英語の「言の葉」を感じて。~英語学習者と教育者へ、ハイレベルな英語を~

アメリカは南カリフォルニアより
質の高い英語に関するComprehensive なサービスを、
英語学習者と教育者へ提供中。


  • 11Dec
    • 【米国で子育て】MistletoeとChristmas Parage。

      【米国で子育て】MistletoeとChristmas Parage。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。今月に入ってすぐ、Cub Scoutsの仲間達と家から1時間半ほど内陸部にある山へ行きました。 早朝ならではの清々しい空気の中、Ranger Stationで特別な許可証をもらい、行ったのは…Mistletoe集め、です。クリスマスの象徴でもあるMistletoeを集めて可愛らしくパッケージングして近所のパレードで売って寄付金集めとするのが年間行事。Mistletoeは「宿り木」と名付けられているように樹木に寄生し、樹木から水分と養分を吸収することで生長します。一応、樹木を枯らすことはないそうですがパラサイトであることには変わらないのでCub Scouts的には「樹木を守る!」みたいな意識のようです。笑 樹木から切り落とし、小分けにしていきます。結構力も必要となるので、みんな必死。最後にみんなで写真を撮って終わり。私はスキージャケットを着てまでの参加。寒かった~。けど、子どもは元気なものです。 半袖の子もいますからね。笑そして翌日、また早朝から集まって集めたMistletoeをラッピングします。こちらは主人が子ども達を連れていってくれたので私は家の大掃除に励むことができました。そしてそして週末には待ちに待ったクリスマスパレードです。パレード開始1時間半前から集まってMistletoeを売っていきます。買ってくれる人達は、Mistletoe自体が欲しいというよりも地元のCub Scoutsを応援してくれる気持ちでいてくれます。子ども達にとっては「Get up and sell」という貴重な経験ができるのでまたこれも良い機会。 売上に関してはパレードの日には至るカフェやレストランでパーティーが開かれているのでそういったところのDrunk peopleにお願いすれば一発です。笑そういうところに一人はいる「お節介おばさんタイプのリーダー」が「You gotta buy this for Cub Scounts! Support our Cubs!」と声を張り上げて、代わりに売ってくれたりします。笑一か所のパーティー会場ではひとつ$3のMistletoeですが、$300分も売りました。すごいなぁ~笑まぁ、こういうことも起きる街ですからね。苦笑パレード開始時間になったので待機。みんなで作ったFloatで記念撮影もしてパレード開始です。私は、今年パレード中に、トラックの前を歩く子ども達を見ながらCandy Caneを配らせる係りだったのであまりにもバタバタしてしまい、写真が一枚もありません。配っている様子は昨年の写真を見ていただければ良いかな。  寒い中の待ち時間も長いので終わる頃にはクタクタ。でも、帰宅途中でもすれ違う人達に「パレードに出たのー?」と聞いてもらえて子ども達も嬉しそうでしたしやっぱりSmall Communityは良いな、と感じました。今、四年生の長男は来年からはBoy Scoutsにも参加するようになります。その分、一人で行わないといけないことも増えるのだけどもうCub Scouts/Boy Scoutsは良いかなぁ~というのが彼の想い。親としては続けて欲しい気持ちもありますがまぁ、彼が決めれば良いですね。ただ、こういったTransitionをどう経験させるのか(辞める理由をきちんと説明しろ、というのか代わりに励むものを選べ、というのか等)親として、今から考えておこう。。。とだけ思いました。そうそう、2019年初春から発信力を付けたい親子対象に、新サービスの提供が始まりそうです。私個人として、ではないのですが色々と決まり、情報解禁となったらブログでもお伝えしていきますね。子どもの感性や考え、可能性って本当に面白い!月並みな言葉ですが、本当に人間として育てていただいています。Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      17
      テーマ:
  • 08Dec
    • 【お知らせ】販売中のウェブ書籍に関して。

      【お知らせ】販売中のウェブ書籍に関して。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。私が個人的に販売していますウェブ書籍。「The Complete Guide to English Writing:総合的な英語力アップへの近道」「The Advanced Guide to English Writing:英語ライティングの応用編」「Think, Read, and Write CRITICALLY」現在、販売を委託していたサイトさんのご都合でご注文をお受けできない状態になっておりますが販売サイトさんが閉じられている最中でも私の方まで直接ご連絡をいただけましたらご購入方法をお伝えさせていただいていますので興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。せっかくですので、再度各ウェブ書籍のご紹介をさせていただきますね。  「The Complete Guide to English Writing:総合的な英語力アップへの近道」1620円(税込み) こちらのウェブ書籍では「賢い英語ネイティブなら必ずおこなっているライティング法」を非常に簡単にご紹介しています。「ライティングをおこなう順序」ごとに章分けがされているうえにほぼ全ての章に練習問題とその解答を設けているので、本書を読みながら実際に英語ライティングの練習をおこなえます。本書に書いてある情報を理解し、練習を重ねることで賢い英語ネイティブのように「レベルの高い英文を書いていく」ことが出来るようになります。対象読者は初心者~上級者。中学生にも分かる説明で、米国大学院進学を控えた人でさえも知っておくべき内容をご紹介しています。こちらのウェブ書籍で実際にライティング練習をされた方は皆さん、口を揃えて「自分でここまで出来るんですね!」と驚かれます。【今までにいただいたご感想の一部】【英語を教える】「こういう教材は今までありませんでしたね!」【英語勉強中】自分自身でのブラッシュアップの限界…が解決されました!◆そもそもなぜライティングが大事なの?◆なぜ、このウェブ書籍から始めるのが良いのか?◆このウェブ書籍でもご紹介している「ライティングで大事なこと」◆このウェブ書籍でもご紹介している「自分の主張の正しい方法」◆このウェブ書籍でもご紹介している「今の英語力をレベルアップする方法」◆このウェブ書籍でもご紹介している「世界目線の重要性」そして、「The Advanced Guide to English Writing:英語ライティングの応用編」1620円(税込み) 「The Complete Guide to English Writing」で培った基礎的なライティング力を更にレベルアップする為の教材です。1) Term Paper、2) Research Paper、3) Essay Exam、4) Business Writing と分け、各分野で重要視されているポイントを紹介しています。こちらでも各章に練習問題とその解答を設けているので、本書を読みながら実際に英語ライティングの練習をおこなえます。また、後半部分では実際に英語ライティングを書いていく手順を、ライティングの種類別に紹介しています。Emailを書く時、ビジネスレターを書く時、英語日記を書く時、学校用英作文を書く時を含む12種のライティングをする時に、どんなことに気を付けながら書いていけば良いのかが分かるようになっていますし、ライティングをスピーキングに応用する方法も紹介しています。対象読者は中級者~上級者。中学生にも分かる説明で、米国大学院進学を控えた人でさえも知っておくべき内容をご紹介しています。英語を教えているのであれば必須知識です。【今までにいただいたご感想の一部】【英語勉強中】英語ネイティブ、実はとっても気を使っています。【英語勉強中】焦るのは、その大切さを知っているから。◆このウェブ書籍でもご紹介している「ビジネスライティングのポイント」そして、「Think, Read, and Write CRITICALLY」3240円(税込み)Critical Thinking(批判的思考)とは主要英語圏を始めとする教育先進国で推進されている思考法のことです。日本でも多くの教育者がCritical Thinkingの重要性を説き、義務教育のカリキュラムに導入しようとしていますが、日本人に馴染みのないCritical Thinkingは教育者にさえ受け入れられていないことがあります。個々の能力に重きが置かれる国際社会で、英語力と同じくらい必要とされ始めているCritical Thinking Skills。これを機に、(1) Critical Thinkingとは何か、(2) 生徒やお子様のCritical Thinking Skillsを伸ばすには何をするべきか、(3) Critical Reading や Critical Writing とは何か、(4) 生徒やお子様のCritical Reading や Critical Writing を伸ばすには何をすべきか、を確認しておいてはどうでしょうか?◆【グローバル意識】グローバル社会で英語と同じくらい大切なもの。◆情報のやりとりは誰でも出来るけど…。◆【米国で子育て】算数の教え方も、全ては「思考力」を養うため。私は、自分のStatusアップのための出版やビジネス加速のための出版には興味がありません。偽善とかでなく、単に、普通に興味がないのです。逆に、少人数対象であっても本当に必要としている人に私の知っていることを届けてその人達の可能性を発揮していって頂くことには興味津々。良かったら、これらの本を手に取られた後の皆さんの英語Storyについて、教えてくださいね。(*^^*)では、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。Happy Learning & Happy Teaching!◆ご縁が重なり、商業出版していただいたこちらも良かったらどうぞ。◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      15
      テーマ:
  • 06Dec
    • 【英語勉強中】ビジネス書を読んでいても、グローバル意識が育っていない件。

