果物も野菜も米も農薬まみれ
~世紀末の汚染大国~
日本の皆様へ最高の贈り物!









新発見。BLOGさんのサイトより

イチゴ狩りでそのままパクリの恐怖!
  残留農薬の多い農産物2017

http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/449653158.html





発表! 2017年農薬量ワースト10農産物

1. いちご
2.  ほうれん草
3.  ネクタリン
4.  りんご
5.  ピーチ
6.  洋梨
7.  チェリー
8.  ぶどう
9.  セロリ
10. トマト



日本でもメジャーな果物の『りんご』。
こちらもいちごと肩を並べるほど残留農薬といえば
りんごと言われる農薬果物です。





地下鉄サリン事件
~農薬も除草剤も向精神薬もサリンも、
基本的には同じものです。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12232745161.html

<一部引用>

現在、もっとも憂慮すべき問題は、全国でラジコンヘリコプターによる
高濃度有機リン系農薬の空中散布(以下 空散)が広範囲に行われ、
95年の散布量の30倍にまで増えていることです。
その結果、小児・小中学生の慢性有機リン農薬中毒症状(特に、ぜん息と精神障害)を
示す患者が顕著に増加しています。
より深刻なことは、これらの症状の後に現れる「化学物質過敏症」です。
本講演において、これまでの医師としての取り組みと同時に、
有機リン農薬の新たな毒性に関する幾つかの学術的知見について紹介します。

高濃度の有機リン農薬の空中散布

農地における農薬散布は、ラジコンヘリに依る方法に移ってきています。
ところが、ラジコンヘリには農薬を 8 リットルしか積めないため、
殺虫剤のスミチオンやデイブデレックスを、5~6 倍に希釈して載せ
(本来、農地においては 1000 倍希釈で使用するように指示されている薬剤です)
空中散布しています。

散布された農薬は霧状になり、濃度の農薬が大気中に拡散し、
その後 2~3週間もの長期にわたってガスの塊となって辺りに停滞します。
空散した場所から 1,500mも離れた所に住んでいる人でも、
呼吸困難に陥って病院に駆け込んできます。

群馬県の郡部は都市開発が進み、
農業地区と住宅地が混在するようになってきています。
そのため、これらの地区から来る患者が非常に多くなっています。
特に深刻なことは、有機リン農薬の散布により精神障害が起こることです。
たとえば、農薬空散地域に住んでいる 69 歳と 72 歳の女性は、空散後、
急性の痴呆を発症して、病院でアルツハイマーの疑いと診断されましたが、
私の医院での有機リン慢性中毒に対応した治療で、
5桁の数字を逆から言えるほどに回復しました。

また、愛知県の岡崎でも、有機リン農薬への曝露により
パーキンソン氏病様の症状を発症した例が報告されています。


病院、デパート、電車などでも有機リン農薬が散布され、
肺から体内に入る公共の場所や電車などの公共の交通機関で、
農地以上に高濃度の有機リン農薬が殺虫剤として使用されています。
しかも室内の場合、ガス化した後、容易には拡散しませんし、
分解も遙かに遅いので、暴露が長期に渡ることになります。

もっと厄介なことは、多くの病院でも有機リンが散布されていることです。
有機リン中毒のひとつとして記憶障害がありますが、医者や看護士は、
有機リンが充満した部屋の中で仕事をしていることになると思われます。
これが医療事故原因の一つとなっている可能性も、否定できません。


<引用終わり>
-----------------------------------------



管理人

農薬は、野菜や果物の内部にまで浸透しています。
ですから、残留農薬のほとんどを除去する方法はありません。
ある程度の効果が期待出来るものとしては、オゾン水があります。
これ → http://野菜農薬落とし方.com/

【無農薬】と称している野菜や果物は、無農薬ではありません。
減農薬ですから、農薬使用と大して変わりはありません。
完全無農薬は、有機農法 だけだと聞いています。

有機野菜・果物は高くつきます。
しかし、ガンになりたくなければ、食事を質素にしてでも
有機野菜・果物にするしかないと思います。

なにしろ、毎日のように食べている訳ですから、
農薬の蓄積量たるやハンパではありません。
そりゃ~・・・ガンや難病にもなるでしょう。
基本的に、そのような病魔の大元を断つのが正しい考え方です。

今の社会では、
野菜や果物が身体に良いというのは
神話に過ぎません。


有機野菜・果物が手に入らないのであれば、食べないという選択肢もあります。
有機玄米だけで、人に必要な栄養素のほとんどが摂れます。
多少足りないのはタンパク質だけですが、有機農法の大豆で作られた
豆腐や豆乳がありますが、納豆や本味噌がベストです。

特に酵母の生きた本味噌が最高にベストです。

本味噌(グルタチオン)には、化学物質の解毒作用があります。
更に、放射能の排出作用があります。
つまり、ガンや難病にならない為の最高の予防食品なのです。

これは、皆さんの健康の為の最高度の情報です。
どんな人気のある秀逸な記事にも勝ります。
しかし、残念なことに・・これを理解出来る人のなんと少ないことでしょうか。

この際、皆さんに申し上げたい。
有機玄米による玄米酵素ご飯がチョーお勧めです。

玄米酵素ご飯に海塩で握った「おむすび」だけで生きていけます。
あとは、質のいい梅干やラッキョと本味噌があれば最高です。

玄米酵素ご飯は加熱したものですが、嬉しいことに・・・
ビタミンCがしっかり残ります。

ビタミンCには還元型ビタミンCと酸化型ビタミンCの2種類があります。
このうち、熱に弱いのは酸化型ビタミンCです。
酸化型ビタミンCは、一度分解してしまうと元のビタミンCに戻ることはできません。
しかし、
還元型のビタミンCはほとんど分解されません。

結論!

以上の実験から、還元性ビタミンCについて次のことを確認しました。


● 加熱温度に関わらずほとんど分解しない

● 加熱時間を延ばしてもほとんど分解しない


効率の良い摂り方は?

これらの結果を踏まえて、
ビタミンC ピュアクリスタルを効率よく摂取する方法を考えてみましょう。

●温かい食べ物や飲み物に混ぜる

還元性ビタミンCは熱に強いため、
温かい食べ物や飲み物に混ぜても気にする必要はありません。
温度が高い方が溶けやすいので、ホットレモンや温かい汁物などに入れるとよいでしょう。


●野菜や果物は加熱してから

野菜や果物にはビタミンC酸化酵素が含まれているものがあるため、
カット野菜やカットフルーツにかけるとピュアクリスタルは速やかに
酸化されたのち分解されてしまいます。
ビタミンC酸化酵素は50℃以上の熱ではたらきを失うといわれていますので、
温野菜や焼きリンゴなど、熱を加えた野菜や果物にかけるとよいでしょう。


●酢の物に混ぜる

ビタミンC酸化酵素は酸にも弱く、食酢ほどの酸でもはたらきを失います。
酢の物であればキュウリなどと一緒に食べてもよいでしょう。


<引用終わり>
-----------------------


関連記事


癌の「真の原因」とは、体内でイオン化された「化学物質」である!
【 イオン化された「化学物質」が半永久的に「活性酸素」を生み、
DNA を損傷して癌を発生させる!】

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2034498.html









お知らせ

5月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第43号

私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!


届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!









AD
共謀罪を成立させようと
している連中が最も共謀してやがる!








管理人

記事の題名の通りです。
共謀罪を成立させようとしている連中が最も共謀してやがる!

