2016年の参院選と都知事選の
不正選挙を告発した犬丸勝子さんが不審死!?








犬丸勝子さんのツイッターサイトより
https://twitter.com/inumaru19

2016年12月1日

犬丸勝子は今鹿児島の病院で大変なことになっています。
犬丸勝子の生命を助けてください。
皆様の応援があれば助かると思います。
これは泣くだけでどうしてよいかわからないイヌマルミツカが書いてます。


8時間8時間前

犬丸勝子は多くの方々の絶大なるご支援を賜り、
「不正選挙」と戦ってまいりました。
しかしその志、半ばにして永眠してしまいました。
この事を私自身が信じられなく、認めたくなく絶望と深い悲しみの中で
ご報告が遅れたことをお許しください。
イヌマルミツカこと犬丸光加(犬丸勝子の実妹)が書いてます


<引用終わり>
---------------------------------


以下の動画は・・・
十分に、消されるに足る内容です。
重大告発と申し上げてもよいでしょう。

皆さんにも是非、見て欲しいと思います。
云わば、犬丸勝子さんの遺作です。



日本の選挙。得票率同じグラフがズラリ!





★メルマガ第15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

<一部のみ引用>・・・まずい部分は割愛してあります。


鳩山由紀夫内閣が掲げる政治主導の一環として、
行政刷新会議にワーキンググループが置かれ、
2009年11月10日から事業仕分け作業が開始された。
その政府の事業仕分けで、国の予算が2007年の参院選より約2割削減された。

これが、全国的にムサシ導入の一大契機となった。
この時の行政刷新担当大臣は、枝野幸男であり、
そして、その後、蓮舫へと行政刷新担当大臣を引き継いだ。
私は、この〇〇をかなり〇〇〇と睨んでいます。
ムサシ導入に便宜を図った可能性が高い。
全国の自治体に、国からムサシ購入の為の補助金が出るので、
ムサシの普及は、大幅に伸びた。

2012年の衆議院選挙で、民主党は大惨敗を喫した。
多くの政治家が、前回の2009年の得票数よりも半減した。
ところが、その中で、たった一人、後半の最後の30分で爆発的に票数を
伸ばした議員がいた。
野田元総理である。
まさに、ミラクル、あまりにも露骨な不正操作である。
大敗するのが分かっていて、自民党に政権を禅譲した人物である。

― 中略 ―


私は、自衛隊の特殊機関、●ムサシ機関 を疑っています。
http://blog.goo.ne.jp/s6990714726/e/0f2e44fd8ea07a99095807e6f38db4dc

何故か?
ムサシの不正選挙の手口は、アメリカの情報機関から流れている可能性が
非常に高いからです。

『日米秘密情報機関~「影の軍隊」ムサシ機関長の告白』





管理人

日本の中で一番スポットを浴びる東京の地において、何年にも渡って
立候補し、ずっと不正選挙を訴え続けた犬丸勝子さんが不慮の死を遂げられました。
ガンになられたそうですが、管理人は強い疑念を持っています。

ずっと権力の虎の尾を踏み続けた反逆者に、最終の審判が下された可能性を
強く疑うというよりも・・多分、間違いなくそうだろうと考えています。

安保徹さんに続いて、犬丸勝子さんまでも毒牙にかけられたとの思いが強いです。

メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

ブログで詳細に書けないのが残念ですが・・・。

<一部のみ引用>

以上の記事の中でも書きましたが、実は、標的の人物をガンにすることは
簡単に出来てしまいます。
無論、一般の通院者にはそんなことはしませんので悪しからず。
特定のターゲットの人物だけです。

特に、芸能人のガン闘病記や死亡は、ガン検診、抗がん剤などの売り上げが
爆発的に増えますので、医療業界は大喜びするのが実情です。
抗がん剤や放射線治療などの3大療法を使わずに、代替医療で生還したなんて
絶対にあってはならないことなんです。

医療マフィアはものすごく恐ろしい!

大鳴戸親方怪死事件 を覚えているだろうか。
1996年、週刊ポスト紙上に大鳴戸親方と
タニマチである大鳴戸部屋後援会副会長の
橋本成一郎が八百長を告発。

その後、大鳴戸親方の著作として
八百長?相撲協会一刀両断が同年出版された。

しかし、出版と同時に予定されていた 日本外国特派員協会での会見直前、
告発者である 親方とタニマチが同じ日、同じ病院(愛知県の〇〇大学病院)
同じ病名(原因不明の肺炎)で数時間違いで死亡した。


<引用終わり>
---------------------------------



犬丸勝子さんは、不正選挙だけではなく、天皇も問題視していましたから、
2つの巨大タブーを踏んでいたことになります。
つまり、極めて不都合な存在であった事だけは間違いありません。

鹿児島の病院に入院中だったとありますが・・・
あそこは、白血病の実験推進地域にもなっているくらいですから、
かなりヤバイところだと私は考えています。
元々、薩摩と長州はヤバイ土地柄です。
薩長⇒殺庁なんてね・・・

一言申し上げておきますが・・・
白血病は、風土病では絶対にありません。
特定の地域だけに異常に多いという事例は、決して有り得ません。


都道府県別ガン発生率
http://ameblo.jp/64152966/entry-12091311616.html

都道府県別白血病死亡率






管理人

ある日、犬丸勝子さんの動画を見ました。
2016年の参院選に立候補する為に、必死でお金をかき集めている
様子が映し出されていました。
選挙に必須な「供託金」を没収されるのは分かっておられたと思います。

にも関わらず、そんなにしてまで何を訴えたかったのか!?

単に、不正選挙を訴えたかったのでしょうか?
純粋な正義感から、素人が、大きなスポットライトを浴びる東京の地において、
決して、足を踏み入れてはならないとても危険なブラックボックスに・・・
足を踏み込んでしまったのでしょうか?

私は、犬丸勝子さんの偉大な勇気を称えたいと思います。

何度にも及ぶ立候補者としての選挙期間中・・いつも妨害を受けていました。
http://ameblo.jp/followme56/entry-11966913845.html

それが、危険シグナル だったのでしょうか!?

無念です。

犬丸勝子さん、安らかにお眠り下さい。
貴女の志しは、決して無駄にはしません。
多くのネットの有志が、貴女の意志を受け継ぐことでしょう。


合掌。。。







お知らせ

1月31日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第33号

『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』












AD

驚くべき先進国ガン死亡率の謎!?~再掲載











ガンは治療しないのが一番の治療法!?

http://oka-jp.seesaa.net/article/419794428.html












これは、アメリカが30年くらい前から、放射線治療、抗ガン剤治療、

手術などの三大治療から脱しはじめて、食事、健康食品、東洋医学、

瞑想、音楽療法などをはじめとした「代替医療」の比重を高くすることを、

国家プロジェクトとしておこなったためのようです。

日本の癌治療は、アメリカの20年以上遅れている! 」というサイトには、 WHO (世界保健機関)が、医学的根拠があるとして認めている代替え医療、

・栄養免疫学を背景とした食事療法
・機能性食品などのサプリメント療法
・ストレスを減らして免疫力を高める心理療法
・東洋医学(漢方・鍼灸・気功など)
・インド医学(アーユルヴェーダ)


などに関して、現在のアメリカでは、約 60パーセントの医師が代替え医療を

推奨しているそうで、その結果は、上のグラフに現れていると思われます。

つまり、抗ガン剤や放射線治療から抜け出したことにより、

「ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある」ようなのです。



カナダのガン治療

肺ガンも、日本では、ほぼ 100%抗ガン剤を盛られ、放射線を当てられ、

手術で切られます。

ところが、カナダでは、もっとも多い治療法は「何もしない」なのだ。

なんと「無治療」が 22%。

最近の研究では、「何もしない患者が、もっとも治りやすい」ことが、

わかってきたという。

「手術」は、たったの 6% (日本は 17倍)。抗ガン剤は 5%(日本は 20倍)。

「抗ガン剤」と「手術」は 12%(日本は 33倍)。

日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。






がん患者の9割強が代替医療を経験~米国最新がん事情

米国代替医療への道

米国が「がん」に宣戦布告したのは1971年。

ヴィクトリーまでの道のりは まだ遠いが、

死亡率は年々減少傾向を示している。

がん予防で 「納豆」 など日本の伝統食が注目され、


既存の西洋医療と代替医療を組み合わせた 治療効果への

関心も高まっている。 (略)

