とかげ日記

とかげ日記

【日記+音楽レビューブログ】音楽と静寂、日常と非日常、ロックとロール。少数派のための、あるいは、少数派への優しさを持った多数派のための音楽。



この話はフィクションです。ただ、僕が好きな音楽に関する描写は、トンカツというよりは真実です。

職場で氷点下よりも冷たい心を持ったAさん。Aさんと毎日顔を突き合わせているうちに、精神力を削り取られる僕。怒りのベギラゴンを放ってやりたいが、もう僕は大人なのでそんな子供じみたことはできない。では、怒りのメラゾーマなら良いのか。良くない。僕にできることは、Aさんからマヒャドを喰らっても耐えることだけ。

あまりに辛くなった僕はトイレで中村一義の『ERA』というアルバムを聴いた。長時間もトイレ休憩する訳には行かないので、出だしの「1.2.3.」だけ。ちゃんこ鍋よりもめちゃんこ良い。いや、良い悪いという評価は何か違うな。『ERA』は僕の哲学だ。手のひらを太陽にかざして見れた真っ赤に燃える僕の血潮の何分の一かは『ERA』でできている。

イーラ、イーラ、イーラ…。僕は悩みの闇の奥底にいる時には、口癖のようにイーラ、イーラ、イーラと唱えてきた。イーラは闇を振り払う呪文であり、若かった中村一義が全力の鋭さを持って伝えたかったこと。僕がリアルタイムで聴いていた高校生の時から、このアルバムは僕の生き方の何よりも頼れる指針なのだ。

世界に対峙する時の姿勢というのはやや大げさな言い方だが、物事に対峙する時の姿勢を僕はこのアルバムから教わってきたのだ。

「1 両目で全て、
 1 2 見てゆくんだ。
 1 2 3 最初と最後を、
 1 2 3 4 感情を抱いて、笑い、涙流して…。
 青クサイ?って、そりゃ、いいね、いこう。」

僕の心はメラゾーマよりも燃えたぎる。光景を刻む心がここにはまだあるのだ。僕は行く。犬や猫のようにね。そんなことよりも、トンカツが食べたい。下赤塚駅前のなみまのとんかつは美味しすぎる。あんな美味しいトンカツは食べたことがない。チェーン店の和幸のとんかつの一億二千三十倍は美味い。

とんかつに僕を縛り付けてくれ。他者の冷淡より、料理の愛情を僕は選ぶ。感情を失い、ロボットのように生きていくことは楽だろう。それでも、僕は感情を抱いて、笑い、涙して僕は行く。傷つくのは真剣に生きているから。「グレゴリオ」の歌詞のように、この目にその手に全てはある。感情はこの手にその目に宿っている。

「メロウ」で描かれる目をそらしたくなる人間関係、世間、社会。「ロザリオ」という曲で、中村一義は目を開けと歌い続ける。

最近のニュースは京アニへの放火といい、吉本興業やジャニーズの圧力やしがらみといい、見てたくもない事ばっかが度重なって、視界、ずっと、ずっと、歪ませてさ。

「あとさきも考えなかった僕等に、
 願いを、たった、たった、1個鳴らせるなら...。」

歪んだ社会の中で、これぞという核心を全て知っておきたいんだ。パルプンテの世界の中で、真実色に染まった的を射抜くだけの技量とタフさが僕にも欲しい。僕のメラゾーマよりも燃える静脈の血液管は沸騰し、Aさんの冷たさにも、世間の人の冷淡さにもクリティカルヒットする。みんな、燃えろ、燃え上がれ! 炎上したライブハウスの中、パンクロックの直線的熱情で、今、ブルーハーツのマーシーがギターを弾く! 『ERA』に収録されている「ロックンロール」という曲では実際にマーシーがギターを弾いている。

『ERA』には、哲学も熱情も愛も全てある。僕の結婚パーティでは、『ERA』の曲から「君ノ声」が流れた。すさんだ奴がはびこる、この街で、君の声が聞こえてくる。それはとても尊いこと。なみまのとんかつほどじゃないけど。それでも君を愛してる。祝え、ジュビリー!