      【英語勉強中】ビジネス書を読んでいても、グローバル意識が育っていない件。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。先日、English Teachers Association of Japanにて小林真美先生によるお話会が開催されました。バブル時代の外資系企業での就労経験やここ最近の、ご主人の海外赴任で訪れた韓国でのお話。そして、その2つの経験があるからこそ気付かれた「時代の変化と共に変わってしまった世界の、日本に対する意識」のお話なんかもお聞きして「わ、日本、頑張らないと!」という想いが生まれました。更に、エリートなビジネスパーソンでもグローバルな企業で躓きがちなポイントというのもお聞きして雇用者としては(バイトを抜かして)アメリカの会社でしか働いたことがない私としては「えっ、日本の方は“ソレ”をしないの?!」と驚いたりもしました。うん、私としては日本人目線のお話が大変興味深いです。(*^^*)ひとつの例として、真美先生がお話されていたのが「グローバル企業に、例えば管理職として入っても日本の方はまずは周囲と馴染もう、仲良くなろうと思って静かに様子を窺ったりすることが多いようですがそれだと外国の方には理解してもらえません。 ですから『自分から発信しないといけない』『自分から行動しないといけない』ということを、生徒さんには常に伝えています。」ということ。実は、これも、私は驚きました。私は、今までのほとんどの期間個人事業主として活動しているので雇用期間というのは長くないのですがそれでも、真美先生が言う「こうすべき」というのは誰に教わるわけでもなく、身についていたからです。例えば。。。私は大学院卒業後、ロサンゼルスにある小さな英語学校の秘書として働いたことがあるのですがお仕事初日におこなったことは「生徒さんに、各先生の評価をしてもらうためにアンケート調査を開始した」ということです。先生方を知るにはそれが一番早いと思ったことと小さな学校だったので、秘書としての仕事だけでなく経理に関する仕事に関しても責任を担っていましたから顧客満足度を軸とした先生の有能さを把握しておきたかったのです。その学校の先生からしたらいきなり入ってきた小娘がなんやかんやとするのは不愉快だったのではないかと思います。でも、That's not my business。 私は、私の仕事をするために雇われているわけだし私のやり方が気に入らないのであればそれは、各先生が自分の中で折り合いをつけるか直接、私か私の上司に不満を伝え改善案を出すべきなのです。 ただ、それだけ。ですから、例え仕事の初日だろうと、二日目だろうと、三日目だろうと「こうしてみよう」と思って、上司からの許可を得たらただ、それを遂行するだけなのです。仲良くなってから、とか関係ありません。もちろん職場での人間関係を良好にするのは大事ですがいきなりこういう行動をとる、ということに付随するのは何もネガティブなことだけでなく当然ポジティブな点もあります。実際、私がこういう行動を起こしたから「ただのお飾り秘書じゃないんだな」と認識してもらえて上司や先生方からの信頼を得ることができましたし私の真剣度も理解してもらえましたし先生方も、自分の仕事に対して、意識を高く持つようになりました。(最後のポイントは、後に上司から聞いたことです。)管理職ということはそれだけのお給料をいただくわけでそれだけのお給料をいただくということはそれだけ、企業に対する影響力を持っているということで企業に対する影響力を持っている役職に在るのなら企業に影響を及ぼしていかなくてはいけないのです。そのやり方がなんであれ。ですから、そこで「まずは仲良くなってから」だとか「周囲が教えてくれるだろう」だとか考えてユックリしていたらその間に、周囲からの「あの人はなんのために来たの?」という疑問はどんどん大きく育ってしまい、結果、それが疑心に繋がってしまうこともあり得るのです。そこで、ふと思い出したのがこちらの本。著者の原田氏は7年連続マイナスを記録していた既存店売上高を就任後は7年連続でプラスにした方です。2004年にアップル・ジャパンの経営からヘッドハントされマクドナルドに移籍した原田氏が初日におこなったのは「いまから新しいバスが出発する。新しいバスのチケットを買いたい人は買え。買いたくない人はバスに乗らなくてかまわない」というスピーチだったそうです。企業改革を始めるが、それに異論があるのならそれについてこれないと思うのなら今、ここで辞めてもらっても構わない、ということですね。そう、原田氏も「自分のスタンス」を表明しているわけです。彼の場合は、分かりやすい「スピーチ」を通して。グローバル企業では、これは珍しいケースではありません。グローバル企業務めの方が書かれているお手持ちのビジネス書を再読してみてください。その人なりの方法で「自分のスタンスの表明」をされていませんか?原田氏がスピーチで私が顧客アンケートでおこなったように。そんな感じでグローバル企業務めの方が書かれているビジネス書には英語運用時のヒントになるようなことが沢山書かれています。ただ、分かりやすく「ここは押さえておきましょうね」なんて解説はないのでほとんどの人が読み取れていないのでしょうね。つまりは、読んだつもりになっていてもそれは経験知とはならず数カ月もしたら、きっと忘れてしまう程度のもの。つまりは、本当の意味では、きっと読めていないのでしょうね。本屋さんにも、ネット上にも溢れるほど存在する沢山の情報。それにも関わらず本当に必要となるような情報が手に入れられないのは目の前にある情報こそが自分が経験知としていくべきことだと気付いていない読み手の責任なのかもしれません。英語勉強中の方、英語の先生方はグローバル企業務めの方が書いたビジネス書なんかも再読し、「グローバル企業で」「英語運用時に」何が求められているのか?ということを、確認してみてください。ただ闇雲に英語を学ぼうとしたり、英語を教えようとしたりするよりも実践に繋がる学びが、きっとそこにはあると思いますから。 Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      14
      テーマ:
  • 30Nov
    • 【英語を教える】資格のための英語も、美しさを味わうための英語も。

      【英語を教える】資格のための英語も、美しさを味わうための英語も。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。日本で英語を教えている、学んでいると言うとダントツに多いのが「TOEICに絡んだ英語教育・学習」。TOEICに関しては賛否両論ありますが私はこういうスタンスですし採点者トレーニングも受けたことがあるのでTOEICがいかに考えられて作られているかを知っています。TOEICに限らず、英語技能試験対策はやはり基礎力を養うには最適な勉強法ですし「合格」だとか「スコアアップ」という目標を掲げやすいのも良い点なのではないかな、と思います。ただ、英語技能試験で出会う英語や英語技能試験対策での英語への接し方だけが全てではありません。英語技能試験で出会う英語とだけ接していると「英語はコミュニケーションの道具」だという勘違いが起きます。【英語を教える】英語は「コミュニケーションの道具」ではありません。 英語は道具ではありません。英語は、英語圏の文化であり、歴史であり、芸術であり英語圏の人々の思考を表面化したものです。でも、英語技能試験で出会う英語だけとしかお付き合いがないと「英語は道具ではない」という意味が、理解し難いのです。逆にいうと英語という言語の美しさに触れたことのある人は「英語はコミュニケーションの道具」だなんて発想は、絶対に出てこないのです。 私も日々お世話になっている米国ワシントン州在住の新田ゆかり先生はTOEICの点数を伸ばしたい、というタイミングで私の音読コースやライティング基礎コースを通して英語の美しさにたっぷりと触れてくださいました。そして今、こんな心境になったようです。素敵! 素敵! すっごく嬉しいです♡こちらで「このような感動を味わうために英語を身に付けてきたのかもしれないです。」と、英語表現の美しさに感銘を受けられていますが英語技能試験で出会う英語の大切さも理解しながらこうして、ゆかり先生のように英語の美しさを愛でることが出来る指導者は日本だけでなく、世界中の英語教育界を見ても稀ですしこういった指導者から英語を学べる生徒さんは本当に本当に幸せだと思います。指導者が「英語という対象物」に対して持つ想いは素粒子(気)となって、確実に、生徒さんとの共有の場にポジティブな作用をもたらしますから。もちろん、個々異なる理由で英語と向き合っているわけですから英語技能試験で出会う英語だけが必要なのであればそれだけと仲良くやっていく、というのも良い選択肢だとは思います。でも、英語を教える立場にあり今より一歩レベルアップをしたいな、と考えているのであれば単に、資格取得に躍起になるのではなくこうして、英語の美しさを体感できるようにすることを目標とするのも、すごく、すごくお薦めです。そしてゆかり先生が卒業宣言をしてくださったTOEIC満点を目指すグループですがなんとタイムリーに年内いっぱいの活動で終了、と決めたところでした。こちらのグループを設立したことでTOEIC満点や高得点を目指すのであれば日本の英語学習者さんが一般的にお持ちの「英語に対しての意識」を大きく変える必要がある、ということなんかが明確になりました。詳しくは年明けに、ETAJの方でシェアさせていただこうと思います。(興味のある方は、今のうちにETAJにご参加くださいね!)ゆかり先生をはじめ、TOEIC満点を目指すグループにご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。こちらのグループに参加されている方は皆さん、ETAJ会員さんなので(このグループはETAJ会員のみが参加可能でした)引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。ETAJの方でも色んな実験?や検証?を兼ねてまた面白いグループを発足したり、色んな新しいことに挑戦していきたいと思います。ゆかり先生、改めてTOEIC自己ベスト更新、おめでとうございます!これからも「英語の美しさ」を一緒に堪能していけることを楽しみにしていますね!皆さまも、良かったらご一緒に。(*^^*) Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      28
      テーマ:
  • 28Nov
    • 【英語を教える・米国で子育て】授業にテクノロジー導入?家庭でのScreen Timeは?