所詮、テロ等準備罪(共謀罪)なんてものは、権力が都合のいいように
運用される代物で、国民にとっていいことは何も無い。
それどころか、国民を弾圧する大変な法律以外の何物でもない。

実際、今までにも、デッチ上げの冤罪で拷問死なんて事件も幾つもあった。
最近では、冤罪でお医者さんがアザだらけで死亡していたなんて事件もあった。
この共謀罪が成立したら、警察は大喜びするだろう。
拷問も暗黙の了解で許されるという法整備としか思えない。

秘密保護法もそうだが、こんな法律ばかり作ってんだよ、今の安倍政権は。
それでいて、安倍政権の支持率は高いとウソの支持率まで捏造し放題の有様。
日本社会は、もはや末期症状の様相を呈している。

テロ等準備罪(共謀罪)を成立させようとしている政党や政治家を
国民はしっかり頭に焼き付けておくべきである。
自民党、公明党、維新・・・



被害に遭った女性は、さぞ悔しかったに違いない。
薬を入れられてレイプされるなんて、準強姦ではなく、純粋に『強姦』でしょ。
それを安倍晋三のお抱えジャーナリストだからという理由で、警察に揉み消されるんですよ。
そんな政権が共謀罪を作ろうとしているんですよ。脳味噌沸いとんのかいな!
https://twitter.com/chidaisan/status/862322029248208904



山口敬之氏の犯罪をもみ消したと報道されている菅官房長官と懇意の中村格氏が、
警察庁の組織犯罪対策本部長とは。
まさに共謀罪どんぴしゃ。
犯罪は警察が消したり、作ったり、自由自在ですよといわんばかり。
(ちなみに、新潮の記事にも、自分の判断で逮捕状取り下げた、、と答えてますよね)
https://twitter.com/hamemen/status/862415522025029632




週刊新潮。山口敬之氏の準強姦事件。
第3者の証言や防犯カメラ映像、さらに女性への謝罪メールまでありながら、
上層部が捜査を打ち切ったというのが怖い。
取材した結果、中村刑事部長本人が「私が捜査中止を決裁した」と認めている。
刑事部長がそこに口をはさむのは異例と。忖度した結果の隠蔽としか。
https://twitter.com/CybershotTad/status/862224695592079360




週刊新潮に、同業者女性に強姦未遂をしたと報じられた元TBSの社員で
安倍晋三の子飼いの山口敬之が、自信のフェイスブックで反論に出た。
が、目を疑うことに嘘だらけの反論コメントに対し安倍昭恵が「いいね」をしたらしいw。
こいつら頭大丈夫かい?! #警視庁忖度 #安倍昭恵を証人喚問しろ
https://twitter.com/hsggg/status/862260860428836864





それでは昏睡レイプ事件発覚後TBS支局長を解任された
山口敬之を励ます会に集まったメンバーをご覧下さい。
https://twitter.com/ixabata/status/862164104798142464





アカ狩りでいびり殺された人物の研究をしている身として、
治安維持法なんかもってのほか。
大して悪くもない人がバンバン捕まって拷問されるんだぞ(自民党は拷問を容認)。
微罪とかでっちあげでやりたい放題だぞ。みんなそれくらいの想像力ないのかな。
https://twitter.com/nakano0316/status/858203357076271105


自民党改憲草案では拷問絶対禁止の絶対を削除
https://twitter.com/fuckabefuck/status/858480018279636992








#永久保存版!!
GW前に掲載した「 #共謀罪 」法案の対象犯罪の277リストです。
類型ごとに色分けしているのがミソです。
来週に向けて衆院で採決の可能性が指摘され始めましたが、これを手に、
国会審議や報道をご覧になると、新しいことが見えてくるかもしれません。
https://twitter.com/tokyoseijibu/status/862542882527490049



◎拡大画像 重要 ダブルクリックしてね
https://pbs.twimg.com/media/C-t524MU0AE3c1L.jpg:large




もみじ
全国から衆議院の法務委員会の委員に
「テロ等準備罪(共謀罪)に反対して下さい!」との声を!

http://sogakari.com/?p=2786







お知らせ

5月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第43号

私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!


届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!











AD
8日のほぼ同時刻に東北3県で山火事
~3県・同時出火は偶然では有り得ない!?








5月8日
東北地方で山火事相次ぐ 乾いた風吹き、広範囲で乾燥
http://www.asahi.com/articles/ASK585Q4DK58UNHB016.html

東北地方は8日、強い風に見舞われ、山火事が相次いだ。
住宅に燃え広がり、避難指示も出た。


岩手・釜石で山林火災 136世帯348人に避難指示
http://www.asahi.com/articles/ASK585QF6K58UJUB00V.html

山林火災、民家に延焼 117世帯に避難指示 宮城
http://www.asahi.com/articles/ASK585227K58UNHB00V.html



宮城県栗原市では8日 正午ごろ に山林から出火。
強風にあおられた炎が住宅に燃え移った。
市消防本部によると、火は約6時間後にほぼ消し止められたが、
少なくとも11棟が焼損した。
けが人の情報は入っていないという。
市は周辺の117世帯392人に避難を指示した。
仙台管区気象台によると、出火当時は市東部に暴風警報と乾燥注意報が出ていた。

 岩手県釜石市の山林でも8日 正午ごろ に出火。
県によると、出火地点は市街地から約6キロで、炎は民家まで約1・5キロに迫ったが、
住宅火災やけが人は確認されていない。
市は市内2地区の計136世帯348人に避難指示を出した。
8日は日没で消火活動をいったん終了し、9日の夜明けから再開するという。

 福島県会津坂下町では8日午前11時50分ごろ
住宅から煙が出ているのを巡回中の警察官が見つけた。
県によると、住宅など5棟が全焼し、近くの山林にも延焼した。

 気象庁によると、東北地方では低気圧の影響で西寄りの風が強く吹き、
8日昼前には宮城県東部などで暴風警報が出た。山脈を越えて乾いた風が吹き込み、
太平洋側を中心に湿度が30%に満たないなど広い範囲で乾燥した。

 
~ 引用終わり ~
-------------------------------------------



2017-05-07
福島の汚染山林火災が8日間も燃え続け鎮火しないのは何故!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12272365409.html


管理人

福島県浪江町井手の国有林から出火した山林火災が、
5月7日にようやく鎮火したと思ったら、その翌日に、
宮城県栗原市・・岩手県釜石市の山林から出火し、更に、またも
福島県会津坂下町の住宅から出火し、近くの山林にも延焼したと・・・。

宮城~岩手~福島の3県で、同時刻に同時出火というのは、
確率的にいって、通常は有り得ない出来事です。

新聞では、空気が乾燥し風が強かったと簡単に説明されていますが、
同時刻に同時出火を疑問視する論評は皆無です。

空気が乾燥し風が強かった日なんてのは、1年のうちに6分の1か、
5分の1くらいは該当する日はあるはずです。
新聞の論調では、1年中、山火事だらけになってもおかしくありません。
これに対し、疑問を感じないほうがおかしいと思います。

そもそも、先頃の福島県浪江町の山林火災は4月29日午後に
通報があったとされていますが、これも出火時刻はお昼ごろと考えられます。

以上の1件+3件の火事は、いずれも一番燃え広がりやすい同時刻に出火しています。
しかも、福島~宮城~岩手と3県が連なっています。
これらは全て偶然なのでしょうか?


アンケートを実施します。

:東北3県の山林火災は全て偶然に過ぎない。

:東北3県の山林火災は何者かによる軍事工作の可能性がある。


コメントするをクリックし、タイトルのところに
AかBかで・・ご回答下さい。
尚、内容のところには何をコメントしていただいても結構です。



5月10日 は、
福島・宮城・岩手の東北3県
https://weather.yahoo.co.jp/weather/week/2.html



東京~首都圏は雨模様です。
https://weather.yahoo.co.jp/weather/13/?day=2


雨には極力、濡れないようにして下さい。

室内のエアコンは 除湿 にして下さい。

乗用車は、空気は外気ではなく 室内循環 にすること。





悲しき雨音





お知らせ

4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第42号 

何としても、
ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!


第六期メルマガの最後の記事です。
届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。

5月から、いよいよ第七期メルマガに入ります。
第七期の期間は、5月より7月末までの3ヶ月間です。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!










AD
福島の汚染山林火災が
8日間も燃え続け
鎮火しないのは何故!?