がん患者の97%が代替医療を試みる

死亡率減少という朗報に加え、がんと代替医療に関する興味深い

調査報告も 最近発表された。

フレッド・ハッチンソン癌リサーチセンターの調査報告で、

1997年2月から1998年12月にかけて乳がん、または前立腺がん、

大腸がんと診断されたワシントン州西部に住む大人356人を対象に

電話でインタビューしたところ、約97%がなんらかの代替医療を

利用しており、その結果、ほぼ全員が体調がよくなったと答えたという。


<引用終わり>

----------------------------------------------------



管理人


冒頭の画像をテレビや新聞などで、連日、取り上げたら

さすがのお花畑の日本国民も騒ぎ始めるんじゃないかな。

なにせ、先進国の中で、ガン治療のレベルにおいては

最低・最悪だという事実を物語るものだからです。

ところで、引用した記事は今日、初めて目にしたのですが、

大いに驚いた箇所がありました。

がん予防で 「納豆」 など日本の伝統食が注目され、

既存の西洋医療と代替医療を組み合わせた 治療効果への

関心も高まっている。 (略)

実は、この納豆、最新の私のメールマガジンの中で

重要アイテムとして出て来ます。

メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

真菌(ガン)の天敵の一つが、納豆菌な訳です。

メールマガジンのほんの一部をご紹介します。

顔の一部に集中的に出る根強いアトピーは、原因はほとんどの場合、
真菌、つまりカビ菌だそうです。
吸入性アレルゲンの80パーセント以上はダニ・カビが関与していると
認識され、花粉症もカビが原因である可能性が疑われています。

ところで・・・
身体に出来るアトピーは、多くの場合、真菌が関与している訳ですが、
納豆を使って治す人がおられるようです。
納豆菌の化粧水(ちょっと高い)もあるそうです。

真菌の天敵なんだそうです・・・納豆菌は!?

ほとんどのガンに真菌が関与しているなら・・・
納豆菌を利用しない手はありません。


ガン患者で、既に、体内にカビ菌が大繁殖している場合には、
恐らく、助かる見込みはかなり薄いです。

それに見合った納豆菌の軍隊を送り込むしか手は無いのでは
ないでしょうか。


<引用終わり>

-----------------------


私が大変驚いた理由がご理解いただけたでしょうか。

やはり、世界の研究はかなり進んでいるようです。

外国人は、納豆の臭いを相当に嫌っています。

にも関わらずという意味では、何か相当な根拠があってのことでしょう。

但し、メールマガジンでは、単なる健康食としてではなく、

もう一歩、踏み込んだ内容となっています。

最新のメールマガジンに寄せられたある読者の方からの

メッセージをご紹介します。



光軍の戦士様

今回も素晴らしいメルマガを有難うございます!

今回の洞察を拝読し、なるほどと思いました。
そして、すぐにシェアを差し上げたい情報があることに気が付きました。

納豆菌を使ったバイオなカビ取り商品で、お風呂場や下駄箱や

押し入れのカビを納豆菌が食べてくれて、お風呂場や下駄箱や

押し入れのカビがいなくなる商品がありまして、
((コジット)というメーカーなどamazonなどで見れば沢山出ています。
今調べたら、コジットさん以外からも商品が増えていました)
数年前に、コジットさんの「バイオなお風呂カビ取り」というのを、
たまたま知って、それまでの有毒なカビ取り洗剤を使うよりエコだし、

いいなあと思って、数年前からお風呂の天井に張って使っているのですが、
確かに効果があって、お風呂場に黒いカビが全く出なくなりました。

エコだし、張っておくだけでカビが出ないので、とにかく楽で便利で

気に入ってリピートしていましたが、冷静に考えてみると、

張っておくだけで、お風呂場のカビを納豆菌が食べてくれていて、
すごい効き目です。
その他、押し入れに張っておくものや、お部屋の匂い取りなどの

バージョンもあって、どれも効果がありました。

確かにカビに効果がありましたよ、

実体験談をぜひともお伝えしたくてお便り差し上げました。

これからもメルマガ楽しみにしています。
応援しています。

東京都 〇〇より

<引用終わり>

-----------------------




お知らせ

1月31日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第33号

『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』



まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】

http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

 

















AD
日本支配の源流
~何故、政治が日本国民に冷淡なのかが分かる!






出典➡https://twitter.com/TkGian/status/827417359887454208




管理人

今回は、皆さんに是非、見て欲しい動画をご紹介します。
日本は、偽ユダヤ=イルミナティによって支配されています。
政治・経済・官僚、司法関係の枢要な要職には、そのイルミナティの代理人しか
決して就けない仕組みになっています。
特に、要職にある政治家のほとんどは、彼らのお仲間さんという訳です。

ならば、イルミナティの連中がどんな考えや信仰を持っているのか、
我々は知る必要があります。
これは、非常に重要なことです。

日本の政治や官僚が、何故、ここまで国民に冷淡なのかが理解出来ます。
お時間のある人は、何度でも見てほしいと思います。



デー〇・〇ペクター と タルムード 2





〇ーブ・ス〇クター と タルムード 1




管理人

政治や経済の世界では、おかしな事がたくさん起こっています。
それを皆さんが問題にして大騒ぎする訳ですが・・・
その根源を理解し議論しなければ、到底、本質には迫れません。
今まで、多くの人が、その認識と議論から遠ざかっていたように思います。

▼何故、政治が日本国民に冷淡なのか?

▼何故、真に愛国心のある政治家ばかりが失脚させられるのか?
或いは、何故、数多くの政治家が暗殺されなければならないのか?

▼何故、日本ばかりが狙い撃ちされるのか?

これらを知らずして、政治を語る意味は無いと確信しています。


偽ユダヤ以外は・・・ゴイム=ブタ・・だそうです。
だから、何だって平気で出来てしまう。

武器を持たない無抵抗の少女を射殺するのだって平気なんです!


この二つの写真を見れば、言葉は要らない。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12140717275.html




この可哀想で哀れな少女は・・・
形を変えた我々日本民族の成れの果てだとは思えませんか?
決して、他国の話だと思わないほうがいいと思います。
私には、あの少女の写真は涙なしには見ることが出来ません。




出典➡https://twitter.com/ShiroPineapple/status/827525747782791169



お知らせ

1月31日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第33号

『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』











AD
あなたは安倍内閣を
支持しますか、支持しませんか?






あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか
http://vote1.fc2.com/browse/15105126/12/




管理人

ネットの伝聞によれば・・・
漢字の読めない安倍でんでんのことを
これまた漢字の読めない麻生みぞゆうが笑ったという。
しかし、漢字が読めないことでは別格のあの麻生に笑われるとは・・・
世も末ですな~

さあ、皆さんも投票に参加してみませんか!


ところで、ネットでは物騒な話が飛び交っています。

「共謀罪」の対象、分かってるんだから早く捕まえろ!
https://twitter.com/kininaru2014111/status/827136478450851841




ヤバいんだっちゅ-の!
殺されるぜ・・・ホンマ。
まあ、情報弱者の人には分からん世界の話ではあるけど。


ヤバイといえば、福島第1原発2号機が相当にヤバイらしい。

【危険】福島第一原発、格納容器から毎時530シーベルトの放射能!
人間は即死レベル!2号機内部で発見!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15336.html

福島第一原発2号機の最新調査で、格納容器内部の線量が
毎時530シーベルトもあることが分かりました。
東京電力によると、格納容器内部には溶け落ちた核燃料の一部が付着しており、
無人ロボットが撮影した画像の解析から毎時530シーベルトもの線量があると判明。
毎時530シーベルトは人が浴びればあっという間に死亡する程の超高線量で、
これを防げるような防護服は存在していません。

核燃料の本体はもっと下に落ちていると見られ、福島第一原発を
完全に収束させるためにはこの核燃料をどうにかする必要があります。
東電は今後も無人機などを使って詳しい線量や核燃料の状態を調査する方針です。




<引用終わり>


管理人

今回のこの作業をされた作業員の方は、相当にヤバイのでは。
いずれ、被爆症状を発症する可能性が極めて高いと思われます。
100%致死量は毎時7シーベルトなのに、毎時530シーベルトって・・・







なんだ!
福島県ホームページに1号機・2号機・3号機
メルトダウンって書いてるじゃないか。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12036721102.html




実は、この件で日本国民が大騒ぎしないのが不思議で仕方ありません。
チャイナシンドロ-ム・・・
まさに、国家非常事態宣言を出すレベルの極めて深刻な危機的状況です。
毎時530シーベルトどころの話ではない訳です。

国は沈黙を守ったままですし、マスコミも徹底究明しません。
政治家もまた同様です。
メルトダウンから先の話は、ブラックボックスに閉じ込めたまま、
何も起こっていないことにしたいのでしょう。

全ては、原発利権を死守する為です。
政治家もマスコミもお金目当てなのでしょうか。

その結果、何が起こるかというと・・・
今も、そして、今からも多くの日本国民が倒れていくことになるでしょう。
この50年間の中で・・・
そして、多くの尊い国民の命が失われることになります。
おそらく、何百万単位の命が消え去ることになるかもしれません。