      【英語を教える・米国で子育て】授業にテクノロジー導入?家庭でのScreen Timeは?おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。 少し前のことになりますがEnglish Teachers Association of JapanにてTechnology in ESL/EFL Classroomというタイトルで英語の先生向けのセミナーをさせていただきました。授業へのテクノロジー導入に関しては後進国の日本。アメリカの教育現場の様子もお伝えしながら指導者として何を基準にテクノロジーを導入していけば良いのか?というお話をさせていただきました。というのもテクノロジーだったら何でもOKというわけではなく授業導入に際し、指導者が知っておくべく「判断基準にすべきポイント」というものがあるのです。それはテクノロジー以外のもので補えるのか?特定のテクノロジーを使うことでどれだけのメリットがあるのか?などなど、ありますよね。 こういったことを体系立ててくださった教育博士がいましてその方のModelをご紹介しました。あと、無料で使える有料アプリやサイトのご紹介もしました。そろそろApple帝国やMicrosoft帝国も終わりに近づいているのかな?という兆しが見え始めていますから。この勉強会にご参加できなかったETAJ会員さんは報告レポートをご覧くださいね。(*^^*) 最近、日本ではコンピューターを持たないご家庭も増えていると聞きましたがそれに反し、アメリカの、私の子ども達が通う学校では小学校2年生から自分のコンピューターを毎日持って登校します。(学校で借りることも可能です。)今年2年生の次男は既にブラインドタッチの練習中。毎日の読書や算数の宿題と同じようにブラインドタッチの練習も課されています。ただ、この日本の状況が悪いことではなく例えば「掃除スキル」に関してはこの二国間で真逆のことが起きています。 日本では学校で生徒が当たり前に掃除をしますから最低限の掃除スキルというものを持っているわけです。 でもアメリカでは学校で生徒は掃除をしませんからご家庭で教えていない限り仕事をする時に初めて「掃除の仕方」を学ぶのです。前者は、雇用主がコンピューターの使い方を教えないといけないのですが後者は、雇用主が掃除の仕方を教えないといけないのです。どの国も、それぞれの習慣や文化がありますからそれ故の問題点は、当然出てきてしまいますよね。。。ただ、私はグローバルなシーンで活躍する方を後押しする指導者として日本の若い世代のコンピューター離れに対しては不安を覚えますしコンピュータースキルに関しては最低限の知識や実践スキルは絶対にあった方が良いと考えています。(ちなみに、子ども達の算数の宿題も半分以上がオンライン上のアプリを使っておこないます。成績管理等が便利という利点もありますがそれだけでなく、子ども達が受けることになる試験等は今ではほぼ全てがコンピューター上で受けることになりますからそういった試験形式に慣れるため、という意図もあるようです。)それから、勉強会では「子どものSNSデビューをグローバル教育的にサポートするグループ」の活動内容のご紹介もしたので子ども達のScreen Timeのお話にもなりました。 我が家の場合、YouTube視聴やゲームプレイに関しては私と主人で色んな案を出し合い、考えながら家族のルールを決めています。 これは、つい最近決めたことなのですが今の我が家のルールはこんな感じです。 ① 親が認めたゲームなら、比較的緩いルールで行うことが可能(もちろん、宿題や部屋の掃除をしてから、というような最低限のルールは守ったうえで、です。)② 親が認めていないゲームなら(学びに結び付きにくいと判断したものなら)そのゲームの性質について子どもに説明をして時間制限を設けたうえで、そのゲームを行うことが可能③ アニメや映画を観たいのなら時間制限を設けたうえで視聴可能④ YouTubeを観たいのなら20分だけ視聴可能また、「観たいもの」を予め決めてから見始めることが絶対条件まず、根底に自分で戦略を考えたりすることによって思考力が鍛えられたりHand-Eye Cordinationが鍛えられたりする可能性のあるゲームは単にアニメやテレビを「受け身の状態で」観るよりも意味があると考えています。(皆さんは同意する必要ありませんよ~。あくまで私と主人の考えですので。(*^^*))ですから、そういったゲームの場合は「これは、こういうことが鍛えられるね」と子どもにも理解させたうえでプレイしても良いよ、とします。逆に、親としてプレイしてほしくないゲームの場合もその理由を伝えます。子どもが納得しない場合でも断固としておこなわせないゲームもあります。(フォートナイトとか)アニメやテレビに関しては子ども達はそういった作品は、必ずメッセージ性を含んでいると知っていますから「今日観たストーリーにはどんなメッセージがあった?」ということを確認するようにしています。そしてYouTubeですが一番避けたいのは「ダラダラと継続して番組を見続ける」という状態。アルゴリズムで「お薦め」として出される動画をサムネイル画像やタイトルが面白そうだからという理由だけで選び、観ていくというのは、脳の機能を停止させますしそういった状態を習慣化させるのは非常に危険なのではないかと考えています。タイトルと全然関係のない酷い内容のものもあったりします。 知らぬ間に、視聴動画によってトラウマ状態に陥るお子さんもいるそうです。ですから、YouTube視聴に関しては厳しくルールを決めています。 ただ、だからといってYouTubeがダメなわけではないしテクノロジーがダメなわけではありません。ただ、確実に親がEducate themselvesをしなくてはいけない時代。 私としてはお子さんに英語を教えている先生方には特にテクノロジーを上手に授業に導入していってほしいと思いますがそれには、親御さんの理解と協力が必要なのも事実。親御さんの理解と協力を仰ぐためにもまずは、どんなテクノロジーがあるのか? なぜそれが必要なのか?そういったことを、指導者自身がシッカリと説明できるようにしておくことが必要なのではないかな、と思います。 この勉強会の内容はETAJ会員さんは報告レポートでご覧いただけます。また、個人的にこの勉強会の内容を知りたい方は単発個別セミナーとしてご受講いただくことが可能です。  Happy Learning & Happy Teaching!こちらも併せてご覧ください。◆東京都教育委員会とLine:「SNSに関する情報モラル教育プロジェクト」◆【米国で子育て】子どもがYouTuberになりたいと言ったらどうしますか?◆【米国で子育て】オンラインゲームとの付き合い方。◆【デジタル世代の子育て】今まで以上に家族の関係が重要になってくる時代。◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      10
      テーマ:
  • 26Nov
    • 【TOEIC:プライオリティーサポート】英語の技能試験における特別措置。

      【TOEIC:プライオリティーサポート】英語の技能試験における特別措置。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。先日、ご紹介した金沢の前川未知雄先生からTOEICプライオリティーサポートについて教えていただきました。「障がいまたは健康上の理由により個別の配慮が必要な方は、プライオリティサポートのご依頼をいただくことで、ご希望に沿った受験環境を可能な範囲でご用意いたします。お申し込みの前に当ページをご確認ください。ご不明な点がございましたら、申込期間にかかわらずできるだけお早めに、プライオリティサポート係までお問い合わせください。」(公式ウェブサイトより)医師の診断書を始めとする様々な公式文書を提出する必要があるそうですが、特別処置を依頼するわけですから、そこは当然ですよね。むしろ、こういった権利を乱用されないためにも運営側は厳しく受験者の「本当の必要性」を見極めていって頂きたいものです。日本ではどうか分かりませんがアメリカでは、普通級にいる発達障がい児に対してでもこうした特別処置がとられることがあります。というのも、「普通級にいるから大丈夫」というわけではなく例え普通級に参加できていたとしても周囲には分からない「学びづらさ」というのは、あるものです。(もちろん、ない場合もあるかもしれませんが。)学校というシーンでなくそれが「一般社会」「一般生活」となっても同じ。一見、「障がいがある」と分からなくても「生きづらさ」「学びづらさ」を抱えている人達はたくさんいますから。そんな「生きづらさ」や「学びづらさ」が今後、自分の可能性を開いていくはずの英語技能試験を受けることによって倍増してしまうなんて悲しいこと。英語技能試験の目的は受験者の英語力の明確化ですから正当に「英語力自身」を測るためにも生まれ持った脳のシステムによって引き起こされる「当人の自覚意識ではどうにもできないこと」に左右される点数ではなくきちんと、その人が学び身に着けてきた「英語力」が測れると良いですよね。例えばADHDの生徒だったらテスト中、他のことに気を取られないようにするために15分毎に肩を叩いて「リマインド」をしてもらう、だとか自閉症スペクトラムの生徒だったら一つの情報に固執してしまうことで読解力や判断力が鈍ってしまうことを想定し、それによって失ってしまう時間を考慮しエキストラの時間をもらう、だとか。当然、人によってどんなサポートが必要か?は異なりますが。。。実は、常々、ディスレクシアにしろADHDにしろ発達障がいがある人も留学が出来ると良いのに。。。と思っていたんです。発達障がいを始めとするSpecial Needsを持った人が必要とする理解や支援が他先進国より数十年ほど遅れていると言われている日本よりも、外に出てしまった方が「可能性が広がるのではないか」という想いがあるのでこれは、本当にすごく有難い情報でした。  未知雄先生、お忙しい中、貴重な情報をありがとうございます!発達障がいの方に英語を教えている先生方も多数いらっしゃいますので私なりに、この情報を伝えていきたいと思います。 Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      13
      テーマ:
  • 25Nov
    • 【英語を教える】英語学習の成功度は○○○に比例することを知る。

      【英語を教える】英語学習の成功度は○○○に比例することを知る。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。昨日、米国は感謝祭でした。我が家は今年も義両親宅へ。大きなテーブルに所狭しとご馳走が並びます。ちなみにこれはあくまで一部。一日中食べて、話して、の繰り返しでした。英語を教えていらっしゃる先生方ならご存知でしょうが英語学習の成功度は「学習に費やしたエネルギー量」に比例します。年数ではありません。英語学習にかけた費用でもありません。どれだけエネルギーを注いだか?つまり、どれだけ能動的に学習に向き合ったか?です。というのもエネルギーは、無から有へと生まれるのではなく一点から一点へと移動するだけだからです。ですからお仕事で両手がふさがっているとそれ以外の、例えば趣味だとか家族だとかと費やすエネルギーが持てなくなりますし何か一つのものを失ったように見えてもそれに対等なエネルギー量は別の形で必ず補わられているのです。私の音読コースでは音読原稿の難易度が高くもあるのでその理解を始めとする音読準備にも相当な時間がかかるわけですが多くのエネルギーを(時に、時間をかけてまで)費やすことでそのエネルギーに相応する「対価」は必ず得られているのです。私は生徒さんと小まめにメールのやり取りをしますがこういった事情があるからこそ生徒さんのメールでの発言を見ると英語学習に、どれだけのエネルギーを費やしてくれているのかが明確に把握できたりもします。 表現は違うかもしれませんがこの「学習に費やすエネルギーと学習成功度は比例している論」を大事にされ、それを踏まえた指導をされ生徒さんを目標達成に導いていらっしゃる先生がこちらです。 前川未知雄先生は今夏おこなったETAJ Convention 2018でも生徒さんのやる気と、生徒さんへの対応について発表をしてくださいました。本当に素晴らしい志と熱意をお持ちの先生なのですが最後の言葉に、また感動しました。「また、最後になりましたが、今回は様々な方々のお力添えを頂きました。レッスンにあたっては、分野の日本における第一人者の方々から数々のアドバイスを頂き、当校に多大なるお力を貸して頂きました。また、当校の所属先である Enlgish Teachers Association of Japan においても、数多くの先生方へご相談させて頂きました。最終的には、ご助言を基に、TOEIC運営団体と交渉し合理的配慮を受けたことが目標達成の決め手となりました。当校だけでは、達成できませんでした。周囲の全ての皆様に感謝します。私に欠けている部分は頭を下げて人から学び、今後も地道に努力して少しでも良い教師になりたいと思います。」完璧な英語講師なんていません。一言で「英語を教えている」といってもどんな生徒に、どんな目標を見据えて、どんな英語を教えるかでアプローチも使用すべきメソッドも大きく異なります。また、経験のある先生が経験の少ない先生から学べることもありますし当然、その逆もあります。時には、英語講師でない方とお話をさせていただくことで学べることだってあります。 これは、きっと「英語を教える」という分野以外にも共通することですよね。でもだから素晴らしい英語講師というのは「何でも出来る人」ではなくて「常に、学ぶべきことがあると知っている人」なのだと思います。未知雄先生のように。English Teachers Association of Japanを通して未知雄先生のような素晴らしい先生方と繋がることが出来、本当に有難い限りです。。。。!改めて、いつもありがとうございます。 Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      6
      1
      テーマ:
  • 23Nov
    • 「なんでこれを勉強しなきゃいけないの?」と思ったことがある人へ。

