絶対に知っておきたい 【 ガンの基礎知識 】










ガンの本質に関する考察

~ロスチャイルド家の傘下の医師が告発


<まとめ>


ウォーバーグの癌本質論


<高血糖が癌の基礎原因の根拠>


我々の体内に存在する二つの新旧エネルギー産生器官である

解糖系(潜在的癌細胞)とミトコンドリア(潜在的癌細胞抑制に寄与するもの)

均衡が崩れ、解糖系(潜在的癌細胞)が勝利した時に、癌が発生する)。

1.癌細胞は、解糖系であり、通常細胞の30倍以上のグルコース

 (ブドウ糖)を欲しがる。

 高血糖の宿主は解糖系にとって格好の増殖の環境である。

2.癌細胞は、解糖系であり、低体温(32℃程度)を好む、

 高血糖は血流を悪くし、体温を下げる。

3.癌細胞は、解糖系であり、酸性の環境を好む、

 高血糖になると体内が酸性に傾くので発がんする。

4.癌細胞は、解糖系であり、酸素を必要としないので、高血糖になり

 血流が悪くなり、細胞に酸素不足になることで、発症する。

5.癌細胞は、解糖系であり、高血糖であれば、交感神経が亢進され、

 体温が下がり、血流不足になり、癌の発生要件を満たすことになる。

6.細胞の中で、解糖系と均衡を保っているミトコンドリアは、高血糖により、

 酸素不足に陥ると弱体化し、均衡していた解糖系(潜在的癌細胞)が

 優位になり発がんする。

7.細胞の中で、解糖系と均衡を保っているミトコンドリアは、高血糖により、

体温が下がり、解糖系(潜在的癌細胞)が優位になり、発がんする。

他にも数多くあるが、この辺にしておく。
さて、次に、癌患者の共通の特徴を以下に記す。

1.ほとんどすべての癌患者は高血糖である。

 (米、パン、ラーメン、そば、うどん、スパゲティ、和洋菓子、

 糖質の高いお酒を含む飲料等を好む人が多い)

2.ほとんどすべての癌患者は低体温である。

 (末期には、最後の抵抗で、発熱することもある)

3.交感神経優位

4.呼吸が浅い

(末期には、最後の抵抗で、呼吸が荒くなる)

5.体質が酸性に傾いている


以上、すべて、
解糖系(潜在的癌細胞)が,
好む環境を体内に構築しているのが、
癌患者である。


3.人類とは何者か?

既に、述べたように、我々のエネルギー産生器官は、
「解糖系(潜在的癌細胞)」と
「ミトコンドリア」の二つがあることを述べた。
我々はとどのつまり、
この二つのエネルギー産生装置に支えられて生きているのである。

①解糖系とは何か?
 「原核生物」の末裔であり、今から20億年前の下等な生物の一種である。

 彼らの主食は、「グルコース(ブドウ糖)」のような「糖」である。

とにかく「糖」を好んで増殖する。

彼らは、酸素のない(嫌気性)環境で、32℃位(低温)で酸性の環境で

生まれ、生活していた。

糖を取り込んで、乳酸等を産生してエネルギーを生み出したが、

ひじょうに効率の悪いエネルギー産生であった。

瞬間的なエネルギーはあり、分裂が得意である。

②ミトコンドリアとは、何か?
解糖系より進化した新しい生物で「真核生物」と言う。

酸素のある環境下で生まれ、「37.2℃程度の温度」を好み、

乳酸やたんぱく質や脂質を取り込み「酸素」と合わせて

莫大なエネルギーを産出した。

ほとんど、分裂せず持続的なエネルギーを産出した。

ミトコンドリアは独自のDNA(母方からのDNA)を持つことから、

解糖系に寄生して、それぞれの短所を補い合い、折り合いをつけ、

均衡を保ちながら、現在に至る。


人類は進化の頂点だとか言っている輩がいるが、
単純な話、「解糖系(原核生物)」に
「ミトコンドリア(真核生物)」
が寄生して、それぞれが、お互いの短所を補い合い、
長所を生か合いながら、
折り合いをつけてやっている生物でしかないのである。
別にそんな大それた、
頂点でも何でもない。

「糖質(グルーコース)」を主食にするのは、この下等な「解糖系(原核生物)」

であり、我々人間をはじめとした哺乳類や鳥類や魚類は皆、呼吸し

タンパク質と脂質を主食とする生物であり。これらの中で、唯一、例外で

糖質を好んで食べるのが人間だけである。

糖質を食べない野生の哺乳類や鳥類や魚類には

癌(解糖系の暴走)の発生は見られない。

人間だけが下等な「原核生物」が主食とする「糖質」を好んで食べて、

せっせと「解糖系(潜在的癌細胞)」に餌をあげ、「癌細胞(解糖系)」を

大切に大切に育ててめでたく癌になるのである。

科学者でも、御用学者ではない、異端の学者は、

この単純な癌発生の仕組みは知っているのである。

「癌は、先祖がえりである」とか「解糖系(原核生物)の異常分裂である」

とか「原核生物の反乱である」とか「原核生物の逆襲」であるとか、

様々なレトリックを用いて癌の正体やメカニズムを発信したが、

すべて、無視され異端扱い、ほとんどトンデモ扱いである。


解糖系・人間           ミトコンドリア・哺乳類・鳥類・魚類
→グルコースを食べる       →脂質とタンパク質を食べ酸素を吸う
→癌になる            →癌にならない


なぜか、人間は下等生物(原核生物)になろうとして、
グルコースを食べ体内に下等生物(原核生物)
言いかえれば、
癌細胞を生育させ癌を宿し死に急ぐのである。


4.解糖系とミトコンドリア

癌は我々細胞内の「解糖系」と「ミトコンドリア」の鬩ぎ合いの結果生まれる


解糖系(原核生物)古い         ミトコンドリア(真核生物)新

20億年前                    20億年以降
ブドウ糖が大好き                脂質・タンパク質
                        ケトン体+脂肪酸
低温が好き(32℃)              体温(37.2℃)が好き
酸性が好き                  中性・アルカリ性
分裂する                   ほとんど分裂しない
子どもの時に活発               歳とともに活発
交感神経が好き                副交感神経が好き
酸素が嫌い                  酸素が大好き
エネルギー効率が悪い            エネルギー効率が良い
血流が嫌い                  血流が大好き
ステロイドが大好き             ステロイドで弱体化
瞬発力が強い               瞬発力はないが、持久力がある

<結論>

①解糖系が勝利した場合「癌」になるのである。
②高血糖が何より、癌の基礎原因の一番である。
③低体温
④交感神経優位
⑤薬

1.通常は細胞内で「解糖系」と「ミトコンドリア」が均衡しているが、

細胞内が、「高血糖」に傾くと、この均衡が崩れ、「解糖系」が優位になる。

2.人体に望ましくない「高血糖」が続くと、我々自身の身体が、「高血糖」を

何らかの形で、収める為に、自身の体内に「高血糖」を吸収する細胞を

造る防衛反応を起こし、癌細胞が体内に発生する。


3.なぜ、子どもや、若い人の癌の進行が早いのか?

 放射性物質に敏感なのか?解糖系の特徴を読めば理解できる


4.なぜ、瞬発力と筋肉増強の効果の著しいステロイドを

スポーツ選手が欲しがるのか?

そして、その後に彼らがなぜ、癌になるのか?