何故なら、今も放射能汚染ブル-ムが放出され続けているからです。
それが止むのは一体いつになることか・・・。


1号機・2号機・3号機 のメルトダウンした262.4tものデブリが、
今、どうなっているのか???
これから先、そのデブリが一体どうなっていくのか???
日本国家存亡の危機というだけではなく、地球規模で大災厄に到ってしまう
恐れを多分に含んだ極めて恐ろしい事態であるというのが真相です。

可能性としては、低いとしておきますが・・・
1号機・2号機・3号機 のデブリが、もし、地下で合流して合体することに
なったら、恐ろしい未来が見えます。

① 1号機と2号機のデブリが合体。
② 2号機と3号機のデブリが合体。
③ 1号機・2号機・3号機 の3つのデブリが合体。

これが、私が最も恐れているシナリオです。
その場合には、その影響が地下に、地上に顕著に表れるでしょう。
そこまでの事態になったら、世界に気づかれます。

地下の巨大水源と合流したら、水蒸気爆発から触発性低レベル核爆発が起こり、
それこそ、打ち上げ花火よろしく、膨大な放射能を大気に放出する事態になります。
これは、この原理は、実際に3号機で起こっているので、皆さんの多くが
目にしていると思います。

今は、地下で冷やされながら、核反応と収束を繰り返しています。
なので、予測は極めて困難です。
しかも、巨大水源の前に分厚い岩盤の層が立ちふさがっています。
今は、その岩盤で止まっている可能性があります。
しかし、いつまで持つか誰にも分かりません。

3号機で起こったことが、その何十倍もの規模で、地下で起こるのです。
世界が、それをだまって見過ごすことは決してありません。
世界中が汚染されることになるからです。






考えられるのは・・・
核爆弾を使って、巨大化したデブリを一瞬にして散らすことです。
これによって、日本は終焉を迎えることになりますが、
世界は、被害を最小限に食い止めることが出来ます。

皆さんは、これを絵空事の架空の話だと思っていませんか?
とんでもない話です。


2011-03-19
福島原発への核攻撃まで検討するなんて絶対許されない !
http://ameblo.jp/64152966/entry-10834705319.html


日本の情報は信用ならない(ヒラリークリントン国務長官)

ヒラリークリントン国務長官は『日本の情報は信用ならない』とし、
独自の判断基準で動くことを明らかにしており、米国議会・マスコミでは
地震への『同情』から『反日感情』に変わりつつあります。

即ち、放射能汚染の実態を隠し、救助に向かった米軍兵士が被爆し、
さらには今日、明日にも放射能が西海岸に到達するとの予想で西海岸で
パニックが起こり始めていることに対して、アメリカは一斉に怒りだしているのです。

あるアメリカ高官は『日本人が起こした事故で事実を政府が隠蔽し、
それで日本人が死のうが後遺症に苦しもうが勝手だが、アメリカやその他の国民を
巻き添えにすることだけは許さない。』としており、
反日感情が急激に高まってきています。

アメリカの情報部の判断では福島原発は既に臨界に達しており、
いつ核爆発を起こしても不思議ではないとの判断に達しており、
既に主要アメリカ人は日本から脱出するか、大阪に避難しており、
いつでも関空から脱出出来る体制になっていると言われています。

更に、クリントン国務長官の怒り以上に、『息子』と形容するアメリカ人兵士達が
放射能汚染にあったゲーツ国防長官の怒りの方がすごいと言われており、
米軍は既に『日本人救出』から『米国人救出』に主要任務が変わっていると
言われており、そのために旗艦であるブルーリッヂを含む13隻の軍艦を
日本近海に展開するようにしています。

一部では破滅的汚染が世界中に広まる前に福島原発を複数の原爆で攻撃して

破壊するべきという意見も複数国の間で検討されたとも言われており、

もしこれが実行されれば東京を始め関東圏は一瞬にして焼け野原になります。


アメリカ大使が東京を離れた後、東京が消滅するかも知れません。
今でも津波災害では胸がつまる光景が流されていますが、
原子炉を核攻撃されれば、
そのあとの凄惨さは津波被害と比べようがありません。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



http://ameblo.jp/64152966/entry-12036721102.html

再掲記事より

独国紙W

「3.11以前に原発の冷却用補助電源を

設置していなかった国は日本だけ。

その設置の要望を却下したのは、何と第一次安倍内閣だった。

そこから検証すべきだろう‥‥フクシマは政治的な人災、」

<引用終わり>


管理人

ここまでのあらゆる事実を大々的に公表し、日本国民に突きつけたら、
それでも尚、安倍内閣を支持する国民は果たして存在するのでしょうか???

再度、問います。

あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか?








お知らせ

1月31日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第33号

『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』




松田聖子「瑠璃色の地球」








福島県立医大~珍しい小腸癌が4倍に!





https://twitter.com/Anti_Jigokudama/status/826374678516150272


管理人

とうとう来たかって感じです。
小腸は胸腺と並ぶ、免疫機能を司る最重要器官です。
全身がガンに侵されても、小腸だけは刺身のトロのように
最後まで綺麗に残るのが通例です。

血液が造られる個所でもあり、身体のあらゆる細胞も
ここで造られていると云われています。
文字通り、最重要の臓器なのであります。

温度が高い臓器の心臓と並んで、最もガンにならない臓器のはずなのです。
そこが、ガンになったということは、放射能の影響以外には考えられません。
恐らく、東電や国、そして、御用学者などはこぞって否定するはずです。
いつものように・・「放射能との因果関係は認められない」・・と。
お金をもらっている政治家もマスコミも右に倣えでしょう。
本当に、この国は狂っています。

真に残念ではありますが・・・
小腸癌になられた人の生存確率は、かなり厳しいと言わざるを得ません。
国の政策が、原発を護っています。
国家公認の人殺しが公然と行われているのが真相です。
これに対して、著名人もマスコミも何も語らずです。
可哀想な人たちに、ただ、静かに消え去っていってほしいのでしょう。
なんとむごい国なのでありましょうか・・・

しかしです・・・
これを福島の話なのかと思わないほうがいいです。
福島は無論のこと、その周辺地域には大量の放射能が流れているのです。

広島原爆の4000倍の物質が放出されたと、
東電の海外サイトでは表明されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00010000-socra-soci



また、西日本や北海道の人もあまり楽観すべきではありません。
日本には、全国に54基もの原発があるのですから。
稼動している時はもちろんのこと、稼動していなくても、
発電していないだけで、原発は動き続けているのです。
当然、大なり小なり、汚染ガスを垂れ流しています。

※ 2017/1/30は全国的に原発周辺での線量率が上がっています。
ベータ線の検出量が増えているところもあります。

http://inventsolitude.sblo.jp/article/46082335.html






私は、時々、怒りと悲しみに身が震えることがあります。
メルマガ読者の方から、時々、電話相談に応じることがあります。
中には、2時間に及ぶ場合もあります。
ある時には、首都圏の女性の方が、ガンになられて・・泣きながら苦しさを
訴えられ、相談に来られる方もいらっしゃるのです。

私は、自分の存在をかけて対応にあたっています。
一たび、ガンになってしまったら、絶望と苦難の道が待っています。
これは、その立場になられた人でないと、誰にも理解出来ないと思います。
しかし、日本社会では、そのような苦悩と苦闘は、声なき声として・・・
闇に葬られてしまうのです。
ガン患者も一つの統計の中の一人に過ぎないものとして扱われます。
死亡したとしても、ガン死の統計の中の一人で終わりです。

今や、ガン3大治療があまり信用出来ないと知る人が増えてきました。
しかし、ガンになられた人は、周りに頼る人が誰もいないのです。
ほとんどの人が、病院や医師にすがるしかないのです。
そのお医者さんから、「抗がん剤を使わないと命の保証は出来ませんよ」と
恫喝されたら、大抵の人は、「なんとか助けて下さい」とすがるのです。

その結果が、以下のグラフです。
訳が分からない組織が出したものではありません。
厚生省のはるか上の組織、WHO(世界保健機構)が公表しているものです。
数字は冷酷でウソをつきませんから。

驚くべき先進国ガン死亡率の謎!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12107478218.html





もみじ
私は今回、2点のアドバイスをしておきます。
誰にでも簡単に出来ることです。

① 定期的に、体温計で検温する習慣を身につけること。

★メルマガ第33号
基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?


