とかげ日記

とかげ日記

【日記+音楽レビューブログ】音楽と静寂、日常と非日常、ロックとロール。少数派のための、あるいは、少数派への優しさを持った多数派のための音楽。

ようこそ、『とかげ日記』へ。
このブログではオススメの音楽をアルバムレビューやコラムで紹介していきます。
Myツイッターアカウントは、@yoyo0616 です。
(ホームページはこちら)

👇一押し記事👇
【2010年代ベスト】
2010年代ベストアルバム(邦楽)30位→21位
2010年代ベストアルバム(邦楽)20位→11位
2010年代ベストアルバム(邦楽)10位→1位

それでは、一緒に音楽の旅へ!


2010年代ベストアルバム(下記リンク)はご覧になりましたか? 『とかげ日記』(このブログ)の総決算となる記事なので、ぜひお読みくださいね!

2010年代ベストアルバム(邦楽)30位→21位
2010年代ベストアルバム(邦楽)20位→11位
2010年代ベストアルバム(邦楽)10位→1位

今回の記事は2010年代ベストトラック第2弾!
前回(下記リンク)から続いて、20位から11位までを発表します。

2010年代ベストトラック(邦楽)30位→21位

では、さっそくカウントダウン!

【20位】cero「大停電の夜に」


これぞ、究極のチル。何かにいらだったり、焦ったりして、気持ちを落ち着かせたい人がいたら、この曲をまずオススメします。

震災前に書かれたのに、震災を予見していたような曲。震災後に注目を集めたのは、もちろん、大停電を歌った歌詞が一番の大きな理由だ。だが、震災で傷ついた心をレイドバックしたサウンドで癒されたかった人が多かったからだろうと僕は思う。目一杯にボーカルにリバーブをかけて浮遊感のあるサウンドには独特の味わいがある。

【19位】くるり「glory days」


👆曲の途中までなので、ぜひフルで聴いてみてくださいね! 途中から驚く展開が待っています。

アルバム『坩堝の電圧』の最後の曲、glory days。この曲がアルバムで一番好きだ。

ストイックに4分のスネアを刻むドラム。流れる時代のようなギター、過去を時折思い返しているようなトランペット。過去の歌の歌詞が歌われるところで胸が震える。過去と現在の岸田さんと僕たちを一緒くたにして遠くへ連れて行くようなディストーション。この箇所を全19曲のアルバムの締めくくりに聴くと、長い旅路の果てにどこか別の次元にたどりついたような心地になる。

【18位】MOROHA「革命」


無為無策で大きな夢を持つことのロマンチシズムを、夢に向かって本気で努力する現実のリアリズムで叩き崩す曲。もしくは、夢を持つことを嘲笑う人たちのリアリズムを、本気で夢を信じるロマンチシズムで叩き崩す曲。この曲の熱量あるラップに突き動かされていた時期が僕にもあった。

【17位】andymori「1984」


冒頭のベース4音からして何かしらを語っている。トランペットがファンファーレであると同時に、夕暮れの風のようだ。楽器隊がボーカルと同じくらい雄弁に語る曲はだいたい名曲だ。そして、ボーカルの歌もとても歌心にあふれていて、夕方5時の叙情を余すところなく描いている。

【16位】NEW OLYMPIX「NO! feat.RYOFU KARMA」


漆黒という言葉がこれほど似合う曲もないのではないだろうか。「YES」という欺瞞にあふれた世の中への漆黒のカウンター。声質が冷徹にも感じられる客演の呂布カルマのラップは切れ味鋭い。漆黒と冷徹さを感じても、人間的な温かさを感じられるのは、激烈な叱咤を通じてリスナーを勇敢に鼓舞する音楽であるからだろう。

【15位】不可思議/wonderboy「Pellicule」


彼の名曲「Pellicule」で「二人だけで話そう」とラップされると、もう故人の彼と二人で飲みながら話しているような思いになる。

この曲でラップされている「俺たちっていつかさ、結婚とかするのかな/子供とかできてさ/庭付き一戸建てとかをローン組んで買ったらできた気になるかな」という未来の可能性。だが、その可能性はその後の死によって否定されたことを思うと、やり切れない。だが、僕も彼のラップの密度の濃さくらい、人生を生き抜こう、そう思えるのだ。

【14位】フジファブリック「夜明けのBEAT」


生前の志村正彦が放った最後の煌めき。強靭なビートに乗る微熱の志村さんの歌唱。そこまで熱くなり過ぎない絶妙なバランスの歌唱が素晴らしくクセになる。熱くなり過ぎないのは、志村さんのキャラクターゆえのことでもあるのかもね。そして、ビートがここまで強靭なのは、バンドの演奏力のたまものだ。