冷たいAさんも仲間なのだと思う。社会をより良くしていく上での仲間。中村一義流に言えば、僕もAさんも「虹の戦士」なんだよ! 同じ職場で同じ目標に向かっている以上、僕等は願いを持った戦士なんだ。

僕にできることは、凍った彼女の心を溶かすように働きかけ続けていくことと、無視されてもヘコたれないバイキルトなメンタルタフネスを身につけること。「ピーナッツ」のように種を撒き続けて、「ショートホープ」のように飛び込んで行こう! 真っ白と黒のゲルニカにたくさん色を塗る。モノクロの権力よりもカラフルな笑いを。

Aさんがいるから傷ついて何もできないなんて、僕自身の能力を見誤っている。Aさんがいるから僕は強くなれた。明日からも辛辣な態度でマヒャドを喰らい続けても、僕の心の中にはロトのつるぎのように威風堂々と光り輝く『ERA』があるから大丈夫さ。明日からもきっとハレルヤ、舞い上がるように素晴らしき世界だね。

暑い日々が続いております。。

ある日の我が家。長男はピカチュウ、次男はイーブイ、パパはソーナンスに似ているという話になり、「じゃあママは?」と聞かれた長男の答えは「リザードン!」。

つ、強そう…😮


今回の記事もおすすめ動画を10個紹介するよっ!
一部おすすめではないのもあるけれども、よーよーの評価軸をはっきりさせるためにも紹介するね♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

神聖かまってちゃん『ツン×デレ』ABC評価

33才の夏休みA
塔を登るネコB
8月の駅C
秋空サイダーB
犯罪者予備君B
トンネルB
決戦の日C
ラムネボーイC
26才の夏休みA
大阪駅A

A評価の曲を聴いてくれー! 年を取るということは失っていくということ…。

👇33才の夏休みMV👇🎞



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このライブの時点で60代半ばのはずなのに、イギー・ポップ若い!

N°2 - Iggy and The Stooges -Search & Destroy (Live Pression Live au Casino de Paris 2012)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「今音楽的古き良きを取り戻せ」と歌詞でストレートに歌うアーティストが出てきたことに感嘆。

80年代、90年代のJ-POPが好きな方はぜひ!
シティポップでもあり、ディスコでもあり、今の新しい音🎶

ヴェイパーウェイブを意識したMVも面白い。

令和のポップはここにある!

SASUKE J-POPは終わらない



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

声を出して笑ってしまったwww

もう少し嫌なやつ かまいたち 「嫌なタクシー運転手」 - YouTube



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ポイズンといったら、反町かアリス・クーパー。アリス・クーパーはデヴィッド・ボウイと並んでグラムロックの代表的存在。

こういう分かりやすさが今のロックには必要なのかもしれぬ🤔🎶

Alice Cooper - Poison (Official Video)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

盛り上がりらしい盛り上がりもないし、サウンドのテクスチュア自体にも気持ち良さがない。つまりは、何が言いたいのって曲🤔

コーネリアスは一時期ハマってよく聴いていた。アルバムは『POINT』と『Sensuous』が好き😊🎶

Cornelius - Audio Architecture (Live)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

うみのての笹口さんがこの曲をツイッターで紹介していたので聴いてみたところ、とても良かった!😆 音が意外にモダンで驚いた😳 自分もこれをきっかけに長渕を聴いてみようかしら…🌟

長渕剛 Tsuyoshi Nagabuchi - Don't Think Twice (Official Music Video)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

玄人好みのアレンジなんだけど、このバージョンを多くの人が支持しているという状況がすごい。米津バブルは止まらないっ!

米津玄師 MV「パプリカ」



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ハンバートハンバートが夫婦デュオであることを今日初めて知ったよ。ルクプルみたいな? ルクプルの二人は離婚したけれども、ハンバートハンバートの二人は今も仲良さそうだね🌟

おなじ話 / ハンバートハンバート



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Weezerがトレンド入りしたので、フォロワーの方がリンクをツイートしていたTop 10 Weezer Songsという動画を観ていた🥳

えっ、エルスコルチョって、シングルカットされたとはいえ、そんなに人気あるの!?😳

僕のNo.1はAcross The Sea!😆🌊

Top 10 Weezer Songs - YouTube



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

以上、こんなところです!