<一部引用>

検温の勧め

おすすめの体温計10選!簡単正確に測れる優秀アイテムは?
https://kaumo.jp/topic/60889


体温は、まさに健康のバロメーター。

①先ず、自分がどの位置に属しているかを知る事が出来ます。

②次に、好ましくない低い体温である場合、その事実を知ることが出来ます。

③更に、低い体温を何とかしなければいけないといった意識が芽生えます。

④最後に、その意識によって初めて行動に移せる訳です。

◎ 毎日か、或いは、曜日を決めといて、週に2~3回は検温しましょう。
そして、その温度をカレンダーか手帳に、その都度、記録しておくのです。
グラフ化出来るノートがあればベストです。

何等かの原因で、体調が悪化して来れば、必ず、体温の低下が伴います。
検温は、その傾向を手に取るように見て知ることが出来る訳です。
ガンや病魔は、いきなり降って湧いて来るものではありません。
必ず、その予兆はあるはずです。

早く異変を察知することは、時として、生死を分けることもあります。
だから、ものすごく重要なのです。


<引用終わり>
------------------------


② 放射能が原因の血栓は、
脳こうそく、脳溢血、動脈かい離を引き起こします。
つまり、即、 に危険が及ぶのです。


★メルマガ第4号
『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

<一部引用>

魚の油 DHAとEPA
http://blogs.yahoo.co.jp/tisato_19778/67933062.html

「中性脂肪を減らす」 「血小板凝集を押さえる」

さらに進行していくと血栓ができて心臓の血管に詰まって心筋梗塞
起こしたり、脳の血管に詰まって脳梗塞を起こしたりします。
そんな命に関わる生活習慣病を予防するため、
厚生労働省でもDHAやEPAの摂取を勧めています。


ビタミンEの効果
http://blogs.yahoo.co.jp/tisato_19778/67933096.html

ビタミンEには抗酸化作用で血液中の悪玉コレステロールの酸化を
減少させ、結果的に血管に血栓ができにくくする作用があることから、
【動脈硬化】になるのを予防し、血行促進作用もあることから
【心筋梗塞】や【脳卒中】などといった危険な生活習慣病の発症を
予防するといった効能があるとされています。

また、ビタミンEはガンの予防にも効果があると考えられており、
国立がんセンターが公表している【がんを防ぐための12ヵ条】でも
取り上げられています。

ビタミンEには毛細血管を拡張させ血行を促進する作用もあります。


魚油に抵抗がある人は、えごま 油がお勧め
http://blogs.yahoo.co.jp/tisato_19778/67950542.html


*注:但し、ビタミンをサプリメントで摂取するのは
思っているよりも難しいです。
コンビニで売っているような代物ではダメ。
本格的な業者が提供するものをお勧めします。
(多少、お高くつきます。)
無論、抗酸化力抜群のたもぎ茸はいつもお勧めです。


<引用終わり>
------------------------



お知らせ

1月31日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第33号

『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』




ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら

サウナや酵素風呂に入ろう!



 

wantonのブログ

 

Yahoo!知恵袋より引用


ガン細胞は39.3度以上で死滅する

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n72356


がん細胞は39.3度以上で死滅するので、
体を温める事はガンに対抗する最良の方法です。

心臓や脾臓は温度が高いのでガンになりません。

ガン患者が梅毒の発熱によって、治癒した際に
ガンも完治した…という例で発見されたようです。

もちろん39度の体温を維持するのは、体にとって
ウィルス感染など異常事態ですので、そうではなく
体温を上げた状態を作る・・・という健康法と
お考え下さい。

運動する
筋肉量を増やす
半身浴
サウナ
体を温める食べ物を食べる
(生姜、ねぎ、唐辛子、他、陽性食品)
靴下の重ねばき
腹巻


35度ではがん細胞がもっとも増殖するので
低体温の人は要注意です。

詳しくは『
石原 結實』先生の著書『空腹力』で

-引用終わり-
---------------------------------------------------



ガンが治る人、治らない人

http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-31a4.html



一部引用


ガン細胞は35・0℃で一番増殖し、39・3℃以上になると死滅する

ことがわかっているが、それは、低体温=体の冷えがガンを作る

大きな要因になることを意味している。

ガンは、

心臓や脾臓、小腸など体温の高い臓器にはまず絶対に発生しない

逆に、ガンが多発する臓器は、食道、胃、肺、大腸、子宮などの中空に

なっており、細胞が少なく体温の低い管腔臓器である。

世界ではじめて発表されたガンの自然治癒例によれば、

ガンに罹患(りかん)後、自然治癒した人全員が、

丹毒(急性の皮膚細菌感染症40℃以上の発熱がある)や

肺炎にかかって発熱した人だった。

以後、発熱により、ガンが治った症例はいくつも確認され、

ヨーロッパの自然療法病院では、ガン患者を45℃くらいの熱い風呂に

入れたり、アルミホイルのようなもので体を包み熱を加えて体を温めたり

というような温熱療法が行なわれてきた。・・・・・・・・・・

-引用終わり-
---------------------------------------------------



遠赤外線が健康に良い理由
http://www.mukugi.com/kinomi63ensekikennkou.htm


一部引用


下記は専門家の各種本から、私が参考になると思うところを抜粋したメモ。
具体的な記述がされていて役立つ知恵がいっぱいである。
暖めること、特に遠赤外線で温めるといかに健康に良いか明らかである。

●石原クリニック院長「体を温めると病気は必ず治る」より
身体も頭も36.5度で一番働くようにできている。
体温が1度低下すると免疫力は30%以上落ちる。
体温が1度上昇すると免疫力が5-6倍強くなる。
がん細胞は35度で一番増え、39.3度になると死滅する。

●兵庫医科大 島博基教授
微弱な遠赤外線を当てられたマウスの体温が0.36度上がり、

マウスに移植されたがん細 胞内の遺伝子にあるアポトーシス回路が

活性化、約70日後にがん細胞の増殖が半分以下 に抑制された。

●杏林大学医学部 高山精次助教授
ウサギの静脈にバイパスをつくり、チューブの一部を70度に加熱し

血液中の免疫系細胞を温 め、活性化させると、がん組織の増殖を

80%以上抑制。

●新潟大学医学部 安保徹教授「病気にならない免疫のしくみ」より
基礎体温が高い人ほど、リンパ球多く、免疫力は高い。
低体温はリンパ球比率のバランスを崩し、病気をまねく
間違った生活がからだを芯から冷やしてしまう。
自律神経のかたよりは、低体温、免疫力低下のもと。

ベル
あらゆる病気は「冷え+ストレス」から引き起こされる。
金網に挟んだマウスは体温がどんどん下がった。
温めて血行をよくすれば、ごわごわの皮膚は改善できる。
子宮筋腫など冷えて血流障害がひどくなると細胞のこぶができる。
痛みや発熱などの症状は破壊された組織を治しているサイン。
からだを温めてがんを撃退する温熱療法。
「+4度C入浴」でからだを芯から温める。
ぬくぬく生活は細胞分裂が促進されず、要所要所、

時には寒さを体感することも大切。

●愛知医科大学 伊藤要子助教授
人体は加温されると「熱ショックたんぱく(HSP)」が産生され、

さまざまな病気やストレス傷害 から体を守り、がんの予防をする。

HSPは熱というショックによってつくられる。HSPは、細胞に危機がせまると、

異常なたんぱく質ができないよう細胞内で大量につくられ、異常になった

たんぱく質を修理し、もとの元気な細胞に戻す。
HSPは加温して2日目がピークになるように増加する。これを利用して
手術や放射線治療の2日前に加温、あるいは治療後加温すると、

術後の副作用が大幅に軽減される。

●五味クリニック院長「岩盤浴の秘密」より
岩盤浴では汗もサラサラ汗に、血液もサラサラ血液に。
良い皮脂膜(油)が分泌するので、岩盤浴後のシャワーはもったいない。
ある一定の基準を満たせば、特定のブランド石にこだわることはない。
院長投稿文「岩盤浴のデドックス効果について」小田クリニックと調査
NK細胞は自然治癒力の担い手で、健康な人でも1日3000-6000個

くらいできるといわれ るがん細胞を早期発見し、発病を防いでくれている。


NK細胞が殺傷力をもつには「パーフォリオン顆粒」という実弾が必要。

この顆粒がNK細胞内 に蓄えられることを、NK活性という。
NK細胞は年齢とともに増加するが、活性化率は20歳で平均45%だった

活性化率が、60 歳以上になると20%まで低下する。
岩盤浴(遠赤の温め効果)で、活性化率は驚くほど高まる。

Aさん「43が72%」Bさん「55か ら78%」Cさん「39から57%」、

高齢のDさん「23から52%」に。

1回の岩盤浴で、AさんとCさんは、10日後も岩盤浴前より高い数値が持続。
岩盤浴の温熱効果が、骨の中の骨髄、胸の中の胸腺、お腹の中の腸管

リンパ節まで到達し 活性化と思われる。

●(社)東洋療法学校協会 発行「鍼灸の世界」より
鍼灸施術直後、各種白血球が増加、2・3日その数を保ち、数週間施術

するとリンパ球も増 加。各種白血球の遊走速度速く、

黄色ぶどう球菌に対する白血球の喰菌力が1.5倍に。

●秋田大学医学部の小泉昭夫助教授
遺伝的に放っておけば全部ガンになるという、ガン多発形マウスを用い、

腹八分の食事と腹五分の食事ではガンのでき方がどう違うかということを

実験されています。

悪性リンパ腫につきましては腹八分では二十一カ月経ちますと

二十六匹のうち七匹がガンにかかります

が、腹五分では二十八匹中一匹もガンにかかりません。

「乳ガン」については十四カ月経ちますと腹八分では

五十四匹中十二匹がガンになりますが、

腹五分では五十匹中一匹もガンにかからない。

●東海大学医学部微生物教室講師 田爪生気先生
腹いっぱい食べさせたネズミと腹八分で飼育したネズミの寿命をくらべて、

腹いっぱいのネズミの寿命が平均七十四週であるのに対し、

腹八分のネズミは百二十二週。

●今野和義「遠赤外線が地球を救う」
効果のある遠赤外線は狭小領域である。
常温下での電子の移動反応(還元作用)が遠赤外線の作用である。

●(有)志木 山川元志
遠赤のアルカリ化を確認するため、PH測定器で調べと同じステンレス

ポットでお湯を沸かす と7.0の水道水が、IH、ガス、遠赤でそれぞれ

8.2、8.5、8.9と明らかな違いが確認できた。

遠赤で土鍋を使用すると9.4と、もっともアルカリ化した。
また酸化還元計で計ると、

プラス350-500の水道水が50-150程度に還元された。
これらから、遠赤クッキングヒーターを使うと

明らかに還元力が発揮されることがわかる。

●黒川胤臣
遠赤外線治療の特色胸に遠赤外線照射器をあてることにより、

呼吸筋が刺激を受けて血液 循環が良くなる。

病状や病気に応じて当てた方が効果が期待できる。
遠赤外線治療はツボが広いので、ツボの勉強しなくても効果。
熱エネルギーによる血行改善でリュウマチなどの関節の血行障害による

疼痛軽減 血液循環良くなり白血球集まり、膿を掃除

●泉院長
遠赤外線は皮膚の表面だけでなく、深部の血液やリンパ球の循環を促す。

●中国トルファン
世界でもっとも海から遠い盆地、夏は摂氏40度の日が40日続くので

火州、熱砂でガンやリュウマチ治療


● 京大中尾教授
遠赤はセルライトを取り除き脂肪細胞を活発化させる。

京大中尾教授は、萎縮性糖尿病患者にレプチンを普通の人と同じ量を

投与で治療。
インシュリンが血糖値を下げるが、脂肪細胞から分泌されるレプチンが

食欲を抑えエネルギ ー消 費を高める。 レプチンはインスリンを効き

やすくし、糖の代謝をよくする。
(レプチンは主に成熟脂肪細胞で分泌されるタンパク質。分泌された

レプチンの大部分は視床下部に多く分布するレプチン受容体に作用し、

摂食の抑制とエネルギー代謝の活性化 に強く働きかける飽食因子

(抗肥満ホルモン)としての生理機能を示す。)

●1心病院林田医師
アレルギー性の気管支喘息の改善経験から
遠赤は①自律神経の機能調整②喘息発作の予防

③発作中の筋肉痛・頭痛の鎮痛効果④ 発作の温床となる肩こり・便秘。

全身衰弱・筋肉痛の症状改善⑤ステロイド常用者の副腎機 能の恒常化

●防衛医科大黒川医師
遠赤外線療法の特徴①鍼灸神経ブロック通電治療の際に感じる痛み

や刺激がなく、安全で ある。②ほとんど副作用がなく安全である。

③穏やかでまろやかな感触のため長時間使用 出来る。

④強弱の調節が簡単⑤深達性があるので骨組織に囲まれた部位にも有効

⑥患者自身で簡単に操作できる

●安保徹
赤リンパ球の数が1800-2000個の状態を2年間維持すれば

進行ガンの多くは縮小していく。

●斑目健夫
ゆたんぽで、平均で725個だったリンパ球が1週間後に1850個に、

ただし1時的。

●水嶋クリニック
自律神経免疫療法は、悪性リンパ腫、悪性黒色腫(メラノーマ)、

腎臓ガン、肝臓ガンという 4種類のガンに高い効果。

ヘルパーT細胞T1とT2が8:1以上なら免疫療法効果。

●五味常明
一般的に、皮膚温が5℃上がると発汗量は2倍、10℃上がると6倍。
岩盤浴の温度設定は40-55℃、最も多かったのは45-50℃と比較的

低温、温度あげなくても汗かける。湿度は50-80%と非常にばらつき

幅広い。外気湿度高いとそれがバリアー となってその分汗をかきやすい。

15-20分1度休憩をとって再入浴すると汗出しやすい。

長時間だとかえって汗腺疲労で汗出にくくなる(発汗漸減という)。
運動減少や冷房で汗腺機能低下、汗をかかないのは退化の証拠、

汗をかかないと変温動物になる。
熱中症、冷え性、低体温。人間は最も汗をかく、カエルやヘビは変温動物。

低体温は少しの 温度上昇で隠れ熱中症状態でめまい・意識失うことも。
岩盤から出るマイナスイオンは赤血球のヘモグロビンの中の鉄を還元し、

酸素供給力を高める。


-引用終わり-
---------------------------------------------------



わんわん

管理人


やはり、冷え性は万病の元というのは本当みたいですね。

直ぐに頭に浮かんだのが、サウナや酵素風呂。

家庭では、40度~42度くらいのお風呂に、毎日少し長めの時間

入浴すれば良いという事になりそうです。


内部被曝から、ガンやその他の病気になるメカニズム

http://ameblo.jp/64152966/entry-11350936235.html

ある原子や分子から電子が一個なくなると、その物質は「酸化」された

といいます。逆に電子を一個もらうとその物質は「還元」されたといいます。


女性の身に着ける合成繊維のパンティ-ストッキングは、絶えず静電気、

つまり、プラス極を発生させ、近くの身体からマイナス電子を奪います。

これにより、その部位は機能低下し、冷え性になると考えられます。

近くにある腸も機能低下し便秘になることが考えられます。

子宮も当然、マイナス電子を奪われますので、酸化を促進することになり、

活性酸素の攻撃に晒され、子宮筋腫や子宮ガンの一因になることが

危惧される訳です。


パンティ-ストッキングのある恐ろしい秘密~より

http://ameblo.jp/64152966/entry-11379964093.html

wantonのブログ





もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/




自宅のお風呂で溺れそうに
なったことはありませんか!?







今日の至言~作者不明


考え方を変えれば、行動が変わる

行動を変えれば、習慣が変わる

習慣が変われば、心が変わる

心が変われば、人格が変わる

人格が変われば、人生が変わる




ダーサナ ‏@sana6315 · 2016年11月20日
https://twitter.com/sana6315/status/800334574949580800

【自宅で溺死!嘘のようで本当の話】

日本では、年間約10万件の変死体が発見される。
その多くの割合が、自宅のお風呂での溺死!
お風呂でウトウトし、一瞬寝てしまった経験はないですか?
それは、寝てしまったのではなく、気絶していたのです!
特に、60歳を過ぎた方の飲酒後の入浴は超危険!

------



管理人

実は、管理人もお風呂で死にそうになったことがあります。
2012年頃の話です。
疲れてて、お風呂で寝てしまって溺れそうになりました。
呼吸出来なくなって、苦しさのあまりパッと目が覚めて我に返り、
命拾いしたという顛末です。
しかも、何と同じ日にお風呂で3回も居眠りやってしまいました。
さすがに4回もやると、今度こそ、命は無いだろうと気を取り直しました。

実は、医学的に言えば、お風呂で気持ちよくなってウトウトしている状態は
「睡眠」ではなく「失神寸前、気絶」している状況に似ているそうです。
完全に、失神や気絶してしまうと、私のように、自己防衛の為の行動が
出来なくなって溺れ死ぬことになる訳です。

ここんところが、寝ている・・と、失神や気絶の境目になると思われます。
前者は生還できて・・後者はあの世行きと・・・
明暗がくっきりと分かれるのでしょうね。

肺に水がたくさん入ってしまうと、呼吸出来なくなります。
その時点から、生還出来る人は、多分・・かなり少ないと思います。

ところで・・・

ここ最近、首都圏の駅のプラットホームや電車の中で、或いは、
街頭でバタンと倒れたかのごとく寝ている人の画像がネットで溢れています。

無論、疲れて実際に寝ている人も多数おられると思いますが、
中には、どう見ても寝ているというよりは気絶しているとしか
考えられないケースの画像も多数、散見されます。

お風呂での溺死もかなり増えるのではないかと懸念されます。







寝る・・気絶する・・の違いは、どこにあるのでしょうか?
http://rism-acu.com/blog/faint-syncope-anemia

気絶と失神はほぼ一緒の意味のようです。
どちらも脳に流れる血液が一時的に低下して意識がなくなることです。
唯一違う点といえば、失神は呼吸が止まっていないとこです。
呼吸が止まって意識がない場合は気絶ということですね。

庭に水を撒くときのホースを思い浮かべてください。
水を撒くとき、ホースの先を押さえて細くすると水が遠くまで飛びますよね?
これはホースを細くして中の圧力を上げることで、水の勢いが増すからです。
これと同じ原理で、頭まで血液を運ぶには血管を細くして圧力を上げ、
血液に勢いをつけるんです。

だから頭へ送る血管は細くないといけません。
この血管を細くコントロールしているのが自律神経です。
(もちろん拡げることもできます)

なので自律神経の調子がおかしくなって血管が拡がると、
血液の勢いが下がり脳まで血液が届かなくなります。
これにより失神が起こります。

<引用終わり>



お風呂で溺れるのは交通事故と同じ割合!?入浴時は気をつけて!
http://magazine.voicenote.jp/20154674/

週刊ポストが「死ぬ確率」として、さまざまな死因の1年間10万人あたりの
死者数をまとめた記事があります。

例えば、航空事故で亡くなる方は10万人中0.0097人、
蜂に刺されて亡くなる方が0.015人などというように表されるわけですが、
交通事故で亡くなる方は3.2人、そして風呂で溺死する人は3.1人なんだそうです。

浴槽での死亡事故と交通事故の死亡事故は、
ほとんど同じ確率で起こりうるということが言えそうです。

全日本交通安全協会の統計によると、
2014年の日本の交通事故死亡者数が年間4,113人とのこと。
ほぼ同じくらいの人数がお風呂で亡くなっているという計算になります。

実は、医学的に言えば、お風呂で気持ちよくなってウトウトしている状態は
「睡眠」ではなく「失神寸前、気絶」している状況に似ています。

<引用終わり>
--------------------------------------



日本は、もうダメです
http://ameblo.jp/kaito000777/entry-12031605335.html

管理人

上の記事に出て来る画像を見ていると、
お風呂で溺死してもおかしくない人がたくさん出ています。
そのほとんどが、首都圏のものらしいですが・・・

何でもかんでも放射能のせいにするのも良し悪しですが、
しかし、それも確実にあることは事実であると思います。

以下 ↓

アメリカのスターングラス博士が、脳の神経細胞のニューロン間通信に
使われるカルシウムイオンの替りにストロンチウム90が脳に入ってしまった場合、
前頭葉でそれがβ崩壊したら、突然の意識消失やてんかんのような症状が起きると
言っている。
これが突然倒れる人が関東圏で増えている原因だ。運転危険


以上、終わり


運転危険に加えて、お風呂も大変危険とすべきです。
特に、ストロンチウム90の汚染地域にお住まいの皆さんはご用心を!


アメリカ政府が発表したストロンチウムの
汚染地図って本当の数値なのでしょうか!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11976653116.html

東京だけ、しっかり汚染されていないように加工されています。
神によって、東京だけ護られたのでしょうか!?
通常、そんなことは有り得ないはずです。

つまり、東京を中心にした首都圏では、お風呂での溺死が
かなり増える可能性を示唆していると認識すべきではないでしょうか!
関東と東北の一部も同様だと思います。







お知らせ

1月22日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第32号

『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!











また3号機 キセノン135出てた!~
ベータ崩壊してセシウム135(半減期230万年)になる。





2017年1月28日
めいちゃん ‏@snoopymaygon
https://twitter.com/snoopymaygon/status/825320874077073408

あらら、また3号機 キセノン135出てた><

*体調メモ:




キセノン135とは

キセノン135はウラン燃料が核分裂をした時に生じる放射性物質で、
放射能が半分になる半減期は約9時間です。
このキセノン135が、事故発生から8カ月近くたった平成23年11月1日に、
2号機の格納容器の気体から検出されました。
半減期が短いキセノン135の検出は、11月1日の直前に
核分裂が起こったことを示しています。※

このため、核分裂が連続して起こる臨界状態になっている可能性もあるとして、
東京電力(株)が調べたところ、臨界ではなく
「自発核分裂」によってキセノン135が生成されたことが分かりました。
ウランは中性子という粒子が原子核にあたることで核分裂を起こしますが、
こうした外部からの衝撃がなくても自然に核分裂を起こす放射性物質も燃料に
含まれていて、この核分裂を「自発核分裂」と呼んでいます。

※同日、キセノン133(半減期:5日)も検出されました。


-------------------------



管理人

キセノン135に関しては、臨界状態になると発生する場合と
自発核分裂といって、運転停止中でも起こっているという事実がすごく重要です。

原子炉稼動中は無論のこと、停止中でも発生しているという事実。
つまり、日本国内の54基もの原子力発電所の全てから発生しているという事。
ガスが発生し続けると、定期的にベントして抜かなければ爆発しますね。
日本全国で、キセノン135は舞っていると考えたほうがいいのでしょうか?

キセノン135は、ベータ線ですから、ガンマー線しか測定しない
モニタリングポストでは、その発生状況は一切分からないでしょう。

キセノン135は、希ガス元素の一つ。
比較的イオン化しやすく、このため、反応性の強いフッ素や酸素と反応して、
フッ化物や酸化物を形成する。

このフッ化物や酸化物は、同時に、放射性を持つことになる訳ですね。
その後、どのように変化していくのか未解明で未知の恐ろしい分野です。

キセノン135~セシウム135の毒性には、
放射線の毒性と化学的な毒性が考えられます。
セシウム135は、放射線の毒性としては低いかもしれませんが、
しかし、重金属としての化学的毒性に関しては
未解明の部分が多いと思われます。
まして、フッ化物や酸化物になった時の化学的毒性に関する
文献は見当らず、まだ解明にすら到っていません。

世界と、特に日本の国内の地表は、半減期230万年のセシウム135で
覆われていると云っても決して過言ではないでしょう。
つまり、セシウム135だらけという事実を知っておいて下さい。

水道水に「フッ素」やフッ素添加物を入れるといった話が騒ぎになっていますが、
とんでもない話です。
これは、人口削減を目的としたイルミナティが進めているのでしょう。
こんなものを絶対に認めてはいけません。



キセノン133、キセノン137、及び中性子を捕獲しなかったキセノン135は、
ベータ崩壊して、セシウムの同位体になる。

キセノン133⇒セシウム133
キセノン137⇒セシウム137
キセノン135⇒セシウム135

キセノン133、キセノン137、キセノン135は、ほぼ同量生成するが、
中性子捕獲後は、セシウム133(さらに中性子捕獲してセシウム134になる)と
セシウム137がセシウム135よりも多くなる。

--------------------------




桑ちゃん ‏@namiekuwabara
https://twitter.com/i/web/status/779256139485548544

2016年9月23日

5年半経っても壊れた原発の中では今でも核分裂は起している。
漏れ量多いだろうからこれでも過小評価と考える。
当然、放射性ヨウ素も発生しているだろう。
希ガスは大気中に放出されっぱなし。
それでも原発周り安全と除染しているから金つぎ込んでもドブの中!
あふれた汚染水乾けば埃となって舞い散る。

←これXe135だけだから他核種含めればこんなもんじゃない。
自発核分裂以外に放射化生成物、腐食生成物も出来る。
どっかの大学物理学者のような「メルトダウンしないだす」レベルじゃ
判断も出来ないだろう。
壊れると廃炉作業費用倍倍加算!






キセノン135の発生メカニズムを見てみよう。
そして、その後、γ線測定じゃ検出されずβ線しか出さないセシウム135と
いうもので230万年半減期の核種に壊変し皆さんの周りに存在する。
セシウム137が検出されると言う事は存在しているだろうが検出されない。
ベータ放射能濃度測定の重要性!







壊れた福島第一原子力発電所の危険性は、排気塔崩壊、燃料棒落下・損傷、
汚染水、自発核分裂の恐ればかりではない。
毎日24時間N2(窒素ガス)が原子炉格納容器内に注入されているか理解できるかな?






当然「メルトダウンしないだす」物理学教授には理解できないだろう。
「春雨じゃ濡れてまいろう」東大教授も理解できないかな?
なぜ?格納容器に窒素ガス注入しているのか?
燃料溶融してデプリになったものから強い放射線によって冷却水や地下水が
放射化で水が分解し水素ガスが発生しているからだよ。




これからも、水素爆発起さないように窒素ガスを注入し続け、自発核分裂で
再臨界起こさない為にホウ酸水(激毒物)を注入し続けなければならない。
当然、排水の中にはホウ酸水も含まれ場合によっては海に流れ続けるだろう。
当然、放射化で分解した水素の中にはトリチウムも含まれる。
そんな状態で復興?




2016年03月09日
原発推進派はセシウム133、135に気付いてほしくない
http://inventsolitude.sblo.jp/article/174397590.html

<一部引用>

まず基礎データから

キセノン133(半減期5.248日、ベータ崩壊)→ セシウム133(非放射性)

テルル135→キセノン135
ヨウ素135(半減期6時間)→キセノン135
キセノン135(半減期9.2時間、ベータ崩壊)→ セシウム135(半減期230万年)


セシウム137とセシウム135を質量として同じ量「内部被曝」した場合、
人の一生のような長い時間で考えた場合、
セシウム137は崩壊してバリウムに変わっていくが、
セシウム135はほとんど崩壊せずにセシウムのまま残る。
心筋に対する化学特性としての悪影響という面では、セシウム135のほうが大きくなる。

セシウム133も化学特性は同じ。
これは放射線を出さないのでどこにたくさんあるか測定することはまず無理。






セシウム134の半減期は約2年だから丸5年で約18%に減衰している。
だが、半減期30年のセシウム137はまだ11%しか減っていない。

民間の測定は特にそうだが、政府が測定、公表している「放射能」は
ほぼすべてがガンマ線を測定したものだ。

ベータ線を出すセシウム135の放射能は測定されていないし、
福島第一原発事故で環境に放出された放射性物質の中で最大の量を占める
ウランはガンマ線では測定が困難だ。
ストロンチウムもベータ線だ。

福島第一原発事故によって何百種類もの放射性物質が放出され、
それが次々に変化している。
ガンマ線を出さなければないものとして扱われる。

だが、それだけを見て「放射能」が減ったと判断するのは間違いだ。
それに放射性物質の多くは重金属として人体に害を及ぼす。

日本の放射能禍は、半永久的に続く。
日本人の健康にどこまで悪影響を及ぼすかは計り知れない。
それを計れるのは、誠に残念なことに、
人々の疾病発症や出生減や死亡増の統計だけだ。


<引用終わり>
---------------------






お知らせ

1月22日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第32号

『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!















放射性物質を体外に排出する3つの方法!





2017年1月21日

【実録】恐怖の内部被ばく!
専門家に聞いた、放射性物質を体外に排出する3つの方法!

http://tocana.jp/2017/01/post_12060_entry.html

東日本大震災の福島第一原子力発電所事故による放射線被ばくが問題と
なっているが、政府やマスコミが国民に実態を伝えないため、
「内部被ばく」や「低線量被ばく」の恐怖はあまり知られていない。

筆者は以前より、自分や家族がどれだけ内部被ばくしているかを知るためには、
やはり検査を受ける必要があると考えていたところに、
「我孫子内部被ばく検査センター」という施設が開設されたことを知った。
しかも、比較的低料金で検査を受けられるというので、家族4人で行くことにした。
結果として、極めて衝撃的な事実を知ることになったのだが――日本の放射能汚染、
その知られざる実態についてお伝えしたい。


・ 前編 【実録】3.11以降、日本人全員が内部被ばくしている!
検査を受けてわかった衝撃的事実

http://tocana.jp/2017/01/post_12058_entry.html

・ 中編 【実録】東京に住む筆者が、家族で「内部被ばく検査」を受けたら…!?
放射能汚染の真実

http://tocana.jp/2017/01/post_12059_entry.html


■ 最も効果的なデトックス法とは?

ところで、家族4人の検査結果を見た筆者は、なぜ夫婦で同じような食事を
していても差が出たのかと疑問を抱いた。
そこで新納氏に質問してみると、
「体質などでも差が出てくるが、たとえば汗をよくかく人は、
そうでない人に比べてセシウムを体外に排出する効果が高い」とのことだ。

これには筆者も、「あ! それだ!」と腑に落ちた。
妻は汗かきで、その反対に筆者は、あまり汗をかかないのだ。

新納氏によれば、さまざまなデトックス方法の中で、

最も効果的なものが発汗だという。

では、「スポーツで汗をかくことと、サウナに入ることでは効果が同じなのか」
と聞くと、「サウナの方が身体の芯から温まるため効果的ではないか」とのこと。
先日検査を受け、内部被ばく線量が高かった人がいたが、
心配になってサウナに4回ほど入った後で再度検査を受けたら、
今度は不検出に変わっていたケースもあるそうだ。

では、
「たとえ内部被ばくしても、本人の努力次第で結果は大きく変わるということか」
と聞いてみた。
すると、新納氏は笑ってこう語った。

「(測定結果として)見える数値というのは、わりと簡単に変わります」

検査に来る人の中には、
一度内部被ばくしたらもう体内から取り除くことはできないと誤解している人が
いるが、それは間違いだという。

「内部被ばくは、少し努力すれば(数値が)変わるので安心してほしいです」
(新納氏)

体温を上げると免疫力が高まるとともに、代謝が活発になり、
デトックス作用も活性化される。
そのような身体では放射性物質も体外に放出される可能性が高くなるそうだ。
つまり、内部被ばくを可能な限り抑えるカギは、
体温を高めることにあるということだ。
新納氏によると、ぬるめの湯に長い時間をかけて入浴するのも、
手軽にできる有効なデトックス方法だという。


■ ミネラル成分にも気を配るべし

また、検査前の質問用紙には、普段口にしている米についての項目があった。
我が家では白米に加えて雑穀米も食べることがあるが、新納氏によると、
これが家族4人とも内部被ばく量が平均を下回る結果につながった可能性があるという。
ミネラル成分が豊富な玄米や雑穀米は、内部被ばくを抑える効果があるらしい。

しかし、雑穀米は妻が思いついた時に米に混ぜる程度なので、
他にも低線量となった要因があるかもしれない。
我が家では、砂糖をすべて「きび砂糖」や「てんさい糖」にしているが、
白砂糖よりもミネラル成分が残っている分、効果があったのだろうか?
また、筆者は1年以上にわたり「1日1食」を続けているが(ただし土日は2食)、
その影響も多少はあるのかもしれない。
いずれにしても謎は残る。


■ 未来はあなたの努力で変えられる!

とにかく今回の検査では、筆者の家族4人のうち、セシウムが非検出となった妻を除き、
低線量とはいえ内部被ばくしているという事実が判明した。
全国の平均と比べるとかなり低い方ではあるが、それでも安心はできない。

内部被ばくしていると、本人ががんなどを発症する可能性が高まるだけでなく、
DNAに引き継がれた情報によって、その子孫にも影響が出てくる。
チェルノブイリ事故後に出生したウクライナの若者たちの中では、
がんや白血病の発症率が高くなっているとの報告もあるのだ。

内部被ばくは、主に摂取する食品から取り込まれる。
しかし、日本に暮らしている以上、知らずのうちに高い放射線を含む農作物などを
口にしてしまうことは十分に起こり得る。
そうであるならば、ある程度のセシウムが身体に入ることは仕方がないものとして、
その分、体を温めて免疫力を高める、ミネラル成分を意識的に摂取するなどの
「デトックス」に取り組むことが賢明なのではないだろうか。

今回の取材により、筆者がもっとも重要だと感じたことは、
「内部被ばくは、本人の努力によって低減できる」という事実である。

(完)


【我孫子内部被ばく検査センター】
住所: 〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1丁目6-1
TEL: 047-128-4556 担当:新納(にいろ)
受付: 毎日10:00~19:00 ※予約は必須(下記ウェブサイトから)
検査料金: 大人5,000円 18歳未満と妊婦3,000円
※千葉県柏市・我孫子市・印西市・白井市の住民は3,000円の助成を受けられ、
18歳未満と妊婦は実質無料になる。
Webサイト: http://kensa489.com/
Facebookページ:
https://www.facebook.com/AbikoNaibuHibakuKensa/


<引用終わり>
---------------------------------


管理人

私は、広島市のあるサウナで、『究極のデトックス・サウナ』を発見しました。

メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

<一部のみ引用>

私は、1ヶ月に1度か2度ほど、サウナに入ってリフレッシュする事にしています。
その時に、オイルマッサージをして身体を労わっています。
ただ、残念な事に、そのサウナには岩盤浴が無いのです。
その行きつけのサウナの近くに、岩盤浴のあるサウナがあるのは知っていました。

そこで、この前、そこのサウナに行って来ました。
無論、目的はサウナではなく岩盤浴にありました。
ところが、そこで私は驚くべき体験をしたのです。

岩盤浴に入る時に、厚めの布のシーツと上下の薄手の服を渡されました。
入室すると、床から天井までの高さは2メートルちょっとと低かったです。
タイルにシーツを敷いて、枕に頭をのせて横たわりました。
すると、直ぐに、驚くべきことが起こりました。