立ち入り禁止の放射能汚染地域で8日間も燃え続ける山火事
『7日めも燃え盛る福島山林火災 放射能拡散の危険性はありうる』
2017年05月05日 スプートニク日本
福島第一原発事故による帰還困難区域の山林火災は発生から7日めとなった…


立ち入り禁止の放射能汚染地域で8日間も燃え続ける山火事
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/92e420b03301595a2bb7f29df38b6e01?fm=rss


福島の山火事は Super Tanker で消火可能です。 
なぜ日本政府は黙っているのか? 燃やしたいのか?
https://twitter.com/asuka_250/status/860487488233545728


Super Tanker





管理人

福島の山火事は知っていました。
記事にするかどうか迷っていましたが、直ぐに鎮火するだろうと思って
掲載を思い止まった経緯があります。
しかし、8日間も燃え続けているとは・・・絶句です。

Super Tanker を使えば、たった1日か2日で鎮火出来るはずなのに、
何ゆえ、燃え続けているのか・・・
私には、意図的に鎮火を引き伸ばしているとしか思えません。

実は、私はある事を思い出していました。
2011年3月14日の午前11時にフクイチの3号機が
低レベルの核爆発を起こしました。
しかし、当日、神風が吹いてくれたおかげで3号機の極めて危険な
放射能ブルームは太平洋側へと流れてくれたのです。
この放射能ブルームがまともに関東や東北、首都圏に流れて直撃していたら
恐らく、東日本は壊滅的危機に襲われていたであろうことは疑いの余地がありません。

ところが、2011年3月14日の午後11時頃より風向きが変わった。
なんと、太平洋に流れていた一部が首都圏に向って流れていったのである。
2011年3月15日の朝6時頃より、ほぼ首都圏全域に流れたのだ。


あの日の事は決して忘れない!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11464618625.html




当時の文部省や気象庁は、この恐ろしい事態をつかんでいた。
しかし、この時、国民には何も知らせなかった。
その為、何も知らない多くの国民が大量被曝したのである。
実は、この15日の被曝が最も危険で怖ろしいものだった事が後で判明した。

国民に知らせなかった本当の理由は、少なくとも2つあったと考えられます。

1つ目は、原子力発電に対する国民の怒りと非難が集中する為に、
巨大な原発利権が脅かされる可能性を恐れたのである。
国民が100万人死のうが、官僚達は原発利権を死守することを選んだ。

2つ目は、国民を大量被曝させることによる人口削減が狙いとしてあった。
イルミナティ~アメリカからの指示があった可能性が大いにある。
「食べて応援」も、大量被曝に続く第2弾であるといえば分かり易いでしょう。

国と称される霞ヶ関官僚の連中は、スピィーディの分析によって、
この事実を知っていた。
少なくとも、首都圏の市民に警報を出して室内待機を呼びかけることは出来た。

当時、スピィーディの分析は、即座にアメリカに通報された。
にも関わらず、日本国民に知らせることはしなかった。
後のいい訳として、「信頼性に欠ける」と詭弁を使った。
もし「信頼性に欠ける」ものであるなら、アメリカに通報などしないだろう。
官僚と政治家は、我々・国民に大うそをついたのは明白である。

一体誰がスピィーディの分析の公表を止めたのか?
恐らく、「食べて応援」を推進した連中と同根であろう。
そういう意味では、アメリカの可能性が高い。
「食べて応援」推進の大元は、皆さん御存知の電通である。
電通は、まさしくアメリカによる日本国民洗脳機関の日本支局だからである。


「食べて応援」推進の大元が人口削減委員会の出先機関だったって本当!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-11178503265.html

「2020年には人口は100億になる。誰もそんな世界に住みたくはない。
出生率を下げるか、死亡率を上げるか、戦争により極めて速やかに効率的に
死亡率を上げる事が出来る。
また飢餓や病気を拡大させる事も人口調節に有効である」
米国国防長官ロバート・マクナマラ


「2010年までに地球人口の10%以上を殺害、処分してしまう必要がある。」
ハーバード大エコノミック・リサーチ・プロジェクト報告:グローバル2000
(資金源:ロックフェラー財団)



日本では、人口削減に多大な貢献をした者が
イルミナティ・フリーメーソンの上位になれるという!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12027537445.html

管理人

汚染されているにも関わらず、何故、多くの知識人や著名人が
福島の食べ物を日本国民に食べさせようとするのか・・・
実は、私はその秘密を知ってしまいました。

ある時、たもぎ茸の会社に、どうしても私と連絡を取りたいと
大阪の御婦人から電話が来たそうです。
そして、私の電話番号を会社は教えました。

その御婦人というのは、実は、関西のイルミナティ・フリーメーソン
の幹部の奥さんというお話でした。
本当かどうかは、私には分かりませんが、お話を伺っていると、
色んな事をかなり詳しく知っており、まんざらウソではないと
感じ、長時間に渡り、色々とお話した訳です。

その内容の全てをお話する訳にはいきませんが、一部を公開します。

日本という国は、激烈な競争社会ですが、イルミナティ・フリーメーソン
の社会も例外ではないそうです。
たくさんの組織が日本各地にあり、色んな意味で競争があるらしい。
そして、お互いに仲もあまり良くないと話されました。

今、一番競争しているのは、日本の人口削減にどれだけ貢献したか
というのが、最大の重要事項であるそうです。
各地の組織が、その一点で大競争をしているらしい。
その貢献度によっては、更に、上位に上がれると話されました。

日本の天皇は、戦前よりも戦後のほうが、
はるかに地位が高くなったと・・・
何故なら、日本の人口削減に最大限の貢献をしたからだそうです。
なにしろ、天皇は日本のイルミナティ・フリーメーソンのトップですから。
あらゆる反対を押し切って、日本を戦争へと向わせたのは、他ならぬ、
天皇その人であったそうです。
しかも、360万人以上の日本国民の削減に大貢献した。
だから、戦後にばら撒かれている様々な噂は全てウソです。
プロパガンダそのもの。
天皇が、最大最高の責任者で間違いないそうです。
ずっと一貫して、海外のイルミナティとつながっていたと・・・。

そして今・・・
日本のフリーメーソンが、日本の人口削減の貢献度で競っているそうです。
天皇の大出世ぶりを目の当たりにしているので、それに続けという訳でも
ないでしょうが、皆さん、我も我もと・・・必死に、
直接・間接大量殺人に加担しているというのが真相です。

食べて応援なんてのも全てそこから出て来ています。
その為に、あらゆる美辞麗句を駆使するという訳です。

復興~絆・・・食べて応援・・・死んで応援!?

本当に酷いものです。
だから、彼等はただのキチガイじゃ~ないんです。
人口削減という名の大量殺人が真の目的の確信犯です。
本当の意味でのキチガイと言ってもいいでしょう。
こいつ等が、今の日本を支配しています。

腐ったリンゴしか、日本のトップには成れないのです!
政治家も官僚も経済界もマスコミも・・・
日本政府が先頭に立ってやっているんですよ・・・
信じられますか!?
これが、今の日本の本当の姿なんです。

~絆~の本当の意味をお教えします。

『お願いですから・・・
あなた達、一緒に死んでください!』

これが、イルミナティ・フリーメーソンの
隠された秘密の最大のアジェンダです。


その真相を巧妙に隠蔽糊塗しているのがマスコミの役割です。
ずっと、アヘンという麻薬を吸わされ続けているのが
悲しき日本国民の真の姿です。


~ 引用終わり ~







お知らせ

4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第42号 

何としても、
ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!


第六期メルマガの最後の記事です。
届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。

5月から、いよいよ第七期メルマガに入ります。
第七期の期間は、5月より7月末までの3ヶ月間です。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!










やがて、日本は潰される!
~いずれIMFの管理統治下に
おかれるだろう。









3年連続で実質賃金の最低を更新したアベノミクス

アベノミクスによって労働者の実質賃金が大幅に低下する中で、
日銀の株価釣り上げの株価のみを基準に『景気が上向いる』と
NHKが庶民を騙した報道で消費税を8%に上げた結果、
庶民経済は破壊的ダメージを受けて景気が更に冷え込んだ。
https://twitter.com/info_9/status/860719541520703489



内部留保 300兆円突破
財務省統計 安倍政権で38兆円増

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-03/2015120301_02_1.html







電通の内部留保は過去最高の8千億円
=いますぐ社員倍増でき過労死招く長時間労働の解消可能

http://blogos.com/article/203487/












世帯あたりの平均所得は537万円、中央値は更に低い 平均貯蓄額は?
http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/15/average-income_n_5586999.html






管理人

数字は決してウソをつかない!