      「なんでこれを勉強しなきゃいけないの?」と思ったことがある人へ。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。アメリカは11月第四木曜日の今日、感謝祭です。最近、全然ブログを書けていなくてでも書きたいことは沢山あるのですが今朝、目が覚めた時に「あ、このことについて書こう」と思ったことがあるのでこうして書き留めています。詳細は省きますが実は今、ETAJ会員の方が大学院受験をされています。 言語学を学ぶため、です。もちろん、私の言語学基礎講座を使って言語学を学んでくださっている方達もいらっしゃいます。 「なんで英語を教えるために言語学が必要なの?」と、思われる方も多いようなのですが言語学を少しでも学ぶと皆さん、口を揃えて「言語学を学ばずに英語を教えるだなんて、出来ないと思いました」ということをお話されます。もちろん、万人が同じ考え方をする必要はないので英語教育に言語学の知識が必要ないと思う方がいるのならそれはそれで良いと思います。でも、言語学を学んだ私からするとそういうのって、小中高生が「なんで微分積分を学ばないといけないのか分からない」だとか「日本に住んでいるのに英語なんて必要ないじゃん」だとかそう言っているのと、同じだなぁと感じるわけです。小中高生を始め、学ぶことが義務付けられているものというのはそういったことを既に学んだ人が「これは役立つから、学ぶべきだ」と判断したことを基に逆算して、それぞれの年齢の発達知能レベルに合わせて振り分けているものなのです。 例えば料理をするためには算数が出来ないといけないしレシピを読むとなると文章読解力も必要です。セールスの仕事をするにしても人間行動学や心理学の知識が必要になるでしょうがそのための第一歩は、国語の授業で文章を読みキャラクターの心情を理解することだったりするのです。 マリオのゲームを作るにもマリオのジャンプする速度の計算とか攻撃のタイミングだとかそういった物理的な計算も必要になりそのためには小中学校でおこなうような算数・数学の知識が必要です。小中高生だと「今、学べと強要されている科目」が将来、どのように役立つのか?が見えていないことが多いので「なんでこれをやらなきゃいけないの?」と文句も出てしまうわけですが英語を教える際にどうして言語学が必要なの?と思う人はまさに、そんな小中高生の状態なわけです。そこには確実に既に学んだ人だけが見えている世界があります。既に「その世界」を見ている人から話を聞く姿勢、学ぶ姿勢というのがいかに重要か、分かるのではないかと思います。きちんと言語学を学ぶ先生が増えるとこういう勘違い発信をされる方も減るかな。。。(^^;; そして、こういう視線を持ち自分には「まだ知らないこと」が沢山ある!と認め、英語という言語の理解度を深めそれを授業に循環させていっていただきたいなと思います。そうしたら、先生も生徒さんもメディアの声に惑わされることがなくなりますから。義務教育で学ぶことは、どれも大事。英語を教えるのなら、言語学の知識は大事。私は、そう思っています。 Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      8
      テーマ:
  • 17Nov
    • 【英語を教える・教材開発】固定観念に縛られて、学びの機会を奪ってはダメ。

      【英語を教える・教材開発】固定観念に縛られて、学びの機会を奪ってはダメ。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。今日は、こちらのコースを受講しながら教材開発をされている先生との会話をシェアさせてください。(シェアの許可は頂いています。)Sさん「私の教材は直子さんの言語学基礎講座のように講義動画にしようと思っています。」私「おぉ、良いですね!」Sさん「そうすると、講義動画のパワーポイントのスライドは、資料としてダウンロード可能にしないといけませんよね?」私「そうしないといけない!ということはないですけどSさんがそうしたいなら、それも良いですよね。」Sさん「え、でも、例えば大学の講義なんかでも教授がパワーポイントを使う時はStudy Guideとして、スライドをダウンロードできるようにするじゃないですか。 そういうものじゃないですか?」私「うん、そうする教授や講師は多いですよね。でも、それはその人達のチョイス。でも、これはSさんの教材なわけですからSさんは、Sさんの生徒さんが一番良い形で学べるような方法をとれば、それで良いと思いますよ。」Sさん「そうなんですけど…講義動画の購入側も、それを期待するんじゃないかな?」私「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれません。そういった期待値は、個々それぞれなので講義動画の概要に、きちんとSさんの販売する教材に関して説明をする必要がありますが。。。Sさん次第で、どちらでも良いと思いますがこれは商業出版とかでなくSさんご自身が販売していくものなわけですから一般がどうだとかよりもSさんが本当に大事にしたいことを詰め込んでみたらどうでしょう?Sさんが『こうしたら、生徒さんがより伸びる!』と信じる形をとってみたらどうでしょう?」教材開発に限らず、英語を教える時に「他の先生がこうしているから」とか「一般的にはこれが主流だから」とかそういった理由で教材の形態だとか英語の教え方を決める方がいらっしゃいます。自分の先を進む先輩の様子を参考にしたり一般的にうまくいっている様子を参考にしたりするのは基本的には良いことです。やはり、皆さんがそうするにはそれなりの理由があるから、でしょうし。でも、自分がそれを取り入れる時に自分の生徒にとってその方法が良いのかな?と考えずに無条件に、ただ「他の先生がそうしているから」と一切Questionせずに受け入れてしまうのは辞めましょう。 常に「他の先生はこうしているけど私の生徒には適しているのかな?」と考えましょう。 でないと、生徒の可能性を潰してしまうことに繋がるかも。。。 ちなみに、Sさんにもお伝えしたのですが私が講義動画として販売しています「言語学基礎講座」ではパワーポイントのスライドを資料提供していません。第一の理由としてスライドの数が多すぎること。(あくまでも「動画」ですので、通常のパワーポイント講義に比べ使用スライド数が何倍も多いんです。)第二の理由としてこの言語学基礎講座は「英語の先生向け」なわけですが一言で「英語の先生」と言っても、教える体系も生徒も様々。ですから、皆さんの心に響くポイントは異なると考えています。ですから、皆さんには「今のタイミングで心に響いたポイント」を大事にしてもらい、そんなポイントを自分でノートをとっていただきたいと考えたのです。第三の理由としてパワーポイントのスライド提供は私個人の意見としては「受け身学習」を助長するだけでありそれは、自発的な学習に繋がらないと考えています。もちろん、どんな形でも、どんな環境でも自発的な学習に繋げていくことが出来る方はいますが私の個人的な教育経験から言うと「受け身学習」を助長してしまうと自発的な学習が出来る人でも受け身学習になりがち、という傾向が見えますので、パワーポイントのスライド提供はしていません。(ご自身でノートをとってもらいたい、という第二の理由はこの「自発的な学習」にも繋がります。既に用意されたテンプレートを使うのではなく「自分で」ノートを取るのは当然、後者の方が、頭も使うことになりますから。)  第四の理由として(自発的な学習のためのサポートとして)単にパワーポイントのスライド提供をするのではなくDiscussion Questionsという質問を用意して各単元の重要ポイントを押さえてもらう機会を提供しています。 私が用意しているDiscussion Questionsは大事なポイントの確認(動画からの情報転載)をすることもあれば大事なポイントを授業に活用するとしたらどうしますか?というようなご自身ならではの回答が必要になることもあります。 前者も「自分の言葉で説明し直す」わけですから大事なこと。後者の重要性は、簡単に見出せますよね。やっぱり「何かを学んだ」としても知識吸収だけでは意味がありません。「学んだことを実践に活かして」いかないといけないのです。 ですから、私はパワーポイントのスライド提供よりもDiscussion Questionsを用意することでの方が講座受講してくださる方の知識を深めてもらえると思ったしご自身の英語教育に活用してもらえると思ったわけです。このように英語を教える時、教材開発をする時は一般的に、こうする人が多いから。。。を決定の指標にするのではなく自分の生徒にとって、何がベストかな?ということを決定の指標にしていただきたいな、と思います。もちろん、以上のポイントは私が個人的に考えたものでありこの根底には「万人に愛される軽い教材ではなく一般受けしなくても手に取った人が確実に伸びる教材」を作りたい、という私の想いがあります。だからこその決断です。ですから、皆さんの根底の想いによっては上記に挙げたポイントは参考にするべきではないかもしれません。ですから、今回の例でも挙げたパワーポイントのスライド提供が最適だ!というケースも、当然あります。  皆さんご自身が何を大事にしているか?というところからスタートして自分の授業や教材の方針を決めていく必要があるわけです。固定観念には縛られないように。それだけ、気を付けていただきたいなと思います。カリフォルニアのDowntown Disney♡すっかりクリスマス一色ですが、まだパンプキンがありました♡ディスプレイがとっても可愛いです♡ Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

  • 15Nov
    • 【英語勉強中】受講中の講座にかける想い、ある?ない?