ものの2分も経たないうちに、全身から滝のように汗が噴出したのです。
わ----、何なんだこれは・・・と思いました。
私は2014年の前半、東京の八王子駅の近くの『やすらぎの湯』に
行ったことがあります。
その時にも、岩盤浴に入った経験があるのですが、その時の体感と、
今回のはまるで違いました。

その秘密は、天井の低さと、部屋にスチームが常時入っており、
それなりの高湿度と高温になっている点にあると気づきました。

遠赤外線は、あらゆる物質から出ています。
そして、その遠赤外線の照射量は、温度が上がるに比例して増大します。
つまり、高温の蒸気の微粒子群からより大きな遠赤外線が出ていたのです。

床の岩盤からの遠赤外線と身体を覆っている蒸気から、ダブルで遠赤外線を
身体全体に受けていたのです。
それによって、極めて短時間で効率的に身体が温められて、
相当量の汗が噴出したと考えられる訳です。
数回に分ければ、ゆうに1リットルは汗として出るでしょう。

しかもですね、これだとあまり疲れません。
病人の人にとってはもってこいなのです。

私たち人間の体は、胎児で体重の約90パーセント、新生児で約75パーセント、
子どもで約70パーセント、成人では約60~65パーセント、
老人では50~55パーセントが水で満たされています。

つまり、60キロの成人の人ですと、およそ36キロが水分です。
一回で、0.5リットル~1リットルの汗が出ると相当な効果といいますか、
大きなデトックスになる訳です。
無論、水分補給は必須です。
身体に大変良い還元水~アルカリ水をどんどん補給してあげましょう。
http://www.shiawase-supli.com/water/49.html

ガンに効果あると考えられる水分をどんどん体内に流し込むのです。
これを1ヶ月ほど続けると、劇的に体質改善がはかれると私は考えています。
そして、同時に、塩分やミネラルの補給もその都度行います。

身体の中で、水分の移動が起こります。
ある意味、身体の到る所で、小さな川の流れが出来るのです。
そこから、毒性化学物質や細菌・ウィルスも出て行くことが期待出来ます。

既に、ガンや病気でやせ細っている人は、岩盤浴に入る前に、
予め、水分補給をしておくことをお勧めします。
更に、短時間で何回も入るようにして負担にならない配慮をすべきです。


<引用終わり>
---------------------------------






お知らせ

1月22日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第32号

『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!












一体、この日本はどうなってんだ!




管理人

先ず、私は人を差別することに絶対反対の立場の人間です。
差別意識というものは、およそ、人間の持っているものの中で、
最も醜い部分であり、そして、人の輪を分断するものです。
無論、民族差別や部落差別もいい訳がありません。

民族差別は、国家同士を分断させ戦争にも利用されます。
劣った民族・国家だから侵略しても許されるといったような
大きな流れを創ります。
いわゆる 『血のイデオロギ―』 というやつです。
このイルミナティの分断工作に加担しているのが、
在日系保守・右翼の連中です。

ところが・・・話はそう簡単ではありません。
戦後、米国占領軍のGHQは、荒廃した日本国内において、
在日朝鮮人に対して、食料などの物資や資金を提供しました。
この在日朝鮮人や帰化人たちを日本支配の道具に使う為です。

ですから、在日朝鮮人や帰化人たちは徹底的に優遇されています。
実業界において、全国的に急成長している会社や企業を御覧なさい。
そのほとんどが、在日系やカルト宗教のひも付きです。
そもそも、経団連会長からしてアレなんですから。

以前、ブログへのコメントの中に、芸能人の8割は在日系か帰化人だと
いった内容のものがありました。
私は、いくら何でも8割は居ないだろうと思ったりもしていたのですが、
正確な数字までは分かりませんし、記録としても残っていません。
尤も、広告業界を支配している電通の会長からして在日系韓国人だった
訳ですから、その可能性は大いに有り得る訳ですが・・・
つい最近、亡くなられたと記事にありました。

少し調べただけでも、出てくるわ・・出てくるわ。

【衝撃の真実】在日認定されしまった『芸能人達』
https://matome.naver.jp/odai/2135693238355049201

SMAPメンバー全員、在日朝鮮人ですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1151859506


驚きを隠せないでいます。
書かれているものも、ほんの一部で氷山の一角に過ぎないでしょう。
他にも、名前の出ていない人を私はたくさん知っています。
過去の人から今現在に到るまで・・・
直ぐに頭に浮かぶ著名な芸能人のほとんどが帰化人だったんですね。
帰化人ではない純粋な日本人は、どこを探せば出てくるのでしょうか?
・・・って感じですね。


肝心な政治家の世界は、果たしてどうなっていることやら・・・

戦後、自民党はCIAが創ったと伝わっていますが、
その資料はたくさん出てくるので事実なんでしょう。
東京地検特捜部もCIAが創ったと資料に出ています。
東京地検特捜部の幹部になるのには条件があって、
アメリカ帰りで、しかも在日系カルト宗教会員の検事でなければ
決して幹部にはなれないのだとか。
この問題については、検察内部の検事が匿名で告発しています。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11025652298.html

この東京地検特捜部の最大の任務は、本当に日本国民のことを考え、
真に愛国心のある政治家を叩き潰すことが一番重要な仕事なんだそうだ。
泣けてきますね。
そんな奴しか、日本の中ではトップに立てないのだそうですよ。

そもそも、小泉元総理や安倍総理からして、出自が朝鮮部落の田布施ですから。
日本国内の主要な政治家の本当の出自を全て明らかにして欲しいものです。
幾らなんでも、その8割が帰化人なんてことは無いと思いますけど。
恐らく・・・恐ろしい結果を目にすることになるでしょう。
ただ、幾ら調べても証拠は消されているはずです。
ウィキペディアで、SMAPの木村拓哉さんでさえも消されている訳ですから。
まして、政治家においてはやって感じです。


日本にとって、本当に必要な政治家は、その大半がスキャンダルで潰されたか、
暗殺された歴史があります。
こんな国は、世界でも他に例を見ないでしょう。


自民党清和会とは和人(日本民族)を粛清するという意味なのだそうだ。
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/d5ef06342c7f4e6d6bb3d10c4e665a1e


経世会(旧田中派)」VS「清和会」

(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件(←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登 失脚 リクルート事件(←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信 失脚逮捕 佐川急便献金・脱税(←東京地検特捜部&国税)
(経世会)中村喜四郎 逮捕 ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件(←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎 西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博 西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

(清和会)岸信介 安泰(A級戦犯、元祖CIAエージェント)
(清和会) 佐藤栄作 安泰
(清和会)福田赳夫 安泰
(中曽根派)中曽根康弘 安泰
(清和会)森 喜朗 安泰
(清和会)三塚 博 安泰
(清和会)塩川正十郎 安泰
(清和会)小泉純一郎 安泰
(民間) 竹中平蔵 安泰
(清和会)尾身幸次 安泰
(清和会) 安部晋太郎 安泰
(清和会) 福田康夫 安泰
(麻生派) 麻生太郎 安泰
(清和会) 中川秀直 安泰
(清和会) 町村 信孝 安泰



関連記事

「自民党清和会の源流」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/406.html



管理人

自民党を始めとした政治家の出自を洗いざらい調べようとしたら、
命がいくらあっても足りないでしょうから止めといたほうがいいでしょう。

政治・官僚・検察・警察・裁判所・経団連・マスコミ・著名人・学者、公務員、
そして、芸能界と・・・
日本国内の枢要な部分のありとあらゆるものが、占領されちまっている。

ネットの世界も例外ではありません。
著名ブロガ―も実にアレが多いなと痛感しています。
愛国心ある政治家やジャ-ナリストはどんどん粛清されていきます。

ブロガ―も同じ運命にあります。
私などは、調べもので、自分の記事の題名を検索しても
なかなか出て来なくなっています。
最大のアクセス源のスマホも、一時期の10分の一になっていますし、
フェイスブックも複雑な妨害工作が行われているようです。
ツイッタ-は、何時間も無反応の時もしばしばです。
ブログとしての拡散力は、どんどん削られている感じです。

まあ、命があるだけでも幸運かもしれません。
ブログを閉鎖したり、命を狙うほどの大物でもありませんし、
小物ということで見逃してもらっているのかもしれません。
しかし、締め付けはどんどん厳しくなってきているのを感じています。
アクセスが規制されたり、重くなることが続くと・・・
人も次第にアクセスしなくなってしまいます。

そして、誰も居なくなってしまった。
やがて、そうなるのも時間の問題かもしれません。
それでも、私は正しいと信ずることを最後まで伝えていこうと心に決めています。

命ある限り・・・









お知らせ

1月22日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第32号

『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!