【13位】相対性理論「ミス・パラレルワールド」


真部脩一作詞・作曲の曲。今のやくしまるさんの作る曲も良いが、この懐かしさと近未来の同居するファンタジー感のあるソングライティングは真部さんならではのもので、真部さん在籍時代が恋しくなってしまう。やはり、男性が作った歌詞で不思議少女にコスプレするやくしまるさんのボーカルがあの絶妙なファンタジー感を演出していたのだと思う。

【12位】リーガルリリー「リッケンバッカー」


この曲をyoutubeで聴き、頭から離れなくなってリーガルリリーが好きになったのでした。「おんがくも人をころす」という怜悧な認識があった上で、「おんがくよ、人を生かせ」と歌うのがグッときて音を感激と共に嚥下する。

通常のAメロ、Bメロ、サビの順番でないのに、比較的まとまって聴こえるのは、それぞれのパートの放つメロディがそれぞれにキャッチーだからかもしれない。テンポアップして「リッケンバッカーが歌う」と歌う箇所のかっこよさといったら!

【11位】羊文学「1999」


「『1999』にはどんな意味を込めたんですか?」というインタビュアーの質問に対し、ソングライターの塩塚モエカは「ノストラダムスの大予言の年で。(中略)『年を越えたら世界が終わるんじゃないか』って思っているときのクリスマスって不思議だなって。キラキラしているけど、世界が終わる……その対比ってどんなものだったんだろうと想像して作りました」と答えている。

インタビューでこう答えているように、この曲はキラキラしているけど、どこかしら切迫感があるのが、一つの歌ものとして理想の形に僕には思えた。とんでもなくキャッチーなので、羊文学に対して苦手感のある方でもすんなり聴けるはず。


とかげ日記が選ぶ2010年代ベストトラック(邦楽)30位→11位

【11位】羊文学「1999」
【12位】リーガルリリー「リッケンバッカー」
【13位】相対性理論「ミス・パラレルワールド」
【14位】フジファブリック「夜明けのBEAT」
【15位】不可思議/wonderboy「Pellicule」
【16位】NEW OLYMPIX「NO! feat.RYOFU KARMA」
【17位】andymori「1984」
【18位】MOROHA「革命」
【19位】くるり「glory days」
【20位】cero「大停電の夜に」

【21位】スピッツ「さらさら」
【22位】サカナクション「グッドバイ」
【23位】転校生「空中のダンス」
【24位】ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」
【25位】ゲスの極み乙女「ロマンスがありあまる」
【26位】amazarashi「カルマ」
【27位】毛皮のマリーズ「愛のテーマ」
【28位】銀杏BOYZ「ぽあだむ」
【29位】笹口騒音オーケストラ「TOMORROWLAND」
【30位】マカロニえんぴつ「ヤングアダルト」

10位から1位までも近いうちにやります!


ナイスカップル!
昨日も息子と楽しく遊んでいました🎶

さて、今日も動画紹介いってみよー!

★☆★☆★☆★☆★☆
①カリフォルニア出身のシンガーソングライターの一曲。雰囲気はナードっぽいのに、すごくオシャレ。

Ginger Root - "B4" (Official Video)


★☆★☆★☆★☆★☆
② ダニーバグというギターロックバンドを聴いた時、僕は一発で恋に落ちた。なんと素敵なメロディなのだろう、と。ゼロ年代までに失われたと思っていた魔法のメロディがそこにはあった。これほど歌心のあるバンドが2020年代に他にいるのだろうか?

歌と演奏だけでいったら、当代No.1バンドに並ぶといっても過言ではないと思う。ただ、ミックスが惜しいので、次作は考慮してほしい(何様)。当代No.1エンジニアが彼らの作品に関わったら、天下を獲ることも充分可能なはずだ。

ダニーバグ「退屈ハイウェイ」


★☆★☆★☆★☆★☆
③ ずとまよはそんなに好きではないけど、川谷絵音以降であり、米津玄師以降の音楽であるという川谷さんの解説に納得した。

ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』MV


★☆★☆★☆★☆★☆
④ 初期スーパーカーを歪ませてラフにしたような音楽でかっこE❣️ と思ったけど、ナンバーガール味の方が強いかも…。とにかく、ザ・オルタナティブロックといった感じ。

NITRODAY "レモンド" LIVE at 新代田FEVER (2020.01.12)


★☆★☆★☆★☆★☆
⑤よーよーさんは満たされない者の叫びみたいな歌が好きなんですよと言われ、言い得て妙だと思った。

だから、現在の宇多田ヒカル含め、ウェルメイドなポップスの大半は自分にとってフックがない。

でも、ポップスでも、SAFETY SHOESの音楽には叫びがある。渇望がある。

SAFETY SHOES「SOUL DRIVE 55」


★☆★☆★☆★☆★☆
⑥多幸感だけでは聴かないな。

毛皮のマリーズ『ティン・パン・アレイ』や小沢健二『LIFE』は、多幸感がありつつも言葉と音楽による主張があると思う。

チェコ・ノー・リパブリックは音楽に多幸感があふれているけど上記の二作のような主張はあるのかな?

小沢健二-ラブリー


★☆★☆★☆★☆★☆
⑦こんなに優しくて前向きな死別の歌はないと思うよね。

たった一かけらの勇気があれば
ほんとうのやさしさがあれば
あなたを思う本当の心があれば
僕はすべてを失えるんだ

くるり - ロックンロール


★☆★☆★☆★☆★☆
⑧ガールズボーイズ問わず、新進気鋭のパンクバンドで一番好きなガールズパンクバンド。

もし、あなたがポップでキャッチーで詞も良いパンクバンドを聴きたいのなら、東京初期衝動を聴いてみてね!

サブスク解禁して…

東京初期衝動 - BABY DON’T CRY (MV)


★☆★☆★☆★☆★☆
⑨スイートショップの「涙の水彩画」は名曲🖼

YouTubeを探してもソロバージョンしか見つからないけど、このバージョンでも名曲であることは充分伝わる。

「うた」を探している方はぜひ❣️

涙の水彩画 (solo ver.)


★☆★☆★☆★☆★☆
⑩ Apple Musicの「2010年代を象徴する楽曲たち」のプレイリストを聴いていたら、コールドプレイの"A Sky Full of Stars"が流れた。

まんまバンプの"Butterfly"じゃん!
"Butterfly"に元ネタ曲があったんだね。
どちらの曲も好きだけど、元ネタ探しって面白いね!

"A Sky Full of Stars"


"Butterfly"


★☆★☆★☆★☆★☆

いかがでしたか?
ではまた!


先日からツイッターでレスバトルをお二方と経験しました。


①お一人は、反レイシズムを標榜する方で、僕の好きなあるバンドをめぐってのレスバトルです。

ネット右翼にも問題があるけれども、攻撃的で極端なネット左翼にも同じくらい問題があるね。ねらーの人に「パヨク」と言われて疎まれている理由が、今回の件で分かった気がします。

もう、ああいう方たちに関わるのはやめよう…。右翼でも左翼でも、話を聞こうとする姿勢があれば問題ないのですが…。

どんな相手とも、対話をすれば分かり合えるというのは、幻想に過ぎなかった…。幻想なのは分かっていたけど、僕はそんな甘い幻想に頼ってきたのかな…。

最初から聞く耳を貸さない相手と対話するのは難易度高いよ…。


②もうお一人は、そのツイートはゲイへの差別ではないかと僕が問うたところ、俺は聖人君子ではないから差別でも構わないと言われました。

「あなたのツイートは差別的です。傷つく方もいるんですよ」なんて、本来ならリプしたくないよ。差別にうるさい人と思われるのは嫌だ。

でも、そのツイートをした彼は相互フォローの方だったから。自分に近い方だけでも自分の気持ちを分かってほしかったんだ。話は平行線だったけどね…。

TLを見ると、自分の意見はなかなか理解してもらえないと感じる。

人の価値観はそれぞれ。

でも、人類の歴史は差別を乗り越えてきた歴史でもあるんだよ。伝染しない病気なのに差別で隔離してきたハンセン病への偏見が今はないように。

ある方から「味方です」とDMが来てとても嬉しかった…!


BUMP OF CHICKEN「ray」

僕は統合失調症でXジェンダーだけど、生きるのは最高だと歌うこの歌にとても共感するんだよ。

人と人は違う。でも、理想の社会では誰もが生きるのは最高なはず。

◯×△どれかなんて 皆と比べてどうかなんて
確かめる間も無い程 生きるのは最高だ



僕も間違っているのかもしれない。

読者の皆さんが間違いだと感じたら、リプやコメントをいただいて、その間違いを正したい。

でも、自分の好きなバンドが不当に貶められたり、差別が大手を振ってまかり通ったりするのは耐えられない。

だけど、もうレスバトルはこりごり。疲れました。

怒りを持続させている人はすごいと思うよ。尊敬します。


👇あわせて読みたい👇
セカオワ「Dragon Night」と分断の溝を埋めるもの

ポリコレ(ポリティカルコレクトネス。差別・偏見を防ぐ目的で政治的・社会的に公正中立な言葉や表現を用いること)による分断を感じる度にセカオワのこの曲を思い出します。

きっと、僕の正義も誰かを傷つけている。