港区の社会保険労務士 内海正人の成功人材活用術!!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-04-26 13:08:37

TSR情報

テーマ:
東京商工リサーチの情報誌に寄稿しております😃


2018-04-25 07:56:14

宮崎で

テーマ:
拙著が宮崎でも面置きとのこと^_^

友人が写真を送ってくれました!

2018-04-17 09:11:58

今日は出張

テーマ:
今日は会津若松へ出発です🚅

東京駅の駅中の書店で、私の新刊が平積みになっていました😊😄

嬉しい気分で出かけてます❗️
{07703DF8-1CF6-45BE-B323-ECBA71FC0515}

{557AD9D2-8897-44B4-9CD8-00B1D2961C7D}

{32B453C1-9649-4103-9B9A-662312EAC311}

2018-04-13 15:24:47

新刊「会社のやってはいけない! 」

テーマ:ブログ

 

本日、私の新刊「会社のやってはいけない! 」が発売になりました。

 

今まで、私のメルマガなどで取り上げた題材も多く含まれています。

 

久々の出版でしたが、今回用意した原稿の元は何と500頁を超えるもので、編集作業がとても大変でした。

 

特に出版社の編集長、編集担当の方が熱心に取り組んでいただけたので、満足の1冊となりました。

 

また、導入部分やイラストなどもこだわり(笑)の1冊となっています。

 

メルマガの読みやすさを残しつつ、事象によりグルーピングを行い、読まれる方が「おっ!これはウチの会社に関係あるな」「上司として知らなければいけないことなんだな」と言う内容を中心にまとめたものです。

 

320頁と言う内容ですが、気になる項目から読み進めていただければ、この書籍の価値が感じていただけると思います。

 

詳細はこちらです。

 

https://amzn.to/2v5BkyS

 

2017-11-24 13:52:27

紅葉

テーマ:ブログ
2017-09-06 13:56:24

yahooにも!

テーマ:

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170905-00000002-moneypost-bus_all

 

今週発売の週刊ポストにインタビュー記事が掲載されましたが、Yahoo newsにも取り上げられました。

 

定年後、再雇用の処遇の問題はこれからもっとクローズアップされていくでしょう。

人手不足、AI、今後の業務のあり方、インフラ、テクノロジーの発達で私たちの生活そのものが大きく変わろうとしています。

変わるもの、変わらないものの中で、譲れないものもあるでしょう。

自分の考え、外部の動きを見据えていかないと戸惑うことが多いです。

雑誌を手に取れないかたでもこの記事は読めますので、是非ご覧くださいね。

 

2017-09-04 12:22:54

週刊ポスト 

テーマ:


本日発売の週刊ポストにインタビュー記事が掲載されていました。

定年後再雇用についてです。!!

2017-09-01 06:51:28

せいび界

テーマ:
自動車整備のフリー雑誌、せいび界にも毎月、寄稿しています。

労務相談室を担当しています
{0906C0E4-4A9D-41CB-A650-8C5D74E3915C}

2017-03-10 17:42:06

キャリアアップ助成金 人材育成コース

テーマ:ブログ

キャリアアップ助成金 人材育成コース

 

〇 概要

 

有期契約労働者あるいは、派遣先事業主と派遣元事業主の紹介予定派遣の訓練に以下の項目の訓練を実施した場合に助成します。

 

・一般職業訓練(OFF-JT、専門実践教育訓練を活用したものを含む) または

・有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOFF-JT+OJTを組み合わせた3~6か月の職業訓練)

・中長期キャリア形成訓練(一定の資格、職業訓練、大学院などの1~3年の職業訓練)

を行った場合に助成します。

 

〇 支給額

 

中小企業か、大企業かによって支給額や支給率が違います。

 

一般職業訓練、有期実習型訓練について

 

中小企業:

OFF-JT(賃金助成)

  1 1 時間あたり800 円( 1訓練コース1人1,200時間分を上限)

OFF-JT(経費助成)

  1 人当たり次の額(実費が次の額を下回る場合は実費を限度)

  100 時間未満 15万円

  100 時間以上200 時間未満 30 万円

  200 時間以上 50 万円

OJT(実施助成)

  1 1 時間あたり800円(1訓練コース1人680時間分を上限)

 

大企業:

OFF-JT(賃金助成)

  1 1 時間あたり500 円( 1訓練コース1人1,200時間分を上限)

OFF-JT(経費助成)

  1 人当たり次の額(実費が次の額を下回る場合は実費を限度)

  100 時間未満 10 万円

  100 時間以上200 時間未満 20 万円

  200 時間以上 30 万円

OJT(実施助成)

  1 1 時間あたり700 円(1訓練コース1人680時間分を上限)

 

専門実践教育訓練について

 

中小企業:

OFF-JT(賃金助成)

  1 1 時間あたり800 円( 1訓練コース1人1,200時間分を上限)

OFF-JT(経費助成)

  1 人当たり次の額(実費が次の額を下回る場合は実費を限度)

  100 時間未満 15 万円

  100 時間以上200 時間未満 30 万円

  200 時間以上 50 万円

 

大企業:

OFF-JT(賃金助成)

  1 1 時間あたり500 円( 1訓練コース1人1,200時間分を上限)

OFF-JT(経費助成)

  1 人当たり次の額(実費が次の額を下回る場合は実費を限度)

  100 時間未満 10 万円

  100 時間以上200 時間未満 20万円

  200 時間以上 30万円

 

育休助成:OFF-JTの経費助成のみ育児休業中の有期契約労働者等に訓練を実施する事業主に、訓練に要した経費の一部を助成します。

 

≪助成金対象事業主≫

・育児休業中の有期契約労働者等に訓練を実施する事業主

 

≪支給額≫

・OFF-JT(経費助成)

 訓練時間数に応じた1人当たり次の額(実費が次の額を下回る場合は実費を限度)

 

訓練時間数が100 時間未満 10 万円( 大企業7 万円)

訓練時間数が100 時間以上200 時間未満 20 万円(大企業15 万円)

訓練時間数が200 時間以上 30 万円(大企業20 万円)

 

〇 受給ポイント

 

対象となる訓練は、以下の①または②または③のいずれかを満たす訓練です。

① 一般職業訓練 ② 有期実習型訓練 ③ 専門実践教育訓練

※ 趣味・教養と区別のつかない訓練などは対象外です。

※ 受講する対象労働者数に制限はありません。

※「事業外訓練」とは事業主以外の者が企画し主催するものです。

※「事業内訓練」とは事業主が企画し主催するものです。

2017-03-09 15:33:27

キャリアアップ助成金 処遇改善コース 健康診断制度

テーマ:ブログ

キャリアアップ助成金 処遇改善コース 健康診断制度

 

この助成金は有期契約労働者等に対して法定外の健康診断制度を新たに規定し、実施した事業主に対して助成するものであり、健康管理体制の強化を通じた有期契約労働者等のキャリアアップを目的としています。

 

〇概要

 

有期契約労働者等を対象とする「法定外の健康診断制度」を規定し、延べ4人以上実施した場合に助成します。

 

 

〇支給額

 

中小企業か、大企業かによって支給額や支給率が違います。

 

1事業所あたり 40万円(30万円)<1事業所あたり1回のみ>(大企業)

 

〇受給ポイント

 

対象となる労働者

 支給対象事業主に雇用されている有期契約労働者等であること。なお、雇入時健康診断または定期健康診断の対象となる労働者は、次のいずれにも該当する者以外のものであること。

 

・期間の定めのない労働契約により使用される者(期間の定めのある労働契約により使用される者であって、当該契約期間が1年(短時間労働者の場合は6月)以上である者ならびに契約更新により1年以上使用されることが予定されている者および1年以上引き続き使用されている者を含みます。)

・その者の1週間の労働時間数が当該事業場において同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数の3/4以上の者

 

支給対象事業主は次のいずれにも該当する事業主であること。

・有期契約労働者等を雇用する事業主であること。

・対象労働者を対象とする健康管理コースを労働協約または就業規則に規定している事業主であること。

・既に、他の奨励金等において、同一の事由による支給を受けていない事業主であること。

雇用する有期契約労働者等延べ4人以上に適用している事業主であること。

・支給申請日において当該コースを継続して運用している事業主であること。

・雇入時健康診断および定期健康診断については、費用の全額を負担している事業主であること。

・人間ドックについては、費用の半額以上を負担している事業主であること。

・当該コースが適用されるための合理的な条件および事業主の費用負担が労働協約または就業規則に明示されていること。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス