決してガンにならない動物の秘密!?






2013年6月26日
「ハダカデバネズミ」が、ガンにならない理由
https://wired.jp/2013/06/26/cancer-immunity-of-strange-underground-rat-revealed/

~ 一部転載 ~

ガンの研究者から見るとマウスとハダカデバネズミは、
それぞれガンという病気の両極端にある。
マウスはガンの動物モデルとして使われるが、
それは寿命が短くガンの発生率が高いからだ。
ガン発生のメカニズムの研究や、ガンに効く薬のテストにこの特徴が役立つ。

一方、ハダカデバネズミは長年の研究においてガンが発生したことがない。
研究では通常、ガンを誘発するためにガンマ線を打ち込んだり、
腫瘍を移植したり、発ガン物質を注射したりするのだが、
ハダカデバネズミはガンにならないのだ。

米ロチェスター大学のヴェラ・ゴルブノヴァとアンドレイ・セルアノヴは、
ハダカデバネズミがガンから身を守るメカニズムを発見したのではないかと考えている。

ふたりはハダカデバネズミの腋窩と肺から採った細胞を研究していて、
細胞の周辺に化学物質が異常に密集していることを発見した。
その化学物質はヒアルロン酸(ヒアルロナン)だとわかった。

ヒアルロン酸はすべての動物に見られる化学物質であり、細胞の結合が主な役割だ。
ヒアルロン酸は力学的な強さを与えるだけでなく、
細胞の数が増える際の制御にも関係している。

ガンでは細胞の無秩序な増加が見られるため、
ヒアルロン酸は悪性腫瘍の発達に関係していると考えられていた
(たとえば悪性胸膜中皮腫の腫瘍マーカーであり、
胸水でのヒアルロン酸の検出は胸膜中皮腫を示唆する)。
しかしゴルブノヴァ氏によると、ヒアルロン酸の量と密度といった
さまざまな側面が、細胞の増殖を調整している可能性がある。

重合体であるヒアルロン酸は、ひとつの鎖に含まれるヒアルロン酸分子の数が
大きくなるほど密度が高くなる。
ヒアルロン酸の分子量が大きいと、細胞は数が増えないよう「命じられる」。
分子量が小さいと、細胞は増殖するよう「依頼」される。
ハダカデバネズミは、ヒアルロン酸の分子量が普通よりも大きく、
マウスや人間の5倍もあることをゴルブノヴァ氏は発見した。

ゴルブノヴァ氏はヒアルロン酸を分解する酵素の量を増やして、
ヒアルロン酸の分子量を減少させてみた。
するとすぐにハダカデバネズミの細胞がガンになったマウスの細胞と同じように、
大きなガンの塊へと増殖を始めるのが観察された。

さらにゴルブノヴァ氏はこの仮説をテストする別の実験において、
ヒアルロン酸を生成するようコード化された遺伝子を破壊することで、
ヒアルロン酸を減少させるという方法を使った。
そのうえでガンを抑えるのではなく発生させるウイルスを注射すると、
ハダカデバネズミの細胞が癌性になった。

ゴルブノヴァ氏は、ハダカデバネズミはヒアルロン酸の密度が高いことで、
皮膚の弾力性が増しているのではないかと考えている。
そのためハダカデバネズミは、地下の小さなトンネルで暮らすことができるわけだ。
その特徴が図らずも、ガンを防ぐという新しい役割を得たのかもしれない。




2011年07月13日
普通のネズミの約10倍の寿命を持つガンにならない「ハダカデバネズミ」
http://karapaia.com/archives/52025304.html

~ 一部転載 ~

ハダカデバネズミの細胞には、短命な通常のマウスと同様に、自由に動き回り、
細胞を傷つける性質を持ったフリーラジカルが多量に存在する。
しかしマウスと違って――というより、人間をはじめ、酸化変質のダメージを
受けているとみられる他のすべての生物種と違って――、
ハダカデバネズミは酸化と共存する術を身に付けているらしい。
実験用マウスとハダカデバネズミを比較したところ、
両者のシステムには大きな違いがあることが分かった。
ハダカデバネズミのタンパク質は、傷ついてもなお活動している。
損傷を受けても機能は保持されるのだ。

また、ハダカデバネズミはガンに対して高い耐性を示し、
ハダカデバネズミにガンが発見されたことはない。
このメカニズムは、一定のサイズに達した細胞群に新たな細胞を増殖させない
「過密」遺伝子として知られているp16という遺伝子が、
がんを防いでいるものである。

ハダカデバネズミも含めたほとんどの哺乳類は、P16が活動するよりも
かなり遅れた時期に活動する細胞の再生を阻害するp27と呼ばれる遺伝子を持っている。
ハダカデバネズミにおいては、p16とp27の共同作用が、
がん細胞の形成の阻害としての二重防壁を形成していると言われている。



関連記事

第144回 ハダカデバネズミが癌にならないわけ
http://www.geocities.jp/reborn_i131/skikou144.html


----------------------------------------------



ヒアルロン酸~ウィキペディアより

生体内では、関節、硝子体、皮膚、脳など広く生体内の
細胞外マトリックスに見られる。
とりわけ関節軟骨では、アグリカン、リンクタンパク質と非共有結合し、
超高分子複合体を作って、軟骨の機能維持に極めて重要な役割をしている。
ある種の細菌も同様な構造を持つ糖鎖を合成している。

ヒアルロン酸は、悪性胸膜中皮腫の腫瘍マーカーであり、
胸水でのヒアルロン酸の検出はこれを示唆する。
早老症において尿中ヒアルロン酸濃度が高くなる。
肝硬変では血清中のヒアルロン酸濃度が上昇する。


経口摂取

人体の水分維持に貢献しているヒアルロン酸だが、それを補うとして、
健康食品・サプリメントとしてヒアルロン酸の経口摂取を謳った商品
(いわゆる「飲むヒアルロン酸」)が存在する。
変形性膝関節症に対するヒアルロン酸の経口摂取によるヒトでの有効性については、
『飲むヒアルロン酸』が宣伝されているが、効果不十分のため特定保健用食品にも
認定されていない。

ヒアルロン酸は飲んでも分解されて全身に散らばり、
関節液に有効量移行する量を飲むことは実際に不可能であり、
医学的に効果を証明されていない。

経口摂取による皮膚の水分量増加が報告されている。
また、腸管のTLR4受容体に結合することで、
自己免疫疾患を抑制する可能性が示唆されている。


~ 引用終わり ~


肌に吸収できる「分子量」は、どれぐらい?
https://ameblo.jp/atopiclass/entry-11181399640.html

分子量が大きくなれば、分子のサイズも大きくなる、という感じです。

肌に吸収されるには、この皮膚バリアを通過しないといけないわけですが。
分子のサイズ。
つまり、分子量が小さくないと、なかなかこのバリアを通過できません。
で、気になるのは「どれぐらいの分子量なら通過できるのか?」ということです。

皮膚を通過できる分子量は、おそらく「500以下」だろうといわれています 。

ヒアルロン酸の分子量は、「100万以上」だといわれています。


----------------------------------------------




ヒアルロン酸はすべての動物に見られる化学物質であり、細胞の結合が主な役割だ。
ヒアルロン酸は力学的な強さを与えるだけでなく、
細胞の数が増える際の制御にも関係している。


重合体であるヒアルロン酸は、ひとつの鎖に含まれるヒアルロン酸分子の数が
大きくなるほど密度が高くなる。


A: ヒアルロン酸の分子量が大きいと、
細胞は数が増えないよう「命じられる」
分子量が小さいと、細胞は増殖するよう「依頼」される。
 



B: ヒアルロン酸を分解する酵素の量を増やして、
ヒアルロン酸の分子量を減少 させてみた。
するとすぐにハダカデバネズミの細胞がガンになったマウスの細胞と同じように、
大きなガンの塊へと増殖 を始めるのが観察された。




管理人

A も B も大変重要な情報です。

ヒアルロン酸の分子量が大きいとガンにならない可能性を意味します。

また、B の意味するところは・・・

ある酵素によってヒアルロン酸の分子量を減少させれば、
限りなくガン発症の危険性を高めることが可能となります。

ここのある酵素とは何でしょうか?
一度、調べて見る必要があります。

更に・・・

ヒアルロン酸の分子量を減少させれるのであれば、
ヒアルロン酸の分子量を大きく出来る可能性もある事になります。

恐らく、既に研究されている可能性があります。

ヒアルロン酸は、口から飲んでも皮膚からも吸収されません。
人や動物の生体内ヒアルロン酸は、個々の体内で合成されます。

ハダカデバネズミは、何故、高分子ヒアルロン酸を獲得出来たのか???

ハダカデバネズミは、生涯を土の中で生息します。
土は、バクテリア、カビ菌、ウィルスの宝庫です。

もし、この中のどれかに攻撃されたら、集団生活をしている
ハダカデバネズミは、集団感染して全滅してしまいます。
そして、その種は絶滅していたに違いありません。

絶滅しない為の防衛免疫機能が体内で出来上がった。
だから、何万年以上にも渡って、「種の保存」が可能と成り得たのです。

高分子ヒアルロン酸というのは、その「種の保存」に必須だったのでしょう。

皆さんに、ある 怖ろしい秘密 を教えます。

実は、カビ菌のカンジダが増えて活性化してくると・・・
腫瘍発生・成長を促進する因子を分泌します。
つまり、ガンですね。
しかも・・・
カンジダ菌自身が 免疫細胞の模倣 までやってのけるのです。

カンジダへの耐性を持たなければ、ハダカデバネズミは・・・
決して、「種の保存」が出来なかった。

その結果・・・

ヒアルロン酸の分子量が大きいと、
細胞は数が増えないよう「命じられる」


これは、あくまでも一例に過ぎません。
ハダカデバネズミは、恐らく、もっとはるかに多くの種類の
優れた耐性を持っているに違いありません。


人間がヒアルロン酸の分子量を大きくする方法について、
一度、徹底的に調べてみようと思います。

ヒアルロン酸の分子量を減少させるものについても
必ず知っておく必要があると考えます。



人も多くの耐性を持っている訳ですが、
「痛み止め」で免疫機能を劣化させ、
農薬や食品添加物などの影響で細胞が攻撃され、
放射能でトドメを刺されるといった構図が出来上がっています。

私は、これら・・日本人に対する攻撃は、
組織的~意図的に行われていると考えています。

3リットルのサイダーだったか・・・
砂糖使用のものが290円。
アスパルテ-ム使用のものが190円。

同じ容量の容器のもので、100円も違うなんて
絶対におかしいと思わなければいけません。
アスパルテ-ムをどんどん飲んで欲しいとの意図が丸見えです。


アリを駆除する殺虫剤をゴクゴク飲み、
ゴキブリや鼠も近づかないマーガリンを
バカスカ食う日本国民。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12247891576.html








お知らせ

9月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言