大企業は政策的に優遇されている。
結果、内部留保はどんどん膨らんでいます。
内部留保の多くは、米国債に取って変わる。
つまり、日本の富の多くはアメリカに流れているのである。
これが、デフォルト寸前のアメリカが生き延びている真相だと考える。


日本は米国に、最低でも累計945兆円ものおカネを
 貸しているのに、それが返済されていない!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12084863367.html


これは、アメリカと日本売国官僚・政治家たちによって仕組まれた。
この恐ろしい仕組みによって、日本の国富はどんどん吸い上げられている。
これにより、貧富の格差は更に一層、拡大していくばかりである。
この真相を多くの日本国民は知るべきである。

一番の犠牲者は、今からの若者たちだ。
多くの若者は、低賃金をずっと強いられる結果になり、
将来の設計が立てられるのは、ごく一部の若者たちだけである。

日米合作の政策により、低賃金に喘ぐ人間が日本国内にあふれた。
これが、今の不景気の最大の原因であろう。

アベノミクスは、意図的に株価だけをつり上げて表面的な好景気を
装うといった国家的なサギといっていい。

景気を良くするには、圧倒的大多数の低賃金~最下層の人たちの
賃金を段階的に上げる施策を進める意外には有り得ない。
その為には、大企業優先の税制をあらため、中小企業を保護する
国家レベルの政策が必要である。

今は、中小企業を保護する為に先進企業最低の最低賃金(750円)が用いられている。
しかし、それが更に、負のスパイラルになって景気悪化に陥っている有様。
結果・・低所得の人間が決して報われない仕組みになっている。


大企業を優遇したところで、どうせアメリカに貢ぐだけに終わるのである。

共産党の小池晃氏「消費税の税収の累計は283兆円で、
法人税は累計で255兆円減っている」と発言。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11806236133.html



日本がアメリカに貢げなくなるとアメリカは終焉を迎えます。
しかし、アメリカが世界の一人悪者になることは絶対に避けるでしょう。
日本を破産に追い込み、日本を一番の悪者にする。
そのあおりを受けて、止む無くアメリカもデフォルトに追い込まれたといった
シナリオはとうの昔に出来上がっているはずです。
管理人は、2019年からの5年間が一番危険と考えています。
つまり、日本は潰される・・・
IMFの管理統治下におかれる。
これは、規定路線なのだろうと思います。


我々は、今の若者に希望をともす義務があります。
今のきびしい現実をまねいたのは中高年の世代に大きな責任があるからです。
しかし、希望をともすのは現実には至難に違いない。

では一体どうすればいいのでしょうか?


アンケートを実施します。

:イカサマ不正選挙を徹底的に究明し国民に明らかにしていく。

:取り敢えず、各個人でお金を金などの物に換えて財産保全を図る。

:仲間を募り、田舎に農業を中心とした独自のコミュニティを作っていく。
  コミュニティでは、情報を共有し硬貨と物々交換を基本にする。

:海外に移住する。

:日本の大きな、或いは、小さな島に移住する。
  ~ゆくゆくは独立した自治圏にする。

:その他



コメントするをクリックし、タイトルのところに
最も現実的と思われるものをA~Fで・・ご回答下さい。
尚、内容のところには何をコメントしていただいても結構です。

更に、Fのところで他に妙案がある人は、是非、教えて下さい。



関連記事

日本は既に、破産同然である事が判明!
 ~預金封鎖=金融統制は時間の問題!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12126692025.html



国家をおとしめる連中に好き勝手されているばかりでは、
我々は・・・もう生きていけなくなる。
以下は、とことん人間をバカにした輩の最低の言葉であろう。






お知らせ

4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第42号 

何としても、
ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!


第六期メルマガの最後の記事です。
届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。

5月から、いよいよ第七期メルマガに入ります。
第七期の期間は、5月より7月末までの3ヶ月間です。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!












もはや狂気!
安倍首相が北朝鮮への軍事行動を示唆!








管理人

アメリカを始めとした世界が、水面下で北朝鮮との緊張緩和~対話路線に
大きく舵を取り始めているにも関わらず、その動きを一切国民に知らせず、
唯一、日本の安倍総理だけが
何故、北朝鮮を“仮想敵”として煽り続ける必要があったのでしょう?

安倍総理の目的は、朝鮮半島の安定でも日本国民の安全確保でもない。
・・・と、以下の記事にありますが、
では、真の目的とは一体何だったのでしょうか?

今回も簡単なアンケートを実施します。

:憲法改正の世論作りの為に北朝鮮危機を煽り続ける必要があった。

:安倍総理の兄は軍需産業の『三菱商事パッケージング』の代表取締役。
  これら軍需産業の株価や利益を落さないような配慮と目的があった。

:トランプ大統領とアメリカ軍需産業の思惑は必ずしも一致していない。
  アメリカ戦争屋から北朝鮮危機を煽り続けるように指示されていた。
  つまり、アメリカ戦争屋の片棒をかついでいた。

:その他


コメントするをクリックし、タイトルのところに
最も近いと思われるものをAかBかCかDかで・・ご回答下さい。
尚、内容のところには何をコメントしていただいても結構です。


更に、
▼安倍首相の目的は、朝鮮半島の安定でも日本国民の安全確保でもない。
・・と思われる人は、「イエス」と書いて下さい。

▼いや、決してそんなことは無いと思われる人は「ノー」と書いて下さい。

一例→ Dと「ノー」 ~ Bと「イエス」・・・

或いは、A~Dのみの回答でも構いません。
また、「イエス」か「ノー」だけの回答でも構いません。

以上、宜しくお願い致します。








リテラさんより 2017.05.04.

対北朝鮮軍事行動に固執する安倍の狂気
http://lite-ra.com/2017/05/post-3132.html

もはや狂気!
安倍首相が北朝鮮への軍事行動を示唆!
トランプですら対話に舵を切るなか、
ただひとり北朝鮮危機を煽り続け



安倍首相が、夕刊フジのゴールデンウィーク特別号の独占インタビューに登場し、
話題になっている。
夕刊フジといえばこの間、脳内で10回ぐらい米朝全面戦争を開戦させているような
“フェイクニュース”の宝庫だが、一国の総理大臣がこんな重要な時期によりによって
そんなメディアのインタビューに応じるというのは、いかにも安倍首相らしい。

しかし、とんでもないのは、メディアの選別だけではない。
中身もとにかく米朝戦争を煽りまくっている。

たとえば、「北朝鮮の軍事的脅威をどう見るか」と聞かれた安倍首相は、
1年で20発以上の弾道ミサイル発射や核実験、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の
実現化などを列挙したうえで、「新たな段階の脅威となったことは明確だ」と
“北朝鮮の脅威”を強調。
また「トランプ氏の北朝鮮への覚悟は本物か」との質問に対しては、
「間違いない」と断言し、「すべての選択肢がテーブルの上にあることを言葉と
行動で示すトランプ大統領の姿勢を高く評価」した。

そして、「(トランプ大統領が)北朝鮮に核・ミサイルを放棄させるために、
強い決意で今までとは違う強いレベルの圧力をかけなければならないと考えている」
と、トランプが軍事行動を起こすことをまるで確信しているような態度を示し、
「私も同じだ」と表明。

さらに「軍事的対応もテーブルの上にあるのか」と問われると、駄目押しのかたちで
「まさに、すべての選択肢がテーブルの上にある」
「高度な警戒・監視体制を維持する」と、
軍事行動を示唆するような発言までしたのである。

まるで“宣戦布告”とも言えるようなイケイケ発言だが、
しかし、この夕刊フジが発売された前後、
国際政治の動きは安倍首相の予測や希望とはまったく逆の方向へ進みはじめた。
そして、安倍首相はどうも、そのことにかなり焦っているようだ。



