【姿勢科学】ジュニアスポーツ選手のための速く走れるランニング術
  • 11Apr
    • 少しの違いが勝敗をわける

      大変ご無沙汰しております。皆様、お元気ですか♪( ´▽`)陸上競技選手のパーソナルトレーニング・コーチの小山きくこです。さて、先日テレビを見ていましたら、NHKの再放送で、トップアスリートの動きのデータ分析を徹底的に行い、メダルを取っている各国の紹介をしていました。水泳のスタートの飛び出しの高さと方向、スピードスケートの足の蹴り出しの角度など、練習の途中で映像やデータをフィードバックし、選手はそれをすぐに修正する。番組内でも伝えていましたが、「勝敗は微妙な差、それを的確に修正すること」私もその通りだと思います。私は陸上選手の姿勢調整を行なっていますが、それぞれの選手は微妙な歪みがあり、歪みの種類は百人いれば百通りで違います。ですので個人にあった歪みを修正する、パーソナルトレーニングと、姿勢調整を定期的に行うことで、バランスのとれた筋肉、骨格が整い、身体の各部位がうまく噛み合います。その結果、無理な力はいらない、スムーズな動きができてきます。まずはご自身の身体のバランス、これが基本。トップアスリートになればなるほど、客観的に自分の身体と向き合い、微妙な差を見極め、トレーニングに生かしてください。日本のアスリートが世界でさらに活躍するのを楽しみにしてます!!

      151
      テーマ:
  • 23Sep
    • 皇居のランニング

      【姿勢科学】ジュニアスポーツ選手の速く走れるランニング術の小山きくこです。今日は皇居に初めて足を踏み入れました❗️❗️本当に素晴らしいですね🌳🌳🌳さて、その皇居の周りをランニングをしてらっしゃる方、たくさんおられました🏃🏃‍♀️陸上競技専門の私は長い距離が実は苦手です。駅伝も走ったことがありますが、3キロ以上は無理です(>人<;)で、何周も走ってる方を見ると本当に尊敬します🙏でもちょっと走り方、気になります。もっと胸はって姿勢良く走りませんか?猫背だと息を吸っても肋骨がしっかり上がってこないので、酸素の取り込む量が少なくなっています!首、肩周りのストレッチや、肩甲骨の間の筋肉や背筋のトレーニング、人によって微妙にちがいますが、やり続けるとしっかり肩が開いて、深く呼吸が出来て酸素たくさん入ってきますよ。がむしゃらに走っていても速くなりません。自分の姿勢、客観的にどんなことになってるのか知った方がいいです。知りたい方は〜、明日、24日KCSセンター京都駅前で姿勢調整の無料イベントされてます。ご興味ある方はよろしければ、お電話かけて行ってみて下さい。KCSセンター京都駅前http://kcs-kyotoekimae.com/075-708-6906

      213
      テーマ:
  • 12Sep
  • 03Sep
  • 22Aug
    • その歩き方、気になる、気になる〜

      【姿勢科学】ジュニアスポーツ選手の速く走れるランニング術の小山きくこです。先日、友人と滋賀県の神社⛩に行ってきました。車からおりて、歩いていると、なんか友人の歩き方がおかしい。腰が固まってるような、あしの運びがぎこちないのです。気になる、気になる〜京都に帰ってからカフェでいろいろお話ししてもう帰る時間やな。と、思た時、思わず「腰、気になるんてす。姿勢調整していいですか」と口から飛び出して〜ちょうどお座敷があり、人もいなかったので、お店の方にもことわって、「姿勢調整」させて頂きました。案の定、足の長さがだいぶ違ってた‼️肩の高さも、骨盤の高さも左右違って、背中も腰もかたいかたい。全身のバランスを手技療法で5分くらいで整えると。良い感じにバランスもよくなり、動きもスムース。友人も「楽になった!」とのこと😊良かった〜☘帰りの歩き方もスムース💖ホント良かった。友人のお身体、姿勢調整をする前は座るとお尻が痛かったとのこと。大変でしたね。一番気になったのは骨盤ではなく肩の高さの違いでした。バッグを右ばかりにかけていたそうです。上半身のアンバランスが下半身に影響したんですね〜。毎日のちょっとした癖、気をつけて下さい。で、バッグは左右どっちも。お尻歩きや腰、背中のストレッチ。ラジオ体操をオススメしときました。日々の生活の中で、できることはたくさんあります。一人ではなかなかと思われる方、一緒にココ・カラ体操をしませか?毎週水曜日、10:30〜12:00、京都駅から10分の辰巳ビル2階「空」で。ツボ押しストレッチ、筋トレ、脳トレでココロもカラダもハッピーになる体操です❣️詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい💌メールアドレスinfo@cocoro-color.com

