ザ・日刊NIE

ザ・日刊NIE

 1日の新聞から、どんな記事が授業もしくは教育に使えるかを、ムラコウの視点で読み解いていきます!! こうご期待!!

NEW !
テーマ:

■熊本日日新聞 2019年3月21日(木) 「くまにち・・・」

 

■今回のテーマは、「山菜の里を訪ねて」というテーマで、春だからでしょうか、山菜の特集です。

 

 何と、これも山菜かと思うものまであって、今度食べてみようと思ったことでした。

 例えば、これです。

・ベニバナボロギク  ・マツヨイグサ  ・カラスノエンドウ

・クザギ  ・サルトリイバラ

 

 いろいろと食べられるのですね。また、楽しみが増えました!!

NEW !
テーマ:

■朝日新聞 2019年3月20日(水) 「地域の・・・」

 

■地理学には、人文地理学と自然地理学がありますが、今回は前者の方です。「巡検」という言葉が出たのには、うれしくなったことでした。かって、社会科を研究していた頃(今は理科?)、長期休暇には、よく巡検という名の研修会が行われ、地域の探検というか、学習に出かけておりました。

 それが新聞記事に出ようととはびっくりです。お茶の水女子大周辺の地域の謎を研究する授業の紹介です。私も受けてみたいなーと思います。

 

■記事に曰く、「なぜ出版社が多いのか、なぜ坂があるのか、なぜそういう空間なのか。自然環境や人の生活との関わりを調べ、考えるのが地理学と言えます。」(江戸時代に川があり、そこで紙すきをしていたのだそうです)

「どのような自然環境でどのような食材がとれるのか、だけではない。陸運や舟運、保存技術といった人間活動も加わり、その土地の料理が生まれる。常々、ご当地グルメの背景を地理で説明したら面白いと思っていた。」

 

 いいこと、言われますね。社会科の魅力満載という感じで、久しぶりに社会科をもう1回担当したいと!、つくづく思った記事でした。


テーマ:

■熊本日日新聞 2019年3月19日(火) 「カヤ・・・」

 

■24日に恒例の火振り神事がなされるとのこと、私も阿蘇在住中にこの祭りを見学に行ったことがあるのですが、この材料がカヤだというのは、初めて知ったことでした。

 火振り神事は、「五穀豊穣を祈願する田作祭で、神々の結婚を祝う行事」だったのですね。

 

■在任中に、もっと地域のことを学習しておけばよかった、後悔先に立たずですね。

 

Ameba人気のブログ