ところで、先週にMステでフジファブリックが「若者のすべて」を演奏して話題になったけど、僕は心を動かされなかった。

志村さんの声を今のフジファブリックの演奏にかぶせる演出に、泣かせようとしている魂胆が透けて見えたからだ。

素直な人は感動できるんだろうけど、僕はひねくれているのでね…。

ひとひねりどころか、百ひねりくらいのひねくれ者の僕ですが、これからも『とかげ日記』をよろしくお願いします!
毎日暑いですね…。

先日、夏祭りが地元であったんですが、蒸し暑いのが嫌で行きませんでした🤪 夜でも外は熱帯地方さながらです。

このまま温暖化で夏がどんどん暑くなっていくとすれば、夏祭りを5月や9月にやることも検討しなければいけないかもしれない🤔☀️ それじゃ、春祭りや秋祭り?😅

今日もオススメの動画を紹介していきますね!


ジャミロクワイで一番有名な「Virtual Insanity」のMVを初めて見たのだけど、前半の巨大ダンゴムシと終盤の血だまりは必要ある? 映像の中で良い意味での違和感になり、フックになることを狙ったのだろうけど、気持ち悪い😱

…とそう思っていたのだけど、曲名にもあるInsanity(狂気)を表現したMVだからだという指摘をツイッター上で受けました。そう思って観てみるとこれがよくできている。日本のMVは控えめな表現に終始しがちだけど、海外のMVは容赦ないなぁ。


Jamiroquai - Virtual Insanity(Official Video)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ストロークスのギタリストのソロ曲。ミステリアスなバースと明るく軽快でポップなサビを繰り返す構成。サビのファルセットが気持ち良い。これは良いよ!


Albert Hammond Jr - More To Life

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

小室系は功罪あるけど、H Jungle With Tの「GOING GOING HOME」と「WOW WAR TONIGHT」を産み出したことは、90年代のJ-POP史どころか、日本の音楽史に残るべき達成だと思う。この日本的な哀愁とダンスミュージックのノリの合体よ。


H Jungle With T - WOW WAR TONIGHT 時には起こせよムーブメント

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

難しいことを考えた後は、ブリトラを聴こう😝🎶


ブリーフ&トランクス 青のり

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんなに豊かな音楽を東京ドームの大人数の観客が支持している。そのことに音楽の未来の可能性を感じて嬉しくなる。


星野源 – Pop Virus【DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

きのこ帝国の佐藤千亜妃のソロ曲。

バンドの彼女が好きだったのに、ソロでは完全に電子音楽にシフトするんだね…。彼女自身の音を鳴らしてほしいと思うのは僕だけだろうか🤔

国内外のヒップホップやR&Bを参照した音はドープで現在的であり、どこか90年代的🎶🌟


佐藤千亜妃 - Lovin' You

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

80年代の邦楽は音が古いと感じることが多いのだけど、シティポップは別だね。この完成度!🥳🎶 この動画は10曲入りでよくまとまっています🌟


邦楽 80年代シティポップ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

二週間前にあいみょんが発表したMV。エバーグリーンな名曲だけではなく、こういった尖った曲も作れるのが素晴らしい。サビに入る前までのリズムが面白いし、歌詞も面白い。こんなに衒いがなく「快楽」という言葉を使えるのは邦楽シーンで希少だろう。


あいみょん - 真夏の夜の匂いがする

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

焚かれたスモークが混沌とした雰囲気を演出しております! 舞い踊る大内ライダー、ツガネさんのガタピシ言わせるドラミング、そして我らが笹口さんは……猫耳ならぬ生姜耳!? ギターリフかっけぇ。


太平洋不知火楽団 - Dancing Hell 2019.7.6@岩下の新生姜ミュージアム

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

うだるような暑さの日にはサニーデイ・サービスの「サマーソルジャー」を。

同じ夏の歌である、くるりの「さよならストレンジャー」を連想するような気だるさがある良い歌。


(PV) サニーデイ・サービス - サマーソルジャー

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今日はここでおしまい🎶
暑さが吹き飛ぶような良い曲は見つかったかな?
見つからないのなら、エアコンの温度を下げて全ては解決だ!🥳
みんな、また会おう!!😆