      27
      テーマ:
  • 13Jul
    • 姿勢科学と中医学

      【姿勢科学】ジュニアスポーツ選手の速く走れるランニング術の小山きくこです。毎日蒸し暑いですが、皆様お元気ですか?私は「姿勢科学」を基に、骨の状態を見て身体のバランスを調整したり、筋肉や関節、腱が正常に動くようにします。が、姿勢科学を知る前、上海に住んでいたときに、「経絡ストレッチヨガ」の先生に出会い、インストラクターの資格を取得しました。そして、今もツボや経絡を取り入れた「ココ・カラ体操」を楽しくしています❣️「姿勢科学」はどちらかと言うと西洋医学。「経絡ストレッチヨガ」はツボを押したり、経絡を基本にしますので中医学。実は最近、更年期の症状が少し出ています。50歳手前で時期としてはドンピシャです。そんなに酷くはないのですが、気になります。自分自身の身体のメンテナンスとして、定期的な姿勢調整で骨や筋肉は整えてもらいますが、それに加えて、自分の身体の感覚と向き合い、自分自身の体の弱いところを自覚して、陰陽五行に基づく季節に合わせたツボや経絡を押したり、旬の食べ物や、症状にあった食べ物を食べる。 など。毎日の少しの事ですが、役に立っています。また、選手に姿勢調整をしていても、とっても筋肉が張っている部位と今、出ている症状と連動していたりします。なので、西洋も東洋もどっちも大切だと思うんです。人間の体は奥深いものですね。私の知る外科の先生も、「人間の体は宇宙のようです」と仰ってました。推拿の先生のブログです。http://yuranes.blog8.fc2.com/blog-entry-1099.html皆様、まだまだ暑い日が続きます。ご自愛くださいね☘

      46
      テーマ:
  • 20Jun
    • 姿勢の歪みは遺伝?生活習慣?

      京都伏見にある藤森神社【姿勢科学】ジュニアスポーツ選手の速く走れるランニング術の小山きくこです。先日、京都教育大学のKYO2(キョウキョウ)クラブと言って小学生対象のスポーツ教室で保護者の方対象に「子どもの体と姿勢」のお話しををさせて頂きました。お母さん、お父さんとしてもかなり「子どもの姿勢」のことは興味深く、質問もたくさん頂きました。そのご質問のなかに、「子どもが私と同じ猫背で困ってるんです(>人<;) 遺伝でしょうか?」お子様がご自身とおんなじなので、かなり気にされてるご様子。どうか良い姿勢に!とのことですが、体の歪みは、「遺伝」ではありません。「毎日の生活習慣」から今の体となってます。カバンをどっちかにいつもかけてる、横坐りは片方だけ、足を組むのはやりやすい方だけ、スマホ、ゲームを長時間する、椅子の座り方はお尻がまるまっている、寝具は柔らかい、硬い。などなど。いろいろ体が歪む要因はありますが、お父さん、お母さんと同じ生活習慣ですと、自然と同じ姿勢になる可能性は高いです。ですので、お子様の気になる癖を見つけて、こまめに声かけしてあげること。も大切ですが、同時にお父さんもお母さんも日頃から「姿勢を正す」意識をもって頂く。一緒にご飯の時は姿勢を正して頂くなど、一緒に〜をオススメします。いろいろな感覚や筋肉を使い鍛えるために、一緒に外遊びや昔遊びをして頂くのもとても良いことです。私は人の似合う色を診断するカラー診断士でもありますが、目からの情報は無意識に大量に入ってきます。ですのでお父さん、お母さんの姿勢が目からの情報でお子様に影響しているとも考えられますね。健やかなお子様の成長のために、今日から家族みんなで「姿勢を正す」機会を是非もってみて下さい💖