      【英語勉強中】受講中の講座にかける想い、ある?ない?おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。先日、11月11日はVeteran's Day(復員軍人の日)でしたので昨年に引き続き、Cub ScoutsのボランティアでFlag Plantingをおこなってきました。 本当に広いCemeteryなのでSanta Ana Windの影響で暑い中おこなうには結構疲れる作業ですがやっぱり早朝からの活動は気持ちが良いものですね。――――― さて、先日、他教科を教えていらっしゃる講師さんとお話をしていて「やる」と決めて講座をお申込みしたのに途中で脱落してしまう受講生のお話になりました。その講師さんは「やる気がない」「覚悟がない」の一点張りでそうとうご立腹だったのですが (^^;;私は少し、異なるものが見えました。① 途中でやりたいことが変わってしまった。これは、もう仕方がないことですよね。悪いことではありませんし、新たにやりたいことに全エネルギーを注ぎたいのであれば(そして、現在受講中の講座が新たにやりたいことに一切役に立たないと思うのであれば)パッと切り替えをして現在受講中の講座を辞める、というのもアリだと思います。② 忙しくなって、受講中の講座に時間を避けなくなる。仕事の都合、家庭の事情、色々とあるとは思いますが世界中の人が参加するようなStudy Groupにも属している私からすると日本の方は、特にこのパターンが多いように見受けられます。 ①のように「優先順位が変わった」ということなら仕方ないと思いますし、腹もくくれるかと思いますが優先順位が高くないようなことにまで追われて結果、本当にやりたかった(そして受講開始した)講座からきちんと学びを得ることができなくなるのは私は個人的に「勿体ないなぁ」と感じます。③ お金を大事にしていない。 自分の支払ったお金(自分の手元から離れたお金)の価値を正しく認識できていないとお金の対価として得ている「学びの権利」を簡単に放棄してしまうのかもしれません。自分の手元にあるお金に対しての執着はすごいのに自分から離れたお金に対しては無頓着だったりする。。そういう方、結構いるなぁと感じました。④ 「お客様は神さま精神」が根付いている。「確かに講座受講の契約は結んだけどそのためのお金も支払ったわけだからその後、どこまで講座に参加するかは自分の勝手でしょう?」という気持ちの方も、いるのかもしれません。でも、指導者側からすると、そうではないのですよねぇ。お金儲けタイプの指導者ならそういった受講生は万々歳かもしれませんが純粋に受講生に伸びて欲しいと思っている指導者からするとそういう受講生がいるグループってやっぱりそういうFrequencyになってしまうのでこういうのって、ちょっと迷惑なんですよね。でもだから、私が今、参加している米国のStudy Groupでは主宰者さんが、最初に非常に厳しい「参加条件」を提示されていましてその条件に適さないと判断された方は一切Study Groupに参加できません。課された課題が出来ないだなんて言語道断。「講座には参加させていただいている」という意識が強いのかもしれません。とても良いStudy Groupです。⑤ 受講中、その講座や講師に魅力を感じなくなってしまった。ガーン、これは。。。。寂しいですね。苦笑でも、個々が想い描くものも期待するものも異なりますからある意味、これも仕方がありません。で、ここでも私は、他国のStudy Groupとの違いを感じるのですが他国のStudy Groupではこういったケースでは、直接参加者の方が主宰者や講師に直談判をしてなんとか、その講座を良くしよう、とするわけです。時には、言い出しっぺさんが主宰者や講師と中心となっていくこともありますしそういった提案を主宰者や講師が無視したり、軽視したりした時点で初めて、その講座に満足できない人は離れていくのです。何も言わずに、もしくは、一方的な不満だけを相手にぶつけてそしてその講座を去っていくというのは逆に失礼だなと感じるのが英語圏ならではの考え方なのかもしれません。⑥ 自分との約束に無頓着。自分との約束を軽んじていて自分との約束を守らないことに違和感を覚えない方も多いのかもしれません。 他者との約束は守るのに自分との約束を破ることには疑問を抱かない。そんな「他者主体」な生き方をしている方にとっては一度「やるぞ」と決めたことを遂行しない、というのはなんら、疑問を感じることではないのかもしれません。―――――人は、毎瞬毎秒、変化を遂げているわけですから目標や優先事項が変わるのは当然のこと。でも「これをやるぞ」と決めた過去の自分の選択を信じ一見、受講中の講座と新しい目標や優先事項の繋がりが見えなくてもあくまでも、その繋がりが見えていないのは自分の「自覚意識が把握できる箇所だけ」と知り、あなたの人生劇場に、不必要なストーリーは織り込まれないのだと信じ決めたことを完遂していく、というのは私は、個人的に大事にしていきたいことだな、と思います。皆さんはどうですか?あ、それと、ですねお話させていただいた講師さんにもお伝えしたのですがそういった受講生が現れたとしても気持ちを上下させる必要はありません。もちろん、自分の人生にそういった受講生が出てきた、ということはそこから学ぶべき「なにか」があるのかもしれませんがそれが短絡的に、そして直結的に皆さんの評価に繋がるわけではありません。そういったことが起きて何らかのメッセージを受け取ったとしてもそれは「私達の勝手な解釈」なだけ、ということをお忘れなく。詳しくは先日お送りしたメルマガ記事をご覧くださいね。(*^^*)※こちら、受け取られていない方はご連絡をいただければリンクをお送りいたします。Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      6
      テーマ:
  • 14Nov
    • 【英語勉強中】意図せずとも、光景が浮かんでくる状態。

      【英語勉強中】意図せずとも、光景が浮かんでくる状態。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。少し前のことになりますが英語の先生方にご参加いただいています音読研究グループにてとある参加者さんが皇后美智子さまの詩をシェアしてくださいました。「生きてるといいねママお元気ですか」文に項傾(うなかぶ)し幼な児眠るI hope you are alive,Mama, are you well?Writing thus farThe child has fallen asleepHer face against the letter.詩の語り手の母親が東日本大震災で行方不明、という設定だそうで英訳と共に新聞に掲載されていたそうです。この詩をシェアしてくださったMAKOさんはこう語ってくださいました。「私はこの音読グループでの活動の成果なのか、この詩を感じながら読んだ気がするのです。このthusの使い方は?と初めて単語にも気がひかれたのです。今までだったらひとつの記事でふ~んと思って読んだだけだと思うのですが、この自分の変化もシェアしたく、投稿しました。」 「光景が浮かんで、本当に楽しく、短い時間でも世界に入り込みました。長く英語とは関わってきましたが、新しい感覚を得られました。こういう「今までとは違う英語の感じ方」も将来の生徒さんに伝えられるといいな~と思いました」」素敵!!!♡ 音読研究グループでは私の「音読に対する認識」をシェアしたうえで私の「音読コース」の教え方をシェアしています。そのうえで、2ヵ月に1度、音読の課題を参加してくださっている指導者の皆さんに行っていただきそこで、私の伝えたい(音読に関する)メッセージを考えていただいたり、生徒の気持ちになっていただいたり、フィードバックを与え合う練習をしていただいたりしています。一応、私の「音読コース」では「右脳活性化」を謳っていますから音読研究グループではまずは脳の仕組みから学んでいただいていますし「右脳が花開く感覚」を体感してもらうために実際に、物理的に身体を動かしてもらい「右脳が花開いている状態」というのを体感していただいています。  知識だけ蓄えても意味がありませんからきちんと「体感を通して認識」していただくわけです。そうして課題を行っていただくとそこで初めて、こうして、MAKOさんのようにAHA! Momentが得られるのだと思います。 こうして「自分で気付く力」を養っていただくというのは私が、生徒さんに英語を教える時にも大事にしていること。MAKOさんの投稿がきっかけで音読研究グループでもそれが出来つつあるのだなと感じられて純粋に嬉しくなりました。 もちろん、私が「それ」を意図していても私からのメッセージを、色々と受け取っていただけないと達成できないこと。今回のこともMAKOさんなりに私のメッセージを受け取ってくださってそこに、MAKOさんが元々お持ちの感性を総動員してくださってそうして生まれた「シェア」だと感じています。 有難い限り。指導者冥利に尽きますね。 共著させていただいた前置詞本でも語っていますが英文を読んで、自然とイメージが想い描ける状態にもっていくのって英語上達のうえで、とっても大事だと思います。ただ、意図的にそれが可能でも(これってこうだから、こんなイメージかな、という感じで)それが自然と、無意識に、出来てしまうというのはなかなか難しいのではないかと思います。だから、やっぱりMAKOさんのこの状態って素晴らしいし英語を教えている方や、これから教えたいなという方にはこういう体験をしていただきたいなと思います。 指導者が出来ていないことって生徒さんは、なかなか出来にくいものですから。。。。Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      20
      1
      テーマ:
  • 09Nov
    • 【英語勉強中】この3分間から何を想い、学ぶか。

      【英語勉強中】この3分間から何を想い、学ぶか。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。私の音読コース初回セッションでは2分弱の音声を使ってまず、とことんリスニング練習をしてもらいます。あ、練習、とは違うかな。日本の義務教育で培われてしまう、でも、本気で音読に向き合おうと思うと少し邪魔になってもらう「要素」に気付いてもらう感じです。そして、それを経るとたった2分弱の音声を使ってとある方法で、10分ほどリスニング練習をするといかに今まで皆さんがおこなっていたリスニング練習が「惰性で」「なんとなく」おこなっていたものか、ということに気付いてもらえるのです。 2分弱の音声が生徒さんの「リスニングに対する意識」や「リスニング練習に対する意識」を大きく変えるのです。 何かを変えたい時、必要なのは、必ずしも「時間」ではありません。たった数秒が人生を変えることもあるしたった数分でやる気を出せることもある。私は、この動画を観て燃えるようなやる気ではなく、でも静かに自分の中で燃え続けているような情熱を思い出すことが出来ました。 この動画は3分弱。この3分で、あなたは、何を想い、学びますか?Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      17
      テーマ:
  • 05Nov
    • 【英語勉強中・英語を教える】「看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現」を使って英語を!

      【英語勉強中・英語を教える】「看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現」を使って英語を! おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。先日、こんな記事を書いたので 「この記事って、もしかして、このこと?」と、思われてしまいそうですが、違います。笑先日、日米両国で翻訳家をされているテキサス州在住のランサムはなさんから素敵なご著書をいただきました。「看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現」はなさんとはDMM英会話さんの「これって英語でなんてuKnow?」でご縁をいただきそれ以来、Facebookで繋がらせていただいています。はなさんがこの本を執筆されている時に「こういうお写真、お持ちですか?」とご連絡をいただき「あ、あると思います!」とお伝えしたものの結局、似たようなもの(でも微妙に違うもの)しか見つからずお力になれなかったのですが。。。(申し訳なかったです~。。。!)それなのに「せっかくですので」と、わざわざテキサス州のご自宅から可愛いカードと共に、ご著書を送ってくださいました♡(なんてお優しい~。。。!)この本では、そのタイトル通り米国で見かける看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現が沢山紹介されています。 (イギリス英語に関する記載も数多くあるのでイギリス英語を学ばれている方でも大丈夫です!) こんな感じですね。。空港、交通機関、ホテル、スーパー、ドラッグストア、モール・デパート、レストラン、街中で出会う看板や標識、ラベルやパッケージが紹介されているだけでなく そういったシーンで使うことになるであろう簡単なフレーズが紹介されていたりそういったシーンで知っておくべきちょっとした小話なんかも紹介されていたりするので英語圏訪問を控えている旅行者、駐在員(とその家族)、留学生、出張者には本当に心強い一冊なのではないかと思います。 私は英語の先生向けにTOEIC満点を目指すグループというものも運営しているのですが(のんびり運営ではありますが。苦笑)はなさんのご著書は私がそのグループで行っていることの一つと、非常に似ています。 (ちなみに、このグループから実際にTOEIC満点取得者も出ていますし先日、自己記録更新をされた新田ゆかり先生もこちらでも学んでくださっていますよ♡)そういうこもとあり知り合いの贔屓目は一切ナシ、で私は個人的にはなさんのご著書は、使い方によって多くの日本人英語学習者さんの英語力の底上げに貢献してくれるのではないかなと感じました。まず、この本をお薦めしたいのは以下の方達。 ◆英語力問わず 英語圏への訪問を控えている方(旅行、出張、駐在員とその家族、留学、ホームステイ。特に、「初めての渡航」という方にとっては非常に心強い味方となってくれる本です!)◆英語圏への訪問を控えている方に、英語を教えている先生(特に、先生ご自身に英語圏在住経験がないのであれば絶対!先生ご自身が英語圏在住だったり、経験年数が長かったりしても「あ、そっか、こういう看板にも出会うよね」というレッスンプランのヒントになるので、絶対にお薦めです!)  それから◆飲食店、商店、宿泊施設、観光施設、問わず外国人観光客向けのお店を経営されている方や日本の標識づくりをされる自治体の方(日本に行く度に、その英語標識に驚かされます。苦笑2020年のオリンピックまでに、是非皆さん頑張ってください!) でも、逆に少し気を付けていただきたいな、と思ったのが英語学習者さんです。 私も、TOEIC満点を目指すグループで似たようなことも教えているのですがその時には対訳表現を知ることで満足をするのではなく対訳表現をヒントに英語ネイティブの思考パターンや認知パターンを掴むよう、意識をするようにお伝えしています。 つまり、NGなのはこの本を買って、対訳表現を知ることで英語が伸びると思ってしまうこと。それは、きっと、あり得ません。ですから初心者学習者さんや中級者学習者さんがこの本を買って、それを効率的に英語学習(自己学習)に上手に活かせるか?というと「Maybe not」というのが私の答えです。もちろん、先生がこれを教材として選び、この本を軸にして別に、練習のための英文を用意したり関連英文を更に読ませたりすることで生徒の英語力向上を図る、というのは可能です。 というか、すごく必要なこと。日本の英語教育で欠けている部分だと思いますし。ただ、この本の帯にあるように「TOEIC L&RのPart 3, 4に役立つ」というのは自己学習でそれがどこまで可能なのか?は私は何とも言えないな…と感じました。でも、例えば既にTOEIC 850点とかをお持ちでそこから伸び悩んでいる…というような英語上級者さんや英語上級者予備軍の方達でしたら 英語ネイティブスピーカーの思考パターンや認知パターンを掴む意識でこの本を読んでいく…というのはその「伸び悩み現状」の一つの打開策になるのではないかと思います。 もちろん、この本を参考にして更に、「自分の関わる英語の世界」を広げていくという意識は必須だと思いますが。 (同じようなものを検索してみる、だとか関連ニュース記事を読むようにしてみる、だとか)それでも、良書であることには変わりありませんから初心者学習者さんや中級者学習者さんでこの本を使って勉強をしてみたい!と思われる方は是非ご自身の英語の先生に、その旨を相談してみてください。(私の生徒さんは、私にいつでもご連絡くださいね。(*^^*)) いやはや、それにしてもこれだけの写真を各テーマに沿って、バランス良く集めるのは大変だったと思います。私自身、アメリカに住んで17年が過ぎましたがはなさんのご著書には「なるほど、確かに日本の人は、この表現は分からないかもね!」と思うものが多々あり、流石、日米双方の暮らしを大事にされながらプロの日英翻訳家として活躍されているはなさんだな…とただただ感動しました。  はなさん、素敵なカードとご著書のプレゼント、本当にありがとうございました。 嬉しかったです。  Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      20
      1
      テーマ:
  • 03Nov
    • 【英語を教える】私の世界の「同業者やお客様との信頼関係」。

      【英語を教える】私の世界の「同業者やお客様との信頼関係」。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。先日、こんな記事を書いたところちょうど、やり取りをしていた新田ゆかり先生から「ブログもリブログして下さいましてありがとうございます!!たくさん記事も載せて頂き、恐縮です。じーーんときてしまいました。」と、メッセージをいただきました。で、振り返って自分の書いたブログ記事を読んでみたら本当に沢山リンクを貼っていますね、私。笑書いている時は気付きませんでしたがでも、純粋にご紹介したい記事がたくさんあったから、なのです。 結果的にゆかり先生ご本人に喜んでいただけて良かったです♡ 私は、自分が良いと思ったものしか皆さんにご紹介しません。これは、キングコングの西野さんがテレビ局にお金を積まれて嘘をつかないといけないようなタレントには絶対になりたくない、とお話されているのと同じで例えばEnglish Teachers Association of Japanの代表理事として。自分ビジネスのLang Leaves Education/Academyの代表として。自分の発言力や影響力には責任を持とうと考えているから故の行動です。それでこそ皆さんに、私の好みを知っていただけると思うしそうなると私の表現をくみ取り「直子さんがこう言うなら」と判断基準にして私のお薦めのものを買うか買わないか決めやすくなると思うのです。そう、私の目標は私が良いと思ったものを、皆さんにも「良いね」と同調してもらうことではありませんから。私の目標は皆さんが、皆さんにとって必要なものと出会えるように私の立場からできる手助けをすることですから。 そうしていくうちで得られるものだと考えています。「信頼」というのは。ですからごめんなさい、誰に頼まれたとしても良いと思えない作品やカリキュラムに対して「良い」と言えませんしそれについてネット上含め、公の場で公言するつもりはありません。それ以前に私からのレビュー目的でご連絡をいただく方ってやっぱりそれを感じちゃいますから。。。ご遠慮いただけると嬉しいです。献本をくださる場合でも著者の方から送っていただくのと出版社から送られるのでは、私にとっては意味も受取るエネルギーも異なります。人によってはこんな性格、面倒としか感じませんよねー。笑ごめんなさい~。でも、そういう役として皆さんの人生に出演させていただいています。笑でもね、グローバルシーンで働いた経験のある方は頷けると思うのです。だって「これ」が「普通」だから。職種によっては同調プレッシャーの大きいところもあるでしょうが基本的には「好き」「嫌い」「良いと思う」「良いと思えない」は個人の意見として尊重されるし仕事のために、それを曲げることを良しとしない人がほとんどです。私も、本当に良いものでしたらお願いされなくても、勝手にご紹介しますから。笑 レビューが欲しいのなら、良いものを創り上げてください。 誰かに、何かを紹介された場合もその、紹介をしている方がどれだけ、その紹介しているものや人を理解してそう紹介しているのか?というのはなかなかはかり得ないところですからあくまでも、それは一つの意見としてだけ受け止めその紹介されたものや人をきちんと自分で理解してどうするのか?を決めていくようにしましょうね。誰かを盲目的に信じるのは辞めましょう。それって、あなたの思考が停止している状態ですから。◆【英語勉強中】英語学習者の自由と責任。◆【英語勉強中】英語上達への「近道」の認識。Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      11
      1
      テーマ:
  • 02Nov
    • 【英語勉強中】本を読んだりセミナーに参加したりして「それ、既に知っています」と思う人へ。

      【英語勉強中】本を読んだりセミナーに参加したりして「それ、既に知っています」と思う人へ。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。以前、メルマガにてこんな記事を読者の皆さんにお届けしました。―――――ビジネス書を読んだりセミナーに参加したりしても「特に目新しい内容はなかった」と言う人がいます。これはこれでその人の率直な感想でしょうから、特に問題もありません。でも、こう言う人は大抵「自分が既に知っていることには価値がない」と考えています。そして「自分が知らないことを教えてくれたら、その本やセミナーは価値がある」とも。でも、果たして本当にそうなのでしょうか?私は本を読んだりセミナーに参加したりすることで「自分が知っているかどうか」だとか「自分が共感できるかどうか」だとかの確認作業は行わず「自分が既に行動に移しているか」どうかを確認します。大事なのは「知っているか?」ではなく「やっているか?」だからです。知識が増えると安心する人も多いようですが時に、本当に必要なことは至極シンプルだったりします。自分の鎧のように思える情報は時に雑多過ぎて、実は足枷になっているかもしれません。(中略)海外在住の私から見ると日本の英語教育情報は細分化し過ぎています。これには様々な原因があるのでしょうが大きな理由のひとつは多くの指導者が自分の自信のなさを「知識量」でカバーしようとしているから。こういう人達は他人が知らない英語情報を自分が知っていたら安心できるんですよね。 「えー、そうなんですね」と言ってもらえたら自尊心を保てるし、指導者としての自信を得られる。お手軽です。でも、脆いです。中身もスカスカでしょうね。だって、大抵「知っていてもやっていない」んですから。(もちろん!行動が伴っている知識は強いと思います。(*^^*))Benjamin Bloomというアメリカの教育心理学者が説いた学習理論の一部にBloom's Taxonomyというものがあります。そこでBloomは学んだ情報の取扱い方を「Knowledge → Comprehension → Application → Analysis → Synthesis → Evaluation」と認識していて、この順に複雑化していくものだと説いています。(2001年に改定されたRevised Versionでは「Remember → Understand → Apply → Analyze → Evaluate → Create」となっています。)「知っている」「聞いたことがある」程度で終わらせるのではなく「実践してみる(Application)」ということもしていかないとその先の学びへと続いていきません。繰り返しますが私は本を読んだりセミナーに参加したりすることで「自分が知っているかどうか」だとか「自分が共感できるかどうか」だとかの確認作業は行わず「自分が既に行動に移しているか」どうかを確認します。「知っているか?」ではなく「やっているか?」です。皆さんは大丈夫そうですか?―――――ドキッとした方、いるのではないでしょうか。あ、皆さんがどう思うかは自由なので私の言っていることに同意できなくても一切問題ありません。でもドキッとしたのなら少し我が身を振り返り「知っている」と思っていることに対して「出来ているかどうか?」と考えてみると良いかもしれません。「あ、その情報は既に知っています」とか「あ、それは聞いたことがあります」とか「何も目新しいことはありませんでした」とかそういう人達に知ってほしいのですがあなたがソレを既に知っていたとしても実践できていないから誰かが同じことを、再度、伝えてくれているのです。そんな役を演じてくれているのです。  ですから「あ、それ、聞いたことがある」という状況になったら「あ、リマインドされているんだな」と、気付かなきゃ。さて、あなたが最近「もう、それ知ってるよー」と思ったことはなんですか? Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      14
      テーマ:
  • 01Nov
    • 【米国で子育て】Trick or Treatingに際し、知っておいてほしいこと。