トランプ大統領との非公開電話会談の中身は…


その一端が垣間見えたのが、5月1日の安倍首相とトランプ大統領の
電話会談をめぐる対応だろう。
この会談について、なぜか政府はその内容を一切明らかにしなかった。
これは異例のことだ。
実際、日本テレビの取材によれば、〈今回は多くの政府関係者が「ノーコメント」と
口を閉ざし、“無かった”こととしている〉という。
これには、国民との情報共有の観点から野党も批判している。

だが、この秘密の電話会談は、一部でもっともらしく言われているような
“対北朝鮮攻撃作戦の軍事機密”のような話ではなく、むしろ反対で、
「トランプが北朝鮮への対話路線に舵を切ったことを通告されたのではないか」
(大手紙官邸担当記者)というのが永田町での見方らしい。

実際、5月に入って、トランプ大統領は明らかに態度を軟化させている。
周知の通り、トランプは今月1日、米通信社ブルームバーグのインタビューで
「これはニュースになるだろうね」とわざとらしく強調したうえで、
「環境が適切なら金正恩委員長と会ってもいい」と発言し、
対話のテーブルにつくよう北朝鮮の軟化を促した。

さらに共同通信によれば、3日にはティラーソン国務長官が国務省内の講演で、
「(アメリカは)北緯38度線の北側に入る理由を探しているわけではない」と
侵攻の意図がないことを明言。

また、日米電話首脳会談の翌日2日には、トランプはロシアのプーチン大統領と
電話で会談し、北朝鮮情勢の緊張緩和と米国の抑制を求められ、
両国が外交的な解決方法の模索で協力することを確認したと報じられている。
しかも、このとき、トランプがロシアと中国が提唱している6カ国協議再開へ
同意したとの話まである。

実は5月1日の安倍首相とトランプ大統領の電話会談でも、安倍首相は、
トランプから6カ国協議の再開をロシアと合意することを事前通告されたのでは
ないかといわれている。



6カ国協議再開に反対なのは、安倍首相だけ?


しかし、安倍首相はこれまで、6カ国協議の再開には一貫して否定的な立場をとってきた。
4月29日の会見でも、「国際社会が北朝鮮への圧力を一致結束して高めていく必要がある」
「対話のための対話は何の解決にもつながらない」などとして、
6カ国協議の早期再開を頑なに拒絶し、いっそうの軍事圧力強化を訴えている。

ようするに、安倍首相は、各国首脳が朝鮮半島情勢の緊張を危惧し、
対話路線へ進もうとするなかで、一人だけ強硬論を主張し、
取り残されてしまっているのである。
そして、米国から安倍政権の意向を無視されたという赤っ恥を隠し、なおかつ、
国内の「北朝鮮危機」をこれ以上煽れなくなるのを避けるため、
1日の電話会談を極秘にしたのだろう。
 
安保法制の実績づくりや改憲世論の形成のために、安倍首相はどうしても
“北朝鮮との対話”という世界の潮流を隠し、北朝鮮を“仮想敵”として
煽り続ける必要があるのだ。

実際、対話に舵をきったこの国際情勢を理解した上で、
夕刊フジのインタビューを読んでみるといい。
相変わらず「今までとは違う強いレベルの圧力をかける」などと、
けたたましく軍事圧力の強化を謳う安倍首相がいかに狂っているかが、
よくわかるだろう。

結局、安倍首相の目的は、朝鮮半島の安定でも日本国民の安全確保でもないのだ。
これは、米国の国益だけを優先するトランプよりもはるかにトンデモである。
そんな人間をこのまま日本の総理大臣に居座らせ続けていいのか、
わたしたちはあらためて問わねばならない。


~ 引用終わり ~
--------------------------------------------







お知らせ

4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第42号 

何としても、
ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!


第六期メルマガの最後の記事です。
届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。

5月から、いよいよ第七期メルマガに入ります。
第七期の期間は、5月より7月末までの3ヶ月間です。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!












アリを駆除する殺虫剤をゴクゴク飲み、
ゴキブリや鼠も近づかないマーガリンを
バカスカ食う日本国民。










上の写真 ↑ がアスパルテームの入った水を飲んで死んだアリとゴキブリ。


アリが多く家に入ってくるフロリダ州では、

たくさんの人々がアスパルテームでアリを退治している。

ゴキブリなども一緒に殺せる。

虫が多いフロリダでは殺虫剤としてアスパルテームが欠かせない。





アリを駆除する殺虫剤をゴクゴク飲み、
ゴキブリや鼠も近づかないマーガリンを
バカスカ食う日本国民。



管理人

記事の題名の通りです。
残念ながら、日本国民は・・・
飲みまくっています。
食べまくっています。

例えば、コンビニでパンを買おうと表示を見てみると、

マーガリン、ショートニングだらけです。
一度、確かめて見て下さい。
山崎製パンなどは、無地のパンに甘味料として
アスパルテームを添加している始末。

正直、食べられるパンなんて、どこにも見当らない。


缶コーヒーのカロリーゼロや微糖って表示しているものには、
必ず、このアスパルテームが入っています。
缶酎ハイにもほとんど入っているよ。
韓国のマッコリにも、しっかり入っています。

無論、ジュースなどにもふんだんに使われています。

早い話、コンビニで買えるものなんてほとんど見当りません。
ウソだと思うなら、自分の目で確かめて下さい。

これは、日本国民を病気にしようとしているとしか考えられない。

人口削減計画の一環なんでしょうか!?

にも関わらず、何の問題意識も持たず・・・
ガブガブ飲んで、たらふく食っている日本国民って一体何なの!?


病気やガンになるんだっちゅーの!




もう、ここまで来ると、昔のギャグでお茶をにごすしかないといった
悲惨極まる日本国民の有様であります。

これは、放射能云々・・以前の問題です。

こんなんで、自分が病気やガンになったりして・・・

『よりによって、何故、自分がガンに?』・・なんて言わないでね!

なるべくしてなったのだから。


会社や企業の責任を問う前に、それをずっと許している国民にも
大きな責任があると思う訳です。
責任ある親が・・・無知でしたなんて、
子供に夢ある未来を!・・なんて、口がさけても言えませんね。


冒頭にある写真なんですが、私が前に記事にしたものを見ると、
何と、消されているのです。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11898873491.html

余程、日本人に死んでほしいものとみえます。
また・・・消されるかも。








アスパルテームは殺虫剤で化学兵器です
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11847539445.html

<一部引用>

アスパルテームの毒性については、各機関から多くの論文が出ており、
その障害は「神経毒」という部分に多くの焦点が当っている。

特に「薬剤性パーキンソニズム(薬剤性パーキンソン病)」の発症については、
多くの議論がなされている。


各種論文を総論的にまとめて見ると以下のようになる。

・アスパルテームの化学的成分は、いずれも分子レベルで
パーキンソン病特有の中枢神経の損傷を生み出す危険性があると推測されており、
いわばこの病気の生化学的な土台を準備している可能性がある。

・アルコール中毒による神経変成疾患を研究している専門家たちは、
アル中患者にパーキンソン病が発症する原因が、アルコール飲料に含まれている
メチルアルコールのせいであると認識している。

アルコール飲料は穀類から精製するグレインアルコールで、
これは大部分エチルアルコールであるが、アルコール飲料には、
ごく微量ながらメチルアルコールも含 まれており、このメチルアルコールが、
神経組織の退行的変性(neurodegeneration)を引き起こす要因になっている
としている。

・アスパルテームから発生するメチルアルコールは、
アスパルテーム特有の分子構造に助けられて、
メチルアルコールが単体で存在している場合よりも
500~5000倍も毒性作用が高まると考えられている。

・パーキンソン病特有の損傷部位は脳の基底部であるが、まさにこの部位は、
ジカルボン・アミノ酸という神経興奮性毒素によって損傷を受ける場所で
あることが知られている。

・パーキンソン病による神経組織の退行的変性が生じている場所では、
脳の基底核に損傷ができており、その原因がアスパラギン酸である。

・メチルアルコールによるパーキンソン病発症のメカニズムと同様、
アスパルテームの分子は、アスパラギン酸が単独で存在している場合よりも
その神経毒性を5000倍以上に高めてしまう可能性がある。