      40
      テーマ:
  • 07Jun
    • 「お腹ぽっこり」は姿勢が悪いせいですか⁉️

      【姿勢科学】ジュニアスポーツ選手の速く走れるランニング術の小山きくこです。梅雨入りも間近、薄着になる季節になりましたね👚夏に向けて、ダイエットを真剣に始めようとお考えの皆さん、なかなかお腹周りのお肉が取れない‼️とお悩みではないでしょうか❓それはもしかすると、猫背や姿勢の歪みが原因かもしれません。猫背になると、背骨全体が連動して、骨盤が下に下がってしまうんです。また、膝も曲がったりする場合もあります。こんな感じでお腹がぽっこりになってる場合があるんです‼️ですので、「姿勢」を正しくすると、お腹スッキリ、バストトップの位置アップ‼️可能です。姿勢が良くなると、身体の中にも変化があります。背骨にそって通っている神経や血管の圧迫が取り除かれることで本来の機能を取り戻し、自律神経のバランスが整い、血流も代謝も夏に向けて、食事療法に加えて、姿勢を整える「姿勢調整」はオススメです‼️また個々の姿勢の歪みを矯正する10週間のパーソナルエクササイズもあります❣️詳しくは下記までお問い合わせ下さいね。この夏、正しい姿勢と引き締まったボディで薄着を楽しみましょう👗👚◉KCSセンター京都駅前無料施術、なんとか治したい、どこに行っても治らない時はご連絡ください◉小山きくこHPこれまでの実績を紹介◉各種お問い合わせ・講演依頼

      37
      テーマ:
  • 25May
    • いつも楽しみやねん( ´ ▽ ` )♪ ← 母の言葉

      【姿勢科学】ジュニアスポーツ選手の速く走れるランニング術の小山きくこです。毎週水曜日は、「ココ・カラ体操」として、①姿勢科学の考え②ツボおしストレッチ③脳トレを盛り込み、健康で華やかに歳を重ねていける、ココロとカラダがハッピーになる体操教室を開催しています。そこに、75歳の誕生日を迎えた私の母も通っております。毎日農業の仕事も頑張っている母、座ったら眠たくなるそうで、よっぽど頑張っているみたいです。が、それも健康の秘訣なのかもしれません。体操教室が終わると実家に母と帰ると、父もいます。ご飯を食べた後は、恒例の父と母の「姿勢調整」を行います。毎週1回のお楽しみ❤️「いつも楽しみやねん( ´ ▽ ` )♪」母が言います。体がスッキリ楽になるといつも言ってくれます。これまでいっぱい働いて育ててくれた父母。こんなことくらいしかできませんが、健康で長生きしてくれたら最高です。「姿勢調整」は姿勢科学の考えを元に、骨、筋肉等を正しい位置に整える安心・安全な手技療法です。身近な方の健康保持、病気や怪我の予防ができます。ご興味がありましたらこちらをご覧ください。各地で月に一回、1日講座も開催されています。お弁当付きで、いろいろ学べて楽しいです。一般社団法人 日本姿勢科学学会http://js-ps.jp/basic/schedule.php

      25
      テーマ:
  • 18May
    • 「えっ⁈それで良いんですか?」

      【姿勢科学】ジュニアスポーツ選手の速く走れるランニング術の小山きくこです。先日、大学陸上競技部で「姿勢講座」と姿勢調整の実際の調整技術を見て頂いたのですが、姿勢チェックをし、姿勢調整で、肩の位置や骨盤の高さ、足の上げやすさを実感して頂きました。私はいつも通りでしたが、監督やコーチの方から、「えっ⁉︎ それだけで良いんですか?」とちょっと不安げな感想を頂きました。姿勢調整が、あまりにも短時間で、バキボキしなくて、姿勢は良くなったけど、本当に速く走れるのか?と言うところです。そして、その場は終わりまして、私は帰宅したところ、監督さんからお電話がありました。「実は、姿勢調整してもらった選手は故障であまり走れてなかったんですが、今日の練習は走れると言ってました!」と。嬉しかったです。ちょっとでもそうやって選手の本来の力が出せて行けば、結果は違うと思うんです。これからも、ジュニアから社会人までのスポーツ選手のサポートが出来ればと思います。また、姿勢調整の技術を習いたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。何事も出会いですね。皆様に感謝いたしますm(_ _)m☘◉KCSセンター京都駅前無料施術、なんとか治したい、どこに行っても治らない時はご連絡ください◉小山きくこHPこれまでの実績を紹介◉各種お問い合わせ・講演依頼

      アラフォージャンル
      33,095

      読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス