JAL123便墜落事故の真犯人と
その恐るべき全貌がほぼ明らかになった!









日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書き
http://ameblo.jp/64152966/entry-10787906634.html





以上の記事を見ると、今でも、乗客の皆さんや客室乗務員の方の
無念さが伝わって来ます。
その無念を晴らす義務がブロガーにはあると考えます。

真犯人のヒントは、決行日の8月12日の中にあります。
日付を西洋流に逆に読むと、12月8日になります。
そう、日本軍がアメリカの真珠湾を攻撃した日付です。
逆に読む事のもう一つの意味は・・・
今度は、アメリカが日本を攻撃したという解釈になります。
つまり、事実上の犯行声明と捉える事が出来る訳です。

一部に、自衛隊練習機の模擬ミサイルが制御不能で、
たまたまJAL123便後部尾翼にぶち当たったとの説がありますが、
完全に、撹乱目的のデマです。
米社ボーイングが、自社の築いてきた世界ブランドを傷付けてまでも、
日本の自衛隊をかばう訳が無いのは、子供にだって分かるはずです。



【事故の核心部分】

以下の動画を是非、見ていただきたい。
当時では解析出来なかった核心部分が明らかにされています。



https://www.youtube.com/watch?v=TekqnBlCJyU

事故調査委員会の報告書は間違っているか、ウソの可能性が大である。

過去の尻餅事故の修理が万全にされていなかった事により、
圧力隔壁が爆発し、それが、後部尾翼を吹き飛ばし、
操縦不可能になり、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根
(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した事になっています。

その証拠として、機内の空気が流れ出した証拠として3つの点を挙げている。

① 機内での霧の発生

② 減圧警報の作動

③ 客室での酸素マスクの落下

以上の3点は、生存者からの証言からも明らかです。

ところが、圧力隔壁が爆発しなくても、以上の3点は簡単に起こるのです。

つまり、動画にもあるように、最新のデジタル解析によって
分かった事は、ボイスレコーダーの不確実な部分の
オールエンジンと記載されている部分ですが、
ボディギアが正解であることが判明した。
ボディギアとは、着陸の時の車輪を格納したりするギアの事。

そこのボディギアの所が爆発したら、以上の3点が起こります。
つまり、着陸出来ないように爆破された可能性が極めて高い。
更に、その時点から、操縦士が機体を操縦出来なくされていた。
予め、他の地点から遠隔操作出来るように工作されていた可能性。
或いは、飛行航路が前もってプログラムされて制御盤ソフトに仕組まれていた。
ボディギア爆発と同時に作動するようにセッティングされていた。

もし、本当に圧力隔壁が爆発したのなら、その急激な減圧によって
15分から20分経過すると、飛行機の操縦席では、
まともな会話さえ出来なくなります。
これは、実際の実験によって検証されています。

圧力隔壁は爆発してもいないし、後部尾翼も無事であった。

JAL123便は、間違いなく遠隔操作されて墜落地点に誘導された。
その墜落地点とは、高天原山(通称「御巣鷹山」)である。


皆さん、暗号は解けましたか!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12066606299.html

プロローグ

まず、日本航空123便墜落事故の話から始めます。
123便が、6になるのはご承知のことと思います。
そして、日航123便はボーイング747でした。
747は、18になります。⇒ 666

墜落現場は、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根
(通称「御巣鷹の尾根」でした。

正式名称は、高天原山(たかまがはらやま)といいます。

た か ま が は ら や ま ・・・

これをカバラ変換すると面白い数字になります。


T A K A M A G A H A R A Y A M A

20+1+11+1+13+1+7+1+8+1+18+1+25+1+13+1= 123





123便⇒ 6

ボーイング747⇒ 666

高天原山⇒123⇒ 6


出て来る数字は、全て 6 。
これを全て偶然だと思う人は、それでもいいですが、
もし、偶然というなら・・・
恐らく、確率的には数百万分の一の偶然でしょう。


何が言いたいかというと、悪魔信仰をしている連中は、
儀式と共に、実に緻密に計算した上で計画を立案し、
信仰をもとにした数字に絶対的にこだわるという事実を
知って欲しかったのです。

つまり、高天原山に日本航空123便を誘導して撃墜するのは、
絶対的な使命であり、命令であった訳であります。
そして、本当の生存者は7名であったにも関わらず、
4名にされたのも彼等の教義によって、数字を変えられ
なかったからです。
他の3名の生存者の消息は、全て闇に葬られた訳ですが、
それが表に出て来ることは、まず無いでしょう。
死亡者は、何がなんでも520名でなければならなかったのです。

死亡者520名の本当の意味は・・・
簡単に云うと、彼等の犯行声明を意味します。
その意味が分かる人には分かるはずです。


「666」あるいは「6」は「2本の柱」の内の1本だと定義される数字です。
そして、もう一つの隠された柱は、 という数字です。
520名は、足して7になりますね。
7でなければならなかったのです。
それが、彼等の絶対的な教義な訳ですから。

以下の図を参考にして下さい。





(事故概略)

1985年8月12日 18時12分に羽田を大阪に向け離陸した日航123便
(ボーイング747型ジャンボ機・乗員15人、乗客509人、計524人)は
離陸してまもなく大島西方上空付近で機体の異常を訴え、数十分間ダッチロールと
呼ばれる異常飛行の後、18時56分すぎ、群馬県上野村の三国山の北北西
約2.5キロメートル、標高1,565メートルの通称・御巣鷹の尾根に激突し炎上した。
4名の重傷生存者と520名死亡の犠牲を出した。





アレレレ・・・???
公式の記録では、4名の生存者 となっていますが、
日本経済新聞の紙面では、7名の生存者 と公表されています。

一体どちらが正しいのでしょうか?

日本経済新聞の紙面が正しい。


如何でしょう、皆さん。
520名死亡の真相が理解出来たでしょうか?
JAL123便を撃墜した連中に取って、何がなんでも520名で
なければならなかったのです。
これは、イルミナティの宗教的教義によるものです。
彼らにとって、教義は絶対的な信仰といえるものです。
つまり、実際には、517名の死亡者だった訳です。
そして、他の3名の生存者は、密かにどこかに連れ去られたのです。
3名のその後の安否につきましては、一切不明となっています。


ところが、事故が起こった8月12日の翌日、13日の未明には
50名前後の生存者がいた事が分かっています。
しかし、アジア人の顔をした日本人ではない自衛隊特殊部隊によって、
その生き残りの大部分が、証拠隠滅の為に殺害された可能性が高い。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/a1a847e042b50e4899e8cc57750e87d1

123便の乗客、乗務員はこの者達の手にかけられ、処分された。

殺人鬼が迫って来る瞬間、彼等は一体何を思ったのだろうか?

彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、

火炎放射器で生きたまま焼かれた。


<引用終わり>
-----------------------



結論として、JAL123便は遠隔操作され御巣鷹山に導かれた。
そして、123便の機体上空から、何等かの高性能特殊爆弾のミサイルの
猛烈な爆風によって御巣鷹山の尾根に、叩きつけられるように墜落した
山林の機体を引き摺るような痕跡が極めて少ない のは、常識的に考えて
それ以外には考えられません。


数百キロの速度で飛んでいたのに、以下の墜落の痕跡は有り得ない!





つまり、アメリカ空軍の戦闘機が、JAL123便を撃墜したという事です。
何故、撃墜するに到ったかは、巷にある説の通りです。


日本は、テロ攻撃を受け続けている!~まさに戦時下!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11232911544.html

過去に、アメリカによると推察される事件が、
日本でも多々起こっていますので、いくつかお話します。

情報源は、当時の首相官邸の取り仕切り責任者からです。

昭和60年8月12日、日本航空123便が、御巣鷹山墜落事故を起こしましたが、
あれはアメリカの戦闘機が、発射した空対空ロケット弾で墜落したのです!

このころ中曽根内閣で、竹下大蔵大臣ですが、円が強すぎて、
アメリカと貿易摩擦が起こっていたのですね!
そこで、アメリカ側が、円を切りあげろと、いってきましたが、
竹下は、せせら笑って取り合わなかったのです。

そうしたら、アメリカは、JAL機にロケット弾を打ち込んだのです!

一発目は、尾翼部分に命中しましたが・・・・・・。
ロケット弾により、油圧装置のワイヤーが効かなくなりましたが、
日本のパイロットは優秀ですから、右のエンジンや、左のエンジンを
交互にふかして、操縦していたのですが・・・。

アメリカの戦闘機のパイロットは、1発目で墜落しなかったものですから!
そこで、2発目を右の上空から左側の主翼にミサイルを打ち込んだのです!
これにはジャンボ機もたまらずに、墜落してしまいました!
落ちた飛行機の損壊状況は、左側の主翼の付け根の損壊が
一番ひどかったのですね。

墜落時には、墜落現場に生存者がいましたので、米軍機は長時間、
現場上空を哨戒して、自衛隊や、救助隊を近づけなかったのです!
日本の救助隊の到着を遅らせたのです!

生存者、つまり目撃者を消そうとしたのですね!

だから生き残った3人は、墜落時に現場では、悲鳴がたくさん聞こえていた
と証言していますが、他のことは絶対に何も喋らないでしょう。

恐ろしくて、しゃべれないのですよ!

事故調査にあたっていた前橋地検の山口悠介検事正は

「事故原因を、ぎりぎりまで追究すれば、戦争になる!」

と発言しています。ボイスレコーダーも公表していませんね!

これにあわてた中曽根は、40日後の昭和60年9月21日に、
プラザ合意をしたのです。
そして、1ドルが、250円に決まったのですね!

また米軍がグアムに移転するのに18兆円必要だったのですが、
日本が拒否して半年くらいしたころに、山手線の高田馬場と目白の区間で、
レールが二本ひん曲がっていたのです。
朝一番でレールを点検していた者が発見しました。

それを知った3日後に日本政府は、18兆円の捻出を決定しました。
レール2本で、18兆円ですから悪くありませんよね!

また鹿児島でも、沖縄のP3C対潜水艦哨戒機の基地を、
鹿屋に移せと米軍が言ってきましたが、日本政府が拒否しましたところ。
鹿屋基地の前で、指宿に行く、トッピーいう船の水中翼船の後ろの羽根に
アメリカの潜水艦が、火薬の抜いてある魚雷を衝突させたのですね!
水中翼船の折れ曲がったスクリューに、ペンキだけがついていたんのす!

またかと、あわてた日本政府は3日後に、鹿屋基地移転を認めたのです!

このようなことは、枚挙にいとまがありません!
だからアメリカは、日本は脅せば何でも「はい、はい!」と言うと思っています
から、要求が、だんだんエスカレートして、過激になるのです。

日本は、アメリカの準植民地ですから、取るものがある限り、潰してしまう
ことはありませんが!何もなくなりましたら、どうなることでしょう!

このような日本のアメリカに対する対応に、やきもきするロシアと中国は、
ロシアは北方領土を、中国は尖閣諸島を
「アメリカと手を切れば、日本の領土として認める!」
といってますが、この話には安易に乗れません。

中国とアメリカは裏で、手を組んでいる可能性がありますから要注意です。
つまり、尖閣諸島には、台湾有事の際の米軍のミサイル格納庫があります
ので、米軍の第5軍の高性能の高速ミサイル艇が、海上保安庁と合同で
キィーン(日本刀)作戦を尖閣諸島の海域で展開していますので、
中国海軍が尖閣諸島に上陸、占領することなど不可能なのです。

先日の中国漁船衝突事件の時も、米第5軍のミサイル艇と挟み撃ちにした
ので、米第5軍のミサイル艇を録画から消すのに、ビデオの公開が手間取ったのです。

現在、アメリカは経済が危機的状況下にありますので、日本政府に対して今も

「富士山を噴火させるぞ!」

「日本を海の底に、沈めてしまうぞ!」

と、連日のように恫喝して、日本政府から資金を、引き出そうとしています。

またアメリカは、「年次改革要望書」という形で、毎年、日本に資金を要求
しており、大臣や、官僚の人事にまで、口を出しています!

さらに驚くことに、最近では、首相官邸の中に、原子力安全規制委員会の
一室があり、アドバイザーがつめていますが、
目的は首相の恫喝と、日本のコントロールです!

内政干渉の極めつけであり、このような例は、世界に一つとしてありません!


今にして思えば、何しろ日本は、1980年代は、実質、世界一の経済大国でした!
ジャパンマネーは、世界中で猛威を振るっており、
世界経済は戦々恐々としていました。

それから31年間、ジャパンマネーは、
アメリカに注ぎ込まれてしまい姿を消してしまいましたね!

世界最強の円が、アメリカの国債などの紙くずに、化けてしまったのです!
その元凶は、小泉純一郎と竹中平蔵コンビが、アメリカのウォール街に、
日本のメガバンクを売り渡してしまったからなのです。


<引用終わり>

--------------------------------------------------------------



【JAL123便撃墜事件の真相】
http://ameblo.jp/64152966/entry-11590628757.html

冒頭の動画に出て来た、一番最初に出て来た自衛隊員は、
既に、123便が撃墜されることが分かっていた人達だ。
険しい山に対応出来る装備が、それを物語る。
つまり、日本人の顔をした外人特殊部隊と判断出来る。
あとから到着した自衛隊員が、本物の自衛隊員であろう。

最初に到着した特殊部隊が、証拠隠滅の為に、生き残った
日本人乗客を殺害した可能性が非常に高い。
偶然生き残った人間は、恐らく、その時、気絶していた事で、
既に死んでいると判断されたのであろう。
奇跡的に生還した川上慶子さん(当時12歳?)の証言が、
その事実を物語っている。

以下 ↓

同乗していた両親が亡くなったので島根の祖母宅へ帰ったときの話。

「墜落したあと、ふと気が付いたら周囲は真っ暗だった。
あちこちでうめき声が聞こえ、私の両親もまだ生きていた
ような気がする。

しばらくすると前方から懐中電灯の光が近ずいてきたので
助かったとおもった。そのあとまた意識がなくなり、
次に目が覚めると明るくなっていたが救助の人は誰もいなくて、
周りの人たちはみんな死んでいた。」

慶子さんから上記の話を聞いた祖母はご近所のひとに伝えたらしい。
しかし「慶子は夢でも見たんじやろう。」で終わってしまった。

―引用終わり―



【重要記事】 日航機墜落の真実を求めて
http://nvc.halsnet.com/jhattori/nikkou123/


NHK速報の
「待機命令を無視して救助に行こうとした隊員を 射殺」

NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。
現地に救助に 向かった自衛隊員数名が、
何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。
続報が入り次第お伝えします」

以上の報道記録は、全て削除され闇に葬られました。


この事故(事件?)の1年後から何人もの航空自衛官が自殺に
見せかけられて殺されているようです。



<引用終わり>
-----------------------


管理人

最後に・・・
虐殺された乗客と搭乗員の無念は、いつか、必ずや晴らさねばならない。
無論、ご遺族の方々の為にも。

この大量虐殺の真犯人は、今日まで・・・
日本の多くの政治家やジャーナリストの暗殺も行って来た。
そして今、不正選挙を影から指揮している。

全てがつながっている事に是非、気づいて欲しい。

もし、真の愛国心に目覚めた人は、
以上の真相と多くの無念を決して忘れてはならないと思います。






お知らせ

メルマガ第16号 を31日より配信しました。

東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号~決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?


最新の記事

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光












AD

リブログ(11)

リブログ一覧を見る

コメント(34)