      【米国で子育て】Trick or Treatingに際し、知っておいてほしいこと。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。障がいがある子も、シャイな子も楽しめるTrick or Treatingを♡ 受け入れてあげてください。それから、こんなものも。こちらは、家族ぐるみでお付き合いをさせていただいている田辺久美先生もご紹介していました♡ 我が家、次男がピーナッツアレルギーなのでアレルギーの怖さは嫌なほど知っています。 今では、次男は自分で「Do you have any nuts-free candies?」と聞けますが(それも図々しいけど。笑)それでも、もらってきたキャンディーは直ぐに私がチェックしてピーナッツ入りのキャンディーや同じ工場で(他のキャンディーに)ピーナッツが使われているキャンディーなんかは別の場所に保管するようにしています。アレルギーがある子も安全に、楽しく、Trick or Treatingに参加できると良いですよね。そして皆さんの英語教室でハロウィンイベントをするのであればこういったお話も、是非生徒さんに伝えてあげてください。単に楽しむだけのパーティーよりもずっとずっと学べるものがあると思います。Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      7
      テーマ:
  • 31Oct
    • 【英語を教える】世界の色を楽しむ英語講師とは。

      【英語を教える】世界の色を楽しむ英語講師とは。 おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。4月に出版させていただいた共著ですがおかげ様で売れ行きが好調のようで今月あたまに第三刷が発売されました。ありがとうございます。私のブログやメルマガを長年読んでくださっている方ならご存知でしょうが実はこの本は、もともと「私ミツイの既存の生徒さんのために分かりやすい前置詞の取り扱い説明書が欲しい」と思いまとめ始めたものです。そういうものがあれば前置詞の説明に授業時間を割く必要がなくなりより効率的に英語学習に臨んでもらえると考えたのです。 そこで、当時ブログでご縁をいただいたすずきひろしさんがイラストを上手にお描きになることを知っていたので前置詞の説明にあったイラストを描いてくれませんか、とお声掛けさせていただいたのです。実際、すずきひろしさんは並々ならぬ英語の知識をお持ちだったので「イラスト提供」以上に貢献してくださいまして最後には、逆に私が助けられる形になっていました。(*^^*) そして、ウェブ書籍としてまとめ上げそういったテキストを必要とする英語学習者さんに細々と、でも確実に、お届けしてきたのです。そのウェブ書籍がきっかけですずきひろしさんが脱サラをされ、本格的に英語を教え始め英語教育界では有名な清水健二先生と一緒にいくつか共著をされるようになりました。◆イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK◆イメージでつかむ 似ている英語使い分けBOOKそして、ウェブ書籍として出していた前置詞のテキストも「このシリーズの第三弾として売り出そう」とお話をいただきそういった運びとなったのです。私がアメリカにいることもありますし出版業界の知識なんかも皆無ですので全て、すずきひろしさんが取りまとめてくださいました。本当にトントン拍子で話が進み有難い限りなのですがこれまた、アメリカにいるからか?特に「出版した」という実感もありません。この本が「私の共著」という感覚があまりないのです。一時期「そうか、英語学習において大事なことで私が広めたいと考えるものを、出版すればより多くの方のお役に立てるかもしれないんだ」と思い、例えば、私が心から「日本人にこそ必要」だと考えるライティングのウェブ書籍の企業出版に向けて働きかけたこともあったのですがどこか、心の奥底では「企業出版する必要って、本当にあるのかな?」と「既に、今のウェブ書籍という形でも必要な人には届いているのではないかな?」と自問自答していたので当然、上手くいくはずがありません。出版のお話を進めていただいていた企業さんから「売れるためには」だとか「日本の英語学習者のレベルは」だとかそういうお話を聞くたびに「売れる本が必要な本だとは限らないのに」とか「学習者を信じたら、絶対に“できる”のに」とか思ってしまってどうも私の認識している英語学習者の可能性と日本の、世間一般?出版業界の方?が認識している英語学習者の可能性に大きなズレがあるように思えて幾度と話が白紙に戻ってしまったりもしました。私は、基本的にこういう考え方をしていますしね。。。。◆【英語学習中】本当はみんな、英会話教室に通う必要もコース受講をする必要もないんです。◆【英語を教える】生徒を信じる、というのはどういうことか。それに世間には既に多くの、素晴らしい英語関連の著書がありますからなにも、わざわざ私が類似本を出す必要がないと思っていたのも事実です。もちろん、どの本もその著者さんの想いがのっかっていて素晴らしいのですが私からするとどんどん新作が出される今の日本の市場状況って(特に英語教育系) とってもChaotic。 それについては(次々と新作を出すこと)出版社側の事情があるようですが、場のエネルギーをかき乱すきっかけにはなりたくないしそれよりも既にある素敵な本と繋がり溶け合っていくような自分で在りたいと思っていました。 そこで、気付きました。最近の私は自分自身への執着が薄まってきているのを感じます。過去には自分と異なる主張をする同業者に対して違和感や抵抗感を覚えたりすることもありましたが今は自分の知識や信念、想いなんかが薄まっていて主張よりも周囲と溶け込むことを楽しんでいるように思います。自分と異なる意見を言っている人がいても「へぇ~、なるほどね」とその意見を聞けたことに純粋に感謝できている感じです。それは、自分をなくすということではありません。表現するなら地球上の「色」をそのまま受け入れ楽しむことができるようになった感じです。ピンクも黄色も水色も茶色も灰色も。間違った考え、間違った教え方なんていうものがない。そして、それを頭で考えて語るのではなく心からその想いが湧き上がってくる感覚です。そこで、思い出しました。今夏おこなったETAJ Convention 2018のテーマがColors to the Globeだったことを。今の心境になることを過去の私は既に知っていたのかもしれません。引き寄せというよりは過去の私が「今の私になる準備」をしていた感じ。English Teachers Association of Japanでは英語の先生の卵でもベテラン先生でも必ずお互いから学び合えることがある、ということを大事にしています。それは、今までも心から思っていたことではありますが今になり、初めてそれが自然と沸き上がる感覚を体験できた気がします。それが、すごくすごく有難いです。Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      15
      テーマ:
  • 30Oct
    • 【英語勉強中】親が学ぶ姿勢を見せることこそが素晴らしい子育てに繋がる!

      【英語勉強中】親が学ぶ姿勢を見せることこそが素晴らしい子育てに繋がる! おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。TOEICを受験された皆さん、どうでしたか?TOEICは批判されることもある試験ですが英語指導者目線でみると非常に素晴らしい英語技能試験だと思います。「TOEICは簡単だ」とか「TOEICで高得点が取れたとしても実際の英語力は比例しない」とか「TOEICが低くてもビジネスで英語を使えているよ」とか「TOEICより英検の方が総合的な英語力が測れる」とか思われる方は是非こちらの記事をご覧ください。【英語勉強中】TOEICについて。私がEnglish Teachers Association of Japanで大変お世話になっています米国ワシントン州在住の新田ゆかり先生は今回のTOEIC受験で自己ベスト更新をされました!おめでとうございます~~♡♡♡◆【新形式】TOEIC 自己ベスト更新しました☆ちなみに、昨年の今頃もゆかり先生は自己ベスト更新をされていました。◆【TOEIC満点を目指して】万人に合う勉強法と試験対策。すごい! 本当に有言実行な方です。私は、今、ゆかり先生と小まめにやり取りをさせていただける環境にあります。そこで気付いたのですが。。。ゆかり先生のように結果に繋がる学習がおこなえる方とそうでない方の違い。。。それは結構シンプルで「やると決めたらやる」ということでした。とは言え「がむしゃらにやる」わけではありません。ゆかり先生は、昨年TOEIC受験をされた後にご自身で「何を改善すべきか」ということを徹底して考えることから始められました。その中、ご自身で気付けないようなことはきちんと、その道のプロからご助言をいただいていたようです。そうして、どの情報や助言を信じ自分の進む道の地図として使うかを見定められてからTOEIC受験をする時期を決めそれまで、一見遠回りに見えるような学習でも「この地図に従えば大丈夫だ」と信じて誠実に、コツコツと、学習を継続されていました。そうして、予め決めたTOEIC受験の時期に近づいてからはその学習を徹底的に優先すると覚悟を決められて他の学習はお休みをしとにかくTOEIC受験準備をされていました。こんな工夫もされたりしながら。。◆気分が乗らないときもとにかく手を動かすこんな葛藤もされながら。。◆運が向いてきたよ!その過程でもひとつの方法に執着するのではなくこうして、常にご自身の学習方法とそれによって出た結果の検証を繰り返されてそこで見えてきた「傾向」に沿ってフレキシブルにご自身の学習方法を変えられていました。すごくないですか?すごいです。私はTOEIC満点を取ったことがありますがゆかり先生と全く異なるルートだったのでこんなに徹底して一つの試験に向き合ったことはありません。時々連絡を取るくらいの私が見て「そう」なのですからそんなゆかり先生の姿勢は二人の愛娘ちゃん達にとってどれだけ良いお手本となっているのか。。。♡素晴らしいプロ意識を持たれることで素晴らしい子育てをされているな。。。と感じました。なんでもゆかり先生から聞いたお話によると「今回はTOEIC満点に至らなかった」という先生に対し長女ちゃんが「満点満点って思わない方がいいよ」 と諭してくれたそうです。笑どの子ども達も、絶対に「その家庭の賢者」ですね!いやはや、ここまで徹底してご自身の決めたことを貫ける…そんなゆかり先生からコーチングや英語授業を受けられる方達は本当に幸せだろうなぁ、と思いました。私も同業者仲間としてすごく誇らしいし、世界中の人に自慢したいくらいです♡♡ そんなゆかり先生がこんな記事を書いてくださいました。   公の場で執筆をしたり。。ということに実は、あまり興味がない私ですが(ブログは好き勝手書けるので大好きです♡笑) ゆかり先生がこうしてご紹介してくださるなんて過去の自分を褒めてあげたいです。笑 必要とされている方のお役に立てますように!ゆかり先生、改めてご紹介くださいまして本当にありがとうございました。TOEICの点数を伸ばしたい方、是非、ゆかり先生に一度ご相談してみてくださいね!!!Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      16
      1
      テーマ:
  • 25Oct
    • 【米国で子育て】小学校でオークション。信じられない寄付金額。。。