・ドーパミンを産生する脳内の神経組織が失われると、脳の情報伝達回路を
正常に働かせるのに必要 な“神経伝達物質”が充分な量のドーパミンを
作り出せなくなるが、アスパルテームはフェニルアラニンの代謝作用に
破壊的な影響を及ぼして、ドーパミンの産 生を著しく低下させ、
結果的にパーキンソン病を悪化させる。


・代謝によって分解できずに体内に蓄積したフェニルアラニンは、
脳の神経細胞の酵素が働く部位で 他のアミノ酸と競合し、
そうしたアミノ酸の正常な代謝を阻害してしまう。
こうした酵素作用部位のなかには、デカルボキシラーゼ酵素の作用部位も含まれ、
その結果、アミノ酸の一種であるチロシンが本来行なわれるべき
脱カルノキシル化作用を受けられなくなり、そのせいで脳内のドーパミンの
産生が出だしから阻害 される。
こういう事情で、脳内のドーパミン・レベルは著しく急降下する。

これらの意見には賛否両論あるが、今回この論文を含め、
アスパルテームとパーキンソン病に関する論文をまとめたのは、
これと思われる症例を目にする機会があったからです。
同じように、少量ではなく『大量のアスパルテーム摂取』が存在し、
超早期にパーキンソニズムを発症している。

どちらにしても、これらの論文が多数存在する以上、
治療にあたり『アルコールとアスパルテームの禁止』は指示することにしています。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)


<引用終わり>
-----------------------------------


ゴキブリも近寄らない【トランス脂肪酸】の恐怖!>マーガリン等に含む。
デンマークでは毒物扱いで販売禁止

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/d8782bc2e786ddd99675f50a140bab2e

<一部引用>

「トランス脂肪酸」(別名・狂った脂肪酸)は、構造中にトランス型の
二重結合を持つ不飽和脂肪酸である。
トランス脂肪酸含有の植物油を原料にして、水素添加して造るマーガリンや
ショートニング(味付けのないマーガリン)は危険食品である。

トランス脂肪酸の摂取は、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、
ガン、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどを誘発する。

マーガリンなどは鼠も食べずゴキブリも近寄らない。

植物油、植物油脂、植物性油脂、加工油脂などは、
ほとんどがトランス脂肪酸を含んでいる。
ちなみに、食品中のトランス脂肪酸含有量(100g当たり)を以下に表示する。

「明治コーンソフト」9・04g、「ラーマバターの風味」8・10g、
「日清とっても便利なショートニング」14・7g、
「マクドナルドのフライドポテト」3.37g、
「スジャータP褐色の恋人」6・47g。

トランス脂肪酸は米カリフォルニア州では禁止されている。
ニューヨーク市も全レストランで使用禁止だ。
アメリカのケンタッキーフライドチキンは、
「トランス脂肪酸を含む調理油の使用は来年4月までに全店舗で止め、
以後は同脂肪酸を含まない大豆油を使用する」と発表している。

一方、日本は、ダスキンが12月末から、「ミスタードーナツ」全店で
低トランス脂肪酸油を導入しただけでお茶を濁している。
花王の「エコナ」は、厚生労働省の特定保健用食品認可を受け、
トランス脂肪酸を多く含んでいるにもかかわらず、「健康」を前面に掲げて、
ヘルシークッキングオイルとして売っている。
明治乳業は、「重要なこととして認識しているが、今はまだ対応できない。
食品安全委員会の動向には注目している」としている。

とくに、マクドナルドのフライドポテトは危険で注意を要する。
厚生労働省は速やかにトランス脂肪酸の健康に対する害を公表し、
国民に告知すべきだ。
同時に全面禁止にすべきだ。
国民の健康と安全を守るためにも。

【文責・企業犯罪研究会】


<引用終わり>
-----------------------------------







お知らせ

4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第42号 

何としても、
ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!


第六期メルマガの最後の記事です。
届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。

5月から、いよいよ第七期メルマガに入ります。
第七期の期間は、5月より7月末までの3ヶ月間です。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!









『日本人の殆どが、

311地震津波と福島第一原発爆発が

全て人為的なものと知らないことに驚かされた』 

 by.訪日外国人達





訪日外国人達から

「日本人の殆どが、311地震津波と福島第一原発爆発が

全て人為的なものと知らないことに驚かされた」とよく聞く。


911事件が米政府の自作自演

であることは、今では海外の殆どの人達が知っている。


また、その犯人の権力を支えるのが中央銀行を悪用した

金融詐欺であることも、小学生ですら知っている。


日本人だけ、何故こんなにも情報が乏しいのか?

平和ボケにも程がある。

今世界は、世界金融大恐慌と第3次世界大戦を起こそうとする勢力と、

それを阻止しようとする勢力が1分1秒を争って闘っているというのに。


311地震津波と直後に起きた福島第一原発放射能汚染の現場に、

菅直人元首相は決死の覚悟で駆けつける。

事故発生から間もなく、彼は原子力委員会や東電上層部から

「今後被害がさらに拡大した場合、関東地区住民3,000万人を

環境難民として避難させる必要がある」との進言を受けていた。


しかし、駆けつけてみると、

そこには居るはずの無い東電部外者が現場に居て

「原発被害拡大の危険性は回避された」と知らされたという。


自らの被爆死を恐れず

「関東地区住民3,000万人が環境難民となる大惨事」を

止め、日本を救った英雄達。


菅直人元首相は

「神様が介入して原発事故の被害を最小限に止めてくれたのかと思った」

と素直に感想を述べている。



菅直人元首相が記者会見で明かした

『関東地区の一般住民3,000万人を避難させる…』という発言。


これは、これまでに英国諜報機関や北朝鮮に通じる情報源、

ロスチャイルド一族の人間などからもたらされていた欧米勢による

新たな計画の筋書きと非常に酷似している。その欧米勢の計画とは…。



まず311人工地震津波と福島第一原発爆破の後、

放射能汚染に対する不安と恐怖を日本の国民に煽りまくる。


環境難民と化した関東地区住民4,000万人を中国や韓国に

強制移住させる。


次に、欧米支配階級が100万人のユダヤ人インテリを連れて朝鮮半島

に渡り、韓国の釜山に建設が予定されている新たな金融センターを

拠点として欧米によるアジア支配を展開。


関東地区から強制移住させられた日本人4,000万人は

中国・韓国に永住、現地で同化させられる。

日本国内では放射能汚染がさらに拡大。

関東全域はゴーストタウンと化し、日本政府は事実上機能停止。

国連の信託統治下 に置かれる。



311地震津波と原発事故の舞台裏には、最悪のシナリオが用意されていた。

その悪魔のシナリオを現実化させようとする勢力と、

それを阻止しようとする勢力が水面下で激しいバトルを繰り広げた。


そのことが、当時の外国人特派員協会での菅直人元総理の発言から

窺い知ることができる。


幸いにも悪魔の計画

「関東地区住民4,000万人強制移住計画」

は阻止された。


日本国の国連信託統治を実現させるために派遣された、

10万トン超の巨大空母ロナルド・レーガンと、揚陸艦に乗った1万人の

海兵隊を擁する第7艦隊は「トモダチ作戦」でお茶を濁して帰って行った。


福島第一原発放射能汚染問題は未だ解決していないが、

現在のところ日本国民は、曲がりなりにも、何とか生活できている。 

後は、いつ大多数の日本国民が真実に目覚めるか、だ。

残された時間は少ない。一日も早いことを祈る。

しかし恐らくそれは、最悪の事態を迎えたときだろう。


━─━─━─━─━─


《追記》 今日起こった東北地方太平洋沖地震は、

人工地震と断定して良いだろう。


理由はその気象現象の特徴と政治的背景、タイミング

(例:余りにも早過ぎる10万トンの巨大空母ロナルド・レーガンと

第7艦隊の到着、規模と陣容)、


狙った目標の破壊(福島第一原発)がもたらす戦略的・政治的価値。


地震の1ヶ月前から放射能被爆治療薬Potassium Iodide

(ヨウ化カリウム)大量に買い占めしている者達の存在。


昨年10月、米国の圧力により日本側の専門家の強い反対を押し切り、

福島第1原発 3号炉にわざわざ危険なプルトニウムを注入(福島県知事談)。

また地震兵器使用が近いという内部情報は昨年から度々寄せられていた。

この犯人を「闇の権力者」と呼ぼう。





もみじ

グーグルマップから東京消えてるって騒いでいるけど、
  アメリカ海軍の地図では日本が消えてたよ!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11944092980.html



デジャブという言葉が直ぐに頭に浮かびました。
2009年封切り~韓国映画「TSUNAMI」のあとに、
311東日本大震災が起こり、その時の津波によって
全電源喪失して、フクイチが大惨事を起こしてしまいました。

2009年の韓国映画「TSUNAMI」の中では、日本列島が出て来て
地図の中で東北が消失している場面が映し出されています。

ワンシーンに、突然何の脈絡も無く現れる東北地方の水没した地図。








お知らせ

4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第42号 

何としても、
ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!


第六期メルマガの最後の記事です。
届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。

5月から、いよいよ第七期メルマガに入ります。
第七期の期間は、5月より7月末までの3ヶ月間です。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!









今こそ多くの人に
知って欲しい 【ガンの秘密】








管理人

皆さんの誰かがガン患者になったら大変です。
現代のガン3大療法は、ものすごく身体に悪い。
しかし、一方、ガンの代替療法はものすごくお金がかかります。

一例

◯高活性GcMAF  1クール 200万円
〇NK細胞療法   1クール 150万円
〇超高濃度ビタミンC療法 何十万円
〇ガン治療高額健康機器 何十万円~数百万円 

その上、1クールだけでは決して終わらない。
高活性GcMAFを例にとれば、2クール、3クールなんてのもザラです。
これでは、ガンを治す前に破産してしまいます。
身体がガンに蝕まれながら、同時に破産に追い込まれる・・・。

ものすごく身体に悪い現代のガン3大療法を選択するか?
ものすごくお金のかかる代替療法を選択するか?
これでは、ガン患者になったら・・とても救われません。
ガン患者は、3大療法と代替療法の双方から食いものにされていると
思うのは私だけでしょうか?

代替療法を調べていると良いことばかりが書かれていますが、
それぞれを全否定する記事もたくさん見られます。
調べれば調べるほど、訳が分からなくなる始末です。


私のスタンスは、極めてはっきりしています。

★先ず、ガンとは何かを知ること。

★間違いなくガンには良いであろう幾つもの治療法を知ること。

★お金があまりかからないこと。

★ガン患者と家族を決して孤立させないこと。

ガン治療の真の王道を追い求めるのが最大の目的です。
決して誰も助けてくれないから・・・


今回は、皆さんにガンとは何かを知って欲しいと思います。
全ては、知ることから始まるのです。


メルマガ第40号〜
恐ろしい!
〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。


メルマガ第40号から、ごく一部のみを引用します。

真菌の菌糸の成長がんは真菌による日和見感染?

がんは真菌とよく似ている。
近年、これは代替医療の分野において特に注目されていることである。
真菌とは、カビやキノコを含む菌類で、バクテリア(細菌)やウィルスとは異なって、
体は糸状の菌糸からなり、胞子で増える存在である。

真菌は、比較的温暖で湿度の高い環境を好み、アルカリ性の環境下では繁殖しにくい。
イタリアの医師トゥーリオ・シモンチーニ博士は、ほとんどのがん患者から、
増殖した真菌が発見されるだけでなく、腫瘍は概してカビのように白いことにも注目し、
がんの正体は真菌感染にあると直感した。
そして、水溶性で弱アルカリ性を示す安全な薬剤として、
炭酸水素ナトリウム(通称:重そう)を利用したがん治療法を生み出した。

腫瘍はアルカリに直接触れるとすぐに崩壊を始める。
そこで、消化管には経口投与、直腸には浣腸、膣や子宮には圧注、
肺や脳には静脈注射(点滴)、上気道には吸引、
乳房やリンパ節、皮下腫瘍には局所灌流で対処した。

また、治療が困難であった箇所においても、カテーテルを挿入して、
直接炭酸水素ナトリウムをピンポイントで投与する方法を編み出し、
脊椎や肋骨内部等を除いて、ほぼすべてのがんを治療できる方法を確立した。

だが、シモンチーニ博士は、正統医学とはかけ離れた治療方法によって、
末期患者を含めた多くのがん患者を救ってきたことから、
世界的に注目されるとともに、医療関係者からは批判の矢面に立たされ、
物議をかもした。

その一つが、がんの正体に対する認識である。
シモンチーニ博士いわく、がんとは、カンジダ・アルビカンス(カンジダ菌)
による日和見感染である。

カンジダ菌とは、ヒトの体表や消化管、女性の膣粘膜等に常在し、
ほとんどの場合はなんの影響も与えない。
だが、ヒトが体力・免疫力を低下させた際、異常増殖して有害な存在に変貌しうるという。
日和見感染とは、そんな状況で感染することを指す。

もちろん、現時点でがんは真菌とよく似ているが、
その正体がカンジダ・アルビカンスであるとは医学界では証明されておらず、
真菌感染を伴う別物の可能性もある。
そこで、整理しておこう。


ガン細胞と真菌の類似点と相違点

真菌は共通して枝分かれした菌糸をもっている。
そんな菌糸が互いに結びついてコロニーや菌糸体を形成する。
それらは栄養素を吸収しようと枝分かれして成長していく。
このような構造はカンジダ菌のように自由に動ける真菌にも当てはまり、
体組織への侵入を助けることになる。

真菌はそのコロニーが異常増殖するか、
栄養素の供給が制限されるストレスを受けると、
拡大してさらに適した環境を探そうとする。
これはたくさんの真菌細胞を浸潤性の菌糸をもった存在へと変容させる。
そして、新たなコロニーを形成するだけでなく、離れた場所にも菌糸体を形成する。

興味深いことに、がん細胞もまったく同じように振る舞う。
腫瘍が密集するか、ホルモンや栄養素が欠乏するか、外科手術・化学療法・放射線療法、
あるいはほかの炎症を起こす状況に直面してストレスを受けると、
比較的無害の真菌様腫瘍細胞が自らを浸潤性を持った移動性のがん細胞へと変容させ、
最終的に離れた場所にさらに危険な転移性の腫瘍を形成する。

このがん細胞は真菌のごとく、ストレス下で同様に振る舞い、
見た目においても浸潤性のがん細胞は菌糸を持った真菌細胞と酷似する。
だが、正常な体細胞と真菌細胞との間には違いがあり、
それはエネルギー代謝に認められる。

酸素呼吸を行う我々の体細胞は、二酸化炭素と水を生み出すクエン酸回路において
栄養素を酸化してエネルギーを生み出すが、
真菌は酸素を必要としない嫌気的な方法でエネルギーを生み出す。
真菌は主に糖や炭水化物を利用して、乳酸に変化させてエネルギーを得る。
このプロセスが人体で起こると、大量の乳酸が生み出されることで酸性過多となり、
ミネラル欠乏、炎症、痛みなどを導く。

がん細胞は真菌と同じような嫌気的エネルギー代謝を行い、
腫瘍においてエネルギーが嫌気的に生成されるほど、それはより悪性となる。

だが、真菌とは違って、がん細胞においては、
酸化的代謝を阻害する病原菌や毒素が取り除かれると、
正常の体細胞に戻ることができる(可逆的)。
通常の真菌は従前の遺伝子的な特質を持っているのに対して、
がん細胞は真菌細胞へと退化していく過程にある体細胞とでも
とらえることができるのかもしれない。


偶然、抗真菌薬がガンに効くことが発見された事例もある

とはいえ、真菌対策ががん治療につながることを発見した人々はたくさんいる。 
1999年、ドイツの医学博士マイノルフ・カルトハウス教授は、
白血病の3人の子供たちが二次的な真菌感染に対して3倍の抗真菌薬を摂取した後、
予期せず完全寛解に至ったのを観察した。
2006年、彼の研究チームは抗真菌薬治療のあとに白血病が消失した事例を
さらに6件出版報告した。 

ちなみに、報告された6件において、慢性播種性カンジダ症(CDC)に対して
抗真菌薬治療が始まると、患者たちは白血病薬に対してひどく反応したため、
白血病治療は止められた。

急性白血病の5年後生存率が大人で25-26%、子供で90%であったのに対して、
驚くべきことに、カンジダ治療での生存率(治癒率)は100%だった。
彼の報告では2人の子供と4人の大人を取り上げていたため、
その数字は極めて高かったことになる

(シンプルな真菌感染を白血病と誤診されるケースもあるが、
抗真菌薬の効果は無視できない)。

偶然、抗真菌薬ががんに効くことが発見された事例もある。
たとえば、大きな腫瘍を抱えた胃がん患者が、安息香酸を大量に摂取したところ、
数カ月で腫瘍が消えたケースがある。
安息香酸は、食品の保存料として使われ、諸説あるものの、
バクテリアには効かないが、防カビ剤には利用できるといわれている。

また、海外ではその危険性ゆえに法的に規制されているケースもあるが、
二酸化塩素の殺菌力を利用したMMSという民間療法がある。
当初、マラリア患者が、亜塩素酸ナトリウムを含んだ、高山病や疲労回復用の
液化酸素を吸ったところ、奇跡的に回復したことでその抗マラリア性が
発見されたものである。

だが、のちに研究が進められると、塩素系でも二酸化塩素がより優れており、
マラリアだけでなく、がんにも効くとして注目されるようになった。
もちろん、その背景には二酸化塩素のもつ殺菌力がある。

実は、対がん民間療法においては、過去数十年に及んで、
真菌に対して有効な殺菌剤が治療効果を上げてきた。
たとえば、殺菌力の高いヨウ素を利用したヨウ素療法、
同じくホウ砂やホウ酸を利用したホウ素療法、そして、
真菌の大敵であるアルカリ環境を導くためのセシウム療法なども海外では普及してきた。

がんは真菌の増殖と深くかかわっている。
現段階では、カンジダ・アルビカンスを単独の病原菌とみなすのではなく、
ほかの要素も複合的にかかわっているとみなしたほうが良さそうである。

がんと真菌との関係性を研究して注目されてきたミルトン・ホワイト医師は、
自身が調査したどのがん組織の中にも真菌の胞子を発見し、
がんとは「慢性的な細胞内伝染性の生物学的に誘発された胞子(真菌)変容病」であり、
具体的には、「真菌の子嚢菌門に由来する分生子(無性胞子)」であるとしている。


なぞ解明も近い?

以下は、代替医療を含め、代替科学を研究してきた筆者の個人的な見解にすぎないが、
がんとは、体細胞がカンジダ菌を候補とした真菌と同調した結果であると思われる。

我々はバクテリア(細菌)、真菌、時にウィルスなど、
有害にも変貌しうるさまざまな微生物と触れ合っている。
にもかかわらず、我々が健康を維持できるのは、
主に我々自身の免疫力や代謝能力にある。

細胞呼吸が正常に行われ、酸素を十分に取り込むことができていれば、
血液は酸性に傾くこともなく、真菌が異常増殖するような条件を生み出すことはない。
さまざまな体内微生物(常在菌)がいわばミクロレベルで生態系のバランスを
維持しているからである。

だが、疲労やストレス等で免疫力を落とした状態においては、
体は酸性化し、体内生態系が崩れて真菌が蔓延りやすくなる。
つまり、日和見感染が起こりやすくなるのだ。

細胞呼吸が阻害されるとほぼ自動的にがんが発生するが、
その理由は、我々の体内に極微の真菌(胞子)が100%常在し、
活動を始められるような環境への変化に備えているからだと思われる。


では、がん細胞と真菌細胞との違いはどのように説明されるのだろうか? 
ここで、注目すべきは真菌の特性である。

寄生性を有した真菌は、冬虫夏草(蛾の幼虫に寄生する)のように、
宿主を乗っ取ったり、時にはマインドコントロールすらして、
支配下に置いてしまう力を発揮する。

真菌は勢力を高めると周囲の存在(宿主)を変容させることが得意である。
人体を例にいい換えれば、真菌の発する波動が優勢になると、
特定成分が脳に作用することも考えられるが、
周囲の体細胞はその真菌の波動に強く影響を受け、
共鳴・同調してしまうようになるのだと思われる。

環境が改善することで、カビを生やしたパンが元の状態に戻ることはないが、
がん細胞は退縮していく。
この違いは体細胞が真菌との同調を失うかどうかにありそうだ。
これは、自己免疫疾患や他の難病にもかかわっている可能性がある。

実は、真菌の生態には未解明の部分も多く、
現代医学はあまり注目してこなかった領域といえる。
だが、周囲の自然界同様、人体内というスケールの小さな生態系も客観視してみれば、
上記の視点は自ずと導かれると考えられる。
さらなる研究によって新たな飛躍が得られるようになる領域だと筆者には思えてならない。


<中略>


最後に、いずれ記事にするつもりですが、
ガンには進行の遅いものと極めて早いものがあります。
これって、寄生したカビ菌の種類にも関係しているのではないでしょうか。

もし寄生したカビ菌が、
ムーコルなどの極めて繁殖力の強い接合菌が主犯であったら・・・
ガンの増殖と進行が早いのは当然です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mmj/57/4/57_16.006/_pdf

ムーコル症は、
いったん発症すると急速に進行し致死的経過を辿ることが多く、
予後不良なため、早期診断、治療が不可欠。
ムーコル症に対して、抗真菌効果があるのはアムホテリシンBのみである。

恐ろしい!・・・
徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきました。


<引用終わり>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



主要病原真菌の姿 カンジダ増殖の様子-酵母から菌糸への変化





お知らせ

4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第42号 

何としても、
ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!


第六期メルマガの最後の記事です。
届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。

5月から、いよいよ第七期メルマガに入ります。
第七期の期間は、5月より7月末までの3ヶ月間です。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!









何としても、ガンの増殖
〜拡大を食い止めなければならない!










4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第42号 

何としても、
ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!


第六期メルマガの最後の記事です。
届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。

5月から、いよいよ第七期メルマガに入ります。
第七期の期間は、5月より7月末までの3ヶ月間です。



最新記事のごく一部を公開します。

ここ最近、極めて緊急を要するご相談が、メルマガ読者より寄せられています。

① 食道ガンで食道に食べ物がつまり大変な事になった。

② 大腸がんの腫瘍で直腸が圧迫され、便が出なくなってしまった。



つまり、腫瘍が増殖して拡大していることを意味します。
これを喫緊に何とかしなくてはなりません。


~ 中略 ~



癌は酸性体質を好む
http://102338-001.akibare.ne.jp/841164424

癌は酸性体質を好みます。
また癌細胞の周りは酸性物質で守られています。
癌は大量の糖を取り込み、餌として消化、そして大量の乳酸を吐き出します。
乳酸は酸性物質となり、がん細胞の周りを埋め尽くしています。

この酸性物質があると免疫細胞は、癌に近づくことが出来なくなり、
癌を攻撃しにくくなっています。
そのような状態の中で、餌となる糖分がどんどん入ってくると
癌組織は大きくなり浸潤や転移をするようになります。

酸性体質の人は糖尿病、糖尿病になりかけの人、肥り過ぎの人、
中性脂肪の高い人、などに酸性体質の人が多いとされています。
PH7,35~7.45までが正常範囲で、
弱酸性のPH7,2~7.35までが酸性体質です。

〜 引用終わり 〜


~ 中略 ~


HCO3-はH+と結合してH2CO3になった後、H2OとCO2に分解され、
呼気によってCO2を排泄することができるため、最も重要な物質です。

炭酸水素ナトリウムは、略して重曹といい、
化学式 NaHCO3で表わされる。

このHCO3-が、水素~H+と結合して、H+濃度を低くして、
血液・・体液を 弱アルカリ性 にする。

結果、免疫細胞がガンを攻撃することを可能にする。



〜 引用終わり 〜
--------------------------------------



もみじ
連休中の皆さんにお勧めの動画

三国志 日本語 第1話~第95話(最終回)

三国志 第1~2話





もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!





映画「水滸伝」日本語吹き替え版