すべて、解糖系の記述で謎が解ける。

5.解糖系は、炭水化物やブドウ糖を主食にしていた原始的な細胞であり、

ミトコンドリアはタンパク質や脂質と酸素を主食にして莫大なエネルギー

を獲得した。

6.ようするに、糖質やブドウ糖は、原始生物の主食なのである。

我々哺乳類(ミトコンドリア)は、あくまでもタンパク質と脂質を食品の

中心にするように遺伝子がプログラムされているのである。

7.だから、癌細胞(解糖系)は先祖がえりの細胞と言われるのである。

我々は、先祖がえりしないように糖質を控える生活が望ましいのである。

8.我々の生活を振り返ってみてほしい、

今や癌は3人に一人がかかる国民病と言われ始めた。

スーパーの食品売り場、コンビニの食品売り場、キヨスクの店舗・・

どこを見ても糖質がメインの食品ばかりである。

自動販売機は、ブドウ糖入りのスポーツドリンクから果糖入りの

様々なジュースまで、好きな時に好きなだけ、溢れんばかりの

ブドウ糖を摂取できる世の中なのである。


<引用終わり>

-------------------------------------------




管理人

カンジダが、ガンの正体だと云う医師がいます。

ブドウ糖を好み、酸素が嫌いというのもガン細胞と似ています。

太古の昔・・・

人の細胞の原核生物は、カンジダという原始株と同族の仲間

だったのかもしれません。

それが、ミトコンドリアと合体することにより、新生命体へと

進化していった可能性を想像しています。

そういう意味では、感染性のガンが、免疫機能がなかなか異物として

認識されにくく、動物の体内に入って増殖し暴れだすといった事実も

何となく理解出来る訳です。

これ⇒ガン細胞のある大変恐ろしい秘密に気がついた!?

    http://ameblo.jp/64152966/entry-12082663351.html



ガン細胞の多くが白い色に覆われている訳ですが、

これは、カビ菌カンジダの色です。

カンジダが原因でガンになるのか、好環境の生息域となったから

たまたま集まって繁殖したのか・・・

ニワトリが先か、タマゴが先かといった話になります。

そもそも、人の細胞の中にカンジダの同族の核が存在しているなら、

住みやすくなったから、末裔が先祖を呼び寄せて一緒に繁栄しようと

共鳴しあっているようにさえ感じます。

しかし、その真相がどうであれ、もしそういった流れなのであれば、

我々に打つ手はあるということが分かって来ました。

皆さんも、そのように思われませんか?

これは、ものすごく偉大な気づきです。

相手の好き嫌いが分かれば、

好きなものを避け、嫌うことをどんどんやっていけば、

ガンは駆逐出来ることになる訳ですから。










お知らせ
10月31日に、★メルマガ第60号を配信しました。

悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?
 














AD
トランプ来日~真の目的は
12月に迫った米連邦債務引き上げ問題
と無関係では有り得ない。










11月5日 4時35分
トランプ大統領きょう訪日 首脳会談やゴルフ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171105/k10011210711000.html

アメリカのトランプ大統領は5日から日本を訪問し、
安倍総理大臣とゴルフをするほか、6日は首脳会談などに臨むことにしていて、
両首脳は北朝鮮への圧力強化に向け、中国などに働きかけを強めていくことを
確認する見通しです。
一方、日本側ではトランプ大統領が貿易赤字の削減を重視していることから、
2国間の貿易協定の交渉を求めてくるのではないかと懸念する声も出ています。

アメリカのトランプ大統領はアジア歴訪の最初の訪問国となる日本を就任後、
初めて5日から3日間の日程で訪れます。

(引用終わり)



管理人

今年の9月、北朝鮮問題で揺れる中、あるメルマガ読者の方から
一つの相談を受けました。
10月中旬より、かねてより計画していた南方の島への旅行に、
両親が危ないから止めておくようにと言われ、どうしようかと
私に相談されてきたのです。

私は、楽しみにしておられたのですから、後悔しないように
旅行に行って来られたらいかがですかと・・アドバイスしました。

先ず、11月5日にトランプが来日します。
そこで、重要な話がされると考えています。
その前に、諜報機関とテロ組織が何かをするとは考えにくい。
それが、私が旅行を勧めた根拠です。
可能性として・・怖いのは、トランプが去ってからでしょう。


アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基礎知識
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8290.php


アメリカの米連邦債務引き上げ問題の期限が12月に迫っています。
どの道、共和党と民主党の利権争いの綱引きが行われているに過ぎませんが、
結局、合意に到るであろうことは多くの人の周知の事実です。

アメリカが単独で、デフォルトするようなことは起こりません。
世界の一人悪者になるようなことはしません。
有り得るとすれば、日本が破たんしたから、その煽りを受けて
米国もデフォルトする羽目になってしまったという形をとるはずです。
ですから、本当に危ないのは寧ろ、アメリカよりも日本のほうです。

今日、トランプが来日しますが、本当の目的が表に出ることは
ほとんどありません。
北朝鮮問題など、単なるダシに過ぎません。
日本の猪突な解散総選挙も北朝鮮問題がダシにされました。
トランプ大統領にしたって同じなのです。

北朝鮮問題は、ペンタゴンが予算獲得の為にさかんに煽っている
パフォ-マンスに過ぎません。
『北朝鮮は極めて危険だ!~俺たちは仕事してるぜ』・・といったところでしょう。
北朝鮮もそのパフォ-マンスに協力している疑いがあります。

アメリカの実際の借金は、巷で云われているようなレベルのものではありません。
実際は、もっとはるかに多い。
いわゆる、触れてはいけないブラックボックスになっています。
しかし、そうはいっても、やはり国家を運営していくには、
借金を増やさなければ倒れてしまいます。
なので、更に、借金を増やすことを決定することになるでしょう。

しかしながら・・・困った事態になっています。

2015-11-15
全世界の中央銀行が前代未聞の速さで米国債を売却
・・・いよいよかな!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12095730266.html


米国債の買い手がいない。
そうすると、アメリカ政府が予算を組めなくなってしまう。
それだけではなく、米国債の金利上昇を招き、アメリカ政府が
その金利の利払いで、更に、切迫して追い詰められてしまう。

結局、こういったことから・・・頼りになるのは、
経済大国であり植民地である、わが国~日本が唯一、最大の頼みの綱で
あることは誰の目にも明らかです。

無論、トランプ大統領が裏で要求するのは火を見るよりも明らかです。
ただ、それだけではありますまい。
アメリカ軍部からも相当額を要求されるはずです。

この全ての要求に日本が応えれば、天文学的なお金になり、
日本にとっては、極めて過酷な負担になってしまうでしょう。

全てに応えられなくても、ある程度は支払うはずです。
今回の日本の猪突な解散総選挙も、この問題とリンクしているのでは
ないかと疑っています。
『もうしばらくやらせてやるから、頼むぜ』・・という声が
聞こえてきそうです。

問題は・・・
日本が払えるある程度のお金で、相手が納得してくれるかどうかです。
特に、アメリカ軍部が問題です。
かなりの不満を持たれると、何をされるか分かりません。
だから、私が今年の12月以降は危険だと言っているのです。

どうせ、北朝鮮に対する一連の軍事行動にかかる米軍の費用も
日本が払わされることになるであろうと踏んでいます。
まあ、ヤクザ社会のミカジメ料みたいなものです。
知らぬは、日本国民だけってことです。

米軍の軍事予算が大幅に削減されるということは・・・
つまり、そういう結果になるというしごく簡単な話です。

しかし、日本にはもうそんなにお金はありません。

今回、総選挙で大勝した自民党ですが、それにも関わらず、
一部に、案外・・・安部総理が浮かない顔をしているといった
話が漏れ伝わってきています。
安部総理は、何が待っているか分かっているからではないでしょうか。