      【米国で子育て】小学校でオークション。信じられない寄付金額。。。 おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。先日、子ども達の学校でCarnivalがありました。Carnivalというのは日本の小学校でいうところのPTA主催のバザーのようなもの。学校の資金を募るためのイベントで各クラスのリーダーを務める親御さんを中心に各クラスからブースを出したりして割と大きな規模のお祭り、という感じになります。 とにかく売上を学校の資金を集めるぞ!という感じです。  日本の感覚でいうと、きっとバザーに出品するための物を、寄付してください~だとか親がブースを出して、そこで遊ぶためのチケットを販売して~とかそんな感じだと思われる、と思うのですが。。。。うちの子ども達の通う小学校のCarnivalでのメインイベントはオークションです。近所のビジネスにもお声掛けしてサービスやグッズを寄付していただきそれをオークション形式で売り、資金集めをします。先生方も「○○先生とアイスクリームを食べられる権利」だとか「○○先生に自宅に来てもらい、bedtime storyを読んでもらう権利」だとかそういう「ご自身の時間」を寄付することでオークションにご協力くださるわけです。そんなオークション、中にはこんなものもあります。近所にある警察。パトカーが朝、家まで迎えに来てくれてドーナッツを一緒に買い、食べ、学校に連れて行ってくれるのです。価格は$250からスタート。笑(U,S, $1=100円だとすると、25000円ですね。)それと、こちらも。学校前にある駐車場で1番良いスペースを使う権利です。この権利を競り落とすと、1年間、そこの駐車場スペースはその家族専用となるのです。笑価格は$500からスタート。(U,S, $1=100円だとすると、50000円ですね。)他にも、他州に別荘を持っている人がそこの使用権利を期間限定でオファーしてそれがオークションに掛けられていたり。寿司職人を招いて行うパーティーの権利とかもあります。あ、この学校、「公立小学校」です。私立ではなく。苦笑カリフォルニアはアート系の授業の予算が削られてしまうくらい財政難なので必要最低限「以上」の教育をおこなうにはこうした親や地域からの寄付金がどうしても必要となるのです。事実、子ども達の通う小学校はオレンジカウンティ内の公立小学校で唯一の「音楽、美術、技術」の授業がある学校。そしてこれらの授業を教えてくださっている先生方のお給料やこれらの授業で必要となる経費は全て、親や地域からの寄付金で賄っているわけです。我が家も可能な範囲で寄付をおこなうようにはしているのですが流石にオークションなんかは、割とスルーしておりました。笑でも、今回のCarnivalで次男が「僕、Teacher for the Dayをやりたいな」と言ってきたのでちょっと気合いを入れてオークションに取り組むことにしました。Teacher for the Dayというのは決められた日に、担任の先生に代わってオークションに勝った家庭の生徒が担任の先生役を出来る権利のことです。その日行う授業内容を決めたり、休み時間の長さを決めたり。更には、Teachers' Loungeという先生専用の部屋で、ランチやスナックを食べることもできて一日の終わりには「お給料」が支払われるそうです。笑でも、オークションということもありその年の、そのクラスにいる親御さんがどのくらい、こうした学校のイベントに参加するかどうかでTeacher for the Dayの値段も大きく異なります。ちなみにオークション開始価格は、どの先生も一律$75。この時点で、うちの主人なんかは「いやいや、やる必要ないから」とか言うんですが子どもに甘い私は「私のお金でやるから!」と振り切り、オークションに参加。ちなみに数年前まではオークションは「紙で」おこなっていましたが(Silent Auctionと呼ばれます)今ではスマホのアプリでおこないます。ちなみに、長男はTeacher for the Dayには全く興味がなかったのでその分のお金も、次男のTeacher for the Dayにかけるぞ!と私は意欲満々でオークションに臨みました。結果は。。。。。。。。。。Outbidされてしまいました~!!!!! 残念。ごめんよ、次男。。。でもね、たかが、一日のためにこんなに払います?????(U,S, $1=100円だとすると、64500円ですね。)これ、家族でDisneylandに行けますよ??良いホテルに家族で一泊できますよ???ごめんね、次男、これはマミーの予算を超えています。笑  さ。。。更にはですね先ほど、冒頭でご紹介した1年間、1番良い駐車場スペースを使う権利ですが最終価格はこんなことになっておりました。 (U,S, $1=100円だとすると、620000円ですね。)普通にCarnivalを楽しむだけでも軽く$50はかかります。兄弟がいれば、その倍以上かかるわけで。オークションに出された商品は全部で200点近くにもなります。 全てが良い値段で売れなかったとしても今回のCarnivalで集まったお金がどれだけのものになるのか。。知りたいですが、知るのが怖くもあります。うーん、まぁ集まるのであれば、集めれば良いのでしょうが。。。お願い、そのお金、上手に使ってくださいね!!!!!Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      28
      2
      テーマ:
  • 23Oct
    • 【英語勉強中】在米駐在員さんからのSOSに応えた結果。

      【英語勉強中】在米駐在員さんからのSOSに応えた結果。おはようございます。英語を教えながら英語の先生の先生をしています、ミツイです。先日、ただ今アメリカにて駐在員をされている方の独り言学習コースが修了いたしました。渡米時の英語力は決して低くなく、でも「日常生活で使う英語」には戸惑うことがあったそうです。ただ、それでも基本的な英語力自体はお持ちだったので普段の会話や雑談はとにかく「真似る」ことで、上手く伸ばしていかれました。「真似る」のは目の前のネイティブの英語、ということもあったしフレーズ本や洋画のセリフを真似ることもあったそうです。そして「それ以上の英語スピーキング」を伸ばすために独り言学習コースを受講してくださっていました。そんな生徒さん直子さんのブログ、宣伝用に使ってくださいとご感想をくださいました。ありがとうございます! 「英語はもともと好きだったのでアメリカに来ることに対して不安はありませんでした。日常生活もどうにかなって駐在生活に不満もなかったです。でも一歩先のレベルの会話のために例えば会議やプレゼン後の質疑応答や重役との会話や自分を印象付けたい時のために直子さんのスピーキングのコースを受講することにしました。全12回ということで(私の場合は14回かかりましたが)まだ頭の中で答え合わせをしてから話す癖は抜けきっていないけど「こうかな」と迷うことが断然減って「直子さんとやった英文が使える」ということが多くて最近では、英文を発した後に「今のは直子さんから教わった英文だった」ときづくようになりました。それだけ自然に口をついて出るようになったのかなと感じます。その場しのぎの英会話練習ではなくて今、コースが終わってまた自分だけで英語を続けていこうとした時に今までの意識と確実にいろんな意識が変わっていることにきづきこのコースを受けて本当に良かったと改めて思いました。また英語を続けていくうちに迷いが生じたら相談させてください。ありがとうございました。」Kさん、ありがとうございました!!この生徒さんはとにかく英語がお上手なだけでなく仕事に対する責任感も強くそれ故に、英語をもシッカリとレベル上げをして職場で役立つ自分で在りたい、という姿勢をお持ちでした。ご自身で、周囲の英語運用を吸収されていましたし約4ヶ月、近くで英語学習を拝見させていただいて面白いくらいにグングンと英語力を伸ばされていました。コース受講前から、ある程度の英語力はあったにも関わらず。もちろん、私と学ばれている時に思うような伸びが出ない生徒さんもいらっしゃいます。でも、私からすると伸びが出ない時期を私と過ごせるのってラッキー。だって、きっと一人でその時期を過ごしていたら凹んでしまったり、諦めてしまったりしていたかもしれないわけだから。学習曲線(Learning Curve)は誰にでも見えること。だから、今、自分がどこにいるのか大体でも良いから把握できると良いですよね。先生の存在ってそういうことの確認のため、でもあるんです。(*^^*)Kさんは、英語に対するバリアが益々感じられなくなった今、仕事の合間を縫って地元のToastmasters Clubに参加されるようです!素晴らしい~!周囲の日常英会話を真似る。。ということだけを続けていたら踏み出せなかった世界ではないかな、と思います。より一層、英語を楽しめるようになりますね! Kさんのようにお仕事でアメリカにいらしている方も英語による制限が少しでもなくなるよう日々、頑張ってください!その先の景色は絶対に絶対に、観る価値あり!だと思いますから♡Happy Learning & Happy Teaching!◆英語力だけでなく人間力をも高めるヒント満載!→ミツイのメルマガ◆とりあえず英語力を総合的に伸ばしたい!→あなたの英語人生が変わる!メールレター◆自分ビジネスだとか英語を教えるだとか、興味ある?→英語を教えてみたい方へ!メールレター◆既に英語を教えている方はこちらー!!→英語の授業チェックリスト

      17
      テーマ:

プロフィール

CA在住、英語コーチ♡ミツイ

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
2001年の高校卒業を機に単身渡米。 The University of Montanaでは英語学専...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス