性は高くなります。

髄様がんでは、遺伝による家族性である場合が多く、
1か所ではなく甲状腺全体にがんが多発する傾向があります。
悪性度はさまざまです。

濾胞(ろほう)がんでは、乳頭がん同様進行が緩やかなタイプですが、
乳頭がんよりは転移しやすく、肺や骨などに遠隔転移しやすいという特徴があります。


<引用終わり>
-------------------------------


ガンの悪性度については、ここまで調べて見たところによると、
以下の記事と大きく関係があると考えられます。


世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html


つまり、通常の細胞がガン化していく過程において、細胞の遺伝子が
カビ菌やウィルスの遺伝子と『合体』してしまう実例があります。

カビ菌やウィルスの繁殖度のすさまじさが、そのまま・・・
ガン細胞の悪性度につながっているとしか考えられないのです。

皆さんは、「遺伝子組み換え」、という言葉をよく目にすると思います。
これは、人間が遺伝子を操作したものです。
人間のレベルでさえ可能な訳ですから、ある条件化では、
当然、自然界においても起こり得る訳です。
いや、寧ろ、起こらないほうがおかしいとも言えます。

様々な悪性腫瘍の病名は、その部位によって変わるだけだと思います。

腸管内でみられる「リッキーガット症候群」は、血液中に、
カビ菌やウィルスを送り込む訳ですから、人の細胞がガン化していく
過程で、カビ菌やウィルスの遺伝子と『合体』する機会は、
否が応でも高まるであろうことは誰にでも理解出来ると思います。

これが、悪性ガンの真相なのではないでしょうか。
先ず、これを理解しておかないと解決策を見出すことすら出来ません。
つまり、総合的理解を深めないと先に進めないことは明らかです。
まして、治療法などを見出せる訳がないのです。


先ず、真っ先にやらなければならないのは、

★メルマガ第23号

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


そして、次にやることは、温熱療法~特に、深部加熱法

★メルマガ第18号

がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!




そして、腸管内と体内のカビ菌を駆逐する努力が必要になってきます。

癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html

以上の記事に、非常に重要なヒントがあります。

癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ・・・
ここがポイントです。
これを説明出来るのは、
人細胞の遺伝子とカビ菌遺伝子の合体以外では説明がつきません。

つまり、合体したガン細胞の周囲に、カビが大繁殖するのは、
ガン細胞が、カビ菌によって支配されているので、何等、不思議ではないのです。
仲間をどんどん呼び寄せて増やしている訳です。
或いは、ガン細胞そのものが、カビ菌を生み出している可能性があります。

これは、医学界においても最大のタブーの一つでしょう。
この真相を大々的に告発しようとする医学者や科学者は・・・
大抵の場合、潰されるか、暗殺の憂き目をみることになる訳です。


皆さん、ご理解いただけたでしょうか?
何故、メルマガでしか書けないのかを・・・。
これをブログで書き続けると、私も同じ目に遭うからです。



以下、この続きは、メルマガ第27号に続きます。







お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』












「人を守ってこそ自分を守れる
・・・己のことばかり考えるやつは、
己をも滅ぼすやつだ!」







「人を守ってこそ自分を守れる・・・

己のことばかり考えるやつは、己をも滅ぼすやつだ!」


(勘兵衛)


『七人の侍』
セリフで振り返る名場面

http://members3.jcom.home.ne.jp/gorobei/meibamen/mei_home.htm

名場面そのⅡー村の要塞化が始まった~より

「自分の家捨てて、人の家守るためにこんなものかつぐことはねぇ!」
とエゴをむき出しにする離れ家の住人・茂助らに毅然と刀を抜く勘兵衛。
ゾクっとするシーンでした。



管理人

今の日本は、311以降、表に出てこなかった暗部がすさまじい勢いで
噴出したかのような様相を呈しています。
いつも記事にするのは、その暗部のことばかり。
多くの人が、嫌になって来ているのではないでしょうか。
かく言う私もその中の一人です。

更に、国内ばかりか世界にも暗雲がただっている今日、
私たちに希望はあるのでしょうか・・・見えるのでしょうか?

多分、希望というものは、人から与えられるものではなく、
自分の心の中に芽生えるものだと思うのです。

自己中心的で、いつも自分のことしか考えない人には、
常に、不安がつきまといます。
不安の中からは、決して希望は生まれて来ないものです。

もし、あなたが希望を感じて生きられる人間になりたいと思ったら、
いい方法があります。

自分以外の大切な人の幸せをひたすら願うこと・・・。

ご夫婦であれば、お互いに相方の幸せを想い願い続ける。

両親であれば、ひたすらに子供の健康を祈り、そして、幸せを願う。

恋人であれば、自分の都合や打算などではなく、
ひたすら、お相手の気持ちを大切にして、そして、幸せになって欲しいと願う。

親友や知人の幸福をいつも願うように心がける。

学校の先生は、自分のメンツや体面より、本心から生徒のことを思いやる。


口で言うのはたやすいですが・・・案外、これが難しい。

もし、これが出来るようになると人生そのものが大きく変わるような気がします。
不安におののく毎日から、小さな希望が芽生えてくるような気がしませんか?

面白いもので・・・
自分の事しか考えない人は、結局、自分さえも守れないそうです。
大切な人の幸せを願うとき・・・
初めて、本当に何が大事な事なのかが見えて来るようです。

更に不思議なことに、不安や恐れが小さくなって来ます。
何故、そんな事が分かるのかって・・・?
私が経験したからです。

不思議ですね。
そうすると、本当に大切なものが見えてくるだけではなく、
全ての答えまでもがぼんやりと心に浮かび上がってきたりします。

不安の流れの中で生きていくのと、
希望が自然に湧いてくる流れの中で生きていくのとでは、
果たして、どちらが幸せに生きていけるでしょうか?

あなたは、どちらの生き方を選びますか・・・
今日の記事はとっても短くシンプルですが、
ものすごく重要なことだと思います。
究極的には、あなたの人生そのものを大きく左右するのですから。

試しに、1日だけでもそのように心がけてみて欲しいものです。
きっと、何かが変わるはず。




映画 『七人の侍』 予告編





お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』










“年金カット法案”強行採決か!?
~最初から官僚がお金を盗る為に始めた制度だからね。







国民をなめてる!【年間14万削減】
〝年金カット法案〟強行へ by 日刊ゲンダイ
http://blogs.yahoo.co.jp/akaruria/35049352.html


国民をなめてる!【年間14万削減】〝年金カット法案〟強行へ
安倍政権の国会審議は「演出」「プロレス」「茶番」
物価が上がって賃金が下がっても年金が減額される。
高齢者イジメの〝年金カット法案〟がきょう(25日)
衆院厚生労働委員会で「強行採決」される(日刊ゲンダイ)




年金カット法案 与党きょう採決狙う ― 衆院厚労委理事懇 野党が反対
http://blog.goo.ne.jp/minamiku100/e/d65d0a254660c8266623f1380d78e94a

年金カット法案について与党は24日の衆院厚生労働委員会の理事懇談会で、
25日の採決を提案しました。日本共産党、民進党は審議が十分に尽くされて
いないとして反対しました。そのため、委員長が職権で大臣質疑までの日程を決定。
与党は同日採決の構えを崩していません。

懇談会で、与野党は25日午前の参考人質疑、
同日午後の安倍晋三首相が出席しての質疑については合意しました。
与党はその後の日程として、1時間半の大臣に対する質疑をした上での採決を提案し、
野党は徹底審議を求めたため、丹羽秀樹委員長が職権で大臣質疑を決定しました。
委員長職権での委員会運営は6度目です。

高橋氏は、参考人招致決議を当日に行うことは「異例中の異例」と厳しく批判。
丹羽委員長は「前例としない」と約束しました。

年金カット法案をめぐっては、与党と維新の合意だけで審議入りが強行されたのを
はじめ、委員長職権が相次ぐなど、異常な運営が続いています。
日本共産党は、物価が上がっても賃金が下がったら年金支給額が下がる同法案は、
マクロ経済スライドの「キャリーオーバー制度」と合わせて後代にもつけを回す
と批判しています。


----------------------------------------------------



(武田邦彦氏ブログ)
なぜ、年金のお金は無くなるのか?
http://takedanet.com/archives/1013802444.html

「最初から官僚がお金を取るために始めた制度
だと当時の担当課長自身が言っているのです 」




私が「国債は買ってはいけない」という本を書いたとき、日本のお金の流れを
よくよく調べたり、計算したりしました。その中でびっくりした一つに
「年金は積み立てていたら無くなる」ということでした。
当時の私の計算結果ですが、20才から年金を積み立てても、
最初の10年はわずかに全体の1.5%しか積み立てられないのです。
その原因は物価上昇とか生活程度の向上なのですが、これはすでに歴史的事実なのです。

さらにこれに加えて社会保険庁が「年金の使い込み」をしたので、
本来、払わなければならない約束は800兆円、実際にあるはずの年金が150兆円。
そしてそのうち約100兆円が消えているのです。
年金制度を始めたら膨大なお金が集まったので、それに群がった人たちが
(どうせ焦げ付くことがわかっている)公共投資にそのお金を投じたことと、
役人が天下りで他人の年金をむさぼったことでなくなりました。


このことは有名な国民年金制度の創設者で元厚生省年金課長だった
花澤武夫氏の回顧録を見れば一目瞭然です。


「この資金(年金)があれば一流の銀行だってかなわない。
厚生年金保険基金とか財団とかいうものを作って、
その理事長というのは、日銀の総裁ぐらいの力がある。
そうすると、厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない。

年金を支給するのは二十年も先のことだから、今のうちに使っても構わない。
先行き困るという声もあったが、そんなことは問題ではない。
将来みんなに支払うときに金が払えなくなったら賦課式にしてしまえばいいのだから」

つまり、国民から年金といってお金を集めれば何でもできる。
そして国民に支払う段階ではお金がなくなっているから賦課方式
(今のように若い人が払って高齢者がもらう)にすれば良いというのですから、
年金を始める時に、すでに「年金を支払うことなど考えず、どんどん使え」、
「無くなったら賦課方式(その年精算方式)に変えれば良いと言っていたのです。

つまり年金は最初から官僚がお金を取るために始めた制度だということを
当時の担当課長自身が言っているのです。
でも、官僚も人間ですし、明治以来の制度で疲労し腐敗しています。
それに競争に勝ち抜いてきた「自分だけが良ければ」という人の集まりですから、
むしろ「揺りかごから墓場まで」というようなこのぐらいのことを気がつかない
私たちの方が問題だったのでしょう。

今、消費税の増税法案がでていて、「年金との一体改革」と言っていますが、
これは簡単に言うと
「これまで厚労省などが使い込んだ(もしくはダメな団体に融資した)ので、
お金が足りなくなり(つまり年金を他の目的に使用してなくなった)、
税金で補填する」ということです。

こんなことはとうてい、認められません。
第一に使い込んだところが弁済するのが普通で、霞ヶ関が払うべきです。
第二にそれでも国として足りないものがあるなら、なぜ年金がこんなになったのか、
花澤氏の回顧録の内容の解説、150兆円のうちの焦げ付きの責任などを
明らかにしてからが当然です。
それにしてもおとなしい国民と、政府発表を繰り返すだけのNHKですね。

年金の話は、政府のあまりの無責任さに驚くばかりですが、
これは果たして年金だけのことでしょうか?
実は私たちの代表である政府はすでに年金の話と同じように腐敗しているかも知れません。
何しろ制度を作るときに使い込みを前提にしているということですから、
私が今まで体験したリサイクルや温暖化なども最初からトリックだったのも
当然のようにおもいます。

そして今でも、エネルギーや電力などに同じようなトリックがあり、
それに荷担している人が多いことを考えると慄然とします。


<引用終わり>
-----------------------------------------------



ずっと疑問だった、安部・福田短期政権の謎と深い闇!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-11348251736.html

付け加えて,日本の年金の話がある。
そもそも,この話は戦時中にまでさかのぼる。
敗戦色が濃くなり戦争債で十分な戦争資金が集まらなくなったために,
日本政府はこの資金を国民年金の名前で集め,すべてを浪費した。

戦後,社会保険庁に受け継がれた年金であるが,その後も馬鹿げた
運用方法で元本の大部分を失ったために年金行政は破綻状態となる。
この額は100兆円を越えると言われるが,政府としてはこれを闇に
葬り去るしかなくなった。そこで,その額に当たる5000万件の記録
紛失情報の政府筋からのリーク(漏洩)となったのである。

安倍首相は国会答弁で,
「最後の一人になるまで私が責任を持ってお換えしいたします」と明言した。
そして,その処理を1年以内にとも言及した。
結論から言えば,「私の任期がそこまで続いたら…」という付帯条件が
ついて,という話であったという訳だ。辞任した今となっては,
誰が責任を持つのだ?という追求には当事者がいないということになる。


<引用終わり>
-----------------------------------------------



重要関連記事

日本は既に、破産同然である事が判明!
~預金封鎖=金融統制は時間の問題!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12126692025.html


管理人

国民年金・厚生年金、あまりにも高過ぎる健康保険料金

国民のお金を食いものにしている連中が確実に居る。
とてつもなく巨大な蜜に群がり、それを貪っている。

超巨大化した官僚機構と天下り王国、そして、巨大利権。
更に、そのおこぼれに政治家があずかる。

経産省は、原発政策の核となり推進してきながら、
311からなる原発事故の後始末のツケを国民に払わせようとしている。
今や、原発利権帝国は巨大化しており、日本の政治さえも支配するに到る。

まさに、やりたい放題やっているのが真相である。
全て国民のお金を使っての悪行三昧だから、まことに始末が悪い。

国民が幸せになれない最大の元凶は、官僚マフィアである事は間違いない。



国民年金の支給開始年齢は
70~75歳に引き上げられるだろう。

しかし、
国民の多くがその年金を手にする事は出来ない。

何故なら、
意図した放射能の拡散で多くの命が奪われるからだ。

これが、
官僚中枢の本音であり、現に、実行している。

無関心でいる今の若者は
将来、どえらい目に遭うだろう。





国民年金の支給開始年齢は75歳からに引き上げられる?
https://www.hoken-clinic.com/sp/teach_qa/detail62.html?from=listing&waad=JWpdkOpv





お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』