話は変わりますが、多くの人は、世界最強の米軍だったら
簡単に北朝鮮をやっつけられると考えているかもしれませんが、
実のところ、そうはなりません。

核関連施設を破壊したとしても、長い戦争になれば、
やはり、米軍は勝てないでしょう。
北朝鮮は、ベトナム戦争を徹底的に研究しています。
何故、米軍が敗北して去ったのかを知っているのです。

先ず、米軍が北の核関連施設を破壊すると、
韓国のソウルが火の海になります。
韓国と北朝鮮の戦争が始まり、米軍も責任上、加勢することは
軍事の上からいっても当然といった話になります。

ですが、やはり、韓国と米軍の連合軍は勝てないのです。
これを説明するのは大変長くなるので割愛しますが、
米軍もそれを分析してよく分かっているはずです。
なので、パフォ-マンスばかりで実際の先制攻撃には及び腰なのです。
無論、韓国から止めて欲しいといった圧力も相当あるのは当然です。

米軍が核爆弾を3つか4つを使用すると、確かに大勢は決まるでしょうが、
ロシアや中国は黙っていないでしょう。
臨時戦時体制に突入です。
米国は得るものより失うものがはるかに大きい。
つまり、そういったバカはしないということです。


いずれにしましても、カモにされる日本にとって
新たな危機の再来です。
何かその兆候が見られる時には、皆さんにお知らせします。
但し、12月以降は、くれぐれも注意だけは怠らないようにしましょう。

何をされるのかって・・・
皆さんでお考え下さい。
そして、みんなで国民の無事を祈りましょう。



関連記事

ずっと疑問だった、安部・福田短期政権の謎と深い闇!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-11348251736.html










お知らせ
10月31日に、★メルマガ第60号を配信しました。

悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?
 



松田聖子 瑠璃色の地球

















AD
”自分の天命を見つけたことを示す10の兆候”








管理人

私は幸せになりたかった。
当時、お金に不自由しなくても、私はすごく不幸せでした。
その為に、毎月、100万前後あった事業を捨てました。

それからというもの、アルバイトの掛け持ちで生活していました。
ちょうどその頃です、ブログ始めたのは。
そして、迎えた2011年3月11日・・・

私は、今こそ何かをすべきと感じ、当時、拙かった私のブログから
必死になって、多くの人の為になる情報を発信しようと決意しました。
その為に、アルバイトの掛け持ちも辞めて、一つだけにしました。

その時に、私はこれが私の天命なのかもしれないと感じたことがあります。

50以上の死地の危機から何故、生き残ってこれたのか!
https://ameblo.jp/64152966/entry-10874821478.html

私はふと思うのです。
もしかしたら、今回の東北大震災から原発事故による、
日本の悲惨な末路に及ぶ今日この時・・・
何らかの役割があって生かされて来たのではあるまいかと。

今、過去を思い起こすと、不思議なことばかり。
バイクで車と衝突しながら、ケガ一つしなかった事の不思議。
実際、死んでもおかしくないことが、あまりにたくさんありました。
今、生きていることは、ほとんど奇跡に近い・・・


世界の裏側ニュースのココヘッド さんの記事を見ると

6.健康状態が改善される可能性が高い

不思議なことですが、天命を見つけた人に
健康状態の改善が見られるという大歓迎な副作用がしばしばあります。


~ 引用終わり ~



私は、以前の事業の仕事が徹夜の連続で、
随分と自分の身体を傷めてしまいました。
事業を止めて、二つのアルバイトを掛け持ちでやっていましたが、
2011年3月以降、そのうちの一つを止めて、必死にブログを
書き始めた頃より、確かに、健康状態がかなり改善されていったことを
実感しました。

人は、何かの使命感に燃えて動き出したとき・・・
よく分かりませんが、何かが変わっていくのかもしれませんね。

自分の心と身体に異変が起こったのでしょうか?
細胞も微生物も、その何かの使命感に呼応しているかのようです。
それだけではなく、運命さえも変わって来ることを実感しました。

2015年11月から、メルマガを始めました。
当初、多くても数十人くらいしか応募して来ないだろうと考えていました。
へたすると、十数人かもと・・・

しかし、実際は私の予想をはるかに上回るものでした。
私の予想の何十倍もの、ものすごくたくさんの人から
申し込みが舞い込んだのです。

これも天命というものでしょうか?

ならば、私にはまだまだ多くの使命が残っている事になります。
ブログで人に伝えたいこと・・・
メルマガで人に伝えたいこと・・・

これら、一つひとつが、その使命に関わっているとしたら・・・
私は、その意味をよく考える必要があります。

人の命と尊厳!

私は、これ以上に大切なものは他に無いと思っています。
それが、全ての動機の出発点となりました。

私の使命とは・・・
多くの人の命と尊厳を護ることなのだと思うようになりました。

その使命感を持ち続ける限り、
天運は、決して我を見捨てることはない・・・と
信じて生きていこうと心を決めました。


天命とか、天運とか・・・
まったく、非科学的世界の話ではありますが、
私は、この世には、人知では到底、推し量れない何かが
きっとあるに違いないと感じることがあります。



以下の記事も信じられないような話ですが、
しかし、その人の人生が臨死体験によって
一変したことだけは確かな事実です。

とても信じられないといったような人は、その起こった事実だけを
見つめてみるのもいいのではないかと思い、
敢て、リンクして取り上げてみました。




【第一話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11826251538.html

【第二話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
 ~今、目の前に巨大な地球!

>http://ameblo.jp/64152966/entry-11826318880.html

【第三話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
~意識がもどる

http://ameblo.jp/64152966/entry-11826738711.html

【第四話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
~窓際からの奇跡の生還

http://ameblo.jp/64152966/entry-11827253459.html













AD
日本には、子供が平和を望むと
 注意を受ける学校があるという。









2015年2月13日
松下由美 Matsushita yumi‏  @MatsushitaYumi
https://twitter.com/matsushitayumi/status/566223441871634432

[東京の公立小学校で6年生の男子が卒業文集に
「将来、国会議員になって、戦争したり武器を輸出したりしない平和な国を作りたい」
と書こうとしたら、「政治批判を内容に含み卒業文集には載せられない」として
書き直しを命じられた由。]

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152831111077701&set=a.10150634581047701.394973.678047700&type=1&theater

江崎 正孝 『平和展』というイベントで、公民館を借りられなかったと聞いた。
『平和』という言葉は左翼的用語で、政治的思想なので、
『平和展』で公民館が借りられなかったらしい。
http://www.bengo4.com/topics/2662/

(引用終わり)
----------------------------------------------



管理人

2015年2月頃の話のようですが、別に古い話などではなく、
今は更に、より統制が厳しくなっているのではないでしょうか。

しかし、驚きました。
子供が平和を希求して文章にしたら、政治批判にあたるから
認められないと、平和を望む気持ちを踏みにじる行為と云えましょう。

この地球のどこに・・・
平和を望まない人間がいるでしょうか?

例外的には、戦争を起こして世界の人口削減をアジェンダにしている
イルミナティ・フリーメーソンと戦争産業の連中くらいのものでしょう。

学校がこんなことをやっているのは、たまたま、ある一つの
小学校に起こったことでは決してないと思います。
恐らく、日本全国にて教育委員会などを通して、
組織的に情報統制が進められているからではないだろうか。

これは、色んな意味で大変大きな問題を含んでいます。

先ず、重大な憲法違反に該当します。

★ 憲法で保障されている思想信条の自由を奪う行為です。

★ 憲法で保障されている『生きる権利』を否定しています。

★ 事実上、憲法9条を骨抜きにしている行為である。



教育委員会とは、国や政府に所属する教育機関。
つまり、政府の意志を教育の場に持ち込む組織です。

その組織の連中が、~ 平和 ~ は駄目だと云っているに等しい。
我々は、教育の場で情報統制と洗脳が静かに進められていると
大いに警戒すべきです。

この事は、今の政府が戦争出来る国に向っていることを意味します。
この事実に対して、国民は何の反応も示さないのであれば、
結局、政府の意志を受け入れることになる訳であります。

つまり、自衛隊が米軍の管理下になろうとしている訳ですが、
教育委員会や小学校はその蛮行を推進していることになります。

もし、この政府や教育委員会の行いが正しいというのであれば、
是非・・・
以下の子どもたちの平和への誓いに対して、
彼らが異議を唱えなければ、おかしいことになる。


2017年08月05日
広島原爆の日、子どもたちの平和への誓いが心にしみる
「必死で生きてきた人々がいなければ、今の広島はありません」
(全文)
http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/05/hiroshima_n_17689394.html


平和への誓い

原子爆弾が投下される前の広島には、美しい自然がありました。

大好きな人の優しい笑顔、温もりがありました。

一緒に創るはずだった未来がありました。

広島には、当たり前の日常があったのです。

昭和20年(1945年)、8月6日午前8時15分、広島の街は焼け野原となりました。

広島の町を失ったのです。

多くの命、多くの夢を、失ったのです。

当時、小学生だった語り部の方は、
「亡くなった母と姉を見ても涙が出なかった」と語ります。
感情までも奪われた人がいたのです。


大切なものを奪われ、心の中に深い傷を負った広島の人々。
しかし今、広島は、人々の笑顔が自然にあふれる街になりました。
草や木であふれ、緑いっぱいの街になりました。

平和都市として、世界中の人に感心を持たれる街となりました。

あのまま人々が諦めてしまっていたら、復興への強い思いや願いを捨てていたら、
苦しい中、必死で生きてきた人々がいなければ、今の広島はありません。

平和を考える場所、広島。

平和を誓う場所、広島。


未来を考えるスタートの場所、広島。

未来の人に、戦争の体験は不要です。
しかし、戦争の事実を正しく学ぶことは必要です。

一人ひとりの命の重みを知ること、互いを認めあうこと、
まっすぐ世界の人々に届く言葉で、あきらめず、粘り強く伝えていきます。

広島の子供の私たちが勇気を出し、心と心をつなぐ架け橋を築いていきます。

平成29年(2017年)8月6日

こども代表

広島市立大芝小学校6年 竹舛直柔

広島市立中筋小学校6年 福永希実






教育委員会よ!
何故、黙っている。

これは、一学校の卒業文集などではないぞ。

世界に向けて平和を誓っている。

世界に向けて平和を訴えている。

教育委員会は、東京の公立小学校と同じ様に
政治批判だと、何故、この二人の子供を断罪しない!?

お前達に、この二人の子供を断罪出来るのか?


影でコソコソするな!




Michael Jackson 「Heal the World」






お知らせ
10月31日に、★メルマガ第60号を配信しました。

悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?
 













今日は・・・
元警察官でジャーナリストだった
  黒木昭雄さんの命日。。。











管理人

この上の写真の記事の日付を見ると、ああ・・・
やはり、消されたんだなと確信しました。

2010年11月2日20時33分となっています。

この記事の日付をよく見て下さい。
0は無いものとされます。
年月日も消してみましょう。
すると・・・

3 11 22 33=6 となります。

これ、みんなカルト~イルミナティを代表する数字です。
これが偶然である可能性は・・・ほぼゼロに等しい。

これは、実行犯に犯行を指示した大物カルトが仲間たちや世間に
我々が殺ったと暗に示唆していると受け止めるべきです。
ある意味、足跡を残しながら勝利宣言しているようにも感じられます。
つまり、彼らが新聞に記事公開日時を指定した以外には考えられない。
それを条件に、事件内容を教えられたと考えれば分かりやすいと思います。

黒木昭雄 さんのツイッターは、
2010年11月1日 で止まったままです。
https://twitter.com/kuroki_akio

まっ、警察や公安カルトが絡んでいることは、ほぼ・・・・でしょう。


警察は、日本最大の犯罪組織である!



ジャーナリスト黒木さんが関わった事件の概要
https://ameblo.jp/64152966/entry-10697045450.html

元警察官のジャーナリスト、黒木氏が練炭自殺のニュース。

警察権力の闇を追及してきた黒木氏、ご本人と会ったときに

僕は絶対に自殺とかしないですから。

もし死んだら警察に消されたと思ってください
」 と笑っていた。…



ジャーナリストの黒木さん、あなたは殺されたのか !
https://ameblo.jp/64152966/entry-10695632374.html

コメントより

6 警視庁公安部の仕事?

警察OBの黒木氏が公安部や警備部の秘密を知りすぎた上に
マスメディアに喋るつもりと判断されて
警視庁公安部が抹殺したのかも知れませんね。


中濃
2010-11-03 19:53:25

<引用終わり>



名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死
~検索すると新聞で死去のニュ―ス記事が見当らない!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12226985539.html

お亡くなりになられた安保徹先生ですが、
過去の講演の中で、以下のように話されていたようです。

「 ここだけの話、皆さんだけに言っちゃうんだけっども、
わだす狙われてるんですわ。

研究室は何度も荒らされてるし 
もし、突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!

と冗談半分(本気半分)に話し会場に笑いを振りまいてらしたそうです。


<引用終わり>



「自殺はしない」宣言を
~私が死んだら、消されたと思ってください!
by.岩路真樹ディレクター

https://ameblo.jp/64152966/entry-11919899988.html

FBの 柳澤 史樹 氏 ~より
https://www.facebook.com/fumiki.yanagisawa/posts/10204469636962200?fref=nf


「報道ステーション」の岩路ディレクターが自殺との報道。
しかし、この人に取材を受けた知人は

身の危険を感じている。

私が死んだら殺されたと思ってください


と彼から聞いたという。

このような事件を皆で注視すること、多くの人が知ることで、
抑制になるし、警察にもマスコミにもプレッシャーをかけることができる。


<引用終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ジャーナリスト黒木昭雄さん

「僕は絶対に自殺とかしないですから。
もし死んだら警察に消されたと思ってください」



名誉教授の安保徹氏

「もし、突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!」



報道ステーションの岩路真樹ディレクター

「身の危険を感じている。
私が死んだら殺されたと思ってください」



管理人

御三人とも、同じことを言い残しています・・・
そして、同じ様にこの世から姿を消しました。

にも関わらず、ジャーナリストは誰も問題にしない。
安保さんと岩路さんは、大手新聞全国紙の記事にすら載らない。

今のテレビ・新聞というものは・・・
この世の闇を全て隠してしまう。
何事もなかったことにするのが、連中の仕事なんだとさ。
ジャーナリズムが聞いてあきれる。


どんな事があったって・・・
何もなかった事にすりゃ~いい。

どうせ、日本人なんて直ぐに忘れる。
半年もすりゃ~ ・・・忘却のかなたに消えていくのみだ。

悲しいね・・・
我々にはどうすることも出来ない。


黒木さんと岩路ディレクターは、練炭グループが受け持ち、

名誉教授の安保徹氏は、医療マフィアのグループが担当した。









ネット工作員の正体と消し屋の正体
https://ameblo.jp/64152966/entry-11925550749.html


★ 鳥人コンテスト

★ ドアのぶ首吊り

★ 練炭中毒死

★ 港湾溺死

★ 短銃自殺

★ 行方不明

★ 痴漢冤罪で口封じ





★ 鳥人コンテスト




お知らせ
10月31日に、★メルマガ第60号を配信しました。

悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?
 










【衝撃】 難治~白血病から9割生還









2017/07/10 日経産業
CAR―Tの衝撃(1)
難治白血病から9割生還―鬼のT細胞に金棒レーダー
(がん治療解体新書)

https://textream.yahoo.co.jp/message/552018313/14dcb40deb54912bcb2ccfea26cd975a/1/2698


「サイボーグ免疫」発動

 「わたし、もう5年も再発せずにいるわ!」――。
こんな手書きのメッセージボードを手にして、
カメラの前でほほ笑む米国在住の12歳の少女。
白血病患者の間では有名な女の子だ。彼女の名前はエミリー・ホワイトヘッド。
次世代のがん免疫療法「CAR―T(カーティー)」の威力を表現するのに、
彼女ほど適した人材は他にいない。

エミリーがCAR―T治療を受けたのは今から5年前、7歳の時だった。
白血病には急性から慢性、骨髄性からリンパ性まで様々あり5年生存率も
20%程度から80%程度までバラツキがある。
エミリーの場合、まれに見る難治性の白血病で、抗がん剤はすぐに効かなくなった。
骨髄移植もできない状態に陥り、周囲があきらめかけた時。
遺伝子操作で免疫細胞をパワーアップさせがんを攻撃する
CAR―T治療がエミリーを救った。

エミリーのようにCAR―T治療で一命をとりとめた患者の報告が
ここに来て急増している。
がん免疫療法に詳しい慶応大学医学部の河上裕教授は
「ごく一部のがんに限るが、劇的な効果が出ている」と話す。
 
エミリーを救ったペンシルベニア大のジューン教授のチームは、
その後も小児の白血病患者を対象にCAR―T治療を継続した。
結果は驚異的。
抗がん剤が効かず治療のすべがない30人中、27人のがんが消滅(完全寛解)した。
割合にして90%――。
CAR―T治療が突きつける数字は衝撃的だ。
CAR―Tは今、がん治療の最先端を行く大きな潮流だと言っていい。


盛り上がる学会

今年6月、米シカゴで開かれた米国臨床腫瘍学会(ASCO=アスコ)はそれを象徴する。
がん治療で最新の研究成果を発表するアスコで最も注目されたセッションは
CAR―T治療を含むがん免疫療法だった。

CAR―T治療と言えば、ほんの数年前までアスコでは100人も集まればいい方だった。
しかし今年は、CAR―T治療のセッションに2000人以上が詰めかけた。
会場で最も大きな部屋でも収容仕切れず、立ち見も出たほどだ。

このCAR―T治療では「日本は遺伝子治療が副作用問題で揺れた時期に研究者が減り
予算も削られ、世界的には1~2周遅れ」(東京大学医科学研究所の小澤敬也教授)だ。
企業もバイオ研究支援企業のタカラバイオを除き、
CAR-Tの臨床研究もほとんど行ってこなかった。

しかし、この遅れを一気に巻き返そうとする動きが最近になって日本でも出てきた。
代表的な例が第一三共だ。
今年に入り米国のCAR―T関連のベンチャー企業であるカイト・ファーマ社
(カリフォルニア州)と提携、血液がん治療薬の開発に本格的に乗り出したのだ。
カイトとの提携により第一三共はカイト社の技術であるCAR―T製剤
「KTE-C19」を国内で独占的に開発する権利を取得、
国内での販売を検討することも可能になった。

第一三共は権利の対価として5千万ドル(55億円)を支払ったが、
「カイトはすでに海外で主要な治験を実施、試験データもある。
その分、日本での治験を早く進められる」(研究開発本部長の古賀淳一氏)。
19年までに日本でもCAR―T製剤を販売できるよう承認を得る計画だ。
第一三共の動きは製薬業界でも驚きをもって受け止められる。

CAR―Tの世界で、カイトの名を知らない人はいない。
09年に設立したベンチャーながらCAR―Tの老舗的存在だ。
そのカイトと「CAR―Tはまだまだ未熟な技術」と
静観してきた日本の製薬大手が手を組んだのだ。
時代は大きく変わりつつある。
 
「10年後の第一三共に必須の技術と考えた」と古賀氏。
臨床試験では悪性リンパ腫の一種である「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
(DLBCL)」の8割以上に効くとのデータも出ている。
カイトのその他の開発品目についても導入を検討中だ。
世界や日本で一気に熱を帯びてきた感のあるCAR―T療法だが、
そもそもどんな技術なのか。


遺伝子を操作
 
簡単に言えば、がんを発見する賢い免疫を遺伝子操作で作り出す技術だ。
がんを見つけるための高感度な「レーダー」を、免疫の兵隊である
T細胞に装着させるのだ。

T細胞はがんさえ見つけられれば、相手を殺傷する能力は高い。
強力にがんを探知するレーダーを人工的に装備した「サイボーグ免疫」を
遺伝子操作によって作り出し、がんを撃退するというわけだ。
 
ここでいうレーダーの役割を果たすのが、抗体の先端にある「可変部」だ。
通常、異物が体内にあると抗体の可変部がこれを発見、
抗体がミサイルのように飛んで行き異物にくっつく。
 
この可変部をT細胞の表面に発現(形成)するよう遺伝子を設計する。
遺伝子操作によりT細胞の表面に発現した可変部ががん細胞をすばやく発見、
そのままT細胞をがん細胞にまで誘導することが可能になる。
 
可変部ががん細胞を見つけた際、これを攻撃するようシグナルを出す部分の
形成も遺伝子に設計しておく。
攻撃シグナルを出すのは「CD3ゼータ」というたんぱく質で、
可変部とセットでT細胞内に形成されるよう設計する。
 
この可変部とCD3ゼータが結合した分子を「キメラ抗原受容体(CAR)」と呼ぶ。
キメラとはギリシャ神話に由来する異なる生物を結合させた架空の生き物の名前。
遺伝子操作によりT細胞上に誕生するこのキメラこそ、がん細胞を撃退する切り札となる。
現在は可変部とCD3ゼータの間に、シグナルを増幅させるユニットたんぱく質を
挟んだものが使われている。

こうしてできたがん探知レーダーを表面にたくさん装備したT細胞は、
がん細胞を発見、捕捉していく。
捕捉すると「グランザイム」や「パーフォリン」と呼ばれる強力な細胞破壊物質を放ち、
たちまち標的細胞を死に追いやってしまう。

CAR-T治療は現在、日本を含め先進各国で研究が進む。
頭1つ抜き出ているのは米国で最短で今年8月、遅くても年内には治療薬として
認められることになりそう。

今年3月末までにジューン教授と組んだスイスのノバルティスと、
カイトがそれぞれ承認申請を済ませており、米政府側も「画期的治療薬」と認定、
優先審査の真っただ中にある。
 
がん完全寛解率90%時代が今、幕を開けようとしている、、、








管理人

これが実現するかどうかは大いに疑問です。
巨大ガン利権マフィアの連中が黙ってはいないでしょう。
スタップ細胞の時のように・・・
へたすると・・・中心人物は消されるかも。

白血病や悪性リンパ腫に関して云うと、
血液そのものに問題が潜んでいます。

そうです。
カビ菌が隠れ潜んでいるのです。
培養しても決して検出されません。
これは、多くの医学論文にも書かれている事実です。
それは、皆さんもご存知のはずです。

ところがです・・・
白血病などに関しても、このカビ菌がほとんど出て来ません。
ほとんど問題視されてもいません。
これは、実に大変な問題です。

あろうことか・・・
血液は、骨髄で造られているから『 骨髄移植 』なんだそうです。

骨髄とは、血液を脂肪に変えて保存収納する格納庫です。
ですから、血液がカビ菌などによって汚染されていたら、
当然、骨髄も汚染されるのは当然の話です。
どんどん増殖するでしょうね。
血液やリンパも通っていませんから大暴れしてもおかしくありません。

問題なのは・・・
血液を造る時に絶対に必要な酵素が、骨髄には全く見当らないことです。
最先端の医師や医学者、細菌学者は、その事実を知っています。
しかし、怖くて誰も告発しないのです。

私は、白血病にしても悪性リンパ腫にしても・・・
悪いものがどんどん拡がるという事に関して、広義な意味においては
ガンといえるかもしれないと考えています。
しかし、多くの人が考えているような内容のものではないという事ですね。
その本質はですね・・・。

カビ菌やウィルスあり、リッキーガットも無縁である訳がない。
体系的にまとめあげたら、すごい論文になるでしょう。
しかし、それを世間に発表しようとしたら消されるかもしれません。
安保徹名誉教授のように・・・ね。


名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死
~検索すると新聞で死去のニュ―ス記事が見当らない!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12226985539.html

この記事も、フェイスブックのシェアが数万あって、この記事だけで
アクセス数も10万以上あったのですが、やはりと言いますか・・・
一度、全部を消されていますね。
なんと汚い連中でしょうか・・・








お知らせ
今日の31日に、★メルマガ第60号を配信します。

悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

今日の午後から夕方にかけて配信する予定です。
今日の夜までに届かない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?
 











ケネディ元大統領資料全て公開へ
 ~暗殺された11月22日
  が真犯人の犯行声明である!









10/28(土) 
米大統領:ケネディ元大統領資料全て公開へ-生存する人々の氏名除き
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-53988178-bloom_st-bus_all


本物黒酒‏ @honest_kuroki · 10月27日
https://twitter.com/honest_kuroki/status/923755988007632897

今、ケネディー大統領暗殺に係る米国の機密文書が、
英国紙ガーディアンからライブでどんどん公開されているよ。
https://www.theguardian.com/us-news/live/2017/oct/26/jfk-files-released-assassination-documents-conspiracy-theories?page=with:block-59f29dcfa885b806b2a4cab4#block-59f29dcfa885b806b2a4cab4 … …



管理人

米国の機密文書の中身を知りたい人は、グーグルの翻訳機にかけて
文字起こしをされるとよいでしょう。

但し、機密文書に書かれている事が全て事実かどうかまでは
保障出来ませんので、くれぐれも勘違いしないようにして下さい。

ケネディー大統領が暗殺されたのは、1963年11月22日。
この11月22日が、事実上の犯行声明です。

11は、イルミナティが革命的テロを呼びかける数字で、
彼らが、最も大事にしている数字です。
なので、この数字だけは、決して単数化出来ません。

9.11・・・ 、3.11・・・も
同じ意味だとお考え下さい。

更に、22という数字は、11を倍数にしたもので、
この数字も決して単数化出来ません。
11の意味を更に強くしたものと考えられています。

1963年11月22日という日は、まさにイルミナティが・・・
ケネディー大統領暗殺を決行する日と決めた日時なのです。
ケネディーが、この暗殺から逃れるには、当日の朝に、体調不良を
理由に、ダラスでのパレードをキャンセルするしかなかった。

つまり、ケネディー大統領暗殺はイルミナティの仕業という事になります。
実行犯は、軍人であり、狙撃のプロで間違いありません。
その実行犯が誰かなどは大した問題ではありません。

そういえば、小林 麻央さんがお亡くなりになったのも、
今年の6月22日でしたが、ちょっと気になるところではあります。
6も22も、イルミナティを指し示す数字だからです。



【ケネディ暗殺事件】
~陰謀論だとかたづけていたら、やられてしまうだけだ

https://ameblo.jp/64152966/entry-11362286414.html

(一部引用) 


すべての原因は連邦準備制度を作ったこと
ヨーロッパ人が株主の民間銀行に
ドルを刷る権利を与えてしまったことです

これに反抗して 
アメリカ政府が財務省ドルを刷ったことが一度だけあります

その時の大統領が ジョン・F・ケネディです
ご存知のとおり 彼は一撃で暗殺されました

そして
財務省ドルは残らず回収されてしまったのです

それ以降
歴代大統領は 連邦準備銀行に逆らったことはありません

ところが皆さん、
このケネディ以前にも、これをやろうとした大統領が5人もいたのです。

その内の4人は暗殺され、一人は暗殺未遂に終わっているのです。
リンカーンもその一人だと言われています。


(引用終わり)



【ケネディ暗殺事件】 こんなはずでは !! 1/10






ケネディ暗殺が、日本と何の関係があるのかですって・・・???
大いに関係があります。

『 米国債を少しくらいは売りたいといった衝動に駆られる 』
~橋本龍太郎元総理大臣

『 米国はあまりにも身勝手だ。米国債はもう買わない 』
~中川昭一元財務大臣

このお二人も、ものの見事に毒殺されました。
殺ったのは、イルミナティの日本の配下の暗殺部隊。

このイルミナティによって、日本は支配されています。

ところで、既に、日本は米国から信じられような天文学的なお金を
米国債やあらゆる形で抜き取られ続けています。
その額、およそ1千兆円から2千兆円。

なので、日本国民は働けど働けど、決して豊かにはなれません。
それに伴って、日本の財政赤字も膨らみ続けています。
表向きは、1千兆円の財政赤字という建前になっていますが、
財務省のホームページをよく見てみると・・・
なんと、4千兆円の財政赤字が、暗に示唆されています。

皆さん、この意味が分かりますか?

毎年、日本政府は赤字国債の利払いに莫大なお金を取られます。
ところが、国債の利率が上昇するとどういう事になるか・・・???

日本国は、国家予算が組めなくなります。
つまり、破産国家になってしまうのです。
行き着くところは、IMFの管理下に置かれる事になる訳です。

あくまでも可能性の話だろうですって・・・
しかし、これが全てシナリオ通りに運ばれているとしたら・・・???

皆さんに申し上げておきますが、
日銀なんてのはイルミナティの下部組織です。
日銀総裁は、イルミナティの代理人でなければ決して就くことさえ出来ません。
財務省も似たようなものです。

ところで・・日銀総裁は、異次元緩和と称してマイナス金利までやって、
尚且つ、『 円 』を無尽蔵に、バカスカ刷りまくっています。

『 円 』を発行すると、その度ごとに・・・
イルミナティに手数料を払わねばなりません。
つまり、ものすごいお金を取られ続けているのです。

はい、あなたの考えている通りです。
肥え太らされた日本から、収穫されているのです。
とんでもないお金が日本から奪われている訳です。

アメリカも日本も同じです。
これでは、国家としてはいずれ破綻してしまう運命だけが待っている。

だからこそ、ケネディは、その仕組みを変えようとした。
ドルを刷る権利をIMFから奪還しようしたのです。
その結果、暗殺されたという訳です。

陰謀論が多数飛び交っていますが、真相は到ってシンプルです。
皆さん、様々な撹乱情報に惑わされないようにしましょう。
123便撃墜事件の時もそうでした。
撹乱情報を流すのは、彼らのいつもの常套手段です。
それに手を貸すブロガーは、カルトの構成員と判明します。

イルミナティが、日本や米国だけではなく、あらゆる国から
お金を巻き上げている目的は、世界政府樹立の為の資金だと云われています。

『 円 』を無尽蔵に、バカスカ刷りまくる日本は・・・
この先、一体どうなるでしょうか・・・???
ハイパーインフレが起こったって何も不思議ではありません。
そして、行き着く先は、余程のバカでない限り見えています。

円を刷るのに手数料を払い、
その円を得る為に、また利子を払って赤字国債を発行し、
二重にも三重にも利子を取られて・・・まさにネズミ溝です。
やがて、借金はどうにもならないくらいに膨れ上がるのは
子どもにだって分かるというもの。

しかし、これらは全て偶然の産物ではありません。
全て計画通りに実行されているのです。

はっきり申し上げて、日本国家という存在そのものが、
もう既に、イルミナティの手のひらの中にあるのです。
いつ何時、どうにでも出来ることを意味します。

日本がなかなか破綻しないのには理由があります。
日本の世界の名目GDP(USドル)ランキングは、世界第3位です。
つまり、ものすごい利益を生む稼ぎ頭なのです。
なので、直ぐには破綻しないように手当てをされております。

しかし、それが今後、何十年と続く訳ではありません。
いずれその時がやってきます。
私は、その時は、2020年だと考えています。

イルミナティの数秘術では、0は無いものとされます。
そうすると、2020年は⇒ 22になります。
もう皆さん、お分かりでしょう。

また、2020年は、東京オリンピックの年です。
果たして、実際に開かれるのかどうかも怪しいものです。
確率は五分と五分。
日本も終わりだから、最後に花を添えてやれと、
開催出来る目も残されていると考えられもしますが・・・。

しかしながら、私の予想通りになるとは限りません。
世の中の力関係は変化していきます。
世界のイルミナティが分裂して力が削がれた場合には、
計画通りに運ばないことも十分考えられる訳です。
ヤクザ社会の山口組だって分裂して抗争を繰り広げているのですから。


とは云うものの・・・
もしもの時のことは、今から考えておく必要があります。
というのも、特に、都市部は大変なことになります。
その時には、3日で食料さえ手に入らなくなることが予想されます。
治安も悪化し、家族を必死になって護らなければならない事態を
想定せざるを得ない局面も出て来る可能性まであります。

私は既に、メルマガにおいて、その事を警告しています。
そして、その際に、個別にサポートすることを考えていると
皆さんにお伝えしました。
更に、都市からの安全な脱出ルートと方法・・・

聡明な人は、少しお考え下さい。
2020年までには、まだ少し時間があります。
大混乱に陥った大都市で生きて行くのは非常に困難です。
比較的~田舎のほうが生きていける可能性が高い。
食べ物も近隣にあります。
暴動もあまり起こりそうに無い。

移住するなら、今の内です。
例え、2020年が外れたとしても・・・
いずれ、その日は間違いなく確実にやってきます。

一番危険なのは、大都市とその近郊(農家)です。
戦後、皆さんが一度も目にしたことが無いような修羅場が
目の前で起こることを考えたことがありますか?
何だって起こりうる。
何が起こってもおかしくない。

そのような時に、
道徳観だの倫理観だの平和意識といったものは、
ほとんど何の役にも立たないです。
人は、空腹に耐えられなくなると・・・何だってやります。
国民同士の破滅的な争いが起こらないことを・・・
ただただ・・・ひたすら願うばかりです。








最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜10月21日

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!
 













玄米食はガンには逆効果です。









玄米は危険
http://macchann.net/Cancer_Illness_Recorded/?p=87

玄米食はガンには逆効果です。
玄米には重量比で1割程度の糠(ヌカ)が付いていますが、
このヌカが含んでいる油が曲者なのです。
モミのままならヌカ油の酸化が防げますが、玄米にしてしまうと、
この油が急激に酸化してしまいます。

どの植物油でも酸化した油は、激しい下痢や嘔吐を引き起こし胃を傷めます。
コメヌカの油が徐々に胃を弱らせ免疫を下げてしまうので長年月続けると
ガンになることがあります。
玄米食を10年以上続けてガンになった方を数人知っていますが、
たとえ玄米食が直接の原因ではなかったにせよ、歴史的な経験上、
不自然な食べ方は避けたほうが安全と思われます。

ガンを治すには「白米、ないし7分づき」で充分です。

例えば猫にヌカの炒ったものを与えると喜んで食べますが
下痢や嘔吐をしてしまいます。
ねずみを生で食べるほどの胃を持っている猫でさえ
酸化した油は胃に負担がかかるのです。

蔵の中に保存されている米もモミの付いた方からネズミに食われます。
動物の本能は知識に振り回されませんから自分の体に正確です。
動物の自然体から学ぶのも大切と考えます。

終戦直後、一粒でも減らしたくないにもかかわらず、
玄米のまま配給になった米を一升瓶に入れて竹や棒で突いて
ヌカを取り除いたのも、玄米は下痢をすると知っていた老人達の知恵です。

戦前の軍隊では米はモミのまま保存したと聞きます。
こうすることによって古米にならないのです。
モミのままなら2千年前の米でも芽を出すのですから
栄養価が高いと考えがちですが、水の中に何日も浸かっていながら
びくともせずに芽を出すほどの油脂で覆われていることを知れば、
人間の胃で簡単に消化できると考える方が不自然ではないでしょうか。

油を断ち切らないと肥満や生活習慣病の予防にならないのに
酸化した米の油はさらに危険だと考えます。

古代の絵を分析して杵と臼で米をつく実験をした歴史学者の話では
何度やっても7分突きになったそうです。
縄文、弥生の時代からほぼ7づきで食べていたのだと思われます。

(引用終わり)


関連記事

5年以上再発なしのガン患者が明かす!玄米食のデメリットとは?

https://大腸がん闘病記.jp/dietetic_treatment_of_large_intestine__cancer/the-demerit-of-a-diet-on-brown-rice.html



管理人

玄米食に関しては、長い間、身体に良いとの固定観念がありました。
なので、深くは調べませんでしたが、この場をお借りして
皆さんに、心より深くお詫び申し上げたいと思います。
本当に申し訳ありませんでした。

玄米食はガンには逆効果・・・という主張といいますか、
そういった話はほとんど知られてないと思います。
これはつまり・・・
ガン患者さんだけではなく、普通の人にも当てはまる警告と
受け止めるべきだと思います。

これは、大変重要と考え、記事で皆さんにお知らせする事にしました。


付随して、皆さんに希望の持てる記事を御紹介しておきます。

ガンが完治しました ( 卵巣がん闘病記 )
http://macchann.net/Cancer_Illness_Recorded/?page_id=7

無罪放免か?・「食道がん」からの解放(序章)
http://macchann.net/Cancer_Illness_Recorded/?page_id=4




江戸時代の食事


お米を1日5合食べていた !?
江戸時代の食事がいろいろと衝撃的すぎる【庶民も将軍も】

https://edo-g.com/blog/2016/02/meal.html





食事をする男性。江戸時代はテーブルがないので、人々はひとり分ずつ
お膳に食器をのせて食事をしました。
こちらの絵では、低い足のついたお膳(足付き折敷/おしき)に飯椀と漬物のお皿、
お箸がのっています。
その隣の黄色お皿はおかずが入っているのでしょうか。

男性の傍らにある大きな桶のようなものは、飯櫃(めしびつ)です。
当時、炊飯器などありませんでしたからお釜で炊いたお米はこの飯櫃に移されました。
それにしても、お世辞にも豪華な食事とはいえなさそうですね。





こちらは江戸時代の庶民の食事を再現したものです。ごはん、味噌汁、漬物。


超シンプルな「一汁一菜」。

これが庶民の食事の基本でした。
こんな少ない食事で体力持つの!?と思うかもしれませんが、
江戸の人々の食事と私たち現代人の食事で大きく違う点がありました。

それは……

お米の消費量です。

江戸は将軍のお膝元であり全国から年貢米などが集まってきました。
米の流通システムも整備されていたため、長屋の住民でもよほどの貧乏人でない限り
お米、それも精米した白米を食べることができました。「白米を食べられること」
これは、江戸っ子の自慢のひとつでした。

では、どれくらいの量を1日で食べていたのか?
成人男性の場合なんとその量は……

1日5合

多すぎる。
これは多すぎる。
ちょっと信じられない量です。

家族ですら1日こんなにお米を消費しません。
それを一人で食べちゃうとは。
ちなみに現代人の1日の米消費量は「お茶碗2杯ちょっと」といわれています。
歴然の差です。
カロリーのほとんどを米で補っていたんでしょうね。


お米ですが炊くのは朝の1回だけだったそう。
江戸時代後期の風俗百科『守貞謾稿(もりさだまんこう)』によりますと、
江戸の庶民の食事はこんな感じ。

•朝食 ホカホカご飯、味噌汁
•昼食 冷や飯、野菜もしくは魚などのおかず
•夕食 お茶漬け、漬物

現代では1日の食事のうち夕食が一番豪華な傾向がありますが、
どうやら江戸の庶民は昼食がメインだったようです。
夜はすぐに寝るだけでしたから、さもあらん。

玄米ではなく白米をお腹いっぱい食べることを自慢にしていた江戸っ子ですが、
デメリットもありました。

「脚気(かっけ)」と呼ばれる病気です。
これはビタミンB1不足によって起きる疾患で、足のしびれなどの症状が出ました。
玄米には胚芽部分にビタミンB1を含有しているのですが
精米するとこれが失われてしまうのです。

江戸の住民には脚気に苦しむ人が多かったのですが、
江戸を離れて主食が白米から玄米や麦、雑穀になるとアラ不思議、
いつの間にか脚気が治る。
ということで脚気は当時、江戸だけの奇病として
江戸わずらい」とも呼ばれていました。

脚気は恐ろしい病気で、徳川将軍15人のうち
3人(10代・家治、13代・家定、14代・家茂)が脚気で死亡したといわれています。
また、幕末の偉人・勝海舟の父親である勝小吉も脚気を患っていました。




再現された江戸時代の日本人の食事
https://matome.naver.jp/odai/2134329123090279301







最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜10月21日

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!
 












伊藤詩織さん、実名で告発~
女性の尊厳を護ることは
国民を護る事と同義である!












【録画】
ジャーナリストの伊藤詩織さんが会見

(2017年10月24日)





管理人

日本は差別に対して・・・
世界で最も寛容な国だと云われています。
女性差別に対しても然りです。

これが一体何を意味するか?
国民の命と尊厳を平然と卑しめる国だと云われているに等しい。
そのような国が、国民を真剣に護る訳がありません。

残念ながら・・・
その事に多くの国民は気づいていません。
だから、あなた達・・・そして、我々・国民は
虐げられ続けているのです。

これを理解出来ないようでは、
人の尊厳は護られることもなく、
国家としても堕落の一途を辿ることは間違いありません。

早い話、国民がという前に、
国家が先頭をきって、このような事を行っているのです。
女性がレイプされた事実というものを犯人が権力側の
人間であるが故に、封殺しようとした訳です。
これには、官邸も警察も検察も絡んでいます。

我々、日本国民は、決してこれを許すべきではありません。

女性の尊厳を
人としての尊厳を
絶対に卑しめてはいけない!

人は、時として・・・
自らの尊厳と名誉を護る為に
命さえも投げ出す時があるものです。

尊厳とは、命と同等か、
それ以上に大切なものではないだろうか!



伊藤詩織さんは、実名を明らかにして告発されています。
彼女の覚悟ある勇気をみんなで応援しましょう。

お酒に強い彼女が正体を失ったのは、
デートレイプ・ドラッグが使われた可能性が高い。
被害直後に、薬物検査をしておけば良かったのですが、
当時、気持ちが動転してそこまで気が回らなかったのは仕方ありません。


旅先では特に要注意!デートレイプ・ドラッグとは?
http://www.cosmopolitan-jp.com/trends/society/news/a38/the-cosmo-girl-s-guide-to-date-rape-drugs/


ひとごとじゃない?

デートレイプ・ドラッグという言葉がある。
聞き慣れないかもしれないが、レイプに使われる薬物のことである。
例えば、バーで知り合った男が「おごるよ」と言って差し出したドリンクに
混ぜられていたり、トイレに行っている隙に女性のグラスに入れられたり…
女性を前後不覚にしてレイプするために使われるドラッグのことだ。

日本人の場合、海外の旅先などで被害にあったという話が多いが、
何も海外だけの話ではない。
あまり報道されないだけで、当然国内でも起きている最悪の犯罪だ。
もし、クラブやパーティ、旅先で、不意に意識を失い、
目覚めた時に衣服が乱れていたり、
なんとなく犯されたような感覚があったりしたら…。

一体、デート レイプ・ドラッグには、どのような種類があり、
どのように利用されているのか? 
そして、その実態とは…? 
あなたが今後被害に遭わないために、ぜひ知っておいてもらいたい。

種類について

代表的なものは"GHB(gamma hroxybutyrate)"と呼ばれる幻覚剤。
リキッド・エクスタシーと呼ばれることが多いが、
他にもG、リキッドX、ジュース、ファンタジーなどの俗称がある。
粉状だったり、錠剤になっていたりもするが、液状の場合は無色透明なため危険だ。
味もほんの少し塩気があるだけなので、飲み物に混ぜられたらわからないだろう。
ヒドロキシ酸という化学物質の一種で、
フィリピンを始め、多くの地域で出回っているという。

また、ロヒプノールという薬物もよく用いられている。
実は向精神薬として日本でも処方されており、強い酩酊作用がある。
20〜30分後には効き始め、その効果は数時間続くと言われている。
一度に大量に使用すると、最悪死ぬ危険があるほどだ。

これら以外にも、ケタミンなど、同じような作用をもつ薬物が多数あるが、
とにかく意識を失わせるもの全てが危険。
その意味では、大量のアルコールだってデートレイプ・ドラッグになりうる。

これらはドリンクに簡単に混ぜられ、 隙さえあれば飲まされてしまう。
アルコールで酔っていればなおさら。
トイレに行く間は信頼できる相手にドリンクを見ていてもらうなど、
方法はあるが完全に防ぐのは難しい。
開栓するところを確認していない飲み物以外、危険である可能性があり、
疑い出したらキリがない。
結局のところ、相手を見抜けられるかどうかだ。

最悪、もしあなたが被害に遭ってしまったら

全く記憶がなかったとしても、衣服が乱れていたり、
犯された感覚が残っていたりする場合は、絶対に身体の検査を受ける必要がある。
また、検証のためにも衣服はなるべくそのままに、できるなら検査が行われるまで
排泄もしない方がいい。
もし本当に被害に遭っていた場合、当然その自覚や記憶があった場合、
心的外傷の治療やカウンセリングも考慮すべきだ。

極めて悪質な犯罪にもかかわらず、多くが泣き寝入りしてしまう、
あるいは多すぎるからなのか、十分に知られていないのがデートレイプの実態。
レイプとは、キスだろうと何だろうと、両者による同意のない性的行為、
すべてが当てはまる。
それに絡んでいる薬物がとても危険で、
あなたを傷つけてしまうことを絶対に忘れないで欲しい。



重要関連記事

女性は権力者側の人間に
 レイプされても泣き寝入り
  ~検察審査会のどす黒い闇!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12313157930.html








最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜10月21日

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!
 




映画「